中学1年生です

I'm late
(おくれちゃった)
lateって 遅れるって動詞ですよねー

何でbe動詞がつくんですか?

I lateじゃないんですか?

すいませんくだらない質問で

誰か教えて下さい

お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

中学生ですか。


教えたことありますが、いい先生に出会わないと好きなものも嫌いになったら困るからそうしたら大変です。
とにかく教科書の音読をお勧めしますよ。
CD(テープでもMDでもDVDでもいいですよ)が付いているものでネーティヴ(英米人など)が吹き込んだものがあるものを丸暗記するつもりでこつこつ声を出して読むわけ。うそと思ってやってみてください。

I'm late.ってどこから拾ったの。文法など詳しいのが載っているのを勉強するのがいいと思います。

それと辞書もありますよね。
アルクのって中学生用でないので難しい内容だけど、試しにlateを引いてみましょう。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=late …

lateは「形」ってあるよね。「形容詞」のことだよ。
つまり、中学生の君にはlateは形容詞と覚えてください。副詞の用法はもっと後で勉強しましょう。

I'm late for school.だと「わたしは学校に遅れています。」

BE動詞のあとには形容詞か名詞が来ます。
I am late.(lateは形容詞)
I am a student.(studentは名詞)

BE動詞のあとに副詞が来ることがありますが、先ほどの副詞の用法と同じくあとまわししましょう。興味がありましたら、辞書のBEの項目を一度見てください。I'm home.(ただいま。私は家に着きました。)のhomeは副詞扱いします。この説明はここに書いただけなので気にしないでください。

わかりましたか。
主語+BE動詞+形容詞の例がI am late.ですよ。
I(主語)
am(BE動詞)
late(形容詞)

参考URL:http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=late …
    • good
    • 4

初学者、あるいは、非常に出来の悪い学生と、非常に出来の良い学生の質問は、しばしば、同じであることがあります。

経路こそ違え、本質を尋ねている点で、面白いと言える訳です。ただし、前者については、真実を受け入れる(あるいは、もっと正確には、真実について判断を下す)には、準備が不足していますから、多くの場合、「今に分かるようになる」といって、問題を先送りすることになる訳で、それは、それで結構だと思います。つまり、説明をしないというのは、賢明なことです。あるいは、もっと乱暴に「理屈を言わないで、とにかく覚えろ」という態度に出るのも、前者の学習者に関する限り、必要悪とは言え、まだ、良心的対処法と言えるでしょう。

問題は、何らかの説明を与えた場合です。

ad hocな説明は、いたずらに、学習者を迷わせるだけで、生半可な知識を振り回すのは、罪悪だということをわきまえるべきです。

もし、いやしくも、答えるのであれば、相手に、その時点で、理解する能力がないにしても、ゴミ箱の中にでも捨てない限り、いつか、また、ふと疑問に思った時に、読み返して、「いつかは、きちんと理解できるように」答えを用意すべきです。

質問者については、現時点では、

「I’m late.単独ではなく、(1)のように、現実生活の中で、よく使われる表現の塊として覚えておきましょう。

(1) (I’m) sorry I’m late.」

で十分でしょう。しかし、いつか、また、思い返すことがある時のことを考えれば(教育と言うのは、少なくとも、20年先、30年先に目を向けるべきです。
今、この急場をしのぐというような、説明ならば、むしろ、しないのが賢明です―特定の場面における特定の人物に対してのメッセージではなく、私の持論です)、

ところで、「分けることで分かる」というのは、古文の品詞分解でお馴染みですが、これは、学校英語の2本の基本柱の一つである伝統文法が得意とした「分類・整理」の哲学と相性が良かったために、今でも、英語教育では、「分ける」ことがもてはやされます(もっとも、外国発の資格試験的な英語でも、形容詞と副詞の違いを識別することは、重要なポイントとされていますが)。

しかし、分類主義には、限界があるのです。

(2) Each person has a chance to succeed.

このto succeedは、学校英語では、同格用法として、形容詞的用法に分類します。でも、「chanceと同格なら、to succeedは、名詞的用法ではないの?」あるいは、意味から言えば、chanceは、日本語の「チャンス」が示唆する「幸運」ではなく、「ある目的を達成するのに有利な状況」を表すので、「to succeedは、『~するために』の副詞的用法ではないの?」と反問することが可能ですが、こうした問に対しては、実に無力なのです。

つまり、都合のいいところでだけ、「これは形容詞だよ、これは副詞だよ、ちゃんと違いが分かる?」と試験しているに過ぎません。

と言って、現在の学校英語に代わる有力な説明方法もないので(英語教育というのは、英文学や英語学に比べると、一段も二段も低く見られているのが実態です。それどころか、学問(science)ではないと心の中では思っている研究者も多いのです。もっとありていに言うと、専門性が低いと見るのか、ずぶの素人ですら、事実観察が不十分なまま、生半可な知識を振り回して、平気でad hocなことを言えるのが英語教育なのです)、あちらこちらでほころびがあると知ってか(あるいは、多くの場合、知らずか)旧態依然を決め込んでいる訳です。

be動詞の導入には、慎重が必要で、むしろ「一般動詞」を、法的意味を持つ助動詞と共に習うほうが、運用効果は高いと思います。

(3) The bus is late.

このlateは、He is dead.のdeadの場合と同様に、形容詞として分類するのが普通です。AHDが、lateをdelayedと説明する通り、「結果として、起きた状況」を表します。(I’m) sorry I’m late.のlateも同様で、事情はどうあれ、「結果的に、約束あるいは予定の時刻に遅れる」という状況が起きたことを示しています。

しかし、(4)のlateは、どうでしょうか。

(4) The bus is always late.

学校英語の最大の欠点の一つは、分類不能なものを、すべて「副詞」という「ゴミ箱」に投げ込み、その重要性を看過したことです(日本独自に進化を遂げた「5文型」では、副詞は、単にmodifierとして、切捨て可能な存在に貶められてしまっているわけです)。

alwaysの存在は、be動詞をstateではなく、eventとして読むことを要求しているので、ここのbeは、comesあるいはarrivesの意味で使われています。つまり、lateは、副詞なのです。
ついでに言えば、次の、lateも副詞です。

(5) Don’t be late.

命令文の核心には、self-controllableがあります。つまり、言われた相手が自分の意思で実行できる行為でなければなりません。従って、(6a)は容認されますが、(6b)は、非文です(ただし、これも、現実世界の出来事ではなく、「おおきくなあれ」という魔女の呪文と考えれば、容認されます)。

(6) a. Be quiet!
b. *Be tall!

そこから、(5)のnot be lateは、意思に基づく行為であって、状態ではないので、lateは副詞です。

(4)のisについて、もう少し詳しく言うと、beには、後に、「主語のある時点における状態」を導く他に、comeやgoの意味を持つ場合があるのです。

(7) I’ll be [home/back/here].
(hereの場合は、beは、collocation上、comeの意味にのみに対応します)

つまり、homeやbackは、hereと並んで、副詞です。

ところが、comeやgoは、本来、「移動」を表す動詞なので、「ある時点で、結果的にある場所に存在する」という意味を強調したい場合、特に、in…のように、「現在からある一定の時刻が経過した時点で」いる場所について述べる場合は、beが圧倒的に好まれるのです。

(8) I’ll be [home/back/here] in five minutes (from now).

この場合のbe(つまり、goやcome、あるいは、方向性について中立的な意味を表す動詞を使えば、arrive、の意味を表すbe)と共起するlateは、もちろん、副詞です。

例えば、(9)は、be home/back/hereした時点が、予定や約束の時刻よりも遅れていたという意味で、lateは、副詞です。

(9) I was [home/back/here] late.


形式をいたずらにこねくり回して、あるいは、日本語の発想を英語に持ち込んで、母語話者が解釈不能とする無意味な表現を産出する愚を避けるために、発話の場面や、他の共起する表現に、目を向ける必要があります。
    • good
    • 5

あまり難しく考えないで



単純に "I'm late" === [遅れてしまった」と理屈抜きで考えてみたらどうでしょうか。

難しく考えると前に進めません。 考えてみてください、赤ん坊が言葉を覚える時は文法など考えずに、人が言った通りオーム返しに真似をして話せるようになって成長して行きます。

あなたの勉強の御参考になれば無上の喜びに存じます。
    • good
    • 1

be lateで「遅れている」と覚えましょう。


lateは形容詞としても副詞としても解釈がなりたちます。
    • good
    • 1

1の方がおっしゃっているように、late は形容詞です。


英文はほとんどの場合、主語+述語動詞が基本単位です。
I am late. も文字通り訳せば「私は遅れた状態です。」となります(am が「~という状態です」という意味)。

I late. だと「私は遅れ」みたいな意味になってしまうので、英文ではどうしても be 動詞・一般動詞が必要なんです。

あんまり夜更かししないでね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

英語が苦手でずっと勉強してるんですけど全然頭に入りません

がんばって勉強します

お礼日時:2003/12/28 04:42

「遅れる」を日本語で考えると確かに動詞です。

でも、英語のlateは形容詞です。
 つまり、I'm late.の場合は、I(主語・私)がlate
な状態にある(be動詞)という構文です。
be動詞は主語がどんな状態にあるかを表わしている訳です。
 こんなふうに日本語から考えていては疑問に思うことはまだあるでしょう。言語によって発想や機能が違うことがあるからです。それを面倒だと思わずに不思議だ、あるいは面白いと思えるようになれば、英語がもっと楽しくなるでしょうね。
    • good
    • 0

形容詞ですね。



I'm back(もどったよ)

I'm home(ただいま)

なんていうのもあります。
    • good
    • 0

lateは動詞ではないです。

形容詞ですよ。だから、be動詞がつくんです。辞書を引きましょう。というか、早く寝ましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Qlookとtake a lookのニュアンスの違いを教えてくださいm(・0・)m

『見る』を辞書で調べると、look.take a look. have a look などが書いてあるのですが、それぞれのニュアンスの違いがわかりません。なんとなくでもいいので、違いがあれば教えてください。

Aベストアンサー

日本語では動詞で表現するものを英語では名詞で表現すると
よく言われます。

take a look, have a look とすると、名詞 look の前に
色々と修飾語を加えることができ、表現する上で都合が良いからです。

take a look なら「ちょっと見てみる」、
take a long look なら「じっくりと見る」

動詞を修飾するのに、いっぱい副詞をつけるのは
わかりにくく、表現しづらいのです。

QI'm going to の後にgoは必要ありませんか?

I'm going to+動詞の原型で「~するつもり」ですよね?
NHK教材で勉強しているのですが、「今日~の所へ行くつもり」という英文がいくつかあるのですが、どちらもI'm going toの後に「go(to):~へ行く」という動詞がありません。「go(to)」はなくても良いのでしょうか?

例1)I'm going to Yuki's house for dinner~
例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt.Fuji~

このbe going to の後に「go to」は要りませんか?
他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。
英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。

I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。★をよく考えると違いがわかると思います。

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am goin...続きを読む

QDon't you~?とDo you~?の違いについて

Don't you~?とDo you~?の用法がよくわかりません。

例えば、Don't you have a toothache?(意味:歯が痛くはありませんか→歯が痛いのでしょう)ととあるプリントには載っているのですが、「歯が痛くはありませんか」から「歯が痛いのでしょう」への意味の移行がよくわかりません。

Don't you~?≒Do you~?の関係が成り立つのでしょうか?
Don't you~?の使い方がよくわかりません・・・。

Aベストアンサー

こんばんは

Don't you think so?
を例にとって考えると分かりやすいかも知れません。
「そう思いませんか?」と聞く人の気持ちの中には
(きっとあなたはそう思うでしょう/思うはずだ)
と、相手に対して、同意、確認、確信を求める心理があります。
例えば、日本語でも
「税金が高すぎるのです。そう思いませんか?」(ね?そう思うでしょう?)
「病は気からですよ。そう思いませんか?」(そう思うでしょう?)
「楽しんで生きた人が勝ちだ。そう思いませんか?」
(そう思いますよね?)
なので、
Don't you have a toothache?
「歯が痛くはないのですか?」(痛いでしょう?痛いですよね?)
と移行するのだと思います。
また、(文脈にもよりますが)
Can't you keep still?
「じっとしてられないの?」→(じっとしてなさい)
のように叱責への移行もあります。


参考まで

Qhave gotとhaveの違い

 この春からNHKラジオ英会話入門を受講しているものです。(本当に入門者です)
 You've already got a good command of English.
(あなたはすでにうまく英語を操っています。)
という、ダイアログで、
have gotはhaveになることがあります。という説明がありました。
現在完了形が現在形になぜなるのか解せません。
意味も同じになるのでしょうか?
当方、やり直し英語勉強のため中学校卒業程度の英語力しかないように思っています。
なにとぞ、よろしくご教示くださいませ。

Aベストアンサー

イギリス英語です。先生たちの発音を聞くと、「レロレロ」のアメリカ英語よりしっかりしていて聞きやすいでしょ?たとえばWaterをアメリカで「ワーラー」というのに対して、イギリスでは日本のように「ウォーター」としっかり発音します。

基本的にアメリカとイギリスは文章の言い回しが変わってき、アメリカで現在形で言う言い回しをイギリスで現在完了形で使用することがあります。

ただし、すべての文章がそうであるわけではないので誤解のないように。例としては:

Do you have a pen?(米)→ Have you got a pen? (英)
もちろん回答もYes, I do (米)、Yes, I have (英)と変わってきます。

Did you finish dinner? (米)→ Have you finished dinner?(英)
回答:Yes, I did.(米)→ Yes, I have.(英)

I have to go.(米)→ I've got to go.(英)

などです。

ちなみに、米英で同じものに違う単語を使用していることが多ので、気を付けて下さい:
フライドポテト→French Fries(米)/ Chips(英)→アメリカでChipsというとポテトチップスになります。

歩道→Sidewalk (米)/ Pavement(英)→アメリカでPavementというと車道になります。

イギリス英語です。先生たちの発音を聞くと、「レロレロ」のアメリカ英語よりしっかりしていて聞きやすいでしょ?たとえばWaterをアメリカで「ワーラー」というのに対して、イギリスでは日本のように「ウォーター」としっかり発音します。

基本的にアメリカとイギリスは文章の言い回しが変わってき、アメリカで現在形で言う言い回しをイギリスで現在完了形で使用することがあります。

ただし、すべての文章がそうであるわけではないので誤解のないように。例としては:

Do you have a pen?(米)→ Have...続きを読む

QIt is か It has been

It is/has been ten years since my grandfather died.
の2つの言い方があると思うのですが、ある文法書では、It is ~が正式な形だと書いてありました。どちらかというと文法的に正しいのは has been のほうだと思うのですが、このように「過去のある時から今まで」という場合、ただの現在形のほうが正式なのでしょうか? どうして、has been は正式ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

かつて次のところでホットな議論がありました。参考になると思います。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2892351.html

QCan you ~とCould you ~の使い分け

「~してもらっていいですか?」と相手に物事を依頼するとき、Can you ~, Could you ~, Would you ~から始まる文を使うと思うのですが、その使い分け方がいまひとつはっきり分かりません。

Would you~は少しニュアンスが違うとして、Can you~とCould you~の違いが微妙です。
とりあえず自分なりに理解している感じとしては、

Can you ~ → 物事を頼んでも相手に何ら負担や不満が無く、当たり前に自分の頼みを聞いてくれるような事柄の場合。例えば、店で注文を言うときとか、家族や友だちなどに日常的なごく簡単なことを頼むときとか。
「ごめーん、これお願いできる?」といったカジュアルなニュアンス。

Could you ~ → 頼むことで多少でも相手に負担になるようなお願い、例えば、同じ部署の人に仕事を手伝ってもらったり、お店で商品の在庫があるかどうか確認しに行ってもらったり、少し手間のかかることをやってもらうような場合。
「すみませんが、お願いできますか?」という、より丁寧なニュアンス。

解説書などには、「通常の場合はCan you~で十分」と書かれてあるのをよく見ます。でも日常生活で人に何か物事を頼むときって「すみませんが」のケースがほとんどだと思うんですが・・・。
実際のところ、どんなシチュエーションのときにどの表現を使うのが一般的なのでしょうか。具体的な例を教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。


ちなみにこの質問、英語だと、
Could you teach me how to do these expressions?
となるのでしょうか。

「~してもらっていいですか?」と相手に物事を依頼するとき、Can you ~, Could you ~, Would you ~から始まる文を使うと思うのですが、その使い分け方がいまひとつはっきり分かりません。

Would you~は少しニュアンスが違うとして、Can you~とCould you~の違いが微妙です。
とりあえず自分なりに理解している感じとしては、

Can you ~ → 物事を頼んでも相手に何ら負担や不満が無く、当たり前に自分の頼みを聞いてくれるような事柄の場合。例えば、店で注文を言うときとか、家族や友だちなどに日...続きを読む

Aベストアンサー

一般的にですが、Can you ~の場合は、
義務、仕事、約束、事実関係からの依頼、普遍性などの
シチュエーションで使われます。
これに対して、Could you ~の場合は、
権利の要求や依頼、一方的な要求、不確実な事実からの依頼など
のときに使われます。
しかし、実際の会話でこれを区別して英語を使うのは大変なの
で一般的にはcanで済ませておいてOKということです。
こういう助動詞の使い方は難しいのでアメリカ人でも正確には
使えない人がほとんどです。それでcanで済ませるという傾向が
あるのですが、そう気になさらなくてもよいでしょう。
がんばってください。

Qfrom now onのonって何?

「これから」と言う表現でfrom now onとありました.
from nowでも「今から→これから」だとおもうのですが,このonはどのような働きなのでしょう?またonは必要ですか?

Aベストアンサー

on は無くても平気ですが、ある場合と意味が異なります。

from now は、現在が切り替え地点となり、
from now on は、現在を切り替え地点として、線上に目的が続きます

from now を文章で使用する時は他のもっとスマートな言い回しも出来る為
three years from now 等の、何年後的な使用方法がメインです。
from now on は反対に、決意をにじませたりして「今から~!」と言う
ニュアンスで、非常によく使われているのを見かけます。
政治演説なんかでもありますね。実際にそうするかどうかは別として。

Q過去分詞ってなんですか?(>д<;)

こんにちわ。

英語苦手です・・・。
配られたプリントに『過去分詞』と書いてありました。
私は中2でして、習った覚えもないし、誰かに聞いても『過去分詞は過去分詞でしょww』っていわれて中々、参考になりません。

題名のとおり、過去分詞ってなんですか?
私にも分かるように分かりやすく、例文などを用いて(難しいですね;;)教えてくれれば幸いです。

Aベストアンサー

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形とはまったく関係ありません。「過去」という語がまぎらわしく「受け身・完了形」という呼び名にすればいいのにと私は思っています。
受け身・完了形ーーなのです。つまり、受け身(受動態とも言います)と完了に使うからです。
分詞というのは、2つの役割に分かれるということを意味します。動詞としての役割と形容詞としての役割です。

★過去分詞の例
まず、動詞の5つの変化の例文を書きます。
1. Tom and I do the work every day.
2. Tom does the work every day.
3. Tom did the work yesterday.
4. The work is done by Tom.
5. Tom has done the work.
6. Tom is doing the work now.
このうち、4番目と5番目が過去分詞の例です。
4. The work is done by Tom. (その仕事はトムによってなされる)
5. Tom has done the work.  (トムはその仕事をやったところです)

4は受動態(受け身)の例です。be動詞+過去分詞で使います。他の例題と主語が違うところが注意です。他の例で動詞の後にくるthe workが主語になっていますね。その仕事はトムによってなされるーーという受け身の意味となるからです。

5は4の受動態とは全く関係がありません。別物です。have (主語が単数ならhas)+過去分詞で使う現在完了形です。

もう1度確認します。
     受動態ーーbe + 過去分詞
     現在完了形ーーhave (has) + 過去分詞

これが過去分詞の使い方です。

★普通の動詞は、過去形と過去分詞形が全く同じです。

work 原形
worked  過去形
worked  過去分詞

ところがdoのようないくつかの動詞は、不規則な変化をし、その中でも過去形と過去分詞が違うものがあります。

do 原形
did   過去形
done  過去分詞

go 原形
went   過去形
gone   過去分詞

take 原形
took   過去形
taken  過去分詞

以上、ご参考になればと思います。

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形...続きを読む

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報