hesitate【ためらう】は自動詞です.
しかし,
Please don't hesitate to ask.
と直接to-不定詞の目的語をとっています.
どうしてですか?

また,
absorb【~を吸収する/~を夢中にさせる】は他動詞です.
しかし,
Ther were absorbed in singing at a karaoke box.
と"be absorbed in"の形では前置詞inを後に置いてもいいみたいです.

自動詞と他動詞の文法上の厳密な定義ってないんですか?

御回答よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「自動詞と他動詞の厳密な定義」というのは簡単です。

すなわち

目的語をとらない、とれないのが「自動詞」

目的語をとる、とれるのが「他動詞」

です。

Please don't hesitate to ask. では hesitate は自動詞であり、to ask は hesitate にかかっている副詞的用法の不定詞です。「~するために」の意味をあわらす不定詞の副詞的用法ととらえてもいいでしょう。ただし、「聞くために躊躇する」という日本語の不自然さから、「聞くのを躊躇する」という訳になるのが普通であり、このことから「~を、となっているから目的語に違いない」と推測してしまったのでしょう。問題はあくまで母国語の干渉にあり、「~を」と訳せるからといって目的語というわけではありません。

hesitate という動詞を使って He hesitated it. という文章が作れないことから、これが「自動詞」だと分かるでしょう。いや、辞書を引けば「自動詞しか出ていない」ことからも分かりますね。

さて、二点目の absorb ですが、これはご存知のように他動詞です。他動詞が受け身の形で使われるときは必ず by が来ると勘違いなさっているのかもしれませんが、それは違います。「~にびっくりした」にしても、I was surprised At the news. となりますよね? surprise が他動詞であるにもかかわらずです。

受身の形になったときには、それに続く前置詞が by 以外のものが好まれるケースが多々あり、それぞれの表現と理屈ぬきでお友達になるしかないでしょう。おそらく高校あたりでよく習う、The top of the mountain was covered WITH snow. も同様です。理屈では by であってもなんら不思議ではありませんし、by でも充分通じますが、「with がふつう」ですのでしょうがありません。

こんな説明で納得していただけますでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます.

もの凄くよく分かりました!
動詞の後にitが直接おければ他動詞,そうでなければ自動詞ってことですね?たぶん...

「to-不定詞」の副詞的用法だったんですね.
おかげさまで「to-不定詞」の用法を再度調べるいい機会になりました.

absorbに関しては・・・受動態でしたね.

理由・根拠がしっかりしていて凄く分かりやすかったです.
ありがとうございました.またお世話になります(汗)

お礼日時:2003/10/30 18:22

>Please don't hesitate to ask. と直接to-不定詞の目的語をとっています.どうしてですか?



不定詞でも名詞的用法ではなく、副詞的用法です。
副詞的用法の中でif節の働きをするときがあります。

To hear him speak English, I would take him for an English.
彼が英語を話すのと聞くと、イギリス人と勘違いしてしまうだろう。
If I were to hear him speak English, I would take him for an English.

このような使い方の不定詞ではないでしょうか。
Please don't hesitate if you were to ask.
もしあなたが仮に質問するなら、どうぞ躊躇しないでください。


absorbについては他動詞で、
be absorbed inは、be interested inとかと似ていて、一種の熟語と考えてください。
上のnot hesitate to doも熟語と思っていただいてもいいかと思います。


>自動詞と他動詞の文法上の厳密な定義ってないんですか?

http://www2.ttcn.ne.jp/~sokei/hokou/en/jidoushi. …

私的には、NPを取るか取らないかの方が理解しやすいと思っています。英語の構造としての解釈ですので、表面上にNPがあるかどうかとは関係ないです。
ただ、go it alone(独力で行く)などもう熟語扱いをした方が手っ取り早いのも多いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました.

if節の置き換えに関しては初めて聞いたので参考になりました.

お礼日時:2003/10/30 18:24

英語だと自動詞と他動詞はそれほど厳密に意識していないと思います。

例えばlookとかwaitも自動詞ですが、それぞれatとかforを介して他動詞的に働きますからね。それに受動態にすることも出来ますからね。その場合、atやforの品詞は前置詞なのか副小詞なのか、見解がまちまちです。
フランス語だと自動詞と他動詞の区別が英語よりも うるさく、また Whom are you waiting for?みたいに 前置詞が文末に来る事は ありえないし 前置詞を伴った目的語や間接目的語を主語に立てて 受動態にすることも出来ませんので、まあ、それが英語なんだから そんなに神経質に考えなくてもいいのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました.

お礼日時:2003/10/30 18:23

補足をお願いします。



>Please don't hesitate to ask.
>と直接to-不定詞の目的語をとっています.
についてですが、このto-不定詞はどうして目的語だといえるのか、その根拠を教えてください。

この回答への補足

早速の回答ありがとう御座います.

えっと,すいません.感覚的にhesitateの目的語だと思っていたのですが,違うのでしょうか?
根拠をあげるとすれば,

目的語:動作が表す動作の対象となるもの.
(広辞苑より抜粋)

となってますので,hesitateの目的語,つまり,何を【ためらう】したのかというと,to ask【聞くこと】だから,目的語だと思ったのですが...(汗)

もしかして,修飾語ですか?
再び回答よろしくお願いします.

補足日時:2003/10/29 20:19
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動詞について教えて下さい。

いつもお世話になります。完全自動詞、不完全自動詞について、下記の文言が正しいのか教えて下さい。
(質問)
自動詞
(1)後に目的語の要らない動詞を自動詞という。
完全自動詞
(1)それだけで文が成り立っている動詞を完全自動詞という。(第1文型 SV)sleep,walk,swim,go work など
(2)完全自動詞に名詞を続けるには前置詞が必要である。
(3)自動詞か他動詞かを判断する簡単な方法はありますか?
(4)(完全自動詞+前置詞)を句動詞と考えて覚えるのは無茶ですか? たとえば listen to...
不完全自動詞
(1)動詞の意味を補う補語がないと文章が成り立たない動詞を不完全自動詞という。(第2文型SVC)
be動詞,become,get,grow,lookなど
(2)不完全自動詞は完全自動詞と違い、前置詞無しで、名詞、形容詞をつなぐ(補語だから当然?)

質問がまとまりません。質問が理解できなければ、自動詞に関し、参考になる事はなんでも結構です。教えて下さい。よろしくお願いいたします。 以上

Aベストアンサー

特に問題はないように思いました。特に

>(完全自動詞+前置詞)を句動詞と考えて覚える

という点についてですが、自分はその是非はともかくそういう感覚です。例えば受身にするときや関係代名詞を使うときにはその理解だと分かりやすいからです。
例)I was spoken to by a stranger.
She is the child that I look after yeterday.
英文法として、その理解で矛盾が生じることはまずないはずです。

QA man,on vacation in Paris, sees...........................

いつもお世話になります。今回も質問よろしくお願いいたします。
NHKラジオ講座より
A man,on vacation in Paris, sees who he thinks is his old classmate from high school.
パリで休暇中の男が、高校時代のクラスメートらしき人物を目にする。

文章の構成がよく分りません。
(質問1)主語が2つのカンマで区切られていますが必要なのでしょうか?外すとどうなりますか?
(質問2)「he thinks」で「~らしき」を表していますが、前後の文章のつながりが分りません。平易に解説をお願いいたします。
(質問3)「who」は関係代名詞ですか?

初心者です、よろしくご指導お願いいたします。以上

Aベストアンサー

こんにちわ。
私の感じた限りで説明させて頂きますね。

1.まず最初のカンマですが、これは並列を判りやすく表すようにつけたものと考ました。付けても付けなくても文章の意味は同じですが、カンマで付け足された部分がちょっと強調されたようなニュアンスになると思います。
また、カンマが付くと、
「ある男が、その男はパリで休暇中だったのだが・・・」のように、区切られた部分を後に訳す場合もあります。

2.who (he thinks) is his old classmate from high school
これは()の部分を抜き出して考えましょう。
who is his old classmate
彼の昔のクラスメートです。
に(he thinks)が入り、「そう彼が思う」と付け足しているわけです。なので、「クラスメートであると彼が思う=クラスメートらしき」と訳されているのでしょう。

3.2.の答えを見ていただけば判ると思いますが、whoは先行詞を含む関係代名詞です。

Q自動詞と他動詞

自動詞と他動詞が分かりません
どういう時に自動詞でどういう時に他動詞かみたいな‥

特に自動詞他動詞2つのパターンがあるやつとか(carve、quote等)は、いつ自動詞でいつ他動詞使うのか分かりません‥

Aベストアンサー

こんにちは。

<どういう時に自動詞でどういう時に他動詞か>

1.
まず英語の動詞には、(1)他動詞、(2)自動詞、(3)両方になるもの の三つあると覚えちゃって下さい。

(1)他動詞
日本語で「~を」という訳ができる名詞が動詞の後に入っている時には、その文の動詞は100%他動詞です:
・I have a pen. (ペンを)
・I sing a song. (歌を)
・I like dogs.  (犬を)
、、、言語自体が違うので仕方なのですが、日本語訳する時にどうしても「僕は犬が好きです」と、「~が」とした方が自然に聞こえることがあります。でも、「何を好き? ⇒ 犬が(犬を)=likeという動詞の目的語」であることには何ら変わらないのです。

(2)自動詞
日本語の「~を」に当たる目的語がないものが自動詞です:
・I go.
・I sleep.
・I swim.
、、、これらを「自動詞」としている参考書などはたくさんありますが、実はこれらには他動詞としての使い方もあり、「自動詞オンリー」という動詞は極めて少ないです。

(3)両方になる動詞
ご言及の carve、quoteもそうであるように、実は自動詞・他動詞両方になる動詞が数的にはダントツ多いです。既出のsing は実は他動詞にも自動詞にもなります:

例えば、カラオケが妙に上手い誰かにこんな質問をします:
・What do you do for living? (仕事は何しているの?)

回答(1)
・I sing in a band. (バンドで歌っているんだ)
、、、これは目的語がないですから、singは自動詞として使われています。

回答(2)
・I sing blues in a band. (バンドでブルースを歌っているんだ)
、、、これは「ブルースを」という立派な目的があるから、他動詞 singです。

つまり、ご質問にある「いつ自動詞・他動詞のどちらを用いるか?」というのは、「何を言いたいのか」によります。上述回答(1)では「バンドに所属しているプロみたいな人」ということまでは分かりますが、果たしてロックを歌っているのか、シャンソンなのか、はたまた演歌なのかは分かりません。でも回答(2)のような答えなら、「この人はバンドに所属しているブルース歌手なんだ」ということが分かります。それが使い分けです。

他動詞の方が絶対的に多いのですから、やはりどんな文章でも「~を」という目的語を伴うことが絶対的に多いということですね。

2.
自・他動詞のもう一つの見分け方は、「目的語を主語にした受動態にできる文か?」です:
・Everyone loves the Beatles. (誰でも皆ビートルズが好きだ)
、、、目的語が「the Beatlesを」ですから、loveは他動詞だと分かります。能動態です。これを受動態にして、本当に他動詞なのか確認します:
・The Beatles is loved by everyone. (ビートルズは誰からも愛される)
、、、問題なく「the Beatles」を主語にして受動態になりました。loveは間違いなく他動詞です。

もう一つ、バンドマンの例で:
・I sing blues in a band.
⇒ Blues is sung by me in a band. (バンドで僕によってブルースが歌われる)
、、、特に邦訳すると意味的には苦しいし、こんな言い方する人もいないですが、文法的には間違っていません。つまり singは他動詞だと分かります。

では、目的語がない自動詞の場合はどうでしょう、受動態になるでしょうか?:
・I sing in a band.
、、、A band is sung by me. でもなく、これは受動態にしようがありません。だからsingは自動詞として使われています。

3.
ご承知の通り、実際の英文はこれら例文ほど簡潔ではありません。時には目的語が単なる名詞ではなくて「句」になっていたり、To 不定詞になっているかも知れません。それでも文中に使われている動詞は、自動詞か他動詞のどちらかになっています。

いろいろな例文を見てみて、「~を(歌う)、~が(好き)に相当する目的語があるか?  目的語っぽいのがあれば、それを主語にした受動態できるか?」を常に考えていれば、一目見てパッと見分けられるように必ずなるハズですよ。


ご参考までに。

こんにちは。

<どういう時に自動詞でどういう時に他動詞か>

1.
まず英語の動詞には、(1)他動詞、(2)自動詞、(3)両方になるもの の三つあると覚えちゃって下さい。

(1)他動詞
日本語で「~を」という訳ができる名詞が動詞の後に入っている時には、その文の動詞は100%他動詞です:
・I have a pen. (ペンを)
・I sing a song. (歌を)
・I like dogs.  (犬を)
、、、言語自体が違うので仕方なのですが、日本語訳する時にどうしても「僕は犬が好きです」と、「~が」とした方が自然に聞こえ...続きを読む

Q不定詞による仮定法条件節の代用?:to...to...to...

この文章について教えて下さい。

We must be clear about what countries need to do to hope to join.

これを観て私は、「我々は、参加を望むために諸国家がしなくてはならないことについて明らかにしなくてはならない」と解釈しました。ですが、「望む」こと自体は、countriesの勝手ではないのかなと思われ、色々と考えた末、to hope to joinの部分が条件説かもしれない、と考えました。そうすると、「我々は、諸国家が参加を望むなら、彼らがしなくてはならないことを明らかにしなくてはならない」となり、意味的にはシックリくるのですが、、、。

どなたか、教えて下さい!

Aベストアンサー

こういう場合は「望むならば(条件)」か「望む前に(前提条件)」と訳すのが普通です。

We が誰かについては、参加しようとしている団体の人々か、不特定の人々か(その場合は、we にこだわらず、取り決めにより clear な状態になっているべき、との意味です)、希望する countries の関係者か、でしょう。

国連加盟の話に似ていますね。

Qフランス語の自動詞VS代名動詞

フランス語で他動詞を自動詞にする場合、代名動詞にしますが、
もともと自動詞だけしかない場合はseなしでそのまま自動詞にできます

自動詞というと複合時制を作るetreの場合の移動を表す場合しか記憶していないので、
動詞を見たときに、自動詞として使う場合、
果たしてseをつけて代名動詞にするのか、seなしでいいのか
と、とても悩んでしまいます

こつとして、代名動詞として使われる動詞を記憶したらいいでしょうか?
それとも自動詞の方を記憶したら・・・・

Aベストアンサー

妙な悩みですねえ。。。
ご質問の混乱は、自動詞と他動詞の区別ができないことから起こっていますね。
ごく短い文章のなかで使えるように覚えていかなければ、自動詞か他動詞かなんて覚えられないですよね。
直接目的語があれば他動詞なんですから。

それから、代名動詞を、他動詞を自動詞化するものと考えていると、
古語になってしまうものが数多く存在しますから、
あまりいい考え方とは言えません。
代名動詞は、固定化された意味での使い方のほうがよほど多いですから、
他動詞を覚える際に、少しずついっしょに覚えられたほうが賢明でしょうね。
幼児が実際に、「パパを起こす」と「起きる」や、「ベビーを寝かせる」と「寝る」を覚え、
そして、「パパが起きる」や「ママが寝る」も覚えていくわけですから、
こんな簡単な文章のうちから、代名動詞の用法を具体的に少しずつ覚えるのが、コツといえばコツでしょうか。
日本の仏語学習では概して、代名動詞の学習に入るタイミングが遅すぎることが多いようですね。

Qthe more.... , the less ?それとも、 The more..., the fewer,,, ?

「外国語の学習は世界平和に通じる」と意見について、あなたはどう考えるか、70語程度の英語で述べよ」という問題の中で、次のことで質問させていただきたいことがあります。

「外国の文化を理解すればするほど、誤解は減っていく」をいうのに、
The more you learn about a foreign culture , the less misunderstandings among them will be. というのでは間違いでしょうか? them は 国と国のことをthem と書きました。

解答では The more they learn know about foreign cultures , the fewer misunderstandings there will be . となっていました。
なぜ、the fewer ....there wil be となっているのでしょうか?
the less....will be ではいけないのでしょうか?
もしかたしたら、補足をお願いさせていただくこともあるかと思いますが、回答よろしくお願いします。英語の文章での回答でも、日本語での文章での回答どちらでもけっこうです。

「外国語の学習は世界平和に通じる」と意見について、あなたはどう考えるか、70語程度の英語で述べよ」という問題の中で、次のことで質問させていただきたいことがあります。

「外国の文化を理解すればするほど、誤解は減っていく」をいうのに、
The more you learn about a foreign culture , the less misunderstandings among them will be. というのでは間違いでしょうか? them は 国と国のことをthem と書きました。

解答では The more they learn know about foreign cultures , the fewer misu...続きを読む

Aベストアンサー

>なぜ、the fewer ....there wil be となっているのでしょうか?the less....will be ではいけないのでしょうか?

 「fewer」と「less」の違いは「可算名詞」と「不可算名詞」という説明で理解できるでしょう。書き手が「misunderstanidng」を「可算名詞」だと考えているということ、それだけのことです。

 しかし、お尋ねの問題に関しては、単純に「the less misunderstanding」を「the fewer misunderstabding」にすれば良いというわけではありません。

 たとえ「the fewer understandings」という「可算名詞」を用いたとしても「the fewer misunderstandings among them will be」という表現を用いることはできません。それは、その英文が文法的におかしいからです。

 まず文型を考えてみましょう。「will be」が動詞であることは明白です。では、「be」の前後にあるはずの「主語」と「補語(または修飾語)」は何でしょうか。

 「the less misunderstaning」が「主語」だと考えたら「補語(または修飾語)」に相当する語句が存在しないことになります。「among them」は、置かれた位置から判断すれば「補語(または修飾語)」にはなりえません。

 また「the less misunderstanding」を「補語」だと考えたら、逆に「主語」が存在しないことになります。

 「among them」の意図を変えて「the less misunderstaniding will be among them」とすれば、まだ文型的には理解できます。一応、「the less misundestanding」が「主語」で、「among them」が「修飾語」だと理解することができそうだからです。しかし、これも厳密には不適切な英文と言わねばなりません。

 それは、「~が(・・・に)ある」という意味を英語で表す際には2通りの方法があり、その2つは明確に区別されているからです。次の2つの英文を比較してみましょう。

(1) The pen is on the desk.
(2) There is a pen on the desk.

 「特定のもの」を表す「the pen」は、普通は「There is the pen on the desk.」とはできません。逆に、「不特定のもの」を表す「a pen」を主語にして「A pen is on the desk.」とすることも普通はしません。この原則を理解しておいてください。

 では、「misunderstanding」という名詞は「特定」と「不特定」のどちらでしょうか。状況によって異なるとは思いますが、少なくともお尋ねの「外国の文化を理解すればするほど、誤解は減っていく」という日本語の中の「誤解」という言葉は、「特定のもの」ではなく「不特定のもの」と考えた方が自然でしょう。

 したがって、「ある誤解が(人々の間で)生まれるだろう。」という日本語を英文にする場合にも、「A misunderstanding will be among people.」ではなく「There will be a misunderstanding among people.」とした方が自然な英文に感じられます。

 上記の考え方に倣って「誤解がほとんど生まれない」いう日本語を英語にするには、まず「a」を「few」に変えることになりますが、次に「Few misunderstandings will be among people.」という語順ではなく「There will be few misunderstandings among people.」という語順にした方が自然な英文になります。

 これを、さらに比較級の「fewer」を用いて「The 比較級, the 比較級」の構文にすると、後半は「, the fewer misunderstandings there will be among people.」となります。最後の「among people」は言わなくても想像すれば分かることですから省略しても意味は構わないでしょう。

 これで、お尋ねの日本語に対する模範解答である 「The more they learn know about foreign cultures , the fewer misunderstandings there will be.」という英文が出来上がることになります。

 最後にもう一度まとめておきましょう。お尋ねの模範解答の英語の正しさを判断する際のポイントは2つあります。

 1つ目は、書き手が「misundestanding」を「可算名詞」として考えていると理解すること。そして、2つ目は、「不特定のもの」が「ある/生じる」という意味を表す場合には、その「不特定のもの」を主語として文頭に置くのではなく「There is/are/will be ...」という表現を用いる方が自然な英文になるということです。

 以上、ご参考になれば・・・。

>なぜ、the fewer ....there wil be となっているのでしょうか?the less....will be ではいけないのでしょうか?

 「fewer」と「less」の違いは「可算名詞」と「不可算名詞」という説明で理解できるでしょう。書き手が「misunderstanidng」を「可算名詞」だと考えているということ、それだけのことです。

 しかし、お尋ねの問題に関しては、単純に「the less misunderstanding」を「the fewer misunderstabding」にすれば良いというわけではありません。

 たとえ「the fewer understandings」という...続きを読む

Q自動詞の役割をする熟語について

自動詞+副詞で熟語の働きをするものcome aboutやgo on、自動詞+補語で熟語の働きをするものget lostやcome true、自動詞+前置詞句で熟語の働きをするものgo on a dietなど、これらの自動詞の役割をする熟語の後ろには文の中でどのような役割をする語がくるのですか?

また、You go on a trip to a dangerous country.は何文型にあたりますか?

Aベストアンサー

様態・方法・場所・時間を表す副詞(句)

これらは結局あらゆる動詞句の後にもってこれるわけですが。

一般的には第一文型です。

昨日も生徒に説明しましたが、前置詞がきたら、前置詞+名詞セットで
修飾語になり、文の主要素としてはカウントしない、
これが学校文法の鉄則です。

look at ~、speak to ~のように、受身になる自動詞+前置詞は
セットで準他動詞とみる立場もありますが、
今回の go on a trip とか、to ~はそれにも当てはまりません。

QIf..., ....とIf ..., then....の違い

英語の文章で、

Ifの従属節の次に、主節を記述する場合 (形式としては If..., ....)と、Ifの従属節の次に、thenを挟み、主節を記述する場合(形式としては If..., then....)とでは、両者の間に、意味ないしニュアンスでどういう違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

Gです。

>thenを意識的あるいは無意識的に付け加えるのだと思っていました。

私も、そういうことだと思いますよ。 (ただちょっと違う言い方で書いただけと思います)

では、また。

Q自動詞と他動詞が

目的語をとるのが他動詞、とらないのが自動詞。。と何を見てもありますが・・・・
自動詞と他動詞は単語一つ一つ これは自動詞 これは他動詞と覚えるほかないのでしょうか??

Aベストアンサー

「覚える」というとたいそうに聞こえ抵抗感を感じますが、実際はそんなに苦労しません。

だいたいパターンが決まっています。
日本語になおすとわかりやすいです。

rise 上がる →日本語にしても自動詞として使われる
raise を上げる →日本語にしても他動詞として使われる。

sit →座る 日本語でも自動詞
seat →を座らせる 日本語でもなんとなく目的語取りそうだと思いません?

意味のにている単語は他動詞、自動詞の性質も似ます。
上記の法則で大抵の動詞は他動詞と覚えてしまっていいです。

さらに自動詞かと思いきや他動詞かよ!とつっこみいれたくなる自動詞は別に
覚えます。

attend to (~にかよう)→×
mention about(~について) →×
とやるとだめです。
ほかにはこんな単語があります。
leave (から出発する), enter(に入る), resemble(と似ている)
「から」、「に」につられてfromやtoをつけてしまいたくなります。

通常、単語を覚える際
add to ~を増す(「を」もちゃんと覚える)
add A to B AをBに加える

のように覚えていきます。
最後に簡単なことなのでゆっくりやっていきましょう。

「覚える」というとたいそうに聞こえ抵抗感を感じますが、実際はそんなに苦労しません。

だいたいパターンが決まっています。
日本語になおすとわかりやすいです。

rise 上がる →日本語にしても自動詞として使われる
raise を上げる →日本語にしても他動詞として使われる。

sit →座る 日本語でも自動詞
seat →を座らせる 日本語でもなんとなく目的語取りそうだと思いません?

意味のにている単語は他動詞、自動詞の性質も似ます。
上記の法則で大抵の動詞は他動詞と覚えてしまっていいで...続きを読む

Qwhen people ask what I see in you,I just smile and

when people ask what I see in you,I just smile and look away because I’m afraid if they knew they’d fall in love with you too.

この文章どういう意味ですか?

Aベストアンサー

人々に私が君を見ていることを尋ねられたら、私はただ笑い、目をそらす、なぜなら、もし彼らが知ったら、彼らも君に恋をするのではないかと心配なのさ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報