dポイントを20倍にするたった2つの方法

エアコンが冷えない原因追求で悩んでいます。

2年ぶりに和室のエアコンを使用したら
生ぬるい風しか出てきませんでした。

冷媒の抜けを考え室外機カバーを外してみたら
送り(高圧)側の配管は冷たくなって結露していました。

冷媒は十分に冷やされているのでエアコンのフィンを触ると
全然冷たくなく熱交換がされていませんでした。

この間の配管詰まりを考え、高圧側を閉じて運転して
冷媒が室外機に戻るか確認しました。

10分程度運転して低圧側も閉じてエアコンガスチャージの箇所を一瞬突付くと
シュっと音がしたので、やっぱり配管が詰まって戻っていないのかと思い
高圧側を再度開くとシューと配管内にガスが充填される音がしました。

ガスの量が少ないのかと冷房18度、風量を強にして30分程度動かしましたが
高圧側配管の凍結も無く、配管は冷たく結露はしていました。

その後、高圧側、低圧側を開けたり閉めたりして冷媒の詰まりを確認しましたが
詰まっている感じではありませんでした。

しばらく使っていないのでガスの循環が悪いのかなと1時間程度運転しましたが
冷たい風は出ませんでした。

やはり送り側の配管が冷たくなっているのにエアコンフィンが冷たくないのを考えると
配管の詰まりを考えてしまうのですが
3年前に購入と比較的新しいエアコンなので配管詰まりを疑ってしまいます。
どのような症例が考えられるのでしょうか?

補足ですが
送り側の配管が冷たくなっているのを確認したのは室外機を出たすぐのスイベル部分です

今回のエアコンは3年前に購入、
自分でもエアコンの取付が出来ますが
取付工事込み価格だったので
業者で取付けを行い1年目は普通に使えていました。

他の部屋は以前使用していたエアコンを自分で取付しています


少しマニアックな質問ですが知恵をお貸しください。
またプロに頼めば・・・等、一言程度のコメントはご遠慮下さい。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

説明が言葉足らずだったようですみません。

私は冷凍機は扱わないので空調との違いがあるのだと思いますが、私が理解している空調機の動きを記したいと思います。

空調の場合、室外機から冷たい冷媒を送り出してそれで室内の空気を冷やすと言うより、冷媒が気化する時に周囲の物(空気)から熱をたくさん奪うという原理を使っています。15℃程度の温度でも冷媒が液体から気体に変わる時には多くの気化熱を奪います。それは冷たい水を熱交換器に通してファンで空気を送るときよりも多くの熱を奪います。ですから室外機から出る冷媒は液体で適度な温度と圧力のもとにあればいい訳で特に冷たくなくてもいいということになります。

そしてエアコンの冷媒は液体の状態にあるとき圧力と温度には相関関係があります。つまり圧力が高ければ高温、低ければ低温になります。室外機から出た冷媒は室内機を通ってまた室外機に戻るにつれ、圧縮機により強く吸入されるので圧力は下がり、温度も下がります。液管よりガス管の方が冷たいと言うのはガス管の方がより低圧でかつ完全に気化しておらず一部は液体のまま戻ってきているという状態を表しています。

冷媒量が正常なら熱交換器で冷媒の気化が起きるのですが、ガス漏れや詰まりで十分の液体冷媒が回らないと気化するポイントが冷媒回路上で前にずれてきます。液管に霜が付いているような場合はそこで気化してしまい熱交換器ではすでに気化してしまった冷媒が通るだけなので空気の熱を奪うことはできず、生温い風しか出てこなくなります。そしてエアコンの場合冷媒が完全に気化せずに一部液体で戻ってくると言うのは大切で、特別な冷却機構を持たないコンプレッサの温度を下げる役目があります。ガス漏れや詰まりで冷媒が完全に気化して戻ってくるような場合(つまり液管よりガス管の温度が高い)コンプレッサの温度はどんどん上昇して、過昇保護機能が働いて停止してしまいます。

取り留めの無い文章になってしまいましたが、前の回答より幾らかましにはなったでしょうか。ちなみに私は空調機の修理を仕事にしているので上に書いたことは、仕事上学んだ幾らかの知識と経験に基づいています。空調に関係する原理や物質の状態遷移を専門的に学校で学んだわけではありませんので、その程度のものだと考えてくだされば幸いです。
    • good
    • 6

高圧側の配管(通常液管と呼びます。

)が冷たくなっているとのことですが、実際温度はどれぐらいでしょうか?正常に動作しているエアコンの場合、もちろん気温などによって違いますが、液管(送り側)は15,6℃、対してガス管(戻り側)が5から10℃ぐらいで、戻り側配管の方が冷たくなくてはいけないのです。ですから液管に水滴が付いているから冷媒が十分冷やされていると結論するのは違っています。
いずれにしても十分の冷媒が回っていないことは確かで、原因としてはガス不足か、膨張弁の詰まりもしくは開度不足が考えられるのですが、サービスポートでガスの圧力と配管温度を測定すればどちらなのか分かります。圧力ゲージの目盛から、測定した圧力に対応するSH(スーパーヒート)の読み取り方を知っていれば判定は容易です。

また詰まりの可能性を考えられているようですが、冷媒系の詰まりというのは通常室外機の膨張弁で起きるものなので、ストップバルブの開け閉めで室内機へのガスを遮断して改善するケースはあまりありません。逆に本当に内外機間の配管が詰まっているとすれば工事の際相当大きな異物が入ったということですので穏やかではないですね。詰まりが生じている部分の前後では配管に大きな温度差が出ます(ある部分で突然霜が付くとか・・・)。推測ですがフレア加工部からのガス漏れではないでしょうか。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
大変参考になりました。
ガス不足が怪しいですか。
1つ教えて頂きたいのですが
送り側は10度程度で
戻り側の温度が低くなるというのは
通常熱交換して熱を奪われているのでしょうか?
仕事で使う冷凍機は冷媒が熱交換して温度が上がって戻ってきて
冷媒を冷やして送り出すというイメージが頭の中で固定概念となっています。

よろしければ回答お願いします。

補足日時:2011/06/28 01:56
    • good
    • 5

室内機との配管の部分の弁と、冷暖房できる機種では四方弁というのもあります。

(私は専門家ではなく業者から聞きかじった程度の知識しかありませんので、どの弁が悪いのかまではわかりません。)
http://www.eakon.jp/structure/decomposition/exte …
http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/hyoujun_gi …
    • good
    • 4
この回答へのお礼

参考になる資料をありがとうございました。

お礼日時:2011/06/28 02:02

膨張弁の異常ではないでしょうか。



1.膨張弁自体が壊れてしまった。(膨張弁が開かない)
2.製造時又は設置時に配管内に異物が混入し膨張弁に詰まった。
    • good
    • 5

こういうのは大体が弁の故障ではないでしょうか。

弁だとすると溶接が必要になり修理専門業者でないと無理ということになると思います。
もっとも冷媒回路は通常5年保証ですので、素直に修理依頼したほうがいいでしょう。

ちなみに以前うちにあった某社のエアコン、取り付け業者は違うのですが2台中2台とも弁の故障で修理となったことがあります。(保証期間内だったので無料)
でも修理後も数年で同じような症状(2台とも)となったので結局別メーカーのエアコンに買い換えました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
教えて頂きたいのですが
弁はどこに付いているものなのですか?
溶接が必要という事は室外機の中でしょうか?

お礼日時:2011/06/27 09:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアコンの室外機の細いパイプが冷たくて、濡れているのですが・・・?

10年以上使用しているエアコンです。

エアコンの室内機から室外機まで、4つのパイプが一緒に束ねられて行っていますね。それらは、電気コード、室内機からの水滴を流すパイプ、そしてフロンが流れる細めのパイプ2本の計4本ですよね。(違っていたら指摘して下さいね。)

最近購入したエアコンの室外機では、フロン用のパイプが剥き出しにはなっていないのですが、古いのは接続部分の金具や接続部分に近いパイプが剥き出しになっています。これはパイプに巻かれている断熱材が劣化して、かなり失くなっているからでもあるのですが。

それで質問なのですが、この剥き出しの部分の金具やパイプが水が流れているように濡れていて、触ってみると冷たいのです。フロンのパイプが冷たくて水蒸気が結露する、だからこれは問題はないのでしょうか?この状態は正常なのでしょうか?あるいは、剥き出しの部分を何かで覆うべきなのでしょうか?今頃になってこんなことに気づきました。

剥き出しの部分は断熱材が劣化しただけではなく、取り付け時から金属部分は外部にさらされた状態なのですが、昔のエアコンはそんなものだったのでしょうか?これから、どうしたらいいのかご教授願えませんか?よろしくお願いします。

10年以上使用しているエアコンです。

エアコンの室内機から室外機まで、4つのパイプが一緒に束ねられて行っていますね。それらは、電気コード、室内機からの水滴を流すパイプ、そしてフロンが流れる細めのパイプ2本の計4本ですよね。(違っていたら指摘して下さいね。)

最近購入したエアコンの室外機では、フロン用のパイプが剥き出しにはなっていないのですが、古いのは接続部分の金具や接続部分に近いパイプが剥き出しになっています。これはパイプに巻かれている断熱材が劣化して、かなり失くなっ...続きを読む

Aベストアンサー

配管部分は冷たくなっていて問題ありません。
逆に冷たくないようであれば故障です。

最近のエアコン室外機ではこの接続部分もカバーで隠すような構造になっているものが多いため、結露している様子などは見えませんが、同様に配管は冷たくなっています。
仮に室内の部分で断熱材が取れてしまっていると断熱不良により結露が生じ、水漏れなどが発生することがあります。

室外機の配管で比較的細い管だけが冷たく、太い側のパイプが冷たくない場合や、細い管が結露ではなく凍ってしまって霜がつくような場合ですとガスが不足していることもあります。太いパイプが霜付きを起こす場合は室内機の熱交換器が汚れているなど室内側での風量不足などがあります。

特に片方のパイプだけが冷たいというのでなければ、何もする必要はありませんが、配管接続部分の下に水が垂れて困るという状況であれば断熱材などを巻くという方法もありますよ。

Qエアコンのガスの有無を調べる方法

エアコンのガスで検索したのですが、みんな「無い」のを前提にアドバイスを求められてたので新しく質問させていただきました。
去年の夏にこのマンションに越してきたのですが、クーラーがほとんど効かずとても大変でした。
しかし建物が古く断熱材も入ってるのか疑わしいくらい壁が熱かったのでそのせいだと思ってましたが、今年はしっかりチェックしたいと思いました。
水道水の汚れや騒音で連続して大家にクレームを言ったが為に、確信のないエアコンガスについてなかなか切り出せません。
入ってるのか入ってないのか素人でもチェックできる方法はあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電気系統が故障していないことを大前提で。

エアコンを「強制冷房運転」する。
5分くらい経ったら室外機を見に行く。
ファンが回っていることを確認。
冷媒配管が接続されている部分のフレアナット部分と銅管を確認。ここの冷たさがガスの量の目安になります。

金属部分が冷たくなって、さらに水滴が付いているのなら、ガスは入っています。

水滴ではなくて白く霜が付いているならガス不足です。修理を依頼してください。

まったく冷たくないなら、ガスがありませんから速やかに運転を停止して修理を依頼してください。

大雑把な確認方法ですが、ご参考までに。

QR410A 運転圧力はどのくらいですか?

先日、膨張弁の不具合とわからずに、霜つきだったので冷媒をチャージしました。

その後、膨張弁の動作不良が判明し、修繕し動くようになりました。

この時期の運転圧力を教えていただけませんか?

気温10℃で、暖房時3.5Mpaなら許容範囲でしょうか?

Aベストアンサー

こちらの特性表が参考になると思います。
http://www.daikin.co.jp/chm/products/fluorocarbon/fluorocarbon.html
なお、最近のエアコンはインバーター方式なので圧力が適正になるように配管温度などで制御されてしまいますので、極端に高いとか逆に極端に低くない限り問題ないです。
また冷房時は一度電子膨張弁を閉めてから配管温度を確認しながら徐々に開いていくので、はじめは配管に霜が着くことが多いです。

Qエアコン配管の霜付きについて

初めて質問します。
10年以上使用しているエアコンですが設置場所を移動して
冷房運転をしてみたところ3~5分ほど経つと室外機の運転が
止まってしまいます。
コンプレッサーが動き出してから室外機の配管接続部分を見ていると
まず細い管に霜が付きだしてその後太い管に霜が付いて真っ白に
なった後、運転が止まります。
配管には茶色のテープが巻いてあるので室内機と配管の接続部分にも
うっすらと霜が付いているのがわかります。
室内機は一応風は出ているようですが弱い風で常温です。
一応少しだけ取付工事はしたことがあり自分で取付をしたのですが
エアコン取り外しの際のガスの回収は問題なかったと思います。
古いエアコンをもらい自分で取り付けたのでもし壊れてしまっていても
あきらめもつきますが、直せるようなら直して使いたいと思っています。
工具等は借りればありますので配管のやり直しやガスの補充は
出来ます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ごく普通のルームエアコンですよね?
室内機のエアフィルタや熱交換器は汚れで目詰まりしてませんか?
室内機のファンの羽根に汚れが異常に付着してませんか?(羽根の形が変わるくらいに:送風の用をなさなくなる)
室外機側太い配管(ガス管)に霜が付くのは、室内機での熱交換が正常に出来てないということです。液冷媒が室内熱交換器でまともに蒸発できず、液のまま室外機に戻ろうとして断熱材が途切れたところで蒸発が起こり、室外機の入口バルブ付近で霜が付きます。
3~5分ほどで室外機が止まってしまうのは、運転ランプ点滅とかの異常停止でなければ凍結防止による強制サーモオフ(室内熱交換器の凍りつき防止、凍結後停止時の水漏れ防止)と思います。
もし冷媒量の問題だとしたら、ガス欠ではなく過充填です。
汚れてたら掃除してください。自分の手におえなければ業者に洗浄してもらってください。
室内機と配管のつなぎ目に霜が付くのは、そこの断熱材の処置が不十分なのだと思います(仕上テープで見えないとは思いますが)

Qエアコンのガス圧が高い

エアコンのガス圧が高いと一般的にどのようなトラブルになるのでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>圧力が高いということは、ガス(冷媒)が多く流れることであり、それで、圧縮機の負担が増すということでしょうか?
→そのとおりです

>冷媒ガスの過充填以外で、ガス圧が上がることがあるのですか?
室外器周辺の温度が上がると圧力上がります。

>すみません。何が惜しいのでしょうか?
>膨張弁(エクスパンションバルブ)が詰まると高圧、低圧ともに圧力は下がるのにゃ
NO3、4の回答者さまは丁寧に噛み砕いて説明して下さっていますがサイクルを誤解されています。
初級のテキストではコンプレッサを水ポンプに例えていたりするのでウチの若い衆も良く誤理解していたのを思い出します。
ここでは冷房-暖房の切替弁やコンプレッサの回転数を変化させる動作は割愛します。
ちなみに同じ条件でインバーター制御でコンプの回転数上げると高圧側は圧力が若干上がり低圧側は相応に下がります。

室温が設定温度付近まで下がってくると膨張弁がガスの流量を絞り高圧が下がり、低圧も下がります。
文頭に回答したとおり流量が多いと圧も上がり流量が減ると圧は下がります。
理解されてない方は反論されるところだと思いますが
室外器高圧側のサービスバルブを閉めて(膨張弁が完全に閉鎖と同義)冷却運転を続けます。
「ノズルが詰まって圧力上がる」という理解だと室外器の解溶詮が吹っ飛んでガスが抜けるか圧力スイッチが動作してコンプが止まりそうですがそうはなりません。高圧、低圧共に圧力は下がっているから。
コンプレッサもサイクル内に冷媒に一緒に循環している油はありますが自ら内部で循環やハネかけしているのでロックすることもありません。
これをしばし続けるとサイクルのガスをくまなく室外器に封入することができます。
素人業者が得意げに言う「ポンプダウン」の完成です。

>エアコンのガス圧が高いと一般的にどのようなトラブルになるのでしょうか
→凝縮工程で飽和に近づきますので冷えが悪くなります。
経験では正面にあったマンションが平地になって日当たり抜群になったバルコニーの温度が劇的に上がって冷えなくなったユーザーに設置位置変更を進言したが理解してもらえず○千万すると脅かされながら工場よりサーモグラフィを借りて室外器が全く熱交換していない映像を見せた事があります。
更に圧力が3.5MPaくらいまで上がると圧力スイッチでコンプレッサ停止。
経験では室外器の裏側にビニール袋が食い込んで熱交換せず、通常は壁側で配管も回されていて見えにくいのですが冷えないと激怒してきたユーザーも平謝りしてました。

ガス圧が高いからガス漏れしやすくなるというのはデタラメです。
設置がいいかげんな素人業者の工事が原因の方が多いです。
工事で2/8の液ラインの配管を壁に入れる際に銅管を潰して夏最盛期の前に納品→文の趣旨どおり「つまって」いると同様なので各圧力が下がるのでカタログ値どおりには冷えず→クレーム。
メーカーが修理に行くとすぐに判明しますが素人工事のせいとはいえ「超」大手量販店の下請仕事なので原因をハッキリ説明できない事もしばしば。

>圧力が高いということは、ガス(冷媒)が多く流れることであり、それで、圧縮機の負担が増すということでしょうか?
→そのとおりです

>冷媒ガスの過充填以外で、ガス圧が上がることがあるのですか?
室外器周辺の温度が上がると圧力上がります。

>すみません。何が惜しいのでしょうか?
>膨張弁(エクスパンションバルブ)が詰まると高圧、低圧ともに圧力は下がるのにゃ
NO3、4の回答者さまは丁寧に噛み砕いて説明して下さっていますがサイクルを誤解されています。
初級のテキストではコンプレッサを...続きを読む

Qエアコンの膨張弁について

すいません、質問です。

エアコンにおいて、膨張弁で、凝縮器から出た高温・高圧の液冷媒を蒸発しやすい状態に減圧し、蒸発器内部への最適流量を制御する。

というのは分かるのですが...どのような原理で冷媒を膨張させているのでしょうか?

この、膨張させる仕組みが分かりません。

圧縮機を使うことで、気体を高圧にする仕組みは分かるのですが。

どなたか教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「どのような原理で冷媒を膨張させている」かといわれても、何と答えていいのか。

ただ単に小さい穴が開いているだけで、一端が圧縮機側で高圧、もう一端が蒸発器側で低圧になっているから、冷媒は穴を通って高圧側から低圧側へ移動して、低圧だから当然一部気化して霧状に膨張し、さらに蒸発器で気化して、気化熱を奪う。。膨張弁で低圧を作っているわけではありません。蒸発器は圧縮機への流入側だから、当然圧縮機の流出側(膨張弁側)より低圧になっている。というだけの話です。
「液冷媒を蒸発しやすい状態に減圧し」というような説明だけど、高圧・高温の「液」が低圧・低温の「液」に膨張するという話はありません。「液」は少しくらいの圧力の変化で膨張・収縮はしません。膨張弁を通った直後も気化熱を奪うから低温になり、液を全部蒸発させるだけの気化熱が間に合わないから、低温の液が残る。それを蒸発器で蒸発させて更に気化熱を奪って冷却させるのです。

ただ、これだけでは、エアコンのシステムとしては不備があるので、膨張弁出口の温度を検知するなどして、弁の開度(穴の大きさ)を調節できるようになっています。

「どのような原理で冷媒を膨張させている」かといわれても、何と答えていいのか。

ただ単に小さい穴が開いているだけで、一端が圧縮機側で高圧、もう一端が蒸発器側で低圧になっているから、冷媒は穴を通って高圧側から低圧側へ移動して、低圧だから当然一部気化して霧状に膨張し、さらに蒸発器で気化して、気化熱を奪う。。膨張弁で低圧を作っているわけではありません。蒸発器は圧縮機への流入側だから、当然圧縮機の流出側(膨張弁側)より低圧になっている。というだけの話です。
「液冷媒を蒸発しやすい状態に...続きを読む

Qエアコンの風が冷たくないです。

こんにちは。実家のリビングの部屋のエアコンが効かなくて困っています。
私の部屋では27度に設定すると十分に涼しく感じるのですが、問題のエアコンは20度に設定しても、私の部屋より暑いです。
風はゴーゴー出ているのですが、手を近づけると肝心の風の温度がいまいちという感じです。
エアコン用交換フィルターの清掃の清掃は行ったのですが、それでもほとんど改善されません。買い換えるしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

冷房にして運転します
セパレート型、ウインドウ型を問わず室外への排気に手をかざして見てください
熱い空気が出ていなかったら故障です
コンプレッサーのまわる音がしなかったら修理代はそれほどかからないと思います
コンプレッサーが回っているのに熱い空気が出ていなかったらたぶんガス漏れです
新しいものを買ったほうが安いです

まさか室内側のフィルターが詰まっているなんてことはないでしょうね
もしそうだったら室内側に氷が付いているはずです
そのときはフィルターの掃除をして氷が融けるまで電源を切っておいてください

Q新冷媒ガスR32のエアコンはガス規定量は厳格なの?

新冷媒R32は、単一冷媒なので追加補充出来るらしいのですが、

R410Aのエアコンはガスの規定量より多くても、少なくてもダメらしいですが、

R32のエアコンも同じように規定量より多くても少なくてもダメなのですか?

それならば、追加補充可能でも、室外機にどれくらいの量が入っているか判らないので

意味が無いと思うのですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

>でも、R22時代のように適当に補充は駄目で、

いやいや R22も適当ってわけじゃ無いよ

入れすぎはやはり 液圧縮の原因になりかねないからね

ただ R410Aから べらぼうに運転圧力も上がり 取扱の危険度が

上がったのは間違いない しかも冷媒の絶対量が少ない量で運転する傾向にあるので

そう言った意味では 少しの量の増減でも 影響がでる可能性はあるよね、

あと R32単一では微燃性があり 取扱いには注意が必要、

近くに点火源があるのは まずい。

Qエアコンの室内機と配管が結露します。

設置して5年の家庭用4.0kwのエアコンですが、
室内機の表面の蓋と配管が結露して、大量の水滴が落ちてきました。
湿度は80%(家庭用なのと古いので精度低い)はあると思います。
今まで、結露など考えもしたことないし、
そのようなことも起きたことはないと思います。

この症状は故障なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

非常に暑い昨今のことですから、お帰りになってすぐなど、暑くなってしまった部屋を
急冷しようとしたなら、結露の可能性はあります。湿気も多い時期ですしね。

エアコン自体の故障ではないように感じます。

エアコンの配管は、銅管の上に断熱材を隙間なく被せたものを使用していまして、
更に、その上から非粘着式の外装テープで、冷媒ガス管・電源ケーブル・ドレンホース(排水ホース)を一まとめに
しているはずです。あるいは、樹脂製の配管カバーを用います。
その工程にミスがあれば、設置後すぐにトラブルが起こったはずですが、設置後5年経過している
となると、単に設置ミス、ということではなく
・やはり、室温・湿度と、エアコン設定温度の差(湿度が高ければ、結露もあるでしょう)
・銅管の腐食などによる亀裂(亀裂から封入ガスが漏れ出すことで、温度差による結露はあります、エアコンは数日以内に効かなくなります)
・被覆テープや断熱材の劣化による銅管の披露(ガスで冷えた銅管が外気に触れて汗をかきます)
・ドレンホースの問題(この場合,室内機の結露は起きないでしょう)

ではないかと思います。
室内機に結露がある、ということですから、
今回は室温・湿度・設定温度の問題だと思いますが、その場合、エアコン作動の前に、
通気を行って、室温を少しでも下げておく、などの工夫で改善できるかも知れません。

例えば、特に湿度が高いときにエアコンを作動した、近所に新しい物件ができて風が通らなくなった、
生活環境の変化で、ご自室の通気の環境が変わった(日中窓を開けられない、最近水槽を置いた、など)
ということはなかったでしょうか?

ドレンホースの問題については、
○埃などが溜まって徐々に排水ができなくなる場合
○ドレンホースの先端に何か問題が起きて排水ができなくなる
○イタズラなどによって、ドレンホースの先端が持ち上がっていて排水ができていない
というケースがあり得ますが、この場合は考えにくいと思います。

余計なことまで書いたようですが、今回は、湿気・通気対策が一番の解決策のように思います。

こんばんは。

非常に暑い昨今のことですから、お帰りになってすぐなど、暑くなってしまった部屋を
急冷しようとしたなら、結露の可能性はあります。湿気も多い時期ですしね。

エアコン自体の故障ではないように感じます。

エアコンの配管は、銅管の上に断熱材を隙間なく被せたものを使用していまして、
更に、その上から非粘着式の外装テープで、冷媒ガス管・電源ケーブル・ドレンホース(排水ホース)を一まとめに
しているはずです。あるいは、樹脂製の配管カバーを用います。
その工程にミスがあれば、設置後...続きを読む

Qエアコンガス R410Aの全量充填方法

フレアナットの締め過ぎで、フレア部を破損したため、その後室外機をちょっと動かしたことで、数日で全量漏れてしまいました。フレア部は再加工しますが、下記について、どうかよろしくご指導下さい。

(1) ガスと共に、オイルも漏れていますが、オイル不足でコンプレッサーに悪影響を与えることはないでしょうか。

(2) 規定量の充填方法を具体的に教えていただきたいのですが、自分なりの解釈は下記の通りです。間違っているでしょうか。 
なお、コントロールバルブ、チャージングスケール、液冷媒をミスト状にするクイックチャージを使用します。

まず真空引きは、ストップバルブが低圧、高圧共開いた状態で、
[低圧側のサービスポート]-[コントロールバルブ]-青-[マニホールド]-黄-[真空ポンプ]という接続で真空引き後、ハンドル(Lo)を閉じる。

ガス充填の準備は、真空ポンプの代わりにガスボンベを接続し、コントロールバルブで三方弁のサービスポートを閉じた後、マニホールドの出口にクイックチャージを接続し、黄、青のホース内のエアパージは、コントロールバルブの接続部を緩め、ガスボンベのガスで行う。

ガス充填は、コントロールバルブでサービスポートを開く。

以上で規定量が全部入るでしょうか。

(3) 配管長は約3mですが、真空引きの時間はどの程度必要ですか。

(4) 逆流防止アダプタは、付いていないのですが、作業途中で電源が切れるとか、先に真空ポンプを止めてしまう等のないように注意すれば、無くてもいいものなのでしょうか。

以上よろしくお願い致します。

フレアナットの締め過ぎで、フレア部を破損したため、その後室外機をちょっと動かしたことで、数日で全量漏れてしまいました。フレア部は再加工しますが、下記について、どうかよろしくご指導下さい。

(1) ガスと共に、オイルも漏れていますが、オイル不足でコンプレッサーに悪影響を与えることはないでしょうか。

(2) 規定量の充填方法を具体的に教えていただきたいのですが、自分なりの解釈は下記の通りです。間違っているでしょうか。 
なお、コントロールバルブ、チャージングスケール、液冷媒をミ...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは
ガスの充填手順ですが、真空引きは室外機内まで真空にしますので1時間ぐらい掛けた方が良いでしょう。
 そして、ポンプが回っているうちにゲージマニホールドのバルブを閉じ真空ポンプからホースを取り外します。この時、先にポンプを止めてからホースを外すと、ホース内が真空ですのでポンプ内の油を吸い上げてしまいますので、逆流防止器が付いていないポンプでは、先にホースを外してからポンプを停止します。
 そして、今度はボンベを黄色いホースにつなぎますが、ホースにポンプの油が付着している可能性があるので、できれば他のホースに取り替えた方が良いと思います。
 ボンベをつないだら、黄色のホースのエア抜きを行い、ボンベをはかりに乗せます。ボンベは液体が出る状態にします。
 ボンベのバルブを開け、はかりを確認しゲージマニホールドのバルブを開け、定量まで充填します。この時クイックチャージは取り付けません。
 この時配管内の圧力が上がってしまい充填できなくなってしまったら、できれば10分ほど置いてから冷房運転を行います。そして今度はクイックチャージを途中に取り付け残りの分を充填します。

 クイックチャージを最初から取り付けていても問題はないのですが、配管内の圧力がすぐ上がってしまい充填にかなり時間がかかります。

 ポンプは逆流防止器が付いていなくても大丈夫だとは思いますが、真空引きの間、ずっとそばに付いていなければなりません。もし、停電などで止まってしまった場合。すぐにバルブを閉じホースを外して油を吸い込まないようにしなければなりません。

 冷凍機油も漏れているとのことですが、数日かかって漏れたならそんなに漏れているとは思えませんし、配管長も3mと短いので大丈夫でしょう。

 チャージングスケールとはシリンダーの事でしょうか。
R410のシリンダーは無かったと思うのですが、もしR22の分でしたら使わないでください。シリンダー内に冷凍機油が付着している可能性があります。普通はボンベを電子秤に乗せて計量します。
 ボンベもサイフォン管が付いていると思いますので、液が出てくるのを確認してください。知り合いでボンベを逆さまにしてガス状で充填してしまった人がいました。もちろんやり直しましたが。

 こんばんは
ガスの充填手順ですが、真空引きは室外機内まで真空にしますので1時間ぐらい掛けた方が良いでしょう。
 そして、ポンプが回っているうちにゲージマニホールドのバルブを閉じ真空ポンプからホースを取り外します。この時、先にポンプを止めてからホースを外すと、ホース内が真空ですのでポンプ内の油を吸い上げてしまいますので、逆流防止器が付いていないポンプでは、先にホースを外してからポンプを停止します。
 そして、今度はボンベを黄色いホースにつなぎますが、ホースにポンプの油が付...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報