『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

カセットテープが再生できなくなりました(テープが回転しない)。自分で修理する方法をお教えください。また、このようなテープを修理してくれるショップ(大阪)があればお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

大阪ではないのですが神戸にありますよ。

メディアサービスです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/media-s/index.htm
    • good
    • 0

それは、多分湿気で、テープ同士が張り付いてしまったのでしょう。


よく修理しますが、とても手間が掛かります。

まず、暖かい部屋で、カセットを分解して、テープ部分を
取り出します。
寒い状態では、テープフィルムが、ビビッと裂けてしまう危険があるのです。

取り出したら、湯煎にかけます。テープを人肌より少し暖かい状態にして、ほぐし易くします。
お湯を直接かけたり、直火にあてないで下さい。
お湯にいれるんじゃなくて、
蒸気であたたまった容器の中で、じんわり暖めるのです。

そうしたら、慎重にすこしづつ、張り付いたテープを剥がして行くのです。熱が冷めると、すぐ裂けて、磁性体が剥げ、おじゃんになります。慎重に、暖めながら、すこしづつ。ほぐし終わった部分は、エタノール(消毒用無水アルコール、薬局で500ml、800円くらい。)を含ませたメガネ拭きの紙で、表面の湿気、かびを取り除きます。

60分テープで、6時間くらいかかりますね。
それが終わったら、新しいカセットシェルに巻き直して、完成。

途中で裂けてしまったら、その部分の磁性体は剥がれているので、あきらめて、切り捨て、テープ補修用の「スプライシングテープ」(薄いアルミの粘着テープ)を裏側から貼り付けて補修します。磁性体部分には張らないで下さいね。

道具は、一般に入手できるものばかりですが、手間隙と、手先の器用さ、慎重さが要求されます。

不可能ではありませんから、がんばって補修してください。
    • good
    • 0

もし切れてしまっていたら・・・


私は何度かやっていますがかなりの荒技です。
一度分解して切れている部分を探します。
このときテープがどの部分を通っているのか覚えておいてください。でテープがくしゃくしゃになっている部分があれば切ります。(また絡まる可能性大なので)くっつける部分をお互い斜めに切り、少し重ね合わせてから瞬間接着剤でくっつけます。くれぐれも斜めにならないように注意して下さい。あくまでも緊急用ですので早送りはしないで下さい。すぐに別のテープにダビングした方がいいです。
切断した部分で一瞬ノイズが入りますが取り敢えずは聴けるようになります。
ただしデッキを痛める可能性もありますので、あくまでも緊急用ということで自己責任でお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2003/11/15 23:00

始めに、右にも左にも固まってしまって「全く回りませんか?」という事をお聞きしたいです。

もし、少しでも回るのならという事で
私の経験から回答します。(◎_◎)

恐らく「カセット自身が熱などにより反ってしまった」か「テープの巻きにムラが生じてしまって、テープとプラスチック面に摩擦が生じ、回らなくなっててしまった」ことが考えられます。
それらの前提での対処方として、
(1)カセットテープを横から見て「反りの方向と反対」に両手で軽く曲げてみる。この時、テープの両面から「ギュギュ」と上から押してみる。
(2)次に、六角のボールペンを穴に入れて「クルクル」と回して見る。少しでも回るようであれば「気長」に「クルクル」と最後まで巻いて下さい。回すことで摩擦が少なくなります。こうすれば「全体が回っていくようになる」可能性が生まれてきます。
(3)それでも硬い場合はデッキに入れても「走行」は出来ません。
※恐らくこの方法でダメなら「カセットテープを分解しても同じ」だと思います。簡単な構造のため「分解しても原因が分からない」ことが多く、労力が報われません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2003/11/11 23:03

こんにちは



ビスで留まってるタイプのケースなら分解して巻きがスムースに行かない原因を調べます。

心配なら、壊してもかまわないカセットを1本試しに開けてみて中の構造を頭に入れてからです。
ケース内のパーツが原因なら、ケースを入れ替えてしまうのも手です。
構造は簡単ですよ。

昔、よく分解しました(笑
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2003/11/11 22:52

早送り等もできないのであれば、正しく作動するか保障はできませんがボールペンをテープに挿して人力でテープを巻きなおすという荒業をしたことがあります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2003/11/11 22:13

デッキとかではなくテープが回転しないということでよろしいでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のレス、有難うございます。デッキ自体は正常です。少し古いテープが回転しません。

お礼日時:2003/11/11 21:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカセットテープが切れた時の修復方法

大事なカセットテープが切れてしまいました。
テープをつなぎ合わせたりすることはできますでしょうか?

良い方法があれば教えていただけると有り難いです!
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これがお役に立てばよいのですが

参考URL:http://www6.shizuokanet.ne.jp/wbf/ongen/sp/sp7/sp7_0.htm

Qカセットテープが回転しない

ラジカセでカセットテープを使って、
深夜ラジオなどを録音しているのですが、
カセットテープがA面では再生できなくなってしまいました。
再生ができないということで録音もできないので困っています。

見てみたら、カセットテープを下向きに入れて(ヘッドの部分が下)にいれて、右側が回転していません。
早送りや巻戻しはできます。
なので、録音は←の向きにしかできません。

今まで、何台も同じ現象になっています。
何が原因なのでしょうか?
また、直すことはできるのでしょうか?
その場合の直し方をご存知の方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ご質問の内容からすると、走行系の故障と考えられます。
 質問者の方は、オートリバース機をご使用と思われますが、私の経験からすると、オートリバース機は故障が多く、あまりおすすめできません。
 これは、カセットに限らずオープンリールでも同じことです。
 私は約20年前に、テープデッキでは定評あるブランドのオートリバースデッキを使用していましたが、リバース時にヘッドの切替がうまく行えず、いわゆる「逆さ歌」状態になり、何度修理しても直らず、今では押入れの中で眠っています。
 今までに何度も同じ現象になられたそうですが、今度ラジカセを買い替えになられるのであれば、ぜひともオートリバースなしの製品になさることをおすすめします。
 もし、長時間録音が必要なら、ラジカセにライン出力端子があれば、ビデオデッキの外部入力端子と接続し、ビデオテープで録音する方法もあります。
 私も、テレビ番組の録画はDVDレコーダーにその役割を譲り、ビデオデッキはもっぱらラジオ番組の録音用に使用しています。

QカセットテープからCDにダビング

昔に録音したカセットを劣化しないCDにダビング
する方法ってありますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

流れとしては カセットテープ→PC→CD-R
といった流れになります。

簡単なのは「USBオーディオ製品」を購入し、
パソコンにカセットテープの音を取り込み、
CD-Rに焼くといった方法です。

下記のURLや検索をしてみてください。


カセットテープやレコードの音をデジタル化して保存しよう
http://azby.fmworld.net/usage/vfami2/028/1_3/index3.html

質問:カセットテープの音声をデジタルデータに変換(コピー)する方法
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1945948

カセットテープとレコードの音をPCに録音するって?
http://www.hyperdyne.co.jp/~kawasaki/contents/HDD_Rec/part1.shtml

アナログサウンドを良い音でPCに取り込もう
http://www.tdk.co.jp/tjchf01/chf36100.htm

Qカセットテープの伸びを直方法を教えて下さい。

カセットテープの伸びを直方法を教えて下さい。
カセットテープに録音したものをMP3プレイヤー(ダイレクト録音できるもの)に移そうと思い、再生してみたところ音が伸びてしまっているらしく濁って聞こえます。
大分古いテープなので仕方ないのですが、テープ自体は切れてはいません。
何とか自分でこの音の伸びを直す方法はないでしょうか?
また、検索してみたところ「一晩冷蔵庫に入れておくと直る」とあったのですが本当でしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして♪

テープが伸びた事が原因なら、治す事はほぼ不可能でしょう。

ただ、「音が濁る」と言う事ですので、違う原因も考えられそうです。

おおまかに、、
1)録音時と再生時のアジマスエラー。
2)経年劣化で磁力が弱くなってしまっている。
3)保管時に外部からの磁気により記録が劣化している。
4)テープの再生イコライザーやノイズリダクションが合っていない。
他に上記の複合的要因もありますね。

テープのスピードとヘッドの角度(アジマス)に関しては、基本的に完全な一致が不可能なので、昔から録音した機体で再生するのがベターと言われています。
再生するデッキの構造によっては、我々素人でも音を聞きながら、そのテープに適したアジマスへ微調整が出来る場合もあります。(個人的には過去のテープをデジタル化するために、過去に経験が有ったテアックのCシリーズをオークションで数台入手しましたよ。)

テープの速度偏差はプロ用機器のように速度が可変出来る機種以外では、素人には手が出せません。 しかし、パソコン用のマスタリングソフトの中には速度やピッチを個別に調整出来る場合が有ります。

録音した磁力は程度の差は大きいのですが、時系列で必ず弱くなって行きます。 経験上、やはり当時高価で高級なランクのテープの方が今でも聞きやすい音を保っているようです。
特に高音域が減衰しやすく、もごもごと濁った感じになりがちです。かと言って単純に高音域を増強しますとカセット特有のヒスノイズ(さー、しーと言う感じのノイズ)も強調されてしまいます。

この点も、パソコンソフトでノイズを減らした上で高音域をチョイ持ち上げると言う方法もあります(私が試したソフトでは、納得出来る様な効果は得られませんでした、安いソフトに任せてはそんな物なのかも、、、)

外部からの磁気による影響も、磁力低下と同じ様な症状が出ますが、部分的に強い影響を受けた場合は周期的に音量変化と高音域の増減が繰り返されるなんて事になります。
パソコンソフトで対応も不可能ではありませんが、数分の曲に数週間の手作業なんて言う気が遠くなる作業が必要になる可能性もあります。(1曲だけがんばりました、さすがに2局目以降はあきらめて、、、 ユーチューブで代替えを、爆笑)

再生イコライザーはノーマルとハイの2種です。 ノイズリダクションは私が知る範囲ではドルビー、B,C,HX, ANRS(ドルビーBと互換性あり)、dbx-II、ADRES、Super-D, 他にも各社の物が有ったようですよ。
どの方式も磁力低下等で周波数特性が変化すると異常動作しますので、手がつけられません。

ドルビーB程度でしたら、ノイズリダクションをパスしてパソコンに取り込んで、その後パソコンの再生ソフトで高音域を少し強め、(何度も試してみます)カセットにノイズリダクション無しで録音し、そのテープをノイズリダクションありで再生します。とても手間と時間がかかりますが、そこそこ妥協出来るサウンドが得られる可能性があります。

私の体験上、dbx-IIの場合、録音レベルや補正等に非常に敏感な為、かなり試しましたが妥協点に至らずあきらめてしまいました。

多分、ノイズ低減効果が高い他の方法の物もかなり難しいのではないのかと想像します。(未体験ですから、わかりませけれど、、、)

ネットで代替えが入手出来ない貴重な録音でしたら、創意工夫して手間をかけて復活させて上げましょう。

中高生の頃に学祭などの録音は、私もがんばってそれなりに復活させましたよ(苦笑)

がんばってくださ~い♪

はじめまして♪

テープが伸びた事が原因なら、治す事はほぼ不可能でしょう。

ただ、「音が濁る」と言う事ですので、違う原因も考えられそうです。

おおまかに、、
1)録音時と再生時のアジマスエラー。
2)経年劣化で磁力が弱くなってしまっている。
3)保管時に外部からの磁気により記録が劣化している。
4)テープの再生イコライザーやノイズリダクションが合っていない。
他に上記の複合的要因もありますね。

テープのスピードとヘッドの角度(アジマス)に関しては、基本的に完全な一致が不可能なので...続きを読む

Qカセットテープを修理するには

先日、カセットテープを再生したら勝手に停止してしまって開けてみるとテープが出ていました。
巻き取って再生したのですがやはりとまってしまい開けるとテープが出ています。
テープを見ると一部がしわしわになっていました。
このような場合直すことはできないのでしょうか?
回答お願いします。

Aベストアンサー

確か、補修用のテープがあったような気がしますが。

普通に売っているものですと、「メンディングテープ」がおすすめです。

1.テープを引き出して、しわしわの部分を切り取る。
2.しわしわの部分を切り取ったテープを、重ね合わせて斜めに切り取る。
3.メンディングテープを、貼り付け面を上にして置く。
4.そのメンディングテープの上に、切ったテープをのせる(このとき、メンディングテープは、ヘッドの当たらない側にします)

これで、かなり持ちます。
でも、なるべく早くダビングした方が良いですね。

Q古いカセットテープの再生

最近、SD:MD:CD:テープのコンポを購入しましたが、これでテープを再生していたら音質が悪くなり、調べてもらったらテープを送るゴムがスリップしていたという回答でした。

そうなると古い音楽カセットテープは使用すると故障の原因ということになります。古いカセットテープでも故障の原因にならずに聞くためにはどうされますか。

古いカセットテープとクリーニングテープを交互に利用する方法ぐらいしか思いつかないのですが・・・

Aベストアンサー

古いテープの問題は転写とバインダー劣化により磁性体がテープ基材からはがれやすくなることです。

No.3さんが言われているようにクリーナー&リワインダーでテープをクリーニングするのが一番です。
テープ表面の落ちやすくなった磁性体を取り除き、巻きの固くなったものをほぐすからです。

クリーナー&リワインダーが無い場合はカセットのヘッドが当たる部分のサイズに薄いフェルトを切ってセロテープでしっかり貼り付けて早送りや巻き戻しをしてあげるといくらかは回復します。

しかし、この方法は二つのリスクがあります。
一つ目、テープが古過ぎるとテープの磁性体が部分的にごっそり欠落してしまい、そこに記録されていた音楽データーが無くなってしまうこと。
二つ目はフェルトを貼り付けたカセットテープをデッキにセットした時に間違って再生(プレイ)をするとヘッドが上がってしまい故障の原因になることです。
これには充分気をつけて下さい。

新しい機器なのにピンチローラー(ゴム部)がスリップしていたということは二つの原因が考えられます。

一つ目の原因、テープの巻きが強くなっていてピンチローラーに過度のテンションが加わってピンチローラーが磨り減ってしまいスリップした。
この場合はクリーニングで回復する場合もありますが、最悪はピンチローラー交換になります。

二つ目の原因、古いためにテープのバインダーが劣化してヘッドやピンチローラーにテープの磁性体が付着し汚れた状態になってしまった。
これはテープをクリーニングしないとダメでしょうね。業者を見つけられなければ上記の方法を試してみてください。

テープ最後の方でノイズがでて、再度聞いた時に普通に聞けたというのはテープの磁性体がヘッドのギャップ(ヘッドは電磁石のコイル状になっていてコイルの隙間をテープに当てて情報を読み取っており、その隙間のことをギャップといいます)に詰まった状態になったのでしょう。

ヘッドのギャップに磁性体が入ると回路がショートを起こし情報が読み取れなくなります。

一度悪くなった場合でも、クリーニングや早送りなどでギャップに詰まった磁性体が取れてしまうと回復します。

残念ながら、どのような場合にどういうふうになるかはテープの状態がまちまちなので一概にどうなるとは言えないのです。

古いテープの問題は転写とバインダー劣化により磁性体がテープ基材からはがれやすくなることです。

No.3さんが言われているようにクリーナー&リワインダーでテープをクリーニングするのが一番です。
テープ表面の落ちやすくなった磁性体を取り除き、巻きの固くなったものをほぐすからです。

クリーナー&リワインダーが無い場合はカセットのヘッドが当たる部分のサイズに薄いフェルトを切ってセロテープでしっかり貼り付けて早送りや巻き戻しをしてあげるといくらかは回復します。

しかし、この方法は...続きを読む

Qカセット再生時速度が遅い

カセットを入れて再生すると速度がすごい遅くておかしいのですどうすれば直りますか?
現在フタをあけてフライベルトを交換しましただけど速度は変わりません
「モーターの後ろについている穴にマイナスドライバーを入れてまわせば直る」
とネットに書いてあったので1.2ミリの-ドライバーと1.8ミリの-ドライバーを入れてみましたがねじ?のようなものが見つからなくてまわせませんでした
抵抗の調節するやつもほとんど回しましたが変わりませんどうすればいいですか?
使っているカセットデッキは
http://audio-heritage.jp/TRIO-KENWOOD/player/kx-990sr.html
です
説明が下手ですいませんよろしくおねがいします

Aベストアンサー

はじめまして♪

速度が遅く感じるテープは他の機器では正常に聞こえると言う前提としますと、モーターサーボ系か、電源系も疑いたく成ります。

過去には互換性が低かったけれど、2倍速やハーフスピードのデッキやレコーダーも存在しましたので、そういう類のテープでは無理ですね。

過去の私の例では、TEACのカセットデッキで下が再生だけは普通なのに、早送りや巻き戻しが何となく不安定で、録音スタンバイで動けなく成る症状が出た固体もありました。

もしやと思い、電源コンデンサー交換で、あれまぁ、正常に動くでは有りませんかぁ。
だめだろなぁ~って思っていたので、思わず笑えた事も有ります。

サーボ系の場合でも、御質問者がお考え通りで、まれに速度微調整用の半固定抵抗等の操作で目的達成出来る場合も有りますが、回路自体が逝ってると、もはや素人の手には負えなく成ります。

基盤を見て、有る程度回路が理解出来るくらいの上級者には対処される方も居るかもしれません。

まぁ、大抵の場合はパーツ寿命という観点から、コンデンサーが一番怪しいので、ダメ元で最後まであがきたい場合は順にコンデンサーの交換を試しましょう。
私の場合は電源コンデンサーまでで諦めちゃいます。

はじめまして♪

速度が遅く感じるテープは他の機器では正常に聞こえると言う前提としますと、モーターサーボ系か、電源系も疑いたく成ります。

過去には互換性が低かったけれど、2倍速やハーフスピードのデッキやレコーダーも存在しましたので、そういう類のテープでは無理ですね。

過去の私の例では、TEACのカセットデッキで下が再生だけは普通なのに、早送りや巻き戻しが何となく不安定で、録音スタンバイで動けなく成る症状が出た固体もありました。

もしやと思い、電源コンデンサー交換で、あれまぁ、正常...続きを読む


人気Q&Aランキング