ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

まもなく子供の学資保険の満期をむかえる為、保険会社から請求手続きの
書類が送られてきました。

請求申込書と証券を送るのに準備をしていたところ・・・証券に記入されている
自署サインが契約者の夫ではなく妻である私のものであることが分かりました。

18年前契約の際の営業は母の友人で、その生保レディ(現在退職)の方の勧めで
終身にも入っていて、その時は主人がサインしていますが、学資の時は私がサイン
しています。

特に将来の受取時の注意は聞かされなかったので、当時はまだ緩かったんだと
思うのですが・・・これは私がサインしてはマズイでしょうか。
学資(私サイン)と終身(夫サイン)は微妙に違うのですが、2つの保険のサインと比較される
でしょうか。

ちなみに掛け金は契約時に一括で払い込み終了しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



学資の方も、夫の名前で(私サイン)しておけばいいのでは?何かあったら言ってきますよ。
学資の方に夫の名前で(夫サイン)する方が、おかしいと思います。

ただし、突き詰められたら、学資の方は契約違反のように思いますが。何でそうなったのかわかりませんが、交渉ごとなので最悪の事態になったら「すべてその生保レディーのせいにして、会社に対して憤慨する」べきです。

>微妙に違うのですが、

微妙ならば大丈夫でしょう。今回はお互いに「微妙に」似せるようにサインしておけば。うちの場合だったらそうします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今は契約時もとてもうるさくなっていると聞いたことがあったので
とても不安になってしまいましたが・・・
アドバイス通りにしようと思います。どうもありがとうございます。

お礼日時:2011/06/19 19:04

夫の事が書かれていませんが。

離別?
不正をするのではなければ、保険会社に聞いてはどうでしょうか?

質問などを受ける電話番号が書かれてると思いますよ。確実にあなたの質問に答えてくれると思います。

でも・・・何を悩んでいるのかは不明・・・

>学資(私サイン)と終身(夫サイン)は微妙に違うのですが

>まもなく子供の学資保険の満期をむかえる為

学資保険のサインはあなたのモノですよね?

この回答への補足

すみません。動揺していておかしな文章になってしまいました。


本来保険契約者がサインをし、満期金の受け取りのさいのサインも
当然契約者がしなければならない物ですよね?

それを私が夫名でサインしているのです。
代理署名とかそういう文言は入っていません。

契約時と同じ筆跡の署名が必要なのでしょうから、私が夫名をサインをしなければ
ならないのですよね。

これは重大な違反で契約解除されたりする事にならないかと不安になっています。

>学資(私サイン)と終身(夫サイン)は微妙に違うのですが
学資では私が夫名をサインしていて、終身は夫自身がサインしているので
2種類の契約とも同じ契約者なのに筆跡が違くなってしまっています。

補足日時:2011/06/18 00:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学資保険のメリット

3歳児の親なのですが、学資保険に加入するか迷っています。
学資保険は貯蓄と万が一の保険という認識でいます。
保険の役割はいらないとなると、わざわざ学資保険に加入せずとも、利率の良い銀行に貯金すればよいのではないかと思っています。

私の会社の財形貯蓄はわりと利率がよいので、毎月定額を貯金しています。

学資保険に加入することのメリットはどういったものでしょうか?
皆様はどういった考えで学資保険を選択していますか?

Aベストアンサー

学資保険のメリット
(1) 利率の良い学資保険を選べば、銀行利率よりも良い。
(2) 銀行預金の利息には20%の税金がかかるが、
学資保険は50万円までの利息は非課税。
(財形貯蓄も、学資目的の引き出しには、課税される)
(3) 普通は、保険料払込免除特約を付けるので、
死亡保険金=満期保険金となるので、マネープランを立てやすい。

学資保険は、保険料払込免除特約を付けた学資保険は、
死亡保険である。
なぜなら、死亡時以降の保険料を払うことなく、満期時に満期保険金を
受け取れるからである。
普通の死亡保険と違うのは、保険金を受け取るのが、
死亡時ではなく、満期時であること。

問題点
戻り率の良い保険を選ばないと、元本割れなどのデメリットが
大きくなる。
中途解約のデメリットがある(これも、保険によって、バラバラ)

Q学資の為の保険・・・学資保険と終身保険

子供の学資の為の保険についてアドバイス下さい。

大学進学までとして約1700万の試算です。

素人考えだと返戻率に大差が無いなら死亡保障がある終身保険のが良いのではと思ってしまいます。

夫に万が一の場合を考えて追加で定期保険(22年満期で逓減がいいのかな)を考えています。収入保障保険は別途検討しているのでこの定期はあくまで教育費、葬儀代はその時にあるだけの金額ですれば良しとの夫の考えでそういう意味での終身保険は考えていません。

1.学資保険+定期保険
2.終身保険+定期保険

終身保険は死亡保障があるから定期保険の保障額が少し低く出来るのでそっちのがいいのかな、というのが素人考えです。

どうでしょうか?これから保険相談もする予定ですが、自分でも色々勉強してメリットデメリットを知っておきたいのでアドバイス願います。

Aベストアンサー

●「素人考えだと返戻率に大差が無いなら死亡保障がある終身保険のが良いのではと思ってしまいます。」

◆決して素人考えとは思いません。あくまでも同じ返戻率なら保障があった方がメリットが大きいと私も思います。
もちろん定期保険・終身保険・学資保険を別々に考えるのがベストですが、そうなると出費が大きくなります。
毎月の保険料を抑制して、少しでも高い保障を得られるのが終身保険で学資積立をするもう一つのメリットとなります。

Q学資保険の育英年金の一括受取は損なのですか?

昨年主人が亡くなったので、現在12歳になる息子の学資保険をうけとることとなったのですが、主人の職場で何の説明もないまま、年金か一括かでの受取方法の選択を問われ、考えもせず一括受取にしました。いざ振り込まれた金額を見ると、年金で受け取るより100万円以上少ないのです。一括のほうが少なくなるのは理解できるのですが、これ程差があるものなのでしょうか?主人が急死だったこともあって証券もろくに確認せず決めてしまった私が悪いのかもしれませんが、説明は本当に何もなかったです。後日担当者に一括での受け取りの計算方法を教えてほしいといったのですが、そのようなものがあれば送りますと言ったままなしのつぶてです。実際のところ、一括と年金でのと受取で金額に大差はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

既に的確な説明がなされていますが、ご参考までに。

1)100万円以上差があってもその都度雑所得となり、税金がかかります(死亡保険金の手続き時にも相続税の対象となり、受け取る際にも税金となる)。一括ならばおそらく無税であったはずです。年金保険も一括で受け取ったほうが有利な場合が多いように、私なら一括受け取りに何ら「損した」ということはあてはまらないと思います。
受け取ったお金は今すぐにでも使える、という利便性があります。元本保証で年利6~8%の金利商品もあります(下記アドレス参照。死亡保険金をまるまる預けて配当収入だけで生活している方を何人も知っています)。一括のほうが絶対にいいです。

2)100万以上の差、これは今の受け取りと今後の受け取りの差ですよね。学資保険をこのまま継続した場合の受け取りとは今後も掛け金を掛け続けるわけですから、トータルの支払額と受取額の差を見てみると本当に100万もありますか?まあ、1000万くらいの学資ならば話は別なのですが、育英年金の原資の差額としては何か勘違いをされている可能性を感じます。12歳ということは今後の運用期間がせいぜい10年ほどとなりますので、あまり大差はないはずです。確かに加入時は高利回りであったはずですが、年金受け取りにすると今の運用利率となるからです。

3)ご主人の残された愛情・・大切なお金です。息子さんの名義にして託してあげる、というようなことは年金受け取りではできませんよ。

参考URL:http://www.mrius.com/japan/

既に的確な説明がなされていますが、ご参考までに。

1)100万円以上差があってもその都度雑所得となり、税金がかかります(死亡保険金の手続き時にも相続税の対象となり、受け取る際にも税金となる)。一括ならばおそらく無税であったはずです。年金保険も一括で受け取ったほうが有利な場合が多いように、私なら一括受け取りに何ら「損した」ということはあてはまらないと思います。
受け取ったお金は今すぐにでも使える、という利便性があります。元本保証で年利6~8%の金利商品もあります(下記アドレス...続きを読む

Q子供の学資保険満期の確定申告について

横浜市在住のサラリーマンです。
子供の学資保険(郵便局)が満期となり、払込額1,425,379円に対し、1,824,992円を頂きましました。
結果的に、差し引き399,613円がプラスとなる計算です。
後日、郵便局より「支払い金額等のお知らせ」という、上記明細と共に平成19年度分の所得の対象となる旨が書かれた葉書が届きました。
これは、「確定申告をしなさい」ということなのでしょうか?

Aベストアンサー

原則は確定申告が必要です。しかし、給与所得の収入金額から、雑損控除、医療費控除、寄付金控除、基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人は、申告の必要はありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm

では、受け取った保険料に対する課税所得はいくらなのか?を調べてみると、
 ・この受取保険金は一時所得に該当すると思わる。
 ・一時所得であれば、特別控除50万円を差し引ける。
 ・受取額から「払い込み額」と上記50万円を引くとマイナスになる。
よって、他に一時所得が無いのであれば申告不要となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1755.htm

でも私の経験ですが、ある日突然、住所地を管轄する税務署から
 『給与等の所得以外に、同じお名前で次の所得が有るようです。
  お話を伺いたいので○月×日の□時に△税務署に来て下さい。
  その際に、未申告のものがあれば書類を持ってきてね。』
と言うような趣旨の葉書が来ることがあります。
必ず来るわけでは有りませんが、確定申告を行った方が精神衛生上宜しいのではないでしょうか?

原則は確定申告が必要です。しかし、給与所得の収入金額から、雑損控除、医療費控除、寄付金控除、基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人は、申告の必要はありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm

では、受け取った保険料に対する課税所得はいくらなのか?を調べてみると、
 ・この受取保険金は一時所得に該当すると思わる。
 ・...続きを読む

Q積立貯金と比較したいので学資保険の金利を導き出したい

皆さん、宜しくお願いします。

現在、学資保険の見直しを考えており、乗り換えの対象に積立貯金を考えております。
ただ、学資保険の年金利が分からず比較ができません。

そこで学資保険の年金利の導き方を教えて頂ければと思います。
学資保険で分かっているのは「年払いの金額」「支払期間」「支払総額」「受取総額」です。
これらからの計算方法を教えてください。

また、年金利以外でも比較できる方法があればそちらも教えて頂けるとありがたいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「学資保険と積立貯金と比較したい」ならば、
「学資保険の金利」を計算するのではなく、
いくら払って、いくらもらえるかという
受け取りの率で比較されてはいかがですか?

金利は単純な加減乗除の計算では算出できません。
さらには、税金が異なるなど、金利が高ければ良いという
単純な問題ではありません。

さらには、学資保険の場合、中途解約の時期によって、戻り率が
ことなるという問題もあります。

税金
積立預金=利息に20%課税。
学資保険=一時所得として計算。
(受取金額)-(支払金額)-50万円がプラスならば、
その2分の1を他の所得と合算して課税。

ご参考になれば、幸いです。

Q学資保険の満期年月について

郵便局の学資保険に入っています。
平成19年生まれの子で18歳で大学進学の準備金として保険金が下りる予定なのですが、その年月が平成38年2月になっています。
その年月では18歳にはなっていますが、もう受験も終わって大学の入学金の払い込みも終わっているのではないでしょうか。。。
保険の満期年月ってどういう規定なんでしょうか。

Aベストアンサー

学資保険は、年単位で考えます。
例えば、18歳で満期になりますという場合、3歳と6ヶ月で契約すれば、18歳と6ヶ月で受取れるという意味です。
3歳と11ヶ月で契約すれば、18歳と11ヶ月のときに受取ることになります。
従って、受験に間に合わないというケースもあります。

Q保険料控除申告書に子供の学資保険?

いつもお世話になっております。

この季節になると毎年書いている扶養控除申告書、給与所得者の保険料控除申告書、給与所得者の配偶者特別控除申告書。。。

今まで親に頼りっきりで自分1人で書くことなかったため今回記入するのに困っています。
給与所得者の保険料控除申告書の欄に旦那の加入している生命保険と県民共済は記入したのですが子供の学資保険や子供の県民共済も記入できるのでしょうか?
保険契約者は旦那です。


学資保険はかんぽ生命で郵便局に問い合わせたところ記入できます。との答えが・・・
でも一体どこに記入をしたらいいのかわかりません。

旦那の生命保険、県民共済
子供の学資保険、県民共済(子供2人分)
そんなに記入できる行数もありませんよね?


なんか情けないですが記入せず提出するとどうなるかもよくわかっていない状態です。

2地の母親として本当になさけないですよね。。。

これからは自分で書けるようにしたいので
教えていただけるとうれしいです。

よろしくお願します。

Aベストアンサー

各社から「払込証明書」というものが送られてきます(もうそろそろです)。その証明書に記載方法の説明があるはずですからそれらが届いてから確認してください。

申告には証明書の添付が必須です。

記入せずに提出したら年明けに確定申告で再提出できます(面倒ですよ)。それもしなかったら控除を受けられないだけです。

なお、行数が足らない場合は適当な紙に同じような記入欄を作成して記入して糊付けしたらよろしいです。

Q学資保険の利率は満期まで固定?

先日職場にきた保険のおばさんに学資保険を勧められました。会社名は伏せます。
私の条件では、子0歳契約18歳満期、親33歳、保険料月額9,411円(医療特約なし)で、支払い累計2,032,776円に対して満期受取206万円です。
これって単純計算すると年利0.148%で18年間運用されたことになります。
いまは低金利で仕方がないですが、この運用利率は18年間固定で変わらないのでしょうか?それとも定期的に見なおされ変動するのでしょうか?
固定なのだとしたら、こんな超低金利時代に長期固定の保険契約は不利ですので、もう数年待って世の中の金利が上がってから契約した方が、学資保険の運用利率も上がってお得なような気がします。
如何でしょうか?

Aベストアンサー

学資保険は予定利率というもので利率を決定します。これは固定です。これを越えて運用向上すると配当(利差部分の配当)を行います。しかしながら現状ではあまり配当は期待できないように思います。学資保険には親の死亡に伴って保険料を免除するものや親の死亡に伴って育英年金が支払われるものなどがあり、それらの部分には保障保険料がそれぞれ設定されています。単純な貯蓄とは異なり、名目利回りはその分下がります。保障に魅力を感じるのならば保険、感じないのならば貯蓄が良いともいます。
最後に数年待って加入する場合は金利上昇の恩恵を受けられますが、保険料が上昇します。なぜならば貯める期間が短くなるためです。0歳から18才で目標額を貯めるのと3歳から18歳で貯める場合は金利0%の場合では1.2倍になります。教育目的の貯蓄は早ければ早いほど良いと思います。

Q学資保険の委任状

学資保険の一部がもらえるのですが、主人が受け取りに行けないので私が受け取りに行くのですが、主人の書いた委任状がいります。前回の受け取りのときも私が委任状を書いて保険金を受け取りました。こうゆうのっていいのかなあ・・・。委任状って本人が書いたかどうかってこと、ちゃんと調べるのでしょうか。学資保険は郵便局で、保険金は10万円です。詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして、独立系のFPを営んでおります。

 過去に郵便局と話し合って 本省より回答をいただいたのですが、厳密に言うと文面全てを委任者が書いている方が望ましいとのことでした。このために一時郵便局は委任状の雛形を渡すことを中止していたのですが、弁護士協会からの質問状が届いたようで、その後、雛形を配布することを復活しております。
 
 文面はワープロ、代筆は認めておりますが、住所氏名の記名押印は代筆を認めておりません。窓口での請求人と委任状の委任欄の筆跡を確認するように通達が出ているようです。
 
 また、委任により来局の場合は 委任者に電話等で確認すること(解約等の契約が消滅の場合は100%行われるようです)との通達も出ているようです。

 簡易保険ではなく難解保険と職員さん自ら言っておられました。

 後々色々言われるのも面倒と思いますので、面倒がらずにご主人に委任状を書いてもらいましょう。

Q学資保険満期日と確定申告について

満期日が23年12月28日でしたが、手続及び受け取りを今年にしました。
満期日の年度である23年度に確定申告に入れなければいけないのか、
受け取り日の24年度に入れてもいいのか、よくわかりません。
教えていただけますか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

どの年度に属するかは、実際に受け取った日となります。
従って、平成24年に受け取れば、平成24年の確定申告となります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報