55歳になる母が右目のかすみや飛蚊症の症状が出たため眼科を受診したところ、
目の表面の傷やドライアイが直接的な原因だと診断され「ティアバランス、二フラン」という
点眼液をもらってきました。
 ただ白内障の診断も同時に受けたようなのですが「直ちに手術は勧めない」と言われ、
白内障の進行を遅らせる点眼液も処方されなかったみたいです。(というか処方薬局で
そういった薬の存在を知ったみたいなのですが…)
今の段階では必要ないと判断され処方されなかったのだと思いますが、母は不安なようです。
 次の診察は1ヵ月後なのですが早めに薬をもらってくるべきなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



薬剤師をしているものです。

現在日本では確かに“白内障の進行を遅らせる”と言われている薬が流通していますが
科学的な根拠はありません。点眼したからといって直ちに進行が治まるかは疑問です。
実際、2003年6月に厚生労働省がそうした発表をしております。
アメリカでは点眼薬はほとんど処方されず手術での治療が一般的です。
今回診察された眼科医はそうしたことを考慮されたのかも知れません。
なぜ流通しているのかはご自身でご判断ください。
(ただ、白内障治療の目薬については、海外では認可がおりています。
しかし、日本では販売されていません。)

今回処方医はまず眼の傷を治すことが重要と考慮されたのだと思います。
白内障は、通常進行が非常にゆるやかなのでのあせる必要はないですよ。
疑問に思ったら処方医に確認してみて下さい。

日野市 ぷっく薬局
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とりあえず処方された薬を適切に使って傷を治すことに専念させます。
迅速な回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/15 21:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白内障の手術が失敗しても代金を払うの?医療ミスなのに!

先日、父が某大学病院で白内障の手術をしましたが失敗して、角膜に傷が付きもした。翌日また、処置をしました。この手術は簡単で、あまり入院する事も無いと聞いていたのに、4日も入院しました。以前より見えなくなり、本人も憤慨していますが、とりあえず、費用は全額払いました。よく見えるようになれば良いのですが、医療ミスなので納得いきません。予定より1日多い入院費と2度目の処置の分まで払う必要があるのでしょうか?4日目でまだ痛むようですし、逆に慰謝料を請求出来ないでしょうか?良きアドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

相手に不法行為があっても、その不法行為が認定されていない以上払う必要有り。
医療ミスという不法行為の立証の難しさと
代金未払いの不法行為の立証の難しさと比較すれば
代金未払いの不法行為の立証の方が遥かに易しいので
残念ながら先に支払う方が賢明な選択です。

Q目の病気・飛蚊症について 30代の男性です。最近、右目だけ飛蚊症?と思う症状が出てきました。でも3

目の病気・飛蚊症について

30代の男性です。最近、右目だけ飛蚊症?と思う症状が出てきました。でも30代で発症するものなのでしょうか?
また、仮に飛蚊症だとしたら、完治しないらしいですが、本当ですか?

Aベストアンサー

私も30代で飛蚊症になりました。
ちなみに、近視です。

完治はしないと言われましたが、気にならなくなるとも言われました。
「毎日、それに焦点を合わせて、増えたとか減ったとか気にしないのよ」
と看護士さんにアドバイスされました。
そうしたら、たまに白い壁とか見ると確かにあるな、と思う程度で
普段の生活では、忘れています。
それを飛び越して見たいものに焦点を合わせていると、慣れたんだと思います。

どちらにしても、一度眼科で確かに飛蚊症かどうか診断してもらった方がいいですよ。

Q白内障の手術で眼内レンズが入りませんでした。これって失敗なのでしょうか?

どなたか詳しい方、教えてください。
74歳の母ですが、昨日、白内障の手術を受けました。
ところが、何かが弱く、眼内レンズが入らなかったそうです。
時間も1時間40分もかかったそうです。朝と晩、感染症予防の抗生物質の点滴を受けているそうです。眼帯を取るとまぶしくて、目がつらく、あけていられないそうです。明日、入院先に駆けつけて、事情を聞いてみようと思います。(車で8時間かかりますが)。
簡単な手術と思ってましたので、とてもショックです。このあとどうなるのか、気が弱い母は聞けなかったようです。
これは、失敗なのでしょうか?どのようなことが考えられるのでしょうか? 眼内レンズ挿入は もう無理なのでしょうか?
これだけの情報だと 判断は難しいと思いますが、詳しい方いらっしゃいましたら、なにか知識をお願いいたします。

Aベストアンサー

眼内レンズwikiより・・・
眼内レンズは固定する場所により、前房支持型、後房支持型、虹彩支持型、縫着用の4種類に分けることができる。現在日本国内では後房保持型を術中温存した水晶体嚢に挿入する方法が最もよく行われる。また水晶体嚢が存在しない、水晶体嚢・チン氏帯が脆弱な症例に対して前房保持型、縫着用を使用することがある。しかし前房保持型の挿入症例において虹彩炎・角膜内皮細胞密度が減少し水疱性角膜症に移行する症例が報告されている。

おそらく、お母様の状態はこのチン氏帯脆弱により、眼内レンズ落下の危険性が認められたため、この部分に挿入が出来なかったのではないしょうか。
縫合によるレンズ装着も出来ますので、その点を医師に相談という形になると思いますよ。

Q僕は去年に左目飛蚊症になりました。 右目はなにもなかったのですが 今日左目をつぶってみると右目も飛蚊

僕は去年に左目飛蚊症になりました。

右目はなにもなかったのですが

今日左目をつぶってみると右目も飛蚊症になってる気がするのですが

これは飛蚊症に慣れてるからそう見えるのですか?

お願いします。

Aベストアンサー

左目に出たときに、お医者さんにはいかれましたか?。
もしも、行ってないというときには是非とも受診をしてください。
突然の飛蚊症は、バックに違う病気があることがとても多いからです。

また、飛蚊症と間違えやすい症状というのもあります。
飛蚊症は物理的な疾病なので、医師が状態を目視確認することもできますが、神経性のものだと、目視確認できません。
小さな光が明滅しているというようなものは、飛蚊症と間違えやすいですが、別の症状です。

Q白内障の手術後のレンズずれについて、質問します。

白内障の手術後のレンズずれについて、質問します。
先月、母が両眼の白内障手術を受けたのですが、だんだん視力が落ちてきて違和感があったため、調べてもらったところ、片眼のレンズのずれが原因だとわかりました。
白内障手術では、よくあることでしょうか?
また、これは手術の失敗なのでしょうか?
病院の検査専門の方が見つけてくれて
、その後の担当医の対応が動揺してるように感じたらしく、母は疑問に感じたそうです。
2週間後に再度レンズを入れ直す治療をするとの事ですが、私も母も無知の上、ご存知の方おられましたら、回答をお願いします。
ちなみに、10月に片眼が緑内障発作をおこし、それに伴い白内障になったため、白内障手術しました。手術後は0.8まで回復してたとの事です。

Aベストアンサー

おはようございます。

レンズのずれというのが、度数のズレなのか、位置のズレなのかが分かりにくいですが、
文章から位置のズレとして、回答します。

>白内障手術では、よくあることでしょうか?
よくあることではありませんが、緑内障発作を起こすような目では比較的起こりやすいようです。

>これは手術の失敗なのでしょうか?
手術中から、レンズを固定する袋(水晶体嚢)やそれを支える線維(チン氏小帯)が弱くてレンズの重みに耐えられないような所見があれば、少し判断が甘かったかなと思いますが、そのような所見がなく、また手術で水晶体嚢やチン氏小帯を傷つけるようなことがなければ、失敗ではありません。
単に水晶体嚢やチン氏小体が弱かっただけ、ということになります。

2週間後に再手術ということのようですので、整復するだけなのか、糸でレンズを縫い付けるのかは執刀医の判断になると思います。
再手術のメリット、デメリットを十分聞いた上で、手術を受けてください。

Q飛蚊症と白内障

急に目の前に糸くずのような物が見え眼科で診てもらうと飛蚊症でした、それは大した事は無いとの事でしたが検査で初期の白内障が見つかりました、酷くなると手術すれば良いそうですが進行を予防する為の目薬が有ると聞き取りあえず続ける事にしました。
それよりも心配なのは片方の眼の奥に衝撃で剥がれやすいところがあるという事らしいです。
心配なので眼に良いと言われる「天然ルティン配合ブルーベリーエキス錠」をサプリメントとして飲んでいますが、「ルティン」だけのサプリメントがある事が後で解りました、次回どちらを選べば良いか迷っています。ご存知の方アドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

眼科医です。飛蚊症のほとんどが目の加齢変化に伴ってでてくるものです。今回の診察でも大丈夫と言われたとのことなので、ほうっておいていいと思います。目の奥に衝撃ではがれやすいところがあるといわれたそうですが、いわゆる網膜周辺部の変性巣と呼ばれるもので、これを積極的にレーザー治療すべき必要性は少ないですが、万一、変性巣のところに網膜裂孔が生じた場合には手術が必要になります。今までと違う飛蚊症や目の前に墨を流したようなものが見えたり(裂孔部からの出血です)したら、すぐに眼科を受診しましょう。その対策としてのルテインやブルーベリーなどの内服は全く意味がありません。ルテインは黄斑部変性症などの予防薬としてある程度効果は認められていますが、網膜剥離の予防薬ではありませんから。白内障の予防薬については、続けることが負担に感じなければ続けられたらいいでしょう。昔は白内障の手術は結構大変で、術後も牛乳瓶の底のような眼鏡をかける必要があり、できるだけ手術をしないですむようにという願望が強く、点眼を使用していましたが、今は、白内障手術はとても安全性が高くて、短時間でできるようになりましたから、日常生活に不便を感じるようになったら手術と考えられたらいいでしょう。

眼科医です。飛蚊症のほとんどが目の加齢変化に伴ってでてくるものです。今回の診察でも大丈夫と言われたとのことなので、ほうっておいていいと思います。目の奥に衝撃ではがれやすいところがあるといわれたそうですが、いわゆる網膜周辺部の変性巣と呼ばれるもので、これを積極的にレーザー治療すべき必要性は少ないですが、万一、変性巣のところに網膜裂孔が生じた場合には手術が必要になります。今までと違う飛蚊症や目の前に墨を流したようなものが見えたり(裂孔部からの出血です)したら、すぐに眼科を受診...続きを読む

Q難治性ぶどう膜炎、白内障、緑内障を発症しています。手術できる病院を教えてください。

母が1年ほど前に難治性ぶどう膜炎と診断され、続いて緑内障と白内障も発症しました。
地方の市民病院で治療をしていましたが、最近になって白内障が悪化、1ヶ月前から急激に視力が低下し、今では歩行困難な状態です。
主治医からは手術の予約がいっぱいで数ヶ月先でしか手術はできないと言われています。しかしながら、時間の経過とともに硬化するため
手術が難しくなるし、ぶどう膜炎もあり、失敗するリスクも高いと言われました。(手術して失敗したらゴメンねとも言われましたが)
このような状況で白内障の手術を行える病院をできれば愛知県内で探しています。教えていただけないでしょうか?
もしなければ、愛知県外でも結構です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ぶどう膜炎、緑内障、白内障が得意な病院
愛知県:
愛知医科大学病院・眼科
総合上飯田第一病院・眼科
名古屋私立大学病院・眼科
京都府:
京都大学医学部付属病院・眼科
手術は解かりませんので病院に確認してから
受診して下さい。

Q白内障と飛蚊症

父親が白内障と飛蚊症にかかり手術を受ける事になりました。
そこで質問なのですが白内障と飛蚊症は同時に合併して起こるものなのでしょうか?
逆に、まったく別物つまり片方にしかかからないという人もいるのでしょうか?
また、質問ばかりで申し訳ないですが白内障と飛蚊症はそれぞれ何歳ぐらいから発症するのか、白内障になると視界がどうなるのか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記サイトをご参照ください。

ちなみに、私は45歳で飛蚊症の症状がでています。白内障は発症してません。

参考URL:http://www.santen.co.jp/health/health1.shtml

Q網膜裂孔治癒後の白内障手術のリスク

十数年前に網膜裂孔(近視と加齢が原因)になり,両眼をレーザー治療しました。その後定期的に眼科通院し再発の有無検査をしていて,現在は再発ありません。ただ,白内障が進行し,主治医から白内障手術の検討時期との話を受けました。白内障手術そのものは通常問題ありませんが,過去に網膜裂孔であったことで多少リスクがない訳ではないとのことでした。「教えてGoo」で類似の事例(網膜剥離など)を見ると,術後の問題もあり,少し不安になりました。
参考事例(成功,失敗)や参考御意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

過去に眼内に対する手術を受けたことがある場合、白内障手術には限りませんが、また眼内の手術をすると、硝子体の変質が進んで後部硝子体剥離を起こす危険性があることを指摘されたのだと思います。

硝子体の変質は年を取れば誰でも起きる(若いときの硝子体がムチムチのゼリー(ゲル)だとすると、加齢によって水っぽく(ゾル)に変化する)ことですし、その際に、網膜に密着するような感じだった硝子体が溶けて縮むことで、くっついていた網膜が引っ張られる事もよくある話です。
ただ、近視(特に強度近視を指す)持ちの場合、眼球が伸びる方になって内側の網膜も引っ張られて薄くなっており、硝子体が剥離する際に網膜まで引っ張って裂孔や剥離を生じさせる危険があります。

ただ、今のあなたの年齢が書かれていないこと、前回裂孔を修復した時がどんな手術(眼の外からレーザーを撃ったのだと想像しますが)だったのかがわかりませんのであまり詳しい話はしかねます。
通常の白内障手術よりはちょっと面倒ですが、それほど珍しいわけでもないと思います。年齢によってはとっくに硝子体は変質してしまっているかもしれませんが、あなたを診察している主治医の方がそういう懸念をしたという事は、まだまだ十分硝子体が残っているという事なのでしょう。

はっきり言って、他の人の体験談を聞いたところですべてはケースバイケース、あなたの場合はまた違うんだという事を認識してもらえればと思います。余分な情報を頭に入れすぎて余計な心配を抱えないようにすることです。

手術数の多い、入院できる設備のある眼科に強い(あるいは眼科専門の)病院を紹介したもらったらどうですか。今の主治医のところで対応できるならそれでも良いと思います。
アドバイスがあるとすれば、日帰り手術なんてお手軽なことは考えない方がいいと思います。あとは手術が遅れるほど白内障そのものの手術の難易度があがり、面倒な話になってきますので、あまりずるずると引き伸ばさないことです。

過去に眼内に対する手術を受けたことがある場合、白内障手術には限りませんが、また眼内の手術をすると、硝子体の変質が進んで後部硝子体剥離を起こす危険性があることを指摘されたのだと思います。

硝子体の変質は年を取れば誰でも起きる(若いときの硝子体がムチムチのゼリー(ゲル)だとすると、加齢によって水っぽく(ゾル)に変化する)ことですし、その際に、網膜に密着するような感じだった硝子体が溶けて縮むことで、くっついていた網膜が引っ張られる事もよくある話です。
ただ、近視(特に強度近視を指...続きを読む

Q飛蚊症について(眼科)

12年程前(高校生の時)に飛蚊症になりレーザー治療をうけました。
半年毎に眼底の検査をするように言われて、その後、半年から1年毎に、眼科を訪れ、眼底の検査をしていただいています。
転勤族ですので、毎回眼科は異なっています。

先日、ある市民病院で検査をしてもらいました。
そのときに、2点気になることをいわれました。
一つは、術後、長い期間なにも問題が生じていないので、今後定期的に検査は必要ないということ。
もう一つは、レーザー治療だけがよいとは思わないというものです。

私は企業の管理部門で、一日中、パソコンとにらめっこしており、目を酷使しています。視力もかなり悪いです。片目で0.01程度です。
そこで、質問ですが、

1.今後検査は必要ないという意見をどう思われるでしょうか?

2.飛蚊症の治療暦があるものが、今後(おそらく35年程度)目を酷使する仕事に従事することで、著しく視力が低下する危険もしくは失明の危険はないのでしょうか?

3.レーザー治療以外にも方法があったのか?(今となってはどうしようもないですが)

以上ですが、2については非常に心配しています。会社の異動で、営業その他の目を酷使しない部門へ移ることを真剣に考えるべきような問題なのでしょうか。

12年程前(高校生の時)に飛蚊症になりレーザー治療をうけました。
半年毎に眼底の検査をするように言われて、その後、半年から1年毎に、眼科を訪れ、眼底の検査をしていただいています。
転勤族ですので、毎回眼科は異なっています。

先日、ある市民病院で検査をしてもらいました。
そのときに、2点気になることをいわれました。
一つは、術後、長い期間なにも問題が生じていないので、今後定期的に検査は必要ないということ。
もう一つは、レーザー治療だけがよいとは思わないというものです。

...続きを読む

Aベストアンサー

飛蚊症自体を外的外科治療で直す事は現在も存在しません。

ただ、目に病気を持ってしまい、その影響で飛蚊症が現れたのでしたら、原因となった目の病気を治療されるでしょう。

過去レーザー治療されたということはなにか
網膜はく離とか起きかかったてたのかもしれませんね。
詳しく眼科の先生に聞いて見られては?


ちなみに、私は小学生のころから飛蚊症です
いやぁ何とかしたいもんです<目障り


人気Q&Aランキング

おすすめ情報