ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

ある程度、エアが噛んでいたら、ブレーキが明らかに
奥まで踏み込めるのでエア噛みを判断できるのですが、
ブレーキフルード交換後に何となく、今までよりも、
ほんの少しだけブレーキが奥まで踏み込める気が
するけど、気のせいな(今までと変わらない)気もするというとき、
どうやってエアを少し噛んでいるのか、全くエアを
噛んでいないのかを判断すれば良いのでしょうか?

一応、ブレーキを踏んだときの床との距離の基準値が
整備書に載っていますが、車体誤差があるからか、
基準値の範囲が広いですし、ブレーキを踏む強さも
測定できないので、正確に判断できません。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

完全除去は、キャリパーの分解整備がいると考えて良いでしょうし


作業の丁寧さ=エア抜きにブレーキオイルを2リットルも使うとかすると
かなり良いところで抜けます。

もちろん判断基準は踏み込み面の高さです。
誤差があるのではなく、許容度が大きめであり、
一回目踏み込みで「しっかり停まる所があるかどうか」というところが重要です。
エアを噛んでいると、停まる感覚がやはり柔らかいです。
ホース劣化ということも無いとは言いませんが…
エア噛みに比べると誤差。
でもそれは車両誤差ではありません。
ペダル軸やペダル自体の経年劣化。

ちなみに2回目、3回目とすこし踏み面が下がるのは正常です。
=ブースターの作用による変化です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
踏み込み面の高さの判断基準に結構幅があるのは、許容度が大きいからなんですね。

お礼日時:2011/09/18 20:13

エアを噛むと


1踏目、遊びが大きく、ちょっと奥からブレーキが効きます、
2踏目、1踏目を一旦リリースしてすぐ踏むとずいぶん手前でブレーキが効きます。

もっとエアを噛むと
2踏目も中間くらいから効くくらいで、3踏、4踏、しないと手前から効かなくなります。

1踏目と2踏目の差で判断してください。
1踏目がどれだけ手前で効くか、がポイントです。
3踏しないと手前で効かない状態はかなり危険な状態です。

使用環境にもよりますが1年に1回くらいはブレーキフルードの交換をオススメします。

ブレーキフルードというのは吸湿性に優れたオイルなのです。
水分をいっぱい吸うことにより、オイルの沸点が下がります。
沸騰しやすくなり、沸騰して泡立つと気泡が混じる、エアを噛んだ状態になります。
1年を通し、梅雨、台風、冬、等、多湿な時期、結露の起こりやすい時期を過ごすと、かなり沸点が下がってエア噛みしやすくなりますし、実際にしたりしてるかと思います。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になります。

お礼日時:2011/09/18 20:20

私も経験が有りますが、ブレーキ液を交換すると、以前より若干



ペダルの踏みが深くなった事が有ります。

多分、液が新しくなり動きが滑らかになったんだと思ってます。

液交換前と比較して、ブレーキの効きが悪くないなら気にしなくて良いと思います。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
厳密には、フルードの動きの滑らかさも関係しそうですね。

お礼日時:2011/09/18 20:19

空気はブレーキフルードに比べて圧倒的に膨張率が高いので本当にエアーが噛んでいたら、温度が変化すると、てきめんに踏み応えが変化します。

カップからキャリパーへ向けてフルードを流してゆくので、エアーが残っているとすると最後のキャリパーの可能性が高いのでほとんどの場合、ブレーキを使用してキャリパーの温度が上がるとブレーキタッチがスカスカになる場合がほとんどです。
常にべダルの踏み応えに変化が無い、気のせいかな程度なら気にする必要は無いと思われます。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
エアが噛んでいるのがキャリパーのところなら、この判断基準は理論的なので確実ですね。

お礼日時:2011/09/18 20:18

★気になるのなら再度作業をされるのが一番の解決法と思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに、おっしゃる通りです。

お礼日時:2011/09/18 20:16

ホース内は見えないのでブレーキオイル交換が最短ですが、


車種が不明ですが軽だったとして、急ブレーキで車輪がロックできれば概ねOKです。

リアがドラムだとブレーキペダルの深さも変わってきます。
現状でサイドをぎゅっと引いて何ノッチぐらいでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
急ブレーキで車輪がロックするかという方法でも確かめられるのですね。

お礼日時:2011/09/18 20:15

完全除去は現実問題として無理なので、ある程度で妥協。


正確な判断なんか考えてるより、全量交換のつもりでやればいいだけ。

尚、ブレーキフルードって吸湿性がありますから作業時にエアを完全除去できたとしても、作業後暫らくすれば水分を含んで、その水分がエア噛みの原因になります。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
仮にエアを完全除去しても結局は、しばらくしてフルードの温度を上げたら、
エアは噛んでしまうんですね。

お礼日時:2011/09/18 20:14

ないと思います。


エアーが混入すると言っても微細な気泡を完璧に取り除くことは困難です、ほとんど不可能ではないかと思うこともあります。つまりどの程度で妥協するかという話になりますが、一般車両の場合「フル制動時に完璧に停止できればいい」そんなレベルではないでしょうか、フィーリングの領域までこだわってしまうと車種に限らず同じモデルでさえかなり差が出ます、それはエアー噛みだけの問題でなくシール、配管、ホース等の影響も出てくるからなので仕方ありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
完璧なエア抜きは物理的に不可能なんですね。
フィーリングの違いの要因は、エア以外にもあるんですね。

お礼日時:2011/09/18 20:10

それは私も悩みます。


解答はプロの方にお任せするとして私の回答ですが、ブレーキペダルを踏んで、あるところでピタッと硬い感触で止まればエアが入っていないと判断します。
フニャッとした感触で止まればエアが入っていると考えます。
後は、一度踏んですぐにもう一度踏んだときの踏み代が違えばエアが入っているだろうみたいに想像しますが、ブレーキパッドやブレーキシューが減っているときもそうなりますから、これは違うのではと思っています。
一度、愛車のエルフでブレーキペダルを踏んだままにしてみました。最初の20秒ぐらいは何ともなかったのですが、30秒ぐらいしてから少しずつペダルが下がって行き、ついに床に着いてしまいました。
ヒエーッと思ってディーラーに点検に出したのですが、異常無しという結果が出たので、仕方なくそのまま使っていました。
その後、廃車までそのことで不具合は有りませんでした。
私が買ったいすゞのディーラーは、どんなに簡単な修理でも、その場では直せず「ともかく車を置いていってください」と言うので、多少の不具合は我慢する癖がついてしまいました。

関係ない話ですが、車を買うときはディーラーを選ばないとならないですね。
トヨタでも同様でした。何回修理に出してもお金が取られるだけで全然直っていなくて、仕方なしに自分で分解整備をして直したこともあります。
ホンダでも、フルタイム四輪駆動の車の左前輪のドライブシャフトからギシギシギシという音が出るようになって点検整備に出しました。
すると「全く異常は有りませんでした。お客様の気のせいだと思われます」という回答が返って来ました。
そこでもう一度、今度は整備士を同乗させて試運転をして「ほら、ギシギシギシという音がするでしょう」と言ったのですが、「いや、私には全く聞こえません。やはり気のせいではないでしょうか」と言われました。

そこで仕方なくジャッキアップして自分で点検したところドライブシャフトのブーツが破れているのが見えました。
そして街中の整備工場に修理を依頼したら、「破れた部分から水が入り、等速ジョイントのグリスが全部抜けていて錆だらけでした」ということで、
ドライブシャフトとブーツを新品に交換して直りました。
今はプロ不在の時代です。自称プロばかりですから車を持つなら自分である程度点検できる技術を身に付けないと怖いですね。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になります。

確かに、しっかり料金は取るのに自称プロが多いですよね。
場合によっては、自分の方が正しいこともあるぐらいですから。

お礼日時:2011/09/18 20:07

感です

    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/09/18 20:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QABSユニット内部のエア抜きについて

BNR34です。
今日、エアを抜きを失敗して困っています。
下記について教えて下さい。
(1)ABSユニットの内部構造
(2)ABSユニット内部のエア抜き方法

いつものようにブレーキ・フルードを交換したのですが、
フルードの補充を忘れ、一時的にリザーバータンクを空にしたことが原因かとおもいますが、
次のような症状が出るようになってしまいました。
【症状】
(1)ブレーキが効くペダルの踏みしろが奥の方になった。最初の方、ふわふわ感がある。
(2)エンジンOFFの時にペダルを踏むと十分固いですが、
   エンジンONの時にペダルを踏むと、上記(1)となります。
【補足事項】
・フルード交換時、ワンウエイ・バルブを使用
・これまで交換における成功&失敗の経験はありますが、
 当該事象が出たのは、今回が初めて
【考察】
・ABSユニット内にエアを噛んでいて、エアがどうしても抜けないようです。
・ディーラの整備マニュアルには、通常のブレーキ・キャリパからのエア抜き手順しか載っていません。

通常の手順でABSユニットのエアが抜けきるかどうかすごく疑問です。

BNR34です。
今日、エアを抜きを失敗して困っています。
下記について教えて下さい。
(1)ABSユニットの内部構造
(2)ABSユニット内部のエア抜き方法

いつものようにブレーキ・フルードを交換したのですが、
フルードの補充を忘れ、一時的にリザーバータンクを空にしたことが原因かとおもいますが、
次のような症状が出るようになってしまいました。
【症状】
(1)ブレーキが効くペダルの踏みしろが奥の方になった。最初の方、ふわふわ感がある。
(2)エンジンOFFの時にペダルを踏むと十分固...続きを読む

Aベストアンサー

質問文から判断すると、ABSユニットにエアーは噛んでいないのでは?
(エアーが噛んだ状態でABSを作動させていればアウトだろうけど)

> ブレーキが効くペダルの踏みしろが奥の方になった。最初の方、ふわふわ感がある。

典型的な症状ですが、この時にABSは動作していないはずです。
通常時はABSユニット内は通過状態ですので、ソレノイド以降の回路内にはエアーは進入していないはずです。


推測ですが、質問者さんはリザーバーを空にした際にマスター側や上部で十分にエアー抜きをしていなかったのだと思います。
そのままキャリパー側でのエアー抜きを続行し、ABSユニットまでの長い配管内にエアーが引っかかり抜けにくくなっている状態だと思います。

通常、ABS車はブレーキ配管が一度ユニットに集中して接続されており、そこから各車輪まで配管が伸びています。
当然、配管は上下左右に曲げられており、配管経路は単純に上から下ではありませんし、配管自体もかなり長くなりますので、途中でエアーが引っかかる可能性が非常に大きくエアーを抜くのがとても困難になります。

エアーがなかなか抜けない時は、マスターシリンダーや配管等を軽くコツコツ叩いて振動を与えると抜け易くなります。
注意する点は、下から上へと叩いていかないと効果的にエアーは抜けませんが、キャリパー側へ押し出した方が早い場合もありますので、ブレーキ配管の曲がり方や配管経路を見て判断してください。

これくらいの作業になると1人では困難なので、ペダル踏み係りを1人確保してください。
また、マスターシリンダーからキャリパーまので距離がありますので、結構な量のフルードが必要ですので多目に用意しておいてください。



それでも抜けない場合はABSユニット内となりますが、No1さんの仰るようにABSの強制動作が必要になるため、作業の確実性や信頼性を考えるてもディーラーに任せるのが無難だと思います。

質問文から判断すると、ABSユニットにエアーは噛んでいないのでは?
(エアーが噛んだ状態でABSを作動させていればアウトだろうけど)

> ブレーキが効くペダルの踏みしろが奥の方になった。最初の方、ふわふわ感がある。

典型的な症状ですが、この時にABSは動作していないはずです。
通常時はABSユニット内は通過状態ですので、ソレノイド以降の回路内にはエアーは進入していないはずです。


推測ですが、質問者さんはリザーバーを空にした際にマスター側や上部で十分にエアー抜きをしていなかったの...続きを読む

Qブレーキのエア抜き

ABS付の国産大衆車のエア抜きについてです。

ブレーキのエア抜き時に、リザーブタンクを空にしてしまい、
ブリーダープラグからエアのみ出てくるという事態を
起こしてしまいました。もちろん、その後、再度エア抜きを行いました。

作業後にテスト走行すると、ブレーキがかなり深くまで踏み込めます。
これが直るかと思い、ABSを4回ほど効かせました(1回につき1秒ほど
しか作動していないですが)。

以上から判断し、ABSユニット内にエアをかんでいる可能性は、
ありますでしょうか?
もし、ABSユニット内にエアをかんでいた場合でも、再度、
念入りにエア抜きをすれば、以下の方法(リザーブタンクの
キャップの部分から、加圧)で、ユニット内のエアも抜けますか?

エア抜きは、リザーブタンクのキャップの部分から、
加圧するという方法で行っています。

Aベストアンサー

単にリザーブタンクが空になっただけなら、
ABSユニット内にエアをかむ事はありません。
通電していなければ、ばるぶが閉じています。

空になった後に、確実にエアー抜きをしていれば問題無いのですが、
エアーをかんでいるかも知れない状態でABSを作動させたとなると、
ABS内にエアーが入ってしまったかも・・・・・?
ABSにエアーが入ってしまったら、
専用機器でABSを強制的に作動させてエアーを抜かなければいけません。

ABSにエアーが入った状態で走行したことが無いので
どういう状態になるかはわかりません。
ディーラーで相談される事を進めます。

Qブレーキオイルの交換でブレーキがきかなくなりました

 こんにちは。先日、イエローハットでブレーキオイルの交換をしたのですが、その後、ブレーキがききがあまくなり困っています。踏み込めるだけ踏まないとブレーキがきかなく、怖い思いをしました。イエローハットに行って、入れ直してもらいますが、命に関わることなので、入れ直してもらうだけおしまいというのは納得いかないのですが、どこかに報告する機関とあるのでしょうか?
 まだイエローハットに行っていないので、どのような態度を取られるかわかりませんが、入れ直しを渋ったりされたら、どこかの機関に報告したいのです。
(個人的には、店名を伏せ字にしなかっただけでも、報告した気分にはなっているのですが)
 ちなみに、すぐに入れ換えに行かなかったのは、始めてブレーキオイルを交換したので、オイル交換すると、こんなにブレーキがやわらかくなるのか・・・と思ってしまったもので。

Aベストアンサー

ブレーキペダルを踏んだときにふわふわした感じがあるのであれば、明らかにブレーキ油圧回路内にエアーをかんだ状態でしょう。油圧動作では配管内部などにエアーが入り込むと油圧がかかってもエアーが圧縮される(液体は圧力がかかっても縮まないが気体は縮む)ため、力が十分に伝わらなくなってしまいます。

この状態は非常に危険な状態なので、クレーム処理を依頼されるときもご自身で運転されショップに行くようなことはせず、ショップの責任で引き取りをさせるべきです。人命にかかわることであり許されるミスではありません。ブレーキフルード(ブレーキオイルでなく正しくブレーキフルードど呼びます)にしろ何にしろ、交換や取り付けなどをした際には、必ず動作の確認を行うことは、メカニックとしては最低限のルールです。これが守られていないのですから、毅然とした態度でおおじるべきです。

ショップの対応に問題があると思われた場合は、ディーラーなどで点検を受け、その結果がブレーキフルードの交換にあるとわかった場合、ショップの落ち度に対する賠償を求める由を連絡するくらいの強い態度で望むべきです。

ブレーキペダルを踏んだときにふわふわした感じがあるのであれば、明らかにブレーキ油圧回路内にエアーをかんだ状態でしょう。油圧動作では配管内部などにエアーが入り込むと油圧がかかってもエアーが圧縮される(液体は圧力がかかっても縮まないが気体は縮む)ため、力が十分に伝わらなくなってしまいます。

この状態は非常に危険な状態なので、クレーム処理を依頼されるときもご自身で運転されショップに行くようなことはせず、ショップの責任で引き取りをさせるべきです。人命にかかわることであり許される...続きを読む

Qブレーキのエア抜きのコツ

自動車整備DIY歴約2年のGF-L700Sと申します。

先日、フロントキャリパーのオーバーホールを行った後、
ブレーキフルードの全量交換をしたところ、
ブレーキタッチが前よりふにゃx2になってしまいました。

フルード交換のときにリザーバの液を切らした記憶はなく、
またオーバーホールにてしくじった様子もありません。

そこで、エア抜きが上手くいっていないと思い、
また、もしやマスターにエアが入ってしまったか?とも思い
結構しつこく通常のエア抜き手順(ワンウェイバルブ使用のワンマン)
を繰り返しましたが、全然タッチが戻ってきません。

ブリーダーのねじ山からエアを吸っているような気がしないこともないし…
どこにエアがかんでいるのか見当のつかない状態です。
なにか上手くもとのペダルタッチを回復する方法はないでしょうか?
また、通常エア抜きにはどの程度時間をかけるものなのでしょう?
自分はすでに5時間ほど頑張ってみています。
御回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして、L700Sさんの型式のディーラーの元整備士です。まず、4輪ともエア抜きはしましたか?(マスターより遠い車輪から行う)キャリパーOH時ピストンシールに必要以上にグリスは塗りませんでしたか?エア抜きは、ブリーダプラグからエアがあるていど出なくなるまでフルードを抜く、その後ブリーダプラグを閉め込んだ状態でダブリ、ペダルの踏みしろが上がった状態で踏み続け、ブリーダプラグをゆるめフルードを抜くを繰り返します。
それでも、状態が改善されない場合やはりキャリパーの左右組み違えが考えられます。

Qブレーキのエア抜きについて

先日、自分でブレーキホースを交換しました。
エア抜き方法は、
「ブレーキレバーを数回握り、握ったままの状態で
キャリパーのバルブを緩める」
をくり返しました。
しかし、エアーが出てこなくなるまで上記の作業を
繰り返したにもかかわらずブレーキがふわふわして
全く効きません。

以前にも自分で交換し、この方法で上手くいったので
なにが悪いのか分かりません。
どこかにエアーが残っているのでしょうか?
お分かりになる方、またお気づきの点がありましたら
ご教授して頂けますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

それは、おそらくマスターシリンダでのエアが抜けていないのだと思います。この場合、レバーを握っても全く抵抗感がありません。
マスターシリンダーでエア抜きができていないと、末端のキャリパーでのエアブリーダーでいくらエア抜きをしようとしても、ブレーキフルードの圧力が伝わっていないため、なかなかできません。まずキャリパーでのエア抜きをやめ、ただ単純に何度もカチカチを繰りかえして下さい。その時、カップから気泡がいくつかでるので確認しながらやるといいです。ブレーキフルードカップのふたを取り、フルードを見ながらレバーを動かせば、速くレバーを動かした方がエアが出てくるのか、浅く握り混んだ方がエアが出やすいのかを、見ながらできます。
いろいろとハンドルの角度を変えてみたりしてある程度の圧力を感じるまでやってみて下さい。
多分10分くらいで、マスターシリンダのエア抜きはおわると思います。
キャリパー側での作業はそれからです。
フルードの交換をするときなど、フルードをラインから、全部空にしてしまうと、このようなマスターシリンダでのエア抜きが必要になってしまいます。

それは、おそらくマスターシリンダでのエアが抜けていないのだと思います。この場合、レバーを握っても全く抵抗感がありません。
マスターシリンダーでエア抜きができていないと、末端のキャリパーでのエアブリーダーでいくらエア抜きをしようとしても、ブレーキフルードの圧力が伝わっていないため、なかなかできません。まずキャリパーでのエア抜きをやめ、ただ単純に何度もカチカチを繰りかえして下さい。その時、カップから気泡がいくつかでるので確認しながらやるといいです。ブレーキフルードカップのふた...続きを読む

Q車のブレーキ踏むと空気が抜けるような感じ

10年以上経過した軽自動車に乗ってるんですが、
最近ふっと気が付いたのですが、
車のブレーキを踏むと空気が抜けるような感じがします。
数回踏みつけるとガチッとタイトな感じに戻ります。
またしばらくするとまたスカスカした感じにもどります。
ブレーキは利いているのですが不安です。
ブレーキオイルとか劣化が原因でしょうか?

Aベストアンサー

 ブレーキオイルが不足しているのではないでしょうか?
 一度、ボンネットを開けてブレーキオイルのリザーバタンクを見て下さい。減っていたら、ブレーキオイルをつぎ足して下さい。減っていなければディーラーか修理工場で診てもらった方がいいです。
 つぎ足す前に。ブレーキオイルにはDOT3、DOT4の違いがあります。マニュアルで確認のこと。なお自分でする自信がなければ、ガソリンスタンドやディーラーに任せた方が良いです。

Qブレーキが奥まで踏み込まれます

昨夜運転中、いつもどおりブレーキを踏んだのですがいつもなら硬いはずのブレーキペダルが、クラッチペダルのように“グウー”と奥まで踏み込まれてしまいます。その後家までの間は、元に戻ったりの繰り返しでどちらにしても修理をしなければと思っています。文面だけでは難しいと思いますが、やはり“故障”なのでしょうか?その際修理にはどのくらい費用が掛かるのでしょうか?

Aベストアンサー

可能性として、ブレーキを酷使した為、ベーパーロックを起こしてエアが混入した。マスターバックが不良になって作動にムラが出た、など・・。が考えられますね。

どちらにしてもブレーキ系ですので、早急に修理して貰う事をお勧めします。

費用ですが、修理内容によりけりなので一概には言えませんが、3千円~2万円くらいですね。

Qエア抜きしてもブレーキがちゃんと効きません…

題の通りなんですが、どなたか助けてください。
最近、ブレーキホースの交換をして(ネットで買った3000円くらいのステンメッシュ)フルードも新しくして、
エア抜きもイヤになるほどやったんですが
なぜか、ブレーキレバーがグリップに当たってしまう
ほどにぎれてしますし、走行後かならずエアを噛んでいます。バイク屋にもっていったのですが
工賃だけキチンと取られなんの変化もない状態で
返されました。
ブリードスクリューの部分が閉めすぎでダメになって
るかも、と言われたのでとりあえずパッキンで
応急処置もしてみましたが別にもれてるわけでも
ないみたいなのでココが原因でない気もします。
色んなとこからエア抜きしまくっても、レバーがグリップに当たるまで握れてしまいます。
このままでは、怖くて走れません…!

ちなみにブレーキパッドを見ると偏磨耗して
いました。これも、もしかしたら原因に
なり得るのかと思い調べましたがわかりません。

どなたかご教授下さい。
どうぞ助けてください。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ブレーキホースが膨らんでいるか見る方法は、ホームセンターなどで安く売っているタイラップ(コードなどを束ねる結束バンドです)を5cmぐらいの間隔でしっかりと巻いていってください。それで直ればホースのふくらみで間違いないでしょう。それでも直らないようならキャリパーとマスターシリンダーのオーバーホールあたりからやってみるのが無難かなぁと思います。

Q自動車のブレーキエア抜き方法について質問です。

自動車のブレーキエア抜き方法について質問です。
エア抜きの順序がわかりません。
またエア抜きはブレーキフルード交換を一通り四輪全て終えてからするのか、それとも一輪ずつフルードど一緒にエア抜きもするのでしょうか?作業のコツも含めて教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

簡単ですがプリウスなどは除きます。
用意するもの
(1)ブリーダープラグを外せるサイズのメガネ(ほとんどの国産車が8か10mm) (2)ホース20cmぐらい(プラグにフィットする太さ) (3)オイルを受ける缶

交換の仕方
(1)左後ろのブリーダーにメガネをかけてホース~缶をつける。 (2)プラグを1/4緩める。 (3)マスターの液量が下限界(MIN)のラインにくるまで放置(かなり時間かかります)。 (4)綺麗なオイルが出てくるまで繰り返す。 (5)プラグ締める。 (6)右後ろ、左前、右前の順番で繰り返して終了。

もう少し急ぐ場合はプラグを緩めた後ペダルをガシガシ踏む(マスターのオイル満タンで開始厳守、やったことない方は10回ぐらい踏んだらマスターの液量を確認する)。
さらに急ぐ場合は人間をもう一人用意。ペダルをガシガシ踏みながらオイルを切らさないようにもう一人がオイルを供給。綺麗なのが出てくるまでやってください。
ABS装備車は絶対にマスターシリンダーのオイルがなくなるようなことにならないよう細心の注意を払ってください。

>エア抜きもするのでしょうか?
エアーもオイルも一緒にぬきますが、エアーなんてほとんど入っていませんよ。そんなにガンガンにエアーがかんでいたらペダル踏んだ際にフニャフニャです。
エンジン切ってマスターバッグのエアーが抜けるまでペダルガシガシ踏みます。数回踏めば踏み込んだ際にペダルが一定の硬さになります。
作業完了後にその硬さと同じならOKです。

ぜんぜん意味がわからないようであればやらないでください。

簡単ですがプリウスなどは除きます。
用意するもの
(1)ブリーダープラグを外せるサイズのメガネ(ほとんどの国産車が8か10mm) (2)ホース20cmぐらい(プラグにフィットする太さ) (3)オイルを受ける缶

交換の仕方
(1)左後ろのブリーダーにメガネをかけてホース~缶をつける。 (2)プラグを1/4緩める。 (3)マスターの液量が下限界(MIN)のラインにくるまで放置(かなり時間かかります)。 (4)綺麗なオイルが出てくるまで繰り返す。 (5)プラグ締める。 (6)右後ろ、左前、右前の順番で繰り返して終了...続きを読む

Qブレーキマスターシリンダーの寿命は何年くらいですか。

ブレーキマスターシリンダーの寿命は何年くらいですか。
平成13年のアコードに乗ってますが、デーラー外の会社に車検を依頼したら、車が7年を過ぎブレーキマスターシリンダーを交換する時期が来ていると言われました。
これ以外の整備箇所を含む今回の整備費の総額が5万を超しました。
ホンダ車はブレーキマスターシリンダーが弱く早く交換した法がいいと言われましたが、平成10年製のアコードに最近まで乗いて、こんなこと言われたことが無かったので何かボッタクリに嵌った感じです。
この車整備会社の言うことは信用していいでしょうか。
ご意見お聞かせ下さい。

Aベストアンサー

ブレーキキャリパー
フットブレーキの圧力を発生させる部分(マスターシリンダー)のピストンは親指の先ほどのゴムのカップでシールされている。ディスクブレーキにしてもリング状のゴムシールで圧力を保持しているにすぎない。

油圧を伝達するホースもゴム製で、距離を走れば磨耗し年数が経てば確実に劣化する。このため、定期的に分解・整備する必要があり、5万キロノーメンテだっただけでもかなり危ない状況。カップが劣化すると溶け出してブレーキフルードが黒ずむようになるので、もしもそんな状態だったら早急にオーバーホールする必要がある。
http://kuruma.cside.com/maintenance/mente.html

何か徴候が有るなら、変えたほうが良いと思いますが、OH(シールを変えるだけ)でもよさそうな気がします。 金額については、
新品のマスターシリンダーであれば15000円強x2?+工賃(2-3時間分)だけでも、40000円行きそうな気がします。 OHであれば、キットで10000円+工賃くらいでできると思います。 ボッタクリかどうかは、修理費の明細がないのでわかりません。 あと、交換を必要とする理由をホンダで7年たった以外にあるか聞いておくべきです。  

ブレーキキャリパー
フットブレーキの圧力を発生させる部分(マスターシリンダー)のピストンは親指の先ほどのゴムのカップでシールされている。ディスクブレーキにしてもリング状のゴムシールで圧力を保持しているにすぎない。

油圧を伝達するホースもゴム製で、距離を走れば磨耗し年数が経てば確実に劣化する。このため、定期的に分解・整備する必要があり、5万キロノーメンテだっただけでもかなり危ない状況。カップが劣化すると溶け出してブレーキフルードが黒ずむようになるので、もしもそんな状態だったら...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング