まもなく子供の学資保険の満期をむかえる為、保険会社から請求手続きの
書類が送られてきました。

請求申込書と証券を送るのに準備をしていたところ・・・証券に記入されている
自署サインが契約者の夫ではなく妻である私のものであることが分かりました。

18年前契約の際の営業は母の友人で、その生保レディ(現在退職)の方の勧めで
終身にも入っていて、その時は主人がサインしていますが、学資の時は私がサイン
しています。

特に将来の受取時の注意は聞かされなかったので、当時はまだ緩かったんだと
思うのですが・・・これは私がサインしてはマズイでしょうか。
学資(私サイン)と終身(夫サイン)は微妙に違うのですが、2つの保険のサインと比較される
でしょうか。

ちなみに掛け金は契約時に一括で払い込み終了しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



学資の方も、夫の名前で(私サイン)しておけばいいのでは?何かあったら言ってきますよ。
学資の方に夫の名前で(夫サイン)する方が、おかしいと思います。

ただし、突き詰められたら、学資の方は契約違反のように思いますが。何でそうなったのかわかりませんが、交渉ごとなので最悪の事態になったら「すべてその生保レディーのせいにして、会社に対して憤慨する」べきです。

>微妙に違うのですが、

微妙ならば大丈夫でしょう。今回はお互いに「微妙に」似せるようにサインしておけば。うちの場合だったらそうします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今は契約時もとてもうるさくなっていると聞いたことがあったので
とても不安になってしまいましたが・・・
アドバイス通りにしようと思います。どうもありがとうございます。

お礼日時:2011/06/19 19:04

夫の事が書かれていませんが。

離別?
不正をするのではなければ、保険会社に聞いてはどうでしょうか?

質問などを受ける電話番号が書かれてると思いますよ。確実にあなたの質問に答えてくれると思います。

でも・・・何を悩んでいるのかは不明・・・

>学資(私サイン)と終身(夫サイン)は微妙に違うのですが

>まもなく子供の学資保険の満期をむかえる為

学資保険のサインはあなたのモノですよね?

この回答への補足

すみません。動揺していておかしな文章になってしまいました。


本来保険契約者がサインをし、満期金の受け取りのさいのサインも
当然契約者がしなければならない物ですよね?

それを私が夫名でサインしているのです。
代理署名とかそういう文言は入っていません。

契約時と同じ筆跡の署名が必要なのでしょうから、私が夫名をサインをしなければ
ならないのですよね。

これは重大な違反で契約解除されたりする事にならないかと不安になっています。

>学資(私サイン)と終身(夫サイン)は微妙に違うのですが
学資では私が夫名をサインしていて、終身は夫自身がサインしているので
2種類の契約とも同じ契約者なのに筆跡が違くなってしまっています。

補足日時:2011/06/18 00:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学資の為の保険・・・学資保険と終身保険

子供の学資の為の保険についてアドバイス下さい。

大学進学までとして約1700万の試算です。

素人考えだと返戻率に大差が無いなら死亡保障がある終身保険のが良いのではと思ってしまいます。

夫に万が一の場合を考えて追加で定期保険(22年満期で逓減がいいのかな)を考えています。収入保障保険は別途検討しているのでこの定期はあくまで教育費、葬儀代はその時にあるだけの金額ですれば良しとの夫の考えでそういう意味での終身保険は考えていません。

1.学資保険+定期保険
2.終身保険+定期保険

終身保険は死亡保障があるから定期保険の保障額が少し低く出来るのでそっちのがいいのかな、というのが素人考えです。

どうでしょうか?これから保険相談もする予定ですが、自分でも色々勉強してメリットデメリットを知っておきたいのでアドバイス願います。

Aベストアンサー

●「素人考えだと返戻率に大差が無いなら死亡保障がある終身保険のが良いのではと思ってしまいます。」

◆決して素人考えとは思いません。あくまでも同じ返戻率なら保障があった方がメリットが大きいと私も思います。
もちろん定期保険・終身保険・学資保険を別々に考えるのがベストですが、そうなると出費が大きくなります。
毎月の保険料を抑制して、少しでも高い保障を得られるのが終身保険で学資積立をするもう一つのメリットとなります。

Q終身保険の掛け金って?

詳細はよく分からないのですが、実父が終身保険タイプの掛け捨て
入院保険に加入しています(というのを後で知りました)。
月々の掛け金は7000円程。

その実父が年始に倒れました。脳出血です。
現在も意識がありません。
入院後2ヶ月が経過しましたので入院保険金を請求しようと思います。

と、こんな実情なのですが、この保険の掛け金、
払い続ける必要はあるのでしょうか?
保険金だけもらって、終身だから解約してしまったら違約金みたいなのが
あるのでしょうか?

けっして悪意があるわけではなく、また、治療に専念している実父には
申し訳ないのですが、この保険に加入している意味が
私にはよく分かりません。
実父が次に容体が急変するようなことがあれば(一度、容体が急変して、生死をさまよいました)、
確実に最悪のケースを想定しないといけないと思うんですよ。
残念ながら、生命保険には加入してませんので、なおさらです。。。
病気になってから加入できる保険なんてありませんしね。。。

Aベストアンサー

お父様が契約されているのは恐らく単品の終身医療保険ではないかと思われますが、まずは契約している保険会社もしくは代理店に契約内容の詳細を確認されることをお勧めします。

契約している保険が終身医療保険であったと仮定して、基本的な保障内容は入院1日あたりの定額保障及び所定の手術を受けた時の定額保障です。
あとは特約などによって三大疾病による入院の一時金や先進医療、通院時の保障があったりします。

解約するのは問題ありませんが、まずは契約内容の詳細を確認して請求手続きについてきちんと確認してからの方がいいと思います。
保障内容によりますが入院期間中は1日定額の保障があるわけですし、それを入院費用に充てるというのが医療保険の目的です。

解約するにあたり契約者に違約金などが発生することはありません。
ただ契約者がお父様である以上、たとえご子息であっても勝手に解約するわけにはいきません。
しかしながら意識不明の重体状態であればそのままというわけにもいきませんし、取扱いについては保険会社によって若干異なりますので、一度よく保険会社もしくは代理店に相談されるといいと思います。

連絡先や代理店は保険証券に記載があるはずです。
(通販で契約されている場合は代理店はないと思いますが)

最後になりますが現状で新たに契約できる保険はありません。

お父様が契約されているのは恐らく単品の終身医療保険ではないかと思われますが、まずは契約している保険会社もしくは代理店に契約内容の詳細を確認されることをお勧めします。

契約している保険が終身医療保険であったと仮定して、基本的な保障内容は入院1日あたりの定額保障及び所定の手術を受けた時の定額保障です。
あとは特約などによって三大疾病による入院の一時金や先進医療、通院時の保障があったりします。

解約するのは問題ありませんが、まずは契約内容の詳細を確認して請求手続きについてきちんと...続きを読む

Q学資保険にすべきか、終身保険にすべきか

来年1月に第1子出産予定で、教育資金の貯蓄をどのようにすべきか検討中の25歳主婦です。(ちなみに夫は38歳です)
先日、「保険市場」という無料の保険相談窓口に学資保険についての相談に行って参りました。
その際、学資保険は元本割する場合がほとんどですし、医療の保障は共済で加入したほうが子どもの場合は安くて済むので、教育資金の貯蓄という意味で学資保険を検討するならば、
東京海上日動あんしん生命の「長割終身」という保険を勧められました。
払い込み期間は子どもが12歳まででOKで、15歳、18歳などなど教育資金が必要になる際まで据え置く事が可能というもの。戻り率も相当良く、12歳の払い込み終了時点でも105%、18歳まで据え置いた場合はさらに戻り率が上がっており、大変魅力的な商品に感じました。
(ちなみに保険契約者は主人38歳の場合です)
学資保険と名のつく保険にするか、それともこの「長割終身」にするか迷っております。
子どもの誕生=学資保険 となんとなく考えていた私ですが、別に教育資金が確保できればそれにこだわる必要なんてないんだ!と気づかされた次第です。
この東京海上日動あんしん生命の「長割終身」を教育資金のための貯蓄として考えて契約するにあたってのメリットおよびデメリットを教えていただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

来年1月に第1子出産予定で、教育資金の貯蓄をどのようにすべきか検討中の25歳主婦です。(ちなみに夫は38歳です)
先日、「保険市場」という無料の保険相談窓口に学資保険についての相談に行って参りました。
その際、学資保険は元本割する場合がほとんどですし、医療の保障は共済で加入したほうが子どもの場合は安くて済むので、教育資金の貯蓄という意味で学資保険を検討するならば、
東京海上日動あんしん生命の「長割終身」という保険を勧められました。
払い込み期間は子どもが12歳まででOKで、15歳、...続きを読む

Aベストアンサー

学資保険に限らず、保険を考えるときには、トータルのマネープランの中で考えなければなりません。

長割りを学資保険の代わりとして使う方法は、よくある方法で、それ自体には問題はありません。
デメリットの説明は、受けていて当然なのですが、中途解約です。
契約するときに、100%の人が「12年ぐらいで中途解約するなんて、考えられない」と思って契約します。
中途解約するかもしれないと思ったら、中途解約が不利になる低解約払戻金型の保険に契約するはずがないからです。
でも、現実としては、あるのです。

次に、トータルのマネープランの中で考えます。
学資保険の多くが、「元本割れ」するのですが、でも、「元本割れ」って、一体、何のことでしょうか?
貯蓄だと思っているから、元本割れという言葉が出てくるのです。
長割りは死亡保険です。
では、学資保険とは、何の「保険」なのでしょうか?
学資保険も「死亡保険」なのです。
育英年金付きの学資保険の場合、親が死亡した場合、例えば、毎年100万円を22歳まで支払うという保障が付いています。
これは、子供がゼロ歳ならば、2200万円の死亡保険に相当します。
2200万円の死亡保障がタダで付けられるはずもなく、当然、保険料を払わなければなりません。
この保険料を払っておきながら、「元本割れ」するというのは、ちょっとおかしな表現です。
でも、この表現が一人歩きしています。

お子様が生まれると、万一のときがあっても、大学を卒業するまでの学費や生活費を確保したい……というニーズが生まれ、そのために生命保険に契約します。
その金額が3000万円だったとします。
長割り500万円に契約したら、残りの2500万円を別の方法で確保する必要があります。
一方、育英年金22歳まで100万円という学資保険に契約したら、現時点での保障は2200万円ですから、残りは800万円です。
このように、保険はトータルで考えなければなりません。

長割りを使うことに特別な問題はありません。
でも、トータルで考えることをお忘れなく。

学資保険に限らず、保険を考えるときには、トータルのマネープランの中で考えなければなりません。

長割りを学資保険の代わりとして使う方法は、よくある方法で、それ自体には問題はありません。
デメリットの説明は、受けていて当然なのですが、中途解約です。
契約するときに、100%の人が「12年ぐらいで中途解約するなんて、考えられない」と思って契約します。
中途解約するかもしれないと思ったら、中途解約が不利になる低解約払戻金型の保険に契約するはずがないからです。
でも、現実としては...続きを読む

Q学資保険加入1ヶ月解約AIG富士生命E-終身

先日保険の相談所に学資保険の相談に行きました。
そこで勧められた学資保険に加入したのですが、調べてみるとその学資保険は保険の相談所にとってとっても有利な保険だったらしいです。

加入1ヶ月ですが解約を考えています。
1ヶ月の保険料は損しますが解約した方が良いのでしょうか。


夫27妻29子1歳6ヶ月
AIG富士生命E-終身
18歳300万

です。

入り直そうか考えてる保険は

ソニー
アフラック
富士

です。

本当に加入してから調べるなんて恥ずかしいのですが
詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

考え方が少し変ですね。
保険相談所にとって有利か不利かではなく貴方にとってどんな不利益があるのか、ということです。
確かに保険ショップは、手数料の高い保険を勧める傾向にあります。お客のためではなく自分たちの利益のためということはごく自然な行為です。
目的が学資の積立だけということに限定されるのであれば、返戻率を比較して純粋な学資保険に見直すべきかもしれません。
しかしE-終身のような低解約返戻型終身保険には、学資保険にはない死亡保障があります。途中でご主人に万一のことがあれば、学資での受取額以上の保険金が支払われます。
何事もなく満期を迎えれば学資保険は受け取って終わりです。終身保険は学資として受け取る必要がなくなった場合放置しておいても解約返戻金は増え続けていきますので、お子さんの結婚資金として全部あるいは一部を残すという方法もあります。いつ解約しても良いというメリットがあります。
本来の「保険」の役割を満たしているもので、決して悪い保険ではありません。
それらのメリット・デメリットを照らし合わせてそのままにするのか見直すのかを決めるべきですね。
代理店の手数料が大きいことが必ずしも貴方にとってのデメリットであるとは限りません。

考え方が少し変ですね。
保険相談所にとって有利か不利かではなく貴方にとってどんな不利益があるのか、ということです。
確かに保険ショップは、手数料の高い保険を勧める傾向にあります。お客のためではなく自分たちの利益のためということはごく自然な行為です。
目的が学資の積立だけということに限定されるのであれば、返戻率を比較して純粋な学資保険に見直すべきかもしれません。
しかしE-終身のような低解約返戻型終身保険には、学資保険にはない死亡保障があります。途中でご主人に万一のことがあれば、...続きを読む

Q学資保険、契約者変更について

現在、学資保険の契約者を私の名前にしていますが、主人の名前に変更しようと思いました。
担当の方が来てくださり、変更書類をいただきました。
私は名前の書き換えだけで変更できるんだと思っていたんですが、主人の健康状態の告知書を記入しないといけなく、主人は現在は元気に仕事をしていますが、4年前まで2年程うつの薬を飲んでいまた。
あと1年で告知義務がなくなるのでそれから改めて変更しようと思いました。

先日は契約者を変更したいと言ったのにやっぱりこのまま私の名前で契約を続けたいことをどのように担当者に伝えれば良いでしょうか?
「やはり色々考えて私のままでお願いします」と伝えようかと思っているのですが、詳しく内容を聞かれたりするんでしょうか?

下の子供の学資保険見積りも契約者を主人の名前で出してもらったんですが、こちらも再度私の名前で出し直しをお願いしようと思いますが、こちらも理由を詳しく聞かれたりしますか?

Aベストアンサー

元生保外交員です。

まず、ご主人の健康状態の告知が必要な理由を。
学資保険は他の保険と違い、「契約者が死亡または高度障害」の場合も保険金の支払いがあります。
(「教育資金」などの名前になっていると思いますが、上記の場合は保険料の払い込みが免除され、教育資金はそのまま受け取れます。ここがお子さんを被保険者にした単なる貯蓄型の保険と違う点です)
※そのため契約者の変更はできない会社もあります。

契約者の変更をせずこのまま続けたいとのことなら、そのまま担当者に伝えればよいです。
理由は必要ありません。見積もりについても同様です。

尚、担当者の方がご主人のうつについて知っている場合、担当者はそれを会社に報告する義務がある、となっている会社もあります(私が以前いた会社では、何年前かに拘わらずその義務がありました)のでご注意ください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報