To the solution is added dropwise a solution of 280 gm (1.9 moles) of 3,4-dimethylacetophenone in 150 ml of isopropanol at such a rate that the solution gently refluxes.

溶液に、イソプロパノールをゆっくりと還流するような速度で、150ml中の3,4-dimethylacetophenone(ジメチルラセトフェノール)
自分で訳していて良く分からなくなってしまいました。
また、化学実験書の
To the solution is added
って普通の訳みたいに、
溶液に加えられた。
と、このように受身形にして訳すほうが良いのでしょうか?
以上、2点よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

合成実験の記述で、 "To AAA is added BBB" は「決まり文句」のような表現で、「AAAに BBBを加える」という操作を示します。

BBBとis addedが倒置されていて、初歩の英語教科書なら "BBB is added to AAA" に相当するでしょう。 英文法に関しては自信なしですが、このような語順には、文頭近くで操作の流れを明確にする意義があると思います。例えば多くの原料を加えるとき、 "BBB, CCC, and DDD are added to AAA" では 「○○に××を加える」とい文の構造(=操作の流れ)が文末まで見えてきませんが、先の語順ならが最初からハッキリしています。

また、合成実験の操作は、受動態で記述される場合がほとんどですが、和訳では受動態を意識しない方が自然な和文になります。ご質問のケースは、「その溶液に、150 mLのイソプロパノール中の(150 mLのイソプロパノールに溶解した)280グラムのジメチルアセトフェノンを、溶液がゆっくり還流するような速さで滴下する」という操作です。"at sach a rete that ..." からは、滴下が速すぎると反応熱で溶媒の沸騰が激しくなる、遅すぎると適当な反応温度が維持できない、、、ということが示唆されます。

蛇足ですが、Organic Synthesis誌のように「レシピ」として書く場合は現在型が用いられますが、「実験結果」として書くときは過去形を用います。
    • good
    • 0

No.2の方に補足です。


英文法上の話になりますが、ベレ出版「快読英文法」には「やたらと長い主部は後に置かれ、先に述部が出てきます」と説明があります。

In the village lived an old man who had been sick in bed for many years. (何年もの間病気で寝ていた老人が、その村に住んでいた)

という例が載っています。
文法的にも問題なく、No.2の方の御回答通り、意図的な配慮も含まれているのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>みなさま
回答いただき本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/10/11 08:50

・3,4-dimethylacetophenoneは1.9モル


・150mlのイソプルパノール
では・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwhen i will see you again

when i see you again
when i will see you again

二つの意味の違いを説明願います

https://www.youtube.com/watch?v=T6fVDAjs9f0

Aベストアンサー

歌を聴きましたが、歌詞は
When will I see you again?
です。この場合、whenは疑問詞です。

従って、この場合、動画のキャプションが間違っていますね。

when I see you againはもちろん、副詞節として、条件を意味するときに使います。つまり、文の一部ということになります。しかし、このビデオでは、疑問詞を使って1つの文として成立しており、文の一部ではありません。
when I will see you againというのは普通使いません。強いて言えば、自分がどうしてもあなたにもう一度会うつもりならーーという意味になるかなと思いますが、この文を使う状況が浮かびません。

以上、ご参考になればと思います。

Q「液」の英訳 solution? liquid?

例えば、RFL液(レゾルシン-ホルムアルデヒド縮合物(レゾルシン-ホルマリン縮合物)とゴムラテックスとを含む前処理剤など)を英訳する場合、

RFL solution と
RFL liquid

とでは、どちらか適切でしょうか?

僕は、下のRFL liquidが適当だと思っています。

僕の理解は、

solution は物質を溶かすことができる水、アルコール、ガソリンなどを含み、物質が水などの中に均一に溶解している状態のものを意味する

一方、liquidは液状のものすべてを意味するので、物質が均一に溶解しているイメージではない。

というものです。

どなたかお分かりの方、教えてください。

Aベストアンサー

私の意見としては、基本的にNo.1さんに賛成。
solutionは、均一に溶けている物。日本語では溶液。
liquidは個体、液体、気体という状態を表すときの液体という感覚があります。
牛乳はsuspensionでもいいのかもしれませんが、私ならばemulsionにします。suspensionはもっと分散質の粒径が大きいときの方がいいかな?
emulsionは、水に油のような液体が分散している場合ですが、ゴムのように固体が分散している場合は、latexが正しいと思います。
しかし、最近はこの定義が薄れて、ゴムのときだけlatexという場合が多いみたいですね。
ところでRFLのことを私は知りませんので、教えて頂きたいのですが、元々どういう名称の略ですか?
Rはレゾルシン、Fはホルムアルデヒド、Lはラテックスの略ですか?
もしそうならば、ラテックスということばにsolutionをつけるのは重複してしまいませんか?

Qアイデンティティーとは、どういう意味ですか?

本を読んでいて、
「自分のルーツはどこにあるのかというアイデンティティーを探す旅に出る。」
「個人の記憶やアイデンティティーを伝えたり再構築したりすることは、文化的もしくは生物学的な見方をすれば、人生は何であるのかという意味にかかわってくる」

この言葉自体の意味が分からないので、まずアイデンティティーの意味を上記の文章にも当てはまるように分かりやすく教えてください。
当てはまらないようであれば、意味だけをお願いします。
僕は、自分が自分であるという認識などと考えたりしましたが、やっぱり正しく理解したいので、平易に回答していただけると嬉しいです。

最後に他に例文を教えてくださるとありがたいです。お願いします。

Aベストアンサー

ちょっと、頭良さそうに聞こえるから、書いてみた。
という文脈では、アイデンティティー=自分と読み替えると意味がわかります。
「自分のルーツはどこにあるのかというアイデンティティーを探す旅に出る。」
「自分のルーツはどこにあるのかという自分探しの旅に出る。」

「個人の記憶やアイデンティティーを伝えたり再構築したりすることは、文化的もしくは生物学的な見方をすれば、人生は何であるのかという意味にかかわってくる」
「個人の記憶や自分を伝えたり再構築したりすることは、文化的もしくは生物学的な見方をすれば、人生は何であるのかという意味にかかわってくる」
という感じです。

QL3 is absent, a bond, -(C1-C4)アルキル.......

化学式に関する翻訳をしている文系出身者です(ご容赦のほど!)。化学式でこのbondは「価標」でよろしいでしょうか?それと、absentは専門的にはなんと表現すべきなのでしょうか。「欠落」とか「不在」とか?

Aベストアンサー

ご質問のような表現は化学的にはやや不自然ですが、広範囲の
化合物郡をひとつの概念に包含させるための記述手法として、
特許の請求項(claim)で繁用されます。

> ...wherein,
> R1is H, C1-C6 alkyl, phenyl(C1-C6)alkyl, or....と延々と続いて
> L2 is absent, a bond, -(C1-C4)alkyl-o-, -N(R10)C))-, ...

式中、R1は水素原子、炭素数1から6のアルキル基、
フェニル置換された炭素数1から6のアルキル基、または
xxxであり(を表し)、L2は存在しないか、単結合、炭素数1から4の
アルキル-O-、-N(R10)C))-、...

というところでしょうか?
「-o-」は2価の酸素を示す大文字の「-O-」の誤記かと拝察します。
alkylは本来は1価の基であり、両端に『価標』があるのは化学的に
不自然な表記ですから、「-O-」は訳さず化学式のままにするのが
無難でしょう。

お書きの部分だけ拝見すると、「L2 is absent」と「L2 is a bond」
は同義に思われ、「-N(R10)C))-」はカッコの位置と炭素を示す「C」
の価数も奇異です。formula全体では整合しているのでしょうが、
質問者様は何らかの守秘義務負っておられるでしょうから、この場で
これ以上の開示はお薦めしかねます。

ご質問のような表現は化学的にはやや不自然ですが、広範囲の
化合物郡をひとつの概念に包含させるための記述手法として、
特許の請求項(claim)で繁用されます。

> ...wherein,
> R1is H, C1-C6 alkyl, phenyl(C1-C6)alkyl, or....と延々と続いて
> L2 is absent, a bond, -(C1-C4)alkyl-o-, -N(R10)C))-, ...

式中、R1は水素原子、炭素数1から6のアルキル基、
フェニル置換された炭素数1から6のアルキル基、または
xxxであり(を表し)、L2は存在しないか、単結合、炭素数1から4の
アルキル-O-...続きを読む

Q『 beat the crap out of 』の意味について

 『 I beat the crap out of him. 』

 上記の文章を、どう訳したらいいのかわかりません。

特に“the crap out of”のところがわかりません。

わかる方がいましたら、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://eow.alc.co.jp/%22beat+the+crap+out+of/UTF-8/
・・・いかがでしょうか。

QHead-to-tail、Head-to-headの割合はどうやって測定するのでしょうか?

ある論文で合成したある高分子のHead-to-tail、Head-to-headの割合が書かれていたのですが、これはどうやれば知ることが出来るのでしょうか?
教官はエリプソメトリーを使えば良いのではないかと仰っていたのですがこれは本当なのでしょうか?
エリプソメトリー以外にこれを知る測定手法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

ここでの説明が難しいので[[新高分子実験学第5巻 高分子の構造(1)磁気共鳴法]]など、詳しくは高分子のNMRについての本をご覧ください。この本を読みながら少し書きます。

(1)たとえばポリビニルアルコール[-CH2-CHOH-]nの場合、head-to-headにより隣接ジオール(…-CH2-CHOH-CHOH-CH2-…)の部分ができます。NaIO4による1,2-グリコール結合切断を行い、NaIO4の消費量からhead-to-headの定量ができるそうです。

(2)また、1H-NMRを利用する方法があります。ただし、高分子のNMRは幅広いピークや微細構造が激しいピークになりやすいので難しいと思いますが・・・解析しやすいきれいなピークの場合は簡便に正確に定量できます。head-to-tail(…-CHOH-CH2-CHOH-CH2-…)とhead-to-head(…-CH2-CHOH-CHOH-CH2-…)では、OHの結合したCにあるHのピークは別の場所に出るので積分値の比を求めます。head-to-headの後に成長末端メチレンラジカルのプロトン引き抜きにより末端メチル基ができ得るので、末端メチル基のピークと積分値も求めます。

・・・・このような感じで特徴的な官能基のNMRのピークを区別して積分値の比を考慮することで高分子の構造解析をしたり比を求めたりできます。head-to-tailとhead-to-headの比の他、立体規則性(イソタクチック、アタクチック、シンジオタクチック)の比、共重合解析(ランダムorブロックor交互)、分岐解析、末端解析などが可能です。

ここでの説明が難しいので[[新高分子実験学第5巻 高分子の構造(1)磁気共鳴法]]など、詳しくは高分子のNMRについての本をご覧ください。この本を読みながら少し書きます。

(1)たとえばポリビニルアルコール[-CH2-CHOH-]nの場合、head-to-headにより隣接ジオール(…-CH2-CHOH-CHOH-CH2-…)の部分ができます。NaIO4による1,2-グリコール結合切断を行い、NaIO4の消費量からhead-to-headの定量ができるそうです。

(2)また、1H-NMRを利用する方法があります。ただし、高分子のNMRは幅広いピークや微細...続きを読む

Q意味を研究する事って

こんばんは。
今、授業で「認知意味論」を学んでいます。私は「意味を研究する事に意味があるか」という質問に答える事になったのですが、意味が無いと言ってしまうと授業が成り立たないので意味があると答えるべきだと思いました。
しかし、その根拠となる事柄がなかなか思いつきません。「どんな語にも意味があり、言語活動は意味を伝達する事であるから」ということだけでは、意味を研究する意味の根拠としては乏しいと思うのです(語の持つ意味が重要だとしても、言語によって意味は違い、その全てを網羅するのは不可能に近く、また、ある一つの言語に限っても、類似した意味の区別をつけることは困難、つまり意味というものは曖昧なものだから。)
そのような訳で、意味を研究する事の意味はどこにあるのか、皆様の考えをお聞かせ願いたく、質問しました。
また、私は専門家ではないので難しいことは分かりません。もし上の私の考え方でおかしなところがあれば訂正頂ければ助かります。

Aベストアンサー

意味論というのは定義が難しくて定義も様々ですが、共通して確認できる前提としては、意味というものは社会的な性質を持っているということです。要するに、言葉の意味とは事物の中に隠れているものが発見され命名されるのではなく、人間がその言語を通して事物に意味を与えていくものだということです。

将棋をさす時にある駒が足りなければ、そこらの石でも牛乳瓶のふたでも、何でも代用することができますが、これは駒そのものが重要なのでなく、将棋というゲーム全体の関係性の中においてその駒に与えられた意味が重要だからです。逆にいえば、ある駒を見つめていてもその駒の持つ意味というものは決して理解できません。

これと同様に、意味というものは全体の関係性の中で言葉に付与されるものですから、孤立した単語を眺めていても決して浮かびあがってくるものではありません。言葉の持つ意味とは、他の単語との関係の中に捉えられる、ある体系内の価値である、という風に認識できるでしょう。言語とは網のようなもので、意味とはその中の流動的なひとつのマスに過ぎません。これが意味論の根本的なスタンスと言って良いでしょう。
そう考えると、ご質問にある「言葉の意味を考える」ことは、すなわち社会制度としての言語の意味のネットワークを考える、ということに直結するわけですから、文化・社会・歴史全般にわたる広がりを持つという意義もわかるでしょう。裾野が大変に広いわけです。

言葉がご指摘のように曖昧な意味を担っていて、周辺のぼやけというかある幅を有することも事実ですが、先の意味から考えればこれは逆に、意味が他律的に周囲との関係の中で定まるものであるがゆえに、意味の中心が存在せず、せいぜい最大公約数的なものしか認識できない、という風に言えるでしょう。

要するに、明快な意味が定義できないから駄目なのでなく、そこをスタートとして、それなのに曲がりなりにも意味が通じ合うのはどういうことなのか、という風に意味の意義を求めてみてはどうでしょうか。
「言葉はモノの名称リストではなく、我々の世界認識の結果である」というのが、現在の言語観の基本です。

また、意味というものは意外と動的なもので、単純なものではありません。意味論の初歩でデノテーションとコノテーションを学ばれることと思いますが、例えば『ユダヤ人は所詮ユダヤ人さ』というせいりふの意味を考えてみると、最初のユダヤ人は「ユダヤ民族に属する人」という外示的意味(デノテーション)を指すのに対し、あとの方のユダヤ人とは「狡猾でずるいやつ」という共示的意味(コノテーション)を担っています。

これはひとつの些細な例にすぎないのですが、コノテーションを深く知れば、表現を通じて人間の意識というものを知ることにもつながります。言葉の意味は一定しないもので、常に既成の意味体系に限定されていく人間の意識が、言語の表現作用を通じて解放されていく様がコノテーションには見られるからです。
意味というのは世界の分節化であり限定性を本質的にもつものですが、それに抗って新しい意味生産を行うこと、つまり、言語の網の目の改変、という点で言葉の意味をたどることは人間の意識や思考方法そのものを見つめることに直結します。無意識のレベルで言葉の音と意味がどのように関わりひとつの語として紡がれるのか、というプロセスを研究する人達もいます。

さらに、認知意味論というのは特に人間が意味を認識する過程を問題にするわけですから、意味を考えること、ひいてはどうやってその意味が認識されているのか、ということは人工知能や認知哲学など広い分野に活用されるべき知識です。
例えば、海に浮いているメッセージボトルを見たとき、我々はすぐにそこに何らかの意味があることがわかるのですが、これはなかなか容易なことではありません。内部情報(中の紙に書かれている意味)を理解する以前に、外部情報(例えば「この文章が日本語で書かれている」といったこと)、さらにフレーム情報(つまり「このボトルの中には意味のある情報が入っている」ということ)が適確に理解されなければなりません。
「これは意味のあるモノである」という情報それ自体もメタ情報として意味を担っているわけで、実は語やモノの意味を理解することはそれ以前に多くの意味の解釈を必要としているのです。我々にとっては無意識の作業ですが、そういった事柄が我々の頭の中でどのように認識し処理されているのか、大変興味深い研究テーマだと思います。その困難さは、人工知能にこれらの行為を代替させようとした時にどれほどの困難が伴うことかを想像してみればわかることでしょう。

※少しご質問の内容とはずれがあるかもしれませんが、あまり意味論を理解していない回答が多いようなので、敢えて考え方のヒントとして書いてみました。ご参考までに。

意味論というのは定義が難しくて定義も様々ですが、共通して確認できる前提としては、意味というものは社会的な性質を持っているということです。要するに、言葉の意味とは事物の中に隠れているものが発見され命名されるのではなく、人間がその言語を通して事物に意味を与えていくものだということです。

将棋をさす時にある駒が足りなければ、そこらの石でも牛乳瓶のふたでも、何でも代用することができますが、これは駒そのものが重要なのでなく、将棋というゲーム全体の関係性の中においてその駒に与えられ...続きを読む

Q化学の質問です。 「次の化合物A,Bの示性式を示せ。 化合物Aは、分子式C5H12Oで表される。A

化学の質問です。

「次の化合物A,Bの示性式を示せ。
化合物Aは、分子式C5H12Oで表される。Aを硫酸酸性二クロム酸カリウムと反応させると、分子式C5H10Oの化合物Bに変化する。Bはヨードホルム反応も銀鏡反応も示さない。」

という問題で、解説の「アルデヒドではない。したがって第二級アルコールのいずれかである。」というのが理解できません。写真の⑥(第3級アルコール)はなぜだめなのでしょうか?
わかる方教えてください。

Aベストアンサー

他のアルコールはC-OHを酸化してC-O-Hの-Hと、Cに直接付いている-Hを取って酸化され、C=Oとなることが出来ます。

⑥の三級アルコールを酸化するとして、2番目の炭素に炭素が3つ付いていて、
C-OHを酸化しても、CにはCが3つ付いていて取れる-Hがないので、C=Oを作ることが難しいです。

>Aを硫酸酸性二クロム酸カリウムと反応させると
の最初の部分で⑥の三級アルコールは脱落ですが、絶対に酸化しないわけではないようです。

Qun-flipping believable の意味は?

ある製品に関するインタビューの中で、
使用前と使用後の感想について
「こんなに違うなんて信じられない」
it is un-flipping believable.
と言っているのですが、un-flipping believable とは
どういう意味でしょうか。

Aベストアンサー

基本形:  
it is unbelievable.

下品で強烈な罵り言葉を挿入:
it is un-f*cking-believable.

下品すぎるから、発音が似ている言葉で置き換えて、少し表現を婉曲にする:
it is un-flipping-believable.

Q化学分野です:「sol for inf 」とは

「sol for inf 」とはどういう意味でしょうか?何かの濃度でしょうか?例えば、「Fully diluted sol for inf may be stored refrigerated…」などと使うようです。化学英語にお強い方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

dosage(薬用量や、投与量)などに使われる場合でしたら
・sol=solution=溶液、水溶液
・inf=infusion=点滴もしくは輸液
と考えられます。
ちなみに、infusion solution bag もしくはinfusion bagで「輸液バッグ」という意味になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報