hesitate【ためらう】は自動詞です.
しかし,
Please don't hesitate to ask.
と直接to-不定詞の目的語をとっています.
どうしてですか?

また,
absorb【~を吸収する/~を夢中にさせる】は他動詞です.
しかし,
Ther were absorbed in singing at a karaoke box.
と"be absorbed in"の形では前置詞inを後に置いてもいいみたいです.

自動詞と他動詞の文法上の厳密な定義ってないんですか?

御回答よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「自動詞と他動詞の厳密な定義」というのは簡単です。

すなわち

目的語をとらない、とれないのが「自動詞」

目的語をとる、とれるのが「他動詞」

です。

Please don't hesitate to ask. では hesitate は自動詞であり、to ask は hesitate にかかっている副詞的用法の不定詞です。「~するために」の意味をあわらす不定詞の副詞的用法ととらえてもいいでしょう。ただし、「聞くために躊躇する」という日本語の不自然さから、「聞くのを躊躇する」という訳になるのが普通であり、このことから「~を、となっているから目的語に違いない」と推測してしまったのでしょう。問題はあくまで母国語の干渉にあり、「~を」と訳せるからといって目的語というわけではありません。

hesitate という動詞を使って He hesitated it. という文章が作れないことから、これが「自動詞」だと分かるでしょう。いや、辞書を引けば「自動詞しか出ていない」ことからも分かりますね。

さて、二点目の absorb ですが、これはご存知のように他動詞です。他動詞が受け身の形で使われるときは必ず by が来ると勘違いなさっているのかもしれませんが、それは違います。「~にびっくりした」にしても、I was surprised At the news. となりますよね? surprise が他動詞であるにもかかわらずです。

受身の形になったときには、それに続く前置詞が by 以外のものが好まれるケースが多々あり、それぞれの表現と理屈ぬきでお友達になるしかないでしょう。おそらく高校あたりでよく習う、The top of the mountain was covered WITH snow. も同様です。理屈では by であってもなんら不思議ではありませんし、by でも充分通じますが、「with がふつう」ですのでしょうがありません。

こんな説明で納得していただけますでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます.

もの凄くよく分かりました!
動詞の後にitが直接おければ他動詞,そうでなければ自動詞ってことですね?たぶん...

「to-不定詞」の副詞的用法だったんですね.
おかげさまで「to-不定詞」の用法を再度調べるいい機会になりました.

absorbに関しては・・・受動態でしたね.

理由・根拠がしっかりしていて凄く分かりやすかったです.
ありがとうございました.またお世話になります(汗)

お礼日時:2003/10/30 18:22

>Please don't hesitate to ask. と直接to-不定詞の目的語をとっています.どうしてですか?



不定詞でも名詞的用法ではなく、副詞的用法です。
副詞的用法の中でif節の働きをするときがあります。

To hear him speak English, I would take him for an English.
彼が英語を話すのと聞くと、イギリス人と勘違いしてしまうだろう。
If I were to hear him speak English, I would take him for an English.

このような使い方の不定詞ではないでしょうか。
Please don't hesitate if you were to ask.
もしあなたが仮に質問するなら、どうぞ躊躇しないでください。


absorbについては他動詞で、
be absorbed inは、be interested inとかと似ていて、一種の熟語と考えてください。
上のnot hesitate to doも熟語と思っていただいてもいいかと思います。


>自動詞と他動詞の文法上の厳密な定義ってないんですか?

http://www2.ttcn.ne.jp/~sokei/hokou/en/jidoushi. …

私的には、NPを取るか取らないかの方が理解しやすいと思っています。英語の構造としての解釈ですので、表面上にNPがあるかどうかとは関係ないです。
ただ、go it alone(独力で行く)などもう熟語扱いをした方が手っ取り早いのも多いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました.

if節の置き換えに関しては初めて聞いたので参考になりました.

お礼日時:2003/10/30 18:24

英語だと自動詞と他動詞はそれほど厳密に意識していないと思います。

例えばlookとかwaitも自動詞ですが、それぞれatとかforを介して他動詞的に働きますからね。それに受動態にすることも出来ますからね。その場合、atやforの品詞は前置詞なのか副小詞なのか、見解がまちまちです。
フランス語だと自動詞と他動詞の区別が英語よりも うるさく、また Whom are you waiting for?みたいに 前置詞が文末に来る事は ありえないし 前置詞を伴った目的語や間接目的語を主語に立てて 受動態にすることも出来ませんので、まあ、それが英語なんだから そんなに神経質に考えなくてもいいのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました.

お礼日時:2003/10/30 18:23

補足をお願いします。



>Please don't hesitate to ask.
>と直接to-不定詞の目的語をとっています.
についてですが、このto-不定詞はどうして目的語だといえるのか、その根拠を教えてください。

この回答への補足

早速の回答ありがとう御座います.

えっと,すいません.感覚的にhesitateの目的語だと思っていたのですが,違うのでしょうか?
根拠をあげるとすれば,

目的語:動作が表す動作の対象となるもの.
(広辞苑より抜粋)

となってますので,hesitateの目的語,つまり,何を【ためらう】したのかというと,to ask【聞くこと】だから,目的語だと思ったのですが...(汗)

もしかして,修飾語ですか?
再び回答よろしくお願いします.

補足日時:2003/10/29 20:19
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!