12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

周り近所を見渡すと、雨どいの無い家も多数あります。
雪が多い地域は雨どいは止めた方が良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

雨どいは普通は取り付けてますよ。



冬期は積雪でやられてしまうので、雪が降り始める頃になったら
雪から家を守る「雪囲い」を家の周りに取り付けるときに取り外します。

春先になって雪が解け、雪囲いを取り外した後、雨どいを再度取り付けます。

雪が降らない地方では雨どいは滅多に取り外すものではありませんが、
雪国では雪に備えて取り外し、春になったら取り付けるものです。
    • good
    • 1

積雪地域でも多く樋の有る家を確認できますが、積雪が有っても凍結の度合いで可能地域と


意味の無い地域があります。

北海道なら道南(函館周辺)以外熱線を使い排水経路を確保しないと氷つき
軒樋は氷の重さで破損の可能性 縦樋は凍結で破裂の可能性があります。

心配ならストッパールーフで端に雨だれを集める方法もあります。

参考URL:http://park.ruru.ne.jp/kawai/yane/stop.htm
    • good
    • 0

新潟市在住です。


雨どいはあります。
No.1さんの回答にありますが、屋根には雪止めが付けてありますので、積雪で雨どいが壊れることはありません。したがって冬季に外すこともありません。
逆に無いと(取り外すと)、屋根上で融雪した水の排水に困るのではないでしょうか。
    • good
    • 0

東北海道ですが、雨樋のある民家はほぼゼロだと思います。



一部の建築屋さんは北欧仕様とか寒冷地用とかを売ろうとしているようですが
当地では全く見ませんね、他の地域は知りませんけど。

住民ははじめから雨樋は無い物と思っています、梅雨も無いし。
    • good
    • 0

富山の田舎で、屋根に1m超の雪が積もっています。


雨どい、ありますよ。
屋根瓦に雪止めが付いていて、
屋根の雪が雪崩のように滑り落ちないようになっています。
この冬は近年になく大雪だったので、ひさしの雪が雨どいに
覆いかぶさってきたので、軒下から長い熊手で落としましたけど。
でもそんなことしなくても、雨どいはめったな雪では壊れませんよ。
屋根に1m超の雪が積もっても大丈夫な
頑丈な家にする必要ありますけど。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新築で雨どいは 必要ですか。

群馬県の藤岡市に住んでます。

自宅を新築するのですが 今回の雪では雨どいが壊れて大変でした。

そこで今回 新築にあたり 北海道の様に 雨どいを付けないで新築したいです。

雨水がポタポタたれるのは 覚悟の上です。

法律的に雨どいを付けないのは違法に なるでしょうか。

Aベストアンサー

法律的には、問題ない、と思います。

北海道には確かに、雨樋を付けている、お宅は少ないです。(恐らく、皆無ではありません。)
これと同様に、瓦屋根のお宅も、恐らく、少数派です。

この理由を考えると、ご指摘のように、降雪が原因ではないか、と思います。

地方によって、例えば、屋根の形式が異なる、という事は、その地域の自然環境が、住宅に
作用している、と考えても良いように思います。
(単純な例で、中東砂漠地帯では、雨が降らないので、屋根は水平ですし、熱帯雨林地帯では
 屋根のこう配は非常に急になります。)

理科年表で、札幌と前橋の降水量を比較してみると
(札幌)1月110.7ミリ、2月95.7ミリ、3月80.1ミリ、4月60.9ミリ、5月55.1ミリ、6月51.4ミリ、
    7月67.2ミリ、8月137.3ミリ、9月137.6ミリ、10月124.1ミリ、11月102.7ミリ、12月104.8ミリ

(前橋)1月20.8ミリ、2月33.0ミリ、3月56.3ミリ、4月78.7ミリ、5月90.7ミリ、6月151.4ミリ、
    7月183.0ミリ、8月184.7ミリ、9月214.8ミリ、10月93.4ミリ、11月42.7ミリ、12月13.2ミリ

上記の差は、札幌では、11月~2月までの冬季の降水量が多く、前橋では7月~9月までの降水量が
多い、という事です。
これは単純に、札幌では冬季の雪対策が重要であり、前橋では、下記の降水、台風対策が
重要だという事だろうと思います。

今回の大雪は大変だったと思いますが、20年ぶり位の大雪、という事は、逆に言えば
その位発生頻度が低い、という事でもあります。
この辺りを、考えて、方針を決めては如何でしょうか?

参考までに
「軒樋」を付けない場合
 1)屋根全面の降水量をそのまま建物周囲に放出するため、敷地内での
   雨水排水計画が重要であり、最悪、敷地内が水浸しになる可能性がある。

 2)風が吹いている時は、外壁を雨が濡らす確率が高く、汚れ、カビ、等の
   二次的な対策が必要となる可能性があり、建物の傷みが早くなる。

「軒樋」は付けるが、雪は落とさない。(樋は壊れない?)
 1)屋根に「雪止め金物」(或は、その作用をする瓦?)を付けると一応落屑の
   防止効果はある。
   「雪止め金物」は瓦には付かず、屋根仕上げ材に影響を与えそう。(鉄板系?)
   しかし、理屈上ビス類で止めるので、止水処理をしても、漏水の可能性がある。

   また、落下防止、と言いながら、完全に落雪を防止することはできない。
   雪止め機能を持つ瓦は、何年か前、たまたま見て、そのような機能がある、と
   思った物で、実際にそのような使われ方なのか、強度は期待できるのかは
   解りません。

「軒樋」をつける。
 1)この場合、落雪によって、当然、壊れる可能性があります。
   しかし、物は考えようで、壊れるのは許す、として、簡単に復旧できるような
   樋の固定方法を事前に設定しておくことは可能ではないか、と思います。

   樋が壊れた時、樋だけが取り換えの必要が発生しますが、屋根本体、建物本体が
   ダメージを受けない「納まり」が工夫次第で可能ではないか、と無責任に思います。

   イメージは、蛍光管が切れたので、取り換える、みたいな。

以上、無責任に申しあげました。
ただ、その地方地方で、気象条件が異なりますので、何かを変更すれば、利点がある分
欠点も表面化する危険があります。

ご検討ください。

法律的には、問題ない、と思います。

北海道には確かに、雨樋を付けている、お宅は少ないです。(恐らく、皆無ではありません。)
これと同様に、瓦屋根のお宅も、恐らく、少数派です。

この理由を考えると、ご指摘のように、降雪が原因ではないか、と思います。

地方によって、例えば、屋根の形式が異なる、という事は、その地域の自然環境が、住宅に
作用している、と考えても良いように思います。
(単純な例で、中東砂漠地帯では、雨が降らないので、屋根は水平ですし、熱帯雨林地帯では
 屋根のこう配は...続きを読む

Qチェーン状の雨樋は何て言うのでしょうか

よく建築家の施工事例とかで見る、チェーンのような雨樋はなんて言うのでしょうか。
思いつくかぎりのワードを入れて検索してみましたが、まったくヒットしません。
よく建築家の施工例なんかで見る、ステンレスの輪がいくつも連なって
下に雨を落とすタイプのものです。
また、一般のパイプ状の雨樋に比べて、機能性がどうかも教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

鎖樋ですが、設置場所にご注意ください。

鎖樋の排水能力は小さいので、五月雨程度では風情があるものの、最近のまとまった雨では鎖ひとつひとつの部分で飛び散り、樋なのか撒き散らしているのかわからない状態になります。

設置する場所はまとまった雨でも雨水が集まってこない部分です。通常の屋根の雨樋につなげるのは、やめたほうがよいです。

何を考えてか玄関の庇部分に設置されているものがありますが、玄関出入りの際に庇で雨をしのぎたいのに鎖樋で雨が飛び散り、家の中に入るまで傘がたためなくなっている状況の家が時にあります。水が鎖を伝っているうちならまだしも、更に雨が多いと横樋から鎖に接続する部分の穴から「ダダ漏れ」になってしまうともう訳のわからないシャワー状態になります。鎖につながる穴が小さくて横樋から水があふれているものもあります。

あくまでも見栄えだけですので、日本庭園風の中庭とか限定された樋に使うほうがよいと考えます。玄関に設置するのだけは個人的にはやめたほうがよいと思います。

Q駐車場に砂利か砕石をひきたいが、何が良い?

戸建ての駐車スペースに、自分で砂利か砕石をひいて安く仕上げたいと考えております。砂利や砕石の購入は、建設中の工務店にお願いしようかと考えておりますが、砂利や砕石に種類がたくさんあって、何がよいでしょうか?
候補として、
1、砕石40-0 40mmから0mm
2、砕石30-0 30mmから0mm
3、砕石5号 20mmから13mm
4、砕石6号 13mmから5mm
5、砂利25mm前後
この当たりはどうかと考えております。
コストは多少割高でも構いません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1,2は舗装用のアスファルト舗装の下層、上層路盤材として使用します。
 限られた面積では敷き砂利すると表面に粒度の荒い40~20mmが多くなり(逆層)締まりませんので安定性が悪いです。

No.3,4は砕石の分類では主に生コン、アスファルト合材の主骨材として使われ単粒砕石といわれます。
 No.1,2より締まりませんので安定性がなく車の出し入れの際に砕石が動いてしまいます。 一般には化粧砕石として歩行用として利用します。 No.5も同様に駐車場には不向きです。

一番安価なものでは「切り込み砕石」というものがあります。いわゆる採石場でダンプより一次破砕したときに30mm以下を振り落とします。 採石場ではコストを掛けて場内処分しているものです。
 適度にこまく多少の土分の含むので土木業者さんは仮設道路や埋め立ての化粧敷き砂利にします。
 地域によっては舗装路盤やコンクリート骨材としての強度不足の岩石を採掘している専門業者もおります。
 通常それらの用途は道路の基盤材や仮設道路の路盤材に使用されています。
 中には民間駐車場の舗装路盤材としても有効なもののあります。密度もあり締まりますので駐車場の砕石としては最良のものです。こちらでは「ズリ」と呼んでます。
 この手の砕石が手に入ればこれで十分です。 こちら(宮城)では2tダンプ一台6000円です。 
 つまりm3当り4000円ですね。
駐車場の面積が3mx4mとしたらh=0.3
3x4x0.3x1.2(食い込みロス)=4.32立米(約3台)
ですから18,000円ですね。

高くて品質の良いものを必要とするなら
舗装路盤材の上層路盤材として利用されるM30ですね
M30(粒度調整路盤材:最大骨材寸法30mm~0mm)
 質問のN0.2(専門ではC30といいます。クラッシャーラン0)を主材としてそれに荒砂(山砂:陸砂)+スクリーニングス+石粉
を粒度調整材として加えています。
 密度を最大に高めて強度も出していますのでこれ以上最適なものはありません。 
 ただし材料は大口受注生産品ですのでわざわざ出してくれるかが最大の問題です。
 ということで切り込み砕石かズリがよろしいですね。 
 
 

No.1,2は舗装用のアスファルト舗装の下層、上層路盤材として使用します。
 限られた面積では敷き砂利すると表面に粒度の荒い40~20mmが多くなり(逆層)締まりませんので安定性が悪いです。

No.3,4は砕石の分類では主に生コン、アスファルト合材の主骨材として使われ単粒砕石といわれます。
 No.1,2より締まりませんので安定性がなく車の出し入れの際に砕石が動いてしまいます。 一般には化粧砕石として歩行用として利用します。 No.5も同様に駐車場には不向きです。

一...続きを読む

Qブロック塀を10m位作りたいのですが、見積もりはいくら位でしょうか?

ブロック塀を10m位作りたいのですが、見積もりはいくら位でしょうか?
ブロックは最安の一般的なもので、1段目を土に半分くらい埋めて、その上にもう1段と考えています。
自分でやろうと思ってますが、水平をだすのが難しそうなので業者さんに依頼した場合、どの位の見積もりになるか知りたいです。
簡単な土留めと考えていますが、人目につきやすい場所なので水平、垂直はしっかりしたいです。
できれば、工賃と、材料費等、項目別の見積もりが知りたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

yakisoba-様 自分で作るならそれ程手間もかからないで出来ますので挑戦してみて下さい。
真直ぐに作るのであれば、棒又は鉄棒を3~4本同じ間隔で立てて糸を張る。(手前から奥へ糸を覗き込めば真直ぐかどうかが分かる。糸の重みで途中が弛まない様に棒にテープ等で仮止めをする。又、糸を2本位張っておけば作業工程の基準となります。)
基礎地盤が大事なので、作る予定の地盤はしっかりと踏み固めて下さい。砂利を5cmくらいに引きつめる。
水平にならすのが良ければ、水平器(100円ショップにある)で所々たる木を下敷きにして測りながら砂利の地固めを行う。
基礎のコンクリート(セメント1・砂3・砂利6を混ぜた物)を流し込む。砂利から5cmくらいの高さまで流せばOK。固まる前にブロックの穴の間隔に合わせて鉄の芯を打ち込む。(安い鉄筋で良い。二段目のブロックの頭から突き出さない長さにする事。ブロック1個に対し、鉄筋2本が普通ですが高く積み上げないので1本でも良い)1日乾燥させる。
モルタルを作る(セメント1・砂2~3)。
後はブロックの四隅にモルタルを親指大に乗せて行き並べて行く。
はみ出したモルタルは竹べらや目地ゴテを使って形をととのえる。
ブロックの切断はタガネ(100円ショップ)で少しずつ傷を付けながら両側から割るとい。上段のブロックの穴に小さい草花を植えるのも良いかも。  健闘を祈る。

yakisoba-様 自分で作るならそれ程手間もかからないで出来ますので挑戦してみて下さい。
真直ぐに作るのであれば、棒又は鉄棒を3~4本同じ間隔で立てて糸を張る。(手前から奥へ糸を覗き込めば真直ぐかどうかが分かる。糸の重みで途中が弛まない様に棒にテープ等で仮止めをする。又、糸を2本位張っておけば作業工程の基準となります。)
基礎地盤が大事なので、作る予定の地盤はしっかりと踏み固めて下さい。砂利を5cmくらいに引きつめる。
水平にならすのが良ければ、水平器(100円ショップにある)で所々たる木...続きを読む

Q雨樋のない住宅の外壁はなにがベストなのでしょうか。

雨樋のない住宅の外壁はなにがベストなのでしょうか。

どうも、住宅(建売)設計会社で働いているものです。

最近都内で“樋なし・軒の出なし”の住宅をよく目にするのですが、なにでつくっているのでしょうか。
屋根と外壁が同じ素材で、ガルバのようでしたが、雨だれなど後々は大丈夫なのでしょうか。
お願いいたします。

Aベストアンサー

基本的には軒をだして雨樋をつけるの良いような気がしますが。
屋根面を外壁面から送りだして雨を樋にあつめて流す、重力により下に雨おとしてやるという方が
排水性能があるように思いますが。
たとえば鉄骨建て 3方パラペット  水下に雨水を流す建物がある場合も、3方側のパラペットに笠木を取り付け
ているだけではありません。昔はただ笠木を取り付けていただけですが、現在は雨漏り等が多く発生したので
捨て笠木(通常 カラ-鉄板)をつけてから通常のアルミ笠木を取り付けています。
叉鉄筋コンクリ-トの建物もごらんになればわかりますが、庇部分のコンクリ-トに目地をつけ水をきるように
してあります。これも上記のためです。雨水がいつも上から下へ流れると思って工事施工をしたら大間違いです。
風速をともなった雨の場合にはぎゃくに水下から水上にあがったりもします。
よほどしっかりとしたおさまりを検討しなければ、後日雨もりという結果がでます。
通常鉄骨建てで屋根よりも看板部分や化粧物がある場合には、板金業者をまじえて施工方法を検討して決定し施工します。その場合は捨て水切やタイベック等の巻き込み、押さえ部分の捨てシ-ル等で2重にも3重にもガ-ドします。
安易にデザインだけで施工するとあとでしっぺ返しをくらいます。過去の経験をつみ重ねた結果です。
住宅業者さんがどこまで考えているかは不明ですが、ビルものを扱う業者さんは、雨もれで機械がぬれて損害が発生、いろいろなの障害が発生し保証問題がおきる等のリスクを回避する手段を考えながら工事しています。
屋根ガルバ外壁ガルバ だと単一材だと弱いため成形製品になりますよね。とすると必ずかぶせになりますよね。
そこに弱い部分が発生すると、風圧を伴う雨水により漏水しますよね。
たいがい台風時のときの雨もれなどは、ちょっとした弱いところでおきます。
外壁面に面する配管ダクトなどは勾配がとられていないと、逆流して天井から雨もれをおこします。
質問者がはなされたような、おさまり方で漏水しないようにするのは、かなりの手間時間と板金工の腕が必要になると思います。

基本的には軒をだして雨樋をつけるの良いような気がしますが。
屋根面を外壁面から送りだして雨を樋にあつめて流す、重力により下に雨おとしてやるという方が
排水性能があるように思いますが。
たとえば鉄骨建て 3方パラペット  水下に雨水を流す建物がある場合も、3方側のパラペットに笠木を取り付け
ているだけではありません。昔はただ笠木を取り付けていただけですが、現在は雨漏り等が多く発生したので
捨て笠木(通常 カラ-鉄板)をつけてから通常のアルミ笠木を取り付けています。
叉鉄筋コンクリ-ト...続きを読む

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Qコンパネt12mmと構造用合板t12mmどっちが強度がありますか

 日曜大工で物置を作っています。コンパネは白くてきれいですが、構造用合板

 のほうが安いんです。このカテゴリー 金属関係と屋根関係については、

 回答者になれるんですが、木工は良く解らないので、ご指導よろしくおねがいします。

 

Aベストアンサー

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上(特類)の耐水性能を有しています。
これは主に接着剤の分類から来る特性です。
詳しくは検索サイトから情報収集してください。

ただし、建築対象が『物置』ならばどちらでも大差はありません。
板表面のきれいさを取るなら「コンパネ」、コストと強度を取るなら「構造用合板」と考えてください。
ちなみに、私が営業で物置を作る場合の材料の選択要素は「安い方」です。
オマケですが、両者は微妙に大きさが違うことはご存知ですね。
コンパネは1800×900、構造用合板は1820×910です。

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上...続きを読む

Q給湯器はガスと灯油どっちがいいの?

関東地区に居住するものです。
現在はガス給湯器を使用しております。
更新時期が近い為、教えてください。
経済的にはどちらの方が得なのでしょうか?
・購入時の費用
・燃料代やメンテナンス費用
 (燃料代は灯油が安いと聞きますが?)
・燃料代は、どの位違うのでしょうか?
又、
・使い勝手
・灯油補給の手間
等、トータル的にどちらがお勧めですか?
詳しい方、教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

関東地方のどこであるかが重要です。

・・というのも燃焼音でいうと灯油の給湯器の方が大きく隣の家が近い首都圏近郊なんかは燃費ウンヌンの前にそちらの方が重要であるようです。

また、灯油のタンクも場所をとりますので首都圏の家には不向きとなります。

さらに液体を燃やす灯油給湯器に比べガス体を燃やすガス給湯器を比べると燃焼筒やバーナーの汚れ具合は灯油給湯器の方が多いのでメンテナンス費用も余分にかかると考えてよいでしょう・・

ガス給湯器の宣伝になっちゃいましたが

燃費は断然灯油給湯器です。
タンクを置けるスペースがあり、お隣に迷惑がかからないとなると灯油給湯器でキマリですね。

実際売れる種類を地域的にみても上記のような傾向があります。
器具問屋で働くものより・・

Q土の駐車場をコンクリートに変えたいです

現在、使っている駐車場は土なのですが埃がすごく、雨が降るとぬかるむので、不便で、近所の目も気になります。
60m2くらいあるのですが、駐車場用のコンクリートを貼るとどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

それと、業者に頼む場合、現場から近い会社のほうが出張費とかのからみで、全体の金額は安くなるのでしょうか?

また、ある業者はコンクリート塊を砕いたリサイクル砕石だとダンプ2t車満載1台分で\65,000円といわれました。。。。
これは妥当な金額になりますか?

もちろん、現場の状況によって金額の幅がでるとおもいますが、おおよその目安の金額を教えてください。

ちなみに、門としてステンレスのキャスターがついています。

わかりづらい文章ですみませn。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

土木工事の値段は、工事をする場所の条件により大分変わります。
・大型車で材料が搬入可能かどうか
・工事場所の交通量・・市街地と郊外等
・現在の駐車場の土を掘って、掘った土を処分する必要がある場合処分する場所迄の距離・・等々

概算ですが コンクリート厚10cm、砕石厚15cmで、諸経費込みで 6,000円~8,000円/1m2 位だと思います。

リサイクル砕石の値段は、当地では2t車1台 4,000円位です。

施工業者は近い方が安くなると思います。現場までの通勤に関する時間・費用が安くなります。

Q雨樋なし?

東北地方で新築計画中です。
ある工務店の商品で、雨樋を標準では付けないという家を検討中です。
理由は、雪など凍害で壊れるからだそうです。
壊れるものは、できるだけ付けないとのことでした。
雨の雫については、砕石を敷くことによって問題がないとのことでした。
玄関など人が出入りする場所は、小さな切妻?屋根にしたり、雫が落ちないようにするそうです。

本当に問題がないのでしょうか?
雨樋のない家は見たことがないような気がします。
アドバイスを宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

はい、確かに、落雪で、樋は、良く壊れます。
また、つららでも、壊れますし、冬季は、雪や氷のために、樋が、機能しませんね。

で、雪や、つららが、自然落下するように、また、落下した雪が、軒下に溜まるスペースがあり、その落下した雪が直接、建物に触れないようにするスペースと覆いが、必要になります。これが無く、直接、雪が建物に接すると、建物が冷え切るとか建物の壁から、部屋の内部に水分が侵入する。窓ガラスが、圧雪で、割れるという事態もあります。(雪囲いのスペースは、その地域の積雪量に応じてかなり必要になります。)

なお、無落雪住宅や陸屋根構造(ビルの屋根のようにフラットな屋根)は、想定積雪量以上、積もった場合は、当然、屋根が壊れますから、雪卸が必要になりますし、冬季は、ずっと暖房していないと、駄目です。(竪樋を凍らせると、氷が膨張して、竪樋も壊れる)ヒーターが切れても
壊れます。(電気の回路もヒーター回路を別に設けます。水道管、トイレの貯水、融雪用と、電気は入れっぱなしですので、内地のように、ブレーカーで、電気を落としてしまうことは、出来ません。と、いうか、通電しないと、トイレは、凍って壊れる、水道管は、鉄製でも、パンクしますし。。。)

あと、屋根には、落雪したら、危ないところは、雪止めを屋根につけますし、落雪の速度調整のためにも、付けます。

また、内地と異なり、壁の防水加工や、窓ガラスの復層化とか、暖房や換気の穴の方向を、冬場の風向きを考えてあけるとか、内地に無い設計は多くありますし、柱や桁の太さも雪の分、太く設計しますし。で、内地の設計士や工務店では、気がつかない、ノウハウは、たくさんありますよ。

なお、谷樋が着く屋根は、春まで、雪に漬かるので、防水には、気を使いますよ。積雪があっても、家を暖房しているので、絶えず溶けて水が流れていますので。。

雨樋が折角の美しい屋根を台無しにしてしまっているのをみて、嘆いています。
>>>>>これは、寺院専門の、雨樋屋さんが、設計、施工しないからですね。つまり、寺の屋根のカーブに併せて、きれいに、樋を着ければ、雨は必ず、低い方へ、流れるので、竪樋が、真中に来てしまいますね。両脇にするには、2重樋と言った、特殊な樋を使います。外のデザインは、右が低くて、右に水が流れるように見えて、実は、中は、左勾配で、左に水が流れるものです。

ほとんどは砕石や丸石を敷くか、排水の溝があったりして、雫が落ちても良いようになっていますし、入り口も唐破風などで前に雫が落ちないようになっています。だから、もともとは雨樋なんてなかったのでしょうね。
>>>雨の落ちるところの丸石ひきのところを、犬走りと言います。石の大きさと量は、屋根の高さと水量で決めます。また、石の下にU字溝を隠して、排水したりします。

古来の寺は、屋敷の廻りを城のように、お堀を作って、水を逃がしましたが、そうすると、自動車とか、入れなくなり不便なので、地面の下に、今は隠します。

なお、私自身は、愛知で居住していますが、長野で、家を設計したときは、やはり、雪と水道、トイレ、暖房は、全く内地とは、異なる設計をしました。

トイレも寒冷地用で、設計しますし、台所でも同じですね、出入り口を、2重にしたり、雪を玄関で、払ったり、
物置と言うか、乾燥室や、洗濯物、干し場、除雪用具置き場とか、専用のものは、いっぱいありますね。
プロパンの置き場も、冬場でも、道路から、入れ替えできる位置にするとか。。。

寺の設計もした経験は、あります。
なお、設計士では、ありませんが。。設計士のコンサルタントみたいな感じですか。。。

はい、確かに、落雪で、樋は、良く壊れます。
また、つららでも、壊れますし、冬季は、雪や氷のために、樋が、機能しませんね。

で、雪や、つららが、自然落下するように、また、落下した雪が、軒下に溜まるスペースがあり、その落下した雪が直接、建物に触れないようにするスペースと覆いが、必要になります。これが無く、直接、雪が建物に接すると、建物が冷え切るとか建物の壁から、部屋の内部に水分が侵入する。窓ガラスが、圧雪で、割れるという事態もあります。(雪囲いのスペースは、その地域の積雪量...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報