私の勤務する会社でこのような肩書きの上司がいますが、
 
 常務取締役 総務部長 兼 検査部長  ○○ ××(上司の名前)

今度、下請け先を召集し連絡会を行います。そこで、挨拶をしてもらうのですが、どのような肩書きで呼ぶのが良いのでしょうか?また、スケジュール表を作成するのですが、どのような肩書きで記入するのが良いのでしょうか?
個人的には役職が長いので一番えらい肩書きである「常務取締役」を表示して、下のような表現が良いのかなぁ、と思うのですが。皆さんの意見お待ちしております。

 常務取締役 ○○ ××(上司の名前)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

常務取締役が使用人たる部長職を兼務することはあまりなく、逆に見栄えが悪いかもしれません。


しかし、社内の役職については、誰もどうこう言う立場になく、ただのイメージなどで変に言われかねませんね。

その連絡会の責任者とその役員の意向を確認されるべきでしょう。

すべて説明するとしたら、総務部門及び検査部門の責任者である常務取締役ではないですかね。

私の会社は小さく、役員は兄である代表取締役と、私の取締役だけです。社内的には、私は総務部門の責任者として総務部長を兼務し、名乗っています。しかし、その他の事務的部門や法務関係の責任者も兼ねているため、法務部・人事部などの責任者にも該当します。さらに派遣業の責任者であり、営業部門の対応も行います。
ほとんどの対外的な役職は総務部長として名乗り、金融機関や公的機関に対しては取締役の総務担当として活動していますね。

その場でわかりやすい役職でよいと思いますが、当人などから不満が出てもいけませんから調整すべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/03/19 12:32

常務取締役 総務部長 兼 検査部長



貴社はよほど小さな会社ですか。
普通常務取締役が部長を兼任することはありません。

常務や専務は専任取締役で、部長等の使用人を兼務しないのが常識です。

といっても実際にそうならば仕方ないですね。
こういう場合は最も高位の役職で言うのが良いでしょう。
つまり「常務取締役の○○です」という言い方です。

話の経過で職務の中身になる場合は

「総務と検査を見ています」といえば良いのです。
    • good
    • 0

その上司にとって最も「格の高い肩書き」は常務取締役でしょう。



そもそも下請先から見て「総務部長」や「検査部長」の肩書きは意味ないのでは?

従って表記は「常務取締役 ○○」、呼ぶときは「○○常務」。
    • good
    • 0

常務取締役 総務部長 ××(上司の名前)


兼務の 検査部長は呼ぶ必要はないと思いますが・・・
事前に打合せ、リハーサルはされないのでしょうか
ご本人に、直接、肩書きはどうのようにお呼しましょうかと確認されたほうが良いと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名刺の渡し方

正式の名刺の渡し方受け取り方を教えてください。

Aベストアンサー

自分から先に名乗り、挨拶をする。

必ず立って名刺交換する。

相手に読める向きに差し出す。

原則は両手で渡して両手で受け取る。

自分が渡すのと同時に相手が出した場合は、右手で渡して左手で受け取る。

相手から受け取った後は、右手を添え、目の高さまで持ち上げ押し頂く姿勢を
示すという心遣いをもつ。

Q常務取締役=使用人兼務取締役?

 先日、株主総会におきまして常務取締役が選任されず、取締役から外れました。
 その件で質問なんですが…

1.元常務取締役曰く
「常勤している取締役は使用人兼務取締役だから取締役を解任されても使用人としての地位は残る」
と言っております。
 税法上では「代表取締役、社長、副社長、専務、常務等の役付取締役は使用人兼任取締役にはならない」となっておりますが、その他の法令についてはどうなっているのでしょうか?

2.取締役から外れたため「常務取締役」としての名刺は使えないわけですが、その際、「常務」という役職での名刺の発行を要求されているわけですが、そもそも取締役でない「常務」という役職がありうるのか…一般的にどうなんでしょうか?
※こちらの問題については、そちらの会社でどうするかの問題だろという答えになりそうですが、一応参考意見をお願いします。

Aベストアンサー

1について

ご存知かもしれませんが
少なくとも、会社法上では、代表権の有無だけが問題になるのであって、社長も副社長も関係ありません。

また、常勤=使用人兼取締役というわけではなく、その企業の問題です。

2について

「常務」という役職を制定することは、法令上存在しませんので、企業の自由です。

しかし、「常務」という肩書により、相手方に取締役であることを誤認させるのであれば、表権代表の問題が発生しないとは言い切れません。

私の勤務していた会社では、役付きを外れても退社しない場合は、「理事」という肩書(これも一般の会社では使用しせず、かつ民法との関係で誤解を生む肩書ですが)で、常務待遇とか、専務待遇という扱いでした。どっちにしろ普通の会社は使いませんね。

Q名刺の渡し方って

人により受け渡し方が様々です。
年配の人に聞いても、「アレッ」てな感じで
迷いがあります。

正式な渡し方は何なのか、少しノイローゼ気味です。

ぜひお教えくださいませ。

Aベストアンサー

私も正式な渡し方は知らないんです。ごめんなさい。

でも受け取る立場として「あ、きれいな渡し方だな♪」って思った事があります。

それは、
(1)手荷物をひとまず足元に置く。
(2)名刺入れから名刺を出す。
(3)名刺入れの上での向きを相手が読める向きに方向転換。
(4)名刺入れの上に載せ(名刺入れがお盆のような感じ)で
両手を添えて(両手で突き出すのではなく、左手を軽く添える感じ)差し出す。

これはきれいでした。かばんを持ったまま、片手で差し出されたのでは、「なんか違うぞ?!」って感じてしまいます。

また、ポケットをあちこち探ってから名刺入れを出されるのも、きれいではないように感じます。

少なくとも、両手で差し出されると、受け取るものとしては、「キチンとしてらっしゃる・・」と感じます。

間違ってるかもしれませんが、受け取る側として気持ちのいい渡され方を書きました。

あと、検索してみたのですが、色々な流儀があるようです。また、一度席についてからの、作法も載っていましたので、アドレスを転載させて頂きますね。少しでもお役に立てれば何よりです。

http://www.vernal.co.jp/use/manner/1-4.htm

http://search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%cc%be%bb%c9+%ba%ee%cb%a1

参考URL:http://www.vernal.co.jp/use/manner/1-4.htm

私も正式な渡し方は知らないんです。ごめんなさい。

でも受け取る立場として「あ、きれいな渡し方だな♪」って思った事があります。

それは、
(1)手荷物をひとまず足元に置く。
(2)名刺入れから名刺を出す。
(3)名刺入れの上での向きを相手が読める向きに方向転換。
(4)名刺入れの上に載せ(名刺入れがお盆のような感じ)で
両手を添えて(両手で突き出すのではなく、左手を軽く添える感じ)差し出す。

これはきれいでした。かばんを持ったまま、片手で差し出されたのでは、「なんか違うぞ?!」って...続きを読む

Q役員の略歴書の書き方(常務取締役から取締役になった場合)

はじめまして。

役所への申請書類提出のため、役員の略歴を代筆しなければなりません。

常務取締役から取締役になった人(常務の役職が無くなった)は、役職(常務)が無くなったことを略歴書でどのように表現すればよいでしょうか。

取締役であることにかわりが無いので【就任】はおかしいですし、「常務取締役から取締役に変更」としても、【変更】の主語は会社なので文法的におかしいと思います(自分が変更したのではなく、会社が変更したので)。

下記のように略歴書を書いた場合、××の部分の表現の仕方に迷っております。

○年○月○日 常務取締役就任
○年○月○日 取締役××

××の部分の適切な表現を教えていただきたく、お願い致します。

Aベストアンサー

取締役就任しか考えられません。
「取締役に降格」なら、全て就任を昇進です。

Q名刺の渡し方って

人により受け渡し方が様々です。
年配の人に聞いても、「アレッ」てな感じで
迷いがあります。

正式な渡し方は何なのか、少しノイローゼ気味です。

ぜひお教えくださいませ。

Aベストアンサー

具体的にどこが?

検索していくつか見てみましたが、どこも同じことが書いてあるようです。こまかく見てないのですが、どこに迷う部分があるのか判りません。

参考URL:http://www.kl-c.co.jp/subm28.htm

Q専務取締役、常務取締役の違いって...

この区別の意味って何なんでしょうか。
その会社内の独自の分け方なんでしょうか。
それとも税法やその他法律的に責任やその他の制約などあるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

責任云々はさておき、専務が上、常務が下ということだそうです。
仕事内容などは会社によってまちまちなのが現状でしょう。

大手であるほど、天下りした人間などにそれなりの役職がないと・・・ということで、こういった役職がうまれたと思います。

過去にも同じような質問があります。
参考にしてください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=106059

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=106059

Q名刺の渡し方

お客様に名刺をお渡しする場合(名刺交換ではなく一方的に名刺をお渡しする場合)の質問です。

名刺入れから名刺をだす→名刺入れをしまう→名刺をお渡しする
名刺入れから名刺をだす→名刺入れを持ったまま名刺をお渡しする

どちらが正解なのでしょうか。
今まで名刺入れをしまってからお渡ししていたのですが、知人が名刺入れを持ったままお渡ししていたので不安になりました。

どなたかご教授いただけないでしょうか。

Aベストアンサー

「名刺入れから名刺をだす→名刺入れを持ったまま名刺をお渡しする」が、正解でしょう。

名刺を一方的にお渡しする状況とは、めったにありません。
名刺交換時の時のように、名刺入れをしまわずに、名刺をお渡しした方がいいと思います。

マナーでは無くて、普段の行動と同じ行動を取るべきだと思います。

例えば、社内会議などで、取引先の方がいなくても、
「AA社さんのBBさんは・・・」とか、「お客様は・・・」とか、できるだけ敬語・丁寧語を普段から使い続けて、思わず、「ビジネスの場にふさわしくない言葉遣いをすることさける」のと同じことだと思います。

Q代表取締役社長以外の取締役の名刺肩書きについて

質問検索致しましたが、名刺作成に大変急いでいるため
ピンポイントで教えて下さい。

このたび法人登記をして主人が代表取締役社長・妻の私も取締役役員。
他、社長の右腕となる社員1人の小さな会社です。
主人の肩書きは代表取締役社長で良いと思います。
社員はリーダーなどの肩書きにしようと思っています。
私の場合はこれから事務員を雇えば色々と変わってくると
思いますが、今は総務・経理などの事務全般。
営業的な対外向けな動きも、今後は私が1人出向いて行く事も
多くなってくると思いますので、女性でもありますし何か
あまり見下されない様な、かつあまり軽々しくない肩書きを
付けたいと思っています。

何か良い肩書きがあればご指導下さい。
今後、仕事の幅を広げて行きたいと思っていますので
最後は勿論仕事の中身ですが、対外的にも私の様な
若輩者の女性の肩書きは一見重要かと思われます・・
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

現況から基本は「取締役」のみの肩書きが良いと思います。
何にでも使えます。
あと、状況に応じて使い分けるために何種類か用意しておくことも良いと思います。
事務全般なら総括して「管理部部長」の肩書きなんかも良いかもしれません。

営業的な用途で、総務部や経理部といった間接部門の肩書きはマイナスイメージですの
でやめた方が良いです。

営業用途他全般用として、「取締役」、管理部門用として「管理部部長」の2種類を用意しておく
というのは如何でしょうか?

Q駅伝 たすきの渡し方について

近々駅伝があります。

初めての参加で不安だらけなんですが、たすきの渡し方ってあるのでしょうか?

一般的な渡し方について教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次に走る人がわかっています。方法は問いませんが事前打ち合わせが必要です。相手が受け取りやすい方法が一番です。一般的には両手で一直線にして相手が取りやすいようにわあたします。

Q常務取締役とは。

どのような役職なのでしょうか?


お付き合いをしている彼が今月から、常務取締役になるとの
事です。基本的には社長の補佐役として職務にあたるのでしょうか?
彼は「青年会議所(JC)」にも所属しています。益々、やりがいが
出てくるとは思いますが・・。

詳しく分かる方がおりましたら、回答をして頂きたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

常務取締役といえば、ヒラ取締役(部長職が多い)からワンランク昇進したものです。文字通り経営者、雇用者側になったことですから、本人にとっても大きな出来事です。一般的には常務以上を「役付き役員」と言いますね。

しかし常務も専務も、そして社長や会長といえどもこれらの役職名は法律(会社法)には出てきません。会社法で決めているのは簡単に言えば、取締役だけです。株主総会で選ばれるのはあくまでも取締役であり、誰が社長になり、誰が常務になるかは総会後の取締役会という会議で決定されるのです。実際にはその大分前に内定してはいますがね(苦笑)。

常務の職務が社長の補佐であるとは一概には言えません。代表権を持つ社長はじめ他の取締役らと共に法を遵守して会社の経営に当たり、株主の期待する配当が出せるように働くことです。会社によっては常務が営業本部長を兼務し、実質的な営業や販売リーダーとして先頭に立つこともあります。

しかし常務や専務の責務は会社によりまちまちであり、特に専務や常務が複数いるときは、大きな会社ほど担当分野(総務、経理、労務、人事、経営企画、販売、広報宣伝、生産部門、顧客管理など)を持たせて分担をさせるのが普通です。

青年会議所のメンバーなら、これからも先が楽しみですね。

常務取締役といえば、ヒラ取締役(部長職が多い)からワンランク昇進したものです。文字通り経営者、雇用者側になったことですから、本人にとっても大きな出来事です。一般的には常務以上を「役付き役員」と言いますね。

しかし常務も専務も、そして社長や会長といえどもこれらの役職名は法律(会社法)には出てきません。会社法で決めているのは簡単に言えば、取締役だけです。株主総会で選ばれるのはあくまでも取締役であり、誰が社長になり、誰が常務になるかは総会後の取締役会という会議で決定されるので...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報