私は山田詠美の大ファンで、日本人作家のものは彼女のものが大半です。
「詠美ファンだったら、この人の作品も気にいるよ!」っていうのがあれば、ぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私も山田詠美さん好きです。


彼女と感性が似ている作家として
有為エンジェルをお薦めします。
日本人女性の外国人男性との奔放な恋愛がテーマだけど
いやらしくなく繊細で、それでいて自由な感じがいいです。
    • good
    • 0

山田詠美さんて、宮本輝の初期作品(お父さんがテーマの?)もお好きみたいですよね。

田辺聖子さんにでて来る関西弁の男性のセクシーさ、ここにもありですよ。http://www.terumiyamoto.com/
確か詠美さんは「流転の海」がお勧めだったかしら。
田辺さんは現代恋愛小説はそんなに固くないですよ。詠美さんが解説してる「ジョゼと虎と魚たち」(講談社か、集英社の文庫)は私としては「ぼくはビート」に匹敵。あと、中公文庫「薔薇の雨」「夜のチューリップ(漢字が難しくて書けない)」講談社文庫「薄荷草の恋」必読ですね)^o^(
ポンちゃんシリーズののりでは、マンガの「平成よっぱらい研究所」(二ノ宮知子)(笑)これも詠美レコメンズ。
村松ともみさん(また漢字が出てこない(T_T))の作品も素敵ですよ。
角川の文庫だったと思いますが、詠美さん編の「贅沢な恋愛」「贅沢な失恋」のどっちかに、村松さんのも入っています(森瑶子さんとか北方謙三さんとか、いかにも角川っぽいセレクションだった…)から、ご存知かな?「サイゴン・ティをもう一杯」とか、上海ものもなんともブルースなテイストでいいですよぉ。
あと、アン・タイラーも良いと思いますが、ちょっとたるいかな…
    • good
    • 0

私も山田詠美さんは好きです。


特に放課後の音符は何度も読み返しました。
ところでオススメの作家ですが、最近の女性作家では
山本文緒さんがダントツに気に入っています。
角川と幻冬舎の文庫でたくさん出てますが、
はずれ無しです。「みんないってしまう」
「ブルーもしくはブルー」、ハードカバー本ですが
「恋愛中毒」あたりが特にオススメ。
    • good
    • 0

わたしも山田詠美さん大好きです~!


で、おすすめ。詠美さんのファンならもう読まれてるかもだけど。。。

・森瑶子さん。、絶対おすすめ。わたしは『浅水湾の月』『ダブルコンチェルト』が好きなんですが、『夜の長い叫び』『カフェ・オリエンタル』『ホテルストーリー』などもいいです。
・田辺聖子さん。『言い寄る』『私的生活』『苺をつぶしながら』『お目にかかれて満足です』『恋にあっぷあっぷ』あたりは必読書です(笑)。
・テリー・マクミラン。詠美さんが推薦文書いてたから読んでらっしゃるかな(^^;)。絶対気に入ると思いますよ。特に『ため息つかせて』がおもしろいです。

あと、
・サガン『悲しみよこんにちは』『ブラームスはお好き』
・マルグリッド・デュラス『愛人』『大平洋の防波堤』
・コレット『青い麦』『シェリ』
あたりもいけるのでは?

わたしの場合、詠美さんのエッセイとか対談とかに出てきたり、解説を書いてる本や作家は、まず外れたことないですね(下村湖人『次郎物語』も大好きだったし(笑))。そういう読み方もいいと思いますよ。

(村上龍さんも、ものによってはお好きだと思います。ちなみに、わたしは『悲しき熱帯』が好きです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんおすすめしてくれてありがとうございます。
やっぱり詠美好きなだけあって、あたしと読んでる本が似てます。
田辺聖子さん、森瑶子さんはあたしが詠美以外で読んでいる作家さんの方たちです。でも、おすすめしてくれたものはまだ読んだことないので今度読んでみます。ただ、このお二人の作品ってちょっと堅めですよね。あたし的にはそうなんですよ。だから、制覇しようとまで思わなくって・・・。
サガンやデュラスはお気に入り!マクミランも。全作品持ってます。外国人作家のものは、なんでかわかんないんですけどパッと手にもったものに外れることがなく、だからお気に入りの作家さんも多いんですよ。なんていうか、文体とか話の流れとかがあうんです、あたしの好みに。だけど日本人作家だと何故かわかんないんですけど、読んでて途中で退屈になってくることが多いんですよねー・・・。妙に冷めてくるっていうか。昔の日本人作家さんだとそんなことはないんですけどね。例えば太宰治さんとか。
とにかく、ありがとうございます!

お礼日時:2001/05/11 20:37

 こんにちは。



 私の印象では、村上龍、村上春樹、斎藤綾子
なんかが近い様に感じますが...
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山田悠介氏の小説で一番読み応えのある作品は?

山田悠介氏の作品をこれまでに何冊か読んだ方に質問致します。
いくつかある小説の中で「これは良いのでは?」と思われた物はありますか?

自分は改訂前の「リアル鬼ごっこ」でエライ目に遭いましたが、たった1冊が
つまらなかったからといって、今後一切山田氏の作品を読まないというのも
なんなんで(もしかしたらその後の出版作にイイ物が!?)、もしオススメが
あれば(リアル鬼ごっこ以外の作品を)教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も「リアル鬼ごっこ」でエラい目にあいました…。本を読んでいて初めて、金返せ!!と思いました。あれはないだろ、って感じでした(^-^;)
正直な話、他の本も似たり寄ったりでした。あくまで私が読んでみての感想ですから…。

Q叙情的な作家、作品

抒情性があって、詩的な散文、、と言えば、
堀辰雄なんかが真っ先に浮かぶと思うんですが、
皆さんのお薦めの作家、作品を教えて下さい。
(堀辰雄、佐藤春夫以外でお願いします。)

Aベストアンサー

叙情性といって思い浮かぶものをいくつか・・・。

福永武彦「草の花」「忘却の河」(新潮文庫)
福永は,堀辰雄に繋がる流れがあると思います。
余談ですが,福永は,別のペンネームで映画「モスラ」の脚本にも参加していますと書くと,イメージが狂ってきてしまうかも知れませんが・・・。
でも,個人的には,大変好きな作家です。

尾崎翠「初恋」(ちくま書房からアンソロジーの中にありました)
これは,ちょっと違うかなと思いますが,話が叙情的な感じなので・・・。

有島武郎「星座」「宣言」(岩波文庫)
特に,宣言は,書簡体なので,散文に近い感じがするかも知れませんし,なんという表現!というか,個人的には,切り抜いてそっと手帳に貼り付けたいような文があり,持っている本は,赤線を思わず引いてしまいました。

以上,全て,恋愛ものですが,機会があったら,一度,お試しを!

Q気になる作家・作品

こんにちは。

気になる作家がいて読んでみたいのですが、何から読んでいけばいいか迷ってます。

本を選ぶとき、後ろのあらすじを読んだりしてから選ぶのですが、いっぱい作品があるとどれから読めばいいかわからないのです。

ちなみにその作家とは
(1)宮部みゆき・・・「火車」は持ってます
(2)真保裕一・・・「奪取」は持ってます
(3)浅田次郎・・・「シェヘラザード」は持ってます
(4)吉田修一・・・「日曜日たち」には興味あるけど、まだ一度も読んだことはありません

です。
できれば文庫で手に入るものがいいです。
上記の作家の作品を読まれた方、感想、オススメ作品ありましたら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は気に入った作家などがいる場合は、その人のデビュー作から順に読むことにしています。
このやり方はその作家の成長具合などがよくわかっていいですよ。
たとえば西村京太郎というとすぐに十津川警部モノを連想しますが、テビュー作「四つの終止符」や、2作目の「天使の傷痕」(江戸川乱歩賞)は、十津川警部モノとはかなり違い、お薦めです。
赤川次郎さんのデビュー作「幽霊列車」も素直にウマイなと思いました。
同様に、宮部みゆきさんのデビュー作「我らが隣人の犯罪」や「バーフェクト・ブルー」は最近の作品より面白いと私は思います。

理由としては、作家がデビューするのは並大抵のことではありませんから、全精力を注いで書き上げるために、かなりレベルの高いものに仕上がるのだと思います。ところがプロになると今度は出版社の意向や締め切りに追われて、本来自分が書きたいものをじっくり時間をかけて書けないのではないかな、と思っています。

ちなみに真保裕一さんのデビューは江戸川乱歩賞を取った「連鎖」だったと思います。

Q湊川理恵さん(BL作家さん)の作品

こんにちは。よろしくお願いします。
湊川理恵さん(BL作家さん、角川ルビー文庫等で過去に出版されてます)の作品が大好きで、読みたくて探しています。

特に「春ちゃんシリーズ」が読みたいです。
文庫本で出版された三冊(春いちばん、秋色の女神、クリスマス・ラブ)と、もう一冊(作家さんの話)は購入済みです
角川書店のHPでみても、それ以降の作品は出版されていないようなんですが、もう春ちゃんシリーズはこれで終わりなんでしょうか?
それとも文庫本化されずに、どこかの商業誌でご活躍なさってるんでしょうか?

少しでも情報をお持ちの方、よろしくお願いいたします。
もちろん他の作品の情報もお待ちしております。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も春ちゃんシリーズ、第一巻を図書館で借りて読んだことがあります。
なので図書館のインターネットOPACで調べてみましたが、この方の作品は1999年~2000年にかけてしか出版されていないみたいです。


【ちなみに、以下が出版本】
春いちばん/角川ルビー文庫
秋色の女神/角川ルビー文庫
クリスマス・ラブ/角川ルビー文庫
キスがご褒美/角川ルビー文庫
素直になれなくて/クリスタル文庫


Googleでこの作家さんの名前を検索してみましたが、ほとんどありませんね。
多分、今は商業誌活躍されていないのではないでしょうか?
雑誌で商業誌活動されているのであれば、何件かヒットさせるはずですので・・・。
もしかしたら作家名を変えて活躍されているとも考えられますが(だたの推測でしかありません)、湊川理恵さんについては作品数も少なく良く分からないのが現状です。

春ちゃんシリーズの方は直接出版者様に問い合わせてはいかがでしょうか?
情報らしい情報でなく申し訳ありません。

Q江國香織さんの大ファンです

「有名人の子どもの名前」というページに江國さんに宇里(うり)君というお子さんがいると書いていました。
今までのエッセイ・インタビューに旦那さんの事はよく書かれていたのですが、お子さんの存在は初めて知りました。本当なのでしょうか?プライベートな事ですが、作品・ライフスタイル共に江國さんの大ファンなので、知っておられる方情報お願いします!
☆おまけで、さくらももこさんにも雄飛君という第2子がいると有りましたが本当ですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私も江國さん好きなので、質問拝見してびっくり!
(最近の情報は何も知らないのですが)

なんだか間違い説もあるみたいですね。
実際、参考URL見て貰えればわかるように、
横森理香さんの娘さんは宇里とおっしゃるようです。
この方のお子さんと間違えたのではないか、という説です。

よくある名前じゃないでしょうから、半信半疑で聞いておいたほうがよいのではと思いますよ。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/komachi/suteki/su511301.htm


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報