バーベキューの火のおこし方を教えてください!
毎回、悪戦苦闘しています。着火材で焼いてる感じなのです。
こないだなんて、備長炭を購入したのにも関らず、ぜんぜん火が起こせません・・・。おいしい炭火のお肉が食べたい!!!!
どなたか簡単でやさしい火のおこし方を教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (25件中1~10件)

段ボールを使用します。


火をつけるときは段ボールを壊してはがします。
はがした薄い部分にライターで火をつけます。
火がついた部分を下にし、段ボールに火がつくようにします。
後は段ボールから炭に火が移動するようにしましょう。
新聞や紙では燃える時間が短いのですが、段ボールの延焼時間は長いので炭に火を移すことは出来ます。
ぜひ、試してください。
    • good
    • 2

火興し本当に大変ですよねー


私も気になって探していたのですが、キャプテンスタッグの火起し器はどうでしょうか?
ビールを飲んでいる間に火起こしが完了するのは本当に良いです
送料込み1000円ちょっとでコンパクトに折り畳める為、買って正解でした


以下そのまま引用
「先日初めて使用しました。
一番下に着火材、中身の下は新聞紙、その上に炭を山積んで放置・・。
時間がかかると思い、ビールを飲んでいたのですが気が付くと火柱が上がるほど
燃えていました。すごい着火力です。今まで団扇で仰いでいたのが何だったのかと。
コンパクトにたためるし、高い物を買わなくてもコレで十分ではないでしょうか? 」
http://www.amazon.co.jp/gp/search?index=blended& …
    • good
    • 1

新聞紙にサラダオイルを染みこませるといい着火剤になりますよ。

    • good
    • 4

私は松ボックリと、薪を数本使います。



まず、薪を鉈で、縦に細く(1~2cm程)切ります。
それを半分、または1/3に折ります。
そんなのを何セットか作り、BBQコンロ上に櫓を組みます。

出来た櫓の中に、ティッシュ数枚、丸めて入れます。
また、松ボックリも5個程入れます。
そのままでは使えないような、炭片もいくつか入れます。

細長い炭を出来るだけ多くチョイスし、櫓を囲むように立てかけます。
この時、風が通るように、適当な隙間を設けます。

風上から櫓内のティッシュに、着火マンで着火。
細長い炭に着火したら、太い炭を櫓を囲むように配置します。

後は放っておいて大丈夫!(なはず・・・)
    • good
    • 1

ユニフレームの「チャコスタ」がベストですね。


「チャコスタ」に炭を入れて、火をつけた着火剤の上に乗せて、普通の炭なら20分程度、備長炭でも30分程度で使用可になります。
その間は食材の準備など。。。のんびりできます。

5年前から使ってますが、これを使ったら、他の方法なんて、ば○ば○しくて、やってらんないですね。

以外に知っている人が少ないのにはびっくりしました。

参考URL:http://www.uniflame.co.jp/products/FireSeries/pr …
    • good
    • 1

皆さん、炭熾しに苦労しているようですね。



ん~備長炭はいい炭ですが、バーベキューに向いていませんね。
長時間火は持ちますが、そのかわりに一番火が付きにくいい炭です。

安い炭もありますが、煙がすごい出たり、すぐに燃え尽きてしまったり、結局、量を使うと言うことになってしまいます。

バーベキューでおすす炭として、岩手切炭がありますよ。火付きがよく、火力もあり、備長炭には劣りますが、火持ちもいいです。
それに、環境にもやさしい炭なのですよ!知ってました?

あと、コツとして一点、火をつける前に、炭を干しておくと結構付きやすくなるんですよ。おためしあれ・・・
    • good
    • 1

バーナーが一番てっとり早いですね。




あと・・・
カセットコンロに炭をのせて、炭に火を付けてた人が、爆発事故をおこす事がときどきあります。

炭は思った以上に熱くなります。
コンロ等の燃料に引火すると、爆発する可能性がありますので、ご注意ください。
    • good
    • 1

 私は松ぼっくりが一番のお気に入りです。

スーパーの買い物袋とかに、松ぼっくりを集めて、雨に濡れないところで乾燥させておく。それだけで天然着火剤の完成です。晴れている日であれば、そのままで使えます。
 使い方はまずバーベキューコンロ等に松ぼっくりをどさーーっと入れて敷き詰めます。松ぼっくりに直接、火をつけます。(油分があるので、結構勢い良く燃えます。)その後、全体に火が回って、松ぼっくりが炭化(徐々に白っぽくなる)し始めたら、その上に炭を乗せてください。(多めに乗せても大丈夫です。)あとは、放っておけば、炭に火がつきます。
と、まぁこれだけなんですが、私の場合、炭に火がつくまで他の作業(食材の下ごしらえ、ビールを飲む)があるんで、なるべく手間のかからないのが気に入ってます。少々煙りが出るのが難点ですが・・・。ま、アウトドアでは多少の煙りなんか気にしないですから。
 たまに松林を散歩しながら松ぼっくりを拾うのも楽しいですよ。ぜひ、おためしください。
    • good
    • 1

消し炭の利用。


バーベキューの後はどうされていますか?炭が全て燃え尽きてしまうまで待っていますか?燃えている炭を地中に埋めるとか、火消し壷を使って(大きなお菓子の缶やノリの缶に入れて空気を遮断する)消し炭を作ってみて下さい。
消し炭は火の付きがよいので次回の火起こしの時に使えます。
    • good
    • 1

回答がたくさん寄せられているので、野外でのコツのみお知らせします。


○いぢらない
特に子供がいると、火がつくといぢりたくなるものです。炭に火が着き始めのうちは、動かさずに、炭の温度が上がるのをぢっと待ちましょう。
○煽ぐ前に、吹く
火は空気の通り道のよいところで着きます。上記と関連しますが、火が起きたらその一点に、鋭く・強く息を吹きかけます。 元々あった空気の通り道を見つけて、それを壊さぬように、です。
○落ち着いたら、うちわでファイヤー!
火が安定したら、うちわです。 水平に、低く、下から上に空気を送ります。
○着火材って、ゴミ?
新聞紙、牛乳・ジュースの紙パックは、火の付きがよいです。 あとローソクの燃え残りは、振り掛けるとよく燃えます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q備長炭に火をつけるのに苦労した

備長炭の火のつけ方で上手い方法ないでしょうか?

以前トライしたときは着火剤を数枚使い備長炭をあぶり続けましたが
少ししか燃えず。

自宅だったのでコンロで直接備長炭を10分~20分あぶるという
大技までやって、つきが甘いものの10分程度うちわで扇いで
たら火がつきました。扇風機でもよいですか?

炭の量も最初3個でやって、8個くらいに増やしました。
寒い冬、風は強めなのでつきにくかったか、備長炭が悪い
のかなと思いましたが、備長炭は買ったばかりのものです。
3kg300円と安かったです。

もし外だったら、ガスバーナーがないときついと思いました。
本当に着火剤とうちわ攻撃だけでバチバチ燃えるのでしょうか?

備長炭と1時間くらいは格闘しました。
プロだったら10分くらいでバチバチ燃やしちゃうんでしょうね。
そんなコツあったら教えてください。

あと、ちなみに使い終わった炭は炭壺を買って、捨てたほうが
よいのでしょうか?消すとき煙と音で近所迷惑にならないか心配
したのと再利用法があれば教えてください。

備長炭の火のつけ方で上手い方法ないでしょうか?

以前トライしたときは着火剤を数枚使い備長炭をあぶり続けましたが
少ししか燃えず。

自宅だったのでコンロで直接備長炭を10分~20分あぶるという
大技までやって、つきが甘いものの10分程度うちわで扇いで
たら火がつきました。扇風機でもよいですか?

炭の量も最初3個でやって、8個くらいに増やしました。
寒い冬、風は強めなのでつきにくかったか、備長炭が悪い
のかなと思いましたが、備長炭は買ったばかりのものです。
3kg300円と安...続きを読む

Aベストアンサー

No3です。文中の七里⇒七厘(七輪)の間違いです。
熾こした炭ですが、金属か陶器で蓋が密閉出来る容器に入れれば煙や音を出さずに静かに消えます。
また、木炭の灰は草木灰(ソウモッカイ)として、植物の肥料になります。
このように、木炭は灰になっても役立つ貴重な燃料です。
お互いに、地球資源を大切に使いたいですね。

Q古代の火起こしをしましたが、着火しません。

子供の夏休み研究で古代の火起こしの道具を作って実験しましたが火が着きません。心棒は杉 下の火付け板も杉です。やわらかい素材同士は難しいのでしょうか。

ちなみに、心棒の上部に紐をつけて地面に平行にある板を上下に動かして、中の心棒を右回転・左回転と動かす構造です。
一応、板は磨り減り、摩擦で熱くはなりますが、黄色い粉は出ません。
黄色い粉が出て、それが火口にたまり加熱されて火が出るときいているのですが・・・。

Aベストアンサー

檜は火の木とも言いますので、間違い無いですね。
硬さの違う木を使いますと早く火が着きます。杉板とヒノキの棒がお勧め。
それとスピードが、大切ですね!
ヨモギ、ご存知ですか?ご存知でしたら葉の下の方が枯れていますので手のひらに集めて両手で擦り合わせる様に揉みますと繊維だけ残りますので(モグサの状態)火種にしますと消えませんので枯草の上に乗せて息を吹き付けますと、直ぐ火が起きます。(ヨモギの臭いが手に残りますが)
地域子供会が毎年夏休みに近くのキャンプ場でBBQやりますが、お手伝いで参加します。火起こしの儀式に良く乾いた杉板とヒノキの棒で縄文時代の気分を味わいますが、お子さんより、お父さんが熱中しますよ。
一通り火が着きましたら、火起こし競争しますと、大盛況に成ります。

QZippo(ジッポ)の冬場の着火

はじめまして。
ジッポライターの新品(インディアンフラッグ、
というデザインがあります)を、2月に頂いてから
使い出してる者です。

寒い日に着火が悪いとは聞いてましたが、ほんとに
点きが悪く、たとえば、寒いなかをバイクで30分
走ったぐらいで火が点きません。

今度は同じ事を自分の懐(暖かいところ)に入れて
やってみたら、すぐに点きます。

純正品でないオイルを使ってるからだ、ということが
あり得るんでしょうか????
もし、そうなら、冬場に関係なく暖かいときでも
同じハズだと思うのですが。。。

Aベストアンサー

芯に火花が飛んで燃料油の引火点まで温度が上がれば引火して炎になります。
寒いと、火花が飛んでも冷えた燃料で引火点まで温度が上がらず着火しないんでしょうね。
胸ポケットに入れて、ライターが前、たばこが後ろでしばらくすると着火しませんが、たばこを前にしてやると胸の体温も移って着火しやすくなります。

ふたを少しだけ開けて手で覆うように着火しても火が点きやすいです。

燃料油は純正、非純正はあまり関係がないと思います。
においの問題で純正使いますが。
(ダイソー製はくっさかったー)

Q着火しやすいバーベキュー用の炭

少し前にテレビで見たのですが、着火剤を使用しなくてもすぐに火がつくようにあらかじめ着火剤を混合して成形してある炭の名前が分かったら教えて欲しいのですが。形は空気が通りやすいように真ん中に穴が空いている円筒状の物でした。
見た感じでは、外径5~6cm、長さ6~7cmくらいの大きさです。

Aベストアンサー

北海道のローカル番組ですよね。

確か[簡炭]という商品名です。

検索しても見つかりませんでした。

売っているのを見たこともありませんので私も情報が欲しいです。

Q川遊び&バーベキュー

大阪から2、3時間で行けて浅瀬の川で川の目の前でバーベキューが出来る所あれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。

上流側も下流側もどちらも川沿い辺りに車を止めるという感じです。早い時間に行くと、良い場所に止める事が出来ます。

下流側の場合、川遊び出来る所までちょっとした坂を上らなければなりませんが、苦になる程の事はないと思いますよ。歩いても10分位でしょうか。

摂津峡の辺りまで行ってもいいと思われているのなら、摂津峡に拘らなくても、もう少し上流に行けば川遊びできる所は沢山ありますよ。
例えば摂津峡の川は芥川というのですが、芥川と平行して走る6号線を摂津峡から2キロ北に向かえば、バスのロータリーがあり、そこから先に右コーナーがあり、次に左コーナーがある辺り対向側に車が止められるスペースがあり、そこに車を止めると川まで1分以内ですし、それから先にいくつかある橋の前後はたいが川に下りられるので、その辺りでも川遊びとかは出来ます。又摂津峡から4キロ程走るとちょっときつい左コーナーがありその先に橋があり、この辺りを出炭という言うのですが、橋を渡ってすぐ右に曲がった辺り一帯でも川沿いでバーベキューが出来ます。(この辺りは最近行っていないので今でも出来るかは自信がありませんが)

私は年に3回程バーベキューやキャンプに行きますが、他の場所としては奈良県の吉野川辺りなら何処でも川遊びできるという感じですし、TT250SPさんの言われる笠置辺りもお薦めですね。私は笠置はカヌーでもお世話になりましたが。

#2です。

上流側も下流側もどちらも川沿い辺りに車を止めるという感じです。早い時間に行くと、良い場所に止める事が出来ます。

下流側の場合、川遊び出来る所までちょっとした坂を上らなければなりませんが、苦になる程の事はないと思いますよ。歩いても10分位でしょうか。

摂津峡の辺りまで行ってもいいと思われているのなら、摂津峡に拘らなくても、もう少し上流に行けば川遊びできる所は沢山ありますよ。
例えば摂津峡の川は芥川というのですが、芥川と平行して走る6号線を摂津峡から2キロ北...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報