お世話になります

ヘッドライトの交換ですが H4バルブの 60/55Wを現在使用しています
120/110W相当の明るさになる 商品です

同じく H4バルブで 60/80Wとの記載されている商品があり こちらは 130/140W? ほどの明るさになります

それで 本来60/55W をつけていた車に 60/80W または 60/60Wのバルブを取り付けても問題はないでしょうか?

ホームセンターの担当に聞いたところ ある店では つけられない
ある店では つけることは可能問題ない との返事で どちらが正しいか分かりません

御存知の方が折られましたらよろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

ワット数の大きなランプを付けるのは止めた方が良いでしょう。



白熱球などは、そのほとんどが熱に変わります。
その熱は、口金を通してランプの取り付け部に熱が伝わります。

結果重視のランプユニットだと、口金の部分の熱が高くなり、ランプユニットの樹脂が熱で溶けて、ランプの向きが変ってしまい、光軸が大きく狂ったりします。

以前それでとんでもない方向を向いてしまう車も何台か見た事があります。

当たり前ですが、光軸が大きく狂う様になれば、車検は通りませんし対向車にも大きな迷惑を掛ける事にもつながります。
車検に通らなければ、ランプユニットの交換しか無くなり、数万円の出費にもつながってしまいます。

くっつける事は可能ですが、それによってトラブルが出ますので、基本的に辞めたほうが良いでしょうね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます

やはり元のワット数と同じものをつけることにします

感謝します

お礼日時:2011/04/23 14:16

経験上80Wまでならリレーを付けなくても大丈夫でしたね。



ただ発熱量が多いので、冬場限定で使ってましたが。

コスト的に材質をダウンしているメーカーでは、カプラー焼けや、ランプユニットの白濁、等が発生する場合も考えられます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます

冬場限定なんですね(笑)

やはりやめておく事にします

ホームセンターの係りの方の言うことを丸呑みにせず ここで質問させていただいてよかったです

お礼日時:2011/04/26 22:32

60/55W→120/110W相当高効率云々と謳っているものの中には単純に消費電力を上げた非効率のものも多く存在します。


消費電力が大きくなり発熱も大きくなります。
昭和の時代には本物の100W以上のハイワッテージバルブが普通にカー用品店にありました。

『規格外製品なので装着できるがその後の保証はできないと言うだけです。』

自己責任でどうぞということです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

値段が安いので 非効率のもだと思います

ありがとうございます

お礼日時:2011/04/26 22:30

一番にリレーキットを取り付けて見ればそれだけで明るさが改善される場合もあります、この場合だとバルブが純正でしたら本来の明るさに戻しただけで配線にしてもカプラなども含めて古くなればどうしても抵抗が増えていきますから暗くなっていきます(気がつかないうちに)もちろん樹脂レンズだろうとこの場合気にすることはありません。



しかし、純正よりも消費電力の大きいバルブを使うつもりでしたら一番にレンズの材質を見ないと異形ヘッドライトなどレンズ部分が曇ったようになったり溶けたりと色々と聞いていますからその後高い費用を出して純正のライトユニットを交換することになります。

だからレンズがガラスであれば第一条件はOK次に配線などのことを事を考えてリレーキットを使用する事で抵抗などによる無世えのトラブルを防止できると共に本来のバルブの能力を発揮させれます、又カプラが溶けるくらいなら良いが配線が痛んでいて其所に熱が集中すれば発火も有ります(配線からの出火はあっという間に炎上に繋がります)私は古い車やバイクなので純正バルブでも安心のためにリレーは一番に取り付けて居ます(無ければコネクター類買いそろえて自作します)もちろん手放すときには取り外します(ノーマル配線には一切手を加えない)

物理的には形状が合えば取り付けできますがその後のトラブルを亡くすことまで考えていないと高価な勉強費用に成る可能性があります、それならきちんとしたメーカーのHIDでも考えた方が良いでしょう(きちんと保安基準に合致した物で)ただし車種に寄れば後付けのHIDでは保安基準に適合しない場合も有ります(オートレベライザーが必要だったはず)この部分はうろ覚えなので確認してください(HID取り付けを考えたなら)

ホームセンター辺りの担当者が何所までトラブルや保安基準に対しての知識が有るか知りませんが私も過去知識が少ない時期に色々とトラブルも経験しています、その後勉強して居ますけどね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>ホームセンター辺りの担当者が何所までトラブルや保安基準に対しての知識が有るか知りませんが私も過去知識が少ない時期に色々とトラブルも経験しています、その後勉強して居ますけどね。

確かにそうですね

こちらも 全く信用しているわけではないので(失礼ですが) 自身がなさそうに返答してくる場合はいったん他の店でも確認するようにしています

詳しくありがとうございます

お礼日時:2011/04/23 14:27

いわゆる最近の高効率バルブ(ハイワッテージバルブ)というものは、


実際には消費電力分の性能から大きく性能が向上していることは少なく、
従ってバルブが適合する車の殆どに使用が可能です。

昔はリレーキットなどを使用して、実際にその100Wなどの電気を消費して、
その分だけ明るくなるタイプのものもありましたが、最近はまず手に入りません。
一応今も少数製造されてはいるようですが。

最近後者のバルブが手に入らないのは、
明るくなるのは確かですがHIDなどに押されて市場価値が無くなってしまったことと、
大電流を消費するだけに発熱なども大きく、最近の車のヘッドライトがその発熱に耐えられないからです。
(最近の車のヘッドライトはレンズもリフレクターも樹脂でできてます)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

発熱が恐いですね

情報に感謝します

お礼日時:2011/04/23 14:24

>ある店では つけられない ある店では つけることは可能問題ない との返事で


必ず不具合があるわけではないので、自己責任でね。っていうところは着けられると言いますし、少しでも文句を言われそうなら着けられませんって言うでしょうね。

車自体が新しければ、特に問題は無いと思います。
5年以下の車ならね。

古い車だとそれなりに劣化もしますので、コネクターなどに腐食や酸化による抵抗が増えて発熱することも考えられます。
そのためには、リレーキットを使うことで、安全化を図ることが出来ます。

新しめの車であっても、流量の増える工作をしようと思えば、リレーキットを使った方が、より安全かつ効率的に電球の性能を発揮させることが出来ます。

純正球であっても、キットを使うと明るさが増します。
古い車ほど顕著だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ある店では つけられない ある店では つけることは可能問題ない との返事で
・・・もっと正確にお知らせしますと 

ホームセンター〇ーナ〇の自動車用品担当が「H4など型式が同じなら Wは全く関係ない 何をつけても大丈夫」との返事でした
車用品売り場の担当の方が 大丈夫と言い切ったのですが その前に聞いた他の店では 自信なさ下に「駄目だ」というので どちらが正しいか分からずここに 質問させていただきました

皆さんの回答を拝見すると 取り付けは避けた方が無難そうですね

ありがとうございます

お礼日時:2011/04/23 14:23

HI側なら長時間点灯させないから問題はさほどないと思いますが、Lo側になるとカプラーが溶けたり配線が焼ける場合があります。



昔私が100/85w付けていた時は問題は無かったですが、CATZのブーストアップユニットを取り付けたらコネクターが溶けました。

それに 不具合があるわりに車によっては差ほど明るくはならない事も有ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わずかの明るさのために 危険を冒すことはありませんね
感謝します

危ないところでした

お礼日時:2011/04/23 14:14

ハーネス、リレーなどはそのままで交換できます。

しかし、メーカーの説明どおりの明るさではありません。むしろ、ケルビンを3800~4200に落としたほうが実光度が上がるようです。例えば、6000Kなどの青色はフィルタで青を抽出しているので、ほかの色を減らしていることになり、明るくありません。

>>本来60/55W をつけていた車に 60/80W または 60/60Wのバルブを取り付けても問題はないでしょうか?

●問題ありません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ケルビンを3800~4200に落としたほうが実光度が上がるようです。例えば、6000Kなどの青色はフィルタで青を抽出しているので、ほかの色を減らしていることになり、明るくありません。

これは以外でした 確かに 4200ナノに5000より 明るい表示? (120W相当など)があるので
「?」と思っていたしだいです

参考になりました

お礼日時:2011/04/23 14:13

僕は純正ランプにハイワッテージ球は付けた事が無いけど


避けた方が無難だと思います
それに最近の車は樹脂ヘッドです、下手にハイワッテージ組むとレンズカバーが焼けることもあり得ます
一昔前のゴルフIIなどはガラスレンズだったし、中古で買ったらリレーが組んであり
110/130wなんて球を組んでましたが・・・

どうしても明るさに不満があるならLEDにするかリレーを組んでハイワッテージ入れるか。
ハイワッテージを組む場合はレンズが熱に耐えられるかも調べた方がいいですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

明るくしたいならそれなりの努力が要りますね

参考になりました

お礼日時:2011/04/23 14:12

「○○W相当」ならいいですけど実際の消費電力が純正より高い物は避けた方が無難です。


以前、純正以上のW数のバルブを着けたらコネクターが解けたことがありました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

情報ありがとうございます

無理につける危険を冒すのは避けたほうがよさそうですね

助かりました!!

お礼日時:2011/04/23 14:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘッドライトのレンズのコーティング剤おすすめ

こんにちは。私は15年式ステップワゴンに乗っています。
ヘッドライトのレンズが曇っていて、車用品店で買ったレンズクリーナーで
綺麗にしていますが、何回もするうちに黄ばむまでの期間が短くなってきました。
色々調べていると、磨くだけではダメで、その後コーティング剤を使わないと
ダメだと書いてありました。そのサイトではおすすめのコーティング剤
(たしかシロキサン?系とか書いてあったような…)が書いてあったのですが、
それを調べると、ホイールの光沢防汚コーティング剤と書いてありました。
そこで、質問なのですが、ヘッドライトのレンズにホイールのコーティング剤を
使って大丈夫なのか?と言うことと、皆さんの使われているコーティング剤で
なるべく安く、機能性にも優れている商品があれば教えて頂きたいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すぐに黄ばんで来るのはレンズクリーナーで表面の汚れを落としてるだけなので

元に戻ってしまうのでしょう

右に出るものはない商品は和光ケミカルのハードコート復元キットしかありません

取扱店は限られていますので探すしかないですが (ヘッドランプ専用です)

QT10 80W 消費電力5W 80Wが消費電力ではないのですか? 5Wとはまた別の数値とかですか?

T10 80W 消費電力5W
80Wが消費電力ではないのですか? 5Wとはまた別の数値とかですか?

Aベストアンサー

何のことかわかりませんが、解釈は二通り、
・ 実力は従来の80W、消費電力は実質5W
・ 5W素子×16個使用=合計80W
いづれかが正解かと。

Qヘッドライトのコーティング剤について。

こんにちは。
ヘッドライトのくすみを取るために研磨したとして、研磨後に施工するコーティング剤についてですが、市販の研磨剤とセットで1,000円前後の商品ですと効果の期限が「半年くらい」とされているものが多いようです。
成分はケイ素系?が多いのかなと。
そこで疑問なのですが、新車時に施工されているものは当然半年で効果無くなる様なものでは無い訳で、市販品とは全く別物の成分ということなのでしょうか?
(プロショップが施工するものはそのいずれか、もしくは全く別物なのでしょうか?)
それと、新車時までとはいかずともせめて数年は効果を維持出来る商品は購入可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

数年は無理でしょうね。

重要な物はケイ素ではなく、紫外線対策なんです。
ヘッドライトのくもりは、表面の劣化ですが、それ自体紫外線劣化が多いのです。

なので、表面硬化剤と紫外線防止が行われています。

結構きびしい条件で熱硬化などを行いますので、そういう設備を持っている所で無いとできません。
ヘッドライトの表面処理するだけで、数百万の機械は買えないでしょう?

なので、お手かるにできる物だと、耐久性が無い事になるわけです。

Qシンガポールの車、後ろに60km/hとか70km/hって貼ってるのは何のためですか?

シンガポールの車、後ろに60km/hとか70km/hって貼ってるのは何のためですか?

Aベストアンサー

自動車ごとに最高速度が決められていてその速度が法定速度より遅い場合には車に表示します。
ヨーロッパではごく普通ですシンガポールも旧宗主国に右へならえなのでしょう。

Qヘッドライトのコーティング

ヘッドライトのカバーに黄ばみ曇りが出て、取り除いたあとに1年以上は維持されると謳ったnew○○・・・とヘッドライト専用のコーティグをしたのですが、3ヶ月くらいで駄目になってしました。
おまけに残ったものは、固まり使えなくなってました。

他にも1年くらい持つと謳った製品あるのですが・・・
ある程度、値段掛かるので同じ失敗したくなく、買うのを躊躇してます。

そこで、実際に使われた方限定で
お勧めのヘッドライトのコーティング剤を教えて頂けると幸いです。
その際、車の保管方法(ex 屋根とかなしで、日中はヘッドライト部に日が当たるとか)や
洗車状況(ex 月2回、GSで水洗車とか)で何ヶ月持っているか
コーティング剤が使えきりなのかも教えて頂けると役に立ちます。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

黄ばむ ライトは 材質的に 磨いても また 黄ばみます
定期的に 磨くしかないでしょう 皮膜を作るタイプも 今回の様に 部分剥がれ等で 返って厄介なもの

ヘッドライト磨きで綺麗にしたら
プレクサススプレー(ドンキーホーテで安く売ってます)を吹きかけ 塗り込み 確実に 仕上げ拭きします。
磨きは 年数回程度 プレクサスは WAX掛時なので 1.5カ月毎程度 これで 結構いけますが

Qセレナc26 純正サイズ195/60r16 6j オフセット+45に205/55r17 7jオフセッ

セレナc26 純正サイズ195/60r16 6j オフセット+45に205/55r17 7jオフセット+48ははけるでしょうか?
本来なら205/50r17がよいのでしょうが少してもホイールハウスの隙間がなくなればと思いまして 尚、車検は通らなくてもよい(スタッドレスで通す)ので干渉がなくはけるかしりたいです。

Aベストアンサー

とりあえず参考ですが同一メーカー、グレードのタイヤサイズで
195/60R16 のタイヤ幅が201mm、外径が640mm
205/55R17 のタイヤ幅が214mm、外径が658mm
なので幅の差が13mm、オフセット差が-3mm。

ホイールの幅は変わりますが、タイヤのほうがホイールより幅が広いのでタイヤ基準とし単純計算で5mm純正よりはみ出します。
外径差は18mmなのでフェンダーの隙間は9mm狭くなります。

恐らく取り付け可能だと思いますが自己責任でお願い致します。

Qヘッドライトの内側の曇り

ヘッドライトの内側の曇りについて教えてください。
今度ヘッドライトを分解しようと思っているのでついでに磨こうと思っています。
ピカールかコンパウンドで磨こうと思っているのですが再び曇るのを防ぐためにコーティングしたいのですが何かオススメのものがありましたら教えてください。
ちょっと調べてみてプレクサスというものを見つけたのですがこれはコーティング剤として効果はありますでしょうか??

Aベストアンサー

ウレタンクリアーについては塗装用以外に知りません。

プレクサスのHPをチョイ見しましたが、確かに樹脂製品を清掃するのには都合がよさそうです。実際効能書きにもポリカーボネートと出ていましたし…。研磨するわけではないので、確信はありませんが保護コーティングも剥がれないのではないでしょうか。但しプレクサスのコーティング皮膜は1ヶ月程度しか持たないようです。
ナノハードクリアーは2年は持つようですよ。

私的には
・ライトカバーを中性洗剤で清掃
・ナノハードクリアーでさらにクリアにし曇りの原因となる汚れを付きにくくする
ですね。ここでプレクサスを使用しないのはプレクサスとナノハードクリアーの相性が分からないからです。両者とも石油化学製品ですからヘタに反応してしまうと怖いですから…。また、プレクサスの皮膜が1ヶ月しか持たないのならば、その上に載るナノハードクリアーの皮膜も同じ運命をたどるからです。

ライトカバーが黄変しているのなら研磨も仕方が無いのですが、そこまでいっていないものを研磨するのはチト気が引けます。変な例ですが、衣類の汚れ落しは洗濯洗剤です。シミが取れないときのみシミ抜き剤や漂白剤を使用すると思います。自動車パーツも同じではないでしょうか。

ウレタンクリアーについては塗装用以外に知りません。

プレクサスのHPをチョイ見しましたが、確かに樹脂製品を清掃するのには都合がよさそうです。実際効能書きにもポリカーボネートと出ていましたし…。研磨するわけではないので、確信はありませんが保護コーティングも剥がれないのではないでしょうか。但しプレクサスのコーティング皮膜は1ヶ月程度しか持たないようです。
ナノハードクリアーは2年は持つようですよ。

私的には
・ライトカバーを中性洗剤で清掃
・ナノハードクリアーでさらにクリアにし...続きを読む

QヘッドライトのH4とH4U

ヘッドライトのバルブの種類にH4とH4Uというのがありますよね。
この2種類のバルブの違いっていったい何なんでしょうか?
どちらかがどちらかに互換性があるという話は聞いたことがあるんですが…
自分の車はH4なんでそれを使っているので問題ないのですが、
なんとなく気になります。
どなたか知っている方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

つばの部分から出ている3本のつめの内、1本だけ幅が異なります。H4Uの方が1本だけ幅が狭くなっています。H4バルブを指定されている機器にはどちらも装着可能ですが、H4Uのみに適応する機器があるのでそちらにはH4タイプのバルブは取り付けできません。

Qヘッドライトが黄ばんでいたので #800 #1500 #2000番の紙

ヘッドライトが黄ばんでいたので #800 #1500 #2000番の紙やすりで磨いた後 コンパウンドで磨きました
とても綺麗になったんですが このままにしておくと すぐに黄ばんでしまうので コーティングしないといけません
でも どのコーティング剤が良いのか よく分かりません
皆さんは こういう時どのコーティング剤を使いますか? 教えてください

一応 コーティングの代わりにUVカットのイオンコートワックスを塗っておきました

Aベストアンサー

業者さんの場合、ヘッドライトの樹脂用に専用に開発された、硬度が高めのクリアー塗装があるようです。

樹脂レンズの場合はシンナー等の溶剤の使用量によってレンズ表面を溶かす場合も考えられるので、樹脂に対応し、強度の高いクリアー塗料があるそうで、それで磨いたヘッドライト表面を塗装しています。

我々一般人の場合この様な専門品が簡単には入手出来ませんから、ウレタンクリアーを塗装すると耐候性が良いと聞きます。
しかし、先に書いた様に溶剤で変質する恐れもあるので、薄く何層にも分けて散布するか、他の水溶性のクリアー塗料を探す等を考えても良いでしょう。

この様に手間をかけてヘッドライトの黄ばみを修復しても、2~3年経つとまた黄ばむでしょう。しかしそれをまた修復すると言う事が、また面白い所。

Qヘッドライト H4→HB3+H7への変換

私はカローラレビン(AE111前期型)に乗っているのですが、後期型のクリアヘッドライトに換装したいと考えています。
しかしヘッドライトバルブの形状が前期はH4x1、後期はHB3+H7となっており、何らかの形で変換しないと使えないようです。
いろいろと調べてみたのですが、それらしいコネクタなどが見当たりません。
もしそういった変換コネクタ、あるいはほかのやり方などご存知の方が見えましたらご教授いただけないでしょうか。
皆様のご助力お待ちしています。

Aベストアンサー

レビンではありませんが実際に他車種でやった方法です
まず前期型、後期型両方のカプラーを用意します
というより前期の物は今着いてますので後期型の物を用意します
(品番を調べてDへ、わからなければ調べてもらって取り寄せます、Dで断られたら解体屋などで入手します)
自車のカプラーの手前で(5~6cmはのこしておいた方がいいでしょう)線をブッタ切ります
車体側、前期ライト側にそれぞれギボシを付けます
後期ライト側も同じ様に5~6cm線を残してブッタ切りギボシを付けます
そしてギボシ同士を繋ぎ完成です(アース線は分岐の必要があるかも知れません)
これなら戻す時もギボシを差し替えるだけで済みます
わかりますでしょうか?


参考URLですこの辺りが近いやり方じゃないでしょうか?

http://blog.goo.ne.jp/mig8818/e/57e8fc095a524d3a22469e698c49573b

http://minkara.carview.co.jp/userid/467935/car/389587/661941/note.aspx

レビンではありませんが実際に他車種でやった方法です
まず前期型、後期型両方のカプラーを用意します
というより前期の物は今着いてますので後期型の物を用意します
(品番を調べてDへ、わからなければ調べてもらって取り寄せます、Dで断られたら解体屋などで入手します)
自車のカプラーの手前で(5~6cmはのこしておいた方がいいでしょう)線をブッタ切ります
車体側、前期ライト側にそれぞれギボシを付けます
後期ライト側も同じ様に5~6cm線を残してブッタ切りギボシを付けます
そしてギボ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報