プロが教えるわが家の防犯対策術!

鎌倉時代など、全国の郵便制度がなかったころ、お手紙など一般庶民は出さなかったのか、出せなかったのか、武家同士しか使えなかったのか、もし、飛脚みたいなものがあるなら、その手紙が着く保証や秘密厳守はどう考えていたのか(利用者)また、どれくらいの時間がかかり、その労力からして、どれくらいの代金で、引き継ぎの人との代金の分配などどうしていたのでしょうか?また、手紙以外の宅配・小包なんか託すことができるのか・・・・教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

鎌倉時代には公用便として鎌倉飛脚・六波羅飛脚などがあったそうですが、普通は、使者を派遣して使者に手紙や荷物、口上(こうじょう・言葉を伝えてもらう)を託するのだと思います。

この方式は、もっと以前でも、江戸時代でも基本的には同じだと思います。江戸時代には、幕府などが使う継飛脚、諸藩の大名が使う飛脚、また大名・武家も町人も利用した専業の飛脚屋・飛脚問屋などが発達したのですが、基本は、その案件ごとに誰かを使者に仕立てる方式です。大名家も江戸や大坂と連絡する必要があるときには使者を立てるのが普通でした。
使者になれるのは、代理の役ができる/信頼できるある程度地位身分をもつ人というのが普通です。
昔、自分で歩いて行くことが難しいような遠隔地に連絡する必要があるのは、幕府や大名、貴族、寺社などが自分の関係している領地や荘園への指示や報告を受けることとか、政治的な連携、交渉のためです。
商業が発達したなかで、本店と支店で連絡をとる必要もあったでしょう。 しかし、一般庶民はほとんどそうした連絡を取るべき相手が遠隔地にはいませんから、飛脚そのものの必要性があまりありません。結婚や就職、転居などで、知り合いが遠隔地にできて、その人と連絡を取りたい場合には、そちらの方面に出かける人に手紙を託すことになったでしょう。そのような(ついでにお願いする)方法は、必ずしも確実ではないし、いつも利用できるとは限りません。
時代劇や落語などでも、その方面に行く人に(ついでに託す)例が出てくることがあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%BF%E8%80%85
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E8%84%9A
http://edoken.shopro.co.jp/test/03/a03.html
http://kaidouarukitabi.com/rekisi/rekisi3.html
当然のことですが、江戸から京都、大坂の誰かに手紙か小荷物を送るとして、京都や大坂まで行ってから、届け先に持っていき、(受け取りがいないと何度も行かないとならない)受け取ってもらってから、江戸に戻って、依頼者に届けたことを伝えるのですから、とても手間がかかります。料金もかかるし、よほど地理に詳しくて良い偶然か重ならないと大変です。 簡単に飛脚を使えるものではないでしょう。
http://mystery.illusion-factory.com/dictionary/2 …
    • good
    • 0

今の郵便のように不特定多数を相手にする仕組みはありません



必要があれば使者を発てました、ですから専用で貸切です
現在電話で済ます用件でも書面を認め使者を発てました、使者に口上を述べさせることもありました
返答を使者が承ってきました

質問の2行目以降は 成り立たない 無意味
郵便制度は明治の初め頃作られた画期的なシステムです
    • good
    • 0

飛脚は、もうすでにいたというよ。



時間が大幅に遅れることが多いので、幕府とかのご用達

が大半で一般庶民は手が出せない代物だったみたい。

しかも、文字が読めない人も多かったし。

代金だけど、今のサラリーマンの給与で換算すると

80万円くらいかな。

http://www.kantei.go.jp/jp/kidsold/hanashi/posta …

手紙が着く保証はなかったかもね。時間が保証できないんですから。

秘密厳守も使える人が限られるから必要ないのかも。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ飛脚は馬ではなく人力で走るのか?

江戸時代、飛脚がいますよね。なんでも大阪から東京まで3日でいったとかなんとか。

それはそうとして、時代劇で飛脚を見るたびにおもっていました。

「なぜ、馬を使わないんだろうか?」

馬のほうがいいような気がするんですが、どうでしょうか?

いや馬を使っていたこともあるとは思うんですけど。

飛脚ってほとんど人力走りじゃないですか。おかしくないでしょうか?

Aベストアンサー

実は日本は世界の歴史から見て、稀有なほど馬を利用しない文化だったのです。たとえば馬車は地中海や中近東では紀元前には出現しているのですが、日本ではついに一度も利用しないで、自動車社会になってしまいました。日本の道が狭く道路を整備しづらいのは、馬車を利用しなかったからだ、という説もあるぐらいです。

なぜ馬が利用されなかったのかはついては、体系的な説明がなかなかなく、私も調べているかぎりの知識になりますが、いくつかの事実をあげると
・馬の去勢を行わなかった。
・武士階級はそもそも馬を御す技術を持った者のことだったため、乗馬が特権化した。
・仏教思想から、馬に限らず牛なども家畜というより家族として扱った
ということが影響していると思われます。

そのうえで飛脚についていうと、江戸時代でも馬による伝令はあったのです。ですから、飛脚とは別に馬を使った伝令も江戸時代にはあったのが事実です。
これらの伝令用の馬は平安時代に「駅伝駅馬」として整備を始め、江戸時代には駅がおかれた地域を中心に宿場町が発展していました。
つまり江戸時代の宿場には駅(伝令のために馬を用意し、宿泊できる施設も整えた施設)もあったのです。

ところがこれは平安時代から政治的軍事的な伝令のためのもので、庶民がつかえるようなものではありませんでした。武士といっても国の根幹にかかわるような伝達事項でなければ、馬は利用できなかったのです。

そのため、庶民が気軽に利用できる郵便制度として飛脚が発展し、まるで現在の宅配便のように気軽に利用できるようになっていたのですが、ここでそもそもの問題があります。それは「なぜ江戸-大坂間などを頻繁に飛脚が往復する必要があったのか」ということです。

この時代は人の行き来が難しい時代ですから、現代のように関東と関西に親戚がいて、お父さんは東北に出張、お母さんは九州に旅行、という具合にはいきません。当時のほとんどの人は生まれた場所から10kmぐらいの行動範囲しかなかったのです。

そのため飛脚は実は「商売」のために往復していたのが実際のところです。実は江戸時代、江戸と大坂では金貨経済と銀貨経済と貨幣も貨幣単位も違いましたし、大坂の堂島には米の先物取引があり、米相場は大坂しかし米の消費地は江戸、という二重経済をしていたのです。

今で言えば日本の中に円建ての経済地域とドル建ての経済地域があるようなもので、しかも毎日為替相場が動いて、その日の金貨と銀貨の交換比率が変わるという具合だったのです。

現在でもFXのように、為替相場は儲けることができます。また米の先物取引で儲けることもできます。この儲けのために頻繁に江戸-大坂間を証文がやり取りする必要があったので、飛脚が発達したのです。
しかしこれは階級社会から見れば士農工商の商、何の労働もしないで富をえるいちばん悪い儲け方だったので、当然ながら役人は馬の使用を許可しなかったのです。

これが、実際に馬を利用しなかった(できなかった)一番大きな理由です。

もっとも、日本も馬の去勢を取り入れていたら扱いやすい馬が増え、江戸時代には普通に馬や馬車を利用していたかもしれません。

日本から古来から大陸産の馬を時々輸入していたようで、去勢の方法も知らないはずは無かったのですが、たぶん当時の文化的な理由から馬の去勢をしなかったのだと思います。(じつは人間の去勢である宦官も日本は大陸から受け入れていません。日本は中国・朝鮮からいろいろな文化を受け入れつつかなり取捨選択しているのです)

話が脱線しましたが、江戸時代の中期になると庶民でも利用できるぐらい飛脚が発展したので、時代劇にも登場するのでしょう。それに比べて伝令の駅馬は地味すぎるのと政治的なドロドロが多すぎてテレビには向かないのではないでしょうか。

実は日本は世界の歴史から見て、稀有なほど馬を利用しない文化だったのです。たとえば馬車は地中海や中近東では紀元前には出現しているのですが、日本ではついに一度も利用しないで、自動車社会になってしまいました。日本の道が狭く道路を整備しづらいのは、馬車を利用しなかったからだ、という説もあるぐらいです。

なぜ馬が利用されなかったのかはついては、体系的な説明がなかなかなく、私も調べているかぎりの知識になりますが、いくつかの事実をあげると
・馬の去勢を行わなかった。
・武士階級はそもそも...続きを読む

Q源氏は「白」、平家は「赤」の由来。

Netでは、次のような理由を見つけましたが、詳しい説明がないので、すっきりしません。
これらの理由は正しいのでしょうか。
1.源氏の「白」は、源氏が「新羅系」であり、その新羅は「白旗」の国であると
『書紀』に記述されている。
2.平家が「赤」旗を掲げたのは、「赤」が官軍を意味するから。

1 について言えば「新羅は白旗の国である」という意味が解りません。
当時すでに、「白旗」が「降参」を意味するということは、知られていたと思いますが…。
2 の「赤は官軍を意味する」ということであれば、当時、そのように認識されていたのでしょうか。
つまり、過去、何かの戦で、官軍側が赤旗を使ったという事実があるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

壬申の乱で勝利した大海人皇子(後の天武天皇)が、戦いの時に赤旗を使用していました。

これは、五行思想の火徳を自称した中国の漢の高祖、劉邦にならって、自らが創業帝王である正義の軍である事を主張したのだろうと言われています。

「Netでは」というのが、どのようなサイトの事かがわからないので確認できませんが、官軍とは天皇の軍という事ですから、「赤は官軍を意味する」というのは、その事ではないかと思います。
ちなみに、壬申の乱の時、相手の大友皇子(弘文天皇)側は、金の旗を使用してました。

おそらくは、この赤に対抗するための、源氏の白だったと思いますが、白にも、清廉潔白の意味があり、軍神である八幡菩薩の色という事だったので、赤に対抗する色としては、ベストな色だったと思います。

ちなみに、「白旗が降参を意味する」という観念は、その頃(源平の頃)の日本にはありません。

幕末にペリーが黒船でやって来た時(2回目の時)、もし交渉が決裂すれば、攻撃も辞さないという意味の手紙に白旗が添えてあり、「降伏するなら、この旗を掲げよ」みたいな説明があって、日本人は初めて、「白旗が降参を意味する」事を知りました。

壬申の乱で勝利した大海人皇子(後の天武天皇)が、戦いの時に赤旗を使用していました。

これは、五行思想の火徳を自称した中国の漢の高祖、劉邦にならって、自らが創業帝王である正義の軍である事を主張したのだろうと言われています。

「Netでは」というのが、どのようなサイトの事かがわからないので確認できませんが、官軍とは天皇の軍という事ですから、「赤は官軍を意味する」というのは、その事ではないかと思います。
ちなみに、壬申の乱の時、相手の大友皇子(弘文天皇)側は、金の旗を使用してました...続きを読む


人気Q&Aランキング