人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

先日、銀行の勧めにより豪$を100万円分購入しました。
購入した理由はその金利の高さにあります。

ここ2,3週間のギリシャ危機に端を発する暴落ぶりは止め処もありません。
皆さんは今後、為替はどの様に推移すると予想されますか?
また、購入したドルは早めに処分した方が無難ですかねー。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

既に回答にありますが、豪ドルの固定相場時代(1973年)の相場は1豪ドル400円以上もしました。


要は、高金利通貨の宿命は長期的な下落です。
為替の基本常識は「高金利通貨は低金利通貨に対して長期的に下落する」って事を理解しておく必要があります。

今の豪ドルやブラジルレアルに関していうと、それほど下落している訳ではないと考えています。
ちなみに、豪ドル定期預金の期待リターンは円預金並と考えておく必要があります。

今のところ、信頼できる通貨はスイスフランぐらいしかないとの回答にもあるように、ブレドンウッズ体制時代に比べて円に対して強くなっている通貨はスイスフランぐらいなんです。
試に、豪ドル、スイスフランの1973年~現在までのチャートを作成してみると一目瞭然です。
ただ、豪ドル、スイスフラン、ブラジルレアルは現時点では強すぎるので、通貨が弱くなったら投資して為替差益を稼ぐのが外貨投資の本流です。

実は、2008年後半~2009年前半にかけて一時的に豪ドルが弱かった時期がありました、こんな時に豪ドルを買っておけば「金利+為替差益」は稼げた筈です。
外貨預金、外国債券は為替レートが安い時に買って高い時に売るのが基本です。

初心者ならば、まずは1973年~現在までのスイスフランのチャートから、買うタイミングを考えてみると分かり易いです。
豪ドルは金利が高い分だけ長期的に通貨が下落するので、実質実効為替レートを見て割安な水準で買ってみる方が良いと思います。

>また、購入したドルは早めに処分した方が無難ですかねー。
分からない時は一旦、撤退して割安な水準まで待つ方が良い。
少なくとも、割安だけで考えれば米ドルや英国ポンドなどが考えられます(金利は低いが実質実効為替レートが安い)。
米ドル、英国ポンドは円だけでみるとそんなに割安ではないですが、世界的にみると割安と考えられます。

注意点は割安通貨がどんどん割安になったり、割高通貨がどんどん割高になる事もあります。
ですから、上記に書いた事が必ず成功するとは限りません。
実質実効為替レートの考え方や相手が今の相場をどうやって考えているのかを参考に、質問者様だけの作戦を立ててやってみてください。

私も完璧な事は書けません、最終的な判断は自己責任です、質問者様の方でも考えて慎重にご判断ください。
それだけ、外国為替でのお金儲けは難しいからです。
    • good
    • 0

FXの、レバレッジを1倍にして(ここポイント)豪$を繋ぎ売りをしておけばよろしい。


金融商品を勧められるくらいですから、株の繋ぎ売りはご存知でしょう。
ただし、株と違い、期日がないので機を見てポジションをはずさないといけません。(逆日歩と同じ状態だからですが、それでも手数料は両替より安い)
    • good
    • 0

金利の高い通貨にろくな通貨はないですよ。

豪州ドルは30年位前はUSドルの1.5倍くらいの相場
でしたからね。一発勝負なら不安定なレアルとかもありかと思いますが、私は外国通貨は、
スイスフラン以外全く信頼していません。
スイスフランは80円位で買って100円位になれば売る、ほぼ周期的ですから。
今後ユーロは100円程度、USドルは75円程度スイスフランは85円程度で推移するでしょうが、
豪州ドルは今日はTTSが74.79円ですから、まあ、60円台には落ちないと思いますが。
でも円高発言が相次いでいますから、何があるかわかりませんが。
    • good
    • 0

 オーストラリアの経済状態は決して悪くありません。

米ドルと一緒に落ちて行くとは考えられないので、持っていた方がいいと思いますがね。円高が進んでいるので円に対しては下がりましたが、米ドルに対しては決して下落していないですよ。暴落というほどの値下がりではないでしょう。

 サイトとしては下記のようなものがあります。

参考URL:http://ausdollar.blog70.fc2.com/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q豪ドルの長期保有はどうでしょうか

円で持っていてもインフレになるのでは?

米ドルはすでに高い。

87円程度の豪ドル 割安感を感じますが。

10年レンジでの長期保有 いかがなものでしょうか。
すぐに必要なお金ではありません。

・米ドル:豪ドルの推移 読みにくい
・中国の経済減速・・・不安材料
・資源豊富な国・・・長期的に安定材料
・日銀の金融緩和・・・不安材料?

過去十年の豪ドルチャート
http://finance.matsui.co.jp/stockDetail.aspx?code=0554&type=1&chart=7

100円というライン 10年間に再来するでしょうか?

Aベストアンサー

細かい材料はさておき、長い目で見た時の為替レートってその国の「経済的な強さ」のバロメーターだと思います。
何も持たない日本がここまで強くなれたのは、ひとえに今の高齢者世代が「真面目に」技術を磨いて来たからだと思います。
いまの若い世代が担って行く日本は今までとはきっと違ってくると思います。
過去のデータを見ても、米ドルも天井ではないと思います。

また、お金の数は変わらないけど、買えるものの数が減って来る、というのがインフレです。
今の日本は数値でも1%以上の物価上昇率です。
市中の預金等の金利は0.02%、キャンペーンなどの優遇金利でもせいぜい0.3%くらいです。
(最近は巧妙になってきて年1%で1か月定期、なんて表示も多いです。良く考えるとトクではないです)
なので、物価には確実に負けています。
分散、という考え方でみても、この状況下でもまだ2%近い運用ができる豪ドルにはまだアドバンテージがあります。

豪ドルを現金で持つわけではないでしょうから、銀行の外貨預金で、というのが簡単な方法だと思います。
ただ、銀行の外貨預金は預金者保護機構対象外なので、豪ドル建ての投信や国債なんて方法が手軽でいいかも知れません。

窓口に行って話を聞いてみると、担当者ごとに考えも違うので面白いかもしれません。

前置きが長くなりましたが、(最終的には自己責任なんですが、)今の豪ドルのレンジはまだ「買い」だと思います。
10年、という期間を考えると、一般的にオリンピック開催国の通貨は強くなると言われているので、2020年近辺は円高に振れる予想が立ちます。
でも、今回の東京五輪はケチ続きで、やや心配ですけどね(苦笑)

細かい材料はさておき、長い目で見た時の為替レートってその国の「経済的な強さ」のバロメーターだと思います。
何も持たない日本がここまで強くなれたのは、ひとえに今の高齢者世代が「真面目に」技術を磨いて来たからだと思います。
いまの若い世代が担って行く日本は今までとはきっと違ってくると思います。
過去のデータを見ても、米ドルも天井ではないと思います。

また、お金の数は変わらないけど、買えるものの数が減って来る、というのがインフレです。
今の日本は数値でも1%以上の物価上昇率です。
市...続きを読む

Q10年後・米ドルと豪ドルはどちらが有望でしょうか。

現在、将来のため、USドル建て・あるいは豪ドル建ての10ねんもの一時払い年金保険を考えています。

先のことはどなたにもわからないのは承知ですが、どちらのほうが有望とお考えでしょうか。
決定するのはもちろん自己責任ですが、参考までに皆さんのお考えをお聞きかせいただければ、幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 どっちかから自分は『USドル建て』
でも、完全に選択自由にしていいなら
 どっちも選ばない。

このサププライムの崩壊のせいで、ドル安一直線の現在、わざわざ金をドブに捨てるような事はしない。
 ドル-円の日足、または週足チャートをみなされ、まだまだ下がるよ。
 攻めて1ドル 80円台の時にするのが普通

Q豪ドルはもう上がらないのでしょうか?

豪ドルのMMF持っているんですけど、豪ドルってこの所ずっと下がって来ています。前は105円くらいまで上がっていたのですが・・・
下がる一方で、今後上がる見込みはないのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

>下がる一方で、今後上がる見込みはないのでしょうか?

オーストラリアがデフォルトしない限りはそんなことはありません。

ただ、2007年3月、2007年8月、2008年3月とここ1年半くらいの間に90円以下になったことは3回あります。
また、2007年以前に戻ってみると、一時期を除いて90円以下でした。2003年まで戻れば60円台です。

天井から見れば、だいぶ下がったともいえます。しかし、2003年くらいからの、ここ5年程度で見れば、66円台~107円台での推移ですので、90~92円台が特別に低い水準とも思えません。

Q豪ドル定期金利 年5.00%(1年もの)って

外貨預金をしたことがありませんので、具体的にどうなるのかおしえてください

例えば、豪ドル定期金利 年5.00%(1年もの)って聞けば、どう考えても最高金利ですから
だれでもそうするだろうけど。でも、そうしない人もいるのは理由があるんですよね。
実際5.0って事は少ないんですか?実際その金利が純粋に入るって考えてはいけないんですよね?

外貨預金で一年預けて、その後は豪ドルで満期になったら、これを円に戻せばまた
お金がいくらかかかるわけですよね。結局日本の定期預金に近くなるってことは
無いんでしょうか?

からくりが分からない

初心者によきアドバイスを。

Aベストアンサー

100万円を仮に定期預金と豪ドル外貨預金に預けると仮定します。
金利を定期預金が0.2%、豪ドル定期預金を5%とします。
計算を簡単にするため1豪ドル=80円とします。

外貨を売買するときは為替手数料がかかります。これを50銭とします。
つまりレートが変わらないのであれば円→豪ドル 80.5円、豪ドル→円 79.5円となります。
※ネット銀行だとこのぐらいですが都銀は1円以上になります。
※キャンペーンなどはとりあえず除外して計算します。

厄介なのが外貨預金の税制です。
まず利息に20%分離課税され、為替差益が発生すれば雑所得で総合課税されます。

【定期預金】
100万円*1.002=>100.20万円 利息に課税されるので100.16万円
【豪ドル外貨預金】
預入時 100万円÷80.5円≒12422.36豪ドル
満期時 12422.36豪ドル×1.05≒13043.47豪ドル
利息額 13043.47豪ドル-12422.36豪ドル≒621.11豪ドル
課税額 621.11豪ドル×80円×0.2≒9937円
解約時 13043.47豪ドル×79.5円≒103.69万円
差引額 103.69万円-9937円≒102.70万円

単純化するため四捨五入しています。
今回為替差益は発生していませんが実際に発生した場合は雑所得で課税されます。
為替差益=満期時円建て元本-預入時円建て元本
雑所得の課税方法は累進課税で、330万円未満で10%、以上で20%になります。
こまかく説明すると字数に引っかかるので検索してみてください。

問題は豪ドルがどのくらい価値が下がると定期預金を下回ってしまうのでしょうか。
計算すると豪ドルが78円あたりで定期預金に預けた場合、とんとんになるようです。
http://kakaku.com/gaikadepo/

さて豪ドルですがどのくらい変動しているでしょうか
過去一年では72~88円、過去十年では55~108円…
為替のボラリティ(ブレ)が大きいので年利ではカバーしきれないということになります。
参考になれば幸いです。

100万円を仮に定期預金と豪ドル外貨預金に預けると仮定します。
金利を定期預金が0.2%、豪ドル定期預金を5%とします。
計算を簡単にするため1豪ドル=80円とします。

外貨を売買するときは為替手数料がかかります。これを50銭とします。
つまりレートが変わらないのであれば円→豪ドル 80.5円、豪ドル→円 79.5円となります。
※ネット銀行だとこのぐらいですが都銀は1円以上になります。
※キャンペーンなどはとりあえず除外して計算します。

厄介なのが外貨預金の税制です。
まず利息に20%分離課税され、為替...続きを読む


人気Q&Aランキング