仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

洗濯機の電源がスイッチを押してもつきません。電源コードの断線が考えられますが、その場合、クランプメーターで断線しているかどうか調べることはできますか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

クランプメーターで断線してるかは、クランプメーターの導通チェック機能使えば出来ますが線をクランプして測定する事は出来ません。

付属の電極をクランプメーターに刺してΩと書いてあるところに合わせて下さい。

検電器はコンセントのアース側に刺さってる方は、正常な場合でも音はないかもしれません、それで調べるなら、片方が音がしなかったら、もう片方の電線はプラグを左右逆になるように刺して、もう一度調べてみて下さい。
でもこれでは外から見えてる部分しか調べられませんね。

クランプメーターの導通チェック機能使うかテスターで端子まで導通みるのが一番良いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>付属の電極をクランプメーターに刺してΩと書いてあるところに合わせて下さい。

付属の電極をクランプメーターに刺す?
すみません、どのようにするのでしょうか。無知ですみませんが、意味がわかりかねます。すみません。

>テスターで端子まで導通みるのが一番良いと思いますよ。

テスターで、どのようにして、端子まで導通をみるのでしょうか。

よければご教授お願いします。

お礼日時:2012/05/28 21:27

ANO.4です。



そうそう!検電器と言ったかもしれません。

普通のテスターでは、断線部位までは特定できないので、コード全部交換することになりますが、検電器だ断線部位がはっきり判るので修理し易いですね。

家電の修理も頼まれる事があるので私には必需品です。

一般的にはめったに使わないかもしれませんが、あれば便利ですね。

確か1000円をちょっと出る位の値段でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。検電器でどのようにして、断線部位を特定するのでしょうか?良ければご教授お願いします。

お礼日時:2012/05/28 06:58

前回答者さまと同意見でクランプメーターで断線は発見出来ません。



私が使っているのは、断線テスターです。(正式名称は分かりません)

ホームセンターなどで売っています。

まず、コンセントからずーっと洗濯機本体まで断線テスターで電源コードを辿っていきます。

通電していれば、ピーっと鳴り続けます。

本体までピーっと鳴り続ければ問題ないので、次にコンセントを抜き反転させて差込みます。(常にライン側の断線を調べるため)

同様に、コンセントから本体に向けて辿っていけば、ぴっぴっと断続音になればそこが断線箇所です。

一本あると以外に重宝です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。大変参考になります。おっしゃっている機器は、検電器とは、違うものでしょうか?無知で申しわけないのですが、ご教授お願いします

お礼日時:2012/05/27 12:02

回路に電流が流れているかどうかは、判断できますが、電流が流れていない場合の原因が電源コード断線か否かは判断できません。


また、クランプメータで電流を測定する場合は、各相別々に測定する必要があります。
    • good
    • 0

できません


クランプメータは、電流値を測るもの。

洗濯機が動いていなければ、当たり前ですが電流は流れませんよね。

その場合、断線なのか、洗濯機本体の故障でも、どちらも電流は流れないです。

したがって、クランプメータでは、断線を調べるのは不可能に近いでしょう。
    • good
    • 0

クランプメーターは線の片方を挟んで測定します。


コードをめくって二本にすれば測定できます。
後はテスターでコンセントで測定です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q断線箇所の見つけ方

長いリード線があります。(仮に1m)
どこかで断線してるようなのですが、その場所が見つけられません。明らかにそうと分かる時は、触ると柔らかかったりします。
分からない場合、どんな方法でその場所を特定できるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

静電誘導を利用して調べることが出来ます。
交流電流を電極間に流すと、ある電流が流れます。
電極間の間隔が同じなら流れる電流も同じです。
断線していれば、それ以降には、その電流が流れなくなりますから、見つけることが出来ます。
要するに、交流発生器(スライダックでも発信機でも良いです)とテスタを用意して、断線した線を一方にないで、もう一方をそのケーブルの上をなぞっていき、テスターの針が突然落ちる(ほぼゼロ)になる部分が断線しているところです。
他にも、方法は色々あります。

Qケーブルの断線箇所

直流100Vのケーブルの断線箇所または線間ショートを見つけるのによい方法ありますか?
見た目や手触りで予想がつくときはよいのですが、折曲がりや亀裂などがない場合探すのにテスターの針を少しずつ移動しながら刺して見つけていおり苦労します、検電器(DC100Vで被覆の上から計測できる?)やクランプメーター(使ったことありません)のようなもので被覆の上から特定することは難しいのでしょうか?
また、なにか特定するのによいアドバイスやツールがあればお願いします。

Aベストアンサー

非接触型の検電ドライバーでそれができるものがあります。
ツールがあるはずです。私は高校生のころトランジスタと少しばかりの部品で作成したことがあります。
検電ドライバー 非接触型 断線箇所 - Google 検索 ( http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&q=%E6%A4%9C%E9%9B%BB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC+%E9%9D%9E%E6%8E%A5%E8%A7%A6%E5%9E%8B+%E6%96%AD%E7%B7%9A%E7%AE%87%E6%89%80&lr=&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai= )

Qデジタルクランプメーターの使い方とは

 デジタルクランプメーターを先日購入し、いろいろなものの消費電力を計測しております。ですが家の配電盤に使ってみると、小さい各回線ごとのブレーカーの線の場合には各機器のワットチェッカーで計測したぶんの合計と比較してだいたい想定していた通りの数値が出るのですが、メインブレーカーの場合はちょっと良く分からない数値が出てしまいます。

 メインブレーカーから太い線が赤、黒、白と出ているのですが、それぞれ表示される値が異なります。これは一番高い値のものが今使っている電流ということでいいのでしょうか?また、なぜこのように差が出るのかお分かりになりましたら教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

一般家庭(単相3線式)の接続例を貼り付けましたので参考にしてください。

AC100Vの回路は図のように[L1相-N相]と[L2相-N相]の上下の2つの
回路に別れています。
なお、必要によりAC200V機器も接続できるようにしている場合もあります。

クランプメータを挿入して測定した電流を、それぞれ次の通りとします。
(1)赤色電線--->I1[A]
(2)白色電線--->I2[A]
(3)黒色電線--->I3[A]

単相3線式配電方式の特長により、白色電線(I2)には赤色電線(I1)と
黒色電線(I3)に流れた電流の差の電流が流れます。
このことにより、次の式により計算することができます。

I2[A]=I1[A]-I3[A]

[L1相-N相]に接続した機器と[L2相-N相]に接続した機器の電流値が
同じ場合は、白色の電流I2が 0[A]となる場合もあります。

なお、各機器の電源SWのON/OFFの状況とその組み合わせにより、測定
値はその都度、変化します。
その他、クランプメータの種類により測定値に微妙な誤差が発生する場合
もあります。

一般家庭(単相3線式)の接続例を貼り付けましたので参考にしてください。

AC100Vの回路は図のように[L1相-N相]と[L2相-N相]の上下の2つの
回路に別れています。
なお、必要によりAC200V機器も接続できるようにしている場合もあります。

クランプメータを挿入して測定した電流を、それぞれ次の通りとします。
(1)赤色電線--->I1[A]
(2)白色電線--->I2[A]
(3)黒色電線--->I3[A]

単相3線式配電方式の特長により、白色電線(I2)には赤色電線(I1)と
黒色電線(I3)に流れた電流の差の電流が流れます。
このことにより...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報