出産前後の痔にはご注意!

最近、父が死去しました。

初七日は葬儀告別式と同じ日にしました。

来月に49日を行う予定です。

49日まで、なんか、最近、毎日さみしいので、

このゴールデンウイークに、どこか、同じ宗派のお寺に行ってみたいと思っています。

宗派は真宗大谷派なので、本山は京都の東山浄苑らしいのですが、

私は東京に住んでいるので、遠方なので、東京で同じ宗派のお寺を探していますが、
よくわからないので、同じ宗旨で有名な築地東本願寺に行ってみたいと思います。

49日前に、宗派が違う(浄土真宗本願寺派)の築地の東本願寺に行っても問題ないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

失礼しました。

混乱しました。ごめんなさい。

http://www.honganji.net/index.asp

を拝見させていただくと…


東山上花山・本願寺
昭和62年以降、法的に本願寺が消滅した後、闡如上人のご次男である大谷暢順連枝は、本願寺の復活と宗門内を正常な姿に戻そうと尽力されてきたが、平成8年2月宗門内に止まっては、もはや本願寺の復活と宗門を正常な姿に戻すことが不可能であるために、当時、門首であったご長男、大谷業成師、ご次男、大谷実成師とともに宗門から離れ、本願寺のゆかりの地でもある東山上花山に新たに寺基を移転されました。


とありますね。平成8年にできた、新しいお寺なのですね。

東本願寺派と混同してました。別でした。すみませんでした。

参考URL:http://www.honganji.net/index.asp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のコメントありがとうございます。

勉強になりました。

お礼日時:2011/05/07 12:45

> 宗派は真宗大谷派なので、本山は京都の東山浄苑らしいのですが



真宗大谷派なのであれば、ご本山はJR京都駅真正面歩いてすぐの東本願寺です。大変に門徒数の多い宗派ですので「大谷派」でGoogle検索するとすぐにみつかるはずです。東京だと練馬にある「真宗会館」で日曜礼拝を行なっています。

お隣(?)の西本願寺は、浄土真宗本願寺派ですね。

別の宗派で、「東本願寺派」という宗派があり、こちらは門徒数、末寺の寺院数など、不明と思いますが、おそらくかなり門信徒数が少ない、そういう意味では(←人数的には)非常にマイナーな宗派と思います。こちらですと浅草に一番大きいお寺があるはず…。というのは大谷派から別れる前には浅草に大谷派の東京別院があったはずで、江戸時代には浮世絵に出ていたはず。というか大谷派の東京別院を、東本願寺派が分かれたときにゲットしたはず。大谷派から分かれたという言い方にはどうしてもなりますね。できあがりの人数が圧倒的に少ないと思いますので。結果から逆算すると、どうしても東本願寺派の方が、新興宗教扱いになります。あるいは東本願寺派では、牛久大仏もある意味、大きな施設かも…。世界最大の大仏なんですよね…確か。よく浄土真宗のお寺では、どこでも、お守りは絶対に売っていません、というようなことが言われますね。それは、真宗十派(真宗教団連合)に含まれるような伝統的、大きな宗派ではその通りですが、牛久大仏では大仏お守りを売っているらしいので、もしも、東本願寺派を新興宗教ではなくて真宗に数えるなら、真宗でも例外として東本願寺派はお守りを売っている…という記述にしないといけなくなるはずですが、誰も、そういう言い方はしないと思います。つまり、マイナーすぎて、あるいは特殊すぎて、無視扱いになっているのが実態かと思います。もっとも牛久大仏は宗派不問で誰でもお墓を作る人は大歓迎な施設かも知れません。浄土真宗では般若心経はよみませんというのも非常によく言われますが、これも真宗十派(真宗教団連合)に含まれるような伝統的、大きな宗派ではその通りですが、牛久大仏では般若心経の写経とかしていると思います。あとは仏像に金箔を貼るとかですね。とにかくお金をいただけることであればなんでもありという印象は拭えません…。
    • good
    • 0

浄土真宗本願寺派の築地本願寺におまいりされるのは全くかまわないと思います。


なお大谷派ですと練馬の真宗会館で毎週日曜日に礼拝があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2011/05/06 20:15

さらに、回答失礼します。


質問のお答えとは外れますが、「お礼」の中に書かれていた、

>最近、大谷派の本山が東山浄苑と知りました。

がちょっと気になったので。

「真宗大谷派」の本山は、今でも京都市下京区の「東本願寺」です。

「東山浄苑」は、真宗大谷派の第二十四代法主・闡如(大谷光暢)氏の次男・大谷暢順氏が作った「財団法人 本願寺維持財団」の施設です。

ただ、「真宗大谷派」という“宗派”として認められているのは「東本願寺」を本山とする宗派なのですが、「本当の伝灯を受け継いでいるのは自分だ」と、ご兄弟それぞれが主張なさっているようです。

と、このあたりの事実関係を調べるのに、東本願寺のホームページを見ましたら、「真宗大谷派」の関東での別院は、横浜にあるようです。
築地本願寺のように開放的な寺院かどうかは分かりませんが、一応、こちらもアドレスを貼っておきます。

http://www.higashihonganji.or.jp/link/kyoumusho/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E5%AE%97% …

こういう「骨肉の争い」は参拝には全く関係のないことですが、気になったので回答しました。
どのお寺にお参りしてもそれは全く問題ありませんので、お参りをして、どうぞ心が安らかになりますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

>ご兄弟それぞれが主張なさっているようです。
そうだったのですね。

今回、納骨は、父の遺志により、生前購入した東山浄苑、及び大谷本廟に分骨する予定です。
祖父や祖母の納骨時は、東本願寺が本山で、東本願寺と東山浄苑に分骨したようですが、その後、御指摘のような何か争いがあり、本山が東本願寺から東山浄苑に移され、東本願寺は西本願寺を意識してか、象徴として残してあるだけで納骨は現在できないと聞いていました。
大谷光暢氏の兄が東本願寺で、弟が東山浄苑という意味だったのですね。真宗大谷派の人はどちらに納骨しても問題ないということなんでしょうか。難しいですね。

お礼日時:2011/05/06 20:10

お礼読みました。



「南無阿弥陀仏」とお唱えするだけなら、全く問題は無いですよ。

「してはいけないこと」は、ごく普通のことだけです。
お寺の中で騒いだり、お寺の物をやたらに触ったりと、そういった「非常識なこと」さえしなければ、普通にお参りして大丈夫です。

あと、何かご法話がある日に行ってみられるのもいいかもしれません。
お寺のホームページに行けば、行事(布教など)の予定が書かれていると思います。
たぶん、どなたでも入れるものがあると思います(土・日に開かれることが多い)。
あらかじめ問い合わせてみては如何でしょう。

特にご自身の宗派をおっしゃらなくても、「最近、身内が亡くなったので、何かご法話が聞きたい」と問い合わせれば、「こういうのがありますよ」と紹介してくれると思います。
築地の本願寺であれば、そこから勧誘するということもありません。

ちなみに、「築地の東本願寺」と書かれていますが、「築地本願寺」(浄土真宗本願寺派)のことですよね?

大谷派(お東さん)系列だと、「浄土真宗東本願寺派東本願寺」というのが、台東区西浅草にあります。
ただ、お東さん系列は、以前の門主さんの子供さんがいろんな宗派を開いていて(東山浄苑もその一つ)、ちょっとややこしいので……。
ご宗旨に関してはほぼ同じだと思うのですが。

築地の本願寺と、東京本願寺のホームページのアドレスを貼っておきます。

築地本願寺:
http://tsukijihongwanji.jp/

東本願寺:
http://www.honganji.or.jp/index.shtml
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

>「築地本願寺」(浄土真宗本願寺派)のことですよね?
はい、その通りです。失礼しました。

>子供さんがいろんな宗派を開いていて(東山浄苑
そのようですね。大谷派の本山は京都の東本願寺と思っていたのですが、
最近、大谷派の本山が東山浄苑と知りました。

>、「浄土真宗東本願寺派東本願寺」というのが、台東区西浅草
浅草にもあるのですね。知りませんでした。一度行ってみたいと思います。

お礼日時:2011/05/05 08:55

 我が家も浄土真宗大谷派ですが、行ってもかまわないと思います。



 そもそも、大谷派と本願寺派は、織田信長の石山本願寺攻めの戦後処理を巡って、親と子が対立したのが原因のはずです。石山から移ろうと言ったのが親、いやだと言ったのが長男(結局動いて、その跡に秀吉が大阪城を造ったのですが)。それを徳川家康が、あまりに巨大すぎる勢力を分割統治する手段に利用しただけ。その違いはわずかです。例えば我が家でも、ご飯は、本願寺派式で上げています(だって、大谷派式は形づくりがめんどうなんだもん)が、お坊さんから文句を言われたことはありません (^o^; 。

 ご本尊は、当然ですが、阿弥陀如来ですし、さらに幸いなことに、日本には「宗派の争い、仏の恥」という言葉があります(と故事成語辞典には書いてあります)。法事などにはさまざまな仏教徒、場合によってはキリスト教徒まで招きます。見ていると、お香を頂戴する仕草をしたり、拝むとき数珠をガシャガシャ鳴らしたり、さまざま。よって、浄土真宗の信者が、例えば曹洞宗のお寺でお参りしても苦情はありません。いわんや、同宗派においておや。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

>谷派と本願寺派は、織田信長の石山本願寺攻めの戦後処理を巡って、親と子が対立
そうでしたか、知りませんでした。勉強になります。

お礼日時:2011/05/05 09:00

お父様がご逝去されたとのこと、謹んでお悔やみ申し上げます。



さて、回答ですが、「何をしに行くか」で変わってくると思います。

亡くなられたお父様のご供養をしていただく、というのであれば、それはマズいと思います。
ご供養は、基本的に同じ宗派、同じお寺でしていただくものだと思います。

とはいえ、うちの叔母など、葬儀は浄土宗、四十九日は禅宗、納骨は質問者さんと同じ東山浄苑と、各宗取り揃えて行ないました。
こんなにいろんな宗派で送ってもらった人は少ないでしょうから、たぶんあちらの世界では珍しがられているのでは?と思っています。

ご供養ではなく、質問者さんが仏さまに安らぎを求めて行かれるなら、どの宗派のどのお寺に行かれてもいいと、個人的には思います。
四十九日になっていないからとか、そういうのも全く関係ないと思います(浄土真宗の教義にはうといのですが、仏教の根本的な教えにそういう“しばり”はありません)。

仏教は各宗派に分かれてはいますが、○○宗だから××宗にお参りに行ったら駄目というようなことは、基本的にはありません。
ただ、宗派やお坊さん個人の考え方によっては、「あの宗派には行くな」というような心の狭いことを言われる場合もあるのは事実ですが。

要は、参拝される方の気持ちの問題です。
仏さまは心が広いので、衆生は誰でも救ってくれるというのが根本です。
「悪いことはするな」とはおっしゃいますが、「この宗派には行くな」「あっちの宗派は駄目だ」などとはおっしゃいません。

ですから、心おきなく、お参りされたらいいと思います。
よいお参りができますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

ご供養ではなく、まさに、仏さまに安らぎを求めて行く気持ちです。

突然の悲しみだったので、このつらい気持ちを少しでも救っていただきたいです。

参拝の際は、合掌して南無阿弥陀仏と唱えれるだけなら問題ないでしょうか?

参拝の際に「これはしてはいけない」などの注意点などもアドバイスをいただければ幸いです。

お礼日時:2011/05/05 01:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浄土真宗「東本願寺」と「西本願寺」の違い

来年度に子供を幼稚園に入れようと思っている先の幼稚園が「浄土真宗本願寺派」。説明会のお話では「東と西がありますが、うちは西本願寺派です」とのこと。私の実家は西本願寺派なのですが、旦那の実家は「東でも西でもなく本願寺派」とのこと。すっかり混乱です。違いの分かる方、簡単に分かりやすいご説明お待ちしております。

Aベストアンサー

期待される回答では無いかも知れませんが。

東本願寺も西本願寺も元々は一つで、浄土真宗の総本山です。
1592年、本願寺十一世法主・本願寺顕如(けんにょ)は、死ぬ前にすでに長男の教如(きょうにょ)が十二世法主になっているのにもかかわらず、豊臣秀吉の支持を受けた三男の准如(じゅんにょ)を跡継ぎにしました。
遺言に従って教如は隠居しましたが、1602年、教如は徳川家康に京都に寺地をもらいます。
これが東本願寺です。真宗大谷派とも言われます。
これに対して准如が継いだほうは西本願寺で、浄土真宗本願寺派とも言われます。

歴史の面から書いたので、よく分かりませんが、
元々は一つだったので、おそらく信仰の主旨は同じか少し違う程度かと思います。

簡単に書いたつもりが、ややこしくなってしまったかもしれません。

Q浄土真宗本願寺派と真宗大谷派

先日、母方の祖母が亡くなり、四十九日までの間、手伝いに行くことになりました。
伯父も伯母も、お寺関係のことは祖母に任せきりだったようで、作法というかマナーをあまり知らないようでした。
これでは、お寺さんに失礼だと思い、質問させていただくことにしました。

祖母の家は真宗大谷派、私の嫁ぎ先は浄土真宗本願寺派です。
まず気になったのは、伯父や伯母がお坊さんのことを「和尚さん」と呼んでいたことです。
本願寺派では、「ごいんげさん」と呼びますが、大谷派は「和尚さん」でいいのでしょか?

その他、大谷派の作法等で気をつける点があれば教えていただけますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は、真宗大谷派に属する門徒です。

まず、お寺さんの呼び方ですが、地域により異なります。
なので、「何も知らなくてお恥ずかしいのですが、どのようにお呼びすれば良いか教えてください」と素直に聞くのが一番良いと思います。決して失礼なことではありません。
ちなみに私の地方では、ご住職(もしくは住職)と呼んでいます。

また作法・マナーについても、ご住職に聞かれるのが一番だと思います。
細かな点については一度では話しきれないかと思います。大谷派の場合は「お内仏のお給仕と心得」という入門書が本山(東本願寺)から出版されています。本願寺派の入門書も西本願寺から出版されています。ご住職によっては、作法・マナーを伺った時に手渡してくれるかも知れません。

しかし最低限のマナーはあります。それは寺に行くときは「念珠」を持参することです。寺に用意されている念珠は、あくまでも忘れた人のためのものです。

念珠の扱いについては、以下の点に注意してください。
・念珠は、念珠袋に入れていき、カバンやポケットに直接入れない。
・畳や床の上に念珠を直に置かない。
・トイレに行くときは、念珠袋にいれてカバンかポケットに入れる。

念珠の形式は、八宗用念珠などの特別な形の念珠は用いません。
「片手念珠」(もしくは「略式念珠」)と呼ばれる念珠が、浄土真宗の正式な念珠です。(女性の場合に限っては、「八寸門徒」と呼ばれる浄土真宗専用の念珠がありますが、形見としてもらってない限り最初から持つ必要ありません。)

浄土真宗で大事な作法は、合掌礼拝・称名念仏です。
尊前で念珠を用いて合掌し、大谷派は「なむあみだぶつ」(「なんまんだぶつ」・「なんまんだぶ」とも称えます)、本願寺派は「なもあみだぶつ」と声に出すのが作法です。
最初は口を動かしているだけのような小さな声で構いません。(参考までに、適切な声の大きさは自分の耳に聞こえる大きさです。)

最後に「教えて!goo」などネットの情報は、浄土真宗の作法やマナーについてかなり間違えて回答されている方が多いので注意してください。

長文になってしまい大変失礼しました。

私は、真宗大谷派に属する門徒です。

まず、お寺さんの呼び方ですが、地域により異なります。
なので、「何も知らなくてお恥ずかしいのですが、どのようにお呼びすれば良いか教えてください」と素直に聞くのが一番良いと思います。決して失礼なことではありません。
ちなみに私の地方では、ご住職(もしくは住職)と呼んでいます。

また作法・マナーについても、ご住職に聞かれるのが一番だと思います。
細かな点については一度では話しきれないかと思います。大谷派の場合は「お内仏のお給仕と心得」という入門...続きを読む

Q母の納骨について

今週末、京都の東本願寺へ実母の納骨へ行く予定です。その際に服装はどのようにしたらよいでしょうか?スーツを着ていったほうが良いのかシャツにパンツ等のカジュアルすぎない服装でよいのか迷っています。皆さん、教えてください。

Aベストアンサー

>京都の東本願寺へ納骨
だけでは情報が不足でアドバイスがしにくいです。
東本願寺の大谷祖廟への納骨手続きだけでしたら、ご親族の納骨立会いはなくお預かり手続きだけですので、たぶんお墓への納骨法要のように多くの親族が集まるということはありませんでしょうし、すでに行かれる方も決まっているでしょうから、特にフォーマルである必要はありません。
ただ、ご親族が集まって午後2時30分からの本堂での永代経法要に参加するとか、御廟か茶所仏間か本堂での申経(一座読経)をされるのでしたら、やはり納骨の法要にふさわしいフォーマル等のある程度地味な服装でないとおかしいと思います。>京都の東本願寺へ納骨
だけでは情報が不足でアドバイスがしにくいです。
東本願寺の大谷祖廟への納骨手続きだけでしたら、ご親族の納骨立会いはなくお預かり手続きだけですので、たぶんお墓への納骨法要のように多くの親族が集まるということはありませんでしょうし、すでに行かれる方も決まっているでしょうから、特にフォーマルである必要はありません。
ただ、ご親族が集まって午後2時30分からの本堂での永代経法要に参加するとか、御廟か茶所仏間か本堂での申経(一座読経)をされるのでしたら、やはり納骨の法要にふさわしいフォーマル等のある程度地味な服装でないとおかしいと思います。>京都の東本願寺へ納骨
だけでは情報が不足でアドバイスがしにくいです。
東本願寺の大谷祖廟への納骨手続きだけでしたら、ご親族の納骨立会いはなくお預かり手続きだけですので、たぶんお墓への納骨法要のように多くの親族が集まるということはありませんでしょうし、すでに行かれる方も決まっているでしょうから、特にフォーマルである必要はありません。
ただ、ご親族が集まって午後2時30分からの本堂での永代経法要に参加するとか、御廟か茶所仏間か本堂での申経(一座読経)をされるのでしたら、やはり納骨の法要にふさわしいフォーマル等のある程度地味な服装でないとおかしいと思います。
なお、「東本願寺」の記載が、真宗大谷派の本山(現在の真宗本廟)や大谷祖廟(東大谷)のことではなく、このいわゆる京都・東本願寺(真宗大谷派の本山)とは関係のない東本願寺東山浄苑への墓地納骨でしたら、霊園納骨同様の墓前法要でしょうから通常はフォーマルです。

>京都の東本願寺へ納骨
だけでは情報が不足でアドバイスがしにくいです。
東本願寺の大谷祖廟への納骨手続きだけでしたら、ご親族の納骨立会いはなくお預かり手続きだけですので、たぶんお墓への納骨法要のように多くの親族が集まるということはありませんでしょうし、すでに行かれる方も決まっているでしょうから、特にフォーマルである必要はありません。
ただ、ご親族が集まって午後2時30分からの本堂での永代経法要に参加するとか、御廟か茶所仏間か本堂での申経(一座読経)をされるのでしたら、やはり納...続きを読む

Q違う宗派なら、どう対応するか?

「先月の9月、秋分の日の直前の土曜日、自宅近くにある、市営墓地に建ててる、自宅の墓へ、お墓参りした時」です。


私(40歳男)の家庭で、建ててるお墓には、「誰が、昭和(平成)何年の何月何日に、何歳で亡くなって、戒名(法名)は何か?」が、分かる墓標も、建ててます。


私の家庭で、建ててるお墓の霊標には…

「約10年前、69歳で亡くなった、親父(父親)。
それと、約40年~45年前に亡くなった、祖父母つまり、親父の両親。
それぞれ、昭和(平成)何年の何月何日に、亡くなっていて、信仰してる浄土真宗本願寺派による、戒名(法名)は、それぞれ何か?」が、分かる内容で、掘ってます。

因みに、私の家庭や、全ての親戚に、殆どの身内ですが、信仰してる宗派は、全て、浄土真宗本願寺派です。



更に、私の地元では、浄土真宗本願寺派か、浄土宗に真言宗、何れかの寺院が、結構多いです。
この関係で、3ツの宗派、何れかを、信仰してる住民が、多いです。




霊標も、建ててる、お墓も、私の家庭のお墓付近に、結構多い為、見たら…

「例えば、両方とも、既に亡くなってる、夫婦が建てたお墓なら、「旦那さんは、浄土真宗本願寺派。
奥さんは、真言宗。

それぞれの戒名(法名)を、付けて貰ってる」内容で、掘ってる」墓標を、良く見ます。


又…

「宗派が違う、亡くなった家族か親戚又は、身内のお葬式。
どの宗派で、執り行うかで、ケンカになり易い…」とも、良く聞きます。



そこで、経験ある人に、質問したいのは…


「宗派が違う、家族か兄弟又は、身内が、亡くなった時。
例えば、「奥さんが、亡くなってたら、旦那さん側の宗派で、お葬式を、執り行う。
当然だが、戒名(法名)は、旦那さん側の宗派の菩提寺で、付けて貰う」等、どの様に、対応したか?」に、なります。

「先月の9月、秋分の日の直前の土曜日、自宅近くにある、市営墓地に建ててる、自宅の墓へ、お墓参りした時」です。


私(40歳男)の家庭で、建ててるお墓には、「誰が、昭和(平成)何年の何月何日に、何歳で亡くなって、戒名(法名)は何か?」が、分かる墓標も、建ててます。


私の家庭で、建ててるお墓の霊標には…

「約10年前、69歳で亡くなった、親父(父親)。
それと、約40年~45年前に亡くなった、祖父母つまり、親父の両親。
それぞれ、昭和(平成)何年の何月何日に、亡くなって...続きを読む

Aベストアンサー

それは入る予定のお墓がどこにあるかで変わります。

それが菩提寺である浄土真宗のお寺さんにある墓地ならば、夫婦ともども浄土真宗でお世話になることになります。

これが市営でも民営でも霊園となれば、葬儀を執り行う喪主の考え方によることになります。


夫婦がいて、奥さんが亡くなったと仮定します。旦那さんが普通は喪主となります。

奥さんの実家の宗派は真言宗。旦那さんの実家は浄土真宗本願寺派だとしましょうか。お墓は市営霊園です。


この場合、旦那さんはどちらの宗派を選んでも基本的には構わないんです。信教の自由は保証されてますから。

ただ、もし真言宗を選んで葬儀をした場合、旦那さんの親戚の中には何故浄土真宗にしないのか、先祖代々お世話になっているのにとか、嫁に来てうちに入ったのに何故嫁さん側の宗派でやるのかなどと噛みついてくる人がいると思います。特にその家の跡を継ぐ立場なら騒ぎになるかも知れません。喧嘩になると言うのはこのようなケースを指します。

もっと細かくいえば、根本的には宗派と言うより、どちらのお寺でお世話になるかなんです。先祖代々お世話になってきたお寺さんとのつきあいを大事にしなくてどうするかと言うことです。お嫁さんもその家の一員ですから、その家の宗派に帰一するのがほとんどです。


もう1つ別の例をあげます。

旦那さんはかなり前に亡くなっています。浄土真宗本願寺派のお寺さんでお世話になりました。

そしてこの度残されていた奥さんが亡くなりました。実家は真言宗です。お墓は市営霊園です。子供はいないものとします。


誰が喪主として葬儀をするかで当然ながら変わってきます。

この場合、奥さん側の身内が中心になれば、真言宗のお寺さんにお願いすることがあっても不思議ではありません。


墓所の場所が寺院ではないこと、亡くなった順番、そのほか様々な事情で夫婦が別々の宗派で埋葬されることはあるんです。

結果として同じお墓に埋葬されているならいいのではないかと考えます。

なお近年は死んでまで同じ墓で眠りたくないと言う奥様方も多いようです。旦那だけならともかく、嫌な思いをした舅姑と一緒なんてとんでもないと言う声も聞きます。

ご自身はそのときになってどうするかはお考えください。

それは入る予定のお墓がどこにあるかで変わります。

それが菩提寺である浄土真宗のお寺さんにある墓地ならば、夫婦ともども浄土真宗でお世話になることになります。

これが市営でも民営でも霊園となれば、葬儀を執り行う喪主の考え方によることになります。


夫婦がいて、奥さんが亡くなったと仮定します。旦那さんが普通は喪主となります。

奥さんの実家の宗派は真言宗。旦那さんの実家は浄土真宗本願寺派だとしまし...続きを読む

Q法事の香典に使うのは新札?古札?

一般的に、
「人に渡すお金は新札にせよ」
と言われています。人様に渡すものに使い古しをやるな!という精神ですね。
渡す、って買い物で店の人に支払う、ってことではないですよ。
古い小説など読んでいると「…こういう時のためにきちんと新札を備えておくひとだったので、さっと真新しい封筒にのしをかけて手の切れそうな新札を入れ云々」という下りが出てきたりします。
集金の人にも新札を渡す、という場面とかも。渡すことがあらかじめ判っているお金なら、用意しておけという意味合いがこめられているのでしょうか。
一方で、
「祝儀には新札(婚礼なり出産なり、あらかじめ判っていることが大半だから。準備しておくのが礼儀)、不祝儀には古札(災難、人死は大抵予期せぬものだから。あらかじめ手配しておかないと入手できない新札だと待ち構えていたようであるから)」
というルールもあります。
枕長くてすみません。
で、法事に出す香典。古札にするべきでしょうか、新札にするべきでしょうか?
「不祝儀には古札」
というルールに従えば古札にするべきですが、法事は通夜葬式と違って、あらかじめ開催が定められ告知されて開かれるものです。
新札…?

どちらにしたほうがよいでしょうか。

一般的に、
「人に渡すお金は新札にせよ」
と言われています。人様に渡すものに使い古しをやるな!という精神ですね。
渡す、って買い物で店の人に支払う、ってことではないですよ。
古い小説など読んでいると「…こういう時のためにきちんと新札を備えておくひとだったので、さっと真新しい封筒にのしをかけて手の切れそうな新札を入れ云々」という下りが出てきたりします。
集金の人にも新札を渡す、という場面とかも。渡すことがあらかじめ判っているお金なら、用意しておけという意味合いがこめられている...続きを読む

Aベストアンサー

よれよれのお札では失礼ですが、
お祝いごとではないですから気になるようでしたら
お札の角の部分1箇所を小さく折って戻して
折り目をつけたものを入れたらいかがでしょうか?
ちなみにこのやり方は、母から聞きました。

余談になりますが私はいざというときの為に
常時新札をそれぞれ数枚用意してあります。

Q真宗大谷派の納骨

浄土真宗大谷派なのですが、その納骨について教えていただきたいのです。
墓苑を管理しているお寺の御住職(他宗派)に「この度納骨をしたいのですが」と相談した所「門徒の方はお墓に納骨をせずに全部のお骨を京都に納めるのではないでしょうか」と助言いただきました。
地方性もあり、難しい問題かもしれませんが助言いただけると助かります。よろしく御願致します。(以前に他のカテゴリーで質問をしていました。申し訳ありませんが再度質問させていただきます。)

Aベストアンサー

 浄土真宗本願寺派や真宗大谷派などは,亡くなった方は阿弥陀如来様がおられる西方極楽浄土に往生し,阿弥陀如来様から仏法と説いて貰うという教義です。
 親鸞聖人も「私が死んだら鴨川に流して魚の餌にしてくれ。」と言い残したとおり,遺骸には執着しない教義であり,突き詰めて言えば,「墓などいらぬ」ということになるのです。ですので,墓地を持たない真宗寺院が多くありますし,代々・一族・個人の墓は建てないという原則論を堅持している地域もあります。
 そのような地域ですと,遺骨は親鸞聖人のそば近くに納骨することになっており,真宗大谷派ですと,大谷祖廟(京都市東山区円山町)に納骨するという慣習になっています。
 お墓を建てた方,お墓がある方でも,遺骨の一部(喉仏など)を大谷祖廟に納めるということを門徒のたしなみとしている地域もあります。

Q築地本願寺への法要依頼

郷里に菩提寺はありますが、住まいは東京で、仏壇もこちらにあります。西本願寺の僧侶の方に法要をお願いしたく、ネットで調べましたら自宅に一番近い浄土真宗(西本願寺)のお寺が築地本願寺でした。

こちらの僧侶の方に、自宅に来て頂いて法要はお願いすることは可能でしょうか?また、その際の心づけの大体の目安を教えて下さい。

Aベストアンサー

築地本願寺に電話で聞きました。

菩提寺があってもご自宅での法要は可能です。
日時が決まったら、あらかじめ電話で予約して下さいとの事でした。

お布施ですがお気持ちで結構ですとの事ですが、サイトで調べたり私の実家での法要で「お布施」の相場が5万円で、これはお気持ちしだいですが、そのほかにお膳料、お車代があります。
お膳料、お車代とも5千円から1万円くらいです。

ご参考まで。

Qお布施に受け取り、領収書はもらえないですよね。

お坊さんにお布施をお渡します。

領収書というか受け取りと言うか
確かに○万円受け取りましたとかいう証をもらえないですか?と言うより失礼ですかね。

と言うのは私が先祖の供養一切を任されており。兄弟に対してかかったお金の報告をしています。
葬儀の時にお布施も何十万円もしましたし回忌の時も数万円。春夏の彼岸とお盆に数万円と。
かなりの金額になります。

口で報告より何か証があればなと思いまして。
一応、書類には記入して残してはいますが証拠がありません。

Aベストアンサー

amida3こと坊さんです。
私を含め、近隣の寺院でも通常は領収書というか受納証は言われれば発行いたしております。
受納証を携帯しているときにはその場でお書きするときもありますし、葬儀の場合などでは後日郵送させてもらったりします。
気軽に申し出ても大丈夫なはずです。
ただ、その場で申し出ず古いものを請求するのは帳簿がすぐに出る寺院なら良いですが会計事務所で別の形に整理されていたり等があり確認が困難なこともあるかもしれません。
また、葬儀社経由の手配や霊園経由の手配の場合などで、そのままの金額が寺院に入金しないケースの場合には相談を要するケースも考えられます。

Q大谷本廟への納骨にかかる費用はいくら?

故人の満中陰法要も終わり、年内に納骨をしなくてはならないのですが、

分骨という形で一部(のどの骨?)は大谷本廟へ、

その他の骨は田舎の墓へ納めたいのです。

ところで大谷本廟へ納骨するときに最低限必要な費用はいくらくらいかかるのでしょうか、

また、大谷本廟への「永代供養」にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか、

サイトを色々調べましたが、その費用の金額がよくわかりません。

何方かお詳しい方がおられましたら、是非教えていただきたいのですが。

よろしくお願いいたします。

宗派は浄土真宗東本願寺大谷派でございます。

Aベストアンサー

坊さん@本願寺派です。

ご質問には「大谷本廟」とございますが、「大谷本廟」は、(宗)浄土真宗本願寺派(本山・通称「西本願寺」)の施設で通称「西大谷」という廟所です。
ところが、ご質問の最後に、
>宗派は浄土真宗東本願寺大谷派でございます。
とあります。このような宗派名は浄土真宗の各教団には存在しません。
もし、(宗)真宗大谷派(本山・真宗本廟=元京都東本願寺)でしたら、分骨の廟所は「大谷祖廟」となります。
どちらも検索で出ると存じますが、
費用は、「大谷本廟」の祖壇納骨の場合、納骨のみで2万円~。永代経扱いで5万円~となっています。
寺院区画への分骨は、各寺院ごとに異なりますし専用容器も必要ですから、手次の所属寺にお尋ねください。
いずれにしても所属寺院に納骨(分骨)申込書があります。
直接でも受付は可能ですが、法名、所属寺寺院番号の確認、分骨証明書(分骨埋葬許可証)など必要書類がありますので窓口で確認してください。

Q宗派の違う寺で行う法事について

来月母の一回忌です。法要を考えているのですが、菩提寺がありません。近隣の寺に個人的に相談にいったところ檀家になるのが条件といわれました。私としては、檀家になっても、行事に参加ができないと思うので、法要だけとりおこなってくれるところを探しています。
葬儀や四十九日は葬儀屋さん、石屋さんのつてでご紹介いただいたお坊さんにお願いしました。
一回忌の件について仏具屋さんに相談したところ、近隣のお寺(浄土真宗)のお寺でも頼めるとのことでした。(我が家や日蓮宗です)
宗派が違う寺に頼むことについてなにか考えられる悪い点があればコメントお願いします。そちらのお寺さんは歩いて1分ほどなので、できればそちらでできないかと思っているのですが、日蓮宗の方でないとご先祖様に悪いような気もします。そして、宗派が違うお坊さんも日蓮宗の法要は行えるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

なるほど、無責任なお坊さんが葬儀をしたものですね。葬儀を受けた以上、このような困りごとが生じないようにするのは僧侶として最低の義務です。

本題に入ります。

ほとんどの寺院は“檀家制”で運営されており、家の宗派は菩提寺の宗派によります。しかしこれは百年以上も前に廃止されたわずか二百年ほど続いた檀家制度(寺請け制度)の名残に過ぎません。
この檀家制は葬儀、法事法要、各種行事参加等、一連の寺檀づきあいを通して檀家を“教化(きょうけ)”することが目的です。一連の寺檀づきあいをすることが檀家教化の手段ですから法要だけ執り行ってもらおうとするのは違います(すべてのお付き合いが出来るとも限りませんが)。

檀家ではない一般の方々を自身を持って教化するお坊さんもいますが、檀家以外の法事を受けるお坊さんのほとんどは無責任にも何も考えていません。
ですから檀家以外の“(檀家としてではない)葬儀や法要だけをとりおこなう”お寺さんは信頼できないことが多々あります。葬儀と四十九日忌のお坊さんがいい例です。法事だけでも受けた以上、今後のこと(今後どうするか等)も責任を持つべきです。

また、一般の寺院は檀家以外との仏事のかかわりを嫌います。檀家には寺の方針を強制することが出来ますが、檀家でなければそれは出来ません。
お寺さんは閉鎖的なんです。

さて、貴家には菩提寺が無く、察するところ日蓮宗の教義を特に信奉しているわけでもなさそうなので、厳密には“本家(祖父母まで?)は日蓮宗だったので、母親も日蓮宗で葬儀等行った”という表現が適切です。
そこで貴家の場合はやはり菩提寺を定めるべきです。日蓮宗の教義を特に信奉しているわけではなく、分家なので、日蓮宗である必要もなく、先祖に失礼になることもありません(もちろん日蓮宗寺院でもかまいません)。

ところで、行事に参加できなくても檀家を教化する手段はたくさんあるはずです。行事等には参加すべきですが仕事が忙しくて参加できない人もいます。
ちなみに行事に参加できない者を檀家と認めなかったり、檀家以外とは一切かかわらないお坊さんは僧侶として失格です。

“檀家になるのが条件”と言われた近所の寺は行事に参加しなくては入檀を認めないといいましたか?
行事に参加できないことだけが檀家になれない理由ですか?
その寺が浄土真宗なんですか?
行事に参加しなくていいのなら浄土真宗寺院の檀家になってもかまわないのですか?

>宗派が違うお坊さんも日蓮宗の法要は行えるものなのでしょうか。

これは浄土真宗のお坊さんに日蓮宗徒の法要をしてもらえるか?ということかと思われます。
“日蓮宗の菩提寺の檀家だけれども菩提寺が遠くて近くに日蓮宗寺院もなく、浄土真宗寺院しかない”という場合なら、受けてくれる浄土真宗のお寺さんもあるかもしれません。
しかし歩いて1分ほどだからとか、「菩提寺は無いけれど絶対に日蓮宗である」との考えならば浄土真宗に限らず他宗で供養することは理に適わないと思われます(天台宗は除く)。

それに、単純に浄土真宗は“南無阿弥陀仏”、日蓮宗は“南無妙法蓮華経”ですから、浄土真宗のお寺が日蓮宗徒の法事をするかどうか・・・
※法華経の精神ではおかしくありませんが。

一周忌は、また石屋に紹介してもらうしかないかもしれません。

もっとも、お坊さんでなければ供養できないということはありませんし、回忌法要だけが供養の方法というわけでもありません。




今後変わっていくと思いますが、以上が現在の仏教界のやりかたです。

いい供養ができますように・・・

合 掌

なるほど、無責任なお坊さんが葬儀をしたものですね。葬儀を受けた以上、このような困りごとが生じないようにするのは僧侶として最低の義務です。

本題に入ります。

ほとんどの寺院は“檀家制”で運営されており、家の宗派は菩提寺の宗派によります。しかしこれは百年以上も前に廃止されたわずか二百年ほど続いた檀家制度(寺請け制度)の名残に過ぎません。
この檀家制は葬儀、法事法要、各種行事参加等、一連の寺檀づきあいを通して檀家を“教化(きょうけ)”することが目的です。一連の寺檀づきあいをすること...続きを読む


人気Q&Aランキング