パソコンをスリープした状態で一時間くらい外に出て帰ってきてパソコンをつけてみると、「IPアドレスの競合が検出されました」というメッセージが出ていました。 パソコンはデスクトップで、OSはwindows7、アパートに住んでいて有線でつないでいます。スパイウェアやウイルスじゃないのかと心配です。どうすればいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No1です。


マンションタイプでプロバイダがY社ですかね。

対処方法としてはNO2さんの回答で良いと思います。

同一回線を分配して使用する場合には本来他のユーザとはこのような競合が起こらないような設定をすべきですしネットワーク側でも対策しているはずなのですが、どなたか同一ネットワーク内(アパート内)で接続の基本原則を守っていない方があるのかも知れませんね。
又は貴方と同じIPアドレスを使用しようとする悪意を持った方が存在するのかも知れません。
NO2の対処をしても競合が起こるようなら使用しない時には回線を切断するかPCを切っておくことも考えましょう。

基本原則
DHCPで接続するか固定IPアドレスを使用するかということ

この回答への補足

IPアドレスを使用されている状態は危険な状態なのでしょうか?

補足日時:2011/04/19 19:12
    • good
    • 0

NO2の回答どおり別のIPアドレスを取得していれば問題は無いと思います。



ただし公衆利用では通常は発生しない事象ですから相談はしておかれるほうが良いと思いますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

相談してみます。何度も回答していただきありがとうございます。

お礼日時:2011/04/26 18:24

>ローカルエリア接続のプロパティを見ると「IPアドレスを自動的に取得する」、「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」になっていました。

これは自動取得ということでいいのでしょうか?

はい「IPアドレス、DNSとも自動取得」ですね。
この設定で競合が発生するということは、ネットワーク内(アパート内)の誰かが「知らずに」か「意図して」固定のIPアドレスを設定している可能性が高いです。
或いはネットワーク機器の設定が悪いのかも知れませんが、いずれにしてもプロバイダなり回線提供事業者に相談する方が良いでしょう。

競合した時のIPアドレスは控えてあるかな?控えてないと再現ができにくいですね。

OSがwindows7のIPアドレスは「スタート」「全てのプログラム」「アクセサリー」「コマンドプロンプト」でipconfig またはipconfig /allというコマンドを打てば確認できます。(他の方法もあります)

セキュリティー上の問題が発生する可能性があるので結果はここに書かないで下さい。

この回答への補足

競合したときのIPアドレスは控えてあります
今の状態って、IPアドレスを悪用されたりして、危険な状態ではないんですか?

補足日時:2011/04/21 21:07
    • good
    • 0

>IPアドレスを使用されている状態は危険な状態なのでしょうか?



一般的プロバイダでは接続する度にIPアドレスは変わります。
(なのでプロバイダと固定アドレスかどうかをお聞きしたのですが)

固定アドレスの場合は貴方に成り代ってアクセスするという行為が可能です。

接続の都度IPアドレスが変更になるのであればその危険性は少ないですが皆無とは言えません。
IPアドレスが赤の他人と競合するようなネットワーク自体は非常に不安がありますね。

この回答への補足

ローカルエリア接続のプロパティを見ると「IPアドレスを自動的に取得する」、「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」になっていました。これは自動取得ということでいいのでしょうか?

補足日時:2011/04/20 09:08
    • good
    • 0
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
IPアドレス自動取得してみます。

お礼日時:2011/04/19 19:13

IPアドレス競合は同一ネットワーク(回線と考えても良いかも知れません)上に貴方と同じアドレスが存在するというエラーです。


通常IPアドレスは払い出し期間が決まっていますのでスリープでは解放されないはずです。

ネットワーク構成が良く判りませんが貴方がご利用のパソコンは1台ということですね。
回線は貴方の単独利用回線でしょうか
それでしたらパソコンの設定に問題があるかも知れません。

アパートの回線がいわゆる「マンションタイプ」になっているのでしたら
その設備の条件設定が適正でないという可能性があります。

どの方式のネットワークかにより対処方法が異なります、プロバイダからの請求書などにより補足をお願いします。

この回答への補足

アパートの回線は調べたところマンションタイプのようです。

補足日時:2011/04/17 12:37
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIPアドレス競合時、相手を見つけられる?

IPアドレスが競合している旨のメッセージが出るようになりました。
おそらく誰かがそのアドレスを使っているのだと思いますが、誰なのか又は何なのか、何処なのかがわかりません。
このような場合、調べられるコマンドやツールはありますか?
相手のMACアドレスはわかっています。

教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

どのような環境の話なのかがご質問だけだと不明なので、とりあえず今回はWindowsのLAN環境で時々競合が起こる、というのを前提で話を進めます。

まず時々競合が起こるという場合の可能性として考えられるのは、片方のhostにサーバーから自動的にIPアドレスを割り当てられている状態で、他方のhost(恐らくプリンタなど画面上で競合を確認できない機器)に静的に同じIPアドレスを割り当ててしまった場合が考えられますね。

MACアドレスとIPアドレスの関連を調べるコマンドで思い浮かぶのは「arp」コマンドですね。コマンドプロンプトから「arp -a」と打てばARPエントリ、つまりIPアドレスとMACアドレスのマッピングが見られます。
ただしこのコマンドで「arp -a [IPアドレス]」と入力して、MACアドレスを調べるのは出来ますが、逆に「arp -a [MACアドレス]」というのは出来ません。

本来の使い方は今回のような事象が起きる際に備えて、あらかじめ各マシンとMACアドレスの対応(どのIPがどのMACで静的割り当てなのか動的割り当てなのか・・・とか)を調べておくという使い方が多いですね。

そしていざIPアドレス競合が起こった際には、調べておいたARPエントリを元に競合IPに対応しているMACアドレスに対して、一時的に競合しない仮のIPアドレスに変更(arp -s [IPアドレス] [MACアドレス])して競合をとりあえず直し、改めてお互いを動的割り当てに変更するなり、静的割り当てで競合しないIPアドレスに設定しなおすなどの処置とかを行うことになります。

ちなみに競合中にlocalhostからarpを行ってもちゃんと出力されるかどうかは、試したことがないんで不明です。多分普通に出力されるはずなんですけど・・・(^_^;)

さて、今回のご質問ですと誰がIPアドレスを競合させているかを知りたいとのことでしたね。
上記の通りarpコマンドではMACアドレスからIPアドレスを調べることは出来ませんが、代わりに競合IPアドレスに対して『他の競合に関わってないPC』から「tracert [競合IPアドレス]」を試すとか、でなければ「nslookup [競合IPアドレス]」でDNSサーバーに直接問い合わせて名前解決して、どの機器のコンピュータ名が出てくるかを調べるというのも有効かも知れません。

ちなみに下記UPLは「Network View」というネットワーク管理ソフトのサイトで体験版も置いてあります。参考までに・・・

以上、とってもつたない文章で失礼しました。

参考URL:http://www.smisoft.com/product/nv/index.html

どのような環境の話なのかがご質問だけだと不明なので、とりあえず今回はWindowsのLAN環境で時々競合が起こる、というのを前提で話を進めます。

まず時々競合が起こるという場合の可能性として考えられるのは、片方のhostにサーバーから自動的にIPアドレスを割り当てられている状態で、他方のhost(恐らくプリンタなど画面上で競合を確認できない機器)に静的に同じIPアドレスを割り当ててしまった場合が考えられますね。

MACアドレスとIPアドレスの関連を調べるコマンドで思い浮かぶのは「arp」コマンドで...続きを読む

QIPアドレスの競合を避ける方法を教えてください。

 突然、添付図のようなネットワークエラーが表示されました。

Windows XP以来このようなサインは忘れていました。

有線LANでモデムに繋いだWindows 7 のデスクトップパソコンに表示されています。

Wi-Fiでスマホを時々利用しています。他に心当たりは無いのですが、
ノートパソコンで無線LANを時々使用します。

Aベストアンサー

>ご回答ありがとうございます。 
>>自己管理が出来ない場合は、DHCPを使うのが懸命です。…

>もう、十数年そうしていたつもりです。

まだ解決していないのであれば、無線ルータやモデムの電源を落として30~60秒後に電源を入れなおしてみてください。

無線ルーターがシステムオーバーフローすると、色んな誤動作を起こします。
今回はDHCPサーバ機能がフリーズしかかっているのかもしれません。

特にBuffalo製は1~3ヶ月に1回は電源の抜き差しが必要です。

       

QIP アドレスの競合が検出されましたの謎

忘れることに起こっていたことなんですが,「ネットワークエラー IP アドレスの競合が検出されました。 このネットワーク上の別のコンピュータが、このコンピュータと同じ IP アドレスを使用しています。 ネットワーク管理者に問い合わせてこの問題を解決してください。 詳細については、Windows システムイベントログを参照してください。」
というメッセージが表示されることがあります。

ネットワークの構成はルータ1台にパソコン1台繋がっているだけです。
そのパソコンはWindows8.1ProでHyperマネージャを使ってUbuntuを入れています。
Ubuntuを設定しているIPアドレスもDHCPでWindows8.1もDHCPで動的です。

ルータの配分がうまくいっていないんでしょうか?

あとUbuntuはHyperマネージャで常時起動しています。
Windows8.1はシャットダウンしています。
なのでUbuntuは実質固定IPみたいなものだから,今回のようなIP アドレスの競合は出ないと思ったんですが,何か違ったんでしょうか?

よろしくお願いします。

忘れることに起こっていたことなんですが,「ネットワークエラー IP アドレスの競合が検出されました。 このネットワーク上の別のコンピュータが、このコンピュータと同じ IP アドレスを使用しています。 ネットワーク管理者に問い合わせてこの問題を解決してください。 詳細については、Windows システムイベントログを参照してください。」
というメッセージが表示されることがあります。

ネットワークの構成はルータ1台にパソコン1台繋がっているだけです。
そのパソコンはWindows8.1ProでHyperマネージャ...続きを読む

Aベストアンサー

Hyper V? 家でも似たことが起きます。
Windows8.1Proマシン上のHyperVでWindows7を動かしていますが、ときどきWindows7でIPアドレスの競合が検知されてIPアドレスが169.で始まるWindows既定値にされてしまい、リモートデスクトップなどアクセスができなくなります。
このときはホスト側のWindows8.1Updateマシンを一度シャットダウンして起動しなおすと直ります。

ゲストがDHCPで取得しているIPアドレスの期限が切れて再取得するときに、DHCPサーバがホスト側のIPを返すのではないかと推測しています。
Hyper Vの仮想ネットワーク機能でDHCPリクエストするときのホスト側のMACアドレスを出してしまう場合があるのではという気がします。

ホスト側のネットワークが変わらないなら、ゲストIPを本当に固定してしまえば問題は起きなくなるでしょう。あるいはDHCPで取得するIPの有効期限を無制限にするとか。
なおホストがモバイル等で別のネットワーク環境に持っていくと固定IPではつながらなくなる恐れもありますので注意ください。

Hyper V? 家でも似たことが起きます。
Windows8.1Proマシン上のHyperVでWindows7を動かしていますが、ときどきWindows7でIPアドレスの競合が検知されてIPアドレスが169.で始まるWindows既定値にされてしまい、リモートデスクトップなどアクセスができなくなります。
このときはホスト側のWindows8.1Updateマシンを一度シャットダウンして起動しなおすと直ります。

ゲストがDHCPで取得しているIPアドレスの期限が切れて再取得するときに、DHCPサーバがホスト側のIPを返すのではないかと推測しています。
Hyper Vの...続きを読む

QIPアドレスの競合というエラー表示

ある日、パソコンを立ち上げると、「このネットワーク上の別のコンピューターが、このコンピューターと同じIPアドレスを使用しています。」というエラー表示が出ました。
これは、今問題の遠隔操作ウィルスに感染してしまったんでしょうか?
ちなみに、パソコンは3台あり、いずれのパソコンからもネットにアクセスしています。

Aベストアンサー

No.4の補足です。精神衛生上よろしくない場合は、プログラム→アクセサリー→コマンドプロンプトを起動し、ipconfig /renew
(gと/の間は半角スペース)と打ち込んでENTERキーを押せば、新しいIPアドレスの取得ができます。
(ついでに、/all,/release も覚えておくと便利)

Q競合するIPが存在します・・・で誰のPCか調べる方法はありますか?

PCを使っていたところ「競合するIPが検出されました」のメッセージが出ました。これは単に誰かがまちがって設定しただけなら良いのですが、何か悪いことをするつもりだったら困ります(すでに2度ありました)。どのPCが該当するのか調べる方法はありますか。また、こういった場合どのような危険性が考えられるでしょうか。

大学内でPC使ってますが、学外の悪意あるPCがIPを偽って接続するなどということはあるのでしょうか。こういった場合どのような危険性が考えられるでしょうか。

Aベストアンサー

ローカルネットワーク内でのIPアドレス管理に問題がある場合に発生するエラーです。

ローカルネットワークの中では、IPアドレスとMACアドレス(機械そのものに付いているシリアル番号)をそこに参加する各マシンが認識し、その対応をarpテーブルというリストにして持っています。そのリストに齟齬が見つかるとそうしたエラーが出ます。異なるマシン(MACアドレス)が同じIPを使おうとした場合などです。

ローカルネットワークにはそれぞれのルールがありますからそれに従うことが重要です。そのルールから外れると一部で通信ができないなどの問題が生じます。IPアドレスの割り当て規則については、ネットワークの管理者に問い合わせてきいてください。こうしたエラーの発生についての相談も管理者にすべきです。


インターネットアドレスというものは世界に一つしかありませんが、プライベートアドレスはローカルに限って好きなように割り当てができるようになっています。これらは全く性格の違うアドレスですし、相互に直接交換することができません。特にプライベートアドレスは、インターネット上で使われないことを原則として存在するものですから、それが外へ出ることは決してありません。インターネット上のルータにもしそうしたアドレスをソースか宛先にもつパケットが来たとしてもそれはルーティングされません。

IPスプーフィングという手法を使うにしても然りで、プライベートアドレスが対象となるなら、その同じローカルネットワーク上に攻撃マシンが存在しない限りスプーフィングパケットは届きません。それはローカルネットワーク内でのみ有効な何らかの攻撃となります。


今回の例で一つ考えられるのは、不正なarpパケットによるDoS攻撃です。ローカルネットワーク内では改変したarpパケットを送り込むことにより送信相手のarpテーブルに不正な変更を加え、一部のホストの通信を不可能にすることができます。ネットワーク構成が書かれていないのでよく分かりませんが、特定のゲートウェイが攻撃対象になっているならそれに接続して通信を行っているホストのどれかでそうした障害が起きる可能性もあります。その場合は、実際に通信ができなくなっているホストから攻撃・障害の状況を把握することはできません。そうした攻撃が実際に行われているとすれば、これもやはりネットワーク管理者に問い合わせるべきです。まれにLAN内での不正接続を防ぐためにこれと同じことを管理者が行い、対象ホストをはじきだす場合もあります。


アドレス・スプーフィングについて安易な誤解があるようです。そうしたパケットを作り送り出すこと自体は簡単なのですが、発信元が偽装されているということは返信が正常に届かないということです。そのため攻撃者は一方的な通信しかできません。その上で擬似的接続を成立させる手法もありますが、偽装元が生きているホストならリセットが返ってしまうのでそれができません。そんなこんなでそういう攻撃をTCPのレベルで行ってそういった症状になるということはあり得ません。アドレス・スプーフィングを使うなら上記にあるような下位レベルでのDoS攻撃くらいでしょう。


あからさまな攻撃というものは簡単ではありませんし、そう滅多にあるものではありません。単純なネットワーク障害だと思って間違いないでしょうし、本来まずはそこから疑うべきです。ローカルネットワークのことであれば再三になりますが、管理者に問い合わせてください。

ローカルネットワーク内でのIPアドレス管理に問題がある場合に発生するエラーです。

ローカルネットワークの中では、IPアドレスとMACアドレス(機械そのものに付いているシリアル番号)をそこに参加する各マシンが認識し、その対応をarpテーブルというリストにして持っています。そのリストに齟齬が見つかるとそうしたエラーが出ます。異なるマシン(MACアドレス)が同じIPを使おうとした場合などです。

ローカルネットワークにはそれぞれのルールがありますからそれに従うことが重要です。そのルールから外...続きを読む

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報