今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

録画機器と映像機器を繋ぐ際に使う場合、

ピン端子ケーブルとS端子ケーブルのケースで

画質の差はいかほどなのでしょうか?かなり違いますでしょうか?

アドバイスお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

理屈の上では、輝度信号と色信号の2つに分けて伝送するS端子映像ケーブルの方が、いいことになりますが、実際はケースバイケースです。


映像機器の出力回路、録画機器の入力回路がしっかりとしていれば、さほどの差が出ないことが珍しくありません。録画機器の入力回路がしっかりと設計されていれば、ピンケーブルの方がいい場合すらあります。

ただし、録画機器が最近のデジタルレコーダーなら、アナログの入力回路は手抜きされている場合が多いので、S端子接続の方がいい結果となる可能性が高いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/05 20:32

ブラウン管TVにDVDプレーヤーを接続していたころに、その差を経験しました。



コンポジット(黄ピン端子)を使ったいた時は、映画のエンドロールの文字(黒バックに白文字)が滲んで色が着きました。
しかし、試しにS端子に変えてみたら、色の滲みが消え、スッキリした(白だけの)文字になりました。

本編を見ている限りでは、その差がハッキリ分かるようなシーンは少ないかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/05 20:31

・コンポジット映像ケーブル(ピンケーブル)・・輝度信号(Y)と色差信号(C)を混合して送信→信号が劣化する


・S端子映像ケーブル・・輝度信号(Y)と色差信号(C)を別々に送信→ノイズ干渉を押さえることが可能
・結果として、画質は S端子>コンポジット端子 になりますが、実際の所は映像機器(TV等)の性能にも影響されます(違いが顕著にわかるか、わからないか)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/05 20:32

http://www.goodtheater.jp/knowledgevcable.htm

上記に書いてありますが、コンポジット映像ケーブル輝度信号(Y)と色差信号(C)をひとつにまとめて出力する画質はそれなりです。S端子映像ケーブルは、輝度信号と色信号の2つに分けて伝送する為、ノイズ干渉を抑えることが可能です。その為、高画質伝送が可能となり、コンポジット映像ケーブルと比べると画質は格段に良くなります。見て分かりますが、コンポジット(黄色)ケーブルとSケーブルでは画質がかなりS映像の方が綺麗です。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00069KVBS/re …

こちらは、純正ではありませんが差が分かるレビューが載っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/05 20:32

理論的にはS端子 > コンポジット端子(ピン端子)ですが、実際には気休め程度です。


但し、S端子の方が悪くなることはないので、どちらも選択可能ならS端子をお勧めします。
別途、音声ケーブルの接続をお忘れ無く・・・

ちなみに、どちらもアナログ伝送です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/05 20:32

ピン端子はアナログで伝送されますから劣化が起きます。

したがってS端子よりかなり画質が落ちる筈ですよ。ただS端子は音声がダメですよね。新しいものだとHDM1端子というのがついていますから、これだと音声も一緒に伝送できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/05 20:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QS端子ケーブルと一般のAVケーブル(赤白黄色のもの)の画質の違いは?

みなさん、こんにちは。

テレビとビデオなどを接続する際に、S端子ケーブルを使った場合と、一般のAVケーブル(RCAケーブルと言うのでしょうか?)を使った場合では、画質に違いがある(S端子のほうがいい)と聞いたのですが、その違いはどの程度のものでしょうか?
ぱっと見て、画質の違いがわかるのでしょうか?

よろしければ、ご回答お願いします!

Aベストアンサー

ケースバイケースなので、
実際に接続してみないと判らないというのが現実だと思います、
理論的にはS端子の方がいいのですが、
ソースとなる映像の記録状態でも違ってきますし、
映像によってはハッキリ映り過ぎる事でアラが見えてしまう事も充分に考えられますから、

それにS端子の方が心線が細くて長距離伝送には向いてなく(業務用機器では心線が細いし、ピンの折れやすいS端子は使ってません)、
受け手のTVなんかのくし型フィルタの性能が良ければ、
コンポジットの方が良くなる可能性は否定できないと思います、

また静止画にして比較すれば微細な差は比較できますが、
動いてる画面の認識では人間の目はそれほどの解像度を持っていませんので、
ほとんど差がないと感じてしまう場合もままありますね。

Q3色ケーブル、S端子、D端子の画質の違いについて

テレビの画質について質問です。

ただの3色ケーブルを接続しただけの状態と、S端子、D端子を接続した状態では、画質はどれくらい違うのでしょうか?
(もちろん、プラズマやブラウン管などテレビの種類によっても異なるでしょうが・・)

ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

3色のケーブルですが赤白黄のもののことでしたら「コンポジットケーブル」と言います。
映像は一般的につなげばコンポジットケーブルの中の黄色の「ビデオコード」と言うもので送られています。
赤青緑のケーブルでしたら「コンポーネントケーブル」と言います。
画質の差ですがケーブルが送れる画質もありますが劣化も考慮しましょう。
以下にそれぞれのケーブルについて画質の違いを説明します。

・コンポジット(ビデオコード、RCA端子)
輝度信号と色差信号を合成して送り、受信側でこれを分離して表示するため、分離の過程で信号が変化し、画質が劣化しやすい。
画質はSD画質と呼ばれる横縦の比が4:3の720x480の解像度の信号を送ることができます。

・Sビデオ(S端子)
ビデオコードでは受信側が分離していたがSビデオでは送信側が分離して送るため画質の劣化が少ない。
画質はSD。

・コンポーネント
輝度信号と色差信号をそれぞれのケーブルで別々に送る。
別々に送るため、まとめたらい分離の作業が必要なく分離からの劣化がない。
HD画質16:9解像度1920x1080の映像を送ることができる。

・D端子
1~5の規格があります。ここでは最大のD5について説明。
コンポーネントを1本にまとめた感じ。
誤解されやすいがD端子もアナログなので同様に劣化は起こる。
HD画質。


まとめると画質の差は、

 ビデオ<Sビデオ<<コンポーネント=D端子

となります。
ビデオ、SビデオはSD画質でコンポーネントとD端子はHD画質を送ることができます。
その差は解像度で言えばSDよりHDの方が約4倍細かいということになります。

地上デジタル放送はHD画質ですが毛穴や細かいしわが見えるほど細かいです。
自分には芸能人が別人のように見えるようになりました。

3色のケーブルですが赤白黄のもののことでしたら「コンポジットケーブル」と言います。
映像は一般的につなげばコンポジットケーブルの中の黄色の「ビデオコード」と言うもので送られています。
赤青緑のケーブルでしたら「コンポーネントケーブル」と言います。
画質の差ですがケーブルが送れる画質もありますが劣化も考慮しましょう。
以下にそれぞれのケーブルについて画質の違いを説明します。

・コンポジット(ビデオコード、RCA端子)
輝度信号と色差信号を合成して送り、受信側でこれを分離して表...続きを読む


人気Q&Aランキング