『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

見てくださった方、ありがとうございます。

よくネットなどで、立花宗茂の軍事評価が非常に高いですが何故でしょうか?
私自身、立花宗茂が好きですので逆に気になりました。

たとえば、島津との戦いでは宗茂以外でも志賀親次が同じ様に島津の大軍を寡兵で持ちこたえ、島津義弘をもって「天正の楠木」と称賛されています。
朝鮮出兵では碧蹄館の戦いで活躍しますが、島津義弘の泗川の戦いの方がすごいように感じますし…。
桶狭間の戦い、沖田畷の戦いのように寡兵をもって大軍に挑みかかり、大名クラスの首級を挙げたわけでもないですし、関ヶ原の戦い後に領地に攻め込んできた鍋島直茂と戦い、奮戦するも結局撤退し籠城してますし。

秀吉に豪勇鎮西一や西国無双などと称賛されたからでしょうか?
戦巧者の名将だとは思いますが、これほど高く評価しているのが何故なのかどなたかお詳しい方、教えていただけないでしょうか?よろしくお願い致します!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>よくネットなどで、立花宗茂の軍事評価が非常に高いですが何故でしょうか?



西国無双とよばれるまでの戦績
九州征伐時
天正14年(1586年)、島津忠長・伊集院忠棟率いる島津軍が筑前国に侵攻し、実父の高橋紹運は岩屋城にて徹底抗戦の末に玉砕した(岩屋城の戦い)。
このとき宗茂も立花山城で徹底抗戦を行い、積極的に遊撃戦術を使った。更に詐降の計を用いて島津本陣への奇襲を成功させ、数百人の首級をあげた。
この内に8月18日も岩戸にて兵糧を準備する原田種実隊2,000を撃退し700余の首を取った。
8月20日にも秋月種長隊2,000を奇襲し400余の死傷を出させた。島津軍は紹運との戦いですでに消耗していたため、8月24日に撤退した。
このとき宗茂は、友軍を待たずに島津軍を追撃して数百の首級をあげ、火計で高鳥居城を攻略、岩屋・宝満の2城を奪還する武功を挙げている[注]『日本戦史・九州役』(補伝 第十二宗茂の忠勇)。 その時、大友宗麟から豊臣秀吉へ
「義を専ら一に、忠誠無二の者でありますれば、ご家人となしたまわりますよう」
と要請された[注]つまり、立花宗茂を豊臣秀吉の直臣として取り立てて欲しいと、大友宗麟が要請したという意味である。ただしこれについては、秀吉のほうから宗麟に対して、立花宗茂を譲るように命じたのを、宗麟が自ら推挙したようにして取り繕ったのではないかという説もある(海音寺潮五郎『武将列伝」)。
その後も秀吉の九州征伐で活躍し、西部戦線の先鋒として4月初から肥後国の[竹迫城]]、宇土城などを攻め落とした。
更に南下して島津忠辰の出水城を攻め落ちて川内に島津忠長を撃退し、秀吉に代わって伊集院氏、祁答院氏、入来院氏から人質をとり、大口城に新納忠元を包囲した[注『日本戦史・九州役補伝』]。
戦後、秀吉はその功を認めて筑後柳川13万2,000石を与え、大友氏から独立した直臣大名に取り立てた。このとき秀吉は宗茂を

「その忠義も武勇も九州随一である(原文:その忠義、鎮西一。その剛勇、また鎮西一。)」
「九州の逸物」

と高く評価したという。

豊臣時代
 天正15年(1587年)9月、佐々成政移封後の肥後国で大規模な国人一揆が発生したときは、兵糧不足の佐々軍救援のため、弟の高橋統増と共に兵1,200と輜重隊を率いて出陣し、兵を三隊に分けて小野鎮幸の主力隊が肥後南関を突破し南関城の将・大津山出羽守を討ち取った。そして平山城を包囲する一揆方の有働兼元軍を騎馬鉄砲[注、騎馬武者の馬首に鉄砲袋を備え、弾薬の袋を馬尻に掛けさせて「火車懸」の戦術を繰り出した]の先陣が引き離しつつ、第二陣に守られた輜重隊が城に兵糧を搬入、長槍の第三陣が有動軍を永野原において撃破し有働志摩守を討ち取った[注、『立花記(正・続)』、『武神 立花宗茂』、『清和源氏隈部家代々物語』による]。
立花軍は佐々軍に兵糧を支援し平山城に入城したが、一揆方3,000の兵に包囲された。その対応のため、先に輜重を運輸したの人夫を使って「立花軍は明日に城を出て柳川へ帰る」との偽情報を敵陣に流し、当日は軍を三隊に分けて由布惟信と十時惟由を先鋒に任じて疾駆の勢いで敵を奇襲突破したが、宗茂率いる本隊は三加和平野立尾の地で一揆方に挟撃された。そのとき宗茂は戸次家伝来の名刀・笈切り兼光を持ち馬上で敵兵七人を斬り伏せ、横撃して来た有動下総守と一騎討ちして討ち取った。やがて由布・十時の先鋒隊が反転し、小野鎮幸の後備隊が合流して全力で突破し一揆軍を総崩れにした。
その後、街道に沿う一揆方の出城を攻め落として、捕虜を城上や軍の前に置くことで一揆軍の攻撃を避けつつ南関に近い太田黒城へ進軍、たが城将・大知越前守は弓隊を伏兵として立花軍を奇襲した。立花軍は矢の当たりにくい森の中へ500の城兵をおびき出し、十時連貞と小野鎮幸率いる300が反転して迎撃、そして由布惟信が郎党20人を率いて堀や木柵を越えて一番乗りの功を立て二の丸に至る。大知越前守は50騎を率いて迎撃したが、池辺永晟と一騎討ちして討たれた。この時、立花軍は1日に13度もの戦いを行い、一揆方の城を7城も落とし、650余の敵兵を討ち取ったという武功を上げている。
また一揆方の和仁三兄弟の田中城を包囲するとき、参陣中に小早川隆景を義父とし、小早川秀包とも義兄弟の契りを結ぶ。秀包と共に城内に攻め込み、宗茂自身は和仁中務少輔を討ち取った。
天正18年(1590年)、小田原征伐に従軍する。このとき、秀吉は諸大名の前で

「東に本多忠勝という天下無双の大将がいるように、西には立花宗茂という天下無双の大将がいる」

と、その武将としての器量を高く褒め称えたという。



>私自身、立花宗茂が好きですので逆に気になりました。

>たとえば、島津との戦いでは宗茂以外でも志賀親次が同じ様に島津の大軍を寡兵で持ちこたえ、島津義弘をもって「天正の楠木」と称賛されています。
 志賀親次は1000人で新納忠元の35000人を撃退し、近郊の諸砦を回復して秀吉に激賞されましたが、残念なことに父の親度が島津に内応して自害してるし、祖父の親守は耳川の戦の時、別働隊を率いて肥後に進出したが積極的に動かず敗戦の一因になってます。また翌年の秋月種実の征伐も失敗して立花道雪に非難されてます。つまり、祖父、父の汚名をそそぐための奮戦だったと言えるでしょう。
 また本人も文禄の役の平城攻防戦で小西行長の援軍要請がきたときの軍議で退却を主張して、大友家改易の原因を作ったので後世の評判が悪いからじゃないですかね。

また立花勢は実父高橋紹運 養父立花道雪の家臣も引き継いだ為、

>朝鮮出兵では碧蹄館の戦いで活躍しますが、島津義弘の泗川の戦いの方がすごいように感じますし…。
泗川の戦いの明朝鮮軍は20万と号してますが実際は3万7千から数万です。島津は7千(島津は10000人の軍役)。
碧蹄館の戦いでは明軍40000人日本軍41000人で 弟の高橋軍と合わせて3000人で先陣でした(立花は2500人の軍役)。

>桶狭間の戦い、沖田畷の戦いのように寡兵をもって大軍に挑みかかり、大名クラスの首級を挙げたわけでもないですし、
基本的に立花勢は全ての戦いで寡兵です、なぜなら立花氏は大友の一家臣だったし、大名になってからも13万2000石しかありません。


>関ヶ原の戦い後に領地に攻め込んできた鍋島直茂と戦い、奮戦するも結局撤退し籠城してますし。
家康への恭順を示すため宗茂は城に残ってます。戦ったのは家老の小野鎮幸です(それでも13段の9段まではいきましたが)。

>秀吉に豪勇鎮西一や西国無双などと称賛されたからでしょうか?


九州の役
秀吉軍来る!の報に
普通ならここで安堵し秀吉軍の迎え入れの準備をする城兵。
しかし、ここからがまだ20歳前の若者宗茂、戦争の天才の真骨頂です。
島津軍が撤退するや否や城門を開けて追撃
十分に備えのあった島津軍を一日で数百討ち取り
さらに次の日には島津方の高鳥居城を攻略し
そのまま岩屋城、宝満城を奪還します。

たった三日で筑前方面の島津軍を掃討します。
この電撃的な早業には秀吉も「九州一之一物」と絶賛し
「その忠義は鎮西一、またその剛勇も鎮西一」
「上方にこれほどの若者はいない」と激賞します。


小田原出陣で京に大名を参陣させた時に本多平八郎忠勝をわざわざ召し出し、
「東国に隠れなき勇者本多平八、西国無双の誉れの立花左近将監、東西にそれぞれ無双の者故、対面を許す」
リップサービス好きの秀吉ですが自分に比しないでしかも一番と言っているところから見ると本気のようです。


>戦巧者の名将だとは思いますが、これほど高く評価しているのが何故なのかどなたかお詳しい方、教えていただけないでしょうか?よろしくお願い致します!

名将言行録より
「宗茂の人柄は、温純で寛厚で、人徳があっておごる事が無い
功があっても自慢する事がない。
人を使うのも、おのれの意にしたがってしかも自然である。
善に従うこと、あたかも自然の流れのようである。
中略
士はみな、宗茂の役に立つ事を楽しみにした。
その用兵ぶりは、奇襲といい正面攻撃といい、いずれも天性の妙を発揮した。
ゆえに、攻めれば必ず取り、戦えば必ず勝利を得たのである。」と
    • good
    • 3

 おそらくは、質問者様の方が詳しいとは思いますが・・。



 ・弱者の立場で奮闘(判官びいき)
   衰退する大友氏の武将として奮闘。島津氏は強者の立場ですね。
 
 ・目立つ活躍
   豊臣秀吉の九州征伐と直接繋がる活躍。志賀親次の奮闘は評価されますが、大局的には、仮に活躍がなくても、影響が少なかったのでは。
 
 ・最終的に大名家として生き残った
   生き残ったからこそ、武勇を宣伝ができたと思います。志賀親次の主家大友氏は改易されていますね。そういえば、碧蹄館の戦いのすぐ前の時期の失策が理由でしたね。

の3点が重なったからだと思います。
    • good
    • 1

単純に言うと、最後の実践指揮官だから。


ということではないかと。

宗茂
没年 1643年
伊達政宗
没年 1636年
藤堂高虎
没年 1630年
蜂須賀 至
没年 1620年
加藤嘉明
没年 1631年
丹羽長重
没年 1637年
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E3%83%B6% …

関ヶ原の戦いが最後の野戦となりますが、(大坂の夏の陣を除くと)この段階でだいたい10万石以上(野戦における戦闘単位 3千人を動員)の大名で、最後まで生き残ったのが宗茂。
しかも丹羽長重が二代目イメージが強いのに対して、宗茂のみが、「負け組からの復活」という立場なので、かっこ良かった。
    • good
    • 0

>秀吉に豪勇鎮西一や西国無双などと称賛されたからでしょうか?



恐らく質問者様の方が戦国史お詳しそうなのでお教えできる事は何もないのですが、言われてみればその様な気はします。

真田信繁(雪村)にしても「日の本一の兵」と称されなければこれほどの知名度は無かったかと思いますし、小説なんかを書く時にそういったエピソードを持つ人物はやはり書きやすかったり、書きたいと思う著者が多いかもしれませんね。道雪とか誾千代とのエピソードもありますし、宗茂はそういった意味では最高ですね。

著者=語り部と考えるとあながち間違いでもないのかな(^^;)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q騎馬鉄砲は馬上から発砲していたのか?

朝鮮出兵の加藤清正隊や関ヶ原の島津隊では、騎馬隊のほとんどが銃を装備しており、藩によっては騎馬隊が鉄砲を持つことを定めているものもあるようです。
騎馬鉄砲という独立部隊というよりも、騎馬隊の装備の一つとして用いられていたように思います。現在見られる砲術団体はホルスターのようなものに馬上筒を入れていました。

しかし、当時の騎馬隊はどのような用法で馬上筒を使っていたのでしょうか?下馬して撃っていたのでしょうか?それとも馬上から射撃していたんでしょうか?
当時の図では、馬上から鉄砲を構えたものがあります。西洋の重騎兵のように近距離で射撃してから乗崩しをしたのかな・・・?

Aベストアンサー

騎馬侍が銃を装備していたとしても、後年の騎兵隊のような統一行動はとらなかったと思います。
当時の騎馬侍は士分であり、1騎につき数名の取り巻きがいました。それは馬の口取りであったり鎧持ちだったり槍持ちだったり鉄砲持ちだったり中間だったりします。彼らは戦闘中は主人の護衛を勤めて戦闘の補助役を務めていますから、彼らを置き去りにして騎馬侍だけが突っ走るという事も基本的にはありえません。彼らを置き去りにしたら銃や槍なしで戦う事になってしまいますから。戦国時代の戦闘が下馬して行われたかは別にして、いずれにせよ一般的には徒歩の速度で従者を従えたまま騎馬侍は戦闘します。
従って馬上筒は槍と同様に従者が持って、必要に応じて装填済みの銃を渡し、撃ち終わったら従者に渡して槍を受け取り、従者はその間に装填作業をするといった形が一般的であったのではないかと思います。なので騎馬侍が統一行動をとって一斉射撃するとかいう事はありえず、各自が状況に応じてバラバラに銃を使用していたのではないでしょうか。
伊達の騎馬鉄砲については、司馬氏の小説でしか読んだ事がないのでよくわかりません。そのようなものがあったとしてもごく特殊な例であって他家にそれに類する物があったとは思えません。
実際の射撃が馬上から行われたかについてもわかりませんが、停止した馬上から射撃したり下馬した状態で射撃するのが一般的であったと聞いた事がありますが、それが妥当だと思います。当時の馬上筒は拳銃のように小型の物ではなく騎兵銃のような普通の小銃の短縮型ですから、馬上での扱いは難しかったろうと思います。また命中を期待できる近距離では、連射ができない当時の銃では一発撃ったら槍に持ち替える事もできず戦闘力を失ってしまいます。
ただし、馬で走りながら射撃する例が皆無だったとも思えません。もともと東洋では騎射が伝統的な戦闘法ですから、弓の代わりに鉄砲を使うという発想はごく自然です。

騎馬侍が銃を装備していたとしても、後年の騎兵隊のような統一行動はとらなかったと思います。
当時の騎馬侍は士分であり、1騎につき数名の取り巻きがいました。それは馬の口取りであったり鎧持ちだったり槍持ちだったり鉄砲持ちだったり中間だったりします。彼らは戦闘中は主人の護衛を勤めて戦闘の補助役を務めていますから、彼らを置き去りにして騎馬侍だけが突っ走るという事も基本的にはありえません。彼らを置き去りにしたら銃や槍なしで戦う事になってしまいますから。戦国時代の戦闘が下馬して行われた...続きを読む

Q長生きしてたら武田信玄は信長に勝てたと思いますか?

全国1億2千万信玄ファンの皆さん、こんにちは。

自宅で資料整理をしていたら、往年の名作「信長の野望 戦国群雄伝」のガイドブックが出て来てしまいました。仕事で忙殺されてるというのに、思わずよみふけりですよ!(嗚咽

生来の里見家フリークな私は、別に武田信玄に対して悪意を抱いているわけではないのですが。
果たして信玄が長篠の戦いまで存命であったなら、信長に勝てたのでしょうか?

どう考えても、無理ゲーと申しますか、馬で柵は突破できないだろ的な考えを抱いてしまいました。

甲斐の虎、戦国最強の呼び声も高い武田信玄のファンの皆さまからの熱いご意見をお待ちしております。
(煽っているわけではありませんので念のため。徹夜明けでテンションが高いだけです)

Aベストアンサー

 他の回答者の方々が指摘していない点について

・織田軍と武田軍の性格の違い
 織田軍は、専業兵なのに対して、武田軍の兵力の主体は農民兵です。

 織田軍は、戦闘を専業とする兵を主体としており、兵糧をはじめとする兵站部門を持っていました。
 それに対して、武田軍は騎馬が多く、他の戦国大名と比べて物資輸送能力は高かったものの、織田軍のような兵站と言うレベルの軍需物資輸送ではありませんでした。特に物資の海上輸送能力は織田軍の方が格段に高かったようです。
 これには、内陸を領地としていた武田家に対して、木曽・揖斐・長良の河川運送と伊勢湾の海上輸送に基礎を置いた津島や熱田の商業都市から始まって、琵琶湖の水運に基礎を置く近江商人の活動域、瀬戸内海運と淀川の水運に基礎を置く商業都市である堺を支配することにより、織田領では平時にも大規模な物品流通が確立しており、徳川領も織田経済圏の東の部分を形成していました。


・武田軍の戦い方について
1、三方ケ原では、武田軍は圧倒的に有利な位置に陣を構えながらも、徳川軍との戦端をなかなか開こうとは  しなかった。
  結局開戦は、午後4時ごろから始まったようだ。
2、武田軍は、有力な領主の連合体によって形成されている。
3、織田軍のような高度の兵站能力は持っていない。

 1・2・3から見て、信玄の場合、「上洛」とは、甲斐・信濃から西に向かって、有力な戦国大名を傘下に収めて領土を拡張して京に至るというやり方であるようだ。

 三方ケ原の戦いでは、信濃を領地化した時と同じように、遠江・三河を領地に編入することが第一目的であって、その結果上洛できる条件が整うなら、実行に移すという考えではなかったかと思う。

 つまり、信玄の上洛は、徳川軍が武田軍の軍門に下り、その戦力が武田軍に加わるということが条件であったのではないかと推測している。
・三方ケ原の戦いでは、両軍の対峙が長く、開戦時間が夕刻と言っても良い頃になった。
・敗戦の程度の割に、徳川軍の武将の死者が少ない。
・三方ケ原の戦いの後、浜松城に対して包囲攻城戦が行われていない。
この様な疑問に対する答えとして、信玄が家康を武田軍に組み込むことを考えていたと見ている。



 

 他の回答者の方々が指摘していない点について

・織田軍と武田軍の性格の違い
 織田軍は、専業兵なのに対して、武田軍の兵力の主体は農民兵です。

 織田軍は、戦闘を専業とする兵を主体としており、兵糧をはじめとする兵站部門を持っていました。
 それに対して、武田軍は騎馬が多く、他の戦国大名と比べて物資輸送能力は高かったものの、織田軍のような兵站と言うレベルの軍需物資輸送ではありませんでした。特に物資の海上輸送能力は織田軍の方が格段に高かったようです。
 これには、内陸を領地としてい...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較