これからの季節に親子でハイキング! >>

陸軍士官学校出の少尉と幹部候補生の少尉の違いがよくわかりません。
どうちがうのか教えてください。
幹部候補生の少尉が予科士官学校に入ったという記事を見て
疑問がわきました。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 一部補足修正します。

回答文中、「現役は、陸軍予備士官学校を経て陸軍士官学校、陸軍航空士官学校を卒業した者。」としましたが、

 現役は、陸軍予科士官学校を経て~ 

 と修正します。

 また、回答No.2に関して、

> 幹部候補生というのは、兵からの叩上げの軍人を指します。
   
> 幹部候補生の少尉というのは、2等兵から始まって成績優秀な為選抜され、下士官を経て少尉に任官した軍人の事。

 とありますが、幹部候補生は叩き上げではなく、高学歴者を対象とした制度で、二等兵として入営後、三ヶ月で選抜され甲種合格者は将校(士官)として、乙種合格者は下士官として教育を受ける制度でした。

 叩き上げというのならば、学歴のない者が現役で二等兵から一階級ずつ累進して下士官まで達した後、少尉候補者として選抜され陸軍士官学校に己種学生として一年間教育を受けた後、現役陸軍少尉に任官する事を指します。(少尉候補者制度)

この回答への補足

ありがとうございます。
大変よくわかりました。
ところで学徒出陣などの学徒が多く少尉になっていますが、
あれは幹部候補生の試験を受けたからですか?
期間はどれくらいで少尉になれたのでしょうか?
陸軍予科士官学校組では3,4年かかるはずですが。

補足日時:2011/08/13 03:13
    • good
    • 0

 驚くべき諸回答が出ているので、投稿しました。




> 陸軍士官学校出の少尉と幹部候補生の少尉の違いがよくわかりません。

 まず、旧陸軍の陸軍士官出は現役陸軍軍人のこと。幹部候補生は予備役軍人のこと。  

 つぎに、現役と予備役との違いについて述べますと、現役というのは一生軍人として生きていく人のこと。予備役は事変や戦争勃発によって召集され二年間の期限で軍務に就く軍人のことをいいます。


 現役は、陸軍予備士官学校を経て陸軍士官学校、陸軍航空士官学校を卒業した者。予備役は一般に陸軍予備士官学校、陸軍幹部候補生隊、各軍幹部候補生隊、陸軍特別甲種幹部候補生の諸教育施設ならびに特別操縦見習士官として仙台陸軍飛行学校を卒業した者などなどを指します。

> 幹部候補生の少尉が予科士官学校に入ったという記事を見て疑問がわきました。

 満洲事変、上海事変、支那事変とあいつぐ動員業務によって下級指揮官を予備役将校で賄っていたものの、やがて泥沼化していくに伴い、二年ごとに召集解除即日召集という事務的煩雑を避けるため、また平時から優秀な予備役将校を確保するため、1937年(昭和12) に特別志願将校の制度を設けました。これは、予備役将校の中から志願する者は現役将校に準じる待遇を与えるというもので、例えば昇進についても優遇され、素行以外に関して召集解除が免除されることになりました。

 さらに39年には、特別志願将校の中から現役を志望する者について選考のうえ、陸軍士官学校にて丁種学生として一年間の教育を行い現役に列するという制度が出来ました。(昭和十四年勅令七三一号)

 卒業後は、陸士卒業者に比して「准50期」などと称し、陸軍定年名簿に氏名が記載されことになりました。

 幹部候補生の少尉が予科士官学校に入ったというのは、この事を指します。


 資料= 遠藤芳信 『近代日本軍隊教育史研究』 青木書店 94年
    • good
    • 3

こんにちは




> 陸軍士官学校出の少尉と幹部候補生の少尉の違いがよくわかりま
> せん。どうちがうのか教えてください。

陸軍士官学校は、陸軍の"現役士官"を養成するための教育機関で
あり、ここの卒業生はまず間違いなく陸軍の「現役将校(少尉)」として
任官されます。
それに対して、幹部候補生制度(の本来の目的)は平時における"予備
役将校"の育成、でありますので、同じ陸軍士官の養成機関であるもの
の現役、予備、という対象目的が異なります

但し 有事(戦時)においては、予備役将校任官、即日現役に再任官、と
いう荒技もおこなわれていたようです。

一応 どんな経緯であろうが、現役の(兵科の)将校になってしまえば、
差異は無いのが建前ですが、実際は陸士出身の将校のほうが、軍内
部においては重用される傾向はやはりあったようです。


> 幹部候補生の少尉が予科士官学校に入ったという記事を見て疑問
> がわきました。

その(記事の)事実がどの年代か、にもよるのですが、昭和14年以後
の話であれば、多分「予科士官学校」では無く「予備士官学校」の
間違いではないかと思います。

"少尉"ということですので「甲幹(甲種幹部候補生)」だと思われます
が、甲幹は一般的に中学校(旧制)在学中に選抜され、徴兵検査時に
志願(実際は半ば強制的だったらしいです)&受験し、合格の後、2年
の教育訓練後に予備役少尉に任官される、というものでした。

その教育期間中にはいずれかの(陸軍)補充学校で教育を受けるの
ですが、昭和14年に幹候専門の教育機関である"予備士官学校"が
設立されていますので、それ以後に幹候になった人は間違いなく
そちらで教育を受けていると思われます。

対して"予科士官学校"のほうは、通常は幼年学校または一般(旧制)
中学の"卒業生"がそれぞれ受験して入学しますので、幹候の人は多分
いかないだろうと思います。
    • good
    • 0

幹部候補生というのは、兵からの叩上げの軍人を指します。



幹部候補生の少尉というのは、2等兵から始まって成績優秀な為選抜され、下士官を経て少尉に任官した軍人の事。
陸軍士官学校出の少尉は、最初から士官となるべき人材として採用された軍人。

ちなみに、旧日本陸軍で幹部というのは「下士官」以上を指します。
現代のように「士官」の事ではありませんので、間違わないように。

士官学校の生徒は『士官候補生』であって「幹部候補生」ではありません。
「幹部候補生」というと下士官も含まれてしまいますので。
    • good
    • 1

前者は現場の指揮官、後者は文字通りの幹部候補で軍の上層部に進むことを嘱望されています。


企業で例えれば営業所勤務と本社勤務ぐらい違います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旧日本陸軍の階級、序列について

 私の妻の父は4年前に84歳で亡くなりましたが、昭和14年から軍隊に入り、ビルマのインパローと言う所で終戦を迎えました。

 生前、軍隊時代の事を色々尋ねると、雄弁に話していました。
 その義父は陸軍曹長まで昇官したそうです。
 その上は将校(少尉)になるので、それ以上は成れないと言っておりました。
 下士官から将校になれないのは何故でしょうか?
 義父から聞いたのですが、下から二等兵、一等兵、上等兵、兵長、伍長、軍曹、曹長、少、中、大尉、少、中、大佐、少、中、大将の階級があると聞いたのですが、これで間違いないのでしょうか?

Aベストアンサー

下記のアドレスを参考にしてください。私もじいちゃんからいろいろ聞いたことあります。話し出すと長ーくなりました。(^_^;)
http://www.ne.jp/asahi/masa/private/history/ww2/class/japan.html

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/masa/private/history/ww2/class/japan.html

Q防衛大ってレベル低すぎでは?

防衛大って、大学偏差値ランキングとか見ると、偏差値50後半くらい(特に理系)ですよね。MARCHと同レベルかそれよりちょい下くらい。

防衛大出身者って、自衛隊の将官のうちのほとんどを占めてますよね。しかも統・陸・海・空幕僚長や方面総監、自衛艦隊司令官とかにもなれば、給料的にも、一般の役所で言えば事務次官や警視総監級ですよ。そういうポストを、偏差値50後半くらいの大学を出た人間がやっている。

私は別に学歴・学閥至上主義者じゃないですが、こういう人たちが自衛隊のお偉方を占めてるからこそ、ほかの役所の同レベルポストの人間(多くは東大・京大等出身者)にバカにされるのだと思います。彼らと互角にやるためには、せいぜい早慶クラスの偏差値(65くらいですか)はないと厳しい。

なぜ防衛省・自衛隊は、もっと防衛大の偏差値をあげるべく努力をしないのでしょうか?

Aベストアンサー

ぶっちゃけ防衛大なんてなくして、その分の金を少しでも自衛官の定員充足のために回したほうがいいと思う。

いま自衛隊の将官にも東大・京大卒がずいぶん食い込んでるけど、あんだけ強固な閥があっても食い込まれるってことは、そんだけ東大・京大出に比べて、防衛大出身者の平均が劣っていること。防衛大なくしてみんな一般大からということにすれば、東大・京大はじめ、もっと有能な学生を費用ゼロで調達できる。

Q昭和10年代の陸軍士官学校について

昭和10年代の日本の陸軍士官学校の歩兵科の修業期間は何年だったのでしょうか?
調べてみると飛び級もあるような事が書かれていたので大体の相場を、
もしくは詳しいシステムが分かる方は、そのシステムを教えて頂けるとありがたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

「私は陸軍士官学校と陸軍予科士官学校とは違うルートだと考えていましたが」

質問者さんは「陸軍予科士官学校」と「陸軍予備士官学校」を混同しているのではないですか?名前が似ていますが、全く違う学校です。

陸軍の、正規の現役将校養成コースは、時代によって変化がありますが、最終的には
「陸軍地方幼年学校、または一般の中学校 → 陸軍予科士官学校 → 陸軍士官学校」
です。No.1で説明したとおりです。

===

一方で、陸軍では、高等教育を受けている人材を、「幹部候補生試験」によって将校に任用し、戦時に大量に必要になる下級将校(少尉~大尉クラス)を補充していました。

高等教育を受け、軍事教練修了証を交付されている青年は、徴兵により二等兵として陸軍に入って、しばらくすると、幹部候補生試験を受験しました。

幹部候補生試験に合格すると、「将校に適する者」「下士官に適する者」に振り分けられ、「将校に適する者」は、

「陸軍予備士官学校」

に入学、卒業して、見習士官を経て陸軍少尉に任官しました。
いわゆる「学徒出陣」で陸軍に入った人は、高等教育を受けている貴重な人材ですから、ほとんどがこのコースで将校になりました。

===

「中国からの留学生で、中国で日本の中学4年修了相当の学力を持っている人間だったら他の日本人たちと同じ条件で受験、入学はできたのでしょうか?」

できません。中国人は、大日本帝国陸軍軍人になれないからです。

日本の陸軍士官学校には、明治時代から敗戦に至るまで、外国からの留学生を受け入れるコースが存在しました。これは
「日本と友好関係にある国の青年将校が、アジア随一の軍事先進国である日本に留学して軍事学を学ぶ便宜を与える」
ものであり、陸軍士官学校の通常の将校養成過程とは全く別です。

No.1です。

「私は陸軍士官学校と陸軍予科士官学校とは違うルートだと考えていましたが」

質問者さんは「陸軍予科士官学校」と「陸軍予備士官学校」を混同しているのではないですか?名前が似ていますが、全く違う学校です。

陸軍の、正規の現役将校養成コースは、時代によって変化がありますが、最終的には
「陸軍地方幼年学校、または一般の中学校 → 陸軍予科士官学校 → 陸軍士官学校」
です。No.1で説明したとおりです。

===

一方で、陸軍では、高等教育を受けている人材を、「幹部候補生試験」によっ...続きを読む

Q戦争に行かなくて済んだ人達って?

昭和10年代後半、大学生でさえ召集されたあの時代に五体満足で健康な20~30代の男子で
戦争に行かなくて済んだのはどんな人達なんでしょうか?
わざと徴兵回避して村八分になった人達を除いて召集されなくても
堂々としていられた人達の場合です

Aベストアンサー

『軍事板常見問題』のキャッシュより
http://mltr.free100.tv/index02.html
(現在、上記サイトの項目が閲覧できないので…)
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08k03.html#draft

【質問】軍に召集されなかった人には、どんな人がいますか?

【回答】旧日本陸軍に於いて、召集を担当するのは、各県にほぼ一つ配置された連隊区司令部です。この連隊区司令部で、参謀本部、陸軍省と言った中央が決定した動員計画に基づき、該当者を召集令状を作成します。
 これは、充員召集令状と言い、前年度に作成し、予め警察署に保管、動員令が下令されると発行するものです。
 また、中央とは別に、その地区を管轄とする師団から、戦死、戦傷、戦病などの要員で人員の不足があった場合、管轄地域で召集令状を発行しました。
 これを、臨時召集令状と言い、師団毎に随時作成されています。
 比率から言えば、日中戦争勃発後、後者の令状が多く発行されています。

 この発行の基礎資料になったのが、各市町村役場の兵事課から提出された在郷軍人名簿です。
 これには軍隊の経歴、召集回数、健康程度、家族関係、思想関係、治癒見込(病気の場合)などが記述され、このほか体格等位に徴兵検査の結果を記入、役種に兵役種類が記入され、更に特・分業、特有の技能が記入されています。

 充員召集令状を発行する場合、特・分業、特有の技能に注目し、中央が作成した動員計画の必要技能召集する部隊の練度、任務の軽重なども勘案して、召集を決定します。
 他に、体格等位、健康程度などを重視して必要兵を抽出していきます。
 海軍の場合は、更に思想関係も重要視されたようです。

 さて、召集記録の欄の末尾に「召集延期者」略して「召延」という朱印が押されると、召集対象外となり、召集令状は来ることがありませんでした。
 これには甲、乙と二つの区分があり、甲は絶対召集しない人、乙は人がいない時に初めて召集対象となる人です。
 この召集延期の制度は昭和2年から開始され、制度が年ごとに拡大していっています。
 ちなみに、この規定は、陸軍動員計画令(永年動員計画令)に記載されたものです。

 例えば、1943年当時の戦時召集延期者は以下の通りです。

1.侍従、侍医、東宮傅育官、皇宮警察官吏、皇宮警察部消防夫
2.陸海軍部隊に在職し余人を以て代うべからざる者、及び特種の雇用人、工員にして必要欠くべからざる者
3.鉄道又は通信業務に従事し、必要欠くべからざる者(一般国民対象)
4.船舶(50t以上のもの)乗組員にして必要欠くべからざる者(一般国民対象)
5.民間航空乗組員にして必要欠くべからざる者(一般国民対象)
6.国土防衛に直接関与する業務に従事し必要欠くべからざる者
7.陸軍大臣の指定する工場又は事業上に従事し必要欠くべからざる者(一般国民対象)
8.都道府県、地方事務所、警察署、市区町村の官公吏にして兵事事務を主管する者各一名(一般国民対象)
9.帝国外の地に於いて執務を執行する帝国官吏中、必要なる者、並びに外地最高司令官、朝鮮台湾軍管区司令官
10.帝国議会の議員
11.国民学校教員中必要なる者(一般国民対象)
12.上記の外、国歌総力戦遂行の為に緊要なる業務に従事する者にして、必要欠くべからざる者

 つまり、一般人は輸送、通信関係の職員、陸軍大臣指定工場技術者、兵事係などの召集業務担当者が全面的に免れ、教師も一部が召集対象から外れています。
 また工場の熟練労働者も対象となっています。
 但し、工場などに於いてその選出は各工場に任されていた為、工場幹部の親戚が事務屋として入っていて、召集延期者として選出させた事例もあります。
 この場合は、発覚すると即座に召集されるようになっていました。

 1944年からは、臨時召集延期制度が始まります。
これは、航空機工場、特に重点機種(疾風とか飛燕とか言った戦闘機、飛龍などの爆撃機)の生産従事者は全員この対象となって、召集を延期されています。
 また、これ以外の航空機生産従事者、交通関係従事者、鉱山技師、炭坑夫、造船関係従事者、特攻兵器製造従事者は、例え徴兵検査で入営することが決まっていても、一定期間その入営を延期する「入営延期制度」対象者となっています。
 この制度も1944年から開始されています。

 これより先、1943年3月からは、既に入営した人で、軍需生産に必要な人でなおかつ、「軍の統率、団結、軍の士気上差支えなき範囲内に於いて」召集解除し、職場に復帰させると言う「特別召集解除制度」がありました。

 また、本土の食糧不足が深刻化していた1945年には、根刮ぎ動員があった反面、「召集要考慮制度」というもので、軍需生産だけでなく、農林水産業従事者も対象にしています。

 これらの総数がどれくらいあったかと言うと、召集延期制度が、1941年には10万人程度だったのが、1945年には85万人、臨時召集延期制度は不明、入営延期制度は、1944年で20万人、1945年で6万人、特別召集解除制度は1943~45年で4。3万人、召集要考慮制度は160万人が対象となっています。
 戦時中の在郷軍人数は約500万人、召集要考慮制度を除くと、総数で115万人以上に上っています。
 また、充員召集計画で召集令状を発行されていたのに、その充員召集計画自体が取りやめとなった為、結果的に召集されなかった人も多かったようです。(眠い人 ◆gQikaJHtf2)

うちの母方の祖父。福井出身で戦争当時大阪にいた。
薬剤師だったので徴兵されずに済んでいた。(戦局が悪くなっても製薬する人が内地に必要だったので)

 休みの度に薬をたくさん持って福井に帰り、薬を配って換わりに越前米をもらう。
 ↓
 福井から船でまだ稲作技術が発達していない北海道へ渡る。
 ↓
 米を売ってお金に換えて大阪に戻る。

と、いうのを延々とやっていたそうです。(生活板)

『軍事板常見問題』のキャッシュより
http://mltr.free100.tv/index02.html
(現在、上記サイトの項目が閲覧できないので…)
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08k03.html#draft

【質問】軍に召集されなかった人には、どんな人がいますか?

【回答】旧日本陸軍に於いて、召集を担当するのは、各県にほぼ一つ配置された連隊区司令部です。この連隊区司令部で、参謀本部、陸軍省と言った中央が決定した動員計画に基づき、該当者を召集令状を作成します。
 これは、充員召集令状と言い、前年...続きを読む

Q陸軍士官学校卒の昇進の限界について

陸軍士官学校(明治期)を卒業し、陸大には入らなかった場合、一般論としてどの階級あたりまで出世できたのですか。

ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

 こちらでも失礼します。
 一般論として聯隊長までと考えてよろしいかと思います。歩兵科で大佐、騎兵科で中佐です。
 陸軍大学は「陸軍大学条例」で、その目的を設立当初には「将来の参謀職に堪ゆべき者を養成」と定められていました。その後、条例は数度改正され、
「高等兵学を教授し、将来参謀官、高等司令部副官及び教官に充つるを目的とし並に高等職務に堪ゆべき学事上の基礎を修習せしむ」(明治19年改正)
「高等兵術を教授し、参謀其他枢要の職務に充つべき者、または高等指揮官となるべき者を養成する」(明治24年改正)
「高等用兵に関する学術を修めしめ、併せて軍事研究に須要なる諸科の学識を増進せしむる所とす」(明治29年改正)
と、一貫して高等用兵を教え、参謀官、高等指揮官を養成することを目的としていたからでしょう。
 実際、陸大未卒業者の将官昇進は、平時では1%に満たなかったそうです。ちなみに、陸大卒業生は、その内少将昇進80%弱 中将50%強 大将10%強だそうです。
 また、士官学校の卒業成績がその後の昇進のスピードに係ってきますが、陸大を卒業すると、過去の成績に関わらず自動的に士官学校卒業時の成績序列の上位に位置し、その期の進級時期に来ると未卒業者を追い越して一斉に進級したそうです。

 こちらでも失礼します。
 一般論として聯隊長までと考えてよろしいかと思います。歩兵科で大佐、騎兵科で中佐です。
 陸軍大学は「陸軍大学条例」で、その目的を設立当初には「将来の参謀職に堪ゆべき者を養成」と定められていました。その後、条例は数度改正され、
「高等兵学を教授し、将来参謀官、高等司令部副官及び教官に充つるを目的とし並に高等職務に堪ゆべき学事上の基礎を修習せしむ」(明治19年改正)
「高等兵術を教授し、参謀其他枢要の職務に充つべき者、または高等指揮官となるべき者を養...続きを読む

Q兵隊になるまで

太平洋戦争のとき
兵隊になろうと思った場合、
尋常小学校から陸軍士官学校にいけばよかったのですか?
陸軍士官学校にいくのは強制ですか?庶民がいったのですか?
それともお金持ちしかいけなかったですか?
あるいはお金持ちはもっとべつのエリートコースがあったのでしょうか?
海軍にいきたい場合はどうしたらよかったのですか?
空軍がないのはなぜですか?

Aベストアンサー

当時は現在と違い「徴兵制」が敷かれていましたので、個人の意思とは無関係に、
全員「強制的」に兵隊にされました。ですから、希望する必要はありません。
(もちろん、兵隊になりたいと希望しても良いですが。)

陸軍士官学校とは、文字通り「士官」(指揮官、軍幹部)を養成する幹部軍人養成学校であり、普通の兵隊を養成する学校ではありません。
幹部軍人養成学校ですから強制なんかしません、そもそも入学希望者が大勢殺到しましたから振るい落とすのが大変でした。
士官学校の入学資格は、中卒以上(途中から中学4年修了時)の学歴が必要。
当時の中学校(旧制中学)は5年制で、現在の中学+高校のような学校でした。
当時の義務教育は小学校までで、中学へ進学したのは地域差もあるが全体の2割程度。
進学率がこんに低いのは経済的理由がほとんど。
中学へはそこそこ金持ちの家の子しか進学できなかったので、その中学を卒業しなければ入学資格が無い士官学校には、結果的にそれなりに裕福な家の出身者が多くなった。
ようするに、士官学校へ行ける事自体が金持ちのコースなのです。

海軍に行くには、ほとんどが「志願」で、まれに徴兵されて行く人間も少数いたようです。
一応、徴兵検査時に陸軍か海軍の希望を聞かれるようですが、徴兵の場合のほとんどは陸軍。
それというのも、海軍は機械(軍艦)を操作して戦う軍隊なので、それなりに教育を受けた学識を持った人間で無いと勤まらないのです。

空軍が無かったのは、飛行機自体の歴史が浅かったため、飛行機を使用して戦争するという思想自体が十分に育っていなかったため。
陸軍、海軍とも、それぞれ陸軍航空隊、海軍航空隊と独自に航空戦力を持っていましたが。あくまでも陸軍の補助戦力、海軍の補助戦力という位置付けでしか無かったためです。

当時は現在と違い「徴兵制」が敷かれていましたので、個人の意思とは無関係に、
全員「強制的」に兵隊にされました。ですから、希望する必要はありません。
(もちろん、兵隊になりたいと希望しても良いですが。)

陸軍士官学校とは、文字通り「士官」(指揮官、軍幹部)を養成する幹部軍人養成学校であり、普通の兵隊を養成する学校ではありません。
幹部軍人養成学校ですから強制なんかしません、そもそも入学希望者が大勢殺到しましたから振るい落とすのが大変でした。
士官学校の入学資格は、中卒以上(途中...続きを読む

Q終戦後の、旧日本軍の軍人

旧日本軍の軍人

志願して採用され、職業軍人となった人
令状で召集され、(強制的に)軍人にされた人

大きく分けて、この二種類でOKですか?

また、太平洋戦争以前からの職業軍人の人達は、ずっと軍からの給料で生計を立てていたと思いますが、終戦後の処遇はどうなったのでしょうか?

Aベストアンサー

ズサンすぎると思います。質問者ならびに他の回答者の認識が。

まず質問者が、軍人とは「志願して採用され、職業軍人となった人」「令状で召集され、(強制的に)軍人にされた人」に二分してOKかとの問いに、誰も訂正をしていない。ひどいもんです。旧日本軍の場合、一般社会から軍人になるのは「志願・徴集・召集」です。多くの人が漠然と考えている徴兵制とは「生まれてからずっと軍隊とはまったく無縁に暮らしていたら、ある日突然“アカガミ”によって“召集”されて兵隊になって戦地まで行ってしまう」とでもいうものでしょうかね。それって、ちょっと問題があります。

軍隊のことをウンヌンする場合には、たとえ戦争中の話題であっても、まず戦争のない平時の仕組みから知っておかないと大抵は結果として大きな間違いになる、と私は断言します。古今東西、どこの軍隊も基本は平時です。その基本のうえに戦時・有事という応用が問われるのです。これから長々と書いていきます。

“徴兵検査”ぐらいは聞いたことがあるでしょう。原則として前年12月1日から当年11月30日までに満20歳になる男子が、春から夏にかけての時期に身体検査(簡単な知能の検査もあるらしいが、この点は私もまだ不勉強)により甲乙丙などと判定されるわけです。その判定とさらにクジで順番が決められて、それによって“現役”、“補充兵役”などに分けられ、“現役”の者が数ヶ月後に予定どおり(強制的といえるでしょう)軍隊に入ります。これを“徴集”といいます。これが兵隊の基本中の基本なんです。“召集”じゃありません。この“徴集”はアカガミなんか一切関係ありません。明治時代に徴兵制が始まってから昭和20(1945)年に軍隊が無くなるまで、平時も戦時もこの“徴集”はありました(末期には年齢が19歳に下がり、身体検査の時期も変わることがありました)。

少し前の文で“現役”と書きました。この“現役”というのは非常に重要なキーワードです。軍隊について無知な人(つまり現代日本人の大多数、あなたも私も)が漠然とイメージする「軍人」とはこの“現役”の軍人だろうと思います。ところが“現役”でない者も結構いるんです。まず軍隊の下っ端である兵隊は何年も“現役”をやっていられません。上で書いた“徴集”で入った兵隊は何年かすれば除隊といって軍隊からシャバに出られます。そうして“予備役”になります。乱暴に今流の表現をすると「軍人OB」とでもいうようなもの。

志願で入った兵隊はふつう“現役”ですが、たとえ軍隊が好きで志願したとしても数年しか兵隊はできません。どうしても軍隊にいたいなら、“現役”下士官を志願して教育を受け採用されれば下士官になります。下士官からは「武官」で、本物の軍人はここからといって良いでしょう。

ところが日本軍の場合、下士官もいつまでも無条件で“現役”でいられるわけでもないのです。数年ごとに再志願というのをして、軍隊の予算とか本人の勤務評定などをクリアして受け入れられれば“現役”の下士官を続けていられます。下手すれば再志願が通らず「お疲れさん」で軍隊を出てシャバで仕事を探すことになります。“予備役”です。ですから「職業軍人」を考える場合に、日本軍の場合はやや不安定な立場の下士官を含めるかどうか議論の余地のあるところです。

将校の場合(軍医なども含めます)、陸軍士官学校などで学んだ“現役”将校なら、まさに
「職業軍人」です。ですが、将校においてさえ“現役”(すなわち「職業軍人」)であり続けることは今の我々が考えるほど容易ではなかっただろう、というのが私の見解です。昔の栄養・衛生事情は悪く、結核をはじめ身体を壊したりするリスクは現代よりはるかに高い、なのに軍隊が求める健康な身体は一般社会よりもレベルが上でしょう。それに将校だって勤務評定を受けます。エライ人に昇進する枠は少ないのです、のんべんだらりと低い階級のまま軍隊にいてもらっては困るのです。将校だっていつ「お疲れさん」と軍隊を出され“予備役”になるかわからない、ということです。“予備役”将校はもう「職業軍人」ではありません。

話は変わりますが“召集”というのは、有事に軍人の数を増やしたい場合やその他(教育のため等々)により“予備役”や、ときとして“補充兵役”の者を軍隊に入れる事です。本当は“現役”のほうが質が高いのだけれど、戦争などでは贅沢を言ってられませんから「臨時」に“予備役”などの人を使うのが“召集”です(あまりにも多くの人が“召集”をすでに述べた“徴集”と混同しています。それが腹立たしいので私はわざわざこんな長文を書いています)。それから既回答の中に「幹部候補生志願して、職業軍人となり・・」というのは、普通ありません。幹部候補生は”予備役”の将校・下士官コースですから「職業軍人」にはなりません(さらに教育を受け転役すれば“現役”ですが、極めて稀な事)。太平洋戦争のような大きな戦争では兵隊も多いし、下士官も増え、将校だって何千人にもなったでしょうが、実は「職業軍人」というのは思ったほど多くはないのです。このへんの事は私が執筆したWikipediaの『幹部候補生 (日本軍)』というのを読んでみてください。

ところで、軍人の定年というのは一般社会より早いものです。運良く健康でクビにならずにいても、エラい階級にならないかぎり早ければ40代から定年がやって来ます。

以上の事を総合すると、たとえ「職業軍人」といっても人生の中で第二、第三の商売をする覚悟を持っているのが普通であったでしょう。これが平時の基本の話です。それを十分に理解してから、初めて「戦争でどうだった」「終戦になってどうした」ということをウンヌンしなければおかしいということです。

最後の最後に質問に対する私の答えとして、「職業軍人」の終戦後の処遇は一般的にいって決して優遇はされなかっただろうと思います。「公職追放」というものもありました。ただ、戦争犯罪人でもなければ、投獄されたりするようなことはないので「職業軍人」ではなかった圧倒的多数の元兵隊や、予備役からの人と同じような普通の厳しい人生だったのではないでしょうか。

終戦からいくらか経ちますが自衛隊(最初は警察予備隊)ができてからは、「公職追放」が解除された元「職業軍人」の中には、適正もあったし、もともと嫌いな道ではなかったでしょうから自衛隊に入隊した人もかなりいます。初期の自衛隊のエライ人は大部分が陸軍士官学校、海軍兵学校など出身の元「職業軍人」といえます。もし本当に興味があったら、比留間弘さんという方の著作を探して読んでみると面白いですよ。もうお亡くなりになっているようですが、陸軍士官学校を出た現役将校でビルマ戦線で苦労したあと終戦になり、戦後はヤミ同然の商売から雑貨屋を始め、公職追放解除後に陸上自衛隊に入った人生を非常に楽しい文章で何冊かの著作にされています。検索すればamazonなどでもザクザク出てきますし、運が良ければ図書館にあります。

参考URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/幹部候補生_(日本軍)

ズサンすぎると思います。質問者ならびに他の回答者の認識が。

まず質問者が、軍人とは「志願して採用され、職業軍人となった人」「令状で召集され、(強制的に)軍人にされた人」に二分してOKかとの問いに、誰も訂正をしていない。ひどいもんです。旧日本軍の場合、一般社会から軍人になるのは「志願・徴集・召集」です。多くの人が漠然と考えている徴兵制とは「生まれてからずっと軍隊とはまったく無縁に暮らしていたら、ある日突然“アカガミ”によって“召集”されて兵隊になって戦地まで行ってしまう」とでも...続きを読む

Q見習士官と准尉

旧陸軍の士官は士官学校を卒業すると曹長の階級章をつけて見習士官になりますが、陸軍には準士官の階級として准尉とゆう階級がありますね
そこで質問です、見習士官と准尉(昭和16~20年頃)ではどちらが階級が上位なのですか。もちろん士官学校を卒業していない軍曹出身の曹長と准尉では、准尉が上位で、曹長が下位とゆうこはわかっているのですが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

陸軍士官学校と甲種幹部候補生(甲幹)は予備士官学校を卒業すると見習士官に任ぜられる。服装は下士官以下と同じで、階級章が曹長で、階級章の隣りに星の記章の付いた座金を着け、袖に士官適任章といわれる金色の山形の袖章を着けている。曹長の階級章ながら准尉より上級者とされている。 この座金は本チャンの士官学校卒業者は実砲と言われ、
臨時雇いの予備士官学校卒業者については空砲と呼ばれていました。

 准尉は服装は将校と同じだが判任官であり、見習士官は服装は下士官のようだが高等官待遇(将校)ということになるのだそうだ。
年配の貫禄のある准尉は後ろから見ると、何処かの連隊長(大佐)と
間違えられたそうです。
また、応召の年配の軍医にも見習士官の方がいました。その中には大学病院の教授等、医者としての社会的な地位の高い方も多くいましたが
若造の軍医士官の下働きとして、こき使われていた。

Q戦前の大学の難易度

概ね昭和初期の日本の大学の、

東京帝国大学
陸軍大学校
海軍大学校

では最も難関だったのはどれでしょうか?

Aベストアンサー

軍人の学校というものは、時代によってかなり人気が上下します。

その昭和の初期は大不況の最中ですから、経済的に厳しい人にあっては、東大以上の値打ちのあるところとなります。
逆に、東大を始め、帝国大学に進学する学生は、大げさに言えば、生まれついた時からそういうコースを選べれる人生だったのです。

今は、農業高校からでも東大でも受験できます。しかし、戦前の学制はもっと若い年齢のうちに振り分けられているのです。
旧制中学から旧制高校にいくこと、これが帝大に行く絶対条件でした。旧制高校に入学できれば、ほぼ(どこでもいいなら)帝国大学には進学できました。さすがに東大は少々難しかったにせよ、そういうものだったのです。ですから、大学受験での受験地獄はありませんでした。むしろ一番の関門が、高校受験でした。
そして、同じく、中学卒業時に海軍兵学校や陸軍士官学校の受験資格がありました。どこの中学からでも相当な秀才が行ってます。東京帝大も十分射程距離の学生です。

それと、学力だけでない難易度もあります。体格や体力もですが、特に海兵においては、海外に出る機会が多く、欧米先進国の士官に見劣りしないようにという考えが働いたようで、男前が多かったですよ。
男ぶりに自信がないから陸軍にするという人もいるくらいでしたからね。

ということで、海軍兵学校というのは、当時の女学生から絶大な人気がありましたよ。

それでも、東大の法学部は当時の高等文官試験の合格率が高く(高文は単なる公務員試験ではなく色々と特典もありますから)別格だったでしょう。
それが崩れたのは、第2次世界大戦の最中、大学生も徴兵免除がなくなった頃からでしょう。このときは文科は免除なし、理科は免除でした。それで、徴兵逃れに医者になるものが増えたんですよ。帝国大学でなくてもいいと、地方の医科大学の進学者が増えました。(戦前は国民保険制度がないので、かならずしも医者が儲かるとは限らない)

軍人の学校というものは、時代によってかなり人気が上下します。

その昭和の初期は大不況の最中ですから、経済的に厳しい人にあっては、東大以上の値打ちのあるところとなります。
逆に、東大を始め、帝国大学に進学する学生は、大げさに言えば、生まれついた時からそういうコースを選べれる人生だったのです。

今は、農業高校からでも東大でも受験できます。しかし、戦前の学制はもっと若い年齢のうちに振り分けられているのです。
旧制中学から旧制高校にいくこと、これが帝大に行く絶対条件でした。旧制高校...続きを読む

Q太平洋戦争当時日本軍が三八式銃を使用していた理由は

三八式銃とは、明治38年 に発明された旧式の銃らしいですが、
これを太平洋戦争当時でも使用していたそうです。
戦争中の兵器の進歩は日進月歩なのが普通なので、
これは不思議なことです。
使用し続けた理由は何でしょうか?

大量に余っていたとしても新式に鋳直せばよいだけのことです。
現に戦闘機などはどんどん改良を重ねています。
なにか特別なことがあったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

銃は、航空機、戦車、潜水艦のいわゆる三大新兵器とは違う「熟練した兵器」ですので、寿命は桁外れに長いです。
ほかに寿命の長い兵器は、歴史的に見ると刀剣があります。日本刀は、太刀~打刀に変わったりと、若干の変更がありますがおおむね形は変わりません。これは刀は、熟練した兵器であり、戦術的な変革がなければ、仕様を変える必要がない代物だったといえるでしょう。

さて、三八式についてですが、これも似たようなものです。諸外国の兵器と比べた場合の旧式度合いについては、すでに前に語られていますね。
新しいともいえませんが、それほど古いともいえません。つまり、ボルトアクション式では、すでに三八式は「決定版」ともいえる代物だったのです(No12の方が言っているように日本人にとって扱いやすいのも大きい)。
決定版なので、それ以上のものは戦術的転換がないかぎりは不要です。現在でもピストル、小銃などは50年以上前の設計の物だって十分現役で使っている国もあります。これらは現代の戦術では決定版足りえる代物だからです。

さて、先ほどから「戦術」という言葉を使っていますが、これが、三八式におきた一つ目の悲劇です。
時代は第1次大戦、火器は「小銃による打ち合い(砲は補助的)」から「重砲と機関銃(小銃は補助的)」による戦術に「転換」しました。

つまり三八式の作られた時代の戦術概念と第2次大戦では大きく様相が変わったのです。
基本的に新しく作られた戦術というのは、前に使われていた戦術よりも優れています(優れているから採用される)。
つまり、三八は世界的な戦術である、火砲、機関銃の大量使用による弾幕戦と戦うようには対応していません。
諸外国のようにそれらの「補助兵器」として使うならば十二分の性能だったでしょう。

当時の戦術において勝利を決めるのは火砲、機関銃、戦車といった兵器で、小銃はすでに勝利を左右する兵器ではなくなっていました。
しかし、日本軍にはそれらで力のある兵器はありません。

勝利を左右する兵器を持っていない軍隊と、勝利を左右する兵器を大量保有している国が戦えば・・・どうなるかはわかりますね?

日本軍が、(あくまでボルトアクションから進歩した存在であり、補助兵器の域を出ない自動小銃はともかくとして、です。諸外国がこれの更新を遅らせたのは、他に国力を注いでいたためです)火砲や機関銃の大量配備を嫌ったのは、塹壕戦による経験が薄かったために有効性を信用しきっていなかったのもありますが、最大の理由は、工業力がこれらの兵器を「全軍にいきわたらせて、かつ戦えるだけ」の力を持ち合わせていなかったことです。
国力と軍事力の兼ね合いが著しく悪いとも見れます。海軍でもいえますが、国力以上の軍事費は維持費や更新費用の面で国家を破綻させます。弾薬についてもそうです。自国の国力でまかなえる以上の弾薬を使う軍隊を持てば、補給にひずみが生じて、供給が追いつかなくなります。
かといって軍隊を減らすわけにもいかない状態ですし、そのおかげで更新(つまり戦術転換)に使う国力もない。新しい戦術では弾薬を多く使うので、転換したところで維持できるだけの国力もない(諸外国は生産量を増やしたのですが、日本ではそれができるだけの国力すら残っていなかった)。
日本軍が抱えていたひずみとかゆがみが、小銃にも現れているのです。

もう一つの悲劇が、1つ目の後半とかぶりますが日本の工業力の低さです。
当時、日本の技術力はとにかく欧米に追いつけということでタッチアップを図っていましたが、まだまだ追いついていません。
よく「日本の技術力は世界一だった。アメリカに物量で負けた」なんていう人がいますがこれは大間違いです(空技廠から上がってきた航空機の図面で、「この部分は鋳型をつかった鋳造で」となっていても金型が作れずに削り込み部品にしたというのはよく聞く話です。つまり当時の技術はその程度)。
中でも惨憺たる分野が重工業全般の中でも最重要分野の鉄鋼業でして、製鉄も自国では補完できない、鋳型技術も低い状態です。
さらには、精密機械技術が発展途上でして、とにかく精度が悪い(戦前の日本兵器において「統一規格」はありません。というより作れなかったのです。精度が維持できないのですね)。そのため小銃ですら調整しないと命中精度が維持できない上、部品の互換性がない。これは前線において問題です。
別々の箇所が壊れた銃をばらして一つの壊れていない銃にするというのは、軍隊ではある程度普通ですが、日本ではこれが出来ない。つまり不経済な状態です。
また、弾薬の製造精度も悪いため、弾詰まりが多い。これは自動小銃のほうで批判されますが、こちらについては「吐き出す量が多いためハズレに当たる確率が高い」だけなのです(まあ、自動小銃のほうが若干弾詰まりを起こしやすいというのはありますが・・・)。

ながくなりましたが、結局は日本と日本軍の構造上の問題なのです。
日本において三八式が評判が悪いのは、本来的に責任はない三八式に、日本の抱える問題を添付してしまっているからです。結局問題は日本自体にあるのです・・・
というわけで、三八自体の設計は優秀ですし、ボルトアクション式小銃の決定版でもあります。

銃は、航空機、戦車、潜水艦のいわゆる三大新兵器とは違う「熟練した兵器」ですので、寿命は桁外れに長いです。
ほかに寿命の長い兵器は、歴史的に見ると刀剣があります。日本刀は、太刀~打刀に変わったりと、若干の変更がありますがおおむね形は変わりません。これは刀は、熟練した兵器であり、戦術的な変革がなければ、仕様を変える必要がない代物だったといえるでしょう。

さて、三八式についてですが、これも似たようなものです。諸外国の兵器と比べた場合の旧式度合いについては、すでに前に語られてい...続きを読む


人気Q&Aランキング