プロが教えるわが家の防犯対策術!

 仮に,ごく普通の現代人がタイムスリップして,昔の人と会い,普通に会話しても通じるものなのでしょうか?
 江戸時代末期の人となら,何とか普通に会話できそうな気がするのですが,それより前の人は難しいのかなあ・・・と個人的には思っています(大正初期生まれの祖父母の話なんか聞いていると,明治時代や幕末期の人の口語は何となくイメージが湧きます。)。
 戦国時代,鎌倉時代,平安時代,奈良時代,古墳時代・・・とさかのぼるにつれ,会話は困難にいっそう困難になるとは思いますが,実際のところは,どうなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 日本語の最大の変化は平安期と鎌倉期のちょうど境目あたりで起っています。

文法、発音、語彙がかなり変化しています。たとえば「花」を、平安時代前期にはファナ(パナ)と発音していました。「男」はウォトコです。二度目の、これよりややちいさい変化は江戸時代に入る直前、戦国末期くらいにおこりました(たとえば動詞の活用などかなり現代語に近くなってきます)。これ以降はほとんど現代語とおなじです。
 ですから、常識的にいって、江戸時代いっぱいまではたいがいの人が通じる。勘のいい人なら鎌倉時代ごろまではなんとか会話が成りたつのではないかと思います。それ以前となるとやはり専門知識が必要だろうと思いますが……。
 ちなみに言いますと、歌舞伎の台詞は多くの場合、文筆家が苦心惨憺して書いた美文であり、当時の話し言葉とはかならずしも一致しません。歌舞伎において古い江戸時代の話し言葉を残しているのは、たとえば黙阿弥をはじめとする世話物などでしょう。近松や南北、黙阿弥の世話の台詞は現代でもじゅうぶんに理解できると思いますが(役者の口跡がひじょうに悪い、というのは別にして)。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですか,江戸時代いっぱいだと,何とか通じそうですか?
いや~,もしそうならうれしいですね。
タイムマシンに乗って,徳川家康と会話したいですね。

お礼日時:2004/12/09 20:56

 テレビ・ラジオ放送を通じての方言の共通語化や、交通網の発達やそれを利用することが普遍化したことで地域交流が盛んになり、本来の方言同士が混ざってしまった現代の方言(ex.たとえば共通語で「来ない」は、確か本来の京都弁では『きいひん』、大阪弁で『けえへん』、神戸弁で『こおへん』ですが、最近の若い人にはよほど雑学に長けていたり言語学的なことが好きな人でもないと特に「けえへん」と「こおへん」の区別ができないケースが多いように思います)をそのまま過去に持っていって使うと、おそらく相手には同郷人だとは思われないとは思いますが(容姿等によって異なるでしょうけれど、仇討ちの旅に出ている武士や、行商人・旅役者か渡来人などと思われるのではないかなと主観的に思います)、江戸時代後期から明治時代以降においても日本語については留意しなければならない点があります。

というのは、外来語や、開国によって海外から日本に持ち込まれたものに対して日本語として適当な語を割り当てた単語(ex.鉄道・石油など)、その当時は存在しなかった機能・道具などの単語(ex.消費税・自動車・線路など)は、当然ながら過去の人間にわかるわけがありませんので、それらの単語や言い回しなどを、いかにその時代の人に理解できるように説明できるか(そして可能ならば相手からその語の意を尋ねられる前に事前に簡潔に当時の言葉に翻訳する)という現代人側の能力次第かなと思います。現代を生きている人間にとっては身近な単語でも、時代が古くなれば古くなるほどその単語は上記の理由で使えなくなり、逆に「死語」といわれて現代では使われなくなった単語がまかり通る時代になるわけですから、時代が古くなるにつれて、コミュニケーションの難易度は加速度的に高くなっていくのではないかと思いますので、「普通の人が何とか会話を交わせる」のは精々200年かいいところ300年前くらいが限度ではないかと思います。(あくまで主観ですが)
(外来語の例「ビスケット」→「南蛮渡来の煎餅(のような菓子)」、開国後に割り当てられた単語の例「石油」→「(越後の国の付近に湧き出る黒く臭い燃える水」、当時存在しなかった道具などの例「線路」→「一定の場所しか通せないが軽い力で車を動かすために地面に打ち付けた鋼の棒」など。むろん、もっと良い表現方法はあると思いますが))
    • good
    • 4
この回答へのお礼

御指摘のとおり,確かに,江戸後期から明治以降の外来語や造語(鉄道等)は,まず通じないでしょうね。
ですが,やまと言葉をかみ砕いてゆっくり話し,時にはゼスチャーを交えてがんばれば,江戸時代までは何とかなるのかもしれませんね。

お礼日時:2004/12/09 21:00

多分.まったく通じないと思います。


というのは.現代の言葉は共通語ですから.東京の白金地区の言葉です。共通語と津軽弁ではまったく通じませんから。

江戸東京地区に限って考えてみます。
戦前母と芝居に通ったのですが.舞台の言葉は私の地区の喧嘩言葉で.内容がよくわかります。しかし.現在すんでいる地区の人を歌舞伎座に連れていったときには.「何を言っているのかわからない」状態です。
歌舞伎の言葉は.野郎歌舞伎の台本が多く書かれた元禄年間の言葉でしょうから.おそらく.江戸中期以降の言葉でしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/09 20:53

面白い質問なので、拝見させて頂きました。


確定的なことはもちろん言えませんが、個人的には平安時代の辺りは平仮名が存在していて、紫式部や清少納言の物語は今でも翻訳できるのですから、考古学に関して学識のある方なら可能(?)かと思います。同じ日本語なのですから。
あとはジェスチャーで通じるのでは?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
そうですよね。
同じ日本語なのですから,少なくとも英語や中国語よりは通じやすいはずですよね。

お礼日時:2004/12/09 20:51

私と同じ疑問を持った方が居られたとは驚きです。

以前質問したのですが参考になるでしょうか。

同じ日本人でも時代が違えば・・・

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=759606
    • good
    • 1
この回答へのお礼

SPLINTERさんも,私と同じ疑問を抱かれたのですね。
私も驚きです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/09 20:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何時代の人とまで会話が通じる?

 私たちは会話で何時代の人とまで通じるでしょうか。
 幕末生まれの人と話した経験から推測すると、同じ地域の人であれば、江戸時代の最初くらいまでは通じると思いますが、あまり先の時代になると見当がつきません。
 古い時代の話し言葉の資料があれば、判断しやすいと思いますが、どれくらい先まで行けるでしょうか?

Aベストアンサー

タイムマシンに乗って昔の時代に行ったらどれくらい話が通じるのか、なんか夢があっていいですね。
明治時代以前の口語史料が残っていないと書かれている方がおられますが、とんでもないことです。口語史料はいろいろ残っています。詳しくは、橋本進吉『国語学概論』7 口語の變遷 を参照ください。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/hasi/hasi7.htm
このHPでも紹介されていますが、キリシタン時代の史料にはローマ字で記載されているものがたくさんあり当時のほぼ正確な発音がわかって貴重です。
 中でも、1593年に出版されたローマ字版イソップ物語をちょっと読んでみましょう。
ESOPONO FABVLAS
http://www.geocities.co.jp/bookend/9563/Esopo/esopo/mocurocu.html
この中の、「からすと、きつねの こと」を取り上げます。
http://www.geocities.co.jp/bookend/9563/Esopo/esopo/esopo450.html
この部分のローマ字を現代のカナ表記に直すと次のようになります。
      「からすと、きつねの こと」
  あるとき からす しょくを もとめえて、きの うえに
やすみ いるに、 きつねも しょくを もとむれども、
えいで ふぁしぇかえるとて、 からすの ふくんで いる しし-
むらを みて、 うらやましゅー おもい、なんとぞして これ
を たぶらかいて とらばやと たくんだが、からすの いた きの
もとに いってゆーたわ 「いかに しょちょーの なかの すぐれ-
て けたかい からすどの、ごふぇんの つばさの くろー かか
やくわ、 こんれおーの ぎょいか? またわ にしきか?
   どうですか? 当時の口語はだいたいこんなものです。
 この頃は、「はひふへほ」が「ふぁふぃふふぇふぉ」でした。まあ、これも慣れればかなりわかるのでは? 昔と現代では、通じない単語もたくさんありますが、基本語彙はかなり通じます。ゆっくり話せばなんとか話が通じそうです。 
 平安朝の日本語の発音については、金田一春彦博士の『朗読 源氏物語-平安朝日本語復元による試み-』(一九八六 大修館書店)があります。たしか、録音テープも制作されていたと思うのですが、聞いてもあまりわからなさそうです。平家物語の方ならかなりわかりそうなのですが。結局、鎌倉時代くらいまでならなんとか意思の疎通ができそうに思うのですが。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/bookend/9563/Esopo/esopo/esopo450.html

タイムマシンに乗って昔の時代に行ったらどれくらい話が通じるのか、なんか夢があっていいですね。
明治時代以前の口語史料が残っていないと書かれている方がおられますが、とんでもないことです。口語史料はいろいろ残っています。詳しくは、橋本進吉『国語学概論』7 口語の變遷 を参照ください。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/hasi/hasi7.htm
このHPでも紹介されていますが、キリシタン時代の史料にはローマ字で記載されているものがたくさんあり当時のほぼ正確な発音がわかって貴重です。
 ...続きを読む

Qもし現代人が江戸時代で1ヶ月生活するとしたら、何で困るでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? それとか、今のように肉食はそんなにしなかったはず。 せいぜい鳥や兎の肉くらいでしょうか? あと、お酒もそうですね。 現代人に飲めますか?

匂い。 どうでしょうか? 当時の家の中や、町全体、一体どんな匂いがしていたでしょうか? そして1ヶ月間、現代人に耐えられるでしょうか?

風呂。 現代人が躊躇なく当時の銭湯に入れますか? 当時は毎日入っていたんでしょうか?

トイレ。 現代人に当時のトイレで大・小できるでしょうか? 特に女性の場合。

人によって感じ方が違うと思いますが、上に挙げた以外で 「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? ...続きを読む

Aベストアンサー

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキのバケツではなく、木の桶で運びますから重たい。道具は何でも重たくて大変。飯炊きの釜や薬缶もアルミ製のものはありません。みんな鉄か瀬戸物です。
(4)カマドに火を着けます。火打ち石でやります。なかなか火が着かず難しいです。火吹き竹で空気を送り込んでやっと景気よく燃え出しました。飯を炊きます。一人当たり三匹の目刺をあぶります。
(5)雨戸を開けます。障子はみな紙です。ガラスではありませんので、吹き降りの日だと雨戸を閉めないといけません。昼間でも暗いです。
(6)家族そろって朝食。
(7)食器などを洗います。油の着いた食器を洗うのは大変です。ママレモンはありませんのでギトギトがなかなか取れません。水道の水でジャージャーやるわけのもいきません。
(8)井戸端で盥で洗濯します。これも大変です。

・・・女性は大変でしょう。田舎の明治生まれの女は、以上のようなことをやっていました。江戸時代とそんなに変わりません。電気(裸電球)とマッチだけが江戸時代よりマシなだけです。

>「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?
・・・夏場の暑いときに一ヶ月滞在すれば、参るでしょう。
・網戸がないので蚊に食われる。
・ハエがブンブン飛び回る。食卓の食べ物にハエがたかる。
・冷房や扇風機がないので暑い。雨の日は雨戸を閉めるのでこれも暑い。
・便所が臭く、人の体も臭い。
 夏場でいいことは、行水などで女性の裸を見る機会が多いことくらいかな。

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキ...続きを読む

Q古語の素朴な疑問

私は学生時代 古語が苦手でした。これが同じ日本人の書いたものか!?と思う位です。素朴な疑問ですがもし当時の人と話せるとしたら会話は通じるのでしょうか?

Aベストアンサー

音韻変化が激しくて現代人には通じないでしょう。
アメリカ人が古代ローマ人に出会ったような感じかも知れません。もっとも古語の年代にもよるでしょうが。

よく例に出される単語に「母、はは,haha」があります。
この言葉はポルトガル人が日本へ来た16世紀ごろには
ファファと発音されていたことが記録に残っています。
研究者によれば室町時代以前はパパ(papa)と発音されていたといわれます。つまり、音だけで捉えればパパとは古代人にとってハハのことを意味するので混乱が起こるでしょう。

一方現代人の話す言葉は外来語が非常に多いので、たとえ音韻変化の壁を乗り越えても理解不能となるでしょう。わずかに通じるのは縄文以来変化していない可能性の高い身体語(メ、ハ、ミミ、テなど)と一部の地名ぐらいだと思います。文法的には大きな変化はないとすれば、古代人と1-2ヶ月ともに暮らせば日常会話には不自由しなくなるかも知れません。

身近な江戸時代まで降っても未だ標準語が存在しなかったので、漢語の素養がない限り十分な意思疎通は難しいと思います。(出身地が離れた者同士の場合)

音韻変化が激しくて現代人には通じないでしょう。
アメリカ人が古代ローマ人に出会ったような感じかも知れません。もっとも古語の年代にもよるでしょうが。

よく例に出される単語に「母、はは,haha」があります。
この言葉はポルトガル人が日本へ来た16世紀ごろには
ファファと発音されていたことが記録に残っています。
研究者によれば室町時代以前はパパ(papa)と発音されていたといわれます。つまり、音だけで捉えればパパとは古代人にとってハハのことを意味するので混乱が起こるでしょう。

一方現...続きを読む

Q現代の標準語は戦国時代の人に通じるか?

例えば仮に日本の戦国時代にタイムマシーンでワープしたとします。
そこでそこら辺の通行人に、現在の標準語で話しかけて、会話したとします。
そしたら、相手に日本語は通じるのでしょうか?マジ、パネェ、ガチで、とかの完全な現代語は話さないとして。
例えば、
「今日はいい天気ですね」 「そうですね、昨日は雨だったけど、晴れてよかったなぁ」
とかまともに会話できるんでしょうか?

Aベストアンサー

 ANo.3さんご紹介の録音は私たちの話し方と変わりませんね。

 質問は戦国時代ですね。
 その時代の発音や話し方を研究している人もいますよ。ある大学の教授ですが。
 その方は読経を材料にしています。そのほか国語学では何人かいますが、個人的に存じ上げていません。
 あと参考までにいうと、幕末の志士などは無論、剣術道場と言う議論の施設や場で長く居る人は通じ合えたが、そうでない人は通じなかったそうです。
 だから謡曲的に話し合ったそうです。
 山岡鉄太郎と西郷さんの会見はどんなだったでしょうね。まぁどちらも世間の広い人で、西郷さんも江戸に居た経験も豊富ですから。

 今も、近所の青森出身の方が郷里の方と話している内容は全くわかりません。日本語ではないような気にさえなります。

 ご近所のいろは四十八組の一番筒先の方に小学校の時に可愛がられました。
 お尻の割れ目とおちんちんを残して青と赤の彫り物(刺青は罪人にするもの)が鮮やかで、銭湯なんかうめていると、金魚がおよいでいらい。なんていってと水道を停めてしまう。
 舌使いや発音が違うので、同じことばでも慣れないとわからない。
 それが江戸職人のことばかもしれません。江戸の範囲も年々変わりましたが、地域と職業で言葉は全く違っていたのですね。

 戦災で浅草聖天町から隅田川や荒川などの川を越えたところにきて、子ども達の話し方はずいぶん違いました。
 無論気風も違います。
 学校に誘い合う呼び方だって、全く違う。
 ことばの変化は激しいものですね。戦国時代の日常言語の社会は私たちは入れないでしょう。
 古典の高座や芸能では何か偲べるでしょう。
 敗戦終戦後の映画を見ますと、昔の話し方が聞けてとても懐かしいですね。
 昔の世界、人間関係、そして生活が伝わってきます。

 ANo.3さんご紹介の録音は私たちの話し方と変わりませんね。

 質問は戦国時代ですね。
 その時代の発音や話し方を研究している人もいますよ。ある大学の教授ですが。
 その方は読経を材料にしています。そのほか国語学では何人かいますが、個人的に存じ上げていません。
 あと参考までにいうと、幕末の志士などは無論、剣術道場と言う議論の施設や場で長く居る人は通じ合えたが、そうでない人は通じなかったそうです。
 だから謡曲的に話し合ったそうです。
 山岡鉄太郎と西郷さんの会見はどんなだったで...続きを読む

Q現在の日本人が話す日本語は一体何年くらい前の日本人とコミュニケーション

現在の日本人が話す日本語は一体何年くらい前の日本人とコミュニケーションが取れるのでしょうか?例えば、平安時代にタイムスリップしても果たして通じ合えるものでしょうかね?現在人の話す言葉には昔と比べて圧倒的に単語量が多いから通じ合える範囲は限られるのでしょうけど、

Aベストアンサー

言わんとしておられることはわかっているつもりですが、そもそも何をもって「コミュニケーション」とするかを考えると、明確な答えは出ないと思うんですよね。

例えば、私は接客業は通訳業も経験していて、明治生まれの祖父母とも同居していたので、正しい日本語を話していると自負していたのですが、10年あまり前に、首都圏の町内の会議でちょっとした意見を言ったら、老人会の方々に通じなかったのです。どうやら、たまたま「ピーカン」という単語を使うなどして、自分の日常について早口でまくしたてたのがいけなかったようです。町内会長さんが“通訳”をしてくださって、ことなきを得ました。

それに皆さんも、アナウンサーが話す言葉なら全国的に理解できるでしょうけれど、どこかの田舎に観光にでも行くと、声をかけてくれたお婆さんや、電車で見かけた不良高校生が話す言葉を一言も理解できない、なんてことがザラにあります。それだけ“内輪でしか理解できない言葉”を彼らは話しているのです。日常的にそれで済んでいるからです。

一方で私は言葉の通じない外国へ行くのが好きです。スペイン語の知識は皆無に等しいのですが、英語も日本語も通じないスペインやベトナムで、世間話から盗難届から苦情まで、コミュニケーションを難なくとってきました。奇をてらったことを言わなければいいのです。例えば初対面の人に会ったら、だいたい話すことは決まっています。「どこから来たのか」「家族は何人か」「ふるさとは広いか」などなど。それをベースに、知っている英単語「レッド」に似ているスペイン語の「ロッソ」を活用するなどして、会話ができます。逆に、とあるテレビ番組でこんな場面を観ました。一夫多妻制を続ける遊牧民の主婦たちの中へ入っていった日本の現代女性が「私は独身で、毎日働いています」と、通訳を介して笑顔で言ったのですが、何度説明しても相手は真意を理解してくれずに「かわいそう」と言って泣くのです。

前置きが長くなりました。江戸時代以前の書物は、話し言葉とは別物でしたから、私たちが古文の授業で朗読させられているものよりは、わかりやすい言葉をしゃべっていた可能性があります。また、方言がより濃厚に残っていたはずですから、その地方の方言に関する知識があるかどうかでも変わってきます。それから、その時々の政権の中心地が言葉に影響を与えていたでしょうから、江戸時代なら東京の言葉が参考になりますが、平安時代なら京都の言葉の知識があったほうが通じやすいでしょう。そしてこうした知識をベースに、あまり奇をてらったことを言わなければ、食べ物や着物くらいは買えると思いますよ(当時の通貨があればね)。

ちなみに私は言語学の専門家に、平安時代に使っていたと思われるイントネーションで古文を朗読してもらったことがありますが、それは昭和天皇の演説にそっくりでした。

言わんとしておられることはわかっているつもりですが、そもそも何をもって「コミュニケーション」とするかを考えると、明確な答えは出ないと思うんですよね。

例えば、私は接客業は通訳業も経験していて、明治生まれの祖父母とも同居していたので、正しい日本語を話していると自負していたのですが、10年あまり前に、首都圏の町内の会議でちょっとした意見を言ったら、老人会の方々に通じなかったのです。どうやら、たまたま「ピーカン」という単語を使うなどして、自分の日常について早口でまくしたてたのが...続きを読む

Q昔の人の話し言葉はどういった言葉を使っていたのでしょうか。

昔の人の話し言葉はどういった言葉を使っていたのでしょうか。
リアルな言葉がどうだったのかを知りたいです。
たとえば今の渋谷言葉であったり、そういったものが昔にもあったはずです。
小説を昔の人のリアルに近付けた言葉で書こうと思っています。
何か参考になる本とかはありますでしょうか?

時代としては、戦国時代、源平の時代、平城京の時代のいずれかと考えています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

地方の方言のほうが古代の言語の特徴をかえって残していることが多いそうです
特に沖縄及び西南諸島の方言が古代日本語の音韻、文法、語彙を
一番多く残しています

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%89%E7%90%83%E8%AA%9E
http://www.citydo.com/okinawa/column/hogen1.html
http://www5d.biglobe.ne.jp/~hel/jp/prago/okinawa.htm
http://mabui.blog.shinobi.jp/Entry/90/

例えば現代日本語の「ハ(H)行」は古代日本語(室町時代以前)では
「パ(P)行」「ファ行」が使われていたと考えられてます。(ハナはパナと発音してた)
http://www001.upp.so-net.ne.jp/yasuaki/misc/lang/lang42.htm
現在でもこの古代日本語の発音法が残ってるのはこの地域の一部だけだそうです。
また、文法や単語でも古代のものが残っています.


無論、沖縄で独自に変化した部分もあるので、そこは古語と区別しなければいけませんが
古代の口語を考える際に、参考になるかもしれません。

参考URL:http://www.citydo.com/okinawa/column/hogen1.html

地方の方言のほうが古代の言語の特徴をかえって残していることが多いそうです
特に沖縄及び西南諸島の方言が古代日本語の音韻、文法、語彙を
一番多く残しています

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%89%E7%90%83%E8%AA%9E
http://www.citydo.com/okinawa/column/hogen1.html
http://www5d.biglobe.ne.jp/~hel/jp/prago/okinawa.htm
http://mabui.blog.shinobi.jp/Entry/90/

例えば現代日本語の「ハ(H)行」は古代日本語(室町時代以前)では
「パ(P)行」「ファ行」が使われていたと考えられてます...続きを読む

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Qいわゆる江戸時代の娼婦はどうやって避妊してたんでしょうか

コンドームのない時代にどうやってたのかな?
とよく思うんです。

事のあとで洗浄するとか、外出しですか?
(あの時代にはピンと来ない方法ですが…)
それとも妊娠の都度、堕胎したんでしょうか?

ご存知の方いらっしゃったら、教えてください。

Aベストアンサー

吉原細見というHP(http://yosiwarasaiken.net/)に「遊女と避妊(http://yosiwarasaiken.net/moyou/hinin.html)」というサイトページがあります。それによりますと…

遊女(吉原の花魁などの幕府公認遊興場の売春婦=女郎;深川・辰巳などの岡場所の売春婦は売女と言った)の世界では妊娠は恥とされていた。当時は絶頂を迎えると妊娠しやすいと言われていたため「男に負けた」的な捉え方をしていたようです。
避妊の方法は「洗浄」「薬」「灸」それに「道具」。道具は男性用として大人のおもちゃのようなものと、女性用として御簾紙という薄い髪を丸めたタンポンのようなものとがあったそうです。いずれも紙製の頼りないもので避妊率は極めて低い、ほんの気持ち程度のものでしかなかったようです。
それでも妊娠すると堕胎する場合がほとんどだったそうで、場合によっては遣り手(遊女を取り仕切る年寄り女…「遣り手ババア」は吉原のこの役職の女性が語源)に強引に堕胎させられていたとか。当然ダメージを負った女性の中には性病や容姿の悪さなどで追いやられた遊女達と一緒に羅生門河岸という最下級の場所に送られたとか。

…というと江戸時代=昔=封建社会という背景も助長して「女性がとても虐げられている」というイメージが強いですが、実は江戸市中でも最も女性が強かった地域でもあるのです。特に花魁ともなると容姿はもちろん最高級の教育を受けた教養の高い女性であり、「源氏物語は、全部読んでありんす」というスーパーウーマンであり、それぞれの廓屋の看板であり、身分の高い武家階級や大金持ちの大店の主人を相手にするにふさわしい女性であったのです。
廓屋が大枚を叩いて徹底的な教育を仕込む所なんざ映画「プリティ・ウーマン」を思い起こさせますが、あの程度の金の掛け方では花魁の簪ひとつ分くらいじゃない?というくらい破格のものでした。今風に言えば伊東美咲に叶姉妹やマリエやデヴィ夫人や西川先生の持っているそれぞれ10倍くらいのものを与えちゃった、って感じです。
おまけにこれだけのスーパーウーマンだから、誰でも床入りできるような「安い女じゃない」のです。なんと花魁が気に入らなかったら床入りを拒否出来ちゃったんです。「いっくら金積んだって、あちきはあんたみたいな下衆とは、お断りでありんす」だったんですな。それだけに花魁目的で廓屋に通う男達は身だしなみに気を使いセンス良く知的におしゃれして花魁に気に入られようと必死だったのです。事実一生処女のまま生涯を閉じた花魁もいたのです。

それなりに格のある身分の遊女はおいそれと抱く事はできなかった、というわけですが…今の時代もそうですね。銀座の高級クラブはもちろん六本木の超有名キャバクラ嬢だって、気に入らなきゃ「おめえとなんか寝ないよ、バーカ」です。故杉浦日向子さんは「江戸時代の江戸市中は女性主導の社会だった」と指摘している通り、実は花のお江戸は女性によって成り立っていたようです。それが男尊女卑に一変したのは明治維新以後…長州と薩摩の習慣が入ってきたせいかなぁ、と個人的には考えています。
もちろん廓屋という特異な世界では劇になるような悲惨な面もありますが、実は現代とさほど変わらない面もたくさんあるんですね。

吉原細見というHP(http://yosiwarasaiken.net/)に「遊女と避妊(http://yosiwarasaiken.net/moyou/hinin.html)」というサイトページがあります。それによりますと…

遊女(吉原の花魁などの幕府公認遊興場の売春婦=女郎;深川・辰巳などの岡場所の売春婦は売女と言った)の世界では妊娠は恥とされていた。当時は絶頂を迎えると妊娠しやすいと言われていたため「男に負けた」的な捉え方をしていたようです。
避妊の方法は「洗浄」「薬」「灸」それに「道具」。道具は男性用として大人のおもちゃのようなもの...続きを読む

Q古文書の文字ですが、当時の人はちゃんと読めたのでしょうか?

古文書の文字ですが、当時の人はちゃんと読めたのでしょうか?

「お宝拝見」 が好きでよく見ているのですが、たまに平安時代や戦国~江戸時代の古文書が登場しますよね。

その中に書かれている文章なのですが、当然、全て手書きの文字です。

ところが、よほどの専門家でない限り、現代人が読もうとしても一体何が書かれているのか、サッパリ分からないはずです。

漢字は崩しているし、おまけに今のように一文字一文字離して書くのではなく、次の文字と続いているケースが多いです。

当然、今と同じように字が上手な人もいれば、程度の差はあっても悪筆な人もいたはずです。 教養のある人の全員が達筆だったという事はなかったと思います。

という事で質問ですが、例えば手紙を受け取った当時の人が、「さて? 一体これは何と書いているのだろうか? ミミズがのたくったような字なので、サッパリ意味が分からないよ!」 というトラブルって無かったのでしょうか?

あるいは 「キッタネエ字だなあ、マッタク! 誰か、何が書いているか読める人、いない?」 というような事って、現実にはあったのでしょうか?

当然の事ですが、この質問は当時、文字を識別できる人が対象です。 

古文書を見るたびに疑問に感じていますので、宜しくお願いします。

古文書の文字ですが、当時の人はちゃんと読めたのでしょうか?

「お宝拝見」 が好きでよく見ているのですが、たまに平安時代や戦国~江戸時代の古文書が登場しますよね。

その中に書かれている文章なのですが、当然、全て手書きの文字です。

ところが、よほどの専門家でない限り、現代人が読もうとしても一体何が書かれているのか、サッパリ分からないはずです。

漢字は崩しているし、おまけに今のように一文字一文字離して書くのではなく、次の文字と続いているケースが多いです。

当然、今と同じように字が...続きを読む

Aベストアンサー

戦国武将には、いわゆる秘書がいましてね。お手紙はその秘書の人たちが書いて、最後に本人がそれにサインをするのです。
その秘書の人たちを「右筆(ゆうひつ)」といい、サインのことを「花押(かおう)」といいます。

織田信長の生涯を書いた「信長公記」の著者である太田牛一は信長の右筆だったといわれています。
また、花押で有名なのが伊達政宗のセキレイの花押で、大崎一揆を扇動した証拠として政宗の花押入りの手紙が出てきてしまうんですね。普通だったら逃れられないのですが、政宗は「その花押はニセモノです。本物の私の花押はセキレイの目に針で穴を開けているが、その花押には穴がない」と言い逃れて、なんとそれが通って命拾いしています(本当に穴があったとも、政宗の機転と度胸に感心した秀吉が「確かにこっちにはあるな」と腹芸を見せたともいわれています。個人的には、後者の説をとりたいですね)。

右筆にはかなり好みが出るみたいで、秀吉の手紙を見るとやはり京風というか、字体は繊細で美しいです。一方、信玄や謙信の手紙はかなり力強い男らしい字体で、その武将の好みが読み取れます。

勝海舟など、やはり歴史に残る有名人には達筆な人が多いですね。悪筆なのが坂本龍馬で、私が知る限り歴史に名を残す人で一番字が汚いです・笑。現代人の我々が見てもひどい・笑。しかも誤字だらけで、口語体で書かれています。明治時代に夏目漱石らが「言文一致体」と「喋り言葉(口語)と書き言葉(文語)を統一しよう」という活動をし始めて現代に至るのですが、それまでは手紙などの書き言葉は別の書き方をしていました。武士の「~にて候(そうろう)」なんていう候文が有名ですね。

未来の人々も、ギャル文字を見て翻訳に四苦八苦するのでしょうね・笑。あるいは、ギャル文字が「正しい日本語」になるかも。

戦国武将には、いわゆる秘書がいましてね。お手紙はその秘書の人たちが書いて、最後に本人がそれにサインをするのです。
その秘書の人たちを「右筆(ゆうひつ)」といい、サインのことを「花押(かおう)」といいます。

織田信長の生涯を書いた「信長公記」の著者である太田牛一は信長の右筆だったといわれています。
また、花押で有名なのが伊達政宗のセキレイの花押で、大崎一揆を扇動した証拠として政宗の花押入りの手紙が出てきてしまうんですね。普通だったら逃れられないのですが、政宗は「その花押はニセ...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング