親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

 柚子の木が種がこぼれて、やどって人間の背丈を越えて、もう10年以上たってもいっこうに実がなりません。いろいろ自分なりに調べてみたのですが(根をいじめるなど)いっこうになりません。どなたかアドバイスいただけませんでしょうか。

A 回答 (2件)

私のところでは


桃栗3年柿8年柚子のばかやろ13年と言ってます。

植え替えて11年目にようやく3個なりました。翌年は4個、今年は3個でした。

やはり日向を好むようですね。来年当りそろそろではないですか。
    • good
    • 3

「ユズの大バカ18年」って言うくらいだからね。



一般に実生で15~20年になって、ようやく半数ほどが結実し、樹齢を増すごとに結実数は多くなる
http://kanko.city.tonami.toyama.jp/webapps/spot/ …


気長に待つことだね。


こういう方法もあるみたいだけど、ゆずは育てたことないな。
http://r.goope.jp/yuzulog/free/frontier
早く結実させる技術の一つは、ユズをカラタチの台木に接ぐことであった。第二には、直立した徒長枝を、ヒモで水平に近く誘引する方法である。これは、道に張り出していた枝を、邪魔にならないようにヒモで引っ張っておいたところ、その枝に早く実がついたことから思いついたものである。この2つの方法で、10年以上かかっていたものを、3年でならせることに成功した。
 しかし、よいことばかりではなかった。カラタチ台に接ぐと、たしかに結実は早くなる。その半面、その後の生長がおくれ、自生のユズのように大きくならず、木の衰えも早いのではないか、と懸念される状態になる。この解決策として、一度カラタチ台に接いでユズの結実を早くし、その後、今度はユズの若木を4本ほど根接ぎする方法を考え出した。こうすると、幹からおりてきた養分が根接ぎしたユズに奪われ、カラタチの台木は間もなく枯れてしまうという。結局ユズ台にユズを接いだ形になる。地上部の処理としては、あらかじめ誘引せずに残しておいた2,3本の徒長枝をもとに、誘引によって杯状仕立てになっていたものを、ユズ本来の樹相に戻していくのである。これで、結実を早め、その後の生育も順調にすることができるようになった。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゆずの育て方

ベランダに大きな植木鉢を置いて、ゆずを植えています。この春にたくさん花が咲いて、たくさん実が付きました(100コくらい)。その実がどんどん落ちていき、とうとう2つだけになってしまいました。

以前、もっと木が小さかったときは、花の数も少なかったけど、そのほとんどの実が大きく育っていました。なんで、実が落ちてしまうんでしょうか。どうすれば、実の育つ元気なゆずの木になるんでしょうか。

Aベストアンサー

「ゆず」がと言うよりも殆どの果樹は1本の樹が育てることのできる果実の数はだいたい決まっています。
多ければ実が小さくなるし程よく少なければ実が大きく良く育ちます。
樹は自分の体力と相談して調節しているのです。
小さな実や変形した実は真っ先に落とします。
これも自然淘汰ですね。
つまり樹が果実を付けるということはその中の種を使って子孫を増やすためですよね。
と言うことは立派な果実の中の立派な種を作らなければ子孫の繁栄はありません。
と言うことで子孫を残せないような果実と種は実る前に自ら落とし必要なものに栄養分を集中して果実を豊かに育てるのです。
ですから「以前もっと木が小さかったときは花の数も少なかったけどそのほとんどの実が大きく育っていました」と言うことになるのですね。
そこで今年はあきらめて来年は摘果をした方が良いと思います。
下記参考URLはゆずの摘果について載っていますし下のHPには栽培方法が載っていますのでご参照下さい。

http://www.kanetoshi.co.jp/library/saibai.html

参考URL:http://www.pref.saitama.lg.jp/A06/BX02/kawahp/fukyubu/yuzutekika.html

「ゆず」がと言うよりも殆どの果樹は1本の樹が育てることのできる果実の数はだいたい決まっています。
多ければ実が小さくなるし程よく少なければ実が大きく良く育ちます。
樹は自分の体力と相談して調節しているのです。
小さな実や変形した実は真っ先に落とします。
これも自然淘汰ですね。
つまり樹が果実を付けるということはその中の種を使って子孫を増やすためですよね。
と言うことは立派な果実の中の立派な種を作らなければ子孫の繁栄はありません。
と言うことで子孫を残せないような果実と種は実...続きを読む

Qゆずの花が何年も咲きません

東向きに植えてあり、12時くらいまでしか日が当たりません。そのせいですか?

Aベストアンサー

再びおじゃまします。
(自分も気になり出しました (^^;

剪定の仕方にも問題がありそうでした。
下記URL参照。

参考URL:http://www.h.chiba-u.ac.jp/soudan/top_kajyu.htm

Q柚子の実が落果します

柚子が、開花後実が約1センチほどになるとほとんど落下してしまいます。
肥料の与え方の影響(多い、少ない)があるのでしょうか?
ほとんど肥料は与えておりません、年明けごろ鶏糞を少し与えておりますが・・・・
全部とは言いませんが、咲いた花を無駄なく実らせたいと、欲張りなことを考えております。
出来るだけ多くの実が収穫できる方法を教えてください。

Aベストアンサー

>柚子が、開花後実が約1センチほどになるとほとんど落下してしまいます。
肥料の与え方の影響(多い、少ない)があるのでしょうか?

      ↓
樹齢・品種、地植えor鉢植え、地域や土壌等で変わってきますが・・・
隔年結果現象と樹齢が若いと不安定な実付きに成るようです。
堆肥や腐葉土、液肥や油かす、鶏糞による土壌改良と施肥によって丈夫な樹木に育て、花が咲いたら実の大きさや成長には適度な摘果が必要です。

根や葉からの日射量や養分が全部には行き渡り難く、落果して身を守ろうとするからです。
また、鉢植えでは根詰まりや根焼けをソット鉢の裏や周辺からチェックください、地上部の成長は根の張りも行うので、それが妨げられると根詰まり、肥料に直接あたると成分によっては根焼けを起こしたり、根が傷むと根腐れを起し、生育不良や落葉落花&落果が起こります。<地植えでも植栽場所やスペース、周囲の樹木との混み具合で発生する事もあります>

取り敢えずは、樹勢を見ながら、土壌改良や肥料のチェック(株もとから少し離して鶏糞・油かすを漉き込む)、その後、開花&結果したら摘果して、可哀そうなようですが強い子(実)を残し育てます。


◇柚子(ゆず)・・・花いちばニュースから抜粋

幸運をもたらす縁起木。
庭に植えると「代々(橙)家が栄える」と言われる、縁起の良い柑橘果樹。
常緑樹で花は美しく芳香があります。一家に1本あると重宝しますよ!
●品種の特徴
本ユズ。1本で結実します。耐寒性は柑橘類で最も強く、日本の風土に適し栽培しやすい品種です。実は大きく、果重130g。収穫は8~12月。料理向け。お庭に1本あれば食卓で素晴らしい風味が楽しめます。果皮、果汁ともに芳香が強く。酸が強く、鍋料理や漬物にも使われます。ゆずの果皮にはレモンをはるかにしのぐほどビタミンCを豊富に含みます。ゆず風呂にも使えます。花の香りは南国チックな、あまぁ~い香りです。いい匂いです!!


苗木の性質
秋から6月頃まで販売しております苗木は、冬の低温時期は休眠期になり、ほとんど生長がありません。
1~3月頃にお求めの苗木は、植え付け後も冬の寒さで徐々に落葉したりしてます。
春になってから新芽を出すために、接木時点からついていたような古い葉を樹が自ら落として、株の負担を減らそうとしている生理現象です。
葉がすべて落ちて丸坊主になったとしても、株に力があれば、芽が吹き育ちますので、心配をかけますが、見守ってやってください。その時期は水は控えめに管理し、土が乾いてからたっぷり与えます。


果実・花について
結果
年数 果実の大きさ 平均糖度 収穫時期 果実の用途 開花時期 芽吹き時期
4~7年 130g 13~16度 8月

12月 香り付け
お風呂
漬物 5月 常緑樹
新芽の芽吹き
4月初~
※果実の大きさは栽培環境や作り手の工夫次第で変化します。目安程度にしてください。
※収穫時期は地域や環境により1ヶ月程度前後します。

自家結実性 受粉樹 トゲ
1本でなる。
(自家結実性あり) 不要 あり
※どの果樹もいえることですが、2品種以上植えると実付と甘さが格段によくなります。

植栽適地 日照条件 樹高 葉張り 仕立て方
東北~中国・四国・九州 日なた 2~4m
(常緑高木) 2~4m 開心自然形
※開心自然形・・・最初から主幹を低く切り、枝が全体に横に伸びる樹形。木がコンパクトで一番収穫が多くなる。

育てやすさ  育てやすい; 耐暑性強、耐寒性ある
観賞価値  観賞価値普通: 花が美しい、花の香りが良い、新葉の香りが良い。
果樹の用途  果樹畑、花壇、鉢植え(7号鉢以上)、庭木、記念樹、観葉植物




本柚子の木の育て方
家庭果樹の入門として、おすすめ、人気果樹です。柑橘類の中でもっとも耐寒性がありますので、関東地方以北でも温暖な地域では露地栽培が可能です。
本柚子は果樹の中でも結実まで遅いです。なり始めるまでは肥料や剪定はなるべく少なくします。


苗木の性質
秋から6月頃まで販売しております苗木は、冬の低温時期は休眠期になり、ほとんど生長がありません。
1~3月頃にお求めの苗木は、植え付け後も冬の寒さで徐々に落葉したりしてます。
春になってから新芽を出すために、接木時点からついていたような古い葉を樹が自ら落として、株の負担を減らそうとしている生理現象です。

葉がすべて落ちて丸坊主になったとしても、株に力があれば、芽が吹き育ちますので、心配をかけますが、見守ってやってください。
その時期は水は控えめに管理し、土が乾いてからたっぷり与えます。

柚子の事例ですが、冬に葉を落としましたが春に花はバンバン咲いています。
柑橘類は葉を落葉させると、 花が咲きにくくなると本には書いてありますが…
大丈夫なんです。
品種の選び方
寒い地域や初心者の方には早生品種をお勧めします。早生品種は耐寒性が強く、樹もコンパクトに栽培ができ、よく実がなります。
味で選ぶなら晩生種です。糖度が高くおすすめ。

どの品種も1本で実がなります。


生長すると樹高は2~2.5m、葉張りも3m四方くらいに生長します。場所の余裕があれば、4m以上離して植えます。


植え付け適期
3~4月ごろが植え付け適期です。6月中旬でも大丈夫です。
暖地では秋~冬でも植えられますがマルチングなどの寒さよけをお願いします。
葉が芽吹いた後に植え付けする場合は根を崩さないように植えてください。


マルチングをしましょう
品種によって差がありますが、冬の寒さが苦手です。関東以南では露地栽培が十分可能ですが、寒がる場所に植えるときは株周りを敷き藁やバークチップ等で覆うマルチングをし、霜よけと雑草よけをすることをお勧めします。


植え場所
冬の北風の当たらない、日当たりの良い場所に植えてください。
鉢植えの場合でも、冬の寒風をよけれる場所で管理してください。日当たりが良いと果実がおいしくなります。
植え付け方法
鉢植えの植え付け方法については、こちらのページをご参考にしてください。樹種は違いますが植え方は同じです。

植え付け用土
水はけの良い、肥沃な土を好みます。よほどやせた土壌でない限り、花が咲き始めるまでは肥料は控えめがいいです。
地植えの場合は、『花ひろば堆肥極み』を1袋、鉢植えでは、みかんの土(肥料入り)を使って植えると簡単手軽&最高です!

植え付け時の主幹の切り戻し剪定
1年生の落葉果樹は将来の成長と樹形作りのために主幹を地際から30~40cmの高さで切り戻します。
百聞は一見にしかず、こちらのページをご覧ください。(主幹の剪定サクランボ編)


仕立て方
剪定時期は3月であるが、発芽が始まってからの4月に実施してもよい。
柑橘は剪定量を軽くすることが原則です。剪定量が多くなると旧葉が少なくなり、貯蔵養分が失われるとともに、春先の光合成生産が減少します。
あまり細かい剪定を行う必要もないです。





柑橘の結果習性
柑橘類の中には成り年と不成り年を交互に繰り返すいわゆる隔年結果の性質をもつ品種が多いです。
前年が成り年の場合は軽めの剪定とする。前年が不成り年の場合は剪定量を多くする。





肥料について
花がつき始めてから与え始め、収穫量に応じて少しずつ量を増やしていきます。
3月上旬と7月上旬に追肥として、速効性の化成肥料を与えます。おすすめは みかんの好きな肥料です。
12月頃に寒肥として有機肥料を与えます。
肥料を与えなくても育つことは育ちますが、隔年結果になりやすいです。


病害虫
3~4月頃の新芽時はアブラムシが出やすいです。
ハダニやカイガラムシ(ロウムシ)がつくことがありますが、定期的に葉水をすると予防できます。
アゲハチョウなどの幼虫がつくと、あっという間に葉を食害してしまうので、こまめに観察して、発見しだい駆除してください。

関連記事
http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?query=%82%E4%82%B8&index=log

http://engeisoudan.com/lng.cgi?print+201106/11060116.txt

>柚子が、開花後実が約1センチほどになるとほとんど落下してしまいます。
肥料の与え方の影響(多い、少ない)があるのでしょうか?

      ↓
樹齢・品種、地植えor鉢植え、地域や土壌等で変わってきますが・・・
隔年結果現象と樹齢が若いと不安定な実付きに成るようです。
堆肥や腐葉土、液肥や油かす、鶏糞による土壌改良と施肥によって丈夫な樹木に育て、花が咲いたら実の大きさや成長には適度な摘果が必要です。

根や葉からの日射量や養分が全部には行き渡り難く、落果して身を守ろうとするからで...続きを読む

Qゆずの実の収穫はいつ頃ですか

我が家の狭い庭に、もう20年、元気なゆずの木?があります。
2年ごとに小さな実を50個ほどつけます。
3センチくらいの小さな実です。
こんな小さなゆずってありますか?
皮の香りはゆずです。
今は青い色をしていますが、収穫するのは青い色の時ですか?
それとも黄色になってからですか?
毎年なやんでいます。
つまらない質問ですみません。どうかよろしく。

Aベストアンサー

3cm程度の実だと言う事から、多分「ホン柚子」でなく「一才ユズ」だと思います。
味は本柚子と対して変わらないと思いますが、付ける実の数が違います。
私としては大きさも味も家庭向きの一才ユズが大好きです。
本題の質問の件ですが、決まりは無いと思うのですが我家では、丁度今くらいの時期に青い果実の果汁を秋刀魚などの焼き魚に絞ったりしてます。
また黄色く成ったら鍋など世間と同じ利用をしてます。
多分決まり等は無いので、自分のアイデアで色々と試してみるのも楽しいんじゃ無いですか?

Qお線香の本数には決まりがあるのですか。

仏前やお墓にあげるお線香の本数には、何本が好ましいというような決まりがあるのですか?

49日までは、(49日まで用の)祭壇に毎日お線香を1本だけ(起きている時間)絶やさず着けていましたが、春の彼岸ということでお寺さんが来てお経を上げてもらった時は、お坊さんがお線香を2本同時に着けていました。

お墓参りの時は、10数本~1束まとめてお線香を着けていような記憶があります。

そこで質問なのですが、49日までは1本で、それ以降は2本(又は2本以上)といった決まりがあるのですか?

また、仏前とお墓の前とでは、お線香をあげる本数に違いがあるのですか?

ご存知の方、詳しい方、少しでも知っている方、
教えてくださいますようお願いします。

Aベストアンサー

詳しく書かさせていただきます。

私の家は浄土宗なので浄土宗のお話になりますが、
お線香は『仏・法・僧』の意味を込めてそれぞれ1本ずつ、計3本です。
仏は仏様、法はその宗派、僧は、仏様をあの世へと導いてくれた菩提寺の住職へ。という意味です。
ですからお坊さんが来たときには自分から自分へ。なんてことはしないので基本的に仏・法への1本ずつ計2本ということになります。

ですから49日までの飾り棚を見ていただければわかりますように、一人の仏様用です。それに宗派によってですが、ご本尊もそこには奉られていないはずです。
ですからこの場合、仏への1本。ということになります。さて、では49日を過ぎると、仏様はあの世へ到着し、本当に仏様となって、再びこの世に生を受けるための修行をなされます。
そうなると飾り棚ではなく仏壇を使用されますが、
そこからは、仏、法、僧の3本を焚いてください。また、僧を抜かして2本でも構いません。

コレはお焼香(抹香)でも同じです。
よく、通夜式(御通夜)なんかでは3回しますが、
翌日の葬儀式(告別式)では、ホールの方に、お焼香は一回で構いません。
といわれるケースが最近ありますが、通夜では、仏・法・僧の意味で、告別式では故人との別れとのことで
仏だけの1回ということになります。


また、お墓ですが、これまた49日までは一人1本ずつ。その後は特に決まりはありませんが、こういう基準を持つといいでしょう。
まず最低ラインである仏・法・僧の3本に、
そのお墓に入っていらっしゃる仏様の人数×1本ずつ
を一人一人が焚けば宜しいと思います。

ですからお墓に3人入っていらっしゃるのならば6本。5人なら8本ですね。

また、法事などでは一人3本ずつで構いません。が、法事をする対象の故人の人数が2人ならば+1本ずつ。としていけばいいでしょう。
法事のときに一人1本ずつは恥ずかしいですよ。

また、点けてしまってあまったお線香は施主か家族が全部線香受けに入れてあげてください。


ついでに言っておきますが、法事などのお墓参りには
事前に3ヶ月ほど前にお寺さんに出向き、1週間前に確認のため出向いたほうがいいです。その時、お寺ごとは2人で行くのが常識です。また、確認後はお墓へ行き、線香はいいので、お墓の掃除やお花を供えて、当日にやることがないようにしましょう。


ながながとすみません。

詳しく書かさせていただきます。

私の家は浄土宗なので浄土宗のお話になりますが、
お線香は『仏・法・僧』の意味を込めてそれぞれ1本ずつ、計3本です。
仏は仏様、法はその宗派、僧は、仏様をあの世へと導いてくれた菩提寺の住職へ。という意味です。
ですからお坊さんが来たときには自分から自分へ。なんてことはしないので基本的に仏・法への1本ずつ計2本ということになります。

ですから49日までの飾り棚を見ていただければわかりますように、一人の仏様用です。それに宗派によってですが、ご...続きを読む

Qかんきつ類のハガグレガ(えかきむし)の駆除

千葉県中央部に住んでますが、庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。
今まではスミチオン、または、マラソン剤の500倍液で消毒していましたが効果がなく、
枝や果実は大丈夫なのですが、新芽(若い葉)がやられます。
他の植木はスミチオン、マラソン剤で虫を駆除できますが、かんきつ類のハガグレガの被害だけを防げません。
蜜柑の産地で有名なJA有田のホームページにモスピランが有効とあったので、
モスピランの水溶剤(粉末剤)を購入して来春に備えているのですが、

そこでお聞きしたいのは
1)スミチオン、マラソン剤はハガグレガには効果がないのか。
 (私の駆除方法に問題があったのか)
2)モスピランを使用するときの注意点は。
3)根元にまく(埋める)オルトラン粒剤は、ハガグレガに有効か。
4)根元にまく(埋める)モスピランの粒剤をホームセンターで見たのですがこれは有効でしょうか。
いろいろな薬剤を同時に使うとどれが有効だったのか分からなくなって困るかなとも思いまして。
ご助言頂ければ幸いです。

千葉県中央部に住んでますが、庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。
今まではスミチオン、または、マラソン剤の500倍液で消毒していましたが効果がなく、
枝や果実は大丈夫なのですが、新芽(若い葉)がやられます。
他の植木はスミチオン、マラソン剤で虫を駆除できますが、かんきつ類のハガグレガの被害だけを防げません。
蜜柑の産地で有名なJA有田のホームページにモスピランが有効とあったので、
モ...続きを読む

Aベストアンサー

>庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
>春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。

「エカキムシ」は鱗翅目(チョウ目)のハモグリガなどと、双翅目(ハエ目)のハモグリバエなど、幼虫が葉に独特の食痕を作るが、全く異なる害虫類の通称です。
ハガクレガという蛾?は良く分かりません。柑橘類ということなので、たぶんミカンコハモグリガ(コハモグリガ科)かと想像します。葉に残る幼虫の食痕のトンネルは、表面に近いので葉の色を濃くしたような感じで、良く見ると濃い茶色の糞が見えるかも知れません。

農薬の使い方は、使用説明書をしっかり読んでください。以下の項目の組み合わせで表示されています。

作物名・適用害虫名・使用量・使用時期/総使用回数・使用方法

ここでは作物名「かんきつ」と適用害虫名「エカキムシ」または「ハモグリガ」などの組み合わせが記されている農薬を選びます。

目的の組み合わせが表示されていなければ、適用外ということです。効果や副作用について実績が無いので、使えません。
有効成分が同じでも、メーカー、剤型が違うと別の農薬です。同じように思えても、記載がなければ適用外になります。

その農薬の適用害虫については、個々の製造(販売)者に使用説明書をメールやFAXで送ってもらい、確認してから使ってくださいね。

なお、都市部だと市役所などの緑化関係の部署で、こういう相談に答えるダイヤルや相談会を持っていることが多いです。
郊外で農協があれば、やはり同じような相談窓口があると思いますので、そこに聞くと良いと思います。

>庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
>春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。

「エカキムシ」は鱗翅目(チョウ目)のハモグリガなどと、双翅目(ハエ目)のハモグリバエなど、幼虫が葉に独特の食痕を作るが、全く異なる害虫類の通称です。
ハガクレガという蛾?は良く分かりません。柑橘類ということなので、たぶんミカンコハモグリガ(コハモグリガ科)かと想像します。葉に残る幼虫の食痕のトンネルは、表面に近いので葉の色を濃くしたような感じで、...続きを読む

Q64歳、いつ退職すれば一番失業保険の受給額が多くなりますか?

母に質問されたのですが調べてもよくわからなかったため、質問させてください。

母は、現在64歳。来年8月に65歳になります。
母が勤めている会社は、60歳定年制のため職務変更はあるものの、延長制度がありその後は働けるうちはいつまででもいれるような会社なのですが、そろそろ退職を考えているとのこと。

65歳になると失業保険は一括での一時給付(?)になるとのこで、64歳中に辞めて給付を受けるべきか、65歳になってから受けるべきか、もしくは給付を受けている期間に65歳になったらどうなるのかなど、
給付額のみを考えた場合、どの時期に辞めるのが一番よいか教えていただければ幸いです。

せこい話で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 No1の方に補足です。
 雇用保険の受給額だけで言うと、65歳未満で退職した方が有利ですが、報酬比例部分の老齢年金を受給中の場合は話がちょっとややこしくなります。というのも、65歳未満で雇用保険の受給手続きを行うと、その期間は年金の支給が止まるためです。
 これをクリアする?方法としては、「65歳になる直前に退職する」「65歳になってから職安で雇用保険の受給手続きを行う」と、雇用保険は64歳時点の日数で受給、なおかつ年金もカットされないそうです。(社会保◯事務所の方に聞きました)
 あくまで65歳になる「直前」ていうのがポイントです。(雇用保険は退職してから1年しか権利を使えませんので、あまり早くに退職されないようご注意を)

Q葉が黄変する

みかんを鉢植えで栽培しています。全部で5,6鉢ありますが、そのうち1,2鉢が木全体に葉が黄変してきました。水が不足しているのかと思ってここ2,3週間頻繁に水遣りをしていますが、改善しません。枯れているわけではないのですが、気になります。何か原因があると思うのですがわかりません。参考に近所のみかんは地植えですが濃い緑になっています。

Aベストアンサー

CatandCatさんに質問
ダイエットのため水だけで過ごしますか?
病気になっても気力だけで治せますか?

>私は無肥料、無農薬を心がけていますが・・
>近所のみかんは地植えですが濃い緑になっています。

みかんの木だって生きてます、成長もしてます
無肥料、無農薬で作りたいならせめて土に植えましょう
鉢植えで栽培したいなら肥料を与えましょう

あなたがしてる事は、水は飲めるけど食事はとらない断食をしていて、風邪などの病気になっても病院にも行かない、市販の薬も飲まないで過ごしているようなものです。

全ての農薬が悪いわけではありません
病気になったら素直に薬を飲んで休み、体力の回復をもって病気に打ち勝つしかないのです。

※今回の件は、肥料をやる事
鉢の少ない土に含まれてる栄養を食べてる雑草を取ることです。

地植えならみかんの木は栄養を求めて根をドンドン伸ばしていきますから無肥料でも栄えます。
栄えていれば病気を寄せ付けない体力も備えてるから大事にも至らないのです。
そうなれば無肥料、無農薬でも育てていけますが、毎日観察して早期に病気を見つけ悪い部分の枝を落としたりしないと農薬を使って木を守るか他の木に移らないよう木を処分するかの二者選択をする事になります。

CatandCatさんに質問
ダイエットのため水だけで過ごしますか?
病気になっても気力だけで治せますか?

>私は無肥料、無農薬を心がけていますが・・
>近所のみかんは地植えですが濃い緑になっています。

みかんの木だって生きてます、成長もしてます
無肥料、無農薬で作りたいならせめて土に植えましょう
鉢植えで栽培したいなら肥料を与えましょう

あなたがしてる事は、水は飲めるけど食事はとらない断食をしていて、風邪などの病気になっても病院にも行かない、市販の薬も飲まないで過ごしているよ...続きを読む

Q塩化カリと硫酸カリの違い? (肥料)

ホームセンターに肥料の「塩化カリ」を買いに行ったら、「硫酸カリ」しかおいてありませんでした。

エダマメの肥料に使う予定です。
硫酸カリの袋の説明を見ると色々な野菜が書いてあり、枝豆もありました。
野菜作りの本には塩化カリと書いてあったので硫酸カリは買いませんでした。

塩化カリの方が用途が限られていて置いていないとか・・・
店員もわからないようでした。
塩化カリと硫酸カリは何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

塩化カリですが一般的な化成肥料のカリ分の原料となり与えすぎると副成分の塩素分が土中の石灰と化合して石灰を流失させてしまい土を酸性にしてしまう
恐れがありますが一般的な使い方をしていれば問題ありません。
また硫酸カリですがこちらは副生成物の硫酸の中の硫黄はタンパク質合成に不可欠な要素でありまた豆でしたら硫黄を好むのでこちらを使っても問題ないです。
カリ分は塩化カリが約60%、硫酸カリが約50%含んでいるので施肥量はいっしょでいいのですが、元肥料として使用するならPK化成か豆専用肥料(成分で6-20-20くらい)を
お勧めします。

>塩化カリの方が用途が限られていて置いていないとか・・・
>店員もわからないようでした。

ホームセンターの店員に聞くのが間違い。
特に肥料、農薬に対する商品知識はほとんどの店員が皆無に近いです。

Qゆずを種から栽培することができますか。

ゆずを種から栽培することができますか。
もしできれば、その方法を詳しく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

柑橘類は加湿状態を好みませんので、周囲の地面より根鉢(根の塊部分)が出るくらいに浅く植え着け土を盛る事です。ただし、太く長い根が真下にも伸びるので植え穴は十分に耕すと良いでしょう(植木鉢の深鉢に播き成績の良い苗を2~3本に間引くと2~3年ほったらかしに出来ます。日が当たり雨が当たるところ、地域により冬の寒風、霜を避ける)
http://www.omasa.org/words/ta/takaue.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング