ネットが遅くてイライラしてない!?

昨年植えた2.5m程のしだれ桜の幹が、割れて裂けて来ているようです。夏以降、葉が黄色くなって落ち始めたので気になっていたのですが、昨日、木の幹が裂けて来ているのが分かりました。
どの様に対処すればいいのでしょうか?

「木の幹が割れて裂けて来ました。」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

割れたところは虫が食ったりして、腐ってきていませんか?



腐って変色している部分を除去し、癒合剤を塗って保護します。

そのまま放っておけば腐った部分が広がります。

幹の下の方なので場合によっては手遅れかも知れませんが・・・

枝をハラってコブになっているような所も見られますが、
枝を落としたときすぐに癒合剤を塗りましたか?
そのままにしておくと、そこから腐って行きますよ。

ナイフで削ってみて黒っぽく変色していれば、腐ってきている証拠。
出来るだけ腐った部分をそぎ落とし、癒合剤でカバーする。

もう取り切れないぐらいに腐った部分が伸びているかも知れません。

桜の木は、切るなと言われるぐらいに切り口から腐りやすいです。
もし切ったのなら癒合剤で保護してやらないとすぐ腐ってきます。
中途半端な物で塞ぐと保護にならないばかりか、腐った状態が見えなくなり手遅れになりますよ。

細い枝ならしょうがないですが、太い枝や幹の場合癒合剤をたっぷり塗り、
癒合剤の効果が弱くなってきたと判断したら塗り直し。
場合によっては薄く削り取ってからの塗り直しが必要です。

幹の割れた場所がよく判りませんが、丈夫なナイフかノミで腐った部分を除去したら、
すぐに癒合剤を塗ってあげてください。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本日、割れた幹の周辺を切除して癒合剤を塗りました。

お礼日時:2013/09/11 03:14

自分でしっかりできますかできなければ撤去


1.道路とか公園にある木にしてある支え木を
2裂けている部分に板とかを当てて巻く、裂け目から虫などが入らないように、する「粘土でも」
3木に愛着がないなら、新しいのを買う
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本日、割れた幹の周辺を切除して癒合剤を塗りました。

お礼日時:2013/09/11 03:14

根ごと撤去することをオススメします。


幹で切ったりすると、白アリの進入路となり自宅に被害が出る危険があります。

蘇生させたいのであれば、植木屋さんに見てもらうのが一番かと。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本日、割れた幹の周辺を切除して癒合剤を塗りました。

お礼日時:2013/09/11 03:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q樹木の幹の穴埋め剤はありますか

我が家の庭に、根元の直径30cm程の梅と松の古木があります。

その両方の幹に虫によるか、腐って出来たかわかりませんが、大きな穴(空洞)が出来ています。中はボロボロになり、かき出して大きな穴になっています。松には縦30cm位、横8cm位、深さ5cm位、梅には直径8cm深さは幹に沿って30cm近くはあります。
雨が中にたまり幹が腐らないか心配です。また見栄えもよくありません。

そこでその穴を何か目立たない物で埋めて保護したく、又見栄えも良くしたいです。埋め込む材料や、対処方法をご存知でしたら教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

>穴の中の詰めものとしてコーキング剤は樹木に害はないでしょうか。ないならやってみたいと思います。でも空洞の体積が大きいので詰め切れないかもしれません。コーキング剤は外の見える所は松の樹皮をボンドで張り付けてもよいでしょうか。

害は無いようです。一番安い物。シリコンコーキング等は使ったことがないので判りません。
松の樹皮をボンドで貼り付けてもかまいません。一度目はコーキングに張り付けて、それがとれたらボンドで貼り付けています。

>ホームセンターで建築用の発泡性のスプレー缶に入ったものを見ましたが使えるでしょうか。

発泡ウレタンなら、使わない方がいいです。一年もしないうちに水がしみこむようになります。そうするとコケやかびが生えます。
充填する場所が大きすぎるなら、ペンキを塗るとか、防腐剤を塗ってそのままという手もあります。

>又梅ですが、古木に見えるのは良いですが、雨水が空洞の中に入り、木が腐りますます大きくならないかの心配があります。梅の実は毎年小梅ですが取り切れないほどなっています。

木が腐って危なっかしいのが良いのです。
その時は支柱もしなくてはなりませんし、枝も落とさなければなりません。趣味の世界ですので、より危なっかしくが原則です。
ただし、気を付けなくてはならないのが、生きている部分にコスカシバの幼虫が入り込んで、表面からヤニを出すことです。
これにやられると、皮一枚で生きているのは枯れてしまいます。
巧くいけば、枯れた幹部分が乾いて、いかにも古木らしくなります。
それがいやなら、松と同じようにコーキングの充填です。水が入りそうな上部を密封するように塗り込んでください。

>穴の中の詰めものとしてコーキング剤は樹木に害はないでしょうか。ないならやってみたいと思います。でも空洞の体積が大きいので詰め切れないかもしれません。コーキング剤は外の見える所は松の樹皮をボンドで張り付けてもよいでしょうか。

害は無いようです。一番安い物。シリコンコーキング等は使ったことがないので判りません。
松の樹皮をボンドで貼り付けてもかまいません。一度目はコーキングに張り付けて、それがとれたらボンドで貼り付けています。

>ホームセンターで建築用の発泡性のスプレー缶に入...続きを読む

Q癒合剤の代わりに木工用ボンド?

癒合剤の代わりに木工用ボンドが使えると聞いたのですが、本当に大丈夫でしょうか?

今後、何年も剪定することを考えるとやはり癒合剤を買うべきでしょうか?

Aベストアンサー

殺菌作用のある癒合剤をはじめて買って、使ってみた者です。

今まで、強く幹を切ったときにすら使わなかったのですが、
大事にしているミカンの木の一部を切らなくてはならなくなり、
使いました。

使い方がよくわからなくて、チューブのまま、切り口に塗りつけ、
葉っぱをハケの代わりにして、塗りつけました。
したたり落ちそうになったけど、そのまま固まりました。
服にもついてしまいましたが、後で剥がそうとしたら、
すごい粘着性があり、驚きました。
ちょっとした雨なんかで、剥がれませんね。

そのチューブには、1度フタを空けたら、使い切ること、と
書いてあり、大き目のを買ったので、後悔しました。
手についたら、すぐ洗うように、とか、地面に残さないように、とか
捨てるときの注意も書いてあったので、扱いが面倒でした。

その後、本屋さんで木の専門書を読んでいたら、
癒合剤は基本使わない、と書いてありました。

強い剪定の場合は、切り方が問題のようです。

前の回答者の参照HPで食べる実のなる木には、殺菌剤の入ったものを
使わないほうがいいと書いてあったので、ちょっと後悔しています。

殺菌作用のある癒合剤をはじめて買って、使ってみた者です。

今まで、強く幹を切ったときにすら使わなかったのですが、
大事にしているミカンの木の一部を切らなくてはならなくなり、
使いました。

使い方がよくわからなくて、チューブのまま、切り口に塗りつけ、
葉っぱをハケの代わりにして、塗りつけました。
したたり落ちそうになったけど、そのまま固まりました。
服にもついてしまいましたが、後で剥がそうとしたら、
すごい粘着性があり、驚きました。
ちょっとした雨なんかで、剥がれません...続きを読む

Q折れた樹木を修復する方法は?

折れた樹木を修復する方法は?

大切に育てていた植木が折られてしまいました。
樹木の名前は分からないのですが、大きな鉢に植えてあり、丈は190cm、幹の太さは折れた箇所で3cm程度で、ちょうど全体の半分くらいのところで折られています。

写真のとおり、かろうじて1cm程残して折られていたので急いで折れた幹を起こしてガムテープでぐるぐるに巻いておいたのですが、このままではきっと枯れてしまうと思います。

だめもとで伺います。どうにかしてくっつける方法、もしくは修復する方法はないでしょうか?
知識のある方お願いします。

Aベストアンサー

難しいですが本当にダメ元で・・・・・
残りがどの程度繋がっているのが実物を見ないとなんとも言えませんが、接木と違って上側にも葉が多く付いている為本来は切り落とすのですが、接木と取り木の手法を使って出来る限りの処置をしてみましょう。
<こちらも参考に>
http://oshiete1.nifty.com/qa3048229.html?order=DESC&by=datetime

◆ササクレだった所はカッターで綺麗に処置します。
◆樹木用の防腐剤を塗ります。
◆枝の軽量化と上の葉と枝に負担をかけないようにするため、上の枝は出来る限り剪定する。
◆細くて軽量のアルミパイプを2本用意し、添え木にします。
◆これとは別に安全の為支柱も有るといいです。
◆接木の要領で接木テープか、麻の紐で折れた枝同士を添え木と共にグルグル巻きにします。
◆折れた患部が酷い場合は上記に加えてさらに取り木の手法で、水苔に薄めたメネデールを浸すか、活性液バイタルを100倍くらいに薄めて同様に水苔にを浸す。→上にビニールを巻く。http://www9.plala.or.jp/mosimosi/green/sasiki.htm

これで上手く枯れなかったら(長期間付けておくと腐る要因にもなるため)水苔は早めに取り外す。
※ここまで処置して、もし復活が叶わなかったら諦めて上部は切り落とします。

接木テープ
http://www8.plala.or.jp/roseone/aglis.html

難しいですが本当にダメ元で・・・・・
残りがどの程度繋がっているのが実物を見ないとなんとも言えませんが、接木と違って上側にも葉が多く付いている為本来は切り落とすのですが、接木と取り木の手法を使って出来る限りの処置をしてみましょう。
<こちらも参考に>
http://oshiete1.nifty.com/qa3048229.html?order=DESC&by=datetime

◆ササクレだった所はカッターで綺麗に処置します。
◆樹木用の防腐剤を塗ります。
◆枝の軽量化と上の葉と枝に負担をかけないようにするため、上の枝は出来る限り剪定する。
◆細...続きを読む

Q折れた枝の修復は?

昨日、庭に植えてあるハナミズキの枝が折れていることに気づきました。
我家はオープン外構なので、
夜中に誰かが侵入していたずらで折ったのかもしれません。
動物の仕業かもしれません。

原因ははっきり分かりませんが、
ハナミズキは現在高さが2.5m位で花も咲き終わり、
葉っぱもすっかり成長して元気です。
折れた枝は地面から1m位の高さにあり、
直径15mm位で長さは70cm 位です。
幹から30cm位の所で折れているのですが、
折れ方はまっ二つというのではなく、
20cm位ささくれのような状態で
長さ方向に割れています。
完全に分離しているわけではなく、
一応くっついています。
うまく伝わるかな?
折れた断面は円形ではなくすごく長い楕円形といえばわかるでしょうか。
とりあえず針金で固定して、
見た目はわからない状態にしてあります。
こんな状態ですが、このままにしていて大丈夫でしょうか?
折れた所はくっつきますか?
それとも枯れちゃいますか?
対処方法がありましたら、教えていただきたいです。
今年の冬に剪定して整理したので、
この枝はなるべく切りたくないのです。
よろしくお願いします。

昨日、庭に植えてあるハナミズキの枝が折れていることに気づきました。
我家はオープン外構なので、
夜中に誰かが侵入していたずらで折ったのかもしれません。
動物の仕業かもしれません。

原因ははっきり分かりませんが、
ハナミズキは現在高さが2.5m位で花も咲き終わり、
葉っぱもすっかり成長して元気です。
折れた枝は地面から1m位の高さにあり、
直径15mm位で長さは70cm 位です。
幹から30cm位の所で折れているのですが、
折れ方はまっ二つというのではなく、
20cm位ささくれのような状態で
長...続きを読む

Aベストアンサー

 固定する場合は針金ではなくある一定期間で腐るようなものでしばりなおしましょう。
 ハナミズキは挿し木も取り木も効く植物ですので今回は次のようにしてみましょう。
 折れた部分を両側から細木(100円ショップの工作用)で固定したあとに麻ヒモでグルグル巻きにしましょう。
 折れた先の葉が落葉しなければつながったということになりますのでそのまま放置しましょう。
 わたしはこの方法で今年の冬に植えた梅が枝折れしかかったものをつなぎました。 新芽がでて成長していますので成功したようです。
 ダメ元でやってみましょう。

Q主枝が折れたときの対処を教えて下さい。

トキワマンサク(高さ1mくらい)の主枝を折ってしまいました。

50センチくらいのところで、太さ1.5センチくらいですが、半分弱くらいまで長さ5センチくらいにわたって裂けているようなかんじてす。
完全に折れきっておらず、若干傾いていますがたってはいます。

あきらめて、その部分で、切り落としたほうがいいでしょうか?補強で持つものでしょうか?
処置を教えて下さい。具体的に(補強の仕方、必要な薬剤など)教えていただけると助かります。
※全くの初心者です。

Aベストアンサー

完全に折れてしまってなければ大抵くっつきますが、切ってしまうことをオススメします。
50cm程度であればすぐ伸びるし、一度切ったことで枝の伸びに勢いがつくことがあるので、切った方がベターと考えます。

どうしても復元したいのであれば、支柱か添え木をするしかありません。
一般家庭にあるものですと、包帯かガーゼ(杉皮)、長めの割り箸(竹)、ビニール紐(棕櫚縄)、を用意します。()内はプロ仕様です。
まず、包帯を折れた箇所の上下一カ所ずつ巻きつけて、後で位置を調整できるように仮り固定をします。
箸の中心を折れた箇所にあわせて当て、上の包帯の上端は箸の上端に、下の包帯の下端を箸の下端に合わせます。
各包帯の上端と下端から5mmほどの場所にビニール紐を二周巻き、しっかりと結びます。
薬は要りません。頑丈な支柱は幹がヒョロくなるのでオススメしません。

切り方は、今の主幹を、次に主幹にしたい枝の1cmほど上で切るだけです。

Q剪定後の枝の切口処置について質問です。

これから、花の咲き終わった梅、サザンカ、白木蓮などの剪定をしようと考えております。実は正月前に百日紅の枝や溜をバッサリと切り落としました。その時、太い枝の切り口に墨汁を筆でたっぷりと浸み込ませておきました(~田舎で親父が塗っていたのを想いだして~)。 塗った後、墨汁が垂れて幹が縦縞模様になり、近所の人も不思議そう(笑)に見てましたが・・・・・・。
専用の切口塗り薬の存在はホームセンターで見てましたが、そこまでは必要ないと考え墨汁でもと塗っておきました。 ところで、墨汁塗布は切り口処置として正しく、効果があるのでしょうか? 又、樹木によって切り口処理の要否があるのでしょうか? 近所で墨を塗っているのは見たことありません!我が家だけです。
詳しい方、宜しくお願いします。
(昨年、植木屋さんに槙の木を大胆に剪定して頂いたときは切り口処置なしでした。切り口の腐りが一部にありました)

Aベストアンサー

植木屋さんは本職ですから、切り口に融合剤(切り口からの雨水の侵入を防ぎ、
枯れを防ぐために使用する保護剤のような物)を塗る必要がある種類と無い種類
の区別は承知されています。融合剤を塗られなかったのは、塗る必要がない種類
だったからで、塗ったとしても意味のない樹木に対しては塗る事はありません。
どんな樹木でも切り口は若干ですが枯れます。ただ桜のように切り口から枯れが
進行してしまう樹木に対しては必ず融合剤は塗る必要があります。
例えば切り口が腐敗したとしても、桜以外の樹木では幹まで腐敗が進行する事は
ありませんので、植木屋さんが融合剤を塗られなかったのは、これ以上は腐敗は
進行しないと判断されたからです。

融合剤を塗ったからと切り口が枯れない訳ではありません。ある程度の枯れは生
じますから、意味もない樹木に対して使用しても、融合剤が無駄になるだけです
から、植木屋さんは融合剤を使用する必要は無いと判断し、塗られなかったのだ
ろうと思います。

墨汁ですが、塗らないよりはマシですが、正式な融合剤と比べると効果は無いと
言っても過言ではないと思います。正直に言って効果は無いと思いますよ。
炭には殺菌効果がありますが、墨汁は100%が炭ではありませんから、あまり
殺菌効果は期待出来ないと思います。塗らないより塗った方が良いので、御父さ
んが行われていた方法が間違いだとは言えません。

僕は以前に造園土木で樹木の剪定等に携わっていましたが、その時に使用してい
たのは融合剤(トップジンM等)の他に、ラッカースプレー塗料も使用していた
事もあります。
見た目を重視する時に、極端に太い幹や枝を切った時は、融合剤を塗ってから、
ブリキ板を加工してカバーを作り、切り口に被せて保護する事もしていました。

余談ですが、樹木によって剪定時期は異なりますから、正月前だから庭を綺麗に
して新年を迎えたい気持ちは分かりますが、やはり時期を守らないと樹木の生育
に支障が出ますし、場合によっては枯れる事もあります。
サザンカは3~5月が剪定時期で、大枝の剪定は4~5月に行います。
白木蓮は3月と5月に行います。木蓮は基本的には剪定は行いませんが、剪定を
しないと枝が伸び放題になり樹形が乱れますから、剪定と言うよりも不要な枝を
間引く感じで長過ぎる枝を切るようにして樹形を整え、これを整枝と言います。
さるすべりは時期的には問題はありませんでした。ただ切り口に融合剤は塗る必
要はありませんので、墨汁を塗ると垂れた液で汚れますから、出来るなら塗らな
い方が良かったかと思います。
梅は冬の剪定と夏の剪定があります。冬は11~3月、夏は5~6月に行います
が、大掛かりな剪定は開花や樹勢を衰えさせる原因になりますので、出来るなら
植木屋さんに依頼した方が無難ですよ。

植木屋さんは本職ですから、切り口に融合剤(切り口からの雨水の侵入を防ぎ、
枯れを防ぐために使用する保護剤のような物)を塗る必要がある種類と無い種類
の区別は承知されています。融合剤を塗られなかったのは、塗る必要がない種類
だったからで、塗ったとしても意味のない樹木に対しては塗る事はありません。
どんな樹木でも切り口は若干ですが枯れます。ただ桜のように切り口から枯れが
進行してしまう樹木に対しては必ず融合剤は塗る必要があります。
例えば切り口が腐敗したとしても、桜以外の樹木では幹...続きを読む

Q普通のアリによる、紅葉の木の被害

自宅の紅葉にアリが巣を作っているようで、木の下には粉状の木のくずが散らばっています。アリはシロアリでなく、体調5mmこげ茶色のアリです。既に紅葉の一部の幹の中央部には通路のような穴もあり、紅葉全体が食い尽くされて枯れてしまうのではと心配しています。かといって薬品で殺してしまうと他に影響が出てしまうのではとの心配もあり悩んでおります。どなたか良い対処法をご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

アリが悪いのではなく、紅葉の一部が枯れてしまったと思います。
アリは腐った木なら住処にしたり食べることはありますが、
生きているものはあまり食べません。
どちらかというと、腐食が進行するのを食い止めてくれていると思います。
他の原因を探した方が良いのではないでしょうか。

例えば根の状態や病害虫、土壌酸度などを確認してみてください。
土壌改良と切り戻し剪定をして、低い位置から新しい枝を生やして作り直すのが良いかもしれません。
穴の開いた幹は倒れやすいので、支えがないとそのままでは生かすのは難しいですし
弱った原因を見つけなければ、そのまま悪化する一方です。

根は害虫、肥料焼け、水はけの悪さで弱ります。
水や肥料を十分に吸えないと、古い部分への供給を停止し、その部分が枯れるので
幹の中心が空洞化します。
足りない栄養で生かすには、地上部分を減らすしかありません。

Qつげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。

つげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。
垣根のつげの木がだんだん枯れてきていますが考えられる原因はどんなものがあるでしょうか。
かれこれ30年近くなる庭の垣根として植えているつげの木が近年少しずつかれてきています。
秋口に枯れが出てきます。垣根が歯抜けになり見苦しいのですが原因は何でしょうか。
モグラのトンエルをみかけます。また酷暑も関係しているのかと思ったりします。
肥料はできる範囲で化成肥料を年に1回春に施しています。暑い時は一日おきに
水もできる範囲でやりますが石垣の上に植えているので相当乾燥するものと思います。
原因と対策を是非教えてほしいのですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸性土質に傾いた事や、土壌が長年何もしな
かったため固くなり根張りが十分に出来なくなっている事、葉と葉との間
が密集しているため風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなっている
事などが考えられます。
枯れた物は元には戻りません。部分的に生きていても回復する事は難しい
ので、その内に枯れてしまうでしょうね。

垣根を元通りの状態に戻させるには、大掛かりになりますが植替えをして
仕立て直す事しかありません。
現在の垣根を見て、枯れた部分がどの程度あるかを調べます。それにより
何本不足しているのかが分かるはずです。
必要な本数を園芸店(樹木を扱っている店)に注文し、作業に必要な資材
などを準備します。
植替えるためには土壌改良が必要で、そのためには堆肥や腐葉土が必要で
す。また酸度調整のための苦土石灰も必要で、事前に用意します。
それと寒冷紗か遮光幕を用意して下さい。植替え時に必要です。
黒いビニールポットも用意します。掘り上げ時に必要です。

苗が自宅に到着したら、苗を一ヶ所に詰めて置いて寒冷紗か遮光幕を被せ
ます。苗を植え付けるまでは被せておき、乾かさないように水遣りだけは
行って下さい。次に枯れている物や枯れかけている物を抜きます。これら
は植付けをせずに処分するので、根に土は付いていなくても大丈夫です。
次に元気な物を掘り上げます。出来るだけ根に付いた土を残すようにして
掘り上げ、黒いポットに収まるようにするため、はみ出た根は切ります。
1本づつポットに入れて保管します。全て掘り上げたら、移植する場所を
スコップや鍬で掘り返し、出て来た根などを取り除きます。石が出て来た
時は撤去しなくても構いません。掘り返す深さは30~40cmを目安に
します。浅いと土壌改良にはなりません。
耕し終えた場所に苦土石灰や堆肥を入れ、鍬で耕すように十分に混ぜ合わ
せます。表面を均等に均したら土壌改良と酸度調整は完了です。

次は移植をします。植付けは千鳥植えにしますが、苗との間隔は苗の枝と
枝とが軽く触れる程度が理想ですが、初心者には分かりずらいので、株の
間隔を20~25cm程度にして下さい。植え場所に割箸を目印として1
本差します。日が良く当たる方向に新しい苗を植え、元々あった物は後ろ
に植えるようにします。移植ゴテで株より少し大きめな穴を掘り、高植え
にして植付けをします。高植えは根元に少し土が被る程度に植える方法で
す。間違っても深く植えないで下さい。

植付けが終わったら水を十分に与えます。根が完全に活着するまでは最低
でも1ヶ月は必要ですから、水切れにさせないように天気の良い日は朝夕
の水遣りは欠かさないようにします。水切れを起こすと枯れます。

肥料は与えません。与えるのは翌年で十分です。与えるのは化成肥料でも
構いませんが、堆肥に混ぜられて与えると手間が省けます。時期としては
8~9月の間に1回だけです。与える時は根元から離れた場所に与えるよ
うにします。現在は春のようですが、与える時期は樹木の種類で違います
から、何でも春に与えれば良いとは思わないで下さい。

暑い時こそ水は必要ですから、1日おきでは水不足になりますよ。朝夕の
2回は必要な時もあるかも知れません。また出来る範囲では与えた事には
なりません。石垣の上なら、多過ぎたかなと心配する位に与えます。

モグラは無罪です。今回の件に関しては関係ありません。

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸...続きを読む

Qサクラの木(幹・枝)が真っ白に

桜の木の幹、枝・・・地面からすぐ上の太い幹、それに伸びる太い枝が真っ白になりました。最初、部分的なものだったため、放置していました。現在では、ほぼ全体に広がってしまいました。木の高さは、4m弱か?そばに、柿、もみじ、きんもくせいがあり、若干、風通しが悪いかもしれません。白い部分は、若干、手に粘っとした感じで、繊維状、綿状(菌糸か?)のものが、全面についています。「葉」には異常はありません。近くには洗濯干し場(お隣さまと我が家)もあり、伐採する方が良いでしょうか。木が大きすぎて、薬剤散布は無理と考えます。もし、伐採しか方法がなければ、どこに依頼をすれば良いでしょうか。厳しい年金生活。費用が心配です。

Aベストアンサー

膏薬病(こうやく病)です。
カビ菌の一種ですが、樹から直接栄養を摂っておらず、カイガラムシの排泄物を栄養分として寄生します。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm(吸汁性害虫で種類が多いです。)
手に粘っとした感じなのは、このカイガラムシの排泄物と思われます。
風通しが悪いのも、カイガラムシが好んで寄生する条件です。

伐採するのも樹そのものがやられている訳ではないので、もったいない様な気がしますが、カイガラムシそのものの駆除が先決でしょう。
成虫は足を落としてもう動けないので掻き落としてしまえば死んでしまいますが、幼虫は発生期においては次々と孵化し、樹をよじ登って来て場所を決めると足を落として成虫となります。大量にカイガラムシに寄生されると樹が弱り、終いに枯れ死に至ります。

発生期間が長いので厄介な害虫ですが、幼虫はスミチオン乳剤等、一般的な有機リン系殺虫剤の散布でも効果がありますが、定期的に散布する必要があります。
成虫は殻で覆われていますから、それらの殺虫剤では効果が期待できません。
落葉している冬期に、マシン油乳剤の20倍希釈液を噴霧器で散布します。(越冬します。)
http://www.engei.net/Browse.asp?ID=14037(ホームセンターあたりでも販売しています。11月あたりになれば大量に仕入れるでしょう。)
http://www.afftis.or.jp/kaigara/bouzyo.htm#4
油分が殻の中まで浸透し、カイガラムシの成虫を窒息死させます。
(ボルンというスプレー剤もありますが、期待薄でしょう。それに不経済です。)

膏薬病については被害部分を削り取り、殺菌剤を散布しておきます。
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/byouki/kabi_ka3.html

カイガラムシの駆除が重要ですね。今いる成虫を掻き落とし、定期的な薬剤散布(春~秋、9月いっぱいまで。)をし、冬期におけるマシン油乳剤の散布を行います。
来年は初夏までにカイガラムシの発生がなければ、定期的散布は不要かも知れません。
薬剤散布は噴霧器を使います。脚立も必要でしょう。ご自分で無理だと思えば植木屋あたりでもやるでしょう。あるいはシルバー人材センターあたりでも安くやってくれるかも知れません。

膏薬病(こうやく病)です。
カビ菌の一種ですが、樹から直接栄養を摂っておらず、カイガラムシの排泄物を栄養分として寄生します。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm(吸汁性害虫で種類が多いです。)
手に粘っとした感じなのは、このカイガラムシの排泄物と思われます。
風通しが悪いのも、カイガラムシが好んで寄生する条件です。

伐採するのも樹そのものがやられている訳ではないので、もったいない様な気がしますが、カイガラムシそのものの駆除が先決でしょう。
成虫は足を落としてもう...続きを読む

Qカミキリムシ(鉄砲虫)の駆除

紅葉の幹や枝に穴が開いて虫が巣食っている様子です。木のくずが地面に落ちています。

穴はあちこちに沢山あって駆除するのが大変そうなのです。
穴に埋めるタイプの殺虫剤があると聞いたことがありますが、どなたかご存知でしょうか

また、いつの時期に殺虫剤を使ったら良いでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

相当前でしたが今は禁止されている農薬でパラチオンを綿に湿して穴の中に入れ接ぎろうという接ぎ木に使うろうで蓋をして殺しました。今は農薬の寄生が厳しいので使えるか分かりませんがEPN乳剤の原液を綿に湿して穴に詰め接ぎロウで蓋をすれば効果があると思います。カミキリムシの幼虫の活動している今時いいと思います。EPN乳剤は医薬用外毒物に指定されていますから取り扱いには充分注意してください。効果がある農薬でも登録がないと違反になりますから注意してください。登録を検索してから使用してください。
成虫が活動する6月中旬頃から7月までスミチオン乳剤を散布しても効果があります。スミチオンは登録があります。
ブドウのシンクイムシを針金を曲げて穴の中に入れて書き出してつりのえさにしますがこの方法でも採れるかもしれません。とれなくても針金で傷つけられれば死にますから効果があると思います。針金は尖らせたままでいいと思います。針金寄り高価ですがステンレス線の方が堅いので穴の中に良く入ります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング