唐突にひとりで静かに焚き火がしたくなりました。

調べてみたところ、条例でひっかかる場所がほとんどです。
そもそも焚き火は法律で禁止なのでしょうか?
それとも花火や大声で騒ぐなどの迷惑行為をしなければ大丈夫なのでしょうか?

もし禁止でなければ都内のどこかで焚き火ができる場所を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ボーっと火を見ていたい。

そんな時は「キャンドルランタン」。
一応コップ1杯分の「消火準備」はしてね。

最初は「BIGOAK」を使ってました。1晩大丈夫の「10時間/1本」。
今は「ロゴス(LOGOS) キャンドルランタン 74301900」を使用しています。3時間持ちませんが キャンプ場で寝るまで限定であればOKです。

ロウソクの火も楽しいですが 家を「焚火」にしないように注意して下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ランタンも面白そうですね!
こんど改めてそのランタンを検索してみようと思います。
ありがとうございました。
家は集合住宅なので絶対焚き火にしないようにします。

お礼日時:2011/06/28 01:00

適切な後始末をしなければ火災や事故の原因になるし、


直火だと地中の微生物などが死滅してしまうため、大概禁止されています。

直火でなければ、BBQが出来るキャンプ場で
BBQコンロの中で焚き火をする分なら承認されると思います。

雰囲気を味わうだけなら、
中華鍋(鉄鍋)をガスコンロに置き、
換気扇を回しながらチロチロ燃やしたらどうですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中華鍋という発想はなかったです(笑)
直に火をたくのは大変なんですね><

お礼日時:2011/06/28 00:58

残念ながらマナーを守らない人が多くて殆どの所では禁止です。



自宅や知人の所有地で許可を得れば別ですが、公共の土地などでは禁止と書いてなくても、特に許可されてる場合以外は駄目です。

私の家はそれ用に中庭を作っていますから、好きな時に焚き火台を取りだして誰にも邪魔されずに焚き火を楽しんでいます。

焚き火と言っても直火は特別に許可されたキャンプ場以外では違反です。

写真のように焚き火台を使っての焚き火は殆どのキャンプ場では認められますし、河原などでも大目に見てもらえそうです。

勿論少しでも落ちた灰まで空き缶に入れて持ち帰る必要はありますし、山などの枯れ葉などに火の粉の飛びそうな所は絶対に避けるべきですし、場所によれば、消火用の水を入れたバケツ等の準備をする必要もあります。

キャンプ場での夜に焚き火の炎を見ながら親しい人と酒を飲みながら、ゆっくりと語らうのは至福の時ですが、それなりの道具と費用を掛ける必要はあります。

落ちている薪では乾燥が不十分でよく燃えなかったりしますから、薪から準備する必要もあります。
「焚き火ができるのはキャンプ場だけでしょう」の回答画像3
    • good
    • 1
この回答へのお礼

焚き火ひとつするにも焚き火台、キャンプ場の場代など結構お金かかりそうですし簡単じゃないんですね(^_^;)
ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/28 11:34

基本的に禁止している場合が多いようですね。

迷惑行為などはもってのほかですが裸火を使うと火災などの危険がないとはいえませんので、それらの予防ということでしょう。火災を起こしてしまえば迷惑恋どころではないですからね。最近はキャンプ場でも焚き火は禁止している場合が多いですし、なかなか自由に出来るところはないですね。自宅の庭とかでなら普通の小さな焚き火なら問題ないでしょうけれど、これもあまり大規模にやったり、黒煙を上げるようなものを燃やすと環境保全の条例にひっかる場合があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ちゃんとキャンプ場でするしかなさそうですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/28 11:31

キャンプ場は直火禁止ですよ。


焼け焦げた芝生に次のお客さんが来るんだから。商売にならないでしょう。
やはり、長瀞あたりの河原でみんな焼きそばやるような公共の場所がいいでしょうね。
夜なら誰もいないだろうし。
一人静かにテント貼って焚火してください。
焚火はOKだけど、テント禁止かも・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

キャンプ場で石で囲んで行う焚き火も直火ですよね?
東京にはやっぱりないですかね(^_^;)
ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/28 11:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q庭で焚き火は犯罪行為?

今日の夕方、庭の枯れ木を集めて、家の敷地内で焚き火をしていたら、
警察が来て「焚き火はしないように」と注意されました。
下手すると軽犯罪法違反になるとも言われました。
庭で焚き火をするのは、犯罪行為なのでしょうか?

ちなみに直径15センチくらいの火で燻すような感じでした。
職務質問やらいろいろされて、気分が悪かったです。
ちなみに燃していたのは10分程度です。

Aベストアンサー

おそらく煙がでたため近所から苦情が来たのでしょう。
通報されない限り、警察が来るなんてことはまずないと思います。

ウチは以前、近所の空き地で建設業者が産廃らしきものを焼いていて、
ものすごく臭い煙がもうもうとしていたので、消防署に通報したところ、
「煙くらいでは動くことはできません。多分警察に言っても同じ答えでしょう。」
と言われました。

15センチくらいの火で文句を言われるとは信じられないです。
焚き火=軽犯罪法違反とは荒っぽい理屈です。

Qキャンプ場以外でキャンプしているHP

キャンプに関するHPを色々見てみましたが、トイレ・給水所・売店・AC電源などの設備の整ったキャンプ場でのものがほとんどでした。

正直言って、それってキャンプ?それってアウトドア?と思います。人の手によって作られ用意された場所でテント張ったって、ディズニーランドに行くのと何の違いがあるの?って感じるのは私だけでしょうか?見ていて全然面白くもないし、全く参考にもなりません。

そこで、山岳キャンプなどの特殊なケースを除く、川原や海辺、平地などで既設のキャンプ場に頼らないキャンプを展開しているHPをご存知の方いらしたら教えてください。お礼のコメントは100%保証します。

Aベストアンサー

20年来のキャンパーです。質問者様のご意向を伺えばキャンプというよりは野宿に近い感じがします。
それでしたら、なんといっても次の2つを一度御覧になって下さい。

寺崎組
http://homepage2.nifty.com/nojyuku/
野宿派ライダーの教祖的存在寺崎勉さんのサイトです。林道の突き当たりや山中での野宿がメインです。

サラリーマン野宿旅
http://nojyuku.hp.infoseek.co.jp/
同名の本も出ています。キャンプ場以外での野宿の情報などが載っています。

ということで、質問者様のご要望にかなうかどうか判りませんが紹介しました。

ところで、質問者様のキャンプにおける経験や技量、あるいはマナーはどれくらいのものなのでしょうか?
と申しますのは、これらの野宿旅には経験、技量そしてマナーが大切になるからです。

日本では自由にキャンプをして良い場所など、厳密には存在しません。私自身、キャンプサイトに電源まであるサイトはただの一度も利用していません。キャンプ場に電気炊飯器やカラオケ装置まで持ち込んでいるバカキャンパーをキャンパーだとは思っていません。

そんなアホばかり増えた昨今のキャンプ場など僕も行きたくはありません。
でも考えてみて下さい。今の日本で本当の自然なんてどこに残っているでしょうか。たしかに人の手によって作られた自然なんてと思う気持ちは判りますが、ではそこにいくまでに通る道路は誰が作ったのですか?

それにキャンプ場でも自然たっぷりの場所もありますよ。人の手は確かに入っていますが、必要最小限の設備しかない素晴らしいキャンプ場はいくらでもあります。

>見ていて面白くもないし
本当の情報を載せている人はいないんじゃ無いかな。僕もそういう場所は何か所も知っていますが、本当に良い場所は教えません。うっかりHPに載せたりでもして、沢山の人に来られてしまったりした日には、良い場所ではなくなりますから。だってトイレも無いような場所ですよ。水も沢水です。だから大小便をする場所は気を付けなければ大変な目に遭います。そこに沢山のマナーも技量も無いようなバカキャンパーが来て、そういうことも知らないで水場のそばに大小便をしたらどうなると思いますか? 他人の大小便が混じった水など僕は飲みたくないですね。

キャンパーに限らず、釣り人などもそうですが、自分の行為がどれだけ自然にダメージを与えているか、考え無い人が多いです。要はオーバーユースなのです。狭い国土に人が溢れているのですから。
そういった意味では、たとえ人工的でも、人が使ってもローインパクトになるように工夫されたキャンプ場を使う方が自然に優しいと思いませんか?

それから例えば河原などでキャンプしていて、雨後の増水などで取り残される事故のニュースがたまにありありますよね。
有名なところでは数年前の「玄倉川」遭難事故ですね。子供を含む十数人が死傷した痛ましい事故です。あれとて、もうすこし経験と技量があれば防げた事故です。はっきり言ってあれは人災です。経験不足の似非アウトドア愛好者が引き起こした人災です。

ですから、整備された場所以外でのキャンプはくれぐれもご注意下さい。

キャンプもTDLも違いがないというのはある意味当たってますね。所詮レジャーですから。違いはありませんよ。だって遊びでしょ。
どうしても人の手が入っていない自然に触れたければ、アラスカやカナダ、ニュージーランドをお奨めします。柔なキャンパーなど歯も立たないほどの自然が楽しめます。20km四方に誰もいない、熊よけ用に44マグナムが必要なキャンプです。

では良きアウトドアライフを!

20年来のキャンパーです。質問者様のご意向を伺えばキャンプというよりは野宿に近い感じがします。
それでしたら、なんといっても次の2つを一度御覧になって下さい。

寺崎組
http://homepage2.nifty.com/nojyuku/
野宿派ライダーの教祖的存在寺崎勉さんのサイトです。林道の突き当たりや山中での野宿がメインです。

サラリーマン野宿旅
http://nojyuku.hp.infoseek.co.jp/
同名の本も出ています。キャンプ場以外での野宿の情報などが載っています。

ということで、質問者様のご要望にかなうかどう...続きを読む

Q河原でテントを張ってバーベキューするのに許可はいる?

ゴールデンウィークに近所の河原を歩いていたら、河原にテントを張って、家族や仲間でバーベキュー・パーティーをやっているグループがたくさんいました。

河原でテントを張ってバーベキューするときは、誰かの許可がいるのでしょうか、それとも、勝手にやっていいのでしょうか?

Aベストアンサー

河川は河川法上では、一級及び二級河川に分類され、国又は都道府県が管理しています。
川はみんなの財産なので、他に迷惑をかけない一般的な用途であれば誰でも自由に利用することができます。個人が散策、ボート遊びやバーベキューなどをする場合は、自由使用として特に許可を必要としませんが、大規模なイベントなどを催されるときは、河川管理者(国土交通省の各河川出張所等)に相談してください。
河川に工作物を新築したり土地を掘削したりする行為などは、河川の効用に影響を及ぼす恐れから一般的には禁止されていますが、特定の申請に基づいて河川管理者の許可を得た上で河川使用が認められる場合があります。さらに特許使用といって、土石や砂利の採取、土地の占用、流水の使用など特別に使用権を設定することで初めて河川使用が可能となるケースもあります。(管理釣り場等がこれに該当します)
また、河川には河川法の適用を受けない小規模な川(準用河川、普通河川)がありますが、その管理は地方公共団体の条例により行われています。
よって、河原でバーベキューを行うときには、一般的には許可はいらないと考えて良いでしょう。しかし、小規模な川などでの私有地や使用権が設定されている場合もありますので、立て札等に注意してください。
また、都道府県によっては、河川でキャンプ(宿泊?)する場合に届けでるよう指導している場合もありますが、あまり厳格(役人的)にいうと、野田知佑さんに川に投げ込まれるので、「川はみんなの財産なので、他に迷惑をかけない一般的な用途であれば誰でも自由に利用することができます。」ということです。
ただ、ダムの放流等、増水によって中州に取り残される事故もありますので、ゴミの処理も含め個人の責任において楽しむことが必要です。

参考URL:http://www.ob.hkd.mlit.go.jp/hp/madoguti/kasen-kyoninka/kasen-kyoninka-04.html

河川は河川法上では、一級及び二級河川に分類され、国又は都道府県が管理しています。
川はみんなの財産なので、他に迷惑をかけない一般的な用途であれば誰でも自由に利用することができます。個人が散策、ボート遊びやバーベキューなどをする場合は、自由使用として特に許可を必要としませんが、大規模なイベントなどを催されるときは、河川管理者(国土交通省の各河川出張所等)に相談してください。
河川に工作物を新築したり土地を掘削したりする行為などは、河川の効用に影響を及ぼす恐れから一般的には禁...続きを読む

Qテント張るのに許可は要るのですか?

ちょっと気になったんですが
テントを張る時身近な機関・人から許可などはいるのでしょうか?
まあテントですから張るのは主にキャンプ場等かと思いますが
それ以外で公園の空き地とか高い山の中間等
回答お願いします

Aベストアンサー

過去の経験からですが、「下見」「事前調査」「問い合わせ」「場数」がポイントです。

なぜ、キャンプ場以外で野宿をするのかという点を良く考えてから実施してください。
・社会人が、キャンプ地の料金をケチるためならお止めください
・学生が貧乏旅行するなら大目にみられるでしょう
・青少年にキャンプ地以外での野宿(ビバーク)の経験をさせると言う教育目的でやるなら(ボーイスカウトなどで)周到な準備と計画がいるでしょう。地元と連絡をよく取り、サポート体制を組んで実施することが多々あります。
・ハイキング、山登りの場合に予定の行程どおりに行かずに緊急避難で張るなら許されるでしょう。(計画時に可能性のある退避場所を調べておくのは常識)


許可をもらう場合とゲリラ的に泊まる場合に分けて書きます。

正式許可がとれるかどうか

河川敷
河川事務所が管理している。大規模キャンプは事前申請が必要。
河川敷に公園や野球場がある場合、管理者は別にいる。正式に許可を求めるなら、そこを探す。
いずれも個人が申請しても許可が出ない

海岸
多くの県では、キャンプ禁止になっている。

道の駅などの駐車場
許可は出ない

里山(農地のどん詰まりとか、林道の終点とか)
あらかじめ地主の許可を求めればOKとなることが多い。国有林は許可は出ない

廃校、公民館など
管理者(町内会など)次第

高い山の中
キャンプ地以外は許可が出ない。オフシーズンでキャンプ地が閉まっているようなときでも「あきらめてください」といわれるだけ。


ゲリラ的に泊まる場合

一般論
「不法侵入」と言われたら反論できないことを念頭に置いて自分の責任でおこなう。

目立たないところに張るか、普段テントが見られるところに短時間だけ張れば、多分問題にはならない。

人工の構造物(駐車場、道路、漁港、トンネル、高架道路、鉄道、学校、公園)を極力避けて、林とか林道、空き地など自然に近く人気のない場所を選定する。

日の高いうちからテントを張ったり、朝遅くまで張っていれば、誰かに何か言われる可能性が高まる。あらかじめあたりをつけておき、人気が無くなってから張る。

トイレなどのあるところにする。
暴走族などが来ることを念頭に置く。

あらかじめ地図・ガイドブック・ネットで研究し、現地(役所の観光課や観光協会)に電話をして様子を聞き、出来れば下見に行き、当日は早めに着いて場所を確認し、出来れば近隣の人に声をかけ、人気のない時間だけ張るというのがポイント。


河川敷・海岸
2-3人のグループがバーベキュー程度をするなら許可は要らない。
駐車場などの一番奥とかなら文句は言われない
洪水や暴走族などを念頭においておく。

海岸
オフシーズンに目立たないところで張るなら多分OK。
駐車場があればそこの脇がよい。荒天時に注意
砂浜ではなく、防風林などの脇がよい。

都市部の公園
大規模な緑地や築山のあるような公園なら目立たないところがあるかもしれないが、リスクは大きい。

地方都市の人里離れた公園や野球場
夜間も自由に出入りできる場所なら多分OK.

道の駅や観光地の駐車場
深夜管理人がいないあいだに目立たない場所の緑地に張る。オフシーズンに自分の停車している車の横に張るくらいなら、文句は言われないないだろう。
交通事故に注意

林道・農道の終点
日没後、交通が無いことが確実なら泊まることが出来る。未明からトラックが通ることがあるので注意

林の中(低山)
テントを張るには下草を刈ったりする必要がある。雑草なら良いかもしれないが、キャンプには不適当

林の中(高山)
土壌を踏み固めるという行為の影響や、トイレなどの始末方法を理解してなければ勧めない。(生物で分解されないし、生態系を乱す)
管理された人工林なら可能性があるが、国立公園内では緊急退避以外でキャンプをしてはならない

山頂近くなどに山小屋があれば、キャンプ出来る場合は場所を指定してくれる。あらかじめ問い合わせておくこと。

そのほか
教育目的でやる場合は、警察、消防に計画を連絡しておきます。パトロールしてくれます

過去の経験からですが、「下見」「事前調査」「問い合わせ」「場数」がポイントです。

なぜ、キャンプ場以外で野宿をするのかという点を良く考えてから実施してください。
・社会人が、キャンプ地の料金をケチるためならお止めください
・学生が貧乏旅行するなら大目にみられるでしょう
・青少年にキャンプ地以外での野宿(ビバーク)の経験をさせると言う教育目的でやるなら(ボーイスカウトなどで)周到な準備と計画がいるでしょう。地元と連絡をよく取り、サポート体制を組んで実施することが多々ありま...続きを読む

Q多摩川のBBQ(焚き火)禁止区域について

多摩川(二子多摩川~京王多摩川付近)でBBQをしたいと思っているのですが、多摩川の東京側は、BBQ(焚き火)禁止との噂を聞きました。
そのわりには、東京都側でもBBQをしてらっしゃる方の姿を良く見かけます。
この噂本当でしょうか?
詳しい事ご存知の方いらっしゃいましたら是非教えて下さい。
駅から、ある程度の距離離れていればOKとの噂も.....

Aベストアンサー

東京都側というか・・・。どこの自治体でも環境条例によって規制しているところが多いのではないでしょか・・・?
どこでも原則禁止なのではないですか?東京都の方がその辺たぶん、厳しいのでしょうね。どうしても気になるのなら、詳しくは役所等に問い合わせてみるとわかると思います。藪蛇になるでしょうが・・・。
役所側からいわせると「聞かれれば、ダメ!」と言わざるおえないと思います。聞かずにささっとやってしまいましょう。怒られない程度に。

Qナイフを砥いだら買ったときより切れなくなった

先日、ステンレスのダイバーズナイフを購入しました。
買って直後は、封筒なんかもスーと切れ、スネにあてても肌にくいつく感じで
泡を付けたらこのままきれいにスネ毛が剃れるんじゃないか、くらいに切れ味鋭かったのです。
もっと切れ味鋭く出来ないかと思い自分で砥石で砥いだところ、今度は切れ味が悪くなってしまいました。
スネにあてても肌の上をそのままスルッと滑るだけの感じになってしまいました。
砥ぎ方が悪かったのでしょうか、でも、そんなに刃先が丸くなっているようにも思えないです。
砥石もちょっと凸凹があったみたいで新しい良いものに買い換えようと思っています。
刃先が鋭角に砥げるようにナイフを出来るだけ寝かせて砥ぎました。
でも、とても難しいです。

Aベストアンサー

ナイフを使う以上、自分で研げないと、困りますよね。
それが困らないのが日本なんですけれど。(笑)

昔は刃物の研ぎなんて誰でもやっていたんです。
時折自己流で狂った部分を、職人さんに修正して貰ったかもしれないですけどね。

初心者が見よう見まねで研ぐのは、難しいかもしれません...
教えてくれる人がいないので、皆一様に難しいって言うんですよ。

だから、専門店でプロのアドバイスを受けて下さい。
持ち方、姿勢、あなたの癖などを実際に指導して貰うのが、一番てっとり早いのです。
「砥石一式を買おうと思っているのだが、研ぎ方も指導して欲しい。」という具合(交換条件)に話を持っていきましょう。
もちろん、刃物持参。事前に電話連絡しておいても良いかもしれません。
お店の人が暇な時でないと無理ですよ。

あなたの芸(笑)が1つ増えると思って、1万円くらい用意しましょう。
最終的に切れ味を上げるのは、仕上げ砥石ですが、6000円位はします。
中砥石や荒砥石は、もっと安価です。

そりゃ無理だ、と仰るのであれば、ステンレスではなくて、もっと柔らかい鋼の刃物で練習して下さい。
包丁,研ぎ方 でかなりのサイトが見つかるはずです。
ちなみに、包丁であっています。
アウトドア店にあるような小さなナイフ用の油砥石は使いにくいですし、融通も利きにくいので。

もう一つの方法は、「ランスキー」のシャープニングシステムを使って下さい。
これは初心者にでもナイフが楽に研げる方法です。


> 刃先が鋭角に砥げるようにナイフを出来るだけ寝かせて砥ぎました。

初めての方が、こんなことを意識すれば、角度を固定できないと思います。
そもそも、ダイバーズナイフって 一体に何に使うものか、考えてみて下さい。
かなり太い(固い)ロープを切ったり、まあそういう用途なんですよね。
カミソリのような切れ味を求めて、寝かせて研ごうと思ったこと自体が、根本的な間違いと言えるのです。

ダイバーズナイフは、かなりの特殊用途品。
日常生活において使える代物ではありませんし、普段持ち歩けば、銃刀法違反で捕まります。
適所適材に用いて下さい。

ナイフを使う以上、自分で研げないと、困りますよね。
それが困らないのが日本なんですけれど。(笑)

昔は刃物の研ぎなんて誰でもやっていたんです。
時折自己流で狂った部分を、職人さんに修正して貰ったかもしれないですけどね。

初心者が見よう見まねで研ぐのは、難しいかもしれません...
教えてくれる人がいないので、皆一様に難しいって言うんですよ。

だから、専門店でプロのアドバイスを受けて下さい。
持ち方、姿勢、あなたの癖などを実際に指導して貰うのが、一番てっとり早いのです。
「砥...続きを読む

Q関東、あるいは近県で野宿可能な山地はどこでしょう

この夏に、1人でテントを持って行って山中の全く人の気配のない場所で一晩過ごしたいと思っています。
下記の記事を読んで(私は素人童貞ではありませんが(笑))やってみたいと思いました。
http://www.athenaeizou.com/news_detail.php?id=358

青木ヶ原が浮かんだのですが、HPを見ると自然を荒らす人や自殺者対策で遊歩道外への侵入は禁止されているようです。

登山が目的ではなく、あくまで人里離れ、完全な夜の自然と対峙することが主な目的です。
安全対策はまた場所ごとに別途調べ十分するつもりですし、一切の行動の責任は私が取りますので、「修行場所」となる良い山をご存知の方は教えて頂ければ幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

テントを張る場所まで、どうやって行くかもかもあります。
駐車違反をとられない場所なら・・・とりあえずどこでも可!

青木ヶ原でもどこでも・・・基本的にはどこだってテント設営は可能ですよ。
注意対象で考えると、男性ならほとんど問題になる事はないと思います。
(自分的にはどうかとは思いますが、バイク仲間はまったく気にしていなくて無事)

場所によっては注意ししたい対象は「山ビル」←丹沢など。

ですが、日本には公有地と私有地以外は存在しませんので注意しましょう。
(山林などでは普通は文句を言われる事はありませんが、別荘地などは注意が必要)

以前野営をうたったブログ?で見たのですが、ブログ主が女性だったからかもしれませんが、
道路わきや公園が主でした。

Q東京・神奈川・埼玉・静岡でキャンプができる河原を探しています。

1.車を河原のすぐそばに停められる(増水したら怖いですが、水際から5メートルくらいのところに停められたら最高です。)

2.駐車料金以外のお金がかからない(キャンプ場ではなく、河川敷のようなところ。駐車無料なら尚嬉し)

3.フラットな地形で広い

4.あまり人が多くない

5.水深が1メートル以下

<important>1←5<unimportant>です。


えらそうに5つも条件を付けてしまいましたが簡単に言うと、無料のオートキャンプ場のようなところを探してます。
さすがにそんな都合の良い場所はないですかね(笑)
風呂とかトイレとかBBQ道具などは無くても構わないと思ってますので、どうも4、5千円もかけて泊まる気になれないのです。テントも持ってないので浮いちゃいそうですし。

このような場所へ実際に行ったことのある方や地元の方の情報をお待ちしております!

Aベストアンサー

あまり教えたくはないんですがね・・・。(^^

私が山歩(山歩き)に良く行く山伏(山名=やんぶし)登山口手前の西日影沢は質問の条件全てを備えています。

林道脇から河原に車で入れる。勿論駐車料金はタダ 。
河原は結構広いし、水深も浅い。
この時期、時々キャンプをしている人を見かける程度で、後は登山者の車が通るのみ。

尚且つ、車で5分程度で温泉施設も利用出来ます。

場所は静岡県。
静岡市の中心地を安倍川沿いに北上、約一時間。
梅ヶ島です。

沢の上流には民家もありませんので、沢の水をそのまま炊事にも使えるでしょう。

トイレは、西日影沢方面に入らず大谷崩方面に少し進めば共同墓地にあったはず(女性参加の場合は便利)

他にも有りますが説明しにくいので。

Qキャンプ場以外でのキャンプについて

キャンプ場以外で(たとえば、雑木林や森や山など)でキャンプをしてる人はいますか?
テントを張り、直火で焚火をするキャンプです。
そういうのは許可を取らないといけないらしいですが、みなさんは許可をとってやっているんですか?
それとも無許可ですか?
無許可でやっているひとは誰かに見つかって怒られたことはありますか?

Aベストアンサー

友人は大きな川の河原でキャンプしてますが 特に許可とってないようです。
NET動画に上がってる日本1周キャンプツーリングの人とかもあまり許可取ってるように見えませんね。
人に迷惑かからず、注意されたらすぐ立ち退けるようにしておけば それほど問題ないかも?

QOPINELナイフの黒錆加工について

アウトドアに興味を持って、OPINELナイフの購入を検討しております。
炭素鋼とステンレス刃があると思いますが、炭素鋼刃は黒錆加工を施さないとすぐに錆びてしまうと書かれているのをよく見ます。
そこで質問ですが、黒錆加工はナイフを使うたびに施さなければならないものなのですか?

また、初回の1度だけ施せばいいのですが、上記の様に毎度使用後に黒錆加工を施すのはめんどくさいのでステンレス刃を考えています。

ステンレス刃の方でも質問があります。
ステンレスの材質は錆びにくくても、傷があると保護膜のないそこから錆びると聞いたことがあります。
つまり、切れ味が悪くなったと思い、安易に研ぐと錆びやすくなるのではないかと考えてしまいます。

どちらの刃が良いと思われますか

お詳しい方、OPINELナイフを実際に使っている方、ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

毎回やる必要はありませんが、研げば落ちます。刃物なので研がなきゃ話にならない。というわけで、うちにも30年近く使っているオピネルがありますが加工はしていません。
使わない間は錆びてるし、使うときはあらかじめ研ぐ。使用中は油を引く(と言っても気が向けば、程度のものですが)。
ステンレスは切れ味も研ぎ味も悪いので嫌いです。

いずれにしても、失くしても惜しくない使い捨てナイフに近いものですから丁寧に扱いすぎるよりガンガン使い倒す方が似合ってるナイフだと思いますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報