私は恥ずかしながら1年前に不法投棄で警察に行きました。
いけないことと知りながら夜中に家庭ゴミを捨てたところを巡回していた地域
住民に見つかり警察署に連れて行かれそこでまず「上申書」と書いてある警察署長あての書類に自分の犯した内容を書かされ押印(指でなく印鑑)させられました。それから証拠品(ゴミ)を指差した自分のスナップ写真を何枚か撮られ、そして現場に戻りそこでもスナップ写真を撮られました。署に戻って一人の警官から「後日また出頭してもらって指紋と写真撮るから。おそらく罰金だな」と言われ解放されました(ここまでで2時間ほど)。成人ということで身元引受人は呼ばないでいいということで誰にも知られていません。
しかしあれから1年経ちますが全く連絡がなく今日まできました。
・これに関してどういうことがなされたのでしょうか?
・微罪処分になったのでしょうか?・微罪処分は前科になるのでしょうか?
・微罪処分になると指紋採取、写真撮影(顔のアップの)があると聞いたことが
ありますが本当のところはどうなのでしょうか?・これで僕にも逮捕歴がついてしまってるのでしょうか?
・今後海外旅行等で入国審査カード等に「過去に犯罪を犯し逮捕されたことがある」みたいな質問にも「はい」と答えておく必要があるのでしょうか?
・ビザ申請で「無犯罪証明書」という警察発行の書類を提出しないといけない場合今回のケースでやはり犯歴として記されるのでしょうか?
・上記のようなことを直接警察に行ってたずねてもおしえてくれるでしょうか?今のところ指紋も採られてないし刑罰も受けてないのでそっとしておいた方がいいのでしょうか?
自分が悪いことをしておいて誠に勝手な質問で申し訳ありませんが
どなたかご意見お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 罪を犯しますと、警察に捕まったら調書を取られまして、検察庁へ書類が送られます。

これを送検といいます。検察庁は本人を呼んで、公判に付すべきかどうか捜査し、起訴不起訴を決定します。起訴されて、判決がでて有罪が確定します。1年もたっているのに、検察庁から呼び出しがない(普通は1~2ヶ月以内)のは、書類がまだ、警察にありますが、時期的に、もはや送検する気はないものと思います。原因としては、微罪なので送検しない、書類を紛失した、証拠がそろっていない、面倒くさい、人事異動などいろいろ考えられます。罪が確定していないわけですので、前科にもなりませんし、指紋、写真を取られていませんから、前歴にもなりません。したがって、どこにも申告する必要がありません。

参考URL:http://www.janis.or.jp/users/low/topics4/keiji.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とにかくこのまま何もせずそっとしておいた方がいいということでしょうか。
前歴にもならないということは俗にいう「逮捕歴」などもついていないということですよね。また「警察証明書」においても犯歴は記載されないという理解でいいのでしょうか?

お礼日時:2001/05/01 22:00

逮捕(逮捕するといわれない限り、任意聴取です)されていませんので、「逮捕歴」にもなりません。

警察内部の書類では、「任意聴取、説諭の上、微罪釈放する」とでも書かれていると思います。いまからですと、「やぶへび」になる恐れがあります。なお、最終的な時効(公訴時効)は3年です。「警察証明書」の意味がわかりませんが、このままですと、(公務員の就任などの)資格にも一切関係ありません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q検察が一度下した不起訴処分について

検察が時効の年数を間違え、不起訴理由を時効完成にして
不起訴処分を下しました。私は地検と高検と最高検に間違い
を指摘し訂正を求めましたが検察は訂正に応じませんでした。
検察は訂正に応じないどころか間違いの指摘に対してコメントすらしません。

私は不起訴理由が間違っているため仕方なくもう一度告訴状を提出したところ
検察は「不起訴処分をすでに下しているため返戻します」とだけコメントし
告訴状を送り返してきました。私は「検察が瑕疵の訂正をしないから
告訴状を再び送っている」と指摘し、もう一度送りましたが検察は
「不起訴処分をすでに下しているため返戻します」とだけコメントし
また送り返してきます。

私は告訴状の返戻は違法行為である旨を指摘し
瑕疵を訂正するよう求め、もう一度送りましたが
全く同じコメントで検察は告訴状を返戻してきます。

この告訴状のラリーが1年間続いているのですが
市民は検察庁の不作為に対してどのような対応ができますか?
また検察庁の不作為はどんな違法行為に該当すると思いますか?

Aベストアンサー

小沢一郎で有名になった検察審査会に申し立てをしてはどうでしょうか。
不起訴処分に終わった時、不服があれば申し立て起訴すべきと判断されれば起訴になります。
ただ… 強制起訴になったのはわずかだったと思います。
起訴相当と判断されて検察に戻り、不起訴処分になれば強制起訴か判断する、じゃなかったかな~
私も詳しいわけではないのでぜひ調べてみてください。

Q警察署で写真、指紋を撮られました。何に使われるのでしょうか?

数週間前、行きつけのお店でアルコールが入った状態で、粗相(物損)をしてしまい、警察を呼ばれてしまいました。
その後、警察署に連れて行かれ、なにやら、調書っぽい物にサインさせられ、その後、指紋(PCがついた大きな機械で全部の指)、写真(顔の正面、斜め)を撮られました。
今回のことは、相手方が被害届けは出さないので事件にはならない、よって逮捕はしない。と警察官に言われましたが、それでも写真、指紋は撮るとのこと。嫌だと言ったらそのせい(写真、指紋を断ることで)で逮捕はしないけど、あなたが納得してくれるまで延々と説得します。といわれました。
大分、眠かったのと、アルコールのせいで、そのときは、帰してくれないのなら、しょうがないと思い、写真、指紋を撮らせましたが、この後、何に使われるかが心配です。
この、写真と指紋は、どのような種類のもので、これからどういう使われ方をするのでしょうか?いつまで、警察のデータエースにあるのかも心配です。出来れば、必要ないものなら、弁護士にお願いしてでも削除をしてもらいたいのですが、、、大阪でもあまり評判のよろしくない警察署だったし、警察官も結構怖かったのでつい、家に帰りたくて写真を撮らせてしまったのですが、かなり後悔しています。
写真、指紋の性質(法律上のような扱い)、後から削除できるのか?
知識のある方、よろしくお願いします。
(警察署での取り調べはすべて録音しております。)

数週間前、行きつけのお店でアルコールが入った状態で、粗相(物損)をしてしまい、警察を呼ばれてしまいました。
その後、警察署に連れて行かれ、なにやら、調書っぽい物にサインさせられ、その後、指紋(PCがついた大きな機械で全部の指)、写真(顔の正面、斜め)を撮られました。
今回のことは、相手方が被害届けは出さないので事件にはならない、よって逮捕はしない。と警察官に言われましたが、それでも写真、指紋は撮るとのこと。嫌だと言ったらそのせい(写真、指紋を断ることで)で逮捕はしないけど...続きを読む

Aベストアンサー

そういうのは微罪処分と言って、警察の権限で「送検しなくても良い」と判断した場合に、警察段階で手続きを終了させるというものです。「犯罪行為が無かった」とか「立証されなかった」というわけではありませんので、前歴には残ります。

あなたが今後犯罪行為を犯さなければ何ら問題ありません。
同じようなことが繰り返されれば、前歴ありの照会をされ、今後は立件されるようになるかもしれません。それだけです。

捜査の協力などの場合(泥棒に入られた家に居住している方の指紋などは犯人とよりわけるために指紋採取の協力を得る必要があります)に採取された指紋は捜査が終了次第抹消されますが、微罪処分は前歴が残るので削除は不可能だと思います。
あなたが後悔するのは、写真を撮らせたことではなく、警察沙汰になるほど他人に迷惑かけたことだと思いますよ。

微罪処分での指紋採取及び写真撮影は確かに任意なので、そういう説明を受けますが、これがなければ微罪処分が出来ないので、刑事処分するしかなくなります。逮捕しない、延々説得するというのは警察官の厚意だと思って深く反省してください。

そういうのは微罪処分と言って、警察の権限で「送検しなくても良い」と判断した場合に、警察段階で手続きを終了させるというものです。「犯罪行為が無かった」とか「立証されなかった」というわけではありませんので、前歴には残ります。

あなたが今後犯罪行為を犯さなければ何ら問題ありません。
同じようなことが繰り返されれば、前歴ありの照会をされ、今後は立件されるようになるかもしれません。それだけです。

捜査の協力などの場合(泥棒に入られた家に居住している方の指紋などは犯人とよりわける...続きを読む

Qう~ん?  不起訴処分??

お世話になってます。

この度、26年前に女性教諭を殺害した男性が
自首したそうです。

しかし、すでに公訴時効(15年)が成立しており、
不起訴処分となる見通し。

とニュースで読みました。
不起訴処分というのは具体的に
どうなるのですか?

自首した男性は色々質問されたり
書類書いたりくらいはするけど
それだけで済むという事なのでしょうか??

調べましたが良くわかりませんでした(^^;)

回答よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

起訴は正式には「公訴提起」といいます。裁判所に起訴状を提出し、被疑者を刑事裁判にかけることです。公訴を提起する(起訴する)権限は検察官のみが有しております。
裁判所に被疑者を出廷させ、弁護士の参加も求め法廷を開き、裁判官の面前で審理を行うことを正式裁判と言いますが、このほかに書類のみを裁判官に送り、裁判所は書類だけを見て審理を行う略式起訴という方法もあります。これは罰金刑で済むような軽微な犯罪(例えば交通違反)で行われ、被疑者本人の合意が必要とされます。

不起訴とは、正式、略式を問わず、文字通り公訴を提起しないことです。日本の法律では検察官のみが公訴提起権を持っていますので、検察官が不起訴を決心すれば、それで事件は(刑事事件としては)終了します。裁判にもかかりませんので、いわゆる「無罪放免」となります。

刑事時効が成立していれば、検察官は起訴することができません。起訴しなくていいのではなく、不起訴に「しなければならない」のです。
時効成立を確認するための調査や取り調べは行われるかも知れませんが、それで終わりです。

尚、刑事の時効が成立していても、民事の時効はまだ残っているケースがあります(今回のはよく存じませんが)。その場合は、刑事事件としては不起訴で完了しても、民事訴訟はまだ提起できる余地がありますので、被害者側が民事訴訟(損害賠償請求など)を行う場合もあります。が、民事はあくまで民事ですので、仮に民事訴訟で裁判所が被告に責任(犯罪)があったことを認め賠償請求を命じても、そのことをもって新たに刑事責任が再検討されたりするわけではありません。

起訴は正式には「公訴提起」といいます。裁判所に起訴状を提出し、被疑者を刑事裁判にかけることです。公訴を提起する(起訴する)権限は検察官のみが有しております。
裁判所に被疑者を出廷させ、弁護士の参加も求め法廷を開き、裁判官の面前で審理を行うことを正式裁判と言いますが、このほかに書類のみを裁判官に送り、裁判所は書類だけを見て審理を行う略式起訴という方法もあります。これは罰金刑で済むような軽微な犯罪(例えば交通違反)で行われ、被疑者本人の合意が必要とされます。

不起訴とは、正...続きを読む

Q万引きで微罪処分・・・警察関係への就職は無理?

初めまして、宜しくお願いいたします。

数年前、成人していましたが、万引きで微罪処分となり前歴がつきました。

警察の方は、「貴方の将来に不利益になるようなことは何もないから前向きにガンバって!就職も何も心配は要らないよ。」と仰ってくださいました。罪を犯した私の悩みを聞いてくださり、温かい励ましまで下さって、どんなに苦しくてもヤケになって罪に手を出すようなことはすまいと思いました。

・・・そして、色々な経緯がありまして、警察への就職を希望するようになりました。経緯に関してはあまり話すと個人が特定されそうなので控えさせてください。

調べたところによると、微罪データは警察内部にとどまり、警察を除く公務員、私企業などへの就職には‘ほぼ’影響がないという話が一般的なようです。

しかし、警察への就職は「ダメかも知れない」「難しいかも」などといった一般の方からのコメントがあるだけで、ハッキリしたことが分かりません。大丈夫なようなことを書いてあるサイトもありました。

私を励ましてくださった警察官は「公務員だろうと何だろうと一切問題はないから!」と私や両親に断言していました。内部の実情を知っている警察官の言葉の方を信じたいという気持ちもあるのですが、どうなのでしょう?不安で一杯です。自業自得、とはまさに事のことだと思っていますが、どうかアドバイスを頂けるないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

初めまして、宜しくお願いいたします。

数年前、成人していましたが、万引きで微罪処分となり前歴がつきました。

警察の方は、「貴方の将来に不利益になるようなことは何もないから前向きにガンバって!就職も何も心配は要らないよ。」と仰ってくださいました。罪を犯した私の悩みを聞いてくださり、温かい励ましまで下さって、どんなに苦しくてもヤケになって罪に手を出すようなことはすまいと思いました。

・・・そして、色々な経緯がありまして、警察への就職を希望するようになりました。経緯に関し...続きを読む

Aベストアンサー

警察への就職は不可能だと思った方がいいです

Q不起訴処分

人身事故を起こしてしまいました。
違反のあった事故でもなく、また相手は通院しない程度の事故です。

不起訴処分になることはありえるのでしょうか。

Aベストアンサー

 法務省の「犯罪白書平成18年版」によれば、平成8年~17年に交通事故関係の業務上過失傷害事件で検察庁に送致された者(894684人)のうち、起訴された者は8365人、略式起訴された者は83666人、未成年で家裁送致が35201人、残りの767452人は不起訴処分でした。

※下記、参考URLに「犯罪白書平成18年版」を貼っておきます。「第2表 罪名別検察庁終局処理人員」を見て下さい。

 要するに、交通事故における人身事故のうち統計的には、約85%は不起訴処分です。質問文からでは、事故の形態や被害者のけがの程度がわかりませんが、悪質な交通違反もなく、かつ、被害者のけがが打撲程度であれば、十分、不起訴処分の可能性はあると思います。

 そのためには、被害者の治療費等を支払っていること(=支払いが確実であることでも可)が要件になるはずです。

参考URL:http://www.moj.go.jp/HOUSO/2006/table.html#09

Q微罪処分は警察官の点数稼ぎ・・?(長文です)

道ばたのビニール傘を盗ってしまい、警察に捕まり微罪処分手続きとなりました。

それでふと思ったのですが、これは警官の「月末だし、子悪党でもこらしめて点数稼ぎだ!」の餌食にされたのか?なんて考えてしまったのですが、そんな思惑で捕まえたりするのでしょうか?

・出来事として
外が大雨になっており、カサがなかったので知らない人の自転車に
かかっていた傘を「もらっちゃえ」と取ってさしたところ、警察官に
呼び止められ、パトカーに乗せられ警察署に連れて行かれました。

・窃盗は悪いことだと大変、反省はしているのですが、
500円位の窃盗事件に警官が4人がかりで取調べから現場まで戻ったりしていて「この国家権力たちは暇なのかな?」などと思ってしまい・・
法に則った取り締まりというよりスピード違反感覚で気軽にとっ捕まえてる気がするのですがどうなのでしょうか?

罪を犯したとは分かっているのですが、何故あそこにパトカーが?と
考え出したらハメられたような気がしてしまい。。私に怒ってる横で、自転車2人乗りをスルーしてましたし、やるなら徹底的にやれよ、
と・・すみません。逆恨みの感情も入ってしまいました。

ふと思っただけの質問ですので
気が向いたときにでもご回答して頂けると嬉しいです。

道ばたのビニール傘を盗ってしまい、警察に捕まり微罪処分手続きとなりました。

それでふと思ったのですが、これは警官の「月末だし、子悪党でもこらしめて点数稼ぎだ!」の餌食にされたのか?なんて考えてしまったのですが、そんな思惑で捕まえたりするのでしょうか?

・出来事として
外が大雨になっており、カサがなかったので知らない人の自転車に
かかっていた傘を「もらっちゃえ」と取ってさしたところ、警察官に
呼び止められ、パトカーに乗せられ警察署に連れて行かれました。

・窃盗は悪いこ...続きを読む

Aベストアンサー

>微罪処分は警察官の点数稼ぎ・・?

その通りですが、

今回のケースは悪質な窃盗と思われたにすぎないと思われます。
別にはめてないと思いますよ。
いつもそういうことをしているから、偶然おまわりさんがいる
前でもやってしまった。そういうことだと思います。

Q暴行事件の不起訴処分について

23959の質問への回答者mt0916さんの文章を読んで、似たような内容ですが、新しく質問させてください。

夫の浮気相手から暴行を受け、告訴しようと思い、刑事課に相談に行ったところ、現場で夫が私を押さえつけたために、夫も共犯者で、暴行事件として(診断書がないため)2人を訴えることになると言われました。

私はどうしてもその女性は許せなく、夫は私に罪を償ってくれたので、夫は不起訴処分としたいのです。

しかしこれは、あくまでも検察官の判断によるものなのでしょうか?また、不起訴処分となっても、暴行事件の被疑者として、夫に犯罪歴の記録が残ってしまうんでしょうか?

Aベストアンサー

診断書のない暴行の場合、被害届けが受理されたとしても書類送検どまりです。全治二週間以上の怪我を負わされた傷害事件と違い、警察も検察も解決に前向きではないのが実業です。
しかし、警察も最近不祥事が重なっており、捜査をしなかったことで大きな事件につながったりしていますから、話をそういう方向にもっていくことで被害届けを受け取ってもらえることもあります。また、交番や所轄署で話にならないときは警視庁または道府県本部に相談室がありますからそちらに相談してみるのもいいかもしれません。24時間対応が基本なのでいつでも話を聞いてくれるはずです。
ただ、すべて受理されたとしても検察での厳重注意で刑事罰は終了します。もし、民事での対応を考えておられるのなら、被害届けを出す際の事情聴取で相手の名前と大まかな住所を教えてもらえますので(警察官によって対応は違うのかもしれませんが)メモして弁護士に相談されることをお勧めします。
実際に暴行での被害届けを出したときはこのような流れでした。このときは一度取り下げていたのですが、再度提出に対して何も言われませんでしたよ。

Q任意同行で行った警察署で指紋採取をされました。

前に車内での作業に使い、そのまま車のコンソールボックスに入れてあったカッターナイフを、
職務質問の際に警察に発見されました。
そして「持っているだけで軽犯罪法違反になる」などと言われ、任意同行を求められました。

署では調書と権利放棄書を書かされ、それで終わりになるのかと思ったのですが、
その後に顔写真と指紋を採取されました。

カッター1本でここまでの扱いを受けるのは不当だと思うのですが。。。

そこでいくつか質問です。

1:今回のケースは、軽犯罪法第1条第2項に相当してしまったと思われるのですが、これはカッターナイフ1本を「道具として」「車の中に」持っているだけでも相当するものなのでしょうか?

2:この任意同行で顔写真と指紋を採取されたのは、軽犯罪法第4条の違反になると思うのですが?
またこの条のことを事前・あるいは事後に疑われた側から主張することは出来るのでしょうか?

3:警察に顔写真と指紋を採取されるのは、
犯人として逮捕されたときという認識があったのですが、
今回のようなケースでも、採取される事というのはあるのでしょうか?
また採取された標本はどのように使われるのでしょうか?
返却を求めても返してもらえないものなのでしょうか?

4:ふたたびこのようなケースで持ち物に難癖を付けられ、任意同行を求められた場合には
どのように対処すればよろしいのでしょうか?

仮にボールペン1本でも、警察の都合で凶器として決め付けられ、
このような扱いをまた受けるのかと思うと怖くなります。

以上です。
乱文に長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

どうかよろしくお願いいたします。

前に車内での作業に使い、そのまま車のコンソールボックスに入れてあったカッターナイフを、
職務質問の際に警察に発見されました。
そして「持っているだけで軽犯罪法違反になる」などと言われ、任意同行を求められました。

署では調書と権利放棄書を書かされ、それで終わりになるのかと思ったのですが、
その後に顔写真と指紋を採取されました。

カッター1本でここまでの扱いを受けるのは不当だと思うのですが。。。

そこでいくつか質問です。

1:今回のケースは、軽犯罪法第1条第2項に相当してし...続きを読む

Aベストアンサー

参考にも一応載せましたが、軽犯罪法か、刃が伸ばして6cm以上あれば、銃刀法で引っかかる可能性もあります。

車のコンソールということなので、すぐに取り出せる場所であるのと、目的が仕事で必要なものではないとのことなので、職務質問で発見されて問題があると判断されてしまったので逃げ道はあまりないと思います。パッケージにしっかり包まれ、購入したてで持ち帰る場合でも、大型のカッターや危険と認定されるものでは軽犯罪法で認定されることもあるそうです。

今後、移動する車の中には超小型のハサミや刃が1cm程度のカッターもどきなど以外は置いておかない方がいいと思います。また、保管する場合にも、トランクの中とか、パンクの修理キットと一緒にとか、すぐに取り出せない場所がいいと思います。

同じことを2度繰り返すと、次はもっとひどい状態になりそうですので、慎重にした方が安全です。ボールペンでも特殊な鋭利なペーパーナイフを兼ねたものは軽犯罪法に引っかかりますので、普通のプラスティック製のものをお勧めします。

職務質問をされないような場所に停車させたり、目立たない普通の状態だと余分な心配をしないでも済むと思います。友人で、ベンツで歳末の検問で調べられ、ダッシュボードからおもちゃのピストルを発見され、始末書を書いてどうにか逮捕されないで済んだ人もいます。徹底的に調べられ、家族と親戚に警察まで来てもらって、その後は車検証と地図以外は置いていないそうです。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Poplar/1240/toolknife/law.html

参考にも一応載せましたが、軽犯罪法か、刃が伸ばして6cm以上あれば、銃刀法で引っかかる可能性もあります。

車のコンソールということなので、すぐに取り出せる場所であるのと、目的が仕事で必要なものではないとのことなので、職務質問で発見されて問題があると判断されてしまったので逃げ道はあまりないと思います。パッケージにしっかり包まれ、購入したてで持ち帰る場合でも、大型のカッターや危険と認定されるものでは軽犯罪法で認定されることもあるそうです。

今後、移動する車の中には超小型の...続きを読む

Q不起訴処分の場合の補償について

以前に、「痴漢の罪に問われるかも知れない」という件で質問させて頂いた者です。

その後ですが、10日間の勾留中に弁護士を雇って無実を訴え続け、その末に釈放されました。
担当の当番弁護士曰く、「まだ決定ではないが、不起訴処分になることはほぼ間違いないだろう。」だそうです。

これで罪に問われる可能性は格段に低くなりましたが、このグレーな結果に父親は満足できず、「徹底的に争って、相手から弁護士費用などを補償させる!」とカンカンです。
確かに、勾留中の10日間、被疑者である弟は仕事をしていなかったので、その分の給料が損失になり、その他、面会や弁護士との相談のために父親も1,2日会社を休んでいます。何より、弁護士費用が相当な額なので、父の怒りはもっともな感もあります。

容疑が晴れたと言うには不完全な状況ですが、この事件が不起訴処分になった場合、弁護士費用などは相手から請求することは可能でしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

不起訴処分というのは、あくまで刑事手続上の概念です。
弁護士費用を相手から請求するというのは民事手続上の問題です。
つまり、両者は分けて考えることになります。

では、民事訴訟を起こして相手に対し弁護士費用を請求できるかです。
これについては、相手が痴漢をされていないのを知りつつ、意図的にあるいは、重大な落ち度で、弟さんを被疑者と決めつけ、警察へ届け出した場合であれば、可能かと思います。
ただ、客観的な証拠に乏しい類型の事案ですので、立証が困難かと思いますので、お気をつけください。

ちなみに、不起訴処分には、いわゆる「無実」であった場合ではなく、聞いたことがあるかもしれませんが、「起訴猶予」も含まれます。
読んで字の如し、嫌疑はあるけど今回は大目に見て起訴しない、というものです。
不起訴の理由は、民事訴訟にも影響を及ぼしうるので、不起訴処分がいつ出るか、出たとしてその理由を検察に問い合わせた方がよろしいかと存じます。

Q微罪処分は就職への影響は?

22歳で万引きし、初犯なので微罪処分になりました。大学生です。
本当に反省しており、もう二度としません。

警察に送られ、指紋をとり、誓約書を書いたあと、被害届はだされないということで、実家に連絡を入れた後、帰されました。

この場合、就職などで民間企業がそれを調べることができますか?

本当に反省しています。誰かわかる方回答お待ちしています。

Aベストアンサー

大丈夫みたいですよ。
http://profile.allabout.co.jp/ask/qa_detail.php/26395
しかし、2回目となれば前科は確実でしょう。もうしないことですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング