車の購入を考えています。
インパラのようなアメ車やラグジュアリーカーに憧れていますが、自宅の駐車場(および自宅前狭く)が狭く、現実的には、軽とか、それよりひとまわり大きいクラスで考えるしかありません。
こんな自分が納得するかっこ良い車はないでしょうか?

A 回答 (2件)

アメ車=大きい、なのでしょうから、相反しますね(笑)



ワイルドさを求めるならサニートラックとか。

軽なら、思い切って軽トラとか一昔前の、四角い軽ワンボックスとか。

ワゴンRにシボレーコンセプトみたいなのがありますが・・。

いっそ、マーチのオープンとかどうでしょう?

カリフォルニアっぽくないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
キャルルックとか考えましたが、アルファロメオ147に一目惚れし、決めました。全くもってカルフォルニアではないですね。。

車内でかける音だけはLAで攻めます。

お礼日時:2011/09/09 17:32

質問拝見しました。



以前、キャデラック デビル 65年式に乗ってた事がありますが、知識と財力がある程度無いと厳しいです。

アメ車に憧れるのは凄くわかります。でも現実的に考えたら、日産ダットサンとかをアメ車っぽく乗ったりとかはどうなんでしょう。

トラックなのでらぐじゅありーではないですが。


http://www.kurumaerabi.com//car/info/20000422/14/

国産の日産なんで頑丈ですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答いただきましてありがとうございました。

日産ダットサン、ウエッサイな感じでサイコーですね。

しかしながら、当家には若干大きいかと。。残念です。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 17:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインパラってどんな車なのですか!?

インパラってどんな車なのですか!?
詳しい方いましたら、お願いいたします!

Aベストアンサー

1950年代、恐竜の様に大きなボディが全盛だった頃にGMのシボレーディビジョンからデビューしたクルマです。60年代後半にはカプリース、ベルエア、ビスケーンと同じフルサイズBボディボディを使う様になります。(ビスケーンは72年、ベルエアは75年に消滅)
を行ないます。なおこの70年代半ばまで、カプリース&インパラはフルサイズの販売は全米No1でした。
77年のモデルチェンジでダウンサイズされ、Bボディは一回り大きいCボディとも基本的に同じボディとなり、ポンティアックのカタリナ&ボンネヴィル、オールズモビルのデルタ88&98、ビュイックのルセイバー&エレクトラ、キャディラックのドヴィル&フリートウッドと同じになりました。
他のディビジョンではそれぞれBとCボディと使い分けでしたが、カプリースとインパラは同じBボディで「カプリースの廉価版」という位置づけでした。
なおポンティアックとオールズモビルの兄弟達は80年代後半にFFのHボディにモデルチェンジされています。(但しワゴンモデルのみ継続)
主力車種が小型化とFF化に推移していく中で、カプリースとインパラの販売も激減して行き、85年にインパラも消滅しました。
しかしフルサイズFRの根強い人気(パトカーやタクシー)もあり、91年にモデルチェンジをします。この頃のパトカー仕様は「ポリスインターセプター」と呼ばれ、通常はV6エンジンに対し、(4300cc)カマロやコルヴェットに使われていたLT-1と呼ばれるV8(5700cc)を搭載していました。これを民生用にしたモデルが93年にハイパフォーマンスセダンのインパラSSとして復活します。ところがこれもわずか3年で生産が中止されます。ラインの合理化を進めるGMが96年いっぱいでカプリースの生産を中止したからです。2002年からFFの大型サルーンとしてインパラは復活しています。(日本未輸入)

長々書きましたがインパラはフルサイズボディでOHVエンジンのFRという古き良きアメリカの代名詞的なクルマです。

なお、ライバルフォードのフルサイズFRセダンであるクラウンヴィクトリアとマーキュリーのグランドマーキスは現在も生産されており、(さすがにエンジンはV8の4.6でOHCですが…)近鉄フォードでグランドマーキスは正規輸入されています。
またカプリースから派生したインパラの様な車もマーキュリーからマローダーが(インパラをなぞる様に)2003年から3年間だけ生産されています。

1950年代、恐竜の様に大きなボディが全盛だった頃にGMのシボレーディビジョンからデビューしたクルマです。60年代後半にはカプリース、ベルエア、ビスケーンと同じフルサイズBボディボディを使う様になります。(ビスケーンは72年、ベルエアは75年に消滅)
を行ないます。なおこの70年代半ばまで、カプリース&インパラはフルサイズの販売は全米No1でした。
77年のモデルチェンジでダウンサイズされ、Bボディは一回り大きいCボディとも基本的に同じボディとなり、ポンティアックのカタリナ&ボンネヴィル、オー...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報