ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

貴族の称号について自分なりに調べたのですが、色々とややこしく
はっきり確信できない部分があり、質問させていただきたく思います。
詳しい方お願いいたします。

■前提条件
エイ・アルファという伯爵がいたと仮定します。
(ややこしいのでアルファは姓・地名同じということで)
彼の家族(一族)を↓とします。

*ロード・アルファ(アルファ伯爵/称号持ち)
(1)長女ビー:伯爵令嬢/儀礼称号持ち
(2)長男シー:ロード・ベータ:ベータ子爵/儀礼称号持ち
(3)次男ディー:伯爵令息/儀礼称号持ち
(4)長男の息子シーサン:TheオナラブルMr. シーサン・ベータ
(子爵令息シーサン・ベータ)/儀礼称号持ち
(5)長男の娘シードータ:TheオナラブルMiss シードータ・ベータ
(子爵令嬢シードータ・ベータ)/儀礼称号持ち
(6)次男の息子ディーサン:Mr.ディーサン・アルファ
(ディーサン・アルファ氏)/称号なし(平民)
(7)次男の娘ディードータ:Miss・ディードータ・アルファ
(ディ~・アルファ嬢)/称号なし(平民)

■質問1:(2)長男シー(子爵)(4)長男の息子という子爵家の男子が
どちらも急死してしまった場合、子爵称号は(3)次男が名乗るかと思います。
その場合、次男の子供たち(6)、(7)はそれぞれ称号なしから
子爵令息・子爵令嬢の儀礼称号を得るのでしょうか。
その場合、元々子爵令嬢であった(5)長男の娘の称号はどうなるのでしょうか。
子爵令嬢から称号なしになるのでしょうか。

■質問2:何らかの理由で後継者(次の子爵)が決まらない場合
子爵令嬢を名乗っていた(5)長男の娘の称号はどうなるのでしょうか。

■質問3:伯爵が死去して長男が襲爵した場合、(1)長女(3)次男の称号は
それぞれどうなるのでしょうか。ただのMiss,Mrになるのでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

A 回答 (2件)

儀礼称号はその人の生まれを示すものなので、父が生きているかど


うかには関係なく、ずっと使えます。

> ■質問1
> (2)長男シー(子爵)(4)長男の息子という子爵家の男子が
> どちらも急死してしまった場合、子爵称号は(3)次男が名乗るかと思います。

その通りです。

> その場合、次男の子供たち(6)、(7)はそれぞれ称号なしから
> 子爵令息・子爵令嬢の儀礼称号を得るのでしょうか。

その通りです。

> その場合、元々子爵令嬢であった(5)長男の娘の称号はどうなるのでしょうか。

変化しません。子爵令嬢として"The Honourable"のままです。

> ■質問2:何らかの理由で後継者(次の子爵)が決まらない場合
> 子爵令嬢を名乗っていた(5)長男の娘の称号はどうなるのでしょうか。

変化しません。というか、後継者が決まらないというのが意味不明
です。子爵を名乗れるのは現伯爵の直系継承者だけですよ。

> ■質問3:伯爵が死去して長男が襲爵した場合、(1)長女(3)次男の称号は
> それぞれどうなるのでしょうか。ただのMiss,Mrになるのでしょうか。

変化しません。長女は"Lady"、次男は"The Honourable"のままです。

Aは"Earl of α"、"Viscount β"の爵位を有していて、いずれの
継承規定も"heirs male of his body lawfully begotten"、すなわ
ち初代伯爵(&子爵)の嫡出直系男系男子の長子継承とします。姓は
X(娘たちはいずれも未婚)として、一家の称号を並べてみると、

現在の爵位保持者A:The Earl of α
Aの長女B:Lady B X
Aの長男C:Viscount β
Aの次男D:The Hon D X
Cの息子Cs:The Hon Cs X
Cの娘Cd:The Hon Cd X
Dの息子Ds:Mr Ds X
Dの娘Dd:Miss Dd X

となります。これらは手紙の宛名に使う表現で、口頭ではAとCは
"Lord α/β"、Bは"Lady B"、他は全員"Mr/Miss X"です。

> (4)長男の息子シーサン:TheオナラブルMr. シーサン・ベータ
> (5)長男の娘シードータ:TheオナラブルMiss シードータ・ベータ

ただの誤記かもしれませんが、父がβ子爵でも子供たちがβを姓と
して名乗ることはありません。また、"The Hon"と"Mr/Miss"を同時
に使うこともありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!
すごく良くわかりました!すっきりです!

19世紀末~20世紀初頭あたりのイギリスを舞台にした小説や
漫画を読んでいて、貴族称号が気になり個人的な興味で
調べていたのですが、あまりに複雑で頭がパーンて感じだったので
本当に助かりました。ありがとうございます。

>後継者が決まらないというのが意味不明です。
>子爵を名乗れるのは現伯爵の直系継承者だけですよ。

いわゆる“後継者争い”のみたいなものを想定していました。
でもそうですね後継者に関しては、Letters Patentにしたがって
決めるのだから常に一人ですよね。

>父がβ子爵でも子供たちがβを姓として名乗ることはありません。
>また、"The Hon"と"Mr/Miss"を同時に使うこともありません。

私の勘違いです。ご指摘に感謝します。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 11:09

質問の意味が理解できません。


ベータ子爵の娘が生きているのであれば、ベータ子爵の称号は、長男の娘シードータに継承され、シードータがベータ子爵になります。次男以下は、関係しません。
前提条件から、父親のアルファ伯爵が生きていると考えられますので、アルファ伯爵の称号は、次男のディーが継承し、父親の死後次男がアルファ伯爵となります。

>■質問2:何らかの理由で後継者(次の子爵)が決まらない場合
この質問からしますと、継承者全員が辞退したと考えられます。
その場合、爵位は没収、廃位となります。
その場合、長男がアルファ伯爵を相続してからであれば、長男の子シーサンが、アルファ伯爵を名乗り、シードータは、アルファ伯爵息女となります。

>■質問3:伯爵が死去して長男が襲爵した場合、(1)長女(3)次男の称号はそれぞれどうなるのでしょうか。
長女、次男とも、アルファ伯爵子息、息女となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
ややこしい書き方で申し訳なかったです。
要は“【爵位を保持し称号を持つ親/儀礼称号を持つ親】の子供の儀礼称号は、
その親が死んだ場合どうなるか”を知りたかったんです。

■質問1についての補足ですが、
本を見たり、検索して調べてみた結果、イギリスの貴族の爵位は
(他に適当な男子がいる場合)女性の襲爵は基本的には無さそうなので、
男系男子で一番爵位保持者に近い(3)次男が子爵(儀礼称号)を名乗ると判断しました。

■質問3 ご回答ありがとうございます。
伯爵の娘、息子の場合は、伯爵の死後はその立場は変わらず
儀礼称号もそのままなのですね。

そう考えると■質問1、2に関してもおそらく「子爵令嬢」のまま?かな~
という気もしてきました。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 13:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリス人貴族の名前について

イギリス人貴族の名前について教えて下さい。
ある小説を読んでまして
そこでのお名前が、ジュシュア・ムーア   ホールミア公爵 と紹介されていました。イギリス貴族は ジュシュア・ムーア・ホールミアとは表記しないのでしょうか?
シドナム・バトラー   レッドフィールド伯爵の息子  となっていますが、この方は3男なので、シドナム・バトラー・レッドフィールドとは名のれないのでしょうか?称号名は長男しか名乗れない?
名前  ジュシュア   姓 ムーア   ホールミア公爵は称号?
貴族は 名前・姓・称号 が正式名称なのでしょうか?
ファーストネームはジュシュア? セカンドネームとか洗礼名なんどありますが、よく解りません。
色んな検索を見ても今一解りません。解りやすく教えて下されば幸いです。
英語文字の名前の説明は解り難いので、カタカナ標示でお願いします。

Aベストアンサー

メアリ・バログでしたっけ。

> イギリス貴族は ジュシュア・ムーア・ホールミアとは表記しないのでしょうか?

そのように並べて書くことはありません。

貴族でも平民でも、みんな名前と姓を持っています。貴族の人は、それに加えて称号(「〇〇侯爵」「△△男爵」など)を持っています。人物紹介をする場合は、その人がどういう姓名でどんな称号を名乗っているかを全部示すので、たとえば貴族名鑑などには「ジョシュア・ムーア、(第〇代)ホールミア侯爵」といった表記で載ります。

しかし、生活の中では単に「ホールミア侯爵」、より一般的には「ホールミア卿(ロード・ホールミア)」としか呼ばれません。手紙の宛名も「ホールミア侯爵(閣下)」だけ、本人がサインをするときも「ホールミア」だけです。原則として名前(ジョシュア)や姓(ムーア)を使うことはありません。

> シドナム・バトラー   レッドフィールド伯爵の息子  となっていますが、この方は3男なので、シドナム・バトラー・レッドフィールドとは名のれないのでしょうか?称号名は長男しか名乗れない?

貴族の称号は個人が保有するものなので、称号として使われている「レッドフィールド」の名を使用できるのは父親(とその妻)だけです。息子は使用できないので、三男は「ミスター・シドナム・バトラー」です。

長男の姓名は「クリストファー・バトラー」ですが、伯爵以上の貴族の長男は、父親が持っている二番目以下の爵位を借りて使うことができるという慣習があるので、彼は父から「レイヴンズバーグ子爵」という爵位を借りて名乗っています(継承しているわけではありません)。たとえ借り物でも名乗り方は貴族と同じなので、彼も「レイヴンズバーグ子爵」あるいは「レイヴンズバーグ卿」とだけ呼ばれます。「クリストファー」や「バトラー」を使うことはありません。

メアリ・バログでしたっけ。

> イギリス貴族は ジュシュア・ムーア・ホールミアとは表記しないのでしょうか?

そのように並べて書くことはありません。

貴族でも平民でも、みんな名前と姓を持っています。貴族の人は、それに加えて称号(「〇〇侯爵」「△△男爵」など)を持っています。人物紹介をする場合は、その人がどういう姓名でどんな称号を名乗っているかを全部示すので、たとえば貴族名鑑などには「ジョシュア・ムーア、(第〇代)ホールミア侯爵」といった表記で載ります。

しかし、生活の中では...続きを読む

Q爵位間での差別

森薫著の『エマ』という漫画の中で嫌みな初老の子爵が、年下の少々頭の緩い伯爵を見下していたのですが19世紀の貴族社会においてクラスの違いはどのくらい厳格なものだったのでしょうか?

Aベストアンサー

 まず、英国と言う国は貴族としての敬意ある対応をされるのは、爵位を持った当主とその推定継承人(長男)だけです。
 (国王の一族でも爵位を与えられなければ貴族扱いされない。たとえば現女王のエリザベス2世の意向で女王の孫に当るアン王女やエドワード王子の子女は王族としての称号も有してはいない。アン女王の子息に至っては爵位すら持たない。)

 その為、爵位を継承できない次男や三男坊に高度な教育を施し、名誉ある職(聖職者や学者や軍人や高級公務員)に就かせ、余人から敬意を受ける人物になる様に育てるという伝統が出来上がりました。

 どんなに名門の家に生まれようとも、長子でなければ貴族になれない為(一般人になる)、英国では貴族と、爵位が無いが高水準な教育を受け国家に貢献するジェントリと称せられる層では、称号以外の特権において大きな差が無いという社会(貴族が一般人を権力から遠ざけようと言う活動が起りにくかった)が出来上がりました。
 (ヨーロッパの他の国とは異なる英国の特徴。)

 つまり、高い爵位に就いているからといって、偉い(ご先祖様が凄かったんですねという認識)とされません。
 (まあ、流石に公爵は別格なのですが…。←王太子だって公爵ですから。)

 16世紀のエリザベス1世女王の治世時代ですら、政治上の最高権威を持つ枢密院の構成員は、貴族と一般人で同人数になる様にしています。
 英国の首相の一覧を見れば、爵位を持たない者(持っていても功績によって授爵)がかなり初期から多数就任してい事が分ります。
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E9%A6%96%E7%9B%B8%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

 近世以降になると、パブリックスクールと言われる寄宿制の名門校で高い教養を身に付け、名誉ある職に就き(産業革命以降は起業家なども含まれる)、国家に多年の功績が無いと敬意有る対応がされないという状態にまでなりました。
 (逆に当主たる父が保守的[近世の初頭では貴族の長男は父やより上位の貴族の元で修行するのが良いとされた]でパブリックスクールで学ぶ事を許されなかった者が、後年中央のジェントリ階級の者に馬鹿にされる事態にまで成りました。)

 セレブな人たちに対する英語での呼びかけ等で「レディース・アンド・ジェントルメン」と言う定例句が有りますが、これは貴族夫人とジェントリ階級の皆さんと言う意味です。 
 (無爵位でも貴族夫人と並列に扱われるとい良い例。←というか貴族がジェントリ階級に含まれてしまっている。)

 なお、私は『エマ』という漫画を見ていないので的外れかも知れませんが、男爵や子爵と言う下級貴族位は、近代以降の英国では軍人として多大な功績を上げた者や、議会で強い影響力を持つ党の党首や首相として貢献した者が引退時(或いは後輩者がその人物を第一線から押し出す[貴族院に移らせる])等に与えられる爵位(昨今では世襲貴族で無く一代限りですが…。)だったりします。

 初老の子爵とはそういった凄い人かもしれません。
 (マーガレット・サッチャー元首相もたしか男爵を授爵していたかと)

 まず、英国と言う国は貴族としての敬意ある対応をされるのは、爵位を持った当主とその推定継承人(長男)だけです。
 (国王の一族でも爵位を与えられなければ貴族扱いされない。たとえば現女王のエリザベス2世の意向で女王の孫に当るアン王女やエドワード王子の子女は王族としての称号も有してはいない。アン女王の子息に至っては爵位すら持たない。)

 その為、爵位を継承できない次男や三男坊に高度な教育を施し、名誉ある職(聖職者や学者や軍人や高級公務員)に就かせ、余人から敬意を受ける人物になる...続きを読む


人気Q&Aランキング