8トントラックに6.5立米の土砂を積んで走った場合の1kmあたりのco2排出量をお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 ガソリンや軽油は炭化水素の集りです。

炭化水素のうち炭素の重量は、炭素の原子量 12、水素の原子量 1 より計算すれば、燃料の重さの85%前後が炭素の重さです。この炭素は完全燃焼すれば、100%、二酸化炭素CO2になります。二酸化炭素44(12+16*2)グラムのうち炭素は12グラムです。また、二酸化炭素 22.4リットル(1モル)は、44グラムです。炭素の量に着目して計算しますと、ガソリン(軽油)使用量によって容易に算出できます。

参考URL:http://web.kyoto-inet.or.jp/people/macchann/hiro …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q業務用LPガスの単価相場〈立米またはキロあたり)を教えてください。

現在の
業務用LPガスの
立米あたり(またはKGあたり)
の単価(税抜き)の相場を教えてください。
当方、
・中圧です。
・東海地区都市部です。

都市部の実質単価相場を希望します。
LPガスをたくさん使わざろうえない業種です。
単価交渉もしょっちゅうで困っています。

Aベストアンサー

北陸地区です。
CPおよびCIFにて変動ですが、今現在は、立米240円位です。

teradanは、いくら位で購入しているのでしょうか?

ちなみに、y-lionさんがおっしゃる保安をやらなくなるとはどういうことでしょうか?参考までに教えてください。

Qco2排出に関して

まずは某サイトの記事の一部をコピーします。

****************************
           (前略)
海外旅行の場合の移動距離を往復2万Kmと仮定し、この海外旅行で1人当りでどの程度のCO2を消費するかを計算していました。

鉄道で行く場合: 18.3 x 20,000 = 366,000g = 0.366トン
航空機で行く場合: 110.0 x 20,000 = 2,200,000g = 2.2トン
自動車で行く場合: 165.0 x 20,000 = 3,300,000g = 3.3トン

まぁ、普通、日本から海外には飛行機で行きますね。
1万キロの彼方まで飛行機で飛ぶと、一気に往復で2.2トンも排出します。なんと、ゴミで2.6トン分です。
     (以下 略)
****************************

co2削減は今や常識的なテーマになっていますが、削減量ばかりが
話題になって私の疑問に答える記事をみたことがありません。

「自動車や鉄道は地上でco2を排出するけれども、航空機は大空から
排出する。仮に同じ量のco2を排出するとしても、地上での排出より
空からの排出の方が環境に与える被害は遥かに大きいのではないか」

だから、航空機は云々・・・・などということを言う気はサラサラ
ないのですが、地上での排出と空からの排出による環境への影響の
違いについて触れているものを見たことがありません。

これは単に勉強不足なだけでしょうか。
そういうことは問題ではないという記事が、ちゃんとどこかにあるの
でしょうか。

どなたかご指導いただければ幸甚です。

まずは某サイトの記事の一部をコピーします。

****************************
           (前略)
海外旅行の場合の移動距離を往復2万Kmと仮定し、この海外旅行で1人当りでどの程度のCO2を消費するかを計算していました。

鉄道で行く場合: 18.3 x 20,000 = 366,000g = 0.366トン
航空機で行く場合: 110.0 x 20,000 = 2,200,000g = 2.2トン
自動車で行く場合: 165.0 x 20,000 = 3,300,000g = 3.3トン

まぁ、普通、日本から海外には飛行機で行きますね。
1万キ...続きを読む

Aベストアンサー

 航空機による温暖化ガスの影響は、地上で排出されたものと影響が違うらしい、という段階で、細かい影響については解明されていないのが原因かと思われます。IPCCが報告書を出しているようです。

http://www.gispri.or.jp/kankyo/ipcc/pdf/SRAGA-japaneseRev.PDF

 また航空機国際共同開発促進基金というところでも報告書を出しています。これを見ると、簡単な数値例に注釈をつけるほどの変化はないとも解釈できそうですが。

http://www.iadf.or.jp/8361/h/IADF-HP/iadf-hp_duokouchyosa2.htm

http://www.iadf.or.jp/8361/LIBRARY/MEDIA/H19_dokojyoho/H19-1.pdf

Q中国、ロシアのCO2排出量について

世界の国別CO2排出量の推移を見ると中国とロシア(旧ソ連)は1990年以降、CO2排出量が減少の方向に動いていますが、これがどういう理由によるものなのかいまいちよくわかりません。詳しい回答、もしくは詳しい解説のあるWEBページを教えてください。
皆様の知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

http://www.teamrenzan.com/archives/writer/saito/carbon-dioxide_emissions_transition.html
この辺のデータかな?

ロシア
→ 経済が破綻したから
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/russia/shihyou.html
マイナス成長ですから、CO2を出そうにも出せません。

QCO2(二酸化炭素)排出量について

CO2削減量の算出につかわれている石油火力発電所のCO2排出量180g-c/kWhの根拠を知っているかたいましたら教えてください。どこから持ってきたデータなんでしょう?お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

>石油火力発電所のCO2排出量180g-c/kWh

これは、いわゆる「火力平均(需要端)」で、様々な(石炭・石油・LNG・LNGコンバインド等)火力発電所の平均値といわれています。最近はCO2換算値を用いますので、180×44/12=660g-CO2/kWhとなります(44はCO2の分子量、12はCの分子量)。

>CO2削減量の算出につかわれている根拠

電気事業連合会、もしくは電力中央研究所あたりから算出されたものと思いますが、各発電所の使用燃料と使用量、燃料単位量あたりのCO2発生量、および発電所の需要端効率(発電効率-所内率-送電ロス率)が分からないとだせません。
ちなみに、各電源別のCO2発生量は以下のURLに記載があります。電気事業連合会HPより

参考URL:http://www.fepc.or.jp/menu/kankyo/kankyo1.html

Q電気(発電時)のCO2排出量、基準は何ですか?

よく、**KWhでCO2**キロ削減とか聞きますが、
電気は、火力、水力、原子力等の色々な発電方式があります。
それぞれ排出量が異なると思います。
また、何処の工程から発生した分のCO2排出量と言っているのでしょうか?




★余談ですが、「CO2の削減のため節電を・・・」と言われてますが
「原子力は発電時にCO2を排出しない」だと節電してもCO2削減には貢献しないのですか?

Aベストアンサー

なるほど、そうですね。


原発でCO2が出ないなら節電してもCO2は出ませんし、節電しても意味がないということになりますね。

火力が一番問題なのでしょう。

石油などCO2が出るものを燃やして電力に変えているので、これのせいで節電を呼びかける意味が発生してきます。

水力ではくるくると水車がまわるだけですのでCO2は出ませんから、節電の必要は水が少なくなった時のための違う理由での節電理由になります。

節電という響きだけで判断してもやったほうがいいのかな?
と思える言葉なので、例えCO2が出なかったとしても、じゃんじゃん電気を使いましょうとは言わないでしょう。

しかし、原子力の場合は、電気を使えば使うほど使用済み核燃料棒とか放射性廃棄物が多く放出されてしまうので、その角度から節電を求めるのでしょう。


CO2をしのぐやっかいな使用済み核燃料棒や放射性廃棄物ですが、この処理方法が確立されておらず、これをとりあえず捨てて保管しておくところを北海道か岐阜に建設する予定だということですが、放射性廃棄物を運搬する最中や運搬する人、保管する大きな穴に放り投げる人など手間もかなりかかると予想され、かなりの問題を抱え続けています。

今の原発事故の修理でだんだん日本人作業者が足りなくなってきていて、海外から国が闇の世界ヤクザに頼み、債務でどうしようもなくなったような方々を裏ルートで連れてきて、そして作業をさせる募集をしているのだそうです。

そういうこともありますので、節電はやはりきれいごと的にもしたほうがいいということですね。
CO2だけの問題ではないですね。


どこの工程からCO2が発せられるかは、火力発電所で石油や天然ガスや石炭ウッドチップを燃やすときに発生します。

なるほど、そうですね。


原発でCO2が出ないなら節電してもCO2は出ませんし、節電しても意味がないということになりますね。

火力が一番問題なのでしょう。

石油などCO2が出るものを燃やして電力に変えているので、これのせいで節電を呼びかける意味が発生してきます。

水力ではくるくると水車がまわるだけですのでCO2は出ませんから、節電の必要は水が少なくなった時のための違う理由での節電理由になります。

節電という響きだけで判断してもやったほうがいいのかな?
と思える言葉なので、例えCO2が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報