パートで雇用保険•社会保険もかけて働いていますが
4月末で会社都合で、リストラされます。

会社からは4月いっぱいと言われていますが
土日祝日は休みの会社なので、4月28日まで勤務です。

こうした方が失業手当をより多く受給できる。などの
不正ではない失業手当のお得受給方法があれば
教えてください。

必要な情報があれば追記します。

方法とその根拠•理由も教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>不正ではない失業手当のお得受給方法があれば


教えてください。

失業給付は日額ともらえる日数の所定給付日数で決まるけど、日額は退職前6ヶ月の給与から計算されるし所定給付日数は退職理由と年齢と被保険者期間で決まるから何らかの手続で増えたりすることはありません。
また真面目に就職活動をすれば個別延長給付に該当すれば原則として60日分給付日数が延長されますが、これも安定所の判断ですから手続によってどうなると言うものではありません。
ちなみに個別延長給付とは下記のようなものです。

http://www.chiba-roudoukyoku.go.jp/seido/koyouho …

それよりも出る金額を抑える方が重要だと思いますが。
退職後の健康保険はどうするのですか?
質問者の方が既婚の女性で夫の扶養になるというなら別ですが、国民健康保険に加入するのですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

夫がいるので、すぐに仕事が決まらないなら扶養に入ります。

個別延長給付ですか!
知りませんでした。

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/19 20:55

>任意継続するなら会社負担がなくなるので


任意継続しない方がいいでしょうか?

健康保険がなしと言うわけにはいかないでしょう、任意継続をしないとすればどうするのでしょうか?
任意継続は在職中の健康保険を退職後も続けることが出来る制度です、保険料は会社負担分も払うので約2倍にはなりますがそれでも国民健康保険よりは安い場合が多いです、究極的にはそれぞれ健保組合と市区町村の役所に金額を聞かなければわかりませんが。
また退職後は国民健康保険は14日以内、任意継続は20日以内に手続することになっています。
また夫の扶養にならずに自ら健康保険に加入するならば。

よくある例なのですが、切りのよい月末ではなく月末1日前の退職日というを会社側が言い出すことがあります。
健康保険や厚生年金は月末在籍しているかどうかで、その月の1か月分を払うかどうか決まるのです。
例えば4月で辞める場合に月末の1日前に退職すれば、会社では払わなくて済むのです、そうすれば会社は負担するはずの4月分の半額を払わずに済みます。
一方退職者が任意継続あるいは国民健康保険や国民年金に入る場合は1日の間をおいて5月からということは出来ません、必ず4月30日からになります。
ということは4月分は会社としては払わないが退職者個人が全額支払うことになるのです。
任意継続の場合は在職中に会社が負担してくれた半額分も含めて全額ですから保険料はざっと2倍になります、国民健康保険は保険料自体が高いですから任意継続と同じか多い金額を払うようになります。
要するに結果として4月分は会社が負担分を浮かした分を、退職者個人が負担するということになってしまう、このからくりが月末1日前の退職日です。
これはセコイ会社がよくやる、わずかな保険料をケチる常套手段です。
月末1日前に退職すれば退職月の保険料の支払いがないという言葉に乗ってしまうと、退職後にたった1日のために高額の保険料を個人負担するようになります。
厚生年金は月末前に退職すればその月分の支払はありませんが、前月までの加入になります。
このサイトにもそういう状態に陥って、助けを求めて質問してくる方がいますが、退職してしまっては後の祭りで、お気の毒ですがとしか言いようがありません。
例えば上記のように月末1日前で辞めると、健康保険料が引かれずに得だと会社に言われてそのとおりにして、退職後に健保に行って任意継続(あるいは市区町村の役所で国民健康保険)の手続きをしたらたった1日なのに先月分を丸々払わされておかしいという質問がこのサイトでもありますが、言葉は悪いですが上記の説明で会社に騙されていたことが初めてわかるケースが多いようです。

ですから任意継続の場合は4月30日で退職なら、4月分の保険料は在職中で支払うから会社と質問者の方で折半となります。
4月28日で退職なら前述のように2日でも1か月分の保険料を払いますし、4月分の保険料は任意継続で払うから全額質問者の方の負担となります。

つまり夫の扶養になるならいつ退職しても同じですが、退職後に自ら何らかの健康保険に入るのであれば月末退職か否かによって退職月の保険料の半額を誰が負担するか違ってくるということです。

>土日祝日は休みの会社なので、4月28日まで勤務です。

というのも会社は当然そこを計算した上のことでしょう、別に土日祝祭日を退職日にしても一向に構わないのですから。
ただ今から退職日を月末にしてくれといえばネタバレした会社はいい顔をしないでしょうね、それでも交渉して保険料の半額を手に入れるかあるいはあきらめるかは質問者の方の考え方次第です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わ、わ、わ(汗)
教えてくださってありがとうございます。

あぶない所でした。

お礼日時:2011/04/20 12:51

>夫がいるので、すぐに仕事が決まらないなら扶養に入ります。



保険料に日割りはありません、必ず月単位です。
健康保険の保険料は月末の状態で判断されます、月末に加入していればその月の保険料を支払いますが月末前に脱退して月末には加入していなければその月の保険料は支払うことはありません。
ですから月末前に退職することによって4月分の保険料は支払わなくて済みます。
ただし当月分の保険料は翌月の給与から引くことになっているので、4月分の給与からは3月分の保険料が引かれているはずです。
また健康保険の有効期限は日単位です、そこに保険料と保険証の有効期間のズレがあります。
ですから

>4月28日まで勤務です。

であれば4月分の保険料は払わずに済みますが、保険証は28日まで使えるということです。
そして29日から夫の扶養になれれば、4月分の保険料は浮くことになります。

この回答への補足

回答ありがとうございます

任意継続するなら会社負担がなくなるので
任意継続しない方がいいでしょうか?

補足日時:2011/04/20 00:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/03 21:12

>約1年半勤務です。


 ・なら、会社都合で給付日数は90日・・・これは変わらない(但し45才以上60才未満なら180日になりますが)

>手続きの違いで何か違いがあるはずです
 ・会社都合なら給付制限の3ヶ月が付かないだけ・・・失業給付を実際に受給できるのが1ヶ月後か4ヶ月後の違いだけです
 ・ただ、会社都合の場合、求職活動を真面目にしているにもかかわらず、最終的に再就職が出来なかった場合、個別延長で給付日数が60日追加される場合が有ります(自己都合の場合は個別延長は無し)
  個別延長が認められれば、本来の給付日数90日が(90日+60日で)150日になります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

個別延長給付知りませんでした!

ありがとうございます。

でも、早く新しい仕事を見つけたいです。

お礼日時:2011/04/19 21:04

失業手当は就業していた年数によって決まるので10年以内3か月とそれ以上120日


20年以上150日と決まってます

お得とかそんな方法ありません。あえていうなら就職活動しながら認定日数を
ふるにもらう事だけ

あとは失業認定日数が1/3以上残っていれば就職支度金が受給されるだけ

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。

約1年半勤務です。

手続きの違いで何か違いがあるはずです。

補足日時:2011/04/19 07:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/03 21:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電卓で日数ボタンがなくても日数計算できますか?

私の持っている電卓は SHAP製 EL-VN82 と Canon製 HS-2200A なのですが、日数計算するためのボタンがないのです。

試験で使うためには 使い慣れているCanonのを持って行きたいのですが、基本、日数計算ボタンが付いていないと 電卓は答えを出してくれないモノなのでしょうか?

*計算したい例として・・・
 ① ×3年5月24日から×3年10月31日までの日数は何日ですか
 ② ×1年7月1日から×1年9月15日までの日数は何日ですか

Aベストアンサー

> 日数計算ボタンが付いていないと 電卓は答えを出してくれないモノなのでしょうか?

出してくれません。
計算するには、月ごとの日にちとか、うるう年のうるう日とかが頭に入ってないと難しいです。
質問の例では、うるう年関係なさそうですが。

> ① ×3年5月24日から×3年10月31日までの日数は何日ですか

×は何でしょう?平成とかの年号?2013年の"201"の部分?
うるう日をまたぐ場合は、これもハッキリさせないと計算不能です。

5月24日から5月31日まで、7日。
6月~9月の月の日にちは、30日、31日、31日、30日。
10月31日までの31日。
合わせて、7+30+31+31+30+31=160日とか。

Q今回失業保険を受給することになったのですが、失業保険の基本手当日額が5

今回失業保険を受給することになったのですが、失業保険の基本手当日額が5053円で少ないような気がするので質問します。前職の基本手当て17万で総額20万になります。前々職が基本手当て22万3千円で総額25万くらいでした。前職は今年7月15日に退職し、前々職は今年4月末で退職しています。また両方とも雇用保険加入でありました。この場合基本手当日額の間違いはありませんか?

Aベストアンサー

基本手当日額の計算の仕方は下記を
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3a.html
抜粋:雇用保険で受給できる1日当たりの金額を「基本手当日額」といいます。
この「基本手当日額」は原則として離職した日の直前の6か月に毎月きまって支払われた賃金(つまり、賞与等は除きます。)の合計を180で割って算出した金額(これを「賃金日額」といいます。)のおよそ50~80%(60歳~64歳については45~80%)となっており、賃金の低い方ほど高い率となっています
・以下は計算例
 25万×4ヶ月+20万×2ヶ月=140万、140万÷180=7778円(賃金日額)
 7778円×掛け率(仮に65%とすると)=5056円(基本手当日額)
>失業保険の基本手当日額が5053円で少ないような気がするので
 ・そんなものではないかと思いますが

QDATEDIF関数と普通の引き算による日数計算

7月25日(セルA1)から7月1日(セルB1)までの日数を計算する場合、B1-A1で日数は出てくるようなんですが、例えば月を跨いだ場合、誤差は出てくるのでしょうか?(閏年や、月ごとの総日数の違いなどにより)

日数計算の場合、DATEDIF関数というものもあるようなのですが、これを使うと日数がマイナスになってしまう場合、エラーになってしまうようです。

後者の方が正確であるならば、DATEDIF関数を使いたいんですが、その場合、引き算の結果がプラスになる場合、マイナスになる場合が混在しているデータで使用する場合、どのような計算式を入力すればよいのかが分かりません。

どなたか御存知の方、よろしくお願いします。
ちなみに、単なる引き算で誤差がでないようでしたら、引き算で処理したいと思っています。

Aベストアンサー

用途によりますが、単純な日数計算なら基本的には誤差は出ないと思いますよ。
Excel内では、1900年1月1日を1として、1日ごとに1増える計算になっていますので。
ようするに、数字同士の引き算ですからね。

閏年は計算に入っていますし、月ごとの総日数も関係ないですし。

DATEDIFを使うなら、IF関数で大きさを比べて使ってみてはいかがでしょうか?

Q雇用保険(失業手当受給)についての質問です。

雇用保険(失業手当受給)についての質問です。

4年以上働いている職場を今年の4月末に退職することになりました。

3月より、次の方への引継ぎ作業をしています。
4月末に離職票をもらって、手続きをする予定だったのですが、
3月末で離職したことになっている離職票を4月6日にいただきました。

3月末で離職したことになっている理由としては

「4月からの1ヶ月間はアルバイトとして働いていることになっているから」
「手続き上そうしなければいけないから(雇用側の都合で)」
とのことでした。

このまま、失業していないのに申請すると不正受給になってしまうので
そのことを言うと
「じゃあ、4月末で退職したことにすればいいんだな!」と
理不尽にどなられました。

質問なのですが
3月末に一旦、離職してしまったものを
「やっぱり4月末になりました。」と、雇用保険の番号、条件などそのままに
継続できるのでしょうか?

それとも一度は3月末で手続きをした以上
雇用保険の同じ番号など使えず
新たに雇用保険に加入する手続きになるのでしょうか?

そのことによって、失業者側に不利になる
(離職日以前の2年間に被保険者期間が12カ月以上ある。に該当しない)
などの状態になるのでしょうか?

インターネットで調べたのですがよくわからなかったので
質問させていただきます。

雇用保険の知識などあまりないため
小学生に教えるような感じで回答をいただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

雇用保険(失業手当受給)についての質問です。

4年以上働いている職場を今年の4月末に退職することになりました。

3月より、次の方への引継ぎ作業をしています。
4月末に離職票をもらって、手続きをする予定だったのですが、
3月末で離職したことになっている離職票を4月6日にいただきました。

3月末で離職したことになっている理由としては

「4月からの1ヶ月間はアルバイトとして働いていることになっているから」
「手続き上そうしなければいけないから(雇用側の都合で)」
とのこ...続きを読む

Aベストアンサー

雇用保険の番号は、退職しても変わることはありませんので、心配はいりません。
また、被保険者であった期間は、通算されますので、失業者に不利になることもありません。

Qエクセルでの経過日数計算

エクセルで経過日数計算に「DATEDIF」関数を使用しています。
「DATEDIF」関数では、経過の年数のみとか日数のみでの表示になりますが、
それを「○年○ケ月と○日」と計算させるにはどのようにすれば
良いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。maruru01です。

「0年」や「0ヶ月」や「0日」を表示させない方法を。

=TEXT(DATEDIF(A1,B1,"Y"),"0年;;")&TEXT(DATEDIF(A1,B1,"YM"),"0ヶ月;;")&TEXT(DATEDIF(A1,B1,"MD"),"0日;;")

ちなみに、日数の「MD」には計算間違いが生じる場合がありますので注意して下さい。
(以下の「DATEDIF 疑惑」を参照)

http://hp.vector.co.jp/authors/VA016119/kitan01.html#2

参考URL:http://hp.vector.co.jp/authors/VA016119/kitan01.html#2

Qパートの失業保険。自己都合?会社都合?

パートの失業保険について教えて下さい。
先日契約が満了した為にパート先を退職しました。
(正社員登用の可能性もありましたが、同期が勝ち取り、私は一年間の契約満了での退職となりました。雇用介入通知もあります。)
フルタイムのパートで、雇用保険に加入しており、
会社側も、失業保険がもらえるようにと、有給等を加味して、離職票を書いてくれました。
会社からの離職票には、「契約満了による退職」と記載してありますが、
これは3ヶ月の待機期間がある「自己都合退社」になるのでしょうか?
ご回答の程、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>制限期間ということは、待機期間はなく、すぐに保険がおりるのでしょうか。

いえ違います。
一般に自己都合なら手続きをしてその日を含む7日間が待期期間で、それから3ヶ月が給付制限期間、それから所定給付日数が始まります。
しかしCの場合は給付制限期間がなく、自己都合でも手続きをしてその日を含む7日間が待期期間で、それからすぐ所定給付日数が始まります。

Q4年ごとの平均日数が365.2424日と計算したのは誰?

ユリウス暦の4年ごとの平均日数は365.25日ですが
グレゴリオ暦で4年ごとの平均日数は365.2424日ですね。

この4年ごとの平均日数が365.2424日というのは
いつ、誰によって計算されたものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 
 計算法
 
誤:グレゴリオ暦の4年ごとの平均日数は365.2424日
正:グレゴリオ暦の400年ごとの平均日数は 365.2425日
(365*400)+100-3 = 146097 … 146097/400 = 365.2425
 
 ユリウス暦の4年ごとの平均日数は365.25日
(365*4)+1 = 1461 … 1461/4 = 365.25
 未来の新暦として、つぎの計算法が予告されています。
 
 ギリシャ暦(24000228)東方新暦(28000228)の平均日数は365.242日
単位:(365* 900)+225- 7 = 328718 … 328718/900 = 365.242222222222
周期:(365*3600)+900-28 =1314872 … 1314872/3600 = 365.242222222222
 
 計算者
 
── ローマ教皇グレゴリウス13世が1579年にシルレト枢機卿を中心と
する委員会を発足、アロイシウス・リリウスや数学者クリストファー・
クラヴィウスらが完成した。── 『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
 Sosigenes,     BC-00‥‥‥ Egypt Alexandria BC-00‥‥‥ ? /[1/4]
 Clavius, Christopher 15380325 Duitch       16120212 73 /[97/400]
 Milankovitch, Milutin18790528 Croatia Jugoslavija 19581212 79 /[218/900]
 
/1923 東方新暦(28000229実施)制定/1930 地球の軌道面の変化と歳
差運動、地軸の傾斜角で氷河期を説明した物理学者“ミランコビッチ説”。

 既出回答(質問者:pkm35143さん)では、つぎのように説明しました。
 
 地球の公転周期は、ユリウス暦(365.25)グレゴリオ暦(365.2425)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4655672.html
 此而不決 ~ 果てしない疑問 ~
 

 
 計算法
 
誤:グレゴリオ暦の4年ごとの平均日数は365.2424日
正:グレゴリオ暦の400年ごとの平均日数は 365.2425日
(365*400)+100-3 = 146097 … 146097/400 = 365.2425
 
 ユリウス暦の4年ごとの平均日数は365.25日
(365*4)+1 = 1461 … 1461/4 = 365.25
 未来の新暦として、つぎの計算法が予告されています。
 
 ギリシャ暦(24000228)東方新暦(28000228)の平均日数は365.242日
単位:(365* 900)+225- 7 = 328718 … 328718/900 = 365.242222222222
周期:(365*3600)+900-...続きを読む

Q会社都合で失業しましたが、失業保険の受給を次回にしようと思っています・

会社都合で失業しましたが、失業保険の受給を次回にしようと思っています・・・

会社都合で解雇されました
すぐに失業保険を受給できるそうですが、
すぐに仕事を見つけたいので、次回失業したときに受給できるように
今回は受給しないでおこうと思うのですが・・・

今回解雇された職
基本給21万(育児休業明け時短勤務で実際は13万)
勤続6年半
まだ離職票が届かないので、申請には行ってません

現在、職を探す上で考えているのは
(1)時給800円のアルバイ(週4日4時間以上)
(2)時給1500円程度の派遣(週5日5時間)
(3)基本給13万程度の正社員

質問は、もし次の職を2年も働かず(最悪3ヶ月程度で辞めてしまう)場合に
失業保険を受給するとしたら

受給金額はそれぞれどうなりますか?
受給までは自己都合の失業となって3ヶ月待機となりますか?
自己都合と会社都合で金額は異なりますか?
また妊娠して当分仕事ができなくなった場合はどうなりますか?

もう1つ質問があって
今妊娠していて次の仕事は探さず受給を延長した場合の
受給金額はどうなりますか?

Aベストアンサー

>受給金額はそれぞれどうなりますか?
 ・離職後・・離職日から逆算して、1ヶ月に11日以上勤務日を1ヶ月として計算
       過去6ヶ月の給与の合計額(賞与等は除く)÷180の金額に60%程度を掛けた金額が1日当りの日額
 ・再就職後離職・・雇用保険に加入した期間を上記の様に計算して、前職を含め6ヶ月の合計額を算出以下同様
>受給までは自己都合の失業となって3ヶ月待機となりますか?
 ・再就職先で自己都合退職なら、給付制限の3ヶ月は付きます
 ・尚、離職票は現職と前職の2通が必要(現職で雇用保険に1年以上加入なら現職のみで良い)
>自己都合と会社都合で金額は異なりますか?
 ・再就職先の離職の仕方の違いなら、基本的には同じ
>また妊娠して当分仕事ができなくなった場合はどうなりますか?
 ・ハローワークで失業給付の手続きをした後に、給付期間の延長手続きをすれば最長で3年間伸ばす事が可能
  離職日から4年間(本来の1年+延長分の3年)有効になります
  就職が可能になった時点で、延長を解除すれば失業給付が受けられるようになります
   (給付制限が付いた場合でも、延長後の再開時には給付制限は付きません)
>今妊娠していて次の仕事は探さず受給を延長した場合の受給金額はどうなりますか?
 ・金額は延長してもしなくとも同額で変らない

>受給金額はそれぞれどうなりますか?
 ・離職後・・離職日から逆算して、1ヶ月に11日以上勤務日を1ヶ月として計算
       過去6ヶ月の給与の合計額(賞与等は除く)÷180の金額に60%程度を掛けた金額が1日当りの日額
 ・再就職後離職・・雇用保険に加入した期間を上記の様に計算して、前職を含め6ヶ月の合計額を算出以下同様
>受給までは自己都合の失業となって3ヶ月待機となりますか?
 ・再就職先で自己都合退職なら、給付制限の3ヶ月は付きます
 ・尚、離職票は現職と前職の2通が必要(現職で雇...続きを読む

Qエクセル 日数計算 特定の日だけカウントしない方法

お尋ねします。

稼働日日数の計算をしたいと思っています。

ただし、土曜日は営業日なので、
日曜日と祝日だけを除いた日数の計算をしたいのです。

例)  12/23~1/15 の 日曜と特定の休日(12/29~1/5)除いた日数の計算

networkday等つかうと、土曜日も休日となってしまうため、困っています。

どなたか知恵を貸してくださいませんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

A1セルに開始日、B1セルに終了日が入力され、特定の休日に「休日リスト」と名前が付けられているなら(あるいはそのセル範囲を絶対参照)、以下の式で日曜と休日を除外した期間の日数が求められます。

=SUMPRODUCT((WEEKDAY(A1+ROW($A$1:$A$300)-1)>1)*(A1+ROW($A$1:$A$300)-1<=B1)*(COUNTIF(休日データ,A1+ROW($A$1:$A$300)-1)=0))

上記の式は300日後までの数式になっていますので、その期間を超える場合などは適宜数値を変更してください。

Q傷病手当金を受給後の雇用保険受給は可能ですか?

呼吸器に障害があり、平成25年10月に風邪が原因で病状が悪化しました。主治医からドクターストップがかかり、会社に在籍するも休職していましたが、体調が思わしくなく昨年3月、依願退職をしました。その後は、ドクターストップが継続しているため雇用保険の支給が受けられなく、傷病手当金を受給してきました。机上業務中心等、様々な制限が付くと思われますが、具合も良くなり、働くことも可能だと考えています。この場合、傷病手当金に代えて雇用保険の受給は可能でしょうか?もちろん主治医の診断書が必要なのは分かりますし、雇用保険の受給延長も最大限行っています。

Aベストアンサー

協会けんぽ等の傷病手当金は仕事を辞めてからも、通算最大1年半もらえます。但し雇用保険はダブってはもらえません。傷病手当金は約8割、失業給付金は約6割支給 その辺も考えて見ては。
まっ、働けるのが一番かと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報