「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

昨年研究室に来た人は修士を卒業して、企業で数年間働いた後再び大学に戻ってきて助教になりました。化学系なのですが博士号を持っていません。
大学院重点化計画によって、日本全体で見るとポスドクは13000人はいると言われています。化学の分野でも日本中でポスドクの人はたくさんいるでしょう。研究室のポスドクの人でも論文をファーストで年に3報も書く人もいます。そんな人を差し置いて修士卒の企業出身者が専任になったというのが疑問です。すべては教授が決めることなのでしょうがなんかポスドクをしている人がかわいそうだと思いませんか?
大学教員に専任で登用されるのはどれくらい難しいことかということは皆さんはご存知でしょうけど、もし僕がポスドクで、任期がある中で毎日必死に研究してるときに特筆すべき顕著な研究業績がない人が助教になったらもうやってられないと思うでしょう。珍しい例でしょうがなんでこんなことがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

化学系で教員をしています。


かなり特殊なケースだと思いますが、博士無しの助教採用が未だにあるのですね。驚きです。

私もポスドクをしましたので精神的つらさは分りますが、
この場合、ポスドクよりも、むしろ学生達に認められない教員の方がかわいそうです。
助教になる事は第一歩であって、決してゴールではありません。
実績がポスドクより少ない、論文書けない、学生に認められていない、正直終わってます。
人がいいことは大切ですが、今の時代助教は自分でガンガン研究費取ったり、
一流誌に独力で論文を出せないとやっていけません。
また、不可思議な人事をする教授は敬遠されますので研究室自体先細りします。
どうやってこの人はこの先アカデミックでやっていくのかと考えると、
同情を禁じえません。

ポスドクで頑張っている人はそれなりのポジションに付いていますし、
結局回りの雑音に振り回されずに研究に打ち込むことが大切だと思います。
    • good
    • 2

その人の能力が云々の話は、先の方々の回答にあるように、企業出身の修士だとかポスドクだとかには直接は関係ありません。



それに加えて、
助教の公募の際、仕事の範囲が「**の分野」という具合に具体的に示されていることが結構あります。
応募者の中でそれにもっとも合致していたのが、修士卒の人だった、というのがあっても別に不思議ではありません。
    • good
    • 3

一言いわせてください。


いまどきそういうのは少ないでしょうし、その人のケースはわかりませんが、
「修士卒の企業出身者」イコール許せない、という感覚は短絡ではと申し上げたい。言い換えると博士号もいわゆる研究業績も、ほんとにそんなに大事なことなの?という点です。

以下ちょっと極論ですが:
いまどき博士号など馬鹿でもチョンでも取れます、大学院に行ってさえいれば。私も企業から大学に来るにあたり、博士号くらいないとまずいかなと思って取りましたが、簡単なものでした。たくさんの博士を見ていますが、どうしてこのレベルでという人も多い(私自身も含めてかも)。博士号の人は修士号の人より高い能力を持つとは言えないのです。
ついでに言うと、企業の研究開発者の中には論文博士を取る人もいる、その人たちの実力は、普通に博士課程を済ませて博士号を取った人よりはっきり上というのが私の所感です(平均的には、という意味で個々にはいろいろでしょうが)。

研究業績はというと、結局あなたのいう業績は論文の数ですよね?企業では論文を書くことなんて二の次、納期内に目標達成が第一、たとえ不得手な研究内容でも自分が望まないテーマでも、がむしゃらに取り組んで鍛え上げられる。目標産物は商品でありノウハウである。論文を書いているヒマなんてないし関心もない(人によってはありますが)。翻って大学ではというと、自分がやれると思うテーマに取り組む。重箱の隅でもなんでもかまわない。成果目標は論文。というより論文数。自ずからいわゆる研究業績は大学の人のほうが数が積み上がる。ここでその論文の価値はというと、ほんとに巨大な業績は10年経ってわかる。平凡な論文ほどスムーズにアクセプトされる。革新的なものは査読者の抵抗でなかなかスムーズにいかない。なので、論文数は研究者と研究の価値を表す指標としては本来はそれほど信頼できるものではない。

以上極論終わり。

大学の研究者は自分が直接手がけている極めて狭い範囲では先端かも知れないけど、その周辺も入れた力量となると企業で鍛えられた人のほうが上かもしれないのです。その人に接して見て初めてわかります。そして博士号とか論文数とかいうのは、他に客観指標がないから、accountabilityという意味で大学ではそういうものに頼る文化になっているに過ぎません。大学の文化イコール正義ではない、そういう認識を持っていただければという思いで書きました。
    • good
    • 9

大学教員になるのに資格は必要ありませんが、一般的には博士号を持つものが多い傾向にあり、最近では博士号なしで大学教員になる人は少なくなりつつあります。


しかし、例外はあります。
大学の教員は縁故採用が9割とも言われています。
博士号を持っていなくても教授が気に入った人であれば十分可能性はあります。
業績でも学位でもなく縁故が勝った例ではないでしょうか。
そもそもその人、本当に常勤の教員でしょうか。
最近、特任教員という非常勤の教員が結構いて、自称助手や助教がいます。
    • good
    • 2

 最近じゃありえない話ですね、




可能性1 よほど有能な能力か、業績がある(業績があれば、実際経歴は関係ないこともあるでしょう)

可能性2 最近、大学院重点化とあわせて、もう1つ産学協同の政策をすすめることが奨励されています。それのために異例ではあるが、企業から人材を引き抜いた。

可能性3 少しかわったかたちですが、天下りみたいなもの?これだと、かなりどすぐろい話になりますね。

可能性4 長い海外実務経験がある(これはよくあるパターン)
    • good
    • 0

幼稚園~高校の教員と違って、大学の教員になるには資格は必要ありません。

高卒で東大教授になった人だっています。能力さえあればいいのです。
博士号を持っていても、教員としてのその人の能力が認められなければ大学の教授にはなれない。これは至極当然のことです。ポスドクが何人いようと関係ありません。
ちょっと厳しい意見を言わせてもらいますが、博士号を持っていれば大学教員になれると考えている方がおかしいですし、博士号を持って、大学教員以外の道を模索するという考え方も必要ではないでしょうか?
    • good
    • 3

ちょっと良くわからないのですが、その人は『特筆すべき顕著な研究業績がない』というのは判明している事なのですか??『企業に居る』=『業績が無い』というのは自明ではありませんよ。



あと助教は助教でも、寄附講座の助教や、特任助教という可能性はありませんか?

基本的には、理由が無く、わざと能無しを助教にする事はありません。教授の業績というのは基本的には学生と助教が実働部隊となって稼ぐものですから。。。なにか理由はあるんでしょう。
    • good
    • 0

論文書いただけじゃだめでしょう。


客観的に見て、どう評価されるかです。
研究実績は論文数でなく、その内容では?

民間企業で研究開発系の仕事をしているので、博士を持っている人とも仕事をします。(私は修士ですが)
すごい人も居れば、なんでこいつが博士?と思う人間も居ます。
まぁ、修士でも同じですが。
    • good
    • 0

その人物が優秀だからではないでしょうか?


論文の数量だけで准教授になれるのであれば誰でもなれると思います。
論文の数よりも研究実績などでは推し量れない豊富な知識、学識があると
教授は判断したから准教授に採用したのではないですか?
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q博士号なしで大学専任教員になるということ

現在、博士課程3年目です。諸事情により、博士号を取得できる見込みがありません。博士号なしでも、大学の専任教員に採用してもらえることはあるのでしょうか?やはり、非常勤講師しか無理なのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

あなたが文系か理系か、あるいは医学系かによってかなり事情は異なりますが、すでに或程度回答がなされているように、今の状況では課程博士を取得するのは当たり前になっています。文部科学省では就職してからとる論文博士号そのものを廃止しようとする動きも見せており、今のうちに書いておかれるほうがよいと思います。
私は文系の大学教授ですが、院生のときは「文学博士なんて定年まじかの偉い先生が功労賞的にもらうもの」という風潮でした。しかし、いったん大学教員になってしまうと、たとえば大学院の学生が博士号をめざす場合の指導などに支障が出るため、40歳すぎてから論文博士をとりました。教育と研究をしながらまとめるのは大変でしたよ。
大学によっては、博士号を持っているとお給料がよくなるところもあります。絶対とるべきです。
もし、今の指導教授と相性が悪かったのであれば、院を修了してからほかの理解のありそうな大学に論文博士号を請求すればよいのです。

ただし、博士号を持っていたからといって、今の大学教員の道はほとんどないと思っていたほうがいいです。教授のコネなども使えなくなってきています。もちろん、実力があっても教歴がない、というだけではねられることもあります。
あなたは大学教員になりたいのですか、それとも研究がしたいのですか。今の大学教員なんて、雑用ばっかりで睡眠時間を削り自腹を切って研究するしかないんですよ。私は研究しかできないのでたまたま大学教員になりましたが、決して甘い道ではありません。
組織のなかで研究を続けてゆく、強烈な意志がないとだめです。

あなたが文系か理系か、あるいは医学系かによってかなり事情は異なりますが、すでに或程度回答がなされているように、今の状況では課程博士を取得するのは当たり前になっています。文部科学省では就職してからとる論文博士号そのものを廃止しようとする動きも見せており、今のうちに書いておかれるほうがよいと思います。
私は文系の大学教授ですが、院生のときは「文学博士なんて定年まじかの偉い先生が功労賞的にもらうもの」という風潮でした。しかし、いったん大学教員になってしまうと、たとえば大学院の学...続きを読む

Qやっと、やっと助教になれた

僕の姉の夫は33歳です。姉は結婚しても働いていて、夫は3年間非常勤講師で食いつなぐ生活をしていたらしいです。同年代のサラリーマンの半分の年収ぐらいらしいです。
そして最近やっと夫が専任の助教に採用されたらしいです。やっと普通の生活を送ることができるということで親戚も呼んで家族みんなで宴会もしました(笑)
マンモス大学なのですが、大学教員は不祥事をしなければ終身雇用といわれていましたが実際はどうなのでしょうか?姉の夫はこれから安定した生活を送れるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1さんと#4さんは勘違いしおられるようですが、制度上は現在、『助手|助教→講師→准教授→教授』というキャリアルートです。最近改定になりました。

旧助手が、本当に補助的な事しかしない助手と、授業もできるようになった助教に分かれました。基本的には助手はあくまで助手で研究者・教育者では無いという位置づけになりました。助教は大学研究者が最初に付く職です。

旧助教授は准教授になりました。これは英語での表現と近づけるためにこうしたという事です。つまり『教授を助ける』のではなく、『教授に準ずる』という事です。ちなみに感じは準ではなく准です。

以前授業ができなくて、今はできるようになったのは、#4さんのいう助教授ではなく、助教です。

で、義兄さまの助教就任おめでとうございます。ただ、終身雇用というのは最近少なくなっていますよ。大抵『5年任期の再任1回まで』とかそんな条件がついている事が多いと思います。その間に講師か准教授になるために、研究業績を積んで、自分の大学で昇任を目指すか、あるいは多大の准教授公募に応募するか、、そんな感じになると思います。普通の会社員よりは大変でしょうが、最近のこの業界はみんなこんな感じです。

マンモス大学って事は私大の中でも名前が通っていると思いますし、そこの助教になったのですから、そりゃ家族・親戚でお祝いする事じゃないでしょうか。安定した生活かどうかは、もちろん任期制ならその心配はあると思いますが、教授になれる唯一とも言って良いルートなんですから、まぁそれぐらいのリスクはあってもいいんじゃないですかね。一般的に大学教員の社会的信用は高いので、任期制だからローン組めないとかそういった事は(今のところ)無いようですし。

#1さんと#4さんは勘違いしおられるようですが、制度上は現在、『助手|助教→講師→准教授→教授』というキャリアルートです。最近改定になりました。

旧助手が、本当に補助的な事しかしない助手と、授業もできるようになった助教に分かれました。基本的には助手はあくまで助手で研究者・教育者では無いという位置づけになりました。助教は大学研究者が最初に付く職です。

旧助教授は准教授になりました。これは英語での表現と近づけるためにこうしたという事です。つまり『教授を助ける』のではなく、『教...続きを読む

Q大学の教授になるのに博士号はいらない?

大学の教授は博士号を持っているその道のエキスパートのみなれるものだと思っていましたが、中には博士課程満期退学や学位しか持ってないのにその道のプロということで教授になっている人をみます。そういう人はかなり著名な人だとは思うのですが、このように大学の教授になるにあたって博士号は必須ではないということなのでしょうか?

Aベストアンサー

 昔は日本ではお金の問題もあったのでしょうが、修士卒業が最低の資格として認知されており、古い人たちの若い時代はけっこう修士どまりでも大学教授になることができました。

 しかしアメリカやヨーロッパがずっと教授は博士課程を出て当然、研究者は博士と出るのが通過儀礼で当たり前、という考えがあったため、日本もそれに触発されて、今は博士は出ているべきだという認知が広がりました。ですから、今ではほとんど難しいです。

 博士を出ていない人でも教師になれないわけではありません。とくに実務的で実践的なジャーナリストなどは教師になることが可能です。過去モスクワで社会主義の崩壊を取材してきた経歴があるとか、ともかく貴重な人材は受け入れられます。博士を出るタイプの人はたいていそうした現実への意識が弱いので、バランスが悪いのです。ですから、今はあらゆるプロフェッショナルを取り入れることで教育の質を高める流れとなっています。

Q博士課程後すぐに助教になれるひととは?

博士課程を終えて博士号をとってもポストドクターになって助教のポストをまっている研究者の卵は多いと思います。
では、博士課程を修了してすぐに助教になれる人はなにがちがうのでしょうか?
・ものすごく優秀で論文をたくさん書いている。
・ボスがすごい人で研究者仲間にお願いしてくれたなど、運がある。
僕はこういう風に考えたのですが、実際はどうなんでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

当然ながら業績は必要です。業績さえあれば公募のポストに応募して、職を得ることができます。業績がなければ公募では勝ち残れません。
もちろん、運もあります。桁外れに優秀なライバルがいる可能性もありますし、そもそも公募が無ければどうしようもありません。
もっと幸運であれば、公募でないポストが回ってきたりします。そうすれば、業績はたいしたことなくても何とかなります。まあ、これはあまり期待しない方がよいでしょうね。

助教の場合には年齢も重要です。ポスドクを長くしていると年齢が高くなりますので不利です。それをはね返すだけの業績が必要ですし、そもそも、30台半ばになれば年齢的に准教授の領域になりますので、助教の公募対象から外されることになります。ある意味年齢も武器になり得ます。

Q論文数さえあれば、教授や准教授になれますか?

教授や准教授になるためには論文数が最低でも20~30は必要という話を聞きます。
でも逆に言えば、これだけの数の論文を出していれば、
どんなに若くても教授や准教授にアプライ出来るものなのでしょうか?

分野にもよりますが、有力研究室に在籍して
博士課程3年とポスドク2年を、学会発表もせずにもくもくと研究だけしていて、
且つ運も重なれば、論文20~30本程度の実験データを出すことは不可能ではないと思います。

例えば、助教や講師といった経歴がなくとも、論文数さえ他の人よりもずば抜けて多ければ、
教授や准教授の公募に通ることは現実的に可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

我が国も実力・成果主義が導入されてきてはいますが、あんまり若いと、「教育の面で実績が不足している」だとかいちゃもんつけて跳ねられると聞いたことがあります。

論文数というのは、純粋に数そのもので競わせるのではなく(数だけ出すのは、聞いたことも無いようなマイナー誌に出すとか、共著にたくさん入れてもらうとか、もはやテクニックの世界ですから)最低限ある程度の数が無い人は怪しいけれども、ある程度以上ある人はまあ問題無いだろう、と云う目安のようなものです。論文20本無い人は足切りというだけのことで、それ以上50本ある人も100本ある人も「50本100本(50歩100歩)」ですよ。

学会発表もせずに、と書かれておりますが、学会発表は大事です。研究者間で評価が固まってくるのは、多くの人が注目しているテーマを学会でずばっと発表し、雨あられのような質問を名答で返すような人です。或いは同業者の発表に対して鋭い質問を浴びせる人です。公募のコネは学会で作れ、と云うほど、学会で自分の名前を売り、認めてもらうことは重要です。特に国際学会は重要です。

公募はいまでも、半分以上は「この人を採りたい」と云う候補が居て出されるものだと云われています。「この人を採りたい」と云うような人物であることを学会で大いにアピールされればよろしいかと思います。論文数は足切り最低限程度あれば他の人よりずば抜けていなくてもよろしい。

私の業界では、テニュアトラック制度により、20代で准教授になった人はいますね。30代で教授になるような気がします。これも採用の経緯としては論文数がずば抜けていたからではなく、3本程度の論文の質が認められ、かつ学会での聡明な発言、真摯な態度が業界で広く知られていたからです。

我が国も実力・成果主義が導入されてきてはいますが、あんまり若いと、「教育の面で実績が不足している」だとかいちゃもんつけて跳ねられると聞いたことがあります。

論文数というのは、純粋に数そのもので競わせるのではなく(数だけ出すのは、聞いたことも無いようなマイナー誌に出すとか、共著にたくさん入れてもらうとか、もはやテクニックの世界ですから)最低限ある程度の数が無い人は怪しいけれども、ある程度以上ある人はまあ問題無いだろう、と云う目安のようなものです。論文20本無い人は足切りという...続きを読む

Qなぜ准教授は博士課程の学生を指導できないのでしょうか?

修士課程の学生であれば准教授でも指導はできますよね?
ではなぜ博士後期課程の学生は准教授では指導できないのでしょうか?准教授ぐらいの実績があれば学生を指導できる能力はあると思うのですがいかがでしょうか?

Aベストアンサー

 博士課程の大学院生を指導できるか否かは、制度上は、教授か准教授かで決まるのではなく、博士に対する○合(○の中に「合」の文字)があるか否かで決まります。
 この○合とは、博士を指導できる資格のことと思えばよいでしょう。つまり博士担当の資格審査に合格すると「博士○合」、指導の補助のみ担当可能と判断させると「博士(○がつかない)合」となります。
 なお、修士に対しても同様に「修士○合」があり、これがないと修士課程の学生の指導はできません。

 で、この「○合」の審査ですが、修士に対する審査は准教授・助教授でも受けることができたのですが、博士に対する「○合」の審査は、以前は教授に対してのみ実施され、助教授・准教授は、(単なる)「博士 合」の審査しか受けさせてもらえませんでした。
 これが、「博士の指導ができるのは教授だけ」という現実につながっているわけです。

 この「○合」「合」の審査は、多くの場合、教授や准教授への採用・昇進の際に、採用・昇進の資格審査と併せて行われますから、通常は、あまり意識はされていません。
 しかし、大学院が新規に設置された場合や大学院の組織変更・制度の変更があった際には、採用・昇進の審査とは独立に、「○合」「合」の審査が行われます。この場合、教授であっても「○合」がもらえず、大学院の指導ができない、と言うケースも出てきます。さすがに教授クラスになると、「修士○合」すらもらえない、と言う人はほとんどいませんが、実際、教授で「博士○合」がもらえなかった、と言う人はいます。

 なお、最近は、准教授に対しても「博士○合」の審査をする(=准教授でも審査に合格すれば博士の指導ができる)という大学も増えてきています。審査の基準は甘くはありませんが。ですから、質問者様の周囲でも、准教授に対して「博士○合」の審査が行われるようになれば、博士の指導ができる准教授が登場するかも知れません。

 うちの場合は、准教授から教授への昇進の際、すでに准教授の時点で「博士○合」を持っていることが事実上の条件となっています。

 博士課程の大学院生を指導できるか否かは、制度上は、教授か准教授かで決まるのではなく、博士に対する○合(○の中に「合」の文字)があるか否かで決まります。
 この○合とは、博士を指導できる資格のことと思えばよいでしょう。つまり博士担当の資格審査に合格すると「博士○合」、指導の補助のみ担当可能と判断させると「博士(○がつかない)合」となります。
 なお、修士に対しても同様に「修士○合」があり、これがないと修士課程の学生の指導はできません。

 で、この「○合」の審査ですが、修士に対す...続きを読む

Q主要業績は修士論文でも可能か

こんにちは

ドイツで修士課程をしており、来年、日本の大学で教員になろうと考えている者です。
現在、日本の学会に所属しており卒業までに研究紀要2通はできる予定です。しかし、教員への応募には主要業績3通となっており、悩んでいます。
その際、修士論文を主要業績としてもよろしいのでしょうか。修士論文は大学教授の査読も入っています。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>新卒で大学教員というのは無理なのでしょうか。

大学教員になろうというとき,「修士修了で新卒」という概念を,はじめて聞きました。みな博士課程までいきますので,修士修了は第一段階という認識でしょう。この段階で,企業社員とか公務員,高校教員などになる人もいます。当初から修士でこれらになる予定の人は晴れがましく「新卒」というかもしれませんが,能力に見切りをつけて第一段階でやめる場合は,「敗北者」の意識をおって寂しく大学を去っていきます。

博士課程を制度的に終わっても,就職がなくポスドクとして居残る例が多いので,ここでも「終わった」という意識はないでしょう。ぼくらは,めでたく大学に就職できたときに感無量で「やっと終わったぜ」と喜び,「退院祝い」をしていました。ぼくはそのとき30代に入っていました。

しかし,公募をかけてもろくに応募者がこないような「札付き」の大学で,あなたの専門分野いがいに一般教育ドイツ語の担当もさせれば一石二鳥などの判断があれば,候補者に残るかもしれません。だめもとで応募してみたらどうですか。ぼくには他人の可能性を摘むことはできませんから。

>新卒で大学教員というのは無理なのでしょうか。

大学教員になろうというとき,「修士修了で新卒」という概念を,はじめて聞きました。みな博士課程までいきますので,修士修了は第一段階という認識でしょう。この段階で,企業社員とか公務員,高校教員などになる人もいます。当初から修士でこれらになる予定の人は晴れがましく「新卒」というかもしれませんが,能力に見切りをつけて第一段階でやめる場合は,「敗北者」の意識をおって寂しく大学を去っていきます。

博士課程を制度的に終わっても,就職がなく...続きを読む

Q助教になるのと有名企業に入るのはどっちが難しいか?

後輩に、
「大学の専任教員になるのと、ドリームインキュベータに入るのはどっちが難しいんですか」
と聞かれました。
考えてみたんですが、助教の倍率はだいたい数十倍でしょうか。
ドリームインキュベータは2000倍ぐらいでしょうから倍率で考えたらドリームインキュベータですが、博士号取得者の賢さを考えたら助教だなと。。。
土俵が違うので難しいですが、どちらが難しいと思いますか?

http://2chreport.net/com_88.htm

Aベストアンサー

アカデミックな研究室にいるものです。

前者のお二方と意見が変わってしまいますが
助教になるほうが難しいと思います。
根拠としては、助教になるためには、
博士号を取得し、
そのあと博士研究員(ポスドク)として
どこかの研究室でやとってもらい
さらに空きのできた研究室の助手のポストにつき
そのあとやっと助教となります。

国から奨励される博士研究員
学術振興会の特別研究員になるには、応募者の5%
に入らなければなりませんし
さらに助手になるに、ポスドクのうち1割にも満たないわけです。
そうしたポストに就けない人たちが大勢おり
それがポスドク問題として社会問題になっているわけで
40過ぎた優秀なポスドクが大勢いることを考えると
セレクションが長期間で多いという意味も加えて
難しいのではないかと思います。

Q研究職を諦められない自分にアドバイスをください

去年に早稲田大学院理工学研究科修士課程を修了して社会人1年目の者です。
日本の主要企業30社に入るくらいの大企業の研究職で採用されたまでは幸せでしたが、入社直後に技術営業に異動になりました。
大学院を出てまで営業職です。これほどの屈辱は今まで無かったです。
改めて考えると、うちの会社は東大どころかMITでPh.Dを取得した方もいます。研究職には鬼才がゴロゴロいます。
しかし私は研究職という夢を諦められません!私がしたいのは営業ではないのです。
私が研究職に就くにはやはり博士課程に戻るしかないのでしょうか?アドバイスをください。

Aベストアンサー

「これだから院生を雇うとワガママで困るんだ」
「プラス二年勉強しただけで、専門家ぶって困る」
「学歴を鼻にかけていて、使いにくい」

このあいだ読んだ本に、院生は扱いにくいという企業側の声として、上記のような事が書かれていました。なんだか、この質問に対する企業側の声ような気がしますね。

ちなみに博士号持っている人でも、研究職から開発職への移動とかよく聞きますよ。博士だって企業にいった時点で、ずーっと研究職でいられる保障は無い訳ですから、ましてや修士の場合、それ程「屈辱」に感じる必要はないんじゃないでしょうか。「会社ではよくある話」ではないかと・・・・。正直な話、研究以外したくないなら、何故一般企業を目指したんでしょうか。国研・独法研の研究員を目指せばいいのに。

博士過程に戻ったら、修了後TOP30企業にもう一度入れる保証はなくなってしまいます。今いる企業は絶対に無理でしょう。そのリスクが負えるのなら、博士課程に戻るのもよいと思います。ただ、博士課程の就職は、学部・修士の就職とは、状況も仕組みも異なっていますからそれは、事前に調べた方が良いかと思います。

当然ですが、博士課程は修士までと違って、単位をとれば学位が貰えるという場所ではありません。貴方ご自身に研究のセンスがあるのかが、一番重要です。

「これだから院生を雇うとワガママで困るんだ」
「プラス二年勉強しただけで、専門家ぶって困る」
「学歴を鼻にかけていて、使いにくい」

このあいだ読んだ本に、院生は扱いにくいという企業側の声として、上記のような事が書かれていました。なんだか、この質問に対する企業側の声ような気がしますね。

ちなみに博士号持っている人でも、研究職から開発職への移動とかよく聞きますよ。博士だって企業にいった時点で、ずーっと研究職でいられる保障は無い訳ですから、ましてや修士の場合、それ程「屈辱」...続きを読む

Q助教・准教授・教授についてです。

自分は将来大学教授になろうと思っているのですが、助教・准教授・教授の就職平均年齢と年収をそれぞれ教えて欲しいです。

また年収の最高と最低もできれば教えて欲しいです。

最後にそれら三つの職にこの歳で就くことができたら早い方だというのも教えて欲しいです。

Aベストアンサー

はじめまして
元国立大学関係者です。職員の方で次のようなページを作成されていらっしゃい
ますので、ご参考までに。

国立大学職員日記
国立大学教員の平均年収ランキング(平成23年度)
http://blog.goo.ne.jp/la_old_september/e/44c85dec2de45042b37b391196d271f9

またここのページから文科省のページにリンクをはっていますので
調べることができます。

私立については千差万別です。有名な私立大学では国立大学よりもはるかに高額
のところもある一方、国立大学に及ばない私立大学もあります。

あと、年齢ですが、これは#1の方がおっしゃるとおり、「たまたま」ポストが
あいて採用されるケースが多いので、全くわかりません。

なお、文科省は1990年代に始まった大学院重点化政策により博士課程の卒業生が
急増しました。ところが、就職できるポストがなく大量の博士卒の非正規雇用を
生み出したのです。そのため、大学教員を募集すると大量の応募があります。
私の経験では、100倍をゆうに超えていましたね。

ですから大学教員になろうと思えば、旧帝大をはじめとするレベルの高い大学の
大学院を修了し、なおかつ大学院生当時から学会発表を積極的に行うなど、それ
なりの努力が必要ですよ。

頑張ってください、応援しています。

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/la_old_september/e/44c85dec2de45042b37b391196d271f9

はじめまして
元国立大学関係者です。職員の方で次のようなページを作成されていらっしゃい
ますので、ご参考までに。

国立大学職員日記
国立大学教員の平均年収ランキング(平成23年度)
http://blog.goo.ne.jp/la_old_september/e/44c85dec2de45042b37b391196d271f9

またここのページから文科省のページにリンクをはっていますので
調べることができます。

私立については千差万別です。有名な私立大学では国立大学よりもはるかに高額
のところもある一方、国立大学に及ばない私立大学もあります。

あと、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング