【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

今現在、卒論を書いている者ですが脚注の文字数はカウントされるのでしょうか。私は文学部で12000字以上が最低文字数となっています。まだ7割ほどなのですが、脚注で500字ほどありますがカウントしていいのでしょうか。今まで授業で書いたレポートでは脚注をカウントしたり、しなかったり、授業の教授から指示の出された紙が配布されることもあったので人によって変えてきました。しかし、私のゼミの先生は文字数のことに関して何も触れてきません。しかも、同じ文献から2回以上参照しているのですがその場合は「同上」とした方がいいですよね?ページ数が違うだけで後は同じように作者、題名、出版社をもう一度入力しています。文字数をかさまししているように思われて不正になりそうで怖いので質問させていただきました。

A 回答 (2件)

「○字以内」だったら脚注もカウントするでしょうが、「○字以上」だったら、脚注はカウントしないことが多いでしょうね。


文学部の卒論で12,000字というのは、本文のみでも「最低ライン」です(昔で言えば、400字詰め原稿用紙30枚以上、という換算)。
注釈も含めてそんな分量で「まともな」論文が書けるのは、本当に内容を吟味して本文をきちんと推敲したものを書ける、論文のプロ=研究者です。引用や論証で言葉を重ねる必要がある文学部で、卒論レベルで「たった12,000字で」きちんと内容の濃いものが書けたら、それは相当に優秀な学生です。
つまり、文学部の卒論は、きちんと普通に書いていれば、本文だけで12,000字は軽く越えてしまうものなのです。

>しかも、同じ文献から2回以上参照しているのですがその場合は「同上」とした方がいいですよね?

「同上」だと、直前の注と同じ文献の同じ箇所からの引用でない限り、使えません。
ハーバード形式(山田(2016)という引用形式)を使わず、いわゆる注釈形式で引用の出典を示すのであれば、例えば、
(注×)山田前掲書、p.XX
や、
(注×)山田前掲書(注○参照)、p.XX
のように引用します。論文の場合は「前掲論文」となります。
このあたりは、あなたの専門分野での慣例などもあると思いますので、それこそ、指導教員の先生や引用している論文でどのような形式を使っているか、参考にしてください。先生の論文の体裁を参考にするのが一番確実でしょうが、表面的にイイトコどりをしようとすると、理解不足からいろいろ混ざってしまって失敗することもあるので、どういう体裁で統一されているか、見極めてください。
先行論文というのは、内容だけでなく、体裁や形式も参考にしながら読むものですよ。同じ分野でも多少の違いはありますが、「どの論文にも共通している体裁」「どの論文もやっていない体裁」というものには気づくはずです。
    • good
    • 0

>脚注の文字数はカウントされるのでしょうか。



されません。本文のみです。

>「同上」とした方がいいですよね?

そうです。

こう考えてください。書きたいことは山ほどあるが、字数制限が厳しい。なんとか制限内に納めるために、脚注という形で追い出して書き込める余白を残すように努める。引用も必要最低限に短くし、脚注で出典を示すようにする。指導教師から見ればその論文程度は熟知しているので長い引用は意味が無い。

頑張ってください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卒論でかなり文字数をオーバーしそうです

今大学4年で、卒論をやっている最中です。
ちなみに文系で、必修なのです。

大学の規定では「卒業論文の分量は、原則として、20000字以上とする」となっているのですが、こうゆう場合どの位書けばいいんですかね??
20000字以上なら構わないってことだとは思うんですが、かなり文字数をオーバーしそうなんです・・・・。2万字の3倍くらいになってしまうかもしれません↓
それって、ただ長いだけで読む方に失礼ですかね?
もっと削って2万字程度にした方がいいのでしょうか?

指導教諭の先生は「提出すれば何でも構わない」というだけで、詳しく教えてくれないのです。
けれど、せっかく卒論を書くのだから良いものを書きたいと思っています。
アドバイス・ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、『何文字くらい書けばよいか』という間違った考えを捨ててください。
卒論として意味のある内容ならば、何文字でもよいのです。有名なDNAの螺旋構造の論文は2ページしかありません。

質問者様の学校では、卒論が「あまりにも薄いのはみっともない」というので最低文字数が決まっているのだと思います。というのも、「2万字以下だが内容の充実した論文」を大学4年生が書くことはほぼありえないからです。

ワープロ打ちだと1ページ1000文字くらいですから、2万文字だと20ページ。20ページというのははっきり言って、「薄い」卒論です。
50~100ページの卒論はそこらにごろごろしていますから、2万字の制限を3倍くらい越えたからといって気にすることはありません。

ただし、本当に意味のある6万文字かどうかはよく考えてください。
他人の著作の転載で文字数が増えているだけだったりして?

Q卒論を出したけれど

某私立大学4年の者です。
卒業論文を提出したものの、
あまりのクオリティの低さに、不合格が心配です。
締め切りギリギリに書き上げたため、
殆ど見直しもせずに出すことになってしまいました。
まさに「適当」な論文になってしまいました。

実際、卒論の内容があまりにも稚拙で、
卒業ができなかった方いらっしゃいますか?
また、そのような人を知っていますか?

Aベストアンサー

 基本的に落ちません。内容がどんなにひどくても、短くても、あほでもバカでもルールさえ守っていればできるだけ卒業させるのが学部です(それは数値にひびくからです)。

 ルール違反とは何か。

(1)決められた文字、ページ、形式を守っていない(これはある程度、ゆるしてくれるとは思います)

(2)すべてがパクリである(これは発見した場合、教育者として認知できないということもあります)

(3)参考文献を記していない(冊数はたとえ3冊だろうが、慣用にみられる)

 以上はひっかかる恐れがあります。

Q修士論文の字数ですが、脚注の字数も含まれるのでしょうか?

修士論文の字数ですが、脚注の字数も含まれるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1さんが既に十分な回答をされていますが、文系からの情報ということで、簡単に。
歴史学の場合、字数計算に脚注は含まれないのが普通だと思います。よって、本文のみの字数ということになります。

Qレポートの字数に参考文献は含む?

題の通りです。
1500字以内と指示された場合、参考文献はその字数に含まれるのでしょうか?
それとも1500+本の名前でいいのでしょうか?
これまでは「約」1500字だったので気にしなかったのですが初めて「以内」とされ戸惑っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

含まないと思います。

通常、本文の分量が1500字以内ということでしょう。
そう考えれば参考文献は含まれません。

なお、1500字以内と言われていても、
実際には1500字+α(少量)は許されると思います。
(厳密に一字ずつ数える教授だというなら別ですが・・・)


逆に、例えば1500字以上書けと言われたとします。
参考文献で、10冊の本を列挙し、500字それで使ったとしましょう。
この場合、本文1000字+参考文献500字でOKでしょうか?

おそらく、ダメでしょうね^^;
今回はその逆のパターンだと思います。


まぁ、例外もあるかもしれません。
トータルの分量で10枚以内にせよ・・などの場合、
ページ数が全てあわせて10以下になった方が無難かもしれません・・。

#要するに、状況次第です。
#それほど深く考える必要はないと思います。

Qワードで2万字って何枚くらいになりますか?

いま、卒論してるのですが、2万字と言われました。

普通にワードに書くと、段落変えたり資料や表をいれたり
すると、平均的に何枚くらいになるでしょうか?

ちなみに表や資料はワード2枚分です。

普通に段落や行を変えると20枚くらいですか?

Aベストアンサー

2万字といわれたら2万字数えるのが普通とは思いますが・・・。
デフォルト設定で行36×文字40で1440字、
80%ぐらい埋まるとして、1152文字
20000÷1152=17.4
ということで、
17枚ぐらいが目安のようですね。

数えたい部分を選択しておいて、
メニューのツール-文字カウントとすれば、
カウントできます。

Q卒論の引用について教えてください。

今年、卒論を書くのですが、引用が多いとよくないとゼミの友達にいわれました。

そして、引用を少なくするには、参考文献の言い回しなどを少し変えて自分の言葉にすればいいと教わりました。

しかし、それは、著者の意見をあたかも自分の意見のようにする行為だと思いますので、著作権法などに違反するのでしょうか?

Aベストアンサー

 まず、論文とは何かを確認します。論文とは資料(コーパス)の寄せ集めたものではありません。1次資料と2次資料という段階の人には、わからないと思いますが(笑)。1次資料とは、その当時の資料、また研究者の論文や研究そのもの。2次資料とは、1次資料を基に分かり易く一般に解説したものです。つまり、翻訳された文章は二次資料といっても過言ではありません。
 少し楽しく考えましょう。黒澤明監督の「羅生門」という映画があります。それを500円でDVDとして出した会社が2009年10月7日に最高裁判所で著作権法違反が確定しました。まず、羅生門の原作者は芥川龍之介ですね。それを映画化したものを製作したのが黒澤明です。黒澤明は1998年に亡くなりました。
 まず、そこで論点になったのは何か。芥川龍之介が原作者で彼の死後から著作権保護期間を考えるか、黒澤明監督の死後からかでした。結局は最高裁は黒澤明監督の死後から著作権保護期間を数えるという事でした。
 つまりは、現実問題に1次資料と2次資料とかがあっても誰も気にしません。小説を書いたのが芥川龍之介。映画を製作したのが黒澤明。だから、別のものとして判断している。
 しかし、研究者になりたいなら、先行研究をしっかりしましょう。第一発見者に研究の優先権があります。そのため、第一発見者が亡くなっても、「●●年●●氏によって●●が発見された。」という一文は入れましょう。

 論文の最低条件について。自論や自説を主張できている。自論を裏付け(データー・厚い記述・論理)できているか。データーとは実験や調査の結果。厚い記述は文献で引用して裏付ける。論理とは論証により裏付ける。つまり、3つの証拠のいずれかでないといけない。
 自分の研究結果があたかも一般的に利用できるという展開にしない(オーバージェネラリゼーションは不可)。

 そこで、引用とは何かを明らかにします。引用は〈和辻は「風土」(岩波文庫)によって気候をモンスーン、牧畜、砂漠と分類している。〉などと書くことです。それは、第一発見者への尊敬という事で書きます。
 しかし、論文は資料(コーパス)の集合体ではないと私は説きました。その理由として、資料に頼りすぎている論文は、レポートの類である。レポートは調べたことを報告するものです。だから、レポートとしては認めますが、論文では資料の報告だけでは不可です。
 論文とは、自分で問題を立て、自分の足で調べたデーターについて、世間一般に公表するものです。つまりは、文献など他人の資料に頼って書こうとしないと言いたいです。論文とは基本的には、実験や社会調査など自分の足で資料を集め、分析し結果を出して書くのが基本です。だから、論文の書き方も「実験の目的・実験方法・結果・考察」が基本かと思います。論文を書く前に自分の足で調べる。だから、文献よりは調査の方がイメージしやすく書きやすくなります。どんな風景だったか、地域の方はどういう問題を感じているか、どう歴史的町並みを守ってきたかなど歴史などを思い出しては書くことができるわけです。

 それと「引用を少なくするために、参考文献の言い回しを少し変えて自分の言葉にする」は見当違いです。その方法は何十年も研究しているプロだから成り立つ、経験と学識で書きかえられる事です。大学生が言葉を置き換えるとしても、それに代わる良い言葉や言い換えができるわけがありません。どんどん引用を自分の言葉にして書き換えていくときに、怪しくなるのは「実際にあり得るように空想で書く・浅知恵な事を強気で書くことにより論理的なおかしさを感じる・資料に資料を重ねて意味不明瞭な文章になっている」という三つがあるからです。つまり、(1)思い込みや空想世界の物語を書く、(2)自分の器を相手に見抜かれる、(3)資料の引用を誤魔化すためインターネットの検索上位のサイトの文章の言葉に置き換え盗用が発覚する。それが最悪な方法です。
 ちなみに、(3)を使ったら剽窃や盗用で卒業研究の成績が不可になるばかりか、それ以上の責任を問われます。教授が盗用が発覚したら大学から職を追われます。だから、絶対にしないでしょう。それと、論文にとって(1)は不適切。(1)が得意なら大学を辞めて小説家になるべきだ。

 それと現実問題ですね。論文の中身を確認しないとそれ以上は言えない。まず、私が知りたいのは論文本体ではなく、論文の引用数の総合計です。まさかだと思いますが、文献の抜粋や引用を繰り返して全部他人の文章ですとか言わないでください。それをどうすればいいかが、他人の言葉を自分の言葉に言い換えて書くという言葉の意味ではないですよね。そういう場合は、教授がぎりぎり合格させてやるために考え出した最後の手段ですね。10月中旬でそれだと論文を1から書き直させたら、その学生の卒論が完成しないで未提出になり留年するから。だから、そういう措置を講ずる。
 たぶん、そんな大学があれば教授はいずれか問題になりますよ。

 少し、私の妄想が酷すぎたので話を元に戻します。引用は〈鯖田が「肉食の思想」(中公新書)でキリスト教圏は動物を安楽死することが動物保護だという。〉とかです。その文献が1970年代の物で少し古いです。現在は「動物の権利」が言われ、人間と同様に動物にも生存権があるという考え方です。でも、ペットのみだけど。それが日本の「動物愛護法」のきっかけでもある。
 自分の言葉で言い換えるは、つまりは一言で言い切る姿勢が大事だと私は主張します。それは、一言で要約して書くときには言葉の言い換えが必要です。その場合は必要な箇所のみを要約するのは認められます。それが文献の全体を示しませんが問題ありません。
 でも、自分の言葉に置き換えても、誰が言ったかは明らかにしないといけません。勝手に自分の発見にするのは盗作ですよ。

 最後に論文教本のお勧めです。
伊丹敬之 「創造的論文の書き方」 有斐閣
 その論文教本は対話編と概論編に分かれます。対話編は一橋大学で伊丹氏と院生の対話を会話形式で書いています。暇な時以外は読まなくていい。概論編が他の論文教本よりも具体的に書かれており良い。

 まず、論文とは何かを確認します。論文とは資料(コーパス)の寄せ集めたものではありません。1次資料と2次資料という段階の人には、わからないと思いますが(笑)。1次資料とは、その当時の資料、また研究者の論文や研究そのもの。2次資料とは、1次資料を基に分かり易く一般に解説したものです。つまり、翻訳された文章は二次資料といっても過言ではありません。
 少し楽しく考えましょう。黒澤明監督の「羅生門」という映画があります。それを500円でDVDとして出した会社が2009年10月7日に最高裁判所で著作...続きを読む

Q大学の卒業論文について

クズな質問なので真面目な方は無視してください。

卒論にまったく意欲が湧きません。

そもそも書きたくありません。

でも書かないと卒業できないので、とりあえずテーマを決めました。

私の考えたテーマは、所属ゼミの教授の専攻と全く関係ありません。

それに使えるネタをネットで見つけて、それをコピペして、適当に書き直し、自分の言葉も付け加えて、第一章まで書き終えました。

しかし、「引用・参考文献一覧」に、使用した資料のページ数まで示す必要があることに気付きました。

「引用・参考文献一覧」には、コピペに利用したサイトは全て載せる予定です。

当初は、ネットからのコピペを繰り返し、それを打ち直していけば簡単に完成するだろうと考えていました。

でも、私はコピペしかしていないので、「引用・参考文献一覧」に載せる書籍がありません。

ネットで適当に探した書籍の情報と、適当な書籍のページを載せるのはバレる危険性があるのでしょうか?

そもそも卒論で、コピペがバレる理由がよくわかりません。

ウィキペディアの情報をそのままコピペしただけのものならわかります。

でも、私はコピペですが一通り文章を全て打ち直しています。

後は、これに適当に探したダミーの資料一覧と、適当な使用ページを書けばバレない気がします。

もし真面目に資料を見つけ、それを参考に書いたとしても、それ自体コピペと大差ない気がします。

資料を参考にして書くなら、それもまったくコピペと同じじゃないですか?

終始クズな質問ですみません。

とりあえず私が聞きたいことは、触ってもいない書籍の情報と、思いつきのページを、「引用・参考文献一覧」に載せて大丈夫かと言うことです。

よろしくお願いします。

本当にクズですみません。

クズな質問なので真面目な方は無視してください。

卒論にまったく意欲が湧きません。

そもそも書きたくありません。

でも書かないと卒業できないので、とりあえずテーマを決めました。

私の考えたテーマは、所属ゼミの教授の専攻と全く関係ありません。

それに使えるネタをネットで見つけて、それをコピペして、適当に書き直し、自分の言葉も付け加えて、第一章まで書き終えました。

しかし、「引用・参考文献一覧」に、使用した資料のページ数まで示す必要があることに気付きました。

「引用・参考文献一...続きを読む

Aベストアンサー

愚かな学生の迷信を打ち砕かせてもらいます.

まず,大学教授というのはよほど愚かでもない限り
自分の精通する分野の文献は目を通すものです.
それが教授の近い分野であっても,やはり目は通します.
(まさか政治学の研究室で量子論をやってるわけじゃないですよね.)
したがって,大学生がネットやアマゾン・図書館などで手に入れられる
書籍は教授もチェック済み,そんなところから盗用したら即座にバレます.

>でも、私はコピペですが一通り文章を全て打ち直しています。
>後は、これに適当に探したダミーの資料一覧と、適当な使用ページを書けばバレない気がします。
それがコピペである以上,多少文章を前後させようが,語尾を変えようが見破れます.
現在の文章解析技術は,文章の微妙な言い回しも比較することができ
またそのデータベースも日々進化しているのです.学生の悪知恵で追いつけるレベルではありません.

私も今年の4月に,大学で行われたコピペ防止ソフト講座に出席したばかりです.
(私のところでは,教員には原則防止ソフトが配られるようになっています.)


最後に
学問の世界において,盗用は犯罪行為であり
他人の文章を自分の主張のように書くことは,その原著者の人格を否定する行為に他なりません.
先生がまともな感性の持ち主なら,こんな学生を卒業させません.
(もしこれを学会でやったらよくて村八分,悪くて追放もの)
無論,原著者のわかる「引用」という形でのコピペは問題ないですが
それのみの論文の価値は限りなく低いというのは言うまでもないでしょう.
私が指導教員だったら卒業させられません.

犯罪に手を染めて100%卒業できなくなるか
論文としては3流以下だが万が一の卒業に望みをかけるか
それとも一念発起してまともに仕上げるか

選ぶのは質問者です.

愚かな学生の迷信を打ち砕かせてもらいます.

まず,大学教授というのはよほど愚かでもない限り
自分の精通する分野の文献は目を通すものです.
それが教授の近い分野であっても,やはり目は通します.
(まさか政治学の研究室で量子論をやってるわけじゃないですよね.)
したがって,大学生がネットやアマゾン・図書館などで手に入れられる
書籍は教授もチェック済み,そんなところから盗用したら即座にバレます.

>でも、私はコピペですが一通り文章を全て打ち直しています。
>後は、これに適当に探したダミ...続きを読む

Q卒論提出せずに卒業してしまいました

私は現在社会人一年目です。
実は、大学4年の時に、卒論を提出せずに卒業してしまったことが心に引っ掛かっています。
私が出た科は卒論を提出します。
しかも、私が出た研究室では、大学の締め切り一週間前に教授が用意した和紙の表紙に紐で綴り、それを大学に提出するのですが、それを提出せずに卒業してしまいました。
そもそも何故提出しない事態になってしまったかというと、
大学3年の時に卒業した研究室に入ったのですが、他の学生から、私が他分野のこと(具体的には書道)が得意であると聞いた教授が、4年時から偶然、その大学に勤務することになった書道の教授に卒論の指導をしてもらうよう勧めてくださったのです。
私は書道の教授に挨拶に行きました。
でも、私が出た大学にはそれまで書道の研究室がなく、また、その書道の教授も、大学教授一年目で、書道の分野でどう論文を書くのか、私は分かりませんでした。
さらに、「進路が決まったら来て下さい」という言葉に甘えてしまい、就活に専念しましたが、9月まで内定はもらえませんでした。
10月に、大学でとった教員免許を活かして東京の学校法人に進路が決まり、そこから卒論のために本を読みはじめたのですが、どう論文を書いたら良いかいっこうに分かりません。
そのまま12月まで時が流れてしまいました。
どうにか研究室の先輩の論文を参考にして書いたものを、書道の教授に見せたら、
「引用ばかりでページを稼いでいる。中味がない」
とだけ言われ、とうとう研究室での綴じ込みの日になってしまい、私は気持ちからか、熱を出して、集まりを休んでしまいました。
その後、研究室の教授に、
「最後まで書いて差し替えたい」
と申し出たのですが、書道の教授からはアドバイスをもらえず、どう書いていいかわからないまま、卒業式を迎えてしまいました。
私は研究室の教授に申し訳ないと思いながら、社会人として働き始め、途中の論文をアパートに持ってきました。
今更提出しても遅いと思いますが、ちゃんと書いて提出したいと思ったからです。
しかし実際に仕事を始めると、朝7時から夜22時まで働いて、夜は眠ってしまい、週末はストレスで胃が痛む日々で、手を付けられませんでした。
また、大学にどれだけ質問できる環境があったのか思い知りました。
この悩みを打ち明けられる人もいないので、何かしらコメントをいただけると幸いです。
よろしくお願いします。

私は現在社会人一年目です。
実は、大学4年の時に、卒論を提出せずに卒業してしまったことが心に引っ掛かっています。
私が出た科は卒論を提出します。
しかも、私が出た研究室では、大学の締め切り一週間前に教授が用意した和紙の表紙に紐で綴り、それを大学に提出するのですが、それを提出せずに卒業してしまいました。
そもそも何故提出しない事態になってしまったかというと、
大学3年の時に卒業した研究室に入ったのですが、他の学生から、私が他分野のこと(具体的には書道)が得意であると聞いた教授...続きを読む

Aベストアンサー

No.4の補筆です。

>すでに単位がついているなら,いまさら提出しても意味はないです。

卒論未提出で単位不足の状況では,教授会での「卒業認定」を通りません。だから,まちがいなく卒論の成績はついています。

前述のように,指導教員が卒論の成績をごまかしていれば,あなたが「私は卒論を提出していない」と事務部に申し出ると,その教員に迷惑をかける結果になります。まずは成績証明書を確認してください。

単位がついていても書き直さないとあなたの気が済まないなら,書き直した原稿と,おわびの手紙と,菓子折を大学気付の教員宛に送ればいいと思います。

Q卒論が不可になる場合

私立文系の4年です。先日卒論の口頭試問を終えました。
 一応担当教授から指導を受けた上で、規定枚数及び期限を十分に満たして提出した卒論だったのですが、口頭試問ではとにかく叩かれました。一応褒められた点もあったのですが、どちらかといえばマイナスの点ばかり記憶にあります。
 自分の研究不足や把握してなかった点が災いしたと反省しているのですが、今更考えても結果はどうにもならないと思い直したりを繰り返しています。
 
 そこでなのですが、口頭試問の際に「誤字なんかも目立つから見直しておけ」と何度か言われました。もしかして不可なのではと何度も思っています。
 以前教授に卒論で不可になった人の有無を尋ねたら、そうした人はいないと言っていたのですが、正直不安です。ここで訊いてもどうしようもない、とは思いますが、かといって検索してみても「落ちない」「落ちる」の両方の意見があって落ち着きません。
 
 卒論が不可になる場合はどういった理由が多いのでしょうか。
 卒論の内容のレベルが低かったり、口頭試問でまったく答えられなかった場合、落ちてしまうものなのでしょうか。

私立文系の4年です。先日卒論の口頭試問を終えました。
 一応担当教授から指導を受けた上で、規定枚数及び期限を十分に満たして提出した卒論だったのですが、口頭試問ではとにかく叩かれました。一応褒められた点もあったのですが、どちらかといえばマイナスの点ばかり記憶にあります。
 自分の研究不足や把握してなかった点が災いしたと反省しているのですが、今更考えても結果はどうにもならないと思い直したりを繰り返しています。
 
 そこでなのですが、口頭試問の際に「誤字なんかも目立つから見直し...続きを読む

Aベストアンサー

卒論を担当する教授は、学生を落とすことを望んでいません。むしろ、優で合格を出せるというところまで学生を指導して何としても卒業させてあげたいと思ってます。

まぁ、褒められた部分があるなら、最低でも可にはなるでしょう。
不可はないとは思います。100%とは言えませんが(^^;;

Q卒論の面接ってどのようなことを聞かれるのですか?

明後日に卒論の面接を控えているのですが、卒論の面接っていったいどのようなことを聞かれるのでしょうか?

調査の目的や方法、その結果等は全て論文に記載していますし、面接を行う意図が分かりません…

また、その面接が原因で単位を落とされてしまうようなこともあるのでしょうか?

正直、私は未だ就活中で卒論どころではないのですが、万が一卒業すらできないなどということになったらと少し不安です。

卒論の面接の意図やどのような質問をされるのか、ご存知の方いらしたら教えてください。

ちなみに私は文学部で心理学を専攻しています。

Aベストアンサー

先の回答にあるように、「口頭試問」でしょう。

大学によって違うのかもしれませんが、一般的な「口頭試問」は、論文の内容(おっしゃっている「調査の目的や方法」「その結果」等)について、論理的に書かれていない部分とか、不備のある点について、「ここはどうなの?」「どうしてこういう結論になったの?」「書き方が分かりにくいけれど、どういう意味?」とか、そういうことを聞かれます。

論文に記載しているから面接(試問)を受ける意図が分からないとのことですが、ご自身の論文が、何一つ不備なく完璧に書けているとお思いですか。
誤字脱字の一つもないとお思いですか。

就職活動でお忙しいとは思いますが、今一度、ご自身の論文を読み直して、誤字脱字等があれば正誤表を作り、「こういうところを突っ込まれるかもしれない」と思える箇所には付箋を立てて、対策を練っておきましょう。

ま、先の回答者がおっしゃるように、実際、今どきの緩みきった大学では、形式的なものに終わるのでしょう。
小生の時代(20年くらい前)でも、最低限、論文としておさえておくべき所がおさえてあれば、諮問で落とされることはなかったようです(逆に諮問によって救われた人はいたようです)。

ただ、形式的なものだからといって、いいかげんな受け答えをしていたら、最悪、落とされるかもしれませんし、そこまでいかなくても最低ラインの成績がついて終わることになるでしょう。
それが就職活動に影響するかどうかは存じませんが、大学生活の集大成である卒論を、少しでもよい成績で残したいと思うなら、今一度、チェックをしておかれることをお勧めします。

先の回答にあるように、「口頭試問」でしょう。

大学によって違うのかもしれませんが、一般的な「口頭試問」は、論文の内容(おっしゃっている「調査の目的や方法」「その結果」等)について、論理的に書かれていない部分とか、不備のある点について、「ここはどうなの?」「どうしてこういう結論になったの?」「書き方が分かりにくいけれど、どういう意味?」とか、そういうことを聞かれます。

論文に記載しているから面接(試問)を受ける意図が分からないとのことですが、ご自身の論文が、何一つ不備なく完...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング