日本のものでは阿部公房を好んで読んでいます。
海外ではボルヘス、ガルシアマルケス、カフカ等が好きです。
他に非現実的でシュールレアリスム臭の強いおすすめの作家はいますか?

A 回答 (10件)

ゴーゴリ『鼻』、バタイユ『眼球譚』、シャミッソー『影をなくした男』、乱歩『押し絵と旅する男』『人間椅子』、中島敦『名人伝』、夢野久作『どぐらまぐら』、沼正三『家畜人ヤプー』、阿佐田哲也『怪しい来客簿』、山口雅也『生ける屍の死』、平山夢明『独白するユニバーサル横メルカトル』。



マルケスくさいのが中上健次『枯木灘』、小林恭二『ゼウスガーデン衰亡史』。ボルヘスくさいのがトマス・ピンチョン。
村上春樹『羊をめぐる冒険』、奥泉光『「我輩は猫である」殺人事件』あたりもマジカルリアリズムっぼい感じはしますね。

メタフィクションとしては、笠井潔『天啓の器』、竹本健治『ウロボロスの偽書』。

『透明人間の告白』『親指Pの修業時代』なんかも無理矢理入れそう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ゴーゴリは読んだことがなかったので読みたいと思います。中上健次も面白そうです。メタフィクションも読んでみたいと思います。
読んだことがあるものはピンチョンと村上くらいでした。

お礼日時:2012/01/02 14:38

演劇畑に別役実、寺山修司、唐十郎、つかこうへい、北村想、野田秀樹、鴻上尚史、宮沢章夫、松尾スズキなどがいて、不条理な戯曲、小説、エッセイがあります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/01/03 20:54

イスマイル・カダレ 『夢宮殿』


『誰がドルンチナを連れ戻したか』
『砕かれた四月』 『死者の軍隊の将軍』
ミロラド・パヴィチ 『風の裏側』
『ハザール事典』 『帝都最後の恋』
パスカル・キニャール
『舌の先まで出かかった名前』
ディーノ・ブッツァーティ
『待っていたのは』 『七人の使者』
『石の幻影』 『タタール人の砂漠』
エッサ・ディ・ケイロース
『縛り首の丘』
ブルーノ・シュルツ 『肉桂色の店』
『クレプシドラ・サナトリウム』
サキ 『ザ・ベスト・オヴ・サキ』
『サキ傑作集』
ジュール・シュペルヴィエル
『沖の小娘』 『火山を運ぶ男』
『ノアの箱舟』
ジュリアン・グラック
『アルゴールの城にて』
フリオ・コスタサル 『石蹴り遊び』
『通りすがりの男』
エンリケ・アンデルソン・インペル
『魔法の書』
アルトゥル・シュニッツラー
『夢小説』『闇への逃走』
ブラウリオ・アレナス 『パースの城』
ダニロ・キシュ 『若き日の哀しみ』
『死者の百科事典』
トンマーゾ・ランドルフィ 『月ノ石』
パトリック・ドゥヴィル 『花火』
ロバート・アーウィン
『アラビアン・ナイトメア』
ホセ・カルロス・ソモザ
『イデアの洞窟』
アレックス・ガーラント
『昏睡 コーマ』
ドン・デリーロ 『白い部屋』
『ボディ・アーチスト』
レアード・ハント
『インディアナ、インディアナ』
ケリー・リンク
『スペシャリストの帽子』
『マジック・フォー・ビギナーズ』
マイケル・マーシャル・スミス
『みんな行ってしまう』
ウィリアム・コツウィンクル
『ファタ・モルガーナ』
ジェフリー・フォード 『白い果実』
『記憶の書』 『緑のヴェール』
クリストファー・プリースト
『逆転世界』 『魔法』
『奇術師』 『双生児』
ジョナサン・キャロル 『月の骨』
『犬博物館の外で』 『天使の牙から』
中野 美代子 『契丹 伝奇集』
『眠る石』
などは、いかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。たくさんありがとうございます。参考にします。

お礼日時:2012/01/02 14:41

最近の日本の小説家なら、



三崎亜記、星野智幸、中原昌也、青木淳悟、木下古栗

が該当すると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/01/02 14:41

高橋源一郎なら私は『日本文学盛衰史』『宮沢賢治グレイテスト・ヒッツ』を。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/01/02 14:40

アンドレ・ブルトン 


的、ではなくシュルレアリストの代表じゃないですかぁ。まさにシュルレアリスムそのもの。
トリスタン・ツァラもイーですね。ダダイスムですね。
本邦ですと、内田百閒。小説の方を選んでください。随筆は別の意味ではまっちゃいますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。面白そうです。

お礼日時:2012/01/02 14:40

夏目漱石の『夢十夜』などは?


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4087520331.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/01/02 14:39

M.エンデ『鏡の中の鏡』などいかがでしょう。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/01/02 14:39

 奥泉光だと『プラトン学園』の方が要望に近いかもしれないです。

もともと新聞小説で、読む回によってジャンルの印象が変わるように作られていたという変な作品。
 カフカ、ゴーゴリの線で行くなら後藤明生『蜂アカデミーへの報告』を薦めたいところですが、この人の作品はほとんど絶版していて入手困難なのが難点。大きい図書館にしかないかもしれない。一見エッセイだか日記だかのような内容で全然シュールじゃないのですが、そのくせ読んでいると現実と虚構の境界線がわからなくなってくる作品。
 あとは、変な祭りの出し物を延々と綴っていくレーモン・ルーセル『アフリカの印象』、手紙を書く自分と手紙の中の自分がお互いに自分が本物だと主張する、いとうせいこう『波の上の甲虫』。高橋源一郎『さようなら、ギャングたち』は、文章の見た目からして変です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。風変わりなもの大好きなので読んでみたいです。

お礼日時:2012/01/02 14:39

シュールかな?


『時計じかけのオレンジ』
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/01/02 14:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q昔読んで思い出せない小説があるのです…。

昔読んで思い出せない小説があるのです…。

道にカーテンのような大きなスカート(確か灰色か赤だったと思います)があって、その中に兄弟か姉妹が入ってしまい、どちらかが助かってひとりが行方不明になった…みたいなシーンのある小説をご存知の方がいましたら教えて下さいませ!

Aベストアンサー

もしかして児童書ではありませんか?
安房直子さんの「ながい灰色のスカ-ト」という作品がそういう内容です。
幼い姉と弟が山の中で「大きな灰色のスカート」のひだの中に迷い込み、さまざまな幻想を見て、弟はそのまま行方不明になってしまいます。
『白いおうむの森』など、いくつかの短編集に収録されていると思います。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q女性の方に質問 最近読んでおもしろかった小説を教えてください

女性の方に質問です。

最近読んでおもしろかった小説は何ですか?
ジャンルは問いません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・中嶋博行「ホカベン」
中嶋氏原作のマンガではなく、書き下ろしの番外編らしいです(マンガは未読)
・新野剛志「あぽやん」
・笹本稜平「素行調査官」
・鏑木蓮「エクステンド」
・桂木希「終末のパラドックス」
・アリステア・マクリーン「女王陛下のユリシーズ号」
古い作品ですみません。海外の小説は比喩や諧謔が分かりにくくて敬遠していたのですが、この作品は面白かったです!

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q20代女性が読んで涙する小説ありませんか?

20代女性が読んで涙する小説ありませんか?
是非おすすめあれば教えてください。
どんなジャンルでも構いません

Aベストアンサー

最近私自身が呼んで泣いたもの。

モンゴメリ「赤毛のアン」シリーズの「アンの青春」と「アンの愛情」
三浦綾子「細川ガラシャ夫人」「千利休とその妻たち」「道ありき」
村上龍「イン・ザ・ミソスープ」
堀辰雄「風立ちぬ」と「美しい村」
灰谷健次郎「兎の眼」

でも、、、人によって、日によって、体調によっても、同じ小説で泣く時泣かない時ありますから、如何とも。。。
私の挙げた本も一貫性が無いですし。^^
僭越ながら、どなたかに本を贈る事をお考えなら、受取手さん以外の意見はあまり意味が無いと思いますが。。。

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Qおすすめの恋愛小説・おすすめのライトノベル

23歳女です。
最近本を読もうとかなり本を読んでいるのですが、
そろそろ自分で探すのも限界になってきましたので
どうぞご指南をお願いします。

◎読みたい本
・恋愛小説(このサイトの『おすすめの恋愛小説』欄は参考済。)
・ライトノベル(電撃文庫とか富士見ファンタジア文庫等・・・他でも可)

恋愛小説は、
山田詠美さん・山本文緒さん・江國香織さん・唯川恵さんの本は大体読みました。
今後は辻仁成さん・川上弘美さん・島本理生さん・村山由佳さんの本を
読みたいと思っているので、それ以外でお願いします。
男性が書く恋愛小説をあまり知らないので教えていただけると助かります。
(セカチューとか今会いは男性作家さんでしたね。それは読んだのでそれ以外でお願いします)

ライトノベルは中学・高校時代に少しかじりました。
とはいっても、『タイム・リープ』と『<卵王子>カイルロッドの苦難』だけですが・・・
普通の小説ばっかり読んでいたのでまったく別のものが最近読みたくなりました。
ゲームを普段するのである程度現実じゃありえない設定もイケると思うのですが、
ファンタジーでも現代モノでも構いません。ちょっと恋愛が絡んでるとうれしいかなぁ?
ちなみに歴史モノも好きです。(とはいっても十二国記は投げ出しました(´∀`;))

長々とした文章本当すいません。
注文が多いですがどうぞよろしくお願い致します。

23歳女です。
最近本を読もうとかなり本を読んでいるのですが、
そろそろ自分で探すのも限界になってきましたので
どうぞご指南をお願いします。

◎読みたい本
・恋愛小説(このサイトの『おすすめの恋愛小説』欄は参考済。)
・ライトノベル(電撃文庫とか富士見ファンタジア文庫等・・・他でも可)

恋愛小説は、
山田詠美さん・山本文緒さん・江國香織さん・唯川恵さんの本は大体読みました。
今後は辻仁成さん・川上弘美さん・島本理生さん・村山由佳さんの本を
読みたいと思っているので、それ...続きを読む

Aベストアンサー

恋愛小説のほうですが、鎌田敏夫さんはいかがでしょうか?
ドラマ「29歳のクリスマス」「男女7人夏物語」の」脚本として有名ですが、映像化されていない小説で面白いものも多数あります。
恋愛小説では、「世界で一番ロマンティックな海」「恋愛前夜一度だけ」などがオススメです。恋愛というより少々青春小説といった感がありますが、「クロスロード」も面白かったです。

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q宮本輝の作品好きが好むような小説

最近、読書にはまりはじめました。
今まで全くといっていいほど、小説に興味がなかったのですが、読み始めると本が大好きになってしまいました。
ほとんど宮本輝さんの作品は目を通したのですが、「約束の冬」「星宿海への道」「草原の椅子」「ここに地終わり 海始まる」が好きです。
また、吉本ばななさんの作品もほとんど読み「うたかた サンクチュアリ」「キッチン」が好きでした。

他には「ふたたびの虹」「ストロボ」などがおもしろく感じました。

どん底でどうしようもなく落ち込んだり、絶望感を感じている主人公が、何かのきっかけで再生していくみたいな小説が好きみたいです。

こんな私に何かオススメの小説をおしえてください。
お願いします。

Aベストアンサー

私も宮本輝好きです。たぶんほとんど読んでると思います。
一番好きなのは「ここに地終わり 海始まる」ですね。他のも好きですけど。

私が読んだものの中では、古いですが川端康成の作風はとても宮本輝と似ていると思います。情緒溢れているというか、穏やかな物語の中に、はっとさせられるような感動がある。そんな感じですね。

お奨めなのは、川端康成の「古都」と「山の音」です。
女性向きの小説であれば、村山由佳の「翼―cry for the moon」とかお奨めですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報