レポートを作成にあたり、「知識を深める」という文章を熟語で書きかえたいのですが、うまい言葉が見つかりません。
教えていただけますでしょうか。

EX)各担当に積極的に質問に行き、知識を深め、円滑な業務運営に貢献した。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

例文を読むかぎり熟語にする必然性がわかりません。


熟語の方が立派そうに見えるという事でしたら、ちょっと的外れではないかなあという感じがいたします。
専門知識を深め・吸収し などが好ましいのではないでしょうか。
それと「円滑な業務運営に貢献した」ここはもう少し謙譲して書いたほうがよいのでは。
→「早く業務の戦力となれるように努力した」など

営業職なのか技術職なのか不明ですが、知識以外にも
「各段階・部署での達成課題を理解する」「業務に熟練する」「クライアントの意志を現場に的確に伝える」「クライアントに技術的な説明をできるようにする」
などいろいろあると思います。
    • good
    • 13

「追究し」「究明し」「探求し」



これでしょうか

この回答への補足

なるほどです。知識を深めるという言葉が文章中に何度も出てくるので、バリュエーション豊富で大変ありがたいです。
ありがとうございます。

補足日時:2011/04/24 23:24
    • good
    • 3

>各担当に積極的に質問に行き、”知識を深め、”円滑な業務運営に貢献した。



例文ということですから、此処に嵌め込むわけではないのですね。

貴方の「知識を深める」とはどういう意味として考えておられるのでしょう?
どんなことを想定されておられるのでしょうか?

広く一般的な知識を記憶に詰め込もうというのではないですね。
ある特定の知識について、深く、更に詳しく知ろうという願望を持っておられるのですか?
それは何でしょうか。
上の例文では、ある(複数の)職場での専門知識をよりたくさん覚えようとされておられるようにも思えます。
これも「知識を深め」であることは確かです。

これは「専門知識を豊かにする」ということだと思います。
いずれにせよ
>知識を深める」という文章を熟語で書きかえたいのですが

この目的が不明だということもありますが、回答が難しいです。

しっかりと意味を相手に伝えたいのなら、こういったかたちで言葉を選ぶというのは無意味である、あるいは無駄な、逆に有害な場合もあろうかとも思います。

補足でこのあたりをご説明願えれば、あるいは何らかのお答えができるかもしれません。
申し訳ありません。

この回答への補足

丁寧な回答ありがとうございます。

今回はどちらの用途でも使いたいと思っています。
新入社員で一年の業務報告を書いているので、
・自業務の知識を深める
・他業務の知識を深める
両者があります。
各々で使用する熟語が違うようでしたら、どちらも教えていただきたいです。
よろしくお願い致します。

補足日時:2011/04/24 23:28
    • good
    • 1

この回答への補足

なるほどです。レポート内に取り入れてみたいと思います。

早急な回答ありがとうございます。

補足日時:2011/04/24 23:30
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q回答内容と回答者の知識、経験の関係

個人的な感覚ですが、こういう質問サイトにおいて、もったいぶった口振りやかっこつけた口振りの回答をする人ほど知識や経験が浅く、謙虚な口振りの回答をする人ほど知識や経験が豊富なように思います。
これ、なんででしょうか?

Aベストアンサー

after3 さん こんにちわ!

>もったいぶった口振りやかっこつけた口振りの回答をする人ほど知識や経験が浅く・・
結局 結論・的確な回答をできないから、そういう印象の文章になるんでしょうね。
まさに 質問者様の仰るとおりだと思います。

>謙虚な口振りの回答をする人ほど知識や経験が豊富なように思います。
私は 病気です。健康カテゴリーで 回答しますが 自分自身が苦しく・辛い思いをしてるので
回答には 言葉を選んで いかにその方に伝えることが出来るかを 真剣に考えて回答します。
自分と同じ病気なら 特に気を使います。 同じ 苦しみ・辛さを味わって欲しくないからです。

Qとある文章を書くにあたり、教えてください。

たとえば、はさみについてまとめたいとします。(実際は別のことですが例としてはさみにします)
はさみには、事務用はさみ、料理用はさみ、裁縫用の裁ちばさみ、糸きりはさみなどがポピュラーなはさみだと思います。でも、他にも有名じゃないはさみはあると思います(髪の毛をカットするはさみなど色々)。
でも、ポピュラーなものだけをピックアップしたい場合の書き出しについて悩んでいます。
1.事務用はさみ、2.料理用はさみ、3.裁ちばさみ、4.糸きりはさみとポピュラーなはさみだけを書き出したいのです。ポピュラーなものを知らない超初心者を対象に書きたいのです。
そのときの書き出しを、はさみで有名なのは、1.事務用はさみ・・・とするか、
はさみでよく使われるのは、1.事務用はさみ・・・・・・・とするか、
はさみで一般的なのは、1.事務用はさみ・・・・とするか、
また、それ以外で何かいい書き出しの言葉はないか、
とても悩んでいます。いい言葉をアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
堅い表現にしたいのか、端的に表したいのか、くだけた感じにしたいのか、子供が読んでも理解出来るものにしたいのか、それだけでも表現の仕方はまったく変わってくると思います。
超初心者ということですので、私はかなりくだけた感じにしてみました。

・はさみと聞いて、パッと思い浮かぶのは1、事務用はさみ

・誰の家にもきっとあるはさみ。そのはさみの代表格が1、事務用はさみ

ご自分のイメージが広がる表現が見つかるといいですね。

Q【仕事には「知識」「技術」「経験」がいるそうです】 世の中の仕事ぶりを見ると ・知識がない人 ・知識

【仕事には「知識」「技術」「経験」がいるそうです】


世の中の仕事ぶりを見ると

・知識がない人

・知識はあるけど技術はない人(要するに口だけで実際にやらしたら頭の空想通りに出来やしない)

・経験だけでやってる人(要するにやってることは経験から得た知識だけでやってる)

と技術にまで底上げ出来ている人は少ない。

ということは、実際の仕事の重要度は、、、

技術>経験>知識

となる。

経験から知識を得て技術を身に付けていくのが理想。

けど、

大半は

知識から経験を得て技術を身に付けていく人が多い。

これはなぜでしょう??

資格がないと仕事が出来ない仕組みが原因か?

知識を付けて、資格を取って、いざ経験してみると思ったのと違った、もっと上のことをしたい、目指したい、違うことがしたい。

となって、また知識→資格→経験→またやっぱり何か違う・・

って無茶苦茶、資格が人生の経験、技術の妨げになってませんか?

こんな資格取ってからの経験で、いざ経験してしょうもなかったらどyするの?

嫌々やり続けるの?

こんな人生の段取りって非常に非効率では?

なぜ国はこういう人生設計を策定してるの??

【仕事には「知識」「技術」「経験」がいるそうです】


世の中の仕事ぶりを見ると

・知識がない人

・知識はあるけど技術はない人(要するに口だけで実際にやらしたら頭の空想通りに出来やしない)

・経験だけでやってる人(要するにやってることは経験から得た知識だけでやってる)

と技術にまで底上げ出来ている人は少ない。

ということは、実際の仕事の重要度は、、、

技術>経験>知識

となる。

経験から知識を得て技術を身に付けていくのが理想。

けど、

大半は

知識から経験を得て技術を身に付けていく...続きを読む

Aベストアンサー

ヒトの基本的な言動として、あなたがここで無駄な質問をやたらめったら聞くように、普通まず知識を得ることから始めるのだな。
いきなり何のための説明なしで技術を学ぶのは、ここで聞かずに仕事しろってことを君も納得しなきゃいけないことになる。
つまり、君のなぜを実体験するには、まず退会からということなんだわ。

Q【文章】現場の方がこのような環境で働いている事を良く認識して→この文章を別の表現で言いかえられますか?

こんにちは、みなさん!!

【質問】
【文章】現場の方がこのような環境で働いている事を良く認識して→この文章を別の表現で言いかえられますか?ちなみに本感想文は業務報告書の所感で書いているものです。

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

文の一部での判断ですが、

 「良く認識して」は「実感して」

という言い換えの方が良いのではと思います。

Q「知識はあるが経験がない」人間です

現在大学生です。
大学まで勉強ばかりしてきたので、知識はあってもそれを活かす知恵や経験は自信がありません。
机上の空論、生兵法などありますが、まさにその典型です。

そこで質問したいのですが、経験で得られることをなんでもいいので教えてください。箇条書きでいくつかあげていただけると助かります。

そうやって質問して知識を得ようとするところがダメなんだよ、と一蹴するのは勘弁してください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まだ大学生だろ。誰も経験のない事を問題視しないよ。

それより自覚があるなら、経験しろ。経験で得るものは千差万別だ。今ある知識量からでも変わってくる。

具体的な事がないから経験の仕方は具体的なアドバイスできないが、バイトやボランティア、自分で何か始めるなど大学生だから成功も失敗も関係ない経験を積める貴重な時間を無駄にするなよ。

Qレポートの作成で引用した部分は、引用した本の何項目にあるのか、レポート

レポートの作成で引用した部分は、引用した本の何項目にあるのか、レポートの最後の引用注に記さないといけないと言われているのですが、項の数えかたがわかりません。
 引用させてもらった本には何項とか書いていないのですが、改行してあるところが項になるのでしょうか。

   上記の質問文ですと、たとえば2項はどの部分になるのでしょうか?

Aベストアンサー

「項」ではなく「頁」だと思います。
つまりページの事かと。

http://homepage3.nifty.com/machimura/report.htm

Qみなさんに質問です。 小説家は、たくさんの知識量が必要とされるそうですが、全てが経験でしょうか?

みなさんに質問です。
小説家は、たくさんの知識量が必要とされるそうですが、全てが経験でしょうか?

Aベストアンサー

まあ、いくら待っても望む答えは出てこないだろうね。
 なぜかというと、前回の DASH_R1氏の回答にもあるけれど、自分自身の世界観が明確化していないというのは、その周囲に関連する知識や情報の重要度や優先順位がわからないということ。つまり、モノサシがない状態。例えば江戸時代から昔は特に階級にうるさかったから、そういった背景情報を読み込んでいないと、清水湊の次郎長のように、あやふやな話を作ってしまう可能性がある。
 
 かといって、知識を大量にもっていても、引き出し活用するためには、そういった関連知識がどこで繋がっているかといった風に体系化されていないと、素早く出てこない。よくできたミステリー小説のように、小さな疑問から芋づる式に出てくる状態が理想。(最近、スペースオペラの「嬢王陛下の航宙艦(Ark Royal)」ハヤカワ文庫)を読んでいたけど、上役が第一航宙軍卿。その上タイトルが女王陛下というんだから、結局イギリスはどこまでいっても階級制を維持し続けるんだろうな、と思ってしまった。)

 だから自分の好きな分野を徹底的に読み込んで、頭の中にその分野のデータベースを準備する必要がある。ただこの自分だけのデータベースを作る作業にはまず終わりがない。さらに重要なのは、ただの固定的な知識としてではなく、現在自分自身が生きているこの世の中での意味、を考えておく必要がある。なぜなら人の活動はどうしても似たようなものになるから。
(参考・「世界史を創ったビジネスモデル」新潮選書)
 同じ空間では、同じような思考の型になりやすい。よくあの国はいいとか悪いとか言っていることがあるが、でもその空間に自分自身がいるとすると、はたしていまと同じ意見になるだろうか?
 (先ごろお亡くなりになった、ハワイ州日系人の重鎮だったダニエル・イノウエ議員の論文を、昔読んだことがある。内容は日系だからという甘さはまるでない、アメリカの力を背景とした論理が展開されていた。)

 小説だからといって、(その世界の)論理が矛盾してはいけないし、背景情報を膨大な知識で支える必要がある。
とりあえず知識を仕入れておくこと。雑学的な役に立たない知識でも、あるとき突然、まさに目を見開かれたように理解できる時がくる。

まあ、いくら待っても望む答えは出てこないだろうね。
 なぜかというと、前回の DASH_R1氏の回答にもあるけれど、自分自身の世界観が明確化していないというのは、その周囲に関連する知識や情報の重要度や優先順位がわからないということ。つまり、モノサシがない状態。例えば江戸時代から昔は特に階級にうるさかったから、そういった背景情報を読み込んでいないと、清水湊の次郎長のように、あやふやな話を作ってしまう可能性がある。
 
 かといって、知識を大量にもっていても、引き出し活用するためには、そ...続きを読む

Q「玄関の鍵をかえて表札も旧姓へかえた」の「かえた」

「離婚した姉は、玄関の鍵をかえて、表札も旧姓へかえた」

という文章の二つの「かえた」は、どの漢字がふさわしいですか?

「変えて、替えた」?「変えて、換えた?」「変えて、変えた?」
「換えて、変えた」? などなど、色々と考えてしまうのですが。

Aベストアンサー

横入りすみません。

変える=変化、変更
位置が変わる、色が変わる、生まれ変わる、住所が変わるetc.

換える=AとBを交換、換金、置換、転換など
言い換え、置き換え、取り換え、乗り換えetc.

替える=前の物事をやめて別の物事にする、新しいものにする
入れ替え、移し替え、買い換え、額を掛け替える、詰め替え、並べ替えetc.

以上、『記者ハンドブック』から(用例は一部抜粋)。

鍵も表札も、前のものをやめにして、新しいものにする(付け替える)ですから、「替える」がふさわしいということになります。

「変える」は「チェンジ」「変更」なので「鍵を変える」でもよさそうに思えますが、この「変」はどちらかといえば、「そのものが別のもの(違った形)にかわる」の意味合いが強いと思います。

○○隊員がウルトラマンに「変身」するのは、隊員が姿を変えてウルトラマンになるので「身を変える(変身)」なわけです。
鍵の場合は、鍵自体は何にも変化しません。「鍵をかえる」のは、人間が別の鍵を持ってきて「付け替える」のであって、今ある鍵が「しゅわっち」と叫んで全然別の鍵に「変身」してくれるわけではないので、「替える」の方がふさわしいということになります。

こういう言葉の使い分けは、ネットの検索結果はあまりアテになりません。
日本語変換ソフトが一番最初に出した変換結果を、何も考えずそのまま使う方が多いからです。
間違えて使っている方が多ければ多いほど、Googleの予測変換も間違ったものがトップに来ることになります。

先に挙げた『記者ハンドブック』とか、「用字用語辞典」といわれるものを見るのが確実だと思います。
それでも使い分けに迷うことは多々で、今、ここまで書いておいて、「鍵を換える」では何故いけないのか、という疑問に突き当たりました。

とりあえずこの回答はこの回答として、「鍵を換える」にすべきかどうかもう少し考えてみます。

横入りすみません。

変える=変化、変更
位置が変わる、色が変わる、生まれ変わる、住所が変わるetc.

換える=AとBを交換、換金、置換、転換など
言い換え、置き換え、取り換え、乗り換えetc.

替える=前の物事をやめて別の物事にする、新しいものにする
入れ替え、移し替え、買い換え、額を掛け替える、詰め替え、並べ替えetc.

以上、『記者ハンドブック』から(用例は一部抜粋)。

鍵も表札も、前のものをやめにして、新しいものにする(付け替える)ですから、「替える」がふさわしいということになりま...続きを読む

Q「経験と知識」について

家族と食事をしている際に親があるタレントの話をしはじめ、
そこから色々話してるうちに「経験」と「知識」という言葉で喧嘩になりました。


喧嘩の内容はとても不思議と思われる内容で言いにくいのですが
僕が言った「知識とは経験なしでは得られない」という言葉で喧嘩になりました。

親は僕がこの言葉を言うとある例を出してきました。
その内容です↓


親「お前は宇宙浮遊という言葉を知っているか?」

僕「知っている」

親「経験したことがあるのか?」

僕「ない」

親「経験してないのに知ってるじゃんwww」

僕「本を読むという経験から宇宙浮遊という言葉と内容を学んだ」

親「は?馬鹿じゃないの?何が言いたいの?」

僕「今言った言葉の通りの内容」



こんな感じの会話の流れでした。

とてもレベルの低い会話で笑われるかもしれないですが
どうか真剣に答えていただけると嬉しいです。


僕は小さいときからとてもくだらないことにまでいちいち疑問を持ち、そのことについて聞いたりするといつも馬鹿にされてしまいます。
しかも頑固で「妥協」という言葉が大嫌いです。
「真実」という言葉を聞いてもいつも「(真実なんて言葉は存在してはならない)」などと厨2臭い思考が生まれてしまいます。

自分は頭が悪いだけでしょうか。
いつも人とずれた思考が生まれてしまいます。
言葉のことで喧嘩したのも今回だけではありません。
でもどうしても親の言う「知識を得ることは経験なしでも得られる」という言葉が気にくわないのです。

どうかこの頑固な僕が納得の行く答えを教えてください。

哲学でも構いません。



質問「知識とは経験なしで得られるものなのでしょうか??」

家族と食事をしている際に親があるタレントの話をしはじめ、
そこから色々話してるうちに「経験」と「知識」という言葉で喧嘩になりました。


喧嘩の内容はとても不思議と思われる内容で言いにくいのですが
僕が言った「知識とは経験なしでは得られない」という言葉で喧嘩になりました。

親は僕がこの言葉を言うとある例を出してきました。
その内容です↓


親「お前は宇宙浮遊という言葉を知っているか?」

僕「知っている」

親「経験したことがあるのか?」

僕「ない」

親「経験してないのに知ってるじゃ...続きを読む

Aベストアンサー

 読書が経験かどうか?

 たしかに難しいのは、本の世界やネットの世界の経験と実社会での経験に差があるかということは、まだよくわかってないようです。車や飛行機の運転も、本やゲームの知識だけで、実際できなくはないかもしれませんし。実体験でわかるのは、現実の壁とか、肉体の限界のようなことで、結局お二人の言っていることは、実際に身をもって行動しなくても、知識は手に入るという意味では同じ方向のような気もします。そういう意味では実際に宇宙浮遊してみないとわからないことは何なのかのほうも興味深いです。逆に何もしなくても知識を持てるかは、知的障害などを理解する上で重要かもしれません。意外に深い問題ですね。

 ただ読書や辞書で調べることが経験かどうかで喧嘩にまでなるのは、もしかしたら、親の言い方で、「は?馬鹿じゃないの?」が相当頭にきているせいかもしれません。たまに「また人を馬鹿にしている」と冷静に見つめられれば、それほどぶつからない言い方ができるかもしれないですね。

 そう考えると、例えばここの回答などで「あんた馬鹿じゃないの」と書いたら、相当無礼に当たるようなことが、家庭内では当たり前のように繰り返されていることをあらためて認識します。自分も馬鹿にされると怒りがわくので、むしろそっちの問題の方が中心のような気がします。

 読書が経験かどうか?

 たしかに難しいのは、本の世界やネットの世界の経験と実社会での経験に差があるかということは、まだよくわかってないようです。車や飛行機の運転も、本やゲームの知識だけで、実際できなくはないかもしれませんし。実体験でわかるのは、現実の壁とか、肉体の限界のようなことで、結局お二人の言っていることは、実際に身をもって行動しなくても、知識は手に入るという意味では同じ方向のような気もします。そういう意味では実際に宇宙浮遊してみないとわからないことは何なのかのほう...続きを読む

Q【文章】ここで学んだ事を活かして業務へつなげていきたい。→別の文章で言いかえると?

こんにちは、みなさん!!

【質問】
【文章】ここで学んだ事を活かして業務へつなげていきたい。→別の文章で言いかえると?ちなみに本感想文は業務報告書の所感で書いているものです。

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ここで学んだ事を活かして業務へつなげていきたい」
→「ここで学んだことを今後の業務に活かしていきたい」の方がいいかと思います。また別表現するなら、「ここで学んだことを今後の業務にフィードバックしていきたい」と言ってもいいかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報