出産前後の痔にはご注意!

聞きたいことはタイトルどおりなのですが、順をおって聞きたい。
私の考えでは空気が薄いためと思う。しかし、これだけじゃあ次の理由により納得がいかない。理論的に証明したいのです。
質問1.山に登れば太陽に近づくから暖かいんじゃ?だって、夏は冬より太陽が近いから暑いんでしょ?そこで、気温が20度変化するには太陽がどれくらい離れたからなんですか?その計算方法は?それの計算方法により空気密度一定のまま3000メートル太陽に近づいたら、どれだけ気温が上がる?
質問2.空気が薄いって、標高3000メートルの所と地上は密度の差の計算方法?また外界と断熱して、密度が変わると気温はどれだけ変わる?

私の仮定があってるとしたら、質問1の気温が上がる効果より質問2の気温が下がる効果のほうが大きいってことになるはずだ。具体的に計算してみたい。そしたら、納得いく。
簡単のため、まわりに建物やコンクリート、車の排気ガスなどがない、見渡す限り平野の中に標高3000メートルの丘があるところで考える。
見落としてる条件があったら、ごめんなさい。
地球の周りに二酸化炭素の層があるとかも考えなきゃいけないのかな?
もし、見落としてる条件があるなら、何でその条件を考慮しなくてはいけないかの理由も書いてくれると助かります。
誰か教えてください。

A 回答 (5件)

>質問1.山に登れば太陽に近づくから暖かいんじゃ?



地球の大きさや太陽までの距離を考えたら山に登ったときの太陽までの距離などはほとんど誤差に入る範囲ぐらいです。

夏が冬よりあついのは地球に地軸の傾きによる物です。
地軸の傾きでより直角に近き形で太陽の光を受けるところでは場所あたりの太陽のエネルギーが高いのであつくなる留だけです。

太陽との距離が関係巣なら北半球と南半球の夏と冬の逆転は起こりえないですよね?



高度100メートルごとに気温は約0.6℃下がります。
    • good
    • 0

「断熱膨張」とか、「断熱圧縮」で検索すると色々出てきますが、その中で解りやすかったのを参考URLに。


3000メートルだと、乾燥した空気でー10℃(下界が20度の時)
水蒸気を含んだ空気だと0.5℃になります。

高度差による太陽の距離は無視してよいでしょう。

参考URL:http://www.wivon.com/kisyou/dannetuhenka.html
    • good
    • 1

地球と太陽は1億五千万km位はなれています。


その中で、山の高さ(3000mだろうが8000mだろうが)は、無視できる差でしかありません。
従って"山に登れば太陽に近づくから暖かいんじゃ?"この説自体がすでに成り立ちません。

また地表や大気に蓄えられた熱は、絶えず宇宙空間に向って放熱しています。
さらに、大気の成分や対流、海水温の変化や海流など、気温に影響を与える要素は沢山あります。

気象学や天文学などイロイロ学ばないと、具体的に計算するのは難しいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

太陽から暖められるのは地面だけです


空気は、その暖められた地面から暖められます
地面から離れている所は暖められるのに時間が
掛かります
また、空気は暖められると軽くなるので
上に移動して対流が起こり、直ぐに冷やされます

3000mの高さも地面は同じ温度になります
問題は、移動する空気がまだ暖められていない
空気なのです
    • good
    • 0

補足ですが参考URLの2番目の質問の答えのところをみるといいですよ。



こちらもみてください。

http://www.zoshindo.co.jp/Rjiten/kisetu.htm

これらをみれば山に登った程度で貸与への距離が変わったからといって温度に変化がないことがわかると思いますが。
明らかに気圧の低下などによって起こる温度変化の方が大きいです。

参考URL:http://www.saga-ed.go.jp/materials/edq01460/qa.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高い山ほど気温が低いのはなぜですか?

太陽光線が地表に当たって反射する熱が届きにくいので,高い山ほど気温が低いと,子供の頃に習った気がします。

しかし,高い山にも光は届き,そこで反射してるハズなのに?
という疑問が生じてきました。

それから,太陽光線によって,地面が直接熱せられるはずですが,
これは反射熱に比べると,微々たるものなんでしょうか??

Aベストアンサー

高度が100メートル上がると0.6℃気温が下がります。
これは地表で温められた空気が上昇する際に,
断熱膨張するために空気自身の温度が低下するためです。

この断熱膨張というところがポイントです。
つまり上空に行くと圧力が下がるのが主たる原因で,
これは重力で空気の塊が地表に押さえつけられているという
大気の根本的存在理由によります。

したがって,山などが無くても,長方形でも
上空に行けば気温が下がります。

気象学では温位という考え方を導入して,低いところにある
空気の塊と高いところにある空気の塊とでどちらが温度が
高い空気の塊であるかの比較などを行っています。

Q標高が高いと温度が下がる理由は?

最近、海外の山を登り、とても温度が低かったので、気になりました。

似た質問が4月10日にありましたので参考にさせていただきましたが、まだ良く分からないので質問させていただきます。

標高が高いと温度が下がる理由は「太陽の光を大地が吸収して温かくなり、そのエネルギーで空気を温めている」ということですが、高い台地の上であれば、地面は台地の地面がすぐ下にあるため、地面が同様に太陽の熱を吸収するのではないかと思います。台地の表面が、低地の表面と同様に、太陽光を吸収して、空気を暖めないのはどのような理由でしょうか?(それとも、台地の上であれば、100メートルごとに0.6度づつ気温が落ちるということはないのでしょうか?上空だけでしょうか?)

また、「空気が薄いから」ということについても、例えば、大気のない月の表面では昼間は摂氏100度以上に達するということを聞いたことがあります。(夜はマイナス100度以下ですが)それであれば、標高が高い山の上は、昼間は地上よりも温度が高く、夜は地上よりも温度が低くなるのではないかと思いますが、実際はそうではありません。

こういう風に考えると良く分からなくて混乱してしまいます。どなたか、分かりやすい回答をいただけると助かります。

よろしくお願いします。

最近、海外の山を登り、とても温度が低かったので、気になりました。

似た質問が4月10日にありましたので参考にさせていただきましたが、まだ良く分からないので質問させていただきます。

標高が高いと温度が下がる理由は「太陽の光を大地が吸収して温かくなり、そのエネルギーで空気を温めている」ということですが、高い台地の上であれば、地面は台地の地面がすぐ下にあるため、地面が同様に太陽の熱を吸収するのではないかと思います。台地の表面が、低地の表面と同様に、太陽光を吸収して、空気を暖めな...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

問題のポイントは2つあります。

1つめは、地球大気の特に対流圏が、下にいくほど温度が上昇する(地面から熱をもらうから)という構造をしていることです。これは、地球大気が太陽光線のエネルギーのほとんどを占める可視光線をあまり吸収しないことが原因です。

2つめは、もし温まった空気が軽くなって上昇しても、断熱膨張というメカニズムで、温度が下がってしまうことによります。上にいくほど空気が薄くなるから単純に温度が下がるのではなくて、気体が周囲の気圧が下がることにより膨張するときに外に向かって仕事をするすなわちエネルギーを使ってしまうことが原因です。

ぜひ、ぜひ、下の参考URLを読んでみて下さい。

では。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=842814

Q高い所が涼しい(寒い)理由(わけ)

先日、息子がこんな質問をしてきました。

「どうして、高い所は涼しいの…?」

東京より、軽井沢のほうが涼しいのはナゼ?

という質問です。
私は半ば常識だと思って深く考えてみたことも
ありませんでしたが、いざ説明しようとすると、
よく分かりません。

どなたか、小学生にも分かるような説明を
していただける方、いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

空気は小さな粒(分子)で出来ていて、この粒が飛び回っています。

温度が高いとき、空気の粒はたくさん、速く飛んでいます。
このため、勢いよくいっぱい物にぶつかって、これが暑く感じます。
一方、温度が低いときは、空気の粒が遅く、数も少ないです。
このため、あまり物にぶつからなく、ぶつかる勢いも弱いので、暑くありません。

ところで、高いところの方が、空気が薄いです。
空気が濃い、薄いというのは、空気の粒がたくさんあるか、少ないかの違いです。
空気が薄くなると、物にぶつかる"空気の粒"の数が減りますし、ぶつかる勢いも小さくなり、暑くなくなります。

例を挙げて説明してみましょうか。
正露丸や百草丸の瓶はありませんか。
これを振ってみると、音がするでしょう?

この瓶に、薬の玉がたくさん入っている場合を考えてください。(といっても、薬丸が多すぎると、音はあまり出ませんが)
これを勢い良く振ると、中で粒が大きな音でたくさんぶつかって、たくさん音がするでしょう。これが温度が高いと言うことで、空気の粒がたくさんあって、勢いよく飛んでいるのと同じです。

逆に、薬の玉が少ない場合を考えてみましょう。
軽く振ったときは、さっきほどはあまり音がしません。
粒の数が少なく、勢いも小さい、これが温度が低い状態です。

...って、中学生や高校生はともかく、小学生には難しいかなぁ。

空気は小さな粒(分子)で出来ていて、この粒が飛び回っています。

温度が高いとき、空気の粒はたくさん、速く飛んでいます。
このため、勢いよくいっぱい物にぶつかって、これが暑く感じます。
一方、温度が低いときは、空気の粒が遅く、数も少ないです。
このため、あまり物にぶつからなく、ぶつかる勢いも弱いので、暑くありません。

ところで、高いところの方が、空気が薄いです。
空気が濃い、薄いというのは、空気の粒がたくさんあるか、少ないかの違いです。
空気が薄くなると、物にぶつかる"空気...続きを読む

Qなぜ標高が高いほど気温が下がるの?

 大気圏外、例えば宇宙空間や月世界では日向の温度は凄く高いと聞きました。

 では大気圏内では何故、標高が高くなるにつれて気温が下がるのでしょうか

 単純に考えると太陽に近づくから暖かくなるって思うのですが、、

 『人生半ばにして、馬鹿か?』と思われるかもしれませんが、ご回答お願い致します。

Aベストアンサー

太陽に近い、遠いの前に気圧が関係しています。冬に缶コーヒーの蓋を開けないまま直火にかけると強烈な音とともに破裂してしまいます。これは缶の中の空気や水分が暖められて膨張し体積を増して缶の中の圧力が高くなった結果です。破裂する手前で缶を冷やしてやると中の空気が収縮し圧力は低くなる。逆に気圧を変えても同じことが起こります。気圧を高めれば温度が上がり、気圧を下げれば温度がさがります。(ボイル.シャルルの法則)
高い山に登ると気圧が下がるため100mにつき0.5度C下がります。1000mでは5度Cも下がることになってしまいます。

Q気圧って何ですか?

気圧って何ですか?
 
また、空気が暖められると気圧が上がるのはなぜですか?

Aベストアンサー

「空気の重さによってかかる圧力」です。

日常生活ではあまり意識しませんが,当然,物質である空気には重さがあります。ですから,例えば空気の底である地上では,その上にある空気の分だけ力がかかっています。これが「気圧」または「大気圧」です。

空気より重い水で考えると分かりやすいかも知れませんね。水は深くなればなるほど,周りから水圧がかかります。これは,その上にある水の重さのせいです。これの空気版が「気圧」です。

暖められた空気は膨らみます。これは,同じ体積で見ると軽くなるということ。なのでその分,上にある空気の重さが軽くなるので気圧は下がります。

ちなみに,軽くなった空気は上に上昇します。この原理(暖められた空気は軽くなり,上昇する)を利用したものが熱気球です。

Q山の上のほうはなぜ寒い?

山の上のほうに行くと、いつも寒いですが、なぜでしょうか?また、逆に、海抜マイナス1000メートルなどという穴を掘った場合は暖かくなるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
山岳地帯の外気温が低いのは、鉛直方向の気温減率 (気温が減少する割合) が大きいためです。すなわち高度とともに気温が著しく減少するのである。平均的な気温減率は100mにつき約0.65℃であることが知られています。
暖められた空気塊が上昇して、周囲の圧力が低下して、断熱膨張することによって気温は大きく低下する訳です。これをボイル-シャルルの法則と言います。
下記のHPを参照して下さい。
http://www.kousou-jma.go.jp/obs_second_div/taikidata/t3.html

また、地中深部の気温が高いのは、地熱によるものです。すなわち、深部はマグマの熱によって暖められているため、深部ほど地熱温度は高くなります。
下記のHPを参照して下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%86%B1


人気Q&Aランキング