旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

2年前に後方から車がつっこ大怪我をしました。
その時にバイク(100万円くらい、買ったばかり)もろとも大怪我をしました。

今回バイクを売ろうと思っています。
しかし、今度そのバイクを売る際に、ぶつけられなかったらはるかに高い値がついたのに、捨て値です。これは、もうどうしようもないのでしょうか?

こんなところまで責任はとってもらえないですよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

2年前の事故ということは、もう示談してしまいましたか?あなたの意思で示談書(名まえは和解契約書などとなっていることもあります)に判を押してしまった場合は、もうどうにもなりません。



示談がまだの場合、
裁判の前例にしたがっていえば、オートバイについては、修理の金額、全損の場合は新車の値段から減価償却(今まで乗って古くなった分を差し引くという考え方で計算式があります)をした値段を弁償してもらうことになります。中古車として市場で売る値段ということにはなりません。ですから、新車で買って全く乗っていないのに全損になっても新車の値段はおりません(半額近くになります)。
ただし示談(和解)という場合は、話し合い、お互いの譲り合いによって紛争を解決するものですから、相手の方(または相手の保険会社)が、折れてくれる場合もあります。全面的には無理でも、怪我の治療を長引かせないようにするとか、早めに示談してあげるからとか、慰謝料との兼ね合いで、多少、上乗せしてくれるということはありえます。全面的に納得いくような金額にはいかないでしょうが。
話し合いの実務上、怪我の慰謝料は入院や通院の日数×いくらという計算をしますが、保険会社の基準は大変に安いです。実際の裁判の基準の金額にしてください、というと、保険会社はしぶりますので、そこで、バイクの損害について言い立てて、金額をできるだけ裁判の基準の慰謝料に近づけてもらうことで、バイクで損した分を上乗せしてもらうような方法をとるのが現実的です。

バイクの損害はともかく保険会社と話し合いが続いていますか?保険の請求の時効は3年ですからお怪我の損害(病院代もろもろ慰謝料など)も、あまりぐずぐずせず、ちゃんと話し合う時期ですね。
    • good
    • 0

そんな大きな事故なら全損扱いになっていたはずなんですが、なぜ全損ではなかったのでしょうか。


ものすごく疑問です。

ちなみに2年経過したバイクは、かなり買い取り価格は低いですよ。
買取店が言う客寄せ用の価格に惑わされていませんか?
    • good
    • 0

>ぶつけられなかったらはるかに高い値がついたのに、捨て値です。



ホントにぶつけられたせいでしょうか?
エンジンとフレームを交換するところまで行かないなら、あとは全てパーツ交換で新車同様までバイクは直せます。後ろから突っ込みというなら、過失はほとんどが向こうと思いますが、そのときに完全に修理できなかったのでしょうか?
完全に修理できていれば何も事故歴はありません、評価が下がる理由がないです。

逆にエンジンやフレームにダメージがあったら、ほぼ間違いなく全損扱い、やはり新車か同程度の中古車になっていたはずで、ここでも事故は影響しません。

事故の影響が何らかの形で残っているなら、それは交渉の失敗が原因でしょう。
    • good
    • 0

どうしようもないです。



バイク・車に乗るということはそういうことだと思ってください。
もし高い値で’確実に’売りたい場合は置物のように室内に保管する以外はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ぶつけられるのは大損ですね。ありがとうございました。

お礼日時:2012/04/27 13:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング