マンガでよめる痔のこと・薬のこと

目上の方には「お疲れ様」というのが一般的となっていますが、
一部の自衛官や警察官、ヤクザの間では「ご苦労様」を使っているそうです。
また江戸時代の歌舞伎には下の者が上に向かって「ご苦労様」と言っているという記述もありました。

仮に昔は「ご苦労様」が一般的だったのであるならば、何をきっかけに変わってしまったのでしょうか?
また現在でも「ご苦労様」と言っている方々はなぜ使っているでしょうか?


参考URL
http://nihon.at.webry.info/200608/article_13.html
http://blogs.dion.ne.jp/hanemone/archives/558532 …
http://kotobakai.seesaa.net/article/8180084.html

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

昔、社会人になりたての頃、上司に「ご苦労様と言ってはいけない」と言われたコトを機に、調べた事がありました。



「ご苦労様」も「お疲れ様」も、「ねぎらいの言葉」ですね。

「ねぎらう」と同源語句の「ねぐ」には、「神の心を慰めて、加護を願う。」と言う意味がありますが、下位者に対しては、「ねぎらう」と同じ意味(同等以下の人の苦労・尽力などを慰め、感謝する。)となります。

一般的なねぎらいには、「(神の)加護を願う」要素は無いので、ねぎらうと言う行為自体、少なくとも同等以下の、上から下の関係で行われるものだし、部下は上司の行動等を評価する立場では無いので、基本的には「ご苦労様」も「お疲れ様」も、上位者に対しては、使うべきでは無いと言う考え方が、今でも有りますよ。

更に昔は、やはり下位者が上位者を「ねぎらう」と言う概念自体が乏しかった様です。
「無かった」と言って良いかも知れません。
その原因は、儒教的な思想か、宗教的な思想かは良く判りませんが、封建時代以前においては、恐らくその両方の影響があるのでは無いかと思います。

もともとは、家格の高い武士、商家の店主、庄屋などが、下位者に対して「苦労をかけた」「ご苦労」とだけ言っており、また同輩に対しては「ご苦労さん」などと言い合っていたものが、女性言葉(お・ご~様)を介して、「ご苦労様」に至ったと考えられます。

封建時代の思想が覆され、「(四民)平等」などと言う発想が芽生えたのは、言うまでも無く明治維新です。
その頃に、下位者が上位者の労苦に対し、「ねぎらい」と言うより、「いたわり」や感謝の意図で、「ご苦労様でした」などと言う表現・風習が発生した様です。
(「ねぎらう」も「いたわる」も漢字では「労」ですね。)

封建的な思想が抜け切らぬ中、上位者が日常的に使用していた「ご苦労」を、そのまま借用するのを憚って、明治時代に「お疲れ様」と言う言葉が生まれ、使用される様になったと言う説が有り、これはそれなりに信憑性はあるのではないかと思います。

「お疲れ様」がこの様な配慮の経緯で生まれたとしますと、美化などを求めない質実剛健な組織(質問者様が挙げられた軍隊,警察,任侠など)においては、そのまま「ご苦労様」が使われたと言う解釈は如何でしょうか?

特に軍隊は、幕末に官軍として組織され、「お疲れ様」が発生・定着する以前に出来ていますし、組織化された当初から、外国の教練・影響を受けていますので、上下関係無く慰労し合う習慣なども、いち早く移入したと考えれば、整合性も高いと思われます。

逆に、外国からの教育・影響を受けていないとしますと、軍隊などの組織は縦社会の典型で、封建社会の風習が抜け切らぬ中、「上官に『ご苦労』とは何事だ!」となる方が自然ですからね。

私は、
(1)明治維新後、海外の影響などを最も受けやすい、軍隊や官僚社会で、相互にいたわる風習が出来た。
(2)それが民間でも一般化。
(3)一般化する過程で、ねぎらいより、身体的ないたわる気持ちが色が濃い「お疲れ様」が生まれ定着。
と言う解釈が、一番素直に受け入れられると考えています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「ご苦労様」をいたわりの意味で表現していたとは思いませんでした。
上下関係の厳しい職業なのになぜ「ご苦労様」なのかと考えていましたが、
言葉を美化することを嫌った為に変化が無いのだとすると納得がいきました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/23 19:48

1960年代には区別は無かったように思います。


習った記憶もありません。(当時も敬語の教育はありました)

理由は不明です。
習慣や伝承より理屈が重んじられるという事なのか、あるいはどこかメジャーな機関の影響なのか。
学校教育の影響ではないように思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「お疲れ様」が正解というマナーが広まったのはやはり最近なのでしょうか。
言葉の表現が一気に変わるわけはないので、きっかけを見つけるのは難しそうですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/24 00:55

単純かもしれませんが、これは「苦労」の意味する内容が異なるからではないか、という気がします。



つまり、「本当に!苦労している場合」には、「ご苦労さまです」という表現は決して不自然ではない、ということではないでしょうか。
挙げられている例は、ほとんどが命を張っている職業?ですしね。
身分の上下を云々している場合ではないほどに、労わり、ねぎらうべきであるような厳しい環境に置かれている、ということなのでしょう。
歌舞伎の場合も、その仕事にかける意気込みという点で同じような要素が伝統としてあるのかもしれません。

これを、身分の上下を云々できる余裕のある集団で使ってしまうと、「ねぎらい」「いたわり」など弱者に対する思いやりといった本来の意味が浮上してくるため不自然になる、ということではないかと思います。
適切な場で使われていないとすれば、「ねぎらい」「いたわり」が弱者に対する思いやりであるという本来的な意味を知らないだけでしょう。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そう言われるとどの職業もいつ自分が死ぬかわからないお仕事ですね。
一歩間違えば死ぬ所だった仕事を終わった後に「お疲れ様」だと何か軽いような気がしますね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/23 19:59

時代時代に言葉は変遷していくものと考えております。


謙譲語・丁寧語・尊敬語と教育していく現代では「お疲れさま」と「御苦労さま」を教育的に使い分けるようになったのでしょうね。
そんな教育環境に育った現代人は言葉の使い分けを意識しますが、
戦時中を生きたような70才overの人は誰に対しても「御苦労さま」を使います。

古き伝統を重んじる方々は「御苦労さま」を使い、
近代教育を受けた一般人は「お疲れさま」を使うと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにお年寄りの方々は「ご苦労様」を使っていますね。
受ける教育の中で変わっていくとしたら今度は「お疲れ様」が使われなくなる可能性もありそうです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/23 19:53

 言葉に対する、個人的な感覚で申し上げます。



 昔は「ご苦労様」を目上の人にいう事が変ではなかったと存じます。
 一般的かどうかは判りません。
 「ご苦労様」という語を子が親に対していう場面はありえなかったし、ないでしょう。
 「お役目、ご苦労様に存じます」とは昔、目上にも同輩にも言えたと存じます。
 目上が「ご苦労であった」労をねぎらうことはあったでしょう。
 
 とみに現今この「ご苦労様」というフレーズが評論されてきていますが、私評論の対象や問題にする事柄ではないように存じます。
 私の語感とはことなる語感の方、ご経験と知見の方の語感覚だと存じます。だからそういう方が出てきたことにきっかけがあるのだと存じます。

 【現在でも「ご苦労様」と言っている】のは、それで問題がないと判断し、失礼な態度にならないように気をつけていますが。
 町会の役員や、警察の人たちがお出でになって任務を果たしていく。私は上でも下でもないが「ご苦労様」といって挨拶する。それだけなんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

地方によっても使い方に違いがあるという事も書いてありました。
昔からの習慣で今でも使っている方もいそうですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/23 09:43

以前調べた事があるのですが、


目上の人間でも、さらに上位に対して労力を割く事には「ご苦労様」が正しいみたいなんです。
社長が社員に対して仕事をするのは「お疲れ様」であり、事業拡大に動く事は「ご苦労様」ということになります。
だから軍隊や警察は、階級より上位である、国家公務に従事するので、ご苦労様を使う。

明治大正時代の経営者の話で、講談社の創業者、野間清治の逸話だった気がしますが、
目上の人間は、疲れないから成功して目上に立てている。だから「ご苦労」もしない。それで「お世話様」を使わせたという丁稚教育をしていた話を読んだことがあります。

「お世話様」も目上には、現代ではおかしいですよね?なかなか興味深い話なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何に対して言うのかで表現が変わるのですねー!
ヤクザが「ご苦労様」を使うのも何か理由がありそうで気になります。
普段無意識に使ってる時は考えもしなかったのですが調べてみると、日本語は奥が深いですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/23 09:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご苦労様」はなぜ失礼?

 ときどき「ご苦労様」は目上の人には失礼である、という文面をよく見かけます。
 ですが、どうして失礼なのか、を説明した文章等が見つかりません。

 理由をご存知の方がいらっしゃいましたら、お教えください。

Aベストアンサー

こんなことが書かれていました。
「ご苦労さま」は、他人の苦労を高みから見物しているような語感があります。

やはり、「お疲れさまでした」がよろしいでしょう。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~QM4H-IIM/k990615.htm

Q目上の方に「お疲れさまでした・ご苦労様でした」は失礼ですか?

言葉遣いについて、実際にあった出来事からの疑問です。

退職する上司の送別会にて、若い社員が記念品贈呈の際に「お疲れさまでした」や「ご苦労さまでした」と言いました。
これは失礼な事なのでしょうか?主人は失礼だといいます。「ありがとうございました」「お世話になりました」と言うべきだと言います。
もちろん、私もありがとう等の感謝の言葉も必要だと思いますが、「お疲れさま・ご苦労様」を使うことに対しては、失礼な事とは感じませんでした。

実際、自分も会社では、その言葉を使って送り出した場面を見たことがあるような気がします。

どなたか、言葉遣い・マナーにに詳しい方ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。元研修担当のスコンチョといいます。(^_^)

ビジネスマナーでは仕事が終わった人を見送るときには
「お疲れ様でした」で送り出す習慣をつけるよう教えます。
これは、先の回答者の方たちも書かれてますが「ご苦労
様」は元来目下の人に対しての言葉だからです。しかし、
時代の流れとともに「ご苦労様でした」も容認されるレベ
ルになってきているようです。

さて、本件では退職時の挨拶として適切かどうかという問
題ですね。退職者に御礼だけで挨拶とするのか、慰労の
言葉をかけるべきかは個人の判断で、「お疲れ様でした」
が取り立てて失礼にあたるとは思えません。特に、直接的
な関わりが少なかった人から御礼だけ伝えられても心が
こもった言葉とは受け取れないでしょうし、その方の業
績に敬意を表する意味でも「お疲れ様でした」と笑顔で
送り出してあげてはいかがでしょうか。

Qご苦労様です VS お疲れ様です

ご苦労様です VS お疲れ様ですの使い方で、上司にはどちらが適格なのでしょうか??

大分前、ある会社では前者を使うようにと。又ある会社では後者を使うようにと言われた記憶があります。(私自身、現在海外長期留学中)

最近手にした雑誌に、「お疲れ様です。」が適格だと記載されていましたが、その筆者自身は、「ご苦労様です。」を勧めていきたい!!ともコメントとしていました。

例として、水戸黄門様がスケさんカクさんに「ご苦労じゃった・・」と言う一こまから、やはり、「ご苦労様」は上から下へ、「お疲れ様です」は下から上へではないのか?、と掲載していました。。。

現在の日本の社会ではどちらが適切だとされているのでしょうか?

Aベストアンサー

>「ご苦労様」は上から下へ、「お疲れ様です」は下から上へ

は、一体誰が言い出したのでしょうか。
ある時期誰かが言い出して、急速に浸透したって感じです。
大体、お聞きしてみるとどこかの社員教育マニュアルから広まったようです。
元を正せば超個人的見解だったのではと思います。

「ご苦労様でした」=「いやぁ、ご苦労であった」の上から目線のみを連想させるとでも言うのでしょうか?
テレビの水戸黄門が原因だったのかと質問文を拝見して思ったくらいです。
そのシチュエーションでしか使われてないわけでは無いですよ。
ご主人のご帰還に「ご苦労様でした」と全員が頭を下げるイメージはないですか?

「お疲れ様でした」こそ「お疲れ、お疲れ」って感じの下町風で、
むしろ目上の方に使うべきでない表現です。

っと、まぁ私は思うんですよ。

推進派としては
「ご苦労様です」は
「あなたが苦労してくださって、そのおかげ様です」って意味と捉え、
上下関係の無い、心のこもったことばとして普及させたいですね。

Q「ご苦労様」と「お疲れ様」の使い分けについて

最近の若い人の言葉使いについて疑問があるのですが。

自分の考えが古いのかもしれませんが、終業時に年下・部下の人間が自分に対して「ご苦労様です」と言う若者が増えているのですが、それって言葉使いが違ってはいないかと感じる時があります。

「ご苦労様」「ご苦労さん」は自分より年下・部下に対して使う言葉ではないのかと、47年間生きてきた経験からそう思ってきたのですが。

自分が思うには、目上の人・上司への挨拶は「お疲れ様です」「お疲れ様でした」ではないのかなと思うのですが、
・自分の考えが古いのですかね? 
・それともなめられているのかな? 
・それともまだ言葉の使い方が分らないのかな? 

「そんな事いちいち気にして、ケツの穴が小さいな~!」と言われそうですが、どうも違和感があるのですが、自分の考えは間違いですかね?

皆さんのご意見次第では、その若者達に指導していきたいと思います。
自分の考えが間違いなら考えを改めたいと思います。

ご意見お待ちしております。

Aベストアンサー

私は、昨年ある本を読んでいて、帰り際の目上の人にお疲れさまは失礼だという文に接し考えを改めたばかりでしたので回答しました。
質問者さまの言う通り眼下の人間に「御苦労サン」と声をかける上司もよく見かけるのですが、「お疲れ」のほうが「御苦労」よりもいたわりの気持ちが弱い表現と感じませんか?
 確かそんな内容の文だったと思います。取引先の同じくらいの社会的な立場の人の悩みを聞いた時、それは疲れることですねとは言わず、それはご苦労されますねと答えると思います。
 言葉の持つ意味から上司に「お疲れ様」はかえって失礼になるとの文意でした。
 古くはあまり「お疲れ~」などと語尾を飛ばした挨拶はなかったのですが最近は「お疲れ」と語尾を言わない挨拶が普通に行われるようになってきました。「本来はお先に失礼します」の前置き言葉がそのまま挨拶に使われるようになってしまったんだと思います。

Qご苦労様ですの用法

「ご苦労様です」という言葉は、自分と同程度か目下の人に対して使う言葉で、目上の人に対しては「お疲れ様です」というのが正しいと思うのですが、その了解はあっているのでしょうか。

あるグループでは、目上の人に対しても使っています。また、ある地方では、目上の人に対しても「ご苦労様です」と言うという説もあるようですが。

Aベストアンサー

何事にも基本と応用があります。

確かに「ご苦労様です」は目上の人には使用しないほうがいいでしょう。しかし、警察官、郵便配達、新聞配達、田舎では村の連絡員などに、いちいち相手の年令や役職を考慮することなく「ご苦労様でした」と相手の足労をねぎらうことがあります。私の祖母は「ご苦労様でございます」
と云っていました。

基本を守ると共に、自分の属する社会での慣用も尊重することでよいのではないかと思います。会社では上司が誰か
分かっているので「お疲れ様です」を使うのが無難でしょう。

Q配達員の方に「ご苦労様です」

今まで配達員の方に「ご苦労様です」と言っていたのですが、
これは目下の人間に対して使う言葉と知って戸惑っています。

配達員の方が明らかに年長者の場合、「ご苦労様です」は失礼にあたるのでしょうか?

Aベストアンサー

「ご苦労様」以前は挨拶代わりに普通に使われていた便利な言葉でした。
「ご苦労でした」というねぎらいの言葉だけでなく、「こんにちは」「またよろしく」「おかえりなさい」いろいろな意味に応用できたからです。すべてコレ一言で済みました。
代わりに「お疲れ様」を使うのももいいのですが、仕事の途中の方にかける言葉としては違和感を感じませんか。それに、「こんにちは」などの意味には使えません。不便です。

「ご苦労様」は失礼だ、と言われはじめて、それに変わる言葉を捜しましたが見つかりません。
「お世話様」という方もいますが、私には「余計なお世話」と聞こえてしまうこともあります。

受け取る相手方の考えにもよります。相手が「『ご苦労様は目下に使う言葉』だ」と意識している場合はカチンとくる場合もあるでしょうし、まったく気にしない方もいますよね。
ですから、発信する側は臨機応変に言葉を使うしかないのでしょうね。

私も少し前配達をしていましたが、『ご苦労様』とよく言われました。相手はお客様でしたので当然だと思っていましたが、たとえ配達員が年長者であっても『ご苦労様』でかまわないと思いますよ。

「ご苦労様」以前は挨拶代わりに普通に使われていた便利な言葉でした。
「ご苦労でした」というねぎらいの言葉だけでなく、「こんにちは」「またよろしく」「おかえりなさい」いろいろな意味に応用できたからです。すべてコレ一言で済みました。
代わりに「お疲れ様」を使うのももいいのですが、仕事の途中の方にかける言葉としては違和感を感じませんか。それに、「こんにちは」などの意味には使えません。不便です。

「ご苦労様」は失礼だ、と言われはじめて、それに変わる言葉を捜しましたが見つかりませ...続きを読む

Q舌の先などにプツッとした痛いできもの

舌を噛んだり傷つけたわけでないわけではない時に、時々舌の先等に、小さい見えるか見えないか程度のプツッとした凄く痛いできものができます。あれはなんですか?

よく、食べ過ぎたりして胃が悪い時に出来る、と祖父母なんかに聞かされた気がしますが・・・。

実際、出来たときは、疲労時というか、心身どちらか一方でも過度に疲労したかな?少し食べ過ぎ?と思い当たることもあります、が、毎回ではありません。

あれは何で、どんな時に出きやすくなりますか?
また、予防策、出来てからの対処法など教えて下さい。
病院に行くほどひどくならないので、これまでそれで病院に行ったことはなく、だいたい1週間程度で治りますが、出来るととても痛いです。

Aベストアンサー

口内炎が舌にできたものだと思いますよ。私も子供のころからしょっちゅうできます。舌にできるとものすごく痛いんですよね(T_T)

原因はストレス、栄養の偏り(特にビタミンB不足)、睡眠不足、口の中の不衛生、胃の不調や風邪の時などの体調不良時などさまざまだと思います。
私はできてしまったら薬を塗って早めに就寝して睡眠を十分にとること、食事後や口の中が痛いときなどとにかくうがいをして口の中を清潔に保つこと、ビタミンBを取ることを心がけています。

よくできるならひどくないと思ってても一度医者に行ったほうがいいかもしれません。薬をくれるので次にできたときにも便利ですし原因もわかるかもしれませんよ。

Q長時間のアイドリングによるクルマへのダメージは?

たとえばガソリンエンジンの普通乗用車で、車内でゆっくりと映画を観たい時などは、二時間くらいはアイドリング状態でいると考えられます。そこで以下の事を知りたいのですが
(1) 1~2時間のアイドリングは、車のどこに負担を与えるのか。その原理も加えて。

(2) 2リッターDOHC、NAエンジンだと、ガソリンはどのくらい消費するのか

以上、お願い致します。なるべく無駄なアイドリングは避けるつもりですが。

Aベストアンサー

いろいろな複合要素が絡んできますね。
車の年式や整備状況、走行距離、アイドリングの頻度、季節などの時期、日向か日陰か、風があるか、ないか。
だから、時間だけでは判断できません。

極端に言えば新車で1回だけ2時間のアイドリングをしても特に影響はないですが、昔のキャブの車では、1時間のアイドリングでも、エンジンルームの熱で、燃料が気化し過ぎてアイドリングが止まったりします。

で、どこに負担がかかるか?というご質問ですが、私がどこに注意しているかと書かせていただくと、
「1時間アイドリングしたら、50km走ったと思う」
事です。
現在の走行距離に、アイドリング時間×50kmで車のメンテナンスをしてください。
だから、2時間のアイドリングを15日関すれば、1,500km走行したのと同じですから、走行距離が1,500kmでも、合計で3,000kmになりますからオイル交換をしてください。
その他のメンテナンス、ファンベルトやタイミングベルト、ラジエター液なども計算上の走行距離で交換するようにしましょう。

そうすれば、いろいろかかる負荷に関して、少しはフォローできると思います。


ガソリンの消費量は、環境省では10分で0.14Lといわれています1時間では840ccということになりますね。
http://www.env.go.jp/earth/cop3/dekiru/ta_03-2.html
排気量は分かりませんが、1時間1L程度でしょう。

いろいろな複合要素が絡んできますね。
車の年式や整備状況、走行距離、アイドリングの頻度、季節などの時期、日向か日陰か、風があるか、ないか。
だから、時間だけでは判断できません。

極端に言えば新車で1回だけ2時間のアイドリングをしても特に影響はないですが、昔のキャブの車では、1時間のアイドリングでも、エンジンルームの熱で、燃料が気化し過ぎてアイドリングが止まったりします。

で、どこに負担がかかるか?というご質問ですが、私がどこに注意しているかと書かせていただくと、
「1時間...続きを読む


人気Q&Aランキング