【原発問題】 核燃料損傷で放出? 敷地内土壌から放射性物質アメリシウムとキュリウムをごく微量検出 [04/27]

 東京電力は27日、福島第一原子力発電所の敷地内土壌から、原子炉の運転で生成される
放射性物質アメリシウムとキュリウムをごく微量検出したと発表した。

 事故に伴う核燃料の損傷で放出されたとみられる。

 東電によると、土壌は敷地内の2地点で、3月28日に採取された。うち1号機の西北西
約500メートル地点の土からは、1キロ・グラムあたりアメリシウム241が0・033
ベクレル、キュリウム242、243、244が0・2~4ベクレル検出された。量は通常
の土壌から見つかるのと同程度という。この土からは、微量のプルトニウムやウランも
見つかっている。

▽読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110427-O …

運転で生成されるって再臨界してるってことかな?
通常の土壌から見つかるのと同程度ってのが意味わかんないんだけど
正常運転してるときにもこれくらい検出されてたってことかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

原子炉内の状態が全く報道されないので推測するしかないのですが、、原子炉内にホウ素を注入しているということは核反応の抑止効果を期待しているということですから、核分裂が継続しているのでしょう。


ご存知かと思いますが、プルトニウム、アメリシウム、キュリウムすべて1940年ごろウランに中性子をぶつけて人工的に作られた元素です。中性子が飛び交う原子炉内ではどんどん生成されます。ただ、飛び交う中性子の量が運転中と同じであればその熱エネルギーでいまは発電所一帯が燃えていますから、プルトニウム、アメリシウム、キュリウムのいまの生成量は少ないと考えられます。これらの原資は半減期も長いので検出されたのは発電中のものではないでしょうか。
    • good
    • 0

正常運転時に生成された放射性物質の一部が燃料棒の破損で漏出しているということでしょう。

プルトニウムなんかと同じだと思いますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報