出産前後の痔にはご注意!

現実に「イノブタ」のように、異種動物間での交配により、新種動物が現れていますが、人間と交配して新しい動物が生まれる可能性はあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 生物学での種分類には、明確かつ普遍的な定義はありません。


 交配して子孫を残すことができない2つの系統は「異種」と分類されますが、それが「定義」ではありません。従って「交配して永続的に子孫を残すことが可能な異種」は存在します。

 最も適切な種分類は、「2系統間で生殖的隔離が成立していて、かつ形態等に明らかな相違が認められる場合、この2系統は別種と分類される」というものでしょう。
 「生殖的隔離」と「相違」の2つがキーワードになるわけです。

 このうち「生殖的隔離」の意味ですが、狭義では「永続して子孫を残せる」という意味になるので、例えばライオンとトラなどは生殖能力がない一代雑種しか残せないので「生殖的隔離が成立している」ということになります。
 広義では単に「互いに交配が見られない」という意味になります。文字通りの意味なので、例えば地理的に離れていればそれで「生殖的隔離が成立している」ということになります。

 で、通常の種分類では広義の意味で用いられることの方が多いです。
 狭義の生殖的隔離が成立しているかどうか調べるには、人工飼育下で繁殖実験をしなければなりませんし、あらゆる種の組み合わせに対してそんなことを実施することは到底不可能です。
 それに、「種」という概念では、それぞれの種が「独立した遺伝子プールを形成している」ことが本質なので、無理矢理混ぜればどうなるか、というのは実はあまり重要ではありません。今現在、現に2つの遺伝子プールが独立していれば(すなわち互いの遺伝子プールで遺伝子の交換が起きていない=交配していない)、それらは別種と分類すべきでしょう。

 例を挙げればニホンザルとタイワンザルは、動物園等で一緒に飼うと容易に交配して生殖能力がある子供を作ります。
 ですが、野生では日本と台湾に分布域が異なっていて、もちろん自然環境下で互いに交配することはありません。海で隔てられていますから当然ですが。
 そして形態はよく似ていますが、尾の長さ等に明らかな相違があります。
 なのでこれらは「別種」と分類されています。
 このような例は枚挙に暇がないほどたくさんあります。

 つまり、「異種間では自然の状態では子孫はできない」というのは確かにその通りなのですが(子孫ができればそもそも異種として分化できない)、その「自然の状態」の中には、「単に地理的に離れているから」というのもあるわけです。その地理的隔離を解除してやれば(動物園等で一緒に飼育すれば)、異種間でも普通に子孫ができることもあり得るわけです。

 「互いに交配しない(永続的な子孫を残せない)」ということを「種分類の定義」にしてしまうと困ったことが起きます。
 A、B、C、D、Eという5つの系統があったとして、AとB、BとC、CとD、DとEは互いに交配して永続的な子孫を残すことが可能だが、AとEでは残せない、という現象があった場合、どう分類します?
 AとBは同種、BとCは同種、CとDは同種、CとEは同種、と分類するとAとEも同種になってしまいます。子孫を残せないのに。
 これは「輪状種」といって実際にいくつかの例があります。

 「雑種」という言葉も曲者なのですが、通常は異なる品種間で交配して生まれた子を言います。
 この「品種」というのは、人間が育種して作出した系統に対して用いられる言葉です。ですが、言葉としては生物学的な「種」の間に生まれた子供に対しても使います。
 ですが、例えば天変地異で日本と台湾が地続きになれば、ニホンザルとタイワンザルの地理的な「生殖的隔離」は解除されるわけですから、徐々に生息域が重なり、重なったところでは雑種が増えてくるでしょう。もう少し時間が経てば、やがてニホンザルもタイワンザルも消えて雑種のみが日本&台湾に生息する、ということになるでしょう。
 この場合は、その雑種が「新種」ということになりますね。

 ちなみに「交雑種」という言葉には「生殖能力がない」という意味はありません。「雑種」と同じ意味です。
 生殖能力がない雑種を意味する言葉はないのですが、「一代雑種」などという場合もあります。でもこの言葉も単に「一代目の雑種」の意味で使うことが多いので、何の説明もなく「一代雑種=生殖能力がない雑種」という使い方ができるわけではないですね。

 ちなみにチワワやマルチーズとセントバーナードが「交配」できるか?といえばできませんよ。あれだけ体格が違う2頭がどうやって交尾するのかと?チワワの膣にセントバーナードのペニスが挿入可能だと思います?逆にチワワのオスがセントバーナードに「乗る」ことができるとでも?
 チワワの子宮にセントバーナードの精子を人工授精しても、無事に出産することはまずできません。逆ならあるいは可能かもしれませんが。
 そういう意味では、生殖的にはライオンとトラより遠いです。

 人間が育種した「品種」は生物学的な種分類とは別次元です。
 サラブレッドと木曽馬、アンガスとホルスタイン、チワワとセントバーナード、それらは「生殖的隔離が成立していて形態等に相違が見られる」という意味では、まさに「別種」でしょう。
 数万年後にこれらの動物の化石を発掘した学者がいれば、あるいはこれらが人類が育種した品種だと言うことをまったく知らない異星人の学者がこれらの動物を見れば、間違いなく「異種」に分類するでしょうね。
 育種というのは、進化論的な種分化の実証試験をしているようなものです。

 ここまでが「基礎知識」です。

 回答を書きますと、まずイノシシと豚は他にも指摘者がおられますが別種ではありません。完全に同種です。
 犬とオオカミは別種に分類されていたのが最近になってタイリクオオカミという同種に再分類されたりしていて、同種か異種かはけっこう議論されているのですが、イノシシと豚はそんな議論が起きないほど疑いの余地なく同種に分類されています。
 つまり家畜化されて(生殖的隔離が成立して)からまだそれほど時間が経っていない=相違点が大きくない、ということです。

 話を蒸し返しますが、オオカミとチワワを「同種」と言ってすんなり納得できますか?
 余談でした。

 ヒトと他の動物の混血の可能性については、「誰も試したことがないので判らない」というところでしょう。
 生殖能力を有する雑種がヒトと異種動物の間でできるとはさすがに思えませんが、一代限りの雑種(生殖能力がない雑種)であれば、チンパンジーやボノボとであればあっても不思議ではないですね。それを試そう、とは誰も考えないでしょうし、試す意義もあまりありそうには思えませんけど。

 ちなみに雑種は染色体数が異なっても可能です。馬とロバは染色体数が異なりますが、交配してラバを作ることができます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/11/20 10:08

因みに。



生物学の分類では「交配して『永続的に』子孫を残せるもの」を「同種」として分類しています。

この「永続的に」の条件を考慮しないならば「異種間でも交配は可能だし、雑種の子供が生まれる事もある」と言う事になります。

そして、実際、動物では、異種交雑して子供が生まれます。但し、雑種の子は生殖能力が無いなど「新種として存続できない」ですけど。

質問者さんは「新しい動物が生まれる可能性」だけを質問しているので、異種交雑して半分人間の「一代限りの雑種」が生まれる可能性を含めると「可能性が無いとは言い切れない」です。

倫理上の問題(獣姦はタブー視されているのが普通)で、試した人間があまり居ないって言うのもあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/11/20 10:08

話が後先になっています。


交配して子孫を(永続的に)残せるものを、生物学上の種と扱います。
だからイノシシと豚も同じ種だし、マルチーズとセントバーナードも同じ種です。

さて人(ホモサピエンス)についてですが、歴史上原人と呼ばれた旧人間での交配は、否定的に見られていましたが、ネアンデルタール人の遺伝子が人に混入しているという論文が最近出ました。(この手の論文は実はチョイチョイでています。)そういう意味ではホモサピエンスと交配した種が過去あるのかもしれません。(だったらネアンデルタール人とホモサピエンスは別の種じゃないじゃないかという議論が起きています。)
現代となっては、ホモサピエンスと交配できる動物は、もはや絶滅しているでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/11/20 10:09

ご参考。


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1686380.html

>現実に「イノブタ」のように、異種動物間での交配により、新種動物が現れていますが

ブタは野生のイノシシを家畜化したもので、異種ではありません。

なお「異種だと交配できない」「同種だと交配できる」と言う単純なものでもありません。

>人間と交配して新しい動物が生まれる可能性はあるのでしょうか?

現在までの所、人間と交配できる生物は見付かっていません。

ですが、将来、人間に非常に近い種が突然変異して、種の独自性の壁を突破してくる生物が現われないとは限りません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/11/20 10:09

# 現実に「イノブタ」のように、異種動物間での交配により、新種動物が現れていますが、


# 人間と交配して新しい動物が生まれる可能性はあるのでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%82%BF
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8E% …
イノシシとブタは種のレベルまで一致している同種です。
よってそのあいの子はただの雑種です。
セントバーナードとチワワの雑種と同じようなものです。

異種間交配の例で言うとライガー・レオポンなどが有名ですが
そのような動物は交雑種とよばれ生殖能力を持ちません。
なので新種とはいえません。

人間と他の動物の交雑種が可能かという意味で言えば、
可能性はあります。しかし、染色体的に極めて近縁である必要があり
現実的には難しいと思います。例えばチンパンジーでは遠すぎだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/11/20 10:09

豚も猪も、ウシ目イノシシ科なので、異種ではありません。


異種間では、自然の状態では子孫はできないと言われています。
たぶん受精できないんでしょう。

受精卵そのもの、もしくは核を他の生物のものと変えて異種の子宮へ戻すとか、そういうSFはよくありますが、それがどの程度信憑性があるかは、本当のところはわからないですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/11/20 10:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q染色体と交配可能性について

当方、全くの素人です。

ヒトとチンパンジーは染色体の数が違うため、交配はできないと聞きました。
一方で、馬とロバのように、染色体数が違うのに交配できる例もありますよね?

結局のところ、染色体と交配ができる・できないの関係ってどうなんでしょうか?

あらゆる生物は共通の祖先を持つはずですが、染色体数がそれほど重要であれば、進化の過程において、どうやって分岐できたのでしょうか。

また、マンモス再生計画なるものがあるそうですが、マンモスとゾウの染色体数は同じなのでしょうか。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
進化というのは、減数分裂時に起きる生殖細胞の突然変異が子孫に受継がれ、隔離・固定されるものですよね。
突然変異には「遺伝子突然変異」と「染色体突然変異」があります。前者はDNAなどの遺伝子情報が変異してしまうことで、後者は染色体の欠落や分裂などにより、その数が増減してしまう変異です。生物の進化の過程で染色体数の異なった種を分岐させたのは、こちらの「染色体突然変異」です。

異種間の動物は染色体数が違うから混血はできないと良くいわれますが、必ずしも染色体の数が違うからといって交配できないということはありません。さもなくば、染色体突然変異による染色体数の変化は起こらないということになってしまいます。ですが実際には、現在の生物は同じ系統から分岐し、染色体数の違いという進化を遂げています。
では、染色体数が違っても交配が可能であるならば、どんな合いの子でも作れるのかといえば、そんなことはありませんよね。それがより近縁で、お互いの染色体がだいたい同様の機能を持っていなければならないという条件を除くわけにはゆきません。空を飛ぶ動物と陸上を走る動物では染色体の機能が違いますから、幾らその数が同じだからといって、そのようなキメラを交配することはどうやってもできませんよね。

染色体数の違いは奇形や死産などの危険を孕んでいます。ですが、もともと突然変異というのは必ずしも種の存続に有利に働くというものではありませんよね。それがたまたま正常な機能として備わり、上手くその環境に適応するといった偶然が重ならなければ、むしろそれは障害でしかありません。
染色体数に異常を持つ精子や卵子は染色体突然変異によって幾らでも作られます。本来でしたらそれは不良品なのですが、守備良く受精して障害を乗り越えることができたならば、同種の個体群に染色体数異常の多型が出現することになります。恐らく近縁の亜種、強いては同種の変異体であるならその可能性が更に高くなるはずです。そして、それがそのときの環境に上手く適応するといった好運を得るならば、やがてマジョリティーを獲得し、新たな種が確立されるということになるのだと思います。

あと、マンモスに就いては、私にはちょっと分りません。

こんにちは。
進化というのは、減数分裂時に起きる生殖細胞の突然変異が子孫に受継がれ、隔離・固定されるものですよね。
突然変異には「遺伝子突然変異」と「染色体突然変異」があります。前者はDNAなどの遺伝子情報が変異してしまうことで、後者は染色体の欠落や分裂などにより、その数が増減してしまう変異です。生物の進化の過程で染色体数の異なった種を分岐させたのは、こちらの「染色体突然変異」です。

異種間の動物は染色体数が違うから混血はできないと良くいわれますが、必ずしも染色体の数が...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q騾馬には何故子供ができないの??

どうでもいいことなのですが、どうしても気になるのです。
ラバには繁殖能力がないと知り合いから聞いたのですが、
それは一体なぜなんですか?「教えて!GOO」で検索してみたところ、
雄のロバ×雌の馬=ラバで、雌のロバ×雄の馬=ケティという
動物になると書いてありました。それだったら
普通に考えて、ラバ×ラバ=ラバにならないんですか?
それに繁殖能力がないというのはどういうことでしょう?
私はラバを見たことがないのですが、生殖器などが無い
ということですか?そんな哺乳類がいるの???
動物に詳しいかた、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

ロバと馬は違う種類の動物なので、
交配させて子供を無理やり作っても、その子は生殖能力を持たないのです。
ライオンとヒョウの子供であるレオポンなども同じです。

生殖能力を持たない、というのは
受精しない、受精しても受精卵が成長しない、ということでしょう。
生殖器が存在しないわけではありません。
また、このような交配で生まれた場合も、メスには生殖能力がある場合があります。
ラバのメスは、馬やロバと掛け合わせれば子供を産むそうです。

Q別種 or 同種 ?

 たとえば大変良く似た生物が2個体いたとします。
それぞれAとBとします。
 専門家や学者がいろいろ協議を重ねた結果、
AとBはどうやら別種という結論に至ったとします。
 
 そこで質問なんですが、
一見大変良く似ている複数の2個体、あるいは二つのグループがあって、それらが同種なのか別種なのかを調査して、
別種か同種か判断する場合の規準は何でしょうか? 

Aベストアンサー

形態が似ているから同種とされていたものがDNAを調べたら系統を異にすることがわかり別種とされた例、同種とされるグループの中に染色体数の異なるグループが見つかり、分類のし直しが検討されている例など多数です。自由な比率で交配が可能、を同種の基準とするなら、アカマツとクロマツは同種になります。両種は異なったニッチ(生態的な意味での資源)を利用しているので、交配する確率が低いので、異なった形質を獲得しています。しかし雑種第二代、第三代といくらでも混ざり合います。

タイワンザルによるニホンザル個体群の遺伝子汚染が危惧されているのも同様な理由からです。本来地理的に分断されていて交配する機会がなかったため、大きく異なった形質を獲得した両種ですが、人の手で移入されると容易に交雑が可能なのです。ヨーロッパでニホンジカ(移入種)によるアカシカ(在来種)の遺伝的汚染が問題になっているのも同様の例です。

亜種とは地理的な隔離等によって長い間交配する機会を持たなかったために異なった性質を持つに至った同種内のグループをさします。この基準からするとニホンジカとアカシカ、ニホンザルとタイワンザルは亜種の関係と捉えるべき、ともいえます。実際最近では、イリオモテヤマネコをベンガルヤマネコの亜種とすべきだという説が出てきています。一方、変種というものもありまして、こちらは分布域が重なっているにもかかわらず異なった形質を持っているものをさします。これは生理生態的な隔離によりもたらされたものでしょう。

で、DNA。二つの種があることと仮定してこの2種の違いを示すDNAマーカーをみつけ、判別を可能にする、という手法はとられますが、あるマーカーが種の違いを示す、という証明はできないのが現状です。というか、種という概念は人間が作ったもので、作られた当時は遺伝的多様性という概念は存在しなかったので、その整合性を調整しているのが現状です。

別種か同種かを示す判断の具体的な基準ははっきりしています。すべての生物種には、その種が独立した種だと学会(特定の学会ではなく、世界中の様々な学会)で記載したときに基準としたタイプ標本というものが残されています(原則)。なかでも、ホロタイプ標本という、この1個体と同じ種と認められれば同種、という標本が存在します。この標本と比較して別種と認められれば、違う種として記載が可能です(すでに記載された別種の可能性は残りますが)。別々に記載された種が後に同種と判ったときには、先に記載された種名が有効になります。かつてブロントサウルスとわれていた恐竜がいまアパトサウルスと呼ばれるのがその一例です。

形態が似ているから同種とされていたものがDNAを調べたら系統を異にすることがわかり別種とされた例、同種とされるグループの中に染色体数の異なるグループが見つかり、分類のし直しが検討されている例など多数です。自由な比率で交配が可能、を同種の基準とするなら、アカマツとクロマツは同種になります。両種は異なったニッチ(生態的な意味での資源)を利用しているので、交配する確率が低いので、異なった形質を獲得しています。しかし雑種第二代、第三代といくらでも混ざり合います。

タイワンザルによる...続きを読む

Q異種同士の交尾は、どれくらい受精が可能なのですか?

精子と卵子を持つ異種同士の交尾は、どれくらい受精・出産が可能なのでしょうか?

体形がある程度近くないと、交尾が不可能だとは思いますが、犬と猫、像とサイ、熊とパンダ、イルカとクジラ、猿と人間などなど。

また、よっぽどの異常がない限り自然界で異種交配が起こることは無いのでしょうが、絶対にその子供が生まれることはないのでしょうか?

変な質問になりますが、あくまで生物学的な疑問です。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

人工授精ができますから、ゾウの卵にネズミの精子をかけることは可能です。そんなこと試した人がいるかどうか知りませんけれども、哺乳類同士なら受精が起こるかもしれない。つまり、精子が卵に潜り込む段階までは、起こる可能性がある。
だけれども、その受精卵が正常に成長できるかどうかは、別問題です。正常発生には両親から受け継いだ正常な遺伝子が必要ですし、細胞質成分と核の適合性も欠かせません。

一方、受精様式が全く違う生物同士になると、受精すら難しいでしょう。たとえば哺乳類と魚類を交配させるとか。

また、哺乳類や一部の鳥類の場合、ゲノムインプリンティングという仕組みがありまして、父親の染色体と母親の染色体が1セットずつ正常に揃わなければ発生できないよう、安全装置が備わっています。

レオポンやラバ等は、様々な安全装置をすり抜けて、偶然にもちゃんとした子供が生まれてしまった例です。

どの程度の違いまでなら子供が作れるか、という規定は無いと思います。ケースバイケースでしょう。
ちなみに、魚類など体外受精を行う生物ならば、自然界でも異種交配は頻繁に起こっています。

人工授精ができますから、ゾウの卵にネズミの精子をかけることは可能です。そんなこと試した人がいるかどうか知りませんけれども、哺乳類同士なら受精が起こるかもしれない。つまり、精子が卵に潜り込む段階までは、起こる可能性がある。
だけれども、その受精卵が正常に成長できるかどうかは、別問題です。正常発生には両親から受け継いだ正常な遺伝子が必要ですし、細胞質成分と核の適合性も欠かせません。

一方、受精様式が全く違う生物同士になると、受精すら難しいでしょう。たとえば哺乳類と魚類を交配...続きを読む

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q異種間の動物について

はじめまして
ご教授お願いします。

動物には、異種の間で生まれた、イノブタやラバやライガーなどが
おりますが、下記の動物間で生まれたものはいますでしょうか?
いれば、名前を教えてください。

ヒョウの母親とライオンの父親から生まれた動物

Aベストアンサー

おそらく、実例はないと思われます。

父母逆の組み合わせがあることからわかるように遺伝的には交雑は可能ですが、メスのヒョウは体重30~50キロという体格ですから、5倍も大きい雄ライオンとの交尾は物理的にできないでしょう。

また、仮に人工授精等で受胎できても通常のヒョウよりかなり大きくなるだろう胎児を抱えて出産までこぎつけることはできないでしょう。

同種間でも品種による体格差が理由で交配できない例はあります。

Q突然、喉がむず痒くなって猛烈に咳が止まらない時

同じ症状の方、どうなさっているか、しのぎ方を知りたいです。

親譲りの気管支ぜんそく気味な体質ではあります(でも常時服薬するとかではない)。

日常会話でも立て込むと、すぐ喉をやられるし(ガラガラ⇒痛み出して⇒腫れて⇒咳へ)、
一度そうなるととても治りにくくてゼーゼーと咳や痰が続きます。朝なんかも起きると必ず咳。

実は、上のようになると必ず1日数回、
そうでなくても、夏冬の時期・冷暖房などによる室内外の温度差や乾燥などでも

『突然、肺の上のあたり~喉にむかってむず痒くなり、数秒で苦しいほどの咳が出ます。痒くてチカチカイガイガが猛烈に来た感じで、それが止まるまで顔が真っ赤になるほど咳が止まらず、息を吸う間もないほど激しくなります。涙・鼻たれ、グジャグジャ。』

会議中や、バスの中などでこれに出くわすと、精神的にも参ります。必死で息を少しだけ吸って真っ赤になってガマン。水飲んだりのど飴もダメで、時間がある時は、とにかく治まるまで5-10分咳をし続け、疲れ果てたころやっと治まる。

こんな方いらっしゃらないですか?ただの咳というより、喉が奥から急激に痒くなる感じでやってくるような方。キタキタ・・・・とわかるんです2秒くらいで。

一時的にどうされていますか?意外と早くその場でしずめられる妙案ご存知ないですか?

同じ症状の方、どうなさっているか、しのぎ方を知りたいです。

親譲りの気管支ぜんそく気味な体質ではあります(でも常時服薬するとかではない)。

日常会話でも立て込むと、すぐ喉をやられるし(ガラガラ⇒痛み出して⇒腫れて⇒咳へ)、
一度そうなるととても治りにくくてゼーゼーと咳や痰が続きます。朝なんかも起きると必ず咳。

実は、上のようになると必ず1日数回、
そうでなくても、夏冬の時期・冷暖房などによる室内外の温度差や乾燥などでも

『突然、肺の上のあたり~喉にむかってむず痒くなり、数秒で苦...続きを読む

Aベストアンサー

原因は色々考えれますが、まず咳を静める方法として
●カップなどにお湯をいれて、その湯気を吸う
●病院などで医療用具として扱っている、家庭用の小型の携帯吸入器(薬剤を入れる)で対処。
●大型電気店などで市販している吸入器(水を霧状にして噴出させ、それを吸う)
などなど他にもありますが、外出先で『さりげなく』静めるには目立ちすぎるかもですね。

呼吸器をやられる風邪だったようですが、
胸のあたりからイガイガチカチカし始め、一旦咳が出始めると止まらない
という状態に、私もここ数週間悩まされてました^^;

その時は、とにかく部屋を加湿し
気管支を乾燥させないように、市販の吸入器でひたすら湯気を吸っていました。

ただ気管支が弱い(?)方で、質問者様のように仕事先や出先で咳が止まらなくなる時は
一時的な対処だけでは気管支の炎症を引き起こし長引かせてしまう場合も。

ここはやはり今一度、呼吸器内科などで相談されるのがいいかと。
喘息気味が本格的な喘息になる前に、中長期的な治療も考慮されたほうがいいと思います。

お大事になさってくださいね <(_ _)>

Q近親交配で、どこまで子孫を残せるのか?

漫画の設定などで、「血の力」を守るため近親婚しか許されない家系というのがあったりします。
だいたいそういう家系は何百年と続く由緒ある家だったりします。

ただ、近親交配は遺伝子異常が起こりやすくて、奇形児が生まれる確率が高くなりますよね?
実際、近親交配のみとした場合、その家系はどれくらい続けることができるのでしょうか?

最後は奇形児しか生まれなくなったりしないのでしょうか?

なんだか3代目当たりで、もうまともな人間が生まれてこないような気もするんですが。

Aベストアンサー

これは親になる遺伝子しだいです。親になる遺伝子にある病気にかかりやすいというようなものがあれば代を重ねるごとにその性質が強く出ますので問題が大きくなるでしょう。逆に問題点がない、またはほとんど見当たらない遺伝子同士を親とすればかなりの代を重ねても問題は起こらないでしょう。

したがって親となる遺伝子しだいなのです。完璧な遺伝子同士の交配であれば何代重ねても問題は起きません。当然ながら進化もしません。その生物はそれが完成形でありそのままの形態で外的な要因で遺伝に問題が起きない限り永遠に続くことも理論的にはありえます。

まぁ、飽くまで仮定の話で実際には起こりえませんけどね。


人気Q&Aランキング