高速フーリエ変換が使用されている医療機器って何がありますか?

A 回答 (3件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「ME機器」

さらに、
http://www.jaame.or.jp/kanren/sin_iryo/991208a3. …
(脳波データ処理装置)

ご参考まで。

参考URL:http://www.hirose.co.jp/company/products/pro011. …
    • good
    • 0

MRI(核磁気共鳴イメージング装置)において、測定した信号データを人間の断層画像に変換する処理で使っています。


MRIは、超伝導磁石の中に人間が入り、人間の断層画像を撮影するもので、腫瘍の検出などに使います。
    • good
    • 0

確か脳波計で、ペン書き式のではなくて、ディスプレイ上に、アルファ波やベータ波など色分けされて分布が表示されるやつありますよね。

あれは確かそうではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフーリエ級数展開 ウェーブレット変換

ウェーブレット変換と多重解像度解析がありますが、フーリエ級数展開との違いについて教えてください。

Aベストアンサー

このあたりは、ウエーブレット変換の書籍を読まれるのが一番かと思います。

簡単に言うと、
フーリエ変換(フーリエ展開は周期関数を対象としていて、以下の「ものごとがおきた時刻」というのがもともとありません。比較するのは、非周期関数を対象としたフーリエ変換かと)では、三角関数(-∞<t<∞の間均一に続く連続関数)に展開するので、変換後には「時刻」というものがなくなります。
これに対して、ウエーブレット変換では、使う波形がパルス状のものなので、変換後にも「時刻」の情報が残っています。
そこで、時刻も含めて調べるときには、時刻の情報が残るウエーブレットの方が使いやすい、というのがあります。

Q【医療費控除】レーシック手術は医療費控除が適用される。 医療費控除って何ですか? 医療費控除を適用さ

【医療費控除】レーシック手術は医療費控除が適用される。

医療費控除って何ですか?

医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?

Aベストアンサー

>医療費控除って何ですか?
医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することです。

>医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?
1.医療費控除は確定申告をしなければいけません。
2.自分や家族のために支払った医療費等の実質負担額が、年間(1~12月)10万円(所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができます。
3. 控除できる金額の上限は200万円です。
4.2017年から新しい医療費控除の「セフルメディケーション税制」がはじまります。市販薬の購入費に限定した医療費控除です。 いままでは医療費の合計が年間「10万円」、または「所得の5%」(所得が2百万円未満の場合)という足切りラインがあり、その額を超えないと使えませんでした。
※たとえば所得が100万円の方であれば、医療費が5万円を超えなければ医療費控除を適用できません。
これに対しセルフメディケーション税制では、足切りラインが年間「1万2千円」と低めに設定されていますので、対象医薬品(パッケージに「セルフメディケーション 税 控除対象」というマーク(共通識別マークがあったり店頭で対象かどうか確かめてOKとなったもの)のレシートを取っておけばいいのです。
ただし、この税制では
(1)インフルエンザなどの予防接種、
(2)定期健康診断、
(3)特定健康診査(メタボ健診)、
(4)人間ドッグやがん検診(市町村・健保組合等が実施)
などのうち、いずれか一つを受けていることが大前提の条件です。つまりレシート+これらどれかの領収書を合わせて提出することで所得税の控除対象となります。

>医療費控除って何ですか?
医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することです。

>医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?
1.医療費控除は確定申告をしなければいけません。
2.自分や家族のために支払った医療費等の実質負担額が、年間(1~12月)10万円(所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができます。
3. 控除できる金額の上限は200万円です。
4.2017年から新しい医療費...続きを読む

Q高速フーリエ変換でデータ数が2のべき乗でない時

こんにちは。現在、フーリエ変換について勉強しているのですが、ちょっとわからないことがあったので質問させていただきました。

質問内容は高速フーリエ変換についてで、cooley&tukeyのアルゴリズムを利用すると、データが2の冪乗個のときは計算量をО(NlogN)に減らせる事ができるというものでした。

しかしデータが2の冪乗個でないとき。例えばN=5000くらいのときはデータを切り取って無理やりN=4096(=2^12)みたいな感じにすれば良いんですよね?
やっぱりその時って、N=5000で通常の離散フーリエ変換したときと周波数値に誤差が出ると思うのですが、それはどうやったら計算できるのでしょうか。。。

どなたかご教授していただければ幸いです。

Aベストアンサー

離散フーリエ変換は、信号が周期的であることを前提としています。
離散フーリエ変換でのデータ数Nは、離散時間信号の周期に当たります。変換の結果は線スペクトルとなります。
N=5000がその信号の1周期なのでしょうか。
もしそうならば、4096にすれば、誤差が大きくなるでしょう。
N=5000で変換すべきです。この場合にも高速アルゴリズムが
存在します。#1の方のとおりです。
FORTRANの時代には、パッケージがありました。
NはN=2^m*3^n*5^k*7^Lだったと思います。

もうひとつの考え方は、有限持続時間信号のフーリエ変換としての
適用です。これは、連続スペクトルとなります。データ数Nは
スペクトルの分解能に関係します。サンプリング周波数をNで割った
ものが周波数分解能となります。
実際のデータよりも2倍程度のNを使うことが多いと思います。
データ数が5000ならば、Nは8192とし足りないデータには、
0を詰めます。これならば、2のべき乗のNを選べます。
この場合、逆変換は周期的な拡張が行われることに注意が必要です。

離散フーリエ変換は、信号が周期的であることを前提としています。
離散フーリエ変換でのデータ数Nは、離散時間信号の周期に当たります。変換の結果は線スペクトルとなります。
N=5000がその信号の1周期なのでしょうか。
もしそうならば、4096にすれば、誤差が大きくなるでしょう。
N=5000で変換すべきです。この場合にも高速アルゴリズムが
存在します。#1の方のとおりです。
FORTRANの時代には、パッケージがありました。
NはN=2^m*3^n*5^k*7^Lだったと思...続きを読む

Q医療機器について

こんにちは!

タイトル通り、医療機器について質問です。

病院には、レントゲンやCT、MRI、超音波、内視鏡と
いった様々な医療機器がありますが、これら医療機器の法定耐用年数って5~6年ですよね?

でも、病院によっては耐用年数よりも長く機器を使用していると聞くのですが、長期間使用している医療機器は検査を受ける患者さんに全く害はないのでしょうか?

精密機器ですから日頃から何らかのメンテナンスを受けていると思うのですが、使用年数に応じて劣化していく精密機器に対して従来と同様のメンテナンスで精度を保つことは可能なのでしょうか?

それとも、従来のメンテナンス以外で長期間使用している機器に対する特別なメンテナンスがあるのでしょうか?

どなたかご存知の方がおられれば、ご教授の程宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

通常、定期的なメンテナンス(メーカによる保守)を行ないますが、オーバーホールという形で、特別なメンテナンスを行なう場合があります。
但し、耐用年数との兼ね合いは、その機器と患者さんの使用部位・方法によって、分かれるようです。
当然、直接的に患者に適用されるような機器は、院内において優先的に予算化される傾向があるように思います。

Qラプラス変換とフーリエ変換について教えて下さい。

ラプラス変換とフーリエ変換の違いは後者が虚数だけなのに対して、前者はそれを拡張して複素数に使えるようにしたものであるということ分かるのですが、その使い分け方がさっぱり分かりません。

・一般的に微分方程式を解くときにはラプラス変換を用いますが、これをフーリエ変換でしないのはなぜなのでしょうか?

・逆格子ベクトルを作るときや、スペクトラムアナライザーではフーリエ変換を使いますが、これをラプラス変換でしてはいけないのでしょうか?

・計算機用にフーリエ変換にはFFTというものがありますが、ラプラス変換を離散的にしたZ変換の計算機用に速くしたものがないのはなぜなのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

お世話さまです。
>一般的に微分方程式を解くときにはラプラス変換を用いますが、これをフーリエ変換でしないのはなぜなのでしょうか?
無限に続く関数はフーリエ変換できないため。sin関数が例です。
積分した値が無限無限大以下となるような関数しか扱えません。

ラプラス変換でもスペクトラムアナライザー変換できます。
フーリエ変換の中にラプラス変換があるイメージで考えるとわかりやすいです。まず使用はないです。積分・微分演算子の分野として確立してます。

Q医療機器

医療系の問屋で大手メーカはどこですか?
また、参考HPがあるとうれしいです。

Aベストアンサー

「メーカ」というのは製造業者の事なのですが、卸問屋の事でいいんですよね?

全国展開している会社は多くはありません。

ムトウ(北海道から沖縄までカバーする最大手)
http://www.wism-mutoh.co.jp/

メディセオメディカル(メディセオグループ)
http://www.e-truth.co.jp/

アルフレッサ ピップトウキョウ(アルフレッサグループ)
http://www.alfresa.com/html/kigyou2.htm

田中三誠堂(関東の大手)
http://www.ktsmed.co.jp/

八神製作所(西日本中心の大手)
http://www.yagami.co.jp/


最近は大手医薬品卸の傘下になる企業が多いのですが、地域や大学・病院密着の中小零細業者が非常に多いのが特徴なのは今でも変わりませんね。

参考URL:http://www.jahid.gr.jp/Kaiin_Site/kigyoukaiin.html

Qフーリエ級数とフーリエ変換

大学の試験で問題が発表されて、そのうちの一つに
「フーリエ変換とはどういうものか述べよ」というのがありました。
そこで疑問に思ったのですが、フーリエ級数とフーリエ変換の違いって何ですか?
自分なりに調べてみて、

・フーリエ級数は、任意の関数がある区間で、三角関数の足し合わせで表現したもの。
・フーリエ変換は、フーリエ級数展開の周期を無限大まで飛ばしたもの。こうすることで、元の関数との誤差が0になる。

これって正しいですか?(数学の試験ではないので、難しい数式とかで証明する必要はありません)

Aベストアンサー

似たような用語で「フーリエ展開」も有ります。
フーリエ変換とかフーリエ展開は、歪んだ波からフーリエ級数を求める事を言います。つまり、フーリエ変換やフーリエ展開は操作(動詞or動名詞)、フーリエ級数はその結果を言うわけです。

一方、工学の世界では、複雑な波を、周波数別に分離する手段としてフーリエを使います。どちらかと言うと位相は気にせずに周波数とその強さだけを気にします。
このときも、フーリエ変換とかフーリエ展開といっていると思います。
よく、アンプの特性グラフなどで、縦軸:振幅、横軸:周波数と言うのを見ます。
波の分析で「スペクトラムアナライザ」というのを使いますが、これなど、まさに周波数とその強さだけを、ブラウン管上に表示するものです。

Q医療機器の譲渡

当院で使用中の医療機器を、他院の先生に譲渡したいと思いますが、何か必要な届出等、法に関わる事項がありますでしょうか?
このまま、譲渡していいのか悩んでいます。

Aベストアンサー

モノによって、その対応がことなります。
管轄は保健所なので、最寄の保健所にご相談下さい。

Qシンク関数のフーリエ変換

現在独学でフーリエ変換を勉強しています。
矩形波のフーリエ変換はsinc関数になることは分かりました。
そこで、sinc関数を逆フーリエ変換すると矩形波となると思ったのですが、
sinc関数のフーリエ変換が矩形波であると書いてあるサイトがありました。

なぜ逆フーリエではなく、フーリエが矩形波となるのですか。
また、sinc関数をフーリエ変換する過程が分かりません。
どなたか分かる方がいましたら、途中式をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

フーリエ変換とフーリエ逆変換は双対関係にあるからです。
つまり時間t領域とf(ω=2πf)領域を入れ替えても数式的に
フーリエ変換とフーリエ逆変換の関係が成り立つ関係にあると言うことです。

詳細は以下URLをご覧下さい。
http://laputa.cs.shinshu-u.ac.jp/~yizawa/InfSys1/basic/chap4/index.htm
http://www12.plala.or.jp/ksp/fourieralysis/Fourier/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A8%E5%A4%89%E6%8F%9B

>なぜ逆フーリエではなく、フーリエが矩形波となるのですか。
>また、sinc関数をフーリエ変換する過程が分かりません。
定義式で
(t,f)→(f,-t)と形式的に置き換えてもフーリエ変換対が成り立つということです。
つまり、g(t)のフーリエ変換をG(f)、G(f)の逆変換をg(t)とすれば定義より
G(f)=√(1/2π)∫[-∞,∞]g(t)e^(-i2πft)dt
g(t)=√(1/2π)∫[-∞,∞]G(f)e^(i2πft)df
機械的に、(t,f)=(f,t)で置換し、式を上、下入れ替えると
g(f)=√(1/2π)∫[-∞,∞] G(t)e^(i2πft)dt
G(t)=√(1/2π)∫[-∞,∞] g(f)e^(-i2πft)df
t→-tで置換すると
g(f)=√(1/2π)∫[∞,-∞] G(-t)e^(-i2πft)(-dt)
=√(1/2π)∫[-∞,∞] G(-t)e^(-i2πft)dt
G(-t)=√(1/2π)∫[-∞,∞]g(f)e^(i2πft)df
G(f)が偶関数であれば、G(-t)=G(t)なので
g(f)=√(1/2π)∫[-∞,∞] G(t)e^(-i2πft)dt
G(t)=√(1/2π)∫[-∞,∞]g(f)e^(i2πft)df
(証明終わり)
導出された関係は、G(t)のフーリエ変換がg(f),
g(f)の逆変換がG(t)であることを示しています。
sinc関数
http://ja.wikipedia.org/wiki/Sinc%E9%96%A2%E6%95%B0
は偶関数なので、上の式の関係が成立します。
奇関数でも変換の符号が変わる位でスペクトルの絶対値が変わるわけではありません。
また、フーリエ変換対の定義式は、3通り程ありますが、途中の変換で定数倍の係数がかかりますが、波形やスペクトルの形状が変わるわけではありません。

フーリエ変換とフーリエ逆変換は双対関係にあるからです。
つまり時間t領域とf(ω=2πf)領域を入れ替えても数式的に
フーリエ変換とフーリエ逆変換の関係が成り立つ関係にあると言うことです。

詳細は以下URLをご覧下さい。
http://laputa.cs.shinshu-u.ac.jp/~yizawa/InfSys1/basic/chap4/index.htm
http://www12.plala.or.jp/ksp/fourieralysis/Fourier/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A8%E5%A4%89%E6%8F%9B

>なぜ逆フーリエではなく、フーリエが矩形波となるので...続きを読む

Q医療機器の個人輸入について

理学療法で使う医療機器を品番で探していたら、海外のネットショッピングサイトに、国内で売っている物と同じ製品が4分の一の値段でありました。その品物は医師か専門家でないと購入できない「R]の指定がありました。私自身はその器具を使用できる専門職なのですが、英語が出来ないので個人輸入代行業者に依頼したところ、その代行業者に医療機器を購入する資格が無いので出来ないと断られました。
英語が出来ない私がその製品を手に入れる何かよい方法は無いでしょうか?最悪の場合、アメリカのそのショッピングサイトから直接購入しようかとも思うのですが、私が直接購入するのであれば、個人輸入は可能でしょうか?
また、その場合、税関等の手続きも必要なのでしょうか?
製品は1300ドルほどの値段です。

Aベストアンサー

その業者が日本に販売してくれるなら、そのショッピングサイトから必要事項を入力すれば購入できるはずです。  通販サイトになってる前提ですが。

英語が不得意でも入力事項は通販は世界共通ですし、辞書を片手に個人輸入をやってる人はけっこういますよ。
名前、住所、クレジットカード番号が必要。
決済方法がカード以外だと手間がかかる可能性がありますし、日本で課税される可能性があるのでこれも考慮したほうがいいです。

注意することは、高額な送料や、通常はかからない手数料がかかったりしないか?

なお法的な面は分りかねます。


人気Q&Aランキング