To the solution is added dropwise a solution of 280 gm (1.9 moles) of 3,4-dimethylacetophenone in 150 ml of isopropanol at such a rate that the solution gently refluxes.

溶液に、イソプロパノールをゆっくりと還流するような速度で、150ml中の3,4-dimethylacetophenone(ジメチルラセトフェノール)
自分で訳していて良く分からなくなってしまいました。
また、化学実験書の
To the solution is added
って普通の訳みたいに、
溶液に加えられた。
と、このように受身形にして訳すほうが良いのでしょうか?
以上、2点よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

合成実験の記述で、 "To AAA is added BBB" は「決まり文句」のような表現で、「AAAに BBBを加える」という操作を示します。

BBBとis addedが倒置されていて、初歩の英語教科書なら "BBB is added to AAA" に相当するでしょう。 英文法に関しては自信なしですが、このような語順には、文頭近くで操作の流れを明確にする意義があると思います。例えば多くの原料を加えるとき、 "BBB, CCC, and DDD are added to AAA" では 「○○に××を加える」とい文の構造(=操作の流れ)が文末まで見えてきませんが、先の語順ならが最初からハッキリしています。

また、合成実験の操作は、受動態で記述される場合がほとんどですが、和訳では受動態を意識しない方が自然な和文になります。ご質問のケースは、「その溶液に、150 mLのイソプロパノール中の(150 mLのイソプロパノールに溶解した)280グラムのジメチルアセトフェノンを、溶液がゆっくり還流するような速さで滴下する」という操作です。"at sach a rete that ..." からは、滴下が速すぎると反応熱で溶媒の沸騰が激しくなる、遅すぎると適当な反応温度が維持できない、、、ということが示唆されます。

蛇足ですが、Organic Synthesis誌のように「レシピ」として書く場合は現在型が用いられますが、「実験結果」として書くときは過去形を用います。
    • good
    • 0

No.2の方に補足です。


英文法上の話になりますが、ベレ出版「快読英文法」には「やたらと長い主部は後に置かれ、先に述部が出てきます」と説明があります。

In the village lived an old man who had been sick in bed for many years. (何年もの間病気で寝ていた老人が、その村に住んでいた)

という例が載っています。
文法的にも問題なく、No.2の方の御回答通り、意図的な配慮も含まれているのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>みなさま
回答いただき本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/10/11 08:50

・3,4-dimethylacetophenoneは1.9モル


・150mlのイソプルパノール
では・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwhen i will see you again

when i see you again
when i will see you again

二つの意味の違いを説明願います

https://www.youtube.com/watch?v=T6fVDAjs9f0

Aベストアンサー

歌を聴きましたが、歌詞は
When will I see you again?
です。この場合、whenは疑問詞です。

従って、この場合、動画のキャプションが間違っていますね。

when I see you againはもちろん、副詞節として、条件を意味するときに使います。つまり、文の一部ということになります。しかし、このビデオでは、疑問詞を使って1つの文として成立しており、文の一部ではありません。
when I will see you againというのは普通使いません。強いて言えば、自分がどうしてもあなたにもう一度会うつもりならーーという意味になるかなと思いますが、この文を使う状況が浮かびません。

以上、ご参考になればと思います。

Q化学 38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?ま

化学

38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?また、水は何mL必要か?

解き方教えてください

Aベストアンサー

計算不能です。
いわゆるパーセント濃度は質量パーセント濃度。水溶液の質量に対する溶質の質量の割合を示しています。
溶液の密度が与えられなければ体積を質量に変換できません。

Q『when available』の意味について

『when available』の意味について

『 I will apply for member's card when available. 』

上記の文章で、『when available』をどう訳したらいいのかわかりません。

前後の文章から、できるだけ早いうちに、メンバーズカードの申し込みをするという意味だと思っています。


『when available』は“申請できる時(利用できる時)”と訳せばいいのでしょうか?

分かる方がいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

when available は、例えば在庫品が切れている場合 I will send it when available 「商品が入り次第発送します」といった時に使うようです。

 ですから何かの都合で書き込み用の空白のカードが切れている時、「それが入り次第メンバーズカードの申し込みをする」という意味になりそうなのですが、

 when available 「そのものが手に入る時」という意味ですから、今はその物が available ではない、場合に使う訳です。

 おっしゃるとおり「申請できる時」という解釈がいいように思います。

Q化学 0.25mol/Lの硫酸溶液200mlに水を加えて全量を500mlにした時、規定濃度はいくらか

化学

0.25mol/Lの硫酸溶液200mlに水を加えて全量を500mlにした時、規定濃度はいくらか?

解き方教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。

0.25 mol/Lの硫酸溶液200 mLの中に含まれる溶質の硫酸の物質量は、
0.25 mol/L×(200/1000) L = 0.05 mol
です。
これが溶液となって、体積が500 mLとなるので、そのモル濃度は
0.05 mol / (500/1000) L = 0.1 mol/L
となります。

硫酸は2価の酸なので、規定度の数値はモル濃度の2倍になります。
したがって、
0.2規定(0.2 N)
となります。

QWhen I cry, I am sad.

子供の学校のテキストの問題です


Write the two sentences as one using when or before.
1.I cry. I am sad.
When _________, __________.


When I cry, I am sad. と回答したところ、When I am sad, I cry. と訂正されました。
どうしてWhen I cry, I am sad. は間違いなのでしょうか?

ネットで検索したところ、"When I cry, I am sad."は3件しかヒットしないのに対し、"When I am sad, I cry."は22600件もヒットしたので、確かに間違っているようです。。。。

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

接続詞whenの定義に関する理解を求めていますね。

whenには『~する時』という意味と、
『~する場合は、~なので』
と行為の原因を示す意味とがあります。

When you come home tonight, you must take the shortest way.
『今夜家へ帰る場合には、一番近道しなきゃダメだよ』

つまり、泣いているから悲しいのではなく、
悲しいから泣くという因果律から考えると、

When I am sad, I cry.
が論理的に整合しているということになりますね。

Q1番の問題です。答えはア 解答では加えた希硫酸10mLを無視して溶液が10mLのまま計算していたの

1番の問題です。答えはア

解答では加えた希硫酸10mLを無視して溶液が10mLのまま計算していたのですが、なぜ無視しているのでしょうか?問題には希硫酸の体積は無視できるとは書いてありませんでした。

Aベストアンサー

希硫酸の体積を考慮するのは勝手ですけど、面倒なだけです。
結局、そこで調べているのはシュウ酸の物質量であり、濃度ではありません。硫酸の体積を考えても考えなくてもシュウ酸の物質量は同じです。

つまり、そこで、10.0 mLをつかって計算しているのは単にシュウ酸の物質量を計算するだけのためであり、それ以降に濃度が変わっても、溶液に含まれるシュウ酸の物質量は不変なので無視できます。

QI don’t know when he will come.の考え方について、

I don’t know when he will come.
when 以下が名詞節の場合はcomes でなくてwill comeとなる。と参考書にのっているのですが、名詞節の意味と、なぜ、comesでは、だめなのかを教えてください。

Aベストアンサー

ANo.#1~ANo.#4(特に2と4)の方の回答で,ほぼ尽くされていると思います(それぞれに明解なご説明ですね)。
日本語に訳してしまうと,「彼がいつ来るのかわからない」「彼が来るときを知らない」で,「来る」の時制は見かけ上は現在時制と同じですが,意味の上で考えれば,彼が「来る」のは明らかに未来のことですから,当然,未来時制にする(will などを使う)必要があるわけです。

では,それだけのことなのに,なぜわざわざ「名詞節」なんて言葉が使われているのか?といえば,それは,ややこしいことに,未来の内容をいう文であるにもかかわらず,現在時制が使われる場合が,例外的にあるからなのです。
これが,ANo.#4で言われている,「副詞節の中では,現在形が未来形の代用となる」ということです。
ただし,厳密に言えば,「副詞節」なら必ず現在時制というわけではなく,「時や条件を表す副詞節」というのがその条件です。面倒ですが,おぼえておくとよいでしょう。
具体的には,when の副詞節のほか,If he comes(もし彼が来れば),As soon as he comes(彼が来たらすぐに)のようなif節や as soon as節が,このパターンのよく見かける例です。
(副詞節でも,接続詞がこれらの「時や条件を表すもの」以外の場合は,たとえば You had better give up and go home now, as she will never change her mind. のように,普通に未来時制が使われます)

ご質問の例文は,whenは使われていますが名詞節なので,この「例外パターン」には当てはまらず,原則どおり未来時制を使っていいよ,というのが,参考書にあった説明の趣意でしょう。

なお,ANo.#2で「近い未来を表す」と考えれば comes も可,とおっしゃっているように,実はほかにも「例外パターン」があって,それが「予定として決まっている近い未来についての文の,主に往来・発着を表す動詞」なのです。この条件にあてはまる動詞は,しばしば現在時制(または現在進行形)で書かれます。
説明は長ったらしいですが,要するに「明日出発する」「2時間後に来る」なんて場合は,いちいち未来時制にせずに,感覚的に現在時制ですます,ということです。
その感覚でいけば,確かにこの文も,文脈によっては comes でも通るはずで,参考書の説明は,やや不親切かもしれません(前後の文があるなら話は違ってくるかもしれませんが)。

もうひとつ,これは蛇足を承知で。
同じく前後の文脈抜きでこの文だけを見れば,I don't know の現在時制は,「今現在」ではなく「ふだん」を表すものととることも可能です。
つまり,もしもこの文が表しているのが「(彼はときどきこっちに来ているようだが,)いつ来ているのかは,私には(いつも)わからない」というようなことだったら,これはむしろ comes にしなければいけないところかもしれません。まあ,さすがにこの解釈は,我ながらちょっとうがちすぎでしょうか。

ANo.#1~ANo.#4(特に2と4)の方の回答で,ほぼ尽くされていると思います(それぞれに明解なご説明ですね)。
日本語に訳してしまうと,「彼がいつ来るのかわからない」「彼が来るときを知らない」で,「来る」の時制は見かけ上は現在時制と同じですが,意味の上で考えれば,彼が「来る」のは明らかに未来のことですから,当然,未来時制にする(will などを使う)必要があるわけです。

では,それだけのことなのに,なぜわざわざ「名詞節」なんて言葉が使われているのか?といえば,それは,ややこしいこ...続きを読む

Q3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

こどもからきかれたことなのですが、わかりませんでした。

3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

という問題です。
ご教授ねがいたいのですが…

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムはNaOHと一価の塩基で、
硫酸はH2SO4と二価の酸なので、
求める硫酸の量を@とおくと、
酸及び塩基に含まれる水素イオンと水酸化イオンの量は等しいので、
1×3.0×40÷1000=2×1.2×@÷1000

が成り立ちます。
両辺の最初の項の整数は価数を表します。
÷1000、これは単位[ml]を[l]になおすものです。

一応は高校生なんですが、最近習ったやり方によるとこんな感じです。

Q“Am I not too ugly to love?” とはどういう意味?

下記サイトに英語版の「美女と野獣」があります。
http://www.storynory.com/2016/11/25/beauty-beast-shorter-version/

この後半で以下の会話がありますが、どういう意味か教えてください。

“Am I not too ugly to love?” he asked.
“Not when you are sweet and kind,” she whispered.


“Am I not too ugly to love?”って「私が醜くないから(美しいから)愛してないの?」という意味に読めるんですが、なんだか意味が分かりません。
“Not when you are sweet and kind,” も何が Not なのかさっぱりです。

Aベストアンサー

Amn't I too ugly to love you?
が標準的な語順ですが、この Amn't I というのは滅多に使用されず、
やや下卑た Ain't I なる傾向があります。
Am I not は所謂倒置ですが、口語でも比較的使用頻度の高い表現です。
「(僕は)君が愛するには醜過ぎやしないかな?」
(No, you are) not when you are sweet and kind.
「そんなことはないわ、だってあなたは素敵で優しいんだもの」
この when は since 同様、理由を示す接続詞です。

Qmg/mlの溶液を作成したい

mg/mlの溶液を作成したい

1mg/mlの混合液を作る場合,1mlの溶液に1mgの溶質を混ぜます.
これを0.25mg/mlに薄めたい場合,1mg/mlの混合液から250μLとりだし純水を750μL加えれば所望の薄めた混合液にできるでしょうか?
もし間違っていたらアドバイスをよろしくお願いします.

Aベストアンサー

>1mg/mlの混合液を作る場合,1mlの溶液に1mgの溶質を混ぜます.

 「1mlの溶液に」は「1mlの溶媒に」のことと考えますが、そうとすれば、これは誤りです。溶媒が1mL あるところへ 1mg の溶質を溶かすと、一般に溶液の体積は 1mL ではなくなります。

 1mL より少ない溶媒に 1mg の溶質を溶かし、そのあと溶媒を継ぎ足して正確に 1mL になるようにします。(実際は 1mL などという扱いにくい量では行なわず、100mL とか 1L とかで行ないます。)

 質問の本題は後半かと思われますが、

「1mg/mlの混合液から250μLとりだし純水を750μL加え」で、基本的にはOKです。ただし、実際にこれを行なうにはやはり 250μL とかでは誤差が大きくなりすぎるので、25mL とか 250mL とかで行なう方が正確でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報