初歩的な質問ですいません。
交流直流で発生する磁場は、方向や磁力の違いがあると思いますが、その他に違いってあるのでしょうか?
知りたいのは、非磁性体の金属に電波を透過させられるか?の疑問に直流磁場であれば可能かもしれないと言った話を聞いたような記憶があったからです。
判らないことが多いのであいまいな質問になってしまっていると思います。すいませんがどうか教えてください。

A 回答 (3件)

電波とは電磁波ですので、電場と磁場の変化が互い違いに現れる現象です。


それは変位磁界(電場)が存在した時にその周りに電場(磁場)の変位が現れ、その変位からさらに磁場(電場)の変位が、、、
と言うことを繰り返して伝搬します。
さて、非磁性体の金属を電磁波が通過するかどうかですが、通常導電体ではその中の電位の差が取れないので電場が変化しなくなります。
電場が変位しなければそれによる磁場も変位しないので、電磁波はそこで止まってしまいます。
そのため、電磁波をシールドすることが出来ます。
電子機器の筐体の内側にアルミをメッキしているのはこのためです。

しかし、これでも回路からの電磁波の漏洩を完全に抑えることは出来ません。
これは回路内にある、磁場回路からの磁場の変位を、導電体では抑えることが出来ないため、漏れた磁場の変位から電磁波が伝搬します。
つまり、磁場の変位が大きければ導電体を通過することが出来ます。
ただ、磁場の変位もその磁場回路から遠ざければ、電位の変位と同等となり、導電体でシールド出来てしまいます。

直流磁場は当然非磁性体を通過しますが、変位しない限り、電磁波を放射しません。
直流磁場ぐらいの磁場の変位を与えられれば導電体を通過させることが出来るかもしれません。

逆にこの部分まで完全に遮蔽するためには、強磁性体の筐体をある程度の厚みでくるんで電磁波を逃がすか、ヒステリシスを持った強磁性金属で吸収するなどの方法があります。

超伝導物質でくるめば完全です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。かなり明るくなりました。
ちょっと進めそうです。
また質問させて頂くかもしれませんがよろしくお願いします

お礼日時:2001/04/27 23:16

ちょっと補足。

磁界の強さは電気抵抗に関係が深くその抵抗は電気を流す物体の断面積に反比例し長さに比例します。断面積が大きくなれば温度が一定ならば磁束密度が占める割合大きくなるから磁界の強さは大きくなる。
潜水艦でも探す気ですか?
レレレノレ~~!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ありがとうございます。
潜水艦・・・じゃないんですけど。
潜水艦も交信するときはアンテナですもんね。

お礼日時:2001/04/25 12:45

私なりの経験的結論で恐縮ですが、まったく磁化されない物体を磁化しても,よほどの工作物の非磁性体でない限り磁化されないと言うことで、波長の短い電波は反射あるいは、回折(近い道通るのと遠回りするのとある)して進むじゃないかな?電波の波長がよほど長い長波は透過する。

電波の波長に拠るね!
 交流・直流共通で考えると磁界の強さは電気抵抗に関係が深くその抵抗は電気を流す物体の断面積に反比例し長さに比例します。断面積が大きくなれば温度が一定ならば磁束密度が大きくなるから磁界の強さは大きくなる。
交直流まで及ばなくてよいでしょう。このへんで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
交直流の差っていうのが気になるんですが波長によるところが多いのですね。
すこし明るくなりました。

お礼日時:2001/04/25 10:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交流電圧計の回路図について

交流電圧計の回路図を教えてください。
色々ネットで調べた所、直流に直してから、直流電流系で測定しているらしい所までは分かりました。
所が、オペアンプはまだ習っていないので、整流ブリッジを使った回路図で教えてください。お願いします。本当に困っています。どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

再度補足説明と追加質問に回答します。
>脈流だと、直流電圧計で測ると値がコロコロ変わりそうですが、
>直流分だけ測れるのでしょうか。
まず、「図 3-16 ダイオードによる絶対値回路」の波形を見てください。
全波整流回路の出力は100Hzか120Hzになります。
交流電圧は50Hzか60Hzですよね?
交流電圧計は50Hzか60Hzに400Hzが測定周波数としています。
ところで、直流電圧計はメータの針の振れの追従は1Hz程度で、10Hz以上は追従しなくなり脈流の平均値に留まるのです。
特に平滑する必要はなくメータが平均化してくれるのです。

>また電解コンデンサとチョークコイルで平滑すると直流分(平均値)になるので、平均値電圧が測れるはずだと思うのですが、どこが間違っているのでしょうか?
交流の測定周波数範囲が広帯域になれば、C・Rで平滑したり、演算回路で実効値検波などしたりしています。
電源回路ではないので流石に「電解コンデンサとチョークコイルで平滑」などということは行いません。小容量のCと抵抗で充分なのです。
また測定器ですので、被測定回路に影響しないように高インピーダンスに設計されています。

追加質問
>直流電圧計って、大学で買わされた専門書では、抵抗と直流電流系の直列で出来たものって、図と文で説明されていたんですが、市販のものは、改良(進化)されているのでしょうか?
基本的には変化していません。
直流電流計に分圧器と言う抵抗で測定電圧範囲を拡大する方法は、昔から変わっていません。
メータ部分をデジタル化して小型・軽量にしたり、高精度・高機能にした製品は多数あります。
 

再度補足説明と追加質問に回答します。
>脈流だと、直流電圧計で測ると値がコロコロ変わりそうですが、
>直流分だけ測れるのでしょうか。
まず、「図 3-16 ダイオードによる絶対値回路」の波形を見てください。
全波整流回路の出力は100Hzか120Hzになります。
交流電圧は50Hzか60Hzですよね?
交流電圧計は50Hzか60Hzに400Hzが測定周波数としています。
ところで、直流電圧計はメータの針の振れの追従は1Hz程度で、10Hz以上は追従しなくなり脈流の平均値に留まるのです。
特に平滑する必要はなくメータが...続きを読む

Q強磁性に外部磁場

以前以下のような質問をしました。

>強磁性に外部磁場をかけると、スピンは外部磁場の逆向きになるという、記述があったのですが、>イメージできません。スピンは磁場方向を向くのではないのでしょうか?解説お願いします。
>もしかしたら情報がこれだけでは足りない、かもしれませんが、一般的な話で構いません。

この時以下のような回答を返していただきました。

>方位磁石で言えば外部から磁場を加えると反対向きますよね?
>北側からN極を近づけるとクルって。
>そういうことです。(厳密には違うでしょうが)

>ちなみに方位磁石のNが北を向くのは北極にS極、南極にN極に相当する磁極があるからです。



しかし、よく考えてみるとスピンは外部磁場の方向を向いたほうがエネルギー的に低いという

E=-μH

があるので、スピンは外部磁場方向を向くのが正しい気がするのですが、これはどう理解すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

磁場の方向を向いた方が安定なのは磁気モーメントです。
電子の電荷が負である事を反映してスピンと磁気モーメントは逆向きになっています。

Q交流電圧計の回路図を教えてください。

交流電圧計の回路図を教えてください。
色々ネットで調べた所、直流に直してから、直流電流系で測定しているらしい所までは分かりました。
所が、オペアンプはまだ習っていないので、整流ブリッジを使った回路図で教えてください。お願いします。本当に困っています。どうかよろしくお願いいたします。
=====前回の続き=======
オペアンプの絶対値回路は理解できたのですが、
200V位のAC測る場合は、どうするのでしょう?
コイルを2つ使った変圧器で変圧(小さく)してから、測るのでしょうか?
それとも中電圧用のオペアンプあるのでしょうか?

Aベストアンサー

以下回答します。
>回答番号:No.3の
>3.10V → 200mVより、R3は50KΩ
>とありますが、厳密に計算した所、内部抵抗を差し引けば、50KΩではなく、49KΩでした。
>同様にして、
>5.10Vの電圧計を1.1倍にするには、R3は45.45KΩとなる。
>とありますが、内部抵抗を差し引くと、44.45KΩと成りました。
>僕の考えで合っているかどうか、教えてください。
失礼しました。その通りです。
メータの内部抵抗値を引き忘れましたね。
>>6.R3の45.45KΩは入手困難なのでR3は42KΩと5KΩの半固定抵抗とし微調整可能とする。
のVR5KΩの半固定抵抗で補正を検討してください。

>10Kで分圧点だと、計算した結果、絶対値回路に行く電流を考慮すると、かなり誤差のある、分圧器になってしまいます。
>けれどK(<=1)倍だから、もう一方の分圧抵抗を調整すれば、出来るような気がする。>僕の考えで合っているでしょうか?
考え方は合っています。
問題は精度の良い抵抗の入手性ですね。
100KΩを超えると、なかなか必要な定数が得られませんので工夫してみてください。
 

以下回答します。
>回答番号:No.3の
>3.10V → 200mVより、R3は50KΩ
>とありますが、厳密に計算した所、内部抵抗を差し引けば、50KΩではなく、49KΩでした。
>同様にして、
>5.10Vの電圧計を1.1倍にするには、R3は45.45KΩとなる。
>とありますが、内部抵抗を差し引くと、44.45KΩと成りました。
>僕の考えで合っているかどうか、教えてください。
失礼しました。その通りです。
メータの内部抵抗値を引き忘れましたね。
>>6.R3の45.45KΩは入手困難なのでR3は42KΩと5KΩの半固定抵抗とし微調整可能...続きを読む

Q『常磁性の場(磁場)』とは何でしょうか

まったくの素人です。
ある英文に、以下のような説明がありました。

『Electrolytes and aluminum creates a paramagnetic field.』

仕事の必要で意味を理解したいのですが、『paramagnetic field』というのが何なのか、日本語でなんと言うのか、ネット検索等で調べましたが分かりません。

ご存知の方、どうかお力をお貸しください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

引用されたURLは銅酸化物超伝導体の(たぶんNMR?)かなにかの実験結果を説明するためのモデル計算のようですね。

同じ単語ですが、「魔法のブレスレット」の話とは全然別の話だと思います。

私は酸化物超伝導は専門外なのでよく知りませんが、少なくとも該当する日本語が市民権を得るほど一般化された言葉だとは思いません。

扱いとしては英語のまま(またはカタカナ)で書くのが一番いいのではないでしょうか? 無理やりに約せばやはり「常磁性場」でしょうか?

Q電子工作のために回路図を読めるようになりたい

電子工作の素人です。
同軸ケーブルとコネクタの半田付け、3石ラジオ程度の工作経験しかありません。

無線関連等で使うアンプや同調回路等の簡単な工作をしたいのですが、回路図を読むことができないため、理屈が分からずに、機械的に実物の模造しかできないレベルです。

基本的な回路図を読み、実際の組立てができるようになりたいのですが、とりあえず最低限度の勉強のためのおすすめの書籍等はあるでしょうか。最低限度とは自分で回路図を書く必要がなく、既にある回路図の読解と実態配線図への変換ができれば十分ということです。結局、自分で回路図を書けるようになるのが勉強の順序として先なのかもしれませんが。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です

>回路図で、GNDに落とすとなっている部分を実際はどこに配線するのか分からないのです

この言葉は奥が深いのですが、単純にはほとんどの場合、「電源のマイナスに接続する」という意味です。回路図上でGNDは線が結ばれていませんが、全部のGNDをつなげてマイナスにします。

Q磁性 反磁場の計算

磁性 反磁場の計算

例えば1テスラの磁場を球状の試料に印加したときに磁化が100emu/g だったとき、試料に加わる反磁場はいくらくらいになりますか?

Hd = N・M/μ0
(N:反磁場定数 球の場合1/3, M:磁化, μ0:真空の透磁率)

という式が教科書に乗っていましたが、磁性の最大の敵である単位にいつも悩まされてしまいます。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

まず、電磁単位系なので、真空中の透磁率は1とします。従って、

 Hd=NM

でよいことになります。つまり、

 Hd=100/3

です。これをSI単位系に置き換えるときは、10^3を乗じて4πで割れば出てきます。

Q回路図の記号について

基本的な回路図の記号の一覧表などが載っているサイトなどありませんでしょうか?

また皆さんはワードなどで回路図を書く場合どのようにされていますか?

Aベストアンサー

電源、電池 単位 V
電流計 単位 A
電圧計 単位 V
すべり抵抗器、ニクロム線、抵抗器 単位 Ω
スイッチ 単位 なし

回路記号は、#2でわかります。

参考URL:http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/check/yo_denryu.html

Q強磁性に外部磁場

強磁性に外部磁場をかけると、スピンは外部磁場の逆向きになるという、記述があったのですが、イメージできません。スピンは磁場方向を向くのではないのでしょうか?解説お願いします。
もしかしたら情報がこれだけでは足りない、かもしれませんが、一般的な話で構いません。

ちなみに中性子散乱の強磁性磁気散乱で出てきた記述で、ただしくは、外部磁場を散乱ベクトル方向にかけてやるとスピンはその逆向きを向くというものです。

Aベストアンサー

方位磁石で言えば外部から磁場を加えると反対向きますよね?
北側からN極を近づけるとクルって。
そういうことです。(厳密には違うでしょうが)

ちなみに方位磁石のNが北を向くのは北極にS極、南極にN極に相当する磁極があるからです。

Q回路図のC2,C5と表記されているコンデンサの極

この回路図のC2,C5と表記されているコンデンサはどちらを+、どちらを-にすればよいでしょうか。
教えてください。

回路図読むの自信がなくて、心配です。

よろしくお願いします。

エフェクターの回路図なんですが...

Aベストアンサー

この回路は単電源(電源が1個)で、回路図の上のほうの抵抗 R14 と R15 で電源電圧の1/2を作っています(その記号が下向きの三角形)。GND記号(横棒の下に斜め線が4本)は 0V です。オペアンプの正電源は電源電圧に、負電源は GND につながっていて、入出力端子につながっている抵抗の一端は電源電圧の1/2につながっているので、オペアンプは電源電圧の1/2の電圧を中心(仮想GND)として動作します。

したがって、C1 は右側が+電圧、C5 は上側が+電圧、C6 と C7 は左側が+電圧 です。C2 の左側は電源電圧の1/2、右側は電源電圧の 1/2±α なので、C2 は左右のどちらも+電圧になり得ます。したがって C2 は無極性のコンデンサを使ったほうがいいです。通常動作時には C2 には大きな電圧はかかりませんが、電源投入直後や電源OFF直後にはどちらの向きの電圧がかかるか分からないので、念のために無極性にしたほうがいいでしょう。

Q交流磁場?交番磁界?

交流磁場という用語と交番磁界という用語を見かけますが、
これらは全く同じものを指していますよね?


交流は電流など流れるものを指すときに使い、交番は電圧など流れないものに使うものだと思うのですが、
磁場は流れないものなので、交流磁場という用語は間違えていることになりますが、
どうなのでしょうか?
この2つの用語の使い分けなどがありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

磁界(の強さ)は、大きさだけでなく方向ももったベクトル量です。
時間的に変動する場合、大きくわけて
・方向は変わらず大きさと極性だけが変わる場合
・(大きさは一定で)方向が変わる場合
の二通りがあります。
前者を「交番磁界」と呼ぶかと思います。
(後者のうち、ある向きに回転するのが「回転磁界」)

「交番磁界」と言うときには、この両者の区別をしっかりつけて呼んでいるように思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング