【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

生活保護の障害者加算についてお聞きしたいのですが、
精神障害者保健福祉手帳の2級を持っていても、
障害年金の2級以上をもらっていないと、
障害者加算が付かないという噂を耳にしたのですが、
これは本当でしょうか?

自治体のホームページ等を見ると、
精神障害者保健福祉手帳の2級以上を持っていて
初診日から1年6ヶ月以上経過していれば、
障害者加算がつくと記述されています。

どちらが本当なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

生活保護実施要領(厚生事務次官通知、局長通知、課長通知の3つでワンセット。

頻繁に改定されます。)といって、国が定めているガイドラインがあります。
このガイドラインによると、障害者加算は、年金証書や特別児童扶養手当の証書、障害児福祉手当等認定通知書によって行なわれるべきものとされています。
言い替えると、これらの年金・手当等の障害認定基準が障害年金1級から3級の基準に準じているので、障害者手帳(身体・知的・精神)を持っているだけではダメである、ということを意味しています。
なお、これらの証書類を持っていない場合には、保護の実施機関(自治体)が指定する医師の診断書等に基づいて認定を行なう(年金・手当の基準と同等の障害状態である、と認定する)という特例があるので、自治体ごとに微妙に取り扱いが異なります。

要は、年金・手当の基準にあてはまること(実際に年金・手当の証書類を持っている[= 年金・手当を受けている]かどうかは別として)が大原則(こちらにあてはまることが先)で、その上で、障害者手帳を持っていれば「症状が固定している」として、障害者加算の対象になり得ます。
「症状が固定している」ということも原則で、この期間として1年6か月(障害年金で、初診日から障害認定までに要する日数を準用)を見ています。これは、症状の移り変わりが激しい間(1年6か月未満)はNGになってしまいますよ、ということも意味しています。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/07/01 12:06

訂正します。


機関委任事務ではなく、法定受託事務でした。

生活保護の実施要領は、「地方自治法(昭和22年法律第67号)第245条の9第1項及び第3項の規定による処理基準」なので、自治体を拘束します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/07/01 12:10

国の通知により、保険料の支払い期間不足等で年金が受給できない場合には、精神障害者保健福祉手帳に基づいて加算を認定することが認められています。



年金裁定申請中の期間も同様に、精神障害者保健福祉手帳に基づく加算認定ができますが、年金の裁定が行われた後は、精神障害者保健福祉手帳に基づく加算認定はできないことになっています。
年金申請が却下された場合は、手帳に基づく加算認定は、取り消さなければならないとされています。

生活保護は機関委任事務なので、国の通知は単なるガイドラインではなく、自治体の制度運用を拘束します。

○精神障害者保健福祉手帳による障害者加算の障害の程度の判定について
(平成七年九月二七日社援保第二一八号厚生省社会・援護局保護課長通知)
精神障害者の障害者加算の認定に係る障害の程度の判定は次のとおり行うことができるものとしたこと。
1 障害基礎年金の受給権を有する者の場合
(1) 障害の程度の判定は原則として障害基礎年金(以下「年金」という。)に係る国民年金証書により行うが、精神障害者保健福祉手帳(以下「手帳」という。)を所持している者が年金の裁定を申請中である場合には、手帳の交付年月日又は更新年月日が当該障害の原因となる傷病について初めて医師の診療を受けた後一年六月を経過している場合に限り、年金の裁定が行われるまでの間は手帳に記載する障害の程度により障害者加算に係る障害の程度を判定できるものとしたこと。
(2) 年金の裁定が却下された後、手帳の交付又は更新を受けた者については、年金の裁定の再申請を指示するとともに、再申請に係る年金の裁定が行われるまでの間は、当該手帳に記載する障害の程度により障害者加算に係る障害の程度の判定を行うことができるものとしたこと。
(3) 障害の程度は、手帳の一級に該当する障害は国民年金法施行令(昭和三四年政令第一八四号)別表に定める一級の障害と、同手帳の二級に該当する障害は同別表に定める二級の障害と、それぞれ認定するものとしたこと。
(4) 手帳の交付年月日が当該障害の原因となる傷病について初めて医師の診療を受けた後一年六月を経過していることの確認は、都道府県精神保健福祉主管部局において保管する当該手帳を発行した際の医師の診断書(写しを含む。以下同じ。)を確認することにより行うものとしたこと。
また、保健所において当該手帳を発行した際の医師の診断書を保管する場合は、当該診断書を確認することにより行うこととしたこと。
2 障害年金の受給権を有する者以外の場合
(1) 手帳の交付年月日又は更新年月日が当該障害の原因となる傷病について初めて医師の診療を受けた後一年六月を経過している者については、手帳に記載する障害の程度により障害者加算に係る障害の程度を判定できるものとしたこと。
(2) 障害の程度は、手帳の一級に該当する障害は国民年金法施行令(昭和三四年政令第一八四号)別表に定める一級の障害と、同手帳の二級に該当する障害は同別表に定める二級の障害と、それぞれ認定するものとしたこと。
(3) 手帳の交付年月日が当該障害の原因となる傷病について初めて医師の診療を受けた後一年六月を経過していることの確認は、都道府県精神保健福祉主管部局において保管する当該手帳を発行した際の医師の診断書を確認することにより行うものとしたこと。
また、保健所において当該手帳を発行した際の医師の診断書を保管する場合は、当該診断書を確認することにより行うこととしたこと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/07/01 12:09

自治体のHPでしょう、


前者は噂として耳にしたことで、
確認しようと調べたら、自治体のHPで記載されていたものを見つけた、
そして、耳にした内容とは違っていた。

自治体は生保の認定を行っている機関です。
ただし、質問者様がお住まいの自治体ではないHPの場合当てはまらないことがあります。
生保の細かいところは各自治体で異なりますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/06/30 17:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生活保護の障害者加算について

生活保護の障害者加算についてお尋ねします。
基礎的なことだと思いますけど、無知なので教えてください。
生活保護世帯内に障害基礎年金を受給している者がいまして障害者加算がついているんですが、
世帯の一人が新たに障害基礎年金を受けることになった場合、
その人にも加算がつくんでしょうか。
それとも同一世帯で重ねて受給はできないんでしょうか。
教えていただきますと助かります。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答4への補足質問をありがとうございます。
以下、追加回答をさせていただきます。

療育手帳を所持しているからといって、直ちに生活保護の障害者加算の対象になるとは限りません。
精神障害者保健福祉手帳についても同様です。

生活保護に関する基準は厚生省告示(現:厚生労働省告示)として出ていますし、生活保護実施要領などをもってさらに細かく定められています。
だらだらと書くとわかりにくくなってしまいますので、以下、箇条書きにまとめます。

====================

生活保護法による保護の基準
(昭和38年4月1日/厚生省告示第158号)
(平成23年10月1日改正 現在)
◯ 厚生労働省法令等データベースサービスで、誰でも閲覧できる

厚生労働省法令等データベースサービス
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/
法令検索 ⇒ 本文検索へ ⇒ 検索語設定「生活保護法による保護の基準」 ⇒ 検索実行

障害者加算の対象者は次のとおり。
なお、「特別児童扶養手当等の支給に関する法律施行令別表第1に相当する障害を持ち、常時介護を要する者」(特別児童扶養手当や特別障害者手当を受けられる者)については、別途に算定。

ア)
障害等級表の1級・2級、又は障害基礎年金1級のいずれかに該当する障害(初診日から1年6月を経過していること)のある者。
イ)
障害等級表の3級、又は障害基礎年金2級のいずれかに該当する障害(初診日から1年6か月を経過していること)のある者。

注)特別児童扶養手当等の支給に関する法律施行令別表第1に相当する障害とは?
1 両眼の視力の和が0.02以下のもの
2 両耳の聴力が補聴器を用いても音声を識別することができない程度のもの
3 両上肢の機能に著しい障害を有するもの
4 両上肢のすべての指を欠くもの
5 両下肢の用を全く廃したもの
6 両大腿を2分の1以上失つたもの
7 体幹の機能に座っていることができない程度の障害を有するもの
8 前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
9 精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
10 身体の機能の障害若しくは病状又は精神の障害が重複する場合であって、その状態が前各号と同程度以上と認められる程度のもの

====================

身体障害者障害程度等級表[身体障害者] ⇒ 「障害等級表」とはこれ
https://docs.google.com/viewer?url=http://www.pref.mie.lg.jp/SHOGAIC/HP/other/sin/toukyuuhyou.pdf

精神障害者(精神障害者保健福祉手帳)の障害者加算[精神障害者]
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7429776.html

知的障害児・者(療育手帳)の障害者加算[知的障害児・者]
◯ 明確な基準がなく、生活保護実施要領や生活保護問答集などでも示されていない。
◯ 生活保護実施要領(局長通知)では、下記のように記されている

・ 障害の程度の判定は、原則として身体障害者手帳、国民年金証書、特別児童扶養手当証書又は福祉手当認定通知書により行なうこと。
・ 身体障害者手帳、国民年金証書、特別児童扶養手当証書又は福祉手当認定通知書を所持していない者については、障害の程度の判定は、保護の実施機関の指定する医師の診断書その他障害の程度が確認できる書類に基づき行なうこと。

====================

生活保護実施要領(以下のすべて)[保護の基準をより具体化したもの]
・ 厚生事務次官通知
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T110511Q0030.pdf
・ 局長通知
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T110721Q0010.pdf
・ 課長通知
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T110511Q0050.pdf

生活保護問答集 [全国公的扶助研究会]
(平成21年3月31日付けで厚生労働省から示されている。れっきとした公的なガイドライン。)
・ 生活保護実施要領に関する疑義回答のようなもの
http://kofuken.main.jp/shiryo/index.htm

====================

療育手帳の障害等級区分は都道府県ごとに非常にまちまちであるため、統一的な明確な基準を作りようがない。
(意外なほど知られていません。)

したがって、療育手帳所持をもって直ちに障害者加算の対象となる、とは言えない。

http://www2.e.u-tokyo.ac.jp/~read/jp/archive/statistics/leaf11031504p04.pdf

知的障害の場合、障害者加算でいう障害等級表の1級から3級までに相当する状態とは、おおむね、すぐ上のURLで示したPDFの「重度 A」(PDFの表を縦に向かって見ること)に当たる区分(各都道府県で別々に定めている等級区分)をいうとされている。
(注:実態としてそうなっている、という意味で申しあげています。)

====================

以上のことから、知的障害(および療育手帳)による障害者加算については、その都道府県や自治体の判断によるところが大きい、と言わざるを得ないような面があります。
そもそも、療育手帳制度に問題がある(都道府県に運用をゆだね過ぎてしまい、等級区分がバラバラになってしまっている)のです。
たとえば、Bの1、Bの2、Bの3‥‥などといった言い方は、私が住んでいる埼玉県にはありません。
重いほうから順に、マルA、A、B、Cです。
明らかに違いますよね? これでは、障害者加算がどうなるのか、と簡単に判断することが困難になってしまってあたりまえです。
 

回答4への補足質問をありがとうございます。
以下、追加回答をさせていただきます。

療育手帳を所持しているからといって、直ちに生活保護の障害者加算の対象になるとは限りません。
精神障害者保健福祉手帳についても同様です。

生活保護に関する基準は厚生省告示(現:厚生労働省告示)として出ていますし、生活保護実施要領などをもってさらに細かく定められています。
だらだらと書くとわかりにくくなってしまいますので、以下、箇条書きにまとめます。

====================

生活保...続きを読む

Q精神障害者保健福祉手帳2級の障害者加算について

都内市部在住40代男性です。
精神障害者保健福祉手帳2級を明日になりますが、取得します。
そこで、今生活保護を受けているのですが、ケースワーカーさんに
以前聞いた話しでは障害者加算がつく旨の助言をいただきました。

どこを見ても、「障害者加算がつく場合がある」ということしか載っ
ていないので、2級の場合、実際にいくらぐらい加算されるのかが知
りたいです。

また、次の生活保護の受給日が6月5日なのですが、その日に手帳
を出した場合にすぐに受給の中に加算されるというわけではない
ですか?それとも審査後に翌月あたりから加算されるのでしょうか?

現在、無職でほとんど何もすることができない状況になっています。
両親も年齢が高齢になり、年金でなんとかやっている状況です。
私は今日は調子がまあまあなので、質問させていただきました。

ご存知の方、具体的に教えていただけたら幸いでございます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.bk1.co.jp/product/2696577
生活保護については、この本が大変頼りになります。
ケースワーカーはこれを基準に仕事をしています。
生活保護受給者も、この本を手に入れれば、制度のことが良く分かると思います。
Q&Aも多く載っていますので、分かりやすいです。
毎年夏に新年度版が発売されます。現在は2007年度版は発売していません。

さて、障害者加算についてですが、精神障害2級の場合は、身体障害3級と同額ですので
1級地で17,890円
2級地で16,650円
3級地で15,400円 の加算となります。

これは、生活保護手帳の178ページに書いてあります。
(基準額は、平成18年度と19年度では同額と聞いています。少なくとも3級地は同額です。)


いつから加算が付くかという事ですが、
通知では「それらの事由の生じた翌月から加算に関する最低生活費の認定変更を行うこと」とあります。
解釈は、ケースワーカーさんにもよりますが、私なら4月から加算しますが、どうでしょうか。

級地については、下記を参照してください
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E5%AE%85%E6%89%B6%E5%8A%A9

http://www.bk1.co.jp/product/2696577
生活保護については、この本が大変頼りになります。
ケースワーカーはこれを基準に仕事をしています。
生活保護受給者も、この本を手に入れれば、制度のことが良く分かると思います。
Q&Aも多く載っていますので、分かりやすいです。
毎年夏に新年度版が発売されます。現在は2007年度版は発売していません。

さて、障害者加算についてですが、精神障害2級の場合は、身体障害3級と同額ですので
1級地で17,890円
2級地で16,650円
3級地で15,400円 の加算とな...続きを読む

Q生活保護の(精神)障害者加算について

生活保護の障害者加算についてお聞きしたいことがあります。
私は現在、生活保護受給中なのですが、精神障害者手帳2級も交付されています。
病院の初診日より1年6ヶ月経過後を持つ人などには「障害者加算」が適用されるとネットで見たですが、今年の4月でその条件を満たします。
しかし、ケースワーカーの話では、精神障害者手帳の場合、障害年金の受給資格を持っていなければ、障害者加算が出来ないなどの事を言われました。
この事はネットでは記載されていなかったのですが、本当なのでしょうか?
また、各地方自治体などによって基準の違いなどあるのでしょうか?
私は経済的理由から年金を払えなかったので、障害年金の申請をしても資格が降りることはないと思われますので、障害年金については諦めているのですが、生活保護の精神障害者加算についても、その資格を有していないのでしょうか?
少しでも受給額が増えるだけで生活が助かるので、今回の障害者加算は受けたいのですが、どなたか詳しい方、知っていましたら教えて頂きたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

再び#2です。

念のための確認ですが、
>今、通っている病院で2度目の通院になるのですが
というのは、初診から一度も通ってなくて次が2回目の通院、という意味じゃないですよね?(^^;
定期的に通院しているのであれば、問題はないはずですよ。別に二つ目の病院だろうが。
逆に定期的な通院をしていないのであれば、その理由如何では「治す意思の有無」を疑われ、そこから「加算をつける用件なし」と判断される恐れはあるかもしれませんが…。

>CWさんの出し渋りなどの場合で口答で加算は無理などと言われた場合、どういう風に対処すればよろしいでしょう・・
う~ん通常一CWにそこまでの裁量はないはずなので、「知っていて出さない」はありえないと思うのですが…。
「知らないのに認めようとしない」だけなら、先にも書きましたが「病院の先生に聞いた」とかあるいは「保健所の精神CWに聞いた」とかで十分認めてくれると思います。
本当に単純に「出し渋り」だとしたら、これは怠慢行為ですので、周り(病院や保健所など)をしっかり固めた上で、断固抗議しましょう。不服申し立ても出来るはずですから。

再び#2です。

念のための確認ですが、
>今、通っている病院で2度目の通院になるのですが
というのは、初診から一度も通ってなくて次が2回目の通院、という意味じゃないですよね?(^^;
定期的に通院しているのであれば、問題はないはずですよ。別に二つ目の病院だろうが。
逆に定期的な通院をしていないのであれば、その理由如何では「治す意思の有無」を疑われ、そこから「加算をつける用件なし」と判断される恐れはあるかもしれませんが…。

>CWさんの出し渋りなどの場合で口答で加算は無理などと言...続きを読む

Q生活保護受給中での障害年金について

生活保護を受給しています。
自立支援受給者証あり、精神障害者手帳3級です。
保護課から、初診から1年半たっていて障害年金の対象なので、障害年金の申請をしてくださいと言われました。
いろいろサイトを見てみたのですが、いまいちよくわからなかったのでわかりやすく教えていただける方がいましたら回答よろしくお願い致します。

1.障害年金(精神)とは何でしょうか?

2.過去の分(さかのぼった分?)が振り込まれますが、振り込み用紙を送付するので、振り込まれた分の全額を振り込んでくださいと言われました。
これはどういう意味なのでしょうか?

3.障害年金を受給すると、生活保護費+障害年金が毎月支給されるということでしょうか?
生活保護費+障害年金であるとするならば、+の金額はいくらなのでしょうか?

以上ですが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1.障害年金は、初診日が、20歳以上のときは、一定の年金の納付要件(免除でも可能)を満たすとき、初診日が20歳未満の時は20歳から、一定の障害(身体・精神)を持つ人に支給される年金です。
身体の場合は、一度通常1,2級になると軽快することはない。(切断した足が生えてきて治ったり、心臓ペースメーカーを入れた人が取って暮らせるようになることは今のところない)ので一度年金や手帳をもらうと一生モノですが、精神の場合は軽くなると年金が停止になることがあります。
ちなみに精神の場合は今、精神福祉手帳といいます。

手帳の級と年金の級はかならずしも一致しません。
障害基礎年金は2級までですが、障害厚生年金は3級まであります。
また、精神は身体と違い、手帳は3級までしかありません。
生活保護では、1,2級は障害者加算が付きますよね。

3.保護費(支給額)は、基本は最低生活費と収入認定額の差です。
最低生活費が月15万で年金が月10万なら月5万が保護費です。
ただし、3級だったのが2級になれば、障害者加算がつくので、その分は増えます。
実際の額がいくらになるのかは、厚生年金ですので、人によって違うのでわかりません。
障害基礎年金の場合は1級、2級で額が決まっているのでわかりますが。

なお、通常は年金は2ヶ月に1度に振込ですので、例えば、上記の例でいうと、10月は5万の保護費と年金が20万、計25万入りますが、11月は5万しか入らないので、注意が必要です。

2.これは63条の返還金のことですね。
本来、障害年金をもらって、収入があったのなら、支給する必要のなかった保護費を返してもらいますよということです。どの程度遡るのか分かりませんが、選択肢としては、例えば、120万遡って振り込まれるなら、8ヶ月程度、保護停止という方法もあるかとは思いますが、それは福祉事務所と相談してください。

1.障害年金は、初診日が、20歳以上のときは、一定の年金の納付要件(免除でも可能)を満たすとき、初診日が20歳未満の時は20歳から、一定の障害(身体・精神)を持つ人に支給される年金です。
身体の場合は、一度通常1,2級になると軽快することはない。(切断した足が生えてきて治ったり、心臓ペースメーカーを入れた人が取って暮らせるようになることは今のところない)ので一度年金や手帳をもらうと一生モノですが、精神の場合は軽くなると年金が停止になることがあります。
ちなみに精神の場合は今、精神福...続きを読む

Q生活保護の障害者加算について

生活保護に詳しい方に質問です。
私は年金2級と手帳の2級を
持っています。

今回、障害年金の更新が
ありますが、これを否決された
場合、手帳の2級で障碍者加算が
つきますか。

またドクターに診断書を書いてもらって
手帳の申請をしなければなりませんか。

Aベストアンサー

障害年金の請求を繰り返すことが面倒だから手帳で代用できるようにしたんじゃありませーん。
どうしても障害年金を取ることができない人っているでしょ?初診証明が取れなかったり、診断書を取れなかったり書いてもらえなかったり。あと、3分の2とか直近1年を払ってなかったり。
そういった人だったら精神の手帳で認めますよー、っていうこと。
でも、そうじゃなかったら、障害年金を請求して下さいなってことになるんです。
だから、現実論なんてもんじゃなくって、早い話が一生そうやるべきものなんですねー。障害年金を受けられる可能性がちょっとでもあればね。他法優先ですもん。そんなに甘い話じゃないんです。わかってます?

Q生活保護の障害者加算

私と主人で生活保護を受給しております。
去年の9月から、主人が糖尿病腎症のため透析する事になり 障害者手帳を申請することになりました。

2011年12月9日に1級の手帳が交付されまして、その事を市役所の生活福祉課のケースワーカーに電話で伝えたところ、「手帳を持って福祉課に来て下さい」と言われたので行きました。

見せに行くと、障害者手帳をコピーしただけで終わりました。 障害者加算が支給される事などの話は一切なかったのですが、障害者加算は支給されないのでしょうか? また、障害者加算は自分で福祉課のケースワーカーに言わないと貰えないのでしょうか?

教えて下さい宜しくお願いします。

Aベストアンサー

元生保CWです。

手帳のコピーをしたのですから
1.担当CWが傷害加算に該当することを確認した
2.担当が傷害加算を付ける決済をSV(上司)に回す際の添付書類とする。

こととなるため通常、傷害加算が加わります。

いつから加わるかについては、通知で「事由が生じた日の翌月」となっていまして
これをどのように解釈するかは…ですが少なくとも1月分の保護費からは反映されますし
それ以前に「保護決定通知書(又は同様の名前の通知書)」で連絡が来るはずです。

>障害者加算は自分で福祉課のケースワーカーに言わないと貰えないのでしょうか?

保護受給者が言わなくても、担当CWが把握できれば加算は付きます。ただ、正直なところ
保護受給者数も多いですし、いつから加算となるか揉めるのも何ですから手帳や年金で加算の
要件が発生した場合には担当CWに連絡するのが無難かと思います。

私のところは身障手帳を発行する部署と連携がマメに取れていたので落ちはそうそうなかった
はずですが、そうでないところは連絡が無ければ加算されなくても不思議ではないと思います。

Q精神障害者手帳2級とはどのレベルのなのでしょうか

最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。

普通に遊んでいますし、喋れます。料理もしているし、ゲームもしています。
普通の生活はできていると思います。

仕事はできないそうです。
たまに頭が痛くなるとか。

なぜこのような質問をしているかと申しますと
子作りをしていると聞いたからです。

薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。
私にも子供がいますが、やはり大変でした。
普通の人でも精神的に不安定になると思います。
ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。
友人だったら応援するかもしれません。
しかし、身内となると、そうは言っていられません。
何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。

※鬱病の方を批判しているわけではありません。

中立なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。
理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。
そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね

2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。
自己の判断もできない状況が多々あると思われます。
そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。
私もそんな状況で子育てには賛成できません

ですががやはり決めるのは本人です
あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。
強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。

Q障害年金の更新は何年置きですか?

うつ病で障害年金2級を受けて6年になります。
2年に1回診断書を提出して更新していますが、
5年に1回という人もいます。この違いは
どのような理由から来る物なのですか?

Aベストアンサー

遅くなりましてもうしわけありません。
友人がつかまったので、話を詳しく聞いてみました。
1つに、地方自治体の問題があります。
地方自治体によって多少の差があるのだそうです。
例えば、高知県では更新の際に所得証明書は必要ありません。しかし私のいる北海道では所得証明書の提出を求められます。それと同じで、更新期間にもばらつきがあります。
補足説明を求める時間がなかったのですが、その5年に一回の提出で済んでいる人というのは同じ都道府県の人でしょうか?
2つ目はNO2の方と同じでした。
つまりその病気と程度によるということです。
この二つが主な原因として考えられるとの話だったのですが。

鬱病だとして5年に一回の更新は現実的にあったとしたらかなりずさんなんだそうです。
ここら辺をここに書くべきかどうか迷いました。
というのも、医者との信頼関係や、治療の妨げになる可能性があるからなんですけど。
三つ目の可能性です。
つまり彼女の話では、5年に一度の申請で済んでいる人は、医者の治療方針で鬱病と説明しているが、実際には別の病気なのではないかと思われる。という話でした。
例えば鬱病でも株で大もうけすることは現実的にできなくもない話です。
5年というスパンだと長すぎるので、その間に株で大もうけして長者番付に載ったとしましょう。
そうしたら年金は不正受給にあたります。
あくまで障害者年金は障害が理由で健常者のように働けない人を助けるものですし、来年から若干法律が変わるのですが、(障害者自立支援法というものです)障害者の自立支援には繋がらないからです。
5年のスパンだということは例えば(あくまで例えばですが)重度の統合失調症で予後は悪化もしくは現状維持と診断書に書かれているような場合はありえない話ではない。とのことでした。
この三つ目に関してですが、社会福祉士を目指している友人からお願いがあるそうです。
治療の妨げになる場合があるので、絶対にその5年に一回の更新者にはこのことを黙っていて欲しいということでした。
騙されていると知れば、当然医者との信頼関係は悪くなり、よくなるものもよくならない可能性が高いからです。
私からもどうぞ宜しくお願いいたします。

それではお互い寛解状態に入ることができますように。ご回復を祈って・・・・。

遅くなりましてもうしわけありません。
友人がつかまったので、話を詳しく聞いてみました。
1つに、地方自治体の問題があります。
地方自治体によって多少の差があるのだそうです。
例えば、高知県では更新の際に所得証明書は必要ありません。しかし私のいる北海道では所得証明書の提出を求められます。それと同じで、更新期間にもばらつきがあります。
補足説明を求める時間がなかったのですが、その5年に一回の提出で済んでいる人というのは同じ都道府県の人でしょうか?
2つ目はNO2の方と同じでした。...続きを読む

Q生活保護費の返還について教えてください。

障害者年金の遡及があった場合の生活保護費の返還についてお聞きしたいのですが・・・

妹が精神疾患で障害者年金の申請をしていましたが、12月15日に2級で過去分と共に190万程の支給がありました。
現在はまた入院中なのですが、一時期退院し10月15日から生活保護を受けて1人暮らしをしたのですが、障害者年金が支給された事で2ヶ月分の生活保護費を返還して欲しいと役所から言われました。
金額を聞くとまだ詳細は出ていないのですが、住居の準備金(25万程)と家賃(3.7万)2ヶ月分の入院費が10割負担で年金はまず残らないでしょうねと言われました。

障害者年金は今後1ヶ月66,008円支給され、生活保護も年金額と調整される形で継続されるのですが、2ヶ月分で190万円の返還は通常なのでしょうか?

病院のソーシャルワーカーからは、年金の遡及分で一時生活保護は支給停止になるかもと言う事でしたが、こんなことになるなら生活保護を受けず、障害者年金の受給を待っていた方が今後のゆとりも出来たと思い後悔しています。

Aベストアンサー

障害者年金の支給月と、保護の月がダブっている部分については、返金を求められるのは通常のことだと思います。


収入と同じ扱いになりますから仕方ないことでしょうね。


ただ、入院費が10割負担と言うのは納得いかないですね。
精神障害の場合、自立支援法の適用がありますので(旧32条ですね、少し内容は違いますが)
自立支援法の申請をしていると、保護の受給者の場合は、精神疾患の医療費は無料になります。

というか、自立支援法は収入に応じての医療費になりますので、保護の場合は収入0ということで無料になります(なるはずです)

ただ、自立支援法と、生活保護の窓口は違いますし、お金の出所も違いますので、普通は担当のケースワーカーが教えてくれるはずなのですが・・・


今からいって、遡ってもらえるかはわかりませんが、一度相談してみてはどうでしょう?


また、精神障害者の障害者年金ということでいいのですよね?
ちゃんと請求はされてると思いますが、何件か病院を変えていても
一番最初に行った病院の初診日からの支給になります。


また、一時停止になるかも知れないというのは、お金が残った場合は当然、生活保護は一時停止になります。

障害者年金の支給月と、保護の月がダブっている部分については、返金を求められるのは通常のことだと思います。


収入と同じ扱いになりますから仕方ないことでしょうね。


ただ、入院費が10割負担と言うのは納得いかないですね。
精神障害の場合、自立支援法の適用がありますので(旧32条ですね、少し内容は違いますが)
自立支援法の申請をしていると、保護の受給者の場合は、精神疾患の医療費は無料になります。

というか、自立支援法は収入に応じての医療費になりますので、保護の場合は収入...続きを読む

Q生活保護、家賃の上限は?

仕事を失ってから貯金を切り崩して生活しています。
就職活動はしていますが障害がありアルバイトでさえ採用してくれるところが全然見つかりません。貯金が底をつく前に生活保護の事を教えてもらいに市役所へ行きましたが門前払いの様な対応ばかりです。状況は説明しているのですが、要約すると「働きなさい。」の言葉ばかりで中々質問に答えてくれません。私も働きたいのです!でも、まるで生活保護費をもらうために嘘を言っているかのような対応です。(すみません。愚痴の様になってしまって。)


何度も市役所へ足を運び、やっとのことで家賃の上限が59800円ということを知りました。
しかし、その額を超えた所には住めないと言われました。
今、住んでいる所の家賃は6万2千円です。
そうすると59800円以下の所に引っ越さなければなりません。
でも、上限を超えた分は生活費を切り詰めればいいのではないかと思います。
市役所にその事を質問しても、曖昧な回答ばかりでハッキリ答えてくれません。
その様な対応で本当にもう疲れました。


生活保護を受けている方で上限家賃以上の住んでいる方はいないのでしょうか?
実際にそうしている方、あるいは、そういう方を知っていれば教えて下さい。
もし居る事が分かれば、改めて市役所へ行く気力も湧きます。
どうかよろしくお願いします。

仕事を失ってから貯金を切り崩して生活しています。
就職活動はしていますが障害がありアルバイトでさえ採用してくれるところが全然見つかりません。貯金が底をつく前に生活保護の事を教えてもらいに市役所へ行きましたが門前払いの様な対応ばかりです。状況は説明しているのですが、要約すると「働きなさい。」の言葉ばかりで中々質問に答えてくれません。私も働きたいのです!でも、まるで生活保護費をもらうために嘘を言っているかのような対応です。(すみません。愚痴の様になってしまって。)


何度も市役...続きを読む

Aベストアンサー

今済んでいるところで申請可能です。

別に役所で家賃払うわけじゃないからです。

家賃扶助という形で出ます。

ただし、単身世帯だと、6万前後しか生活扶助が出ませんので、その分を釣り崩すことになります。
障害者の重度(二級以上なら)障害加算で3万円ほど上乗せになります。

申請の際、口座に千円以上の残高がある場合、申請を却下される場合がありますので、予めお金は下ろしておきましょう。

申請の時に、窓口で「相談ですか?」と聞かれて「はい」と肯定すると、最後の最後で、次回までに検討して下さいと申請を受け付けません。
申請時には「申請するので、申請署を下さい」と断言しましょう。
そうしないと申請できません。
申請には口座の通帳と銀行印が必要です。

親が生活保護申請の取り下げ申請でもしない限りは、申請後30日で受給許可が下ります。
受給費は申請日を起算にされます。
許可されて日が、翌月の支給日を過ぎた場合は、許可された日から1週間後の平日に、保護課の窓口で2か月分受給することになります。
振込みは2ヶ月目以降可能です。


人気Q&Aランキング