ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

何年か前なのですが、友人Aさんの同級生Bさんが学生の頃(中学1年生)病気で亡くなりました。

その時の通夜・告別式が無くなってから10日後くらいにあったそうです。
理由はその頃はちょうど3月で終業式の10日前だったそうです。
その亡くなられた人は部活もやっていたので1年生だけでなく、2・3年生の友人もいたそうです。
Bさんのご両親が終業式・卒業式・受験などで忙しい時期を避けて、受験の結果も出て、卒業式・終業式も終わって落ち着いた頃にという理由だそうです。

私も中学の頃に祖父が亡くなっていますが、亡くなってから通夜・告別式までそんなに時間が経っていないような記憶があります。

こんなことって普通に有るんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

質問者様は、「順縁」、「逆縁」という言葉を聞いたことがありますか?


順縁 (じゅんえん)は、年をとった者から順に死ぬことです。
逆縁 (ぎゃくえん)は、その逆で、親が子供の死を弔うことです。

親であっても兄弟であっても、死別はつらく悲しいことです。
その中でも、我が子を先に弔うことは不条理なことです。
私も経験がありますが、子どもが親より先に逝くことは、想像したこともない特殊な出来事なんです。
普通は親が先に逝くものですよね。
まして、中学一年生という若さです。
親御さんの悲しみ、つらさは計り知れません。
親御さん(ご遺族)のいろいろな思いから、亡くなってから10日後になってしまったのでしょうね。

>Bさんのご両親が終業式・卒業式・受験などで忙しい時期を避けて、受験の結果も出て、卒業式・終業式も終わって落ち着いた頃にという理由だそうです。

受験の真っ最中なら葬儀に参列したことによって、精神的にも不安定になり、受験に影響がでるかもしれません。
それを避けるためにも、落ち着いてから皆に見送ってもらいたい、そんなご遺族の気持ちもあったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「順縁」、「逆縁」という言葉は知りませんでした。

受験のことにも気遣う気持ちもあったと思います。

私の母の友人にもいると聞いたことがあります。

ご解答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/26 14:45

こんにちは。



> その時の通夜・告別式が無くなってから10日後くらいにあったそうです。
> こんなことって普通に有るんでしょうか?

葬儀屋に相談したことがあります。そう言うケースは,結構あるそうです。生仏で葬儀をする場合は,なかなか難しいですが,お骨にしてから葬儀をする場合は,可能です。近しい者が海外にいるような場合は,戻れる日程に合わせて日延べするなど。また,遠くで亡くなった場合,その地でお骨にして,葬儀は田舎で行なうなど。私も経験済みです。一ヶ月,日延べしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/08 16:47

有名人の場合、親族のみで通夜・告別式をしてから、「お別れの会」のようにしますよね。



ただ、普通に考えると「火葬」だけ済ませ、後日、通夜・告別式をされたのではないでしょうか。

「友引」の関係で1日~2日延びますが、10日というのはないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/08 16:47

葬儀場が混んでて順番待ちになることもあります。


それと親が悲しみのあまり長く置いておきたかったのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/08 16:48

まず、人が亡くなったら、7日以内に「死亡届」を市町村役所に届出提出しなければいけません。



届出を提出しなければ火葬許可が下りず、お葬式も行う事ができませんから。

普通、通夜・告別式は2~3日くらい・・・これが一般的ですよね。

10日も延びるなんて聞いたことがありません。

でも、法律的観点から見れば、死亡届けを出して、24時間経過すれば

都合がいい時というふうに、いつ葬儀をしてもいいのであって、

『何日後に必ず葬儀をしなくてはならないなどという決まりはない』と聞きました。

ただ長引くと、ご遺体の損傷も出てくるでしょうし(ドライアイスとかいるし・・・)

葬儀に参列する側から考えると、だらだらと日延べされても困りますしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

何日後に必ず葬儀をしなくてはならないという決まりは無いんですね。
でも、長引くと損傷も出てくるし、参列する側の人のことを考えると日延べするのも・・・って思いますよね。

24時間経過すれば、都合がいい時にやっていいんですね。

お礼日時:2011/04/26 14:39

通常は、亡くなった日から間を置かずに通夜・告別式を執り行います。


が、一般に友引の告別式を避けるため(友引が定休日の火葬場も少なくない)のほか、遠隔地の親族に参列してもらうため(例:故人が特に可愛がっていた孫が海外にいた場合は時間が掛かりますね)に、通夜・告別式の日程をずらすことがあります(それまでは仮通夜を執り行う)。

>Bさんのご両親が終業式・卒業式・受験などで忙しい時期を避けて、受験の結果も出て、卒業式・終業式も終わって落ち着いた頃にという理由だそうです。
親として、自分の子供が出来なかったことを、しっかりやり遂げて欲しかったということでしょう。

ワタシの身内でも、夫が即死、妻は1週間持つかどうかという事故があった時、参列者の負担(遠隔地の親族も少なくなかった)も考え、夫の遺体を寺に安置して、「1週間様子を見てみよう」と葬儀を先送りにしたことがあります(更に、友引が絡んだので通夜は8日後になった)。

>こんなことって普通に有るんでしょうか?
「普通に有る」とは言えないけど、特別珍しいことでもないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

いろんな事情で延びることはあるんですね。

>Bさんのご両親が終業式・卒業式・受験などで忙しい時期を避けて、受験の結果も出て、卒業式・終業式も終わって落ち着いた頃にという理由だそうです。
親として、自分の子供が出来なかったことを、しっかりやり遂げて欲しかったということでしょう。
>多分、そうだと思います。友人もそのようなことを言っていたので。

でも、特別珍しいことなんですね。

お礼日時:2011/04/26 14:35

>Bさんのご両親が終業式・卒業式・受験などで忙しい時期を避けて、受験の結果も出て…



その親は考え違いをしていましたね。
中学生に葬儀のお参りを半ば強要するよう態度は、社会人の取るべき行動ではありません。
高校生以下の子供がなくなった場合、通夜や葬儀には学校、PTA、生徒それぞれ代表者若干名がお参りすれば良いだけです。
いかにも大勢来てほしく、子供に、
「休みになるまで待ちますから、皆さん香典を持ってきてください」
などという大人は、聞いたことがありません。

>亡くなってから通夜・告別式までそんなに時間が経っていないような記憶が…

最短は、亡くなったのが朝のうちであればその日に通夜、翌日に火葬のケースがあります。
亡くなったのが昼近く以降であれば、24時間おかないと火葬できないので、もう 1日延びます。
親族、親戚が遠隔地住まいですぐに集まらないとか、お寺や火葬場が混み合っていたりすると、さらに 1~2日延びることはしばしばあります。

いずれにしても 10日もあとになるのは、故人もしくは喪主が町の名士などだとすると、内輪だけで密葬をすませ、追って大々的に本葬を営むようなときです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/08 16:48

あまり聞かないですね。



ただ3月で寒い時期でもあり、10日後にできたのかもしれませんね。

夏場だとたぶん仏さんが腐りますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

仏さんが腐ることもあるんですね。
そういえばBさんもAさんも北海道出身で、その時はすごく寒かったと言っていました。

でも、あんまり聞かないんですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/26 13:46

普通にって言われると どちらかというと特殊な部類ですね。


良くあるのは友引で1日伸ばすとかってのはかなりの頻度でありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

やっぱり特殊な部類なんですね・・・。
友引で1日伸ばすのは聞いたことありますけど・・・。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/26 13:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお葬式、今はこんなもの?

昨日、伯父が他界しました。

現在、私は遠くに住んでいますが、小さいころからかわいがってくれた伯父なので、通夜にも告別式にも出たいと思って、早速準備することにしました。

連絡があったのが夕方でしたが、通常は、亡くなった翌日がお通夜で、その次の日が告別式だと思って、仕事の日程をずらす手配をしたのですが、後から葬儀の日程を聞いてビックリしました。
何と、お通夜は8日後、告別式はその次の日だというのです。

理由は、火葬場が予約で一杯だからということですが、親族の話によると、これでもまだましな方で、一番近い火葬場だと来月まで空きがないと言われ、隣の市の火葬場に問い合わせたら、ようやくこの日程でとれたのだとか。

おかげで、仕事の日程調整をもう1回し直さなくてはならなくなりましたが、今のお葬式事情ってこんなもんなんでしょうか?
場所は東京都の多摩地区です。

今から火葬場が逼迫しているようだったら、それこそ、団塊世代が人生の終末を迎えるころ、火葬したくてもできない「葬式難民」が発生してしまうのではないかと心配です。

Aベストアンサー

そうですね。
年末年始の後はもっと大変でしたよ。
時期によりますが、東京を中心とする戦後人口増加の関東都市部では亡くなった翌日にお通夜が出来ることはほとんどありません。
火葬場での順番待ちで日程が延びるケースと、最近は自宅で葬儀を行わないので、(葬儀社によっては)セレモニーホール等の葬儀会場が予約でいっぱいであったり、さまざまで、初七日以降に通夜葬儀の日程がやっと組めるということは多々あります。
冬場はまだ良いですが、夏場はご遺体の保存がご自宅では無理があり、専門業者がいわゆる冷蔵庫のようなところで預かります。
あと、葬儀当日の日程は時間厳守で、火葬場は流れ作業のようにラッシュですので、お別れに手間取って出発が遅れたり、事故渋滞で火葬場到着が遅延すると火葬時間に間に合わなくなる恐れもあり、ゆっくり悲しみにくれ、お別れをする時間的余裕もありません。せわし過ぎます。
今後の「葬式難民」のご心配ですが、まさにそのとおりです。特に多摩地区には各市町村に火葬場があるわけでもなく(東京23区も各区には無く、しかもほとんど民営です。)、かといって新規の火葬場は建設反対で建てられないです。
今後、都内だけではなく千葉、埼玉の人口増加地域もかなり厳しくなります。神奈川は、横浜・川崎は新設しましたが、相模原等県央地区は不足です。
住宅地になってしまった地域では火葬場建設は進みませんので、たしかに地元での火葬が出来ない可能性はあります。
また、私たちの担う遺族の心理的なケアにも支障が出ます(例えばお子さんを亡くされた方などに1週間も火葬にもできなければ悲しみが深くなり気が狂いそうになりますし、後追い自殺の危険性も増大します。お亡くなりになってから通夜に日程までの間、毎日お伺いするなどそれなりのケアも必要です)ので、すみやかに火葬ができる体制になってほしいです。
@坊さんでした。

そうですね。
年末年始の後はもっと大変でしたよ。
時期によりますが、東京を中心とする戦後人口増加の関東都市部では亡くなった翌日にお通夜が出来ることはほとんどありません。
火葬場での順番待ちで日程が延びるケースと、最近は自宅で葬儀を行わないので、(葬儀社によっては)セレモニーホール等の葬儀会場が予約でいっぱいであったり、さまざまで、初七日以降に通夜葬儀の日程がやっと組めるということは多々あります。
冬場はまだ良いですが、夏場はご遺体の保存がご自宅では無理があり、専門業者がい...続きを読む

Q死去後、すぐに告別式が出来ない事情

こんにちは。みなさまに質問させていただきます。

事件や事故などではなく普通に老衰や病気で死去した場合、私は今まで(亡くなった時間帯にもよるでしょうが)翌日の夜にお通夜、その翌日に告別式で火葬が普通だと思っていました。

今回、知り合いの身内が亡くなられたのですが、お通夜と告別式が一日遅れる、最悪は2,3日遅れるかもと連絡を受けました。

こんなケースってあるのでしょうか?
どんな事情が考えられるでしょうか?
(噂では孤独死したとか耳にしたのですが関係ある?)

お詳しい方、教えて下さいませ。

Aベストアンサー

葬祭業者をやっていた者です。
理由はいくつもありますが、一番多いのは式場、火葬場の予約が取れなかった場合。
希望の日程で近隣の式場が他の葬儀で埋まっていた、火葬場の火葬枠が空いていなかったなどです。
年末などは30日頃に亡くなったのに、予約が取れず、しかも火葬場が正月休みで1月4日とか5日まで延びてしまったりします。

孤独死であれば、ご遺体は一旦警察が調査します。場合によっては警察が引き上げ死因を調べます。
どちらにしろ、死亡診断書が無いと火葬も埋葬も出来ず、医師による診断が必要になるため、孤独死に限らず、病院以外で亡くなると時間が掛かってしまう場合があります。


人気Q&Aランキング