出産前後の痔にはご注意!

『国あっての民』だと思いますか?『民あっての国』だと思いますか?

貴方の御考えを聞かせてください。
(この二つのどちらかでなくてはならない、という訳ではありません。)

A 回答 (8件)

「民あっての国」ですね。



理由は民がいない国というのはあり得ない為。 人間個々人が寄り集まって国を作っているのですから。

それに民が生きていくのに便宜上必要なのは「社会」であり、必ずしも国である必要はありません。
    • good
    • 0

国がないうちから民はおった。

民は国がなくても自然とご近所さんとに囲まれて生きていける。

民あっての国やろねえ。
    • good
    • 0

ん~~、両方だと考えます…。


「民あっての国」は
他の回答者さん(確かNO6さん)と同じです。
しかし、「民あっての国」とした場合、「国あっての民」の面も考えなければならないから。

いや~、説明が難しくて 伝えられないかも知れませんが、要するに 一方だけではダメだと思うんです。「民あっての国」なら民の為に国が良くなければならい。

だから、双方が双方の為にならないと。

ん、こんな回答ですいません。
    • good
    • 0

「民あっての国」だと思います。



全員死んで遺跡になったら、国は滅んだという事で消滅します。他の国に乗っ取られたら、その国の領土になるだけです。

国はルール(宗教を含む)です。A国がB国と合併しても、中身がA国のままならただの植民地です。国を統一するのはかなりのゴリ押しと流血ですね。
    • good
    • 0

>【アンケート】 「国あっての民」と「民あっての国」


『国あっての民』だと思いますか?『民あっての国』だと思いますか?

         ↓
『民あっての国』

国あっての民→国民
民あっての国→民主主義国家
であり、本来2つの要素は不可分の関係と思います。


前提としての「国」「民」の定義を「国民」並びに「国家」とし、その対象としては、日本に限らず全世界を想定して・・・

しかし、世界には国家の体を為さない、植民地や内戦状態の地域、国家間の帰属が明らかではない紛争地域も多く存在し、民は飢餓や弾圧や生命財産の危機に直面している。

民があって国を構成するのは必要条件だとすれば、国には民が存在してこそ成り立つと言う意味で十分条件である。

必要十分条件は、両面が兼ね備わっている事で国家と言えると思いますが・・・
究極、どちらが優先・必須かと考えますと、民のいない国は現実には存在し得ない。
しかし、国でなくとも民は存在し、国家樹立を願い生きている。
ゆえに、私は「民あっての国」だと思いました。
    • good
    • 0

松本零士さんの【ミライザー/バン】に


”逆らう者を粛清していって最後、星に自分一人に成っても【私が女王だ】”と言う話が有りました。 無人の荒野に一人居て国もナニも有りませんわな。 No.1氏に同意。
    • good
    • 0

政治の基本からいって


『民あっての国』ですね
    • good
    • 0

 >『国あっての民』だと思いますか?『民あっての国』だと思いますか?



 国があっても民がいなくては国として成り立ちません。したがって、「民あっての国」しか成り立ちませんし、ありえません。数学的集合論。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む


人気Q&Aランキング