痔になりやすい生活習慣とは?

中学一年生です。 音楽の授業で、ヴィヴァディの季節の「春」を聞いて、その感想を書くということをやっています。 どんなことを書けば評価が上がるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは



基本的には、素直に感じたことを書けばいいです

まだ曲は聞いてないんですよね?

しっかり聞いて、感じて下さい


と書きましたが、これでは回答にならないので、

考えられることをいくつか挙げておきますね。


(1)「春」というタイトルなので、春の情景が描かれます。
 あなたは曲からどんな春の情景を感じましたか?

(2)この曲は、作られた時期がとても古く(バロック音楽)
 使われている楽器も特徴的です。楽器の音色に、どんな印象を持ちましたか?

(3)「春」は、第1楽章、第2楽章、第3楽章の三曲で構成されています。
 もし三曲とも聞いたなら、それぞれの印象の違い、あるいは似ているところ
 などをかいてみましょう

(4)作曲者のヴィバルディーは、どんなことを考えてこの曲を作曲したのでしょう?
 作曲者の気持ちを考えてみましょう

こんなところでしょうか。

がんばって下さいね。
    • good
    • 38
この回答へのお礼

ポイントを詳しく教えてくださったので、
とても分かりやすかったです。
素直に感じた印象を書いていこうと思いました。
ご回答どうもありがとうございました!

お礼日時:2011/09/30 21:13

チャチャ入れるぞ~。


「季節」じゃなくて「四季」だからね。
タイトルで減点されないよーに。

CDの解説文には各曲の要所要所に書かれている詩のようなものが訳されているはず。
それを読むことも大切だね。

評価ネライなかでレポート、特に「感想」なんか、書くなよ!
何回も目をつぶって聴いてイメージを作るべし。
図書館を活用しよう。CD、音楽史、名曲解説事典 etc.etc.
    • good
    • 4
この回答へのお礼

タイトル、気を付けるようにします(汗)

ソネットをよく読んでみようと思います。
ご回答ありがとうございました^^

お礼日時:2011/12/06 18:28

No2さんがすばらしい回答をなさっているので蛇足ですが、


音楽から想像した色、匂い、温度、などを書いてみるのも良いと思います。
聴覚から、五感への変換です。

評価が上がるという表現が直接的すぎてほほえましいですが、
向上心があるのはいいことです。
どういう回答が求められているのかを知りたいと思い、工夫をする情熱には感心しました。

貴方の豊かな感性をあらわす表現の手がかりがたくさん見つかりますように!
    • good
    • 7
この回答へのお礼

五感への変換ですか!
考えもしなかったです、面白い^^
蛇足でもなんでもなかったです、大変参考になりました。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2011/10/01 10:41

 先生からの評価を高いモノにしたいと考えるならばそれだけで既に不合格ですね。

「春」の言葉から触発されたイメージをヴィヴァルディは音楽作品に表現したならばこうなった。では質問者様はその作品から「春」のどの様な印象を受けたかをそのまま言葉として綴ることに意味があります。春といっても未だ肌寒さを感じる時もあれば汗ばむ日々もあります。そうした自分の経験とヴィヴァルディの解釈した春の違いについて書くもよし、逆にドヴォルザークの「新世界」第二楽章のラルゴと比較してドヴォルザークの作品に春の夕暮れを感じたでも良いだろうし。感じ方は人それぞれによります。だから模範解答などはないことになります。大人のずるさを身に付けるよりも素直な感性を大切にして欲しいと思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

感じたことをそのまま書けばいいんですね。
担任の先生(国語科)も似たようなことを言っていました。
ご回答ありがとうございました。
大変参考になりました^^

お礼日時:2011/09/30 21:10

中学生の音楽の授業の感想文で、先生もアカデミックな見解や深い精神論のようなものは期待していないと思います。



なので「授業に対する意欲と関心のアピール」、これが全てです。
まずはその曲に対する素直で熱い思い(感想)をぶつけてください。長い文を心掛けてください。文字数稼ぎは駄目です。あくまで中身の豊富さで。
音楽の感想だけ書いてもどうしても長さが限られてしまうなら、「こういう音楽に興味を持ったから、もっと聴いてみたい」というような今後の展開の話もいいと思います。あるいは、曲・作曲家やクラシック全般についての疑問なんかも書けば、文は長くなるでしょう。
あと、先生が授業で語ったことには少しくらいは触れておいた方がいいです。

中学で音楽の授業を真面目にやる人はそう多くはないでしょうから、これだけで誰よりもマシな感想文にはなると思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
もともと文章は「常にびっしり、事細かに書くタイプだね」と
よく言われるので、今回もその調子でやっていこうかなと思います。
とても参考になりました^^

お礼日時:2011/09/30 21:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q四季の{春」について

ヴィヴァルディ作曲の四季「春」第一楽章に使われる楽器を教えてください。
あとオーケストラに使われている管楽器が使われる管楽四重奏の曲とかがあったら教えてください。オーケストラに使われている管楽器がメインの曲をたくさん探しているのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ビバルディの春は、以下の楽器です。
バイオリン、ビオラ、チェロ、チェンバロ

管楽四重奏と言われても、とにかくたくさんあります。
「木管四重奏」「金管四重奏」などで検索すると、たくさん出てきますよ。

Q音楽の鑑賞文

学校で、有名な曲を聴かされて、それについての鑑賞文を書け、という課題が出ました。

自分では、思ったことを色々と書いたつもりなのですが、評価はあまり芳しいものではありませんでした。


書く内容がずれていたのでしょうか。一般的にはどんなことを書くものなのでしょうか。また、どんな書き方をすればよいのでしょうか。

鑑賞文とは、評価の高い低いを争うものではないと思うのですが、評価の高い鑑賞文とは、どのような書き方をしているのでしょうか。

Aベストアンサー

中学校音楽の教師をしています。
まず、鑑賞には2つの種類があります。
1つは「感受」の鑑賞文。
こちらはいわゆる従来の鑑賞の授業の感想でかまいませんが、評価としての良し悪しは基本的に自分の感情を利用して感想を書いているかどうかです。「この部分でこういう音が鳴ったので私はこういう感情になった・こういう気持ちになった」などがよいと思います。どういうことかというと、“あなた自身が音楽を感じ取って受け止めているかどうか”です。つまり「音楽の感受」です。ここで、「いい曲だった」「迫力があった」などは絶対書かないほうが(これはどんな時も書かないほうがいいです)いいでしょう。だって、いい曲だから先生は君たちに聞かせるんだもん。ちなみにこちらの鑑賞文は第二観点の「音楽的な感受と表現の工夫」に成績がつきます。
2つ目はずばり「鑑賞」です。
こちらはちょっと複雑なのですが、音楽的な歴史や文化を踏まえた感想を書かなければなりません。本当はね(^^;たとえばベートーヴェンの交響曲などではソナタ形式のことや当時の文化や作曲者の生涯についてを絡めて感想を書かなければなりません。ここで「いい曲だった」「迫力があった」などを書いた場合。内容の良し悪しは問わず厳しい先生なら「C」をつけるでしょう。こちらは第四観点の「鑑賞の能力」に成績がつきます。
基本的には上記のように成績配分をしなければいけないことになっているのですが、いろいろな事情で先生自体が評価をよく理解していなかったり、その学期には適した教材を入れることができなかったりと見分けるのが困難なことがあります。ですが、授業中の先生の問いかけや書くための用紙に説明が書かれていることに注意を払うと見分けられることが多いと思います。これをしっかり見分けてそれに適した文章を書かなければ、どんなに自分ではよい文が書けたと思っても評価はよくなりません。
質問の文にもありましたが、鑑賞文の評価の高い低いなんてつけられないんです。そのとおりです。ですから、聞かれていることを答えるような文章がかけているか、または聞かれていることを音楽から聞き取れているかどうかが評価の分かれ目です。
音楽は実技教科ですが、鑑賞や話し合いでは適した部分で適した発言や文章が書けることが能力の1つとして考えられています。つまり何にも考えないで音楽やって、いくら上手く演奏できても認められないんです。「感受・思考」と「表現能力」のバランスが取れていなければ「5」にはならないのです。
ですが、全国中の音楽の教員にこの評価方法が伝わりきっているかというと、はなはだ疑問でもあります。文部科学省はもっとPRをしてもらえないと全国一律に評価がなされていないということになるので私個人としては本当に申し訳なく思っています。

中学校音楽の教師をしています。
まず、鑑賞には2つの種類があります。
1つは「感受」の鑑賞文。
こちらはいわゆる従来の鑑賞の授業の感想でかまいませんが、評価としての良し悪しは基本的に自分の感情を利用して感想を書いているかどうかです。「この部分でこういう音が鳴ったので私はこういう感情になった・こういう気持ちになった」などがよいと思います。どういうことかというと、“あなた自身が音楽を感じ取って受け止めているかどうか”です。つまり「音楽の感受」です。ここで、「いい曲だった」「迫力...続きを読む

Qヴィヴァルディ作曲の「春」の1楽章のソネットに黒雲や稲妻がでてきますが

ヴィヴァルディ作曲の「春」の1楽章のソネットに黒雲や稲妻がでてきますが、なぜ「春」なのに稲妻なのでしょうか?
どなたか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

単にヴィヴァルディの住んでいる地域は、春に雷がよく発生していて‘春’の代名詞になっているんじゃないですか? それ以外考えにくいですが。

気候というのは、世界の地域により様々です。日本人の考える季節感は、日本の気候に基づいたものでしかありません。
例えば日本では梅雨と呼ばれる季節の変わり目に雨が続く時期がありますが、これは寒い大陸と暑い大洋に挟まれる日本特有の気候です。世界の地域にも雨季というものがあったりしますが、日本の梅雨のような形で存在するのはむしろ稀だと思います。
ただ日本でも、夏の夕立以外でも、季節の変わり目は大気が不安定になりがちなので、雷が起こり易いというのはあると思います。

Qヴィヴァルディの四季について・・・

四季は協奏曲集「和声と創意への試み」という全12曲のはじめ4曲ということですが、四季はヴィヴァルディがソネットという14行から成る西洋の詩に忠実に音楽をつけたもの・・ということで、確かに春・夏・秋・冬それぞれ詩にあわせて曲がかかれていますが、四季以外の残りの8曲もソネットにつけて書かれたのでしょうか?
そしてこのソネット作者は不明ということです。四季はばらばらにソネットを集めたのか、それとも一緒に書かれたものなのか・・・
気になっています。ご存知の方おられましたら教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

#1です。ふと見ていたら自分の回答が途中で消えてる状態で投稿されている事を知り、改めて回答を追記させて頂きます・・・といっても大した内容では有りませんm(__)m

#2のおっしゃるように四季の4曲だけだと思います。そしてばらばらに集めたのではないみたいですよ。作者がヴィヴァルディ本人である説が結構流れていますし・・・

どっちにしろこの曲もヴィヴァルディの他の作品集と同様に、自筆譜の類は残されておらず、いつ頃どこで作曲された物かは不明ではっきりしていないので、自信のある回答を得られるのは難しいかと思います(~o~)

Qアルトリコーダーの運指を教えてください

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○ ○○○ ○
ラ … ◎   ●●● ●●○ ○
シ … ◎   ●●● ○●○ ○
ド … ◎   ●●● ○○○ ○

レ … ◎   ●●○ ○○○ ○
ミ … ◎   ●●○ ●●○ ○
フア … ◎   ●○○ ●●○ ○


親指(裏の穴)
◎じるしは、少し開ける

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○...続きを読む

Aベストアンサー

全てバロック式のアルトの指使いで合っています。

それからこれは余計なことですが、「◎じるしは、少し開ける」とご本人が書かれているように '少し開ける’で正しいです。
昔、リコーダーを小学校などで教わった時に「半分あける」と教わった人も多いようですが、実際には1~2ミリくらいのものです。

リコーダーを始めるに当たって、アルトを選択し、しかもバロック式で始められたというのは最良の選択だと思います。がんばってくださいね!

Qちょっと急いでます。ヴィヴァルディの「春」について

ヴィヴァルディの「四季」より“春”第一楽章には
何の楽器が使われていますか?
バイオリン・ビオラ・チェロ・コンバス・チェンバロ
はわかりますが
リュートは入っていましたか?
もし入っていなければ、2か3楽章には使われていますか?
明日の朝6時までに、もし解る方いらっしゃったら教えてください。。

Aベストアンサー

こんばんは。
私の持っている楽譜によると弦楽器の他はbasso ontinuo(通奏低音)と
記載があります。

通常通奏低音はチェンバロが担当しますが、改めて調べたところ
標準音楽事典によるとバロック初期の頃はリュート属を使うことも
あったようです。

実際にはチェンバロとリュートを重ねて使うことは考えにくいですから
どちらか一方を使うと解釈すべきではないかと思います。
但しリュートを通奏低音に使う演奏はこれまで聴いたことがないので
わずかな可能性としてVn1/2 va vc cb にリュートが加わる事もある
という程度ではないかと思います。

Q音楽の授業で鑑賞文の宿題が出ました。 曲は、ベートーヴェンの「運命」です。 どのようなところに着目し

音楽の授業で鑑賞文の宿題が出ました。
曲は、ベートーヴェンの「運命」です。
どのようなところに着目して文章を書けばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

まず曲を聴いてみて思ったこと、感じたことを書くのが鑑賞文だと思います。
30分程度の曲なので何度か聴けると思います。
YouTube等を検索すると色々な演奏家の運命があるので、貴方のその感じ方の違いを鑑賞文にするのもあると思います。
運命という表題が付いていますが、これはどうして付いたのか不明な部分が多いので、そこを切り込むのも面白いですね。
初演が同じだった6番の田園との対比も鑑賞文として面白いと思います。
楽章ごとの明暗の違いから貴方が感じたことを書いてみるのもあると思います。

Qベートーベンの「運命」の鑑賞について

自分は中学生です。学校の課題でベートーベンの「運命」という曲を鑑賞し、その曲を聞いて思った感想をレポート用紙に書いて提出しなければならなくなりました。
自分はあまり音楽についてよく分からなくて、曲を聞いてその感想を書くというときにどのようなことを書けばいいのかが分かりません・・・。
どのようなことを書けばよいのでしょうか?
出来れば「運命」という曲を聞いて書くといい具体的な文章を教えていただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.1さんがモーツァルトときたので、対抗するわけではないのですが、もっと普段接する音楽、今聞いてる曲や携帯の待ち受けにしているような曲と比べてどうか率直に感想を言えばいいと思います。

あまり「こういう文章を書かなければならない」というのではなく、あなたの言葉で書けばいいのです。

まず、あの特徴的な、ジャジャジャジャーンという最初の響きを聞いてあなたはどういうふうに感じましたか? 「運命」というタイトルは、この冒頭の音楽が「運命がたたく」ように聞こえたからつけられたものだと聞いたことがありますが、あなたはどのように聞きましたか?あなたが普段聞く曲と違って、歌詞もなく、ある種の倦怠感もなく、有無を言わせずどんどん突き進んで行く「運命」の純粋さ、強引さをどういうふうに感じましたか? とにかくよく何回も聞いて、自分の感じたことをそのまま紙(或いはパソコン)に落とせばよいのです。何も悩む必要はありません。

Q内申のつけ方

教員経験者に質問があります。

現在、私は公立に通う中学2年生の家庭教師をしております。

その子は大変能力的にも性格的にも優れているタイプの子です。

3学期の成績も軒並みよかったです。本人は私の指示通りがんばってくれました。

3学期期末90点以上、通知表の評価も主要5教科オールA(小項目)。にも関わらず、なぜか5にはならない4の科目が2、3あります。オールAで90点以上、ノートもばっちり、絶対評価、授業態度も静かなのに・・・。

平均点が高かったかも知れません。
点数がすべてじゃないこともわかっています。
1,2学期の総評という意味もあるでしょう。でも、決して1,2学期も遜色ない成績でした。

彼女より低い点数の子が5を取っている事実もあります。

もちろん先生を疑ったり変な考えをしてはいけません。本人の努力が足りなかったせいでしょう。
彼女にはつぎは有無を言わさないよう、100点を取ればいい、と指導しています。

ただ、このまま黙っていると彼女ががんばってもまた同じことがありそうで、なんとかしてやりたい気持ちがあります。

彼女は大人しめで、私のように卑しい考えはもっていません。素直に成績を受け止めています。
でも、なにも言わない子だからこそ損な役を引き受けてしまうのかな、と考えてしまいます。
私は担任と相談するべき、とも考えています。

こういうときのためにフェアな判断機関があればと願うばかりです。

こういう場合具体的なアドバイスをお願いします。成績をつけた先生に成績の理由を聞くべきでしょうか。

同時に5を取らせたいのですが、今後彼女のような生徒が5を取るアドバイスも頂けたらと思います。

誤解なきよう付け加えますが、ずるして5をもらおうとか、いうことではなく、がんばっている子にはがんばっただけの評価があれば十分です。

教員経験者に質問があります。

現在、私は公立に通う中学2年生の家庭教師をしております。

その子は大変能力的にも性格的にも優れているタイプの子です。

3学期の成績も軒並みよかったです。本人は私の指示通りがんばってくれました。

3学期期末90点以上、通知表の評価も主要5教科オールA(小項目)。にも関わらず、なぜか5にはならない4の科目が2、3あります。オールAで90点以上、ノートもばっちり、絶対評価、授業態度も静かなのに・・・。

平均点が高かったかも知れません。
点...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは

観点別評価がオールAでも、5段階評定が5にならないケースはあります。
絶対評価はそれぞれの教科ごとに評定の基準が定められていますので、残念ながら1つか2つの項目がそれに達していなかったのかもしれません。
相対評価と違い、順位による「繰り上げ当選」のような事はありませんから、それだけシビアな評価となります。
例えば、大人しめだとの事ですが、発表回数が足りなかったのかもしれません。あるいは提出物は期日までに提出したでしょうか。
4の教科が1つではなく複数あるなら、何か共通する理由があるのでしょう。

成績の理由は聞いて問題はないと思います。もちろん
「何で5じゃないの!」ではなく
「どうすれば5になるの?」のスタンスで。

理由がわかれば改善の余地ができます。本人次第で5の評定も取れると思います。

Q音楽の授業のレポート

高校三年の者です。今学校で選択授業として音楽を選んでいます。人数は6人とゆう小人数でやっています。僕以外のみんなは歌やピアノをしているのですが、僕は何もできません。なので2年の時は音楽理論を一人で勉強していました。本音をゆうと理論もおもしろくないので、簡単なレポートをつくってそれを提出して試験のかわりにしようかと思っています。レポートとして扱うなんかいいテーマありませんか?なるべくたくさん意見欲しいです。

Aベストアンサー

#5の方が書かれているショパン、シューマンの他、月並みですが、ベートーベン。音楽家として致命的な聴覚の障害によって一度は自殺まで考えながら、それを乗り越えた話は有名です。
それとドラマチックといえば、ワグナーの人生もドラマチックなんですが、「友人の奥さんを奪った」なんてエピソードが中心になりかねないので、あまり学校のレポート向きではないかも。
ただ、ワグナーをあげてふと思いついたのは、彼の代表作「指輪」四部作のレポート。これは、あなたが「ロード・オブ・ザ・リング」がお好きでしたら、意外といいかもしれません。実はこのオペラ、元になった中世ヨーロッパの伝説が「ロード・オブ・ザ・リング」と同じです。
有名な音楽家についおては、それぞれ「マニア」がいるので、インターネットを利用すれば、レポートは書けそうです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング