ネットが遅くてイライラしてない!?

「候て」の読み方は、「そうろうて」でしょうか? 「そうらいて」でしょうか?
「候ひて」=「そうらいて」だと思うものですが、”ひ”が付いていない場合の読み方が
わかりません。
この様な読み方を調べる方法も教えていただければ有難いです。
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

昔は、現在のように送り仮名をたくさん送らないことが普通でした。

送り仮名は誤読をさけるためのもので、送るのは必要最低限、誤読のおそれが無ければ送らなくてもよかったのです。現代とは送り仮名のルールが違ったのです。
接続助詞「て」は連用形に接続します。なので「候て」の「候」の部分は連用形であるとわかるわけで、「さうらふ(そうろう)」または「さぶらふ(さぶろう)」ではなく、連用形「さうらひ(そうらい)」「さぶらひ(さぶらい)」だとわかります。
なので、「候て」は「さうらひて(そうらいて)」または「さぶらひて(さぶらいて)」と読むことになるわけです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有り難うございました。
大変よく判りました。
お詳しいのですね。
助かりました。

お礼日時:2017/12/04 21:12

仰る状況だとどちらであるかは特定できません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。

お礼日時:2017/12/04 21:15

文中で見ないと分かりません。

書簡文の「候文」だったら「さふらひて(そうらいて)」。平安時代の仮名文学の一部なら「さぶらひて(さぶらいて)」。送り仮名はつけないほうが多かったので、付いているものとして読めばいいでしょう。このような文は、一行や二行以上は書き出して見るべき物です。
 そうでないと書簡文かどうかも分かりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難うございました。
ご指摘いただいた様に、今後は数行書き出して質問するようにします。
江戸末期のキリシタン弾圧関係の書簡ですので、さふらひて(そうらいて)で
音訳しようと思います。
勉強になりました。

お礼日時:2017/12/04 21:21

旧仮名遣いで調べると色々と出てきます。



戦前の旧海軍の航空母艦で蒼龍(そうりゅう)という艦が有ったのですが、艦尾に艦名が「さうりゃう」(本来は右から左に書いている)と書かれていました。
俳諧では旧仮名遣いを今でも使うことがあるようです。

さらに時期によって音も変化していったりしていたりして、戦国期でも「は」行のいくつかは今と音が違っていて”H”よりも”F”という研究もありますね。
秀吉(ひでよし)は、ふぃでよし気味だったとか言う人も居ました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速、回答していただき有り難うございました。
「旧仮名遣い」で調べるのですね!
今まで「古語」で調べていたので、よく判りませんでした。
有り難うございました。
「候て」は、どっちの読みが正しいと思われますか?

お礼日時:2017/12/03 21:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「候」の読み方

手紙などの時候あいさつで「○○の候」というのがありますが、この「候」は「コウ」と読むんでしょうか?
前から気になっていたんですが....

Aベストアンサー

この場合は「こう」です。
「そうろう」と読むのは動詞のときです(補助動詞の場合が多い)。
「御座候」「酔って候」
送り仮名が省かれていてそのことが、目立ちませんが、
「候わず」「候いて」「候(う)。」「候(う)時」「候えば」「候え」
と並べてみれば分かります。
たとえば「春暖の候」などと言うときの「候」は「時候」という意味の名詞であって、動詞ではありません。ですから、「春暖のソウロウ」と読むことはあり得ないのです。

〔なお、「候文(そうろうぶん)」という言葉の中の「候(そうろう)」は名詞と言ってよいでしょうが、あくまでも複合語の構成要素であって、文の中で名詞として使われているわけではありません。〕

Q時候の挨拶→「~の候」って?

今、秘書検定の勉強をしているのですが、時候の挨拶がわかりません。

「~の候」(例えば「早春の候」)とは、どういう意味なのでしょう?そもそも読み方は、「そうろう」でいいのでしょうか?

あと、読み方でわからないのは、
「更衣」、「霜冷」です。

どなたか教えて下さい!!お願いします。

Aベストアンサー

 候には、もともと古い中国の暦で、360日(陰暦は一年が360日)を72等分した単位(5日間)のことを示すことばでした。今でいうと「週」みたいなものです。そこから「季節」「時期」という意味が生まれてきました。ちなみに候が二つで「旬」=10日間という単位になります。今でも一月を上旬、中旬、下旬と三つにわけるのはこの名残です。
 手紙などの冒頭の挨拶でつかうときは「~のこう」と読みます。「~というふうに季節もうつりかわってきましたが」というほどの意味です。なお候をコウと音読みにするので、「~」の部分も音読みにするのがふつうです。
 「更衣」はコウイ。衣替えのことで、本来は旧暦四月一日(現在の五月初旬)に春着を夏着にあらためた行事です。秋や冬にも衣替えは行いますが、古くから和歌のなかで「更衣」といえば夏のそれについて主に詠まれてきたので、「更衣の候」といえば初夏のことです。キサラギは二月のことで、更衣とはまったく別物です。二月は寒いので「着、更、着」(着物の上にさらに着る)でキサラギなのだという語源説がありますが、これは平安時代からある俗説で、まったくのウソです。「着」と二月は関係ありません。
 「霜冷」はシモビエでもかまわないでしょうが、「そうれいのこう」としたほうが音読としてはしまると思います。ちょうどもうすこし寒くなったころに使う挨拶ですね。
 時候の挨拶は「~の候、いかがおすごしでしょうか」あるいは「~の候、ますますご清祥のことと存じます」というふうに、つづけて相手の安否を問う書き出しにするのが作法です。この場合、私信ですと手紙のおわりに「なお末筆ながらくれぐれもご自愛ください」と相手を気遣う言葉を置いて前後照応させます。また時候の挨拶をつけるときには「拝啓」などではじめて「敬具」等でおわり、つかないときには「前略」などではじめて「早々」等でおわります。
 「みぎり」は「候」を日本語におきかえたもので、むかしは女性が手紙を書くとき、コウではいかにも硬いので「みぎり」と言替えて使いました。「そうしゅん(早春)のみぎり」でも今ではかまわないようですが、できれば音読みの言葉をさけて「はつはるのみぎり」などというのがもとの使い方からいってふさわしいような気もします。
 「~の候」というのはきわめて硬い言い方ですので、公用の手紙や目上の親しくない人でなければ「******となってまいりましたが」でおきかえるのが今ではふつうでしょう。

 候には、もともと古い中国の暦で、360日(陰暦は一年が360日)を72等分した単位(5日間)のことを示すことばでした。今でいうと「週」みたいなものです。そこから「季節」「時期」という意味が生まれてきました。ちなみに候が二つで「旬」=10日間という単位になります。今でも一月を上旬、中旬、下旬と三つにわけるのはこの名残です。
 手紙などの冒頭の挨拶でつかうときは「~のこう」と読みます。「~というふうに季節もうつりかわってきましたが」というほどの意味です。なお候をコウと音読みにするので、...続きを読む

Q「たまふ」を現代仮名遣いに直すには

古語「たまふ(給ふ)」を現代仮名遣いに直すと「たまう」か、「たもう」か教えてください。au→oなのに「たまう」なのでしょうか?

Aベストアンサー

学校の古文の授業では「たまう」を正解とするようですが、実際には「たもー」とも読みますので、「たもう」でも間違っていません。

少なくとも文語訳の聖書や賛美歌では、「給う」は常に「たもー」と読みます。

Q従と自の違い

従と自の違いを教えてください!
漢文です!

Aベストアンサー

 少し補足しますね。
「よ・り」にも幾つかの使い分けがあります。
(1)時間・距離といった物理的要素を示す
(2)原因・理由を示す
 この2つの種類に区分するだけでも、そこに使われる文字による違いを見つける事も可能になります。「原因・理由」を示す二字熟語にどのようなものがあるでしょう。それを考えても明確になります。
 「理由」「原因」「根拠」の中にある「由・因・拠」も全て「よ・り」と読むことはできます。
 あとは漢和辞典をひもといて確かめることをお勧めします。

Q古典ででてくる「さぶらふ」って、読みは「さぶろう」ですか?「そぶろう」ですか?それともちがいますか?

古典ででてくる「さぶらふ」って、読みは「さぶろう」ですか?「そぶろう」ですか?それともちがいますか?

Aベストアンサー

読みは「さぶらう」です。

さぶらう【候ふ・侍ふ】
https://kotobank.jp/word/%E5%80%99%E3%81%B5%E3%83%BB%E4%BE%8D%E3%81%B5-275910

Q考え候う。思い候う。 候うってどういう意味ですか? 上記の使い方で意味はどうなりますか? 使い方は合

考え候う。思い候う。

候うってどういう意味ですか?

上記の使い方で意味はどうなりますか?

使い方は合ってますか?

Aベストアンサー

ここでは、補助動詞としての用法です。
考え候う。→考へ候ふ。(考えます。)
思い候う。→思ひ候ふ。(思います。)
使い方は合ってますか?
 古語ですから、仮名遣いが違ってきます。

以下辞書の引用………………
小学館 全文全訳古語辞典
さうら・ふ 【候ふ】 〔ソウロウ〕
一 〔自動詞ハ行四段〕
❶ 《「あり」「をり」「仕ふ」の謙譲語》 目上の人のそばに控える。お仕えする。
例「そのならん様(やう)を見んとて、かくて候ふ」〈平家・1・殿上闇討〉
訳 その事の成り行きを見届けようと思って、こうして控えております。
❷「あり」「をり」の丁寧語。ございます。あります。
例「しかしかの宮のおはしますころにて、御仏事など候ふにや」〈徒然草・44〉
訳 これこれの宮様がおいでになっている時分で、ご法事などがございますのでしょうか。

二 〔補助動詞ハ行四段〕 《活用語の連用形および接続助詞「て」に付いて》 丁寧の意を表す。…(で)ございます。…ます。
例「大納言がことをばいかが聞こし召され候ふ」〈平家・2・少将乞請〉
訳 大納言のことはどうお聞きになりましたか。

[参考]
中世に「さぶらふ」から変化してできた語。『平家物語』では、男性は「さうらふ」を、女性は「さぶらふ」を用いている。また、謡曲では、女性が「さむらふ」を用いる。「さうらふ」が更に変化した「さう」「す」「そうろ」「そろ」などの語形もある。

ここでは、補助動詞としての用法です。
考え候う。→考へ候ふ。(考えます。)
思い候う。→思ひ候ふ。(思います。)
使い方は合ってますか?
 古語ですから、仮名遣いが違ってきます。

以下辞書の引用………………
小学館 全文全訳古語辞典
さうら・ふ 【候ふ】 〔ソウロウ〕
一 〔自動詞ハ行四段〕
❶ 《「あり」「をり」「仕ふ」の謙譲語》 目上の人のそばに控える。お仕えする。
例「そのならん様(やう)を見んとて、かくて候ふ」〈平家・1・殿上闇討〉
訳 その事の成り行きを見届けようと思って、こうして控え...続きを読む

Q「侯」と「候」の違い

 貴族の「侯爵」の「侯」という漢字と、「天候」の「候」という漢字は、棒が一本あるかないかの違いがありますよね。それぞれの漢字の部首名と、その意味について、ご教示いただきたく、お願い致します。

Aベストアンサー

ご参考

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3756258.html

Q卒論でかなり文字数をオーバーしそうです

今大学4年で、卒論をやっている最中です。
ちなみに文系で、必修なのです。

大学の規定では「卒業論文の分量は、原則として、20000字以上とする」となっているのですが、こうゆう場合どの位書けばいいんですかね??
20000字以上なら構わないってことだとは思うんですが、かなり文字数をオーバーしそうなんです・・・・。2万字の3倍くらいになってしまうかもしれません↓
それって、ただ長いだけで読む方に失礼ですかね?
もっと削って2万字程度にした方がいいのでしょうか?

指導教諭の先生は「提出すれば何でも構わない」というだけで、詳しく教えてくれないのです。
けれど、せっかく卒論を書くのだから良いものを書きたいと思っています。
アドバイス・ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、『何文字くらい書けばよいか』という間違った考えを捨ててください。
卒論として意味のある内容ならば、何文字でもよいのです。有名なDNAの螺旋構造の論文は2ページしかありません。

質問者様の学校では、卒論が「あまりにも薄いのはみっともない」というので最低文字数が決まっているのだと思います。というのも、「2万字以下だが内容の充実した論文」を大学4年生が書くことはほぼありえないからです。

ワープロ打ちだと1ページ1000文字くらいですから、2万文字だと20ページ。20ページというのははっきり言って、「薄い」卒論です。
50~100ページの卒論はそこらにごろごろしていますから、2万字の制限を3倍くらい越えたからといって気にすることはありません。

ただし、本当に意味のある6万文字かどうかはよく考えてください。
他人の著作の転載で文字数が増えているだけだったりして?

Q日本語の意味が分かりませんので、どうぞよろしくお願いします。

日本語の意味が分かりませんので、どうぞよろしくお願いします。

つぎは何々様式の一部分です。易い表現とか現代語で直してもらえませんか? また、この中で候と候也はどういう意味ですか?

1) 殘額不要に對及返納候也

2) 何年何月何日拂込候に付此段及報告候也

また、次の意味と他の表現がありますか?

1) 商號印
2) 屋號印

Aベストアンサー

次のとおり併記(並べて書く)したので、参考にして下さい。
原文が「候文(そうろうぶん)」なので、現在の書き方、読み方も硬い(公式の堅苦しい)文としました。

質問文 1)   殘額不要に對及返納候也
常用漢字文   残額不要に対及返納候也
読み方 残額不要につき返納に及びそうろう(なり)
現在の書き方 残額不要につき、返納申しあげます。
現在の言い方 残額は不要ですのでお返しいたします。

質問文 2)   何年何月何日拂込候に付此段及報告候也
常用漢字文   ・・・・・・払・・・・・・・・・・・
読み方    何年何月何日払い込みそうろうにつき、このだん報告に及びそうろう(なり)
現在の書き方 何年何月何日払い込み済みにつき、(この点)ご報告申しあげます。
現在の言い方 何年何月何日払い込みましたので、お報せ(おしらせ)いたします。


1) 商號印;商号印=商人が営業上、自分又は自分の店舗を表示するために使う名称のハンコ
2) 屋號印:屋号印=商家(しょうか=商人の家)の名称のハンコ
      なお、歌舞伎俳優など伝統芸能の家柄も屋号を持っています。
「日常生活」では、商号も屋号も同じように使い、厳密な使い分けをしていません。

次のとおり併記(並べて書く)したので、参考にして下さい。
原文が「候文(そうろうぶん)」なので、現在の書き方、読み方も硬い(公式の堅苦しい)文としました。

質問文 1)   殘額不要に對及返納候也
常用漢字文   残額不要に対及返納候也
読み方 残額不要につき返納に及びそうろう(なり)
現在の書き方 残額不要につき、返納申しあげます。
現在の言い方 残額は不要ですのでお返しいたします。

質問文 2)   何年何月何日拂込候に付此段及報告候也
常用漢字文   ・・・・・・払・・・・・・...続きを読む

Q正しい読み方を教えて下さい。

一 被仰出候儀当分御物入且叉少之利用有之にてハ不入由申成只今迄ハ右之通ニ而被仰出候儀 不立様成行候自今以後ハ当分御物入ニ而も其職を致習候ヘハ所之重宝ニも罷成以後ハ最初仕候よりハ物入も減可申候間此所を致了簡可申付事


一 被仰出候儀(ひとつ、おおせいだされそうろうぎ)
当分御物入(とうぶん、おものいり)
且叉(かつまた)
少之利用(        )
有之にてハ(これあるにては)
不入由申成(いらざるよしになりもうし)
只今迄ハ右之通ニ而(ただいままでは、みぎのとおりにて)
被仰出候儀(おおせいだされそうろうぎ) 
不立様成行候(たたざるようになるゆきそうろう)
自今以後ハ(じこんいごは)
当分御物入ニ而も(とうぶん、おものいりにても)
其職を致習候ヘハ(そのしょくを、ならいいたしそうらへば)
所之重宝ニも罷成(このところ、ちょうほうにもまかりなり)
以後ハ(いごは)
最初仕候よりハ(さいしょつかまつりそうろうよりは)
物入も減可申候間(ものいりもへりもうしそうろうあいだ)
此所を(このところを)
致了簡可申付事(りょうけんいたし、もうしつくべきこと)

一 被仰出候儀当分御物入且叉少之利用有之にてハ不入由申成只今迄ハ右之通ニ而被仰出候儀 不立様成行候自今以後ハ当分御物入ニ而も其職を致習候ヘハ所之重宝ニも罷成以後ハ最初仕候よりハ物入も減可申候間此所を致了簡可申付事


一 被仰出候儀(ひとつ、おおせいだされそうろうぎ)
当分御物入(とうぶん、おものいり)
且叉(かつまた)
少之利用(        )
有之にてハ(これあるにては)
不入由申成(いらざるよしになりもうし)
只今迄ハ右之通ニ而(ただいままでは、みぎのとおりにて)
被仰出...続きを読む

Aベストアンサー

こういう分野は全くの素人ですが、

「すこしのりよう」か「わずかのりよう」でしょうかね。

「たたざるようになるゆきそうろう」は
「たたざるようになりゆきそうろう」ではないかと…。

「ものいりもへりもうしそうろうあいだ」は
可の読みが抜けている?。

「おものいり」は「おんものいり」?自信はありません。

素人の故、間違っていたら申し訳ありませんが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング