前回質問させていただきましたが、わかりにくい表現になってしまいましたので再度お願いいたします。
例えば、銀行(信金等でない)で同じ書式の振込用紙で一件は10万を現金で振込み、もう一件は普通預金から10万おろして振込みした場合、後者のほうは印紙が貼られません(用紙にも、受入れ区分によって受付書、受取書のいずれかになるようなことが書いてあります)。
この場合後者のほうは印紙が要らないか、後でまとめて申告なのでしょうか。 もし印紙が要らないなら通帳から払い出しだと銀行が得することになるような、、、。
ご存知のかた、よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

印紙は、金銭又は有価証券の受取書(第17号文書)として貼ります。


振込み資金を口座振替にした場合、金銭の授受はありませんので、印紙不要になります。
銀行が得をするといえば、口座振替のほうが手数料が安いのが普通です。これは、事務処理の手間なんかもありますが、印紙不要であることも織り込まれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございます。 
もしよろしければ確認させていただきたいのですが、毎月自動で落ちる口座振替と、あと窓口に通帳と払出票、振込用紙を出して行う1回だけの振込みも印紙は要らない、ということでよいのでしょうか。 実際貼ってないので、そうかと思いますが、、、。
現金でも払出票でも振り込み手数料は同じなので、払出票だと印紙代もいらずに現金も動かず、いちがいにはいえませんが銀行はコスト的にも作業的にも払出票での処理だと助かる、と感じましたがこういった解釈でよいのでしょうか。

お礼日時:2003/10/22 12:02

そういう解釈で良いと思います。


実際に現金が動かず、伝票上だけの場合は、3万円以上であっても印紙はいりません。

例えば、10万円を振込、5万円を現金として手元に引き出したい場合

10万円の振込用紙+10万円の払出票+5万円の払出票
これならば10万円の振込は伝票上動いただけで印紙はなし、現金5万円を引き出し手元に

10万円の振込用紙+15万円の払出票
15万円を引き出し、その中から10万円を振込に回した場合は、実際に現金が動きますので印紙が必要になります。

当然この場合、依頼者の方の会計処理も、
預金(15万円)→経費(10万円)と現金(5万円)
預金(15万円)→現金(15万円)と現金(10万円)→経費(10万円)
として処理するのが適当かと思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀行の窓口で振込みをした際に振込証明書

銀行の窓口で振込みをした際に振込証明書のようなものは貰えないのでしょうか?

先日、三井住友銀行の窓口で振込みをしました。
窓口で渡された銀行所定の用紙「振込受付書」に払込先と金額を書いたので、この控えだけはあります。
この手書きの控えが振込みした証明書てきなものになるのでしょうか?
出納印と書かれている日付印みたいなハンコは押してあります。

建物代金の振り込みで、住宅ローンの本審査の際に振込した証明書が必要とのことです。
なのでローンの銀行に聞けば良いのですが、
のちのち(離婚とか・・・)に建物を購入した際に、私が支払った額がいくらになるのかきちんと証明できるものなのかどうかも合わせて知りたいので質問させて頂きました。
(建物は共有名義にし持ち分も相当にする予定です)
自分名義の三井住友銀行の口座から直接出金(振込)したのですが、この控えには(当然ですが)私の口座から出金したと記載はありません。
出金した証明となるものは通帳だけになりそうですが、これも通帳には「現金」としか記載がないので振り込みしたかどうか、まして振込先がどこかなんてわかりません。

他に何か証明できるようなものがあるようならば、併せて教えて頂けると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。

銀行の窓口で振込みをした際に振込証明書のようなものは貰えないのでしょうか?

先日、三井住友銀行の窓口で振込みをしました。
窓口で渡された銀行所定の用紙「振込受付書」に払込先と金額を書いたので、この控えだけはあります。
この手書きの控えが振込みした証明書てきなものになるのでしょうか?
出納印と書かれている日付印みたいなハンコは押してあります。

建物代金の振り込みで、住宅ローンの本審査の際に振込した証明書が必要とのことです。
なのでローンの銀行に聞けば良いのですが、
のちのち(離婚...続きを読む

Aベストアンサー

(1)振込証明書について
「証明書」という形式で別途発行する金融機関はおそらくないです。
確かに手書きのペライチの紙だけでは不安かもしれません。
けれど、銀行名の入った出納印が押してあれば間違いなく振込みの証明になります。
他行であっても、ローンの申込に使うのであれば十分です。

(2)出金の証明
離婚時の財産分与については詳しくないので、どの程度の証明を求められるのかは分かりませんが。
まず振込みの領収書は印紙税法の関係で2種類あります。(細かい名称は金融機関によって違うかもしれません。)
現金で振込→振込金受取書
口座からの振替による振込→振込受付書
つまり「振込受付書」を持っていれば口座振替による振込みと証明できます。
住宅関係の振込みですのでおそらく大きい額になるかと思いますので、同じ日付で質問者さんの口座から同程度の出金があれば資金の流れは主張出来るのではないでしょうか。
通帳には「現金」の表示とのことでしたが、一部振替一部現金出金を依頼すると端末のシステム上通帳に「現金」としか表示されない場合もあります。
また振込手数料のみ現金で依頼すると、やはり端末のシステム上振込資金も現金にて出金しなければならない場合がありますが、銀行側の事情なので前述の資金の流れを主張することにつき問題は無いと思います。

(1)振込証明書について
「証明書」という形式で別途発行する金融機関はおそらくないです。
確かに手書きのペライチの紙だけでは不安かもしれません。
けれど、銀行名の入った出納印が押してあれば間違いなく振込みの証明になります。
他行であっても、ローンの申込に使うのであれば十分です。

(2)出金の証明
離婚時の財産分与については詳しくないので、どの程度の証明を求められるのかは分かりませんが。
まず振込みの領収書は印紙税法の関係で2種類あります。(細かい名称は金融機関によって違うかもしれませ...続きを読む

Q振込時の印紙税!の疑問

通販をやっています。
最近、ふと気づいたのですがお客様から銀行口座や郵便振替でご入金いただいた際、特に請求がなければ領収証を発行しておりません。

印紙税はどうなるのか?過去ログを拝見しますと、それは銀行が代わって納付しているというお答えがあったのですが、では郵便振替の手数料は130円、ネットバンクにいたっては52円(JNB)です、3万円以上の印紙税(200円)より安いですね。

証明するときにだけ要る?なわきゃないですよね。
どなたか専門家の方、素人にわかるようにお教え下さい。

Aベストアンサー

印紙税は領収書や契約書などの「書類を作成したとき」に賦されます。お金をいただく行為に対する課税ではありません。したがって、領収証を発行しないのであれば、印紙税を支払う必要はありません。
銀行の窓口で3万円以上を振り込む場合、銀行は印紙を貼りますが、これは「振込金受取書」に対する印紙税であって、貴方とお客様との間の領収書に対する印紙税を、代納するものではありません。
市中銀行のATMで3万円以上を振り込む場合、手数料に印紙税相当額が含まれていますが、機械から出てくる受け取り書に印紙は貼られていません。これは銀行が別途申告納付しています。
ネット銀行は、そもそも受取書などのペーパーが一切出てきませんから、課税されません。
郵便振替は、もともと国の事業であったので、課税されていないと想像します。

詳しくは参考URL、国税庁のタックスアンサーをどうぞ。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/7105.htm

Q振込用紙に貼る収入印紙。どこが負担。

銀行で振込みをするとき、同じ額でも振込用紙に銀行で印紙を貼る場合と貼らない場合があります。 用紙を読んでみると振込金受取書と振込金受付書のどちらかの扱いになり(受入れの金種によって違うような書き方)、受付書であれば印紙は不要、とうけとれました。
小切手や現金だと印紙が要り、普通預金払い出しだと要らない、という意味でよいのでしょうか。
もしそうとすると、現金や小切手のときは印紙を貼る分銀行が損をする?ということでしょうか。

Aベストアンサー

まず、金額により非課税になります。
この場合は、送金金額と手数料を合算した金額が3万円未満の場合です。

書類の性格(法律の解釈なので文言の違いになりますが)
振込人に対して効力を持つものは課税文書とされます。

>>小切手や現金だと印紙が要り、普通預金払い出しだと要らない

何れの場合も形態が違うだけで金銭の受渡が起こるのので
上記の二つの理由になります。

Q公共料金支払い時の収入印紙の要、不要

3万円以上に収入印紙を貼るのは認識していますが、
公共料金と一口に言っても色々あると思うのですが、
3万円を超えていても非課税となる(印紙不要)公共料金って何ですか?
公共料金でも収入印紙が必要なもの、必要でないものの境界線が
わかりません。
どなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

#2です。回答に補足します。

印紙税法第五条に、  
『 別表第一の課税物件の欄に掲げる文書のうち、次に掲げるものには、印紙税を課さない。
一  別表第一の非課税物件の欄に掲げる文書
二  国、地方公共団体又は別表第二に掲げる者が作成した文書
三  略 』
とあります。

印紙税法の「別表第一」とは↓

http://www.yanagisawa-accounting.com/stamp-duty/s1.htm


つまり「別表第一」では原則として、3万円以上の金銭受取書には収入印紙を貼らなければいけないのだが、第五条第二号で、地方公共団体が発行する領収書は印紙税を課されない(収入印紙を貼らなくてもよい)と規定しているのです。

Q領収書に貼る印紙税。銀行振り込みで受領する場合は必要ない?

ネットで売買するものです。
しかし、買うときも印紙を貼った領収書を貰ったこともありませんし、こちらも発行することもありません。
銀行間で取引するときには、どうなのでしょうか?
領収書が必要な場合にのみ、発行して貼るものでしょうか?

Aベストアンサー

通常3万円を超える領収書には印紙税がかかりますので、印紙を貼りますが、すべてが印紙税の対象ではありません。
ネットオークションなど、個人間の売買には必要ありません。
営業に関係しないものは非課税です。
たとえば、医療行為は営業とみなされないので、病院の領収書には3万円を超えても印紙は貼られていませんよね。

参考
http://sme.fujitsu.com/accounting/taxation/taxation001.html

銀行振込みの場合もらえる領収書は、銀行が売り上げているわけではないので、通常の領収書とは性格が違います。
しかし、通常の領収書ではなくても、「売上代金以外の受取書」として印紙税は課せられますので、窓口で振り込んだ場合、印紙を貼ったものがもらえます。

また、ATMで振り込むと取引明細書が出てきますが、それが領収書に代わるものです。
印紙は貼られていませんが、それは貼り付けしなくてもよいという税務署の許可をもらっているからです。
印紙税自体は別に納付しています。
振込書の裏にはその旨が記載されているはずです。

参考までに、もし印紙が貼られていなくても、その内容の効力に影響はしません。

通常3万円を超える領収書には印紙税がかかりますので、印紙を貼りますが、すべてが印紙税の対象ではありません。
ネットオークションなど、個人間の売買には必要ありません。
営業に関係しないものは非課税です。
たとえば、医療行為は営業とみなされないので、病院の領収書には3万円を超えても印紙は貼られていませんよね。

参考
http://sme.fujitsu.com/accounting/taxation/taxation001.html

銀行振込みの場合もらえる領収書は、銀行が売り上げているわけではないので、通常の領収書とは性格が違い...続きを読む

Q預金通帳と印紙税

銀行は預金通帳1冊(1口座?)につき毎年200円の印紙税を支払っているんですよね?

ということは
(1)最近通帳が無いアイワイバンクなどは印紙税の支払いが不要なのですか?

それと、
ATMで預金した際に入金額が明細書に記入されないのは、銀行が印紙税の支払いを逃れるためと記憶しています。

ならば、
(2)インターネット振込みの場合は文書の記録が無いので、銀行は取引ごとの印紙税を支払っていないのですか?
(3)預金通帳の無いアイワイバンクなどは取引レポートを毎月送付しているそうですが、その際は毎月200円の印紙税を支払っているのですか?

いずれかが、分かる方は教えてください。

Aベストアンサー

先ず、預金だけの通帳が200円で総合口座がセットされて
いると400円です。


(1)通帳分の印紙税は発生しません。

(2)そう言うことです。ATMを利用した場合でも個別に
 支払うのではなく(3)の方式を取って年間纏めて納付する
 方法を取っていました。最近明細をなくしてそれすらも
 印紙税を払わない方式にかえ利用しゃからすれば不便
 極まりません。利用明細を窓口にだせば印紙を貼った
 明細を貰えるはずです。

(3)送られて来た取引明細を綴じ込むフォルダーがありませんか?
  フォルダーの中を良く見ると四角で囲まれたなかに
 「○○税務署承認済み・・」の表示があるはずです。
 このフォルダー一冊に付き年間200円又は総合口座なら
 400円の印紙税を納付しています。毎月支払ってしる
 場合は、明細書に印紙税の文言を儲けるか貼附しなければ
 pなりません。

Q入学金・授業料の領収書に印紙は必要?

私立大学に入学したんですが、
受験検定料(30,000円)の領収書に収入印紙が付いていませんでした。
近日中に入学金・授業料を納める予定です。

これらの領収書には、収入印紙が貼ってあるべきなのでしょうか、それとも「公益法人」だから非課税?

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書(領収書)は
営利目的の場合に課税されますので、公益法人や個人は
印紙を貼る必要はありません。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/7105.HTM

Q口座引落と領収書の発行

銀行口座引落の領収書の発行は必要ですか

Aベストアンサー

発行が必要かどうか、の答えとしては、契約で排除していない限り相手から求められたら必要、というのが正解となります。

なぜなら、法律でそのように定められているからです。民法486条が、その定めです。(つまり、明文の定めはあるんです。)

ただ、銀行口座引落の場合には、この定めを解釈する必要があります。

まず、口座引落の場合、銀行はいわばただの運び屋でしかありません。つまり、口座名義人からの引落契約に基づき、預金データを振り替えているに過ぎません。債権債務のやり取りに、銀行は直接介入しているわけではないんです。そのため、銀行が発行する引落明細書は、領収書ではなく、預金データを変更した証拠書類となります。
したがって、口座から預金を引き落とされた者は、領収書を受け取っていませんから、引き落とした者へ領収書の発行を請求することが出来ます。この請求は前述のとおり法律に則ったものですから、引き落とした者は、これを断ることが出来ません。

もっとも、契約で予め発行しないことで合意していたり、発行請求の際の交渉で発行しない旨の合意に達した場合には、発行しなくてOKです。民法486条の規定は、双方が合意すれば排除できるからです。

現実問題としては、請求するにも交渉するにも発行するにも、相応のコストがかかります。そのため、引落証書や通帳記入で代用することが多いかと思います。これらはいずれも銀行の出すデータや書類ですから、ある意味で取引相手の領収書よりも信頼性が高いといえます。現に、これらは税務等で領収書の代わりとして扱われます。
したがって、領収書を受け取る側からいえば、わざわざ領収書を発行してもらわなくても足りることが多いように思います。発行する側は、このあたりを理由として交渉することになりましょう。

発行が必要かどうか、の答えとしては、契約で排除していない限り相手から求められたら必要、というのが正解となります。

なぜなら、法律でそのように定められているからです。民法486条が、その定めです。(つまり、明文の定めはあるんです。)

ただ、銀行口座引落の場合には、この定めを解釈する必要があります。

まず、口座引落の場合、銀行はいわばただの運び屋でしかありません。つまり、口座名義人からの引落契約に基づき、預金データを振り替えているに過ぎません。債権債務のやり取りに、銀行...続きを読む

Q振込で入金の商品の領収書は書くべき?

アパレル関係の商品取引をしております。
先日商品の代金を振込みにてお支払い頂いたお客様から、領収書の要求がありました。
今までは現金での取引ばかりでしたし、振込みの際は銀行の振込書にて領収書としていました。

今回は要求どおり当店の手書きの領収書をお出ししましたが、これってダブってる事にならないのですか?
噂でそのお客様はお金を滞納してるなどお金に関してだらしないと聞いたもので、税金などの対策に使われたりしないのかな?と思いまして質問しました。
もし大丈夫だとしても、当店に関しては何の損害もないのでしょうか?

又、今後同じケースがあった場合、領収は振込書にて替えさせて頂きますと主張するのはおかしな事なのでしょうか?あくまでも商品を売ったお店からの領収書は出す義務があるのでしょうか。

Aベストアンサー

銀行振り込みの場合、銀行の振込み控えが、税務上も正規の領収書となりますから、別途、領収書の発行は必要ありません。
ただ、取引先によっては、銀行の振込み金領収書とは別に、領収書の発行を希望する先もあります。
そのような場合は、断るわけにもいきませんから、次のようにして発行し、二重使用を防止します。

後日発行する領収書の、備考欄や摘要欄に「**月**日
**銀行に振り込み分」と記入します。
これで、二重使用は防げます。

また、不正に使用されても、相手先が勝手にやったことで、こちらには損害も、罰則もありません。

Q収入印紙について

授業料を払ったときに、6万近くなりましたが領収書に収入印紙が張ってなかったので、その旨つたえましたら、学校法人は張らなくてもいいことになっているみたいな返事でした。
Webでさがしてみたのですが、納得できる文面がみつかりませんでした。
どなたかご存知の方教えていただけますか?
昼夜の2部制で、主にIT関連の講義をしております。

Aベストアンサー

印紙税の対象になる「売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書 」とは、営業に関する受取書のことで、学校法人のように「私立学校の設置を目的として、この法律の定めるところにより設立される法人(私立学校法3条)」は、会社のように利益をあげるためや儲けを分配するために設立されたものではありませんので、営業にあたらないため、該当しません。
 なお、#1の方が指摘されるように、私立学校振興・共済事業団法の業務に関するものが非課税になっていますが、これは私立学校の外郭団体である「私立学校振興・共済事業団」の業務に関する受取書が非課税という意味です。

印紙税法
http://www.houko.com/00/01/S42/023.HTM


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報