人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

近日中に、亡夫の納骨を行います。
墓を建てた石材店には、3万円で納骨をしてもらいますが、その際に、寸志などは必要でしょうか。
特段、用意しないつもりでいるのですが…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 必要ではありません。


おさい銭と同じです。あなたの気持ち次第です。
十分に包めば、充実感があり、堂々とふるまえます。
少なければおどおどするでしょうね。

子育ての最中には5000円の香典にも躊躇しました。
 リタイアして、焼香に行けば最低10000円払います。
葬儀の最初から最後まで、堂々とふるまえます。弔問外交とでも申しましょうか。
斎場の入り口付近に立ちふさがっている市議会議員らも、体で押せるようになりました。

石材店にの現場さんに、小さな不祝儀袋にで2000円程包んで「ジュースでも飲んでください。」と貴方のお名前だけ書いて
渡しても良いのでは?  1000円@人 見当なら十分です。
まとめて5000円も包めば、堂々とふるまえます。

もちろん約束の3万円を現金で払えば、バブル期も終わったのでこれでも十分です。
 すべて、貴方の度胸次第です。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

具体的にありがとうございます。

お礼日時:2012/06/16 08:20

石屋のおやじが来るなら、料金の3万円だけで良いと思います。


もし、若い衆が来るなら、心付けは必要かと思います。
3000円を祝儀袋に入れて(不祝儀袋でも良いです)納骨の前にそっと渡しましょう。

お寺様の雑用で私も時々寺に行きますが、行くたびにおばさまがそっと駄賃をくれます。
ものすごくありがたいです。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ありがとうございます。心付けをもらって不愉快な人はいないですもんね。

お礼日時:2012/06/16 08:20

石(いし)屋さんですから 「気持ち」意思(いし)や遺志(いし)は充分伝わっています。




3万円で納骨という契約であれば他には不要です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。本当に気持ちですよね。

お礼日時:2012/06/16 08:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石屋さんに渡す「志」

明日、祖父の四十九日の法要があり、納骨をします。
その際、石屋さんに「志」として、お礼をお渡しするのですが、その「志」に金額は記載すべきなのでしょうか??

それとはまた別に…
先日、前もってお寺さんに、法要の際のお塔婆をお願いする為、電話をしたところ「納骨の際、石屋さんには2万円をお支払ください」と言われました。
なので、金額は2万円をお支払します。
それで、今日、親戚がそのお寺へ別件で伺う用があり、ウチのお墓にお参りして来たそうなのですが…その親戚から「お墓に名前がまだ彫られていなかったけど、どうなっているの?」という電話が掛かってきました。

納骨までに名前は彫られているものでしょうか?
また、石屋さんにお支払する「志」には納骨の際に墓石を動かしてもらう工賃だけで、名前を彫って頂くにはまた、別にお支払しなければならないものでしょうか?
普通はどうなんでしょうか?

あと、卒塔婆料の袋には、裏書で金額記載すべきでしょうか?
何本分とか?
数え方は本?基?どちらでしょう?

Aベストアンサー

石屋です。
>「納骨の際、石屋さんには2万円をお支払ください」と言われました。
納骨の工賃だけなら「儲け過ぎ」です。
ただ、お墓を建てた石屋さんと納骨に立ち会う石屋さんが別の場合は、「うーん、どうかな」というところ。
自社のお客さんなら、墓の構造も熟知しており、今後の顔つなぎのためにも、それほどの金額はいただけません。
逆に他社が建てた墓だと、基本的な構造は同じだとしても、納骨室の開け方はそれぞれ異なり、築年数によっては小修理を施す場合もあります。あらゆる状況を想定して準備にも手間を掛けます。何が起こるかわからないリスクを負って向かうので、それらを考えると2万円も妥当かなと思えるのです。

墓誌の彫刻代なら「石屋さんは儲けがない」金額です。ただし
○石屋さんとお寺さんは日ごろからお付き合いがある。あるいは霊園の指定業者である。
○墓地は売り出し中で、割と頻繁に墓地に出入りしていて、建て込みの片手間に墓誌の脱着ができる。
だったら、2万円でも不可能ではありません。

原則的には、彫刻は別途石屋さんに依頼するものです。普通はお寺さんとお付き合いのある石屋さんを紹介してくれます。
それにしても、お寺さんが金額を直接指定するのは不思議な気がします。

石屋です。
>「納骨の際、石屋さんには2万円をお支払ください」と言われました。
納骨の工賃だけなら「儲け過ぎ」です。
ただ、お墓を建てた石屋さんと納骨に立ち会う石屋さんが別の場合は、「うーん、どうかな」というところ。
自社のお客さんなら、墓の構造も熟知しており、今後の顔つなぎのためにも、それほどの金額はいただけません。
逆に他社が建てた墓だと、基本的な構造は同じだとしても、納骨室の開け方はそれぞれ異なり、築年数によっては小修理を施す場合もあります。あらゆる状況を想定して準備...続きを読む

Q石材店さんへのお礼について

お墓を建てる事になったのですが、その際に石材店の方にお礼(祝儀?)と食事料を渡そうと思うのですが、表書きと祝儀袋はどのようにしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

お披露目ですから「祝い事」となりますので、石材店には紅白ののし袋に「御礼」でいいかと思います。お寺さんにも同様で表書きは「御布施」か「供養料」とします。仏壇の購入の際も同様です。

参考URL:http://www.taka.co.jp/okuru/o-sou14.htm

Q墓石に法名を彫ってもらうお代と、納骨の日に石屋さんに支払うお金の名目について

今月23日に49日法要があり、その時に納骨をするのですが
事前に法名(真宗大谷派は法名というらしいです)を墓石に彫ってもらう必要があるというとこで
先日墓石をお願いした石屋さんに電話したところ、法名を彫るのは2万5千円で
納骨の日の料金(出張費や石を動かす手間賃?)は1万5千円と言われました。

で、それぞれの名目と金額を紙に記載してお金と一緒に渡そうと思っているのですが

【法名を墓石に彫ってもらうお金】法名刻印料
【納骨に来てもらってお墓を開けてもらう】納骨工賃

で、おかしくないでしょうか?
また、葬儀の時の打ち合わせで葬儀社の人に「納骨時は石屋さんに志を渡す」と言われたのですが
これってどれくらいの金額が相場なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。。

 石屋ではないのですが、仏事関連の業者で働いています。

 地域の慣例や相場の違いもあると思うので、参考程度になさってください。

 文面を拝見した印象ですが、「けっこう丁寧にお考えなのだな」と思いました。昨今のことですから、振り込みでの支払いや、石屋さんのお店で普通の支払いのようにお金を出すことがよくありますし。

 「法名を墓石に彫ってもらうお金」は「法名刻印料」でもおかしくはないかなと思います。「彫刻」「名入れ」「字入れ」というような語句でも良いだろうか、と思いました。

 「納骨に来てもらってお墓を開けてもらう」のは、工賃等では少々そのままなので、「御礼」で良いのでは?と思いました。
 ウチの地域では、お墓を開ける作業などは、親族が行うことがよくあり、石屋さんに頼まれる方はまれですね。そういう事情もあってか、近所の石屋さんの場合は無料のことが多いです。(←心づけが出されることをある程度前提にしている感じ。)

 納骨を親族の方だけで行うことも別におかしくはないのですが、ヘンに動かしたり、あてたりすると、墓石を傷つけたり、角を欠かしたりすることがあるので、予定通り業者さんに来ていただくほうが無難かな、と思います。

 「志」については、なんとも言えないです。新しく墓石を建立された際には、お寺さんへの御布施を多い目にして、石屋さんへの志も出す、という話はよく聞くのですけど(実際にその通りにされるかどうかはまちまち)、法名を追加されるだけの場合で、納骨時の工賃もしっかり請求されていますからね・・・
 個人的には、出すとしても飲み物代程度(2~3千円)で十分じゃないのかな、と思いましたが、これは地域の慣例などをもう少しお調べになっていただければ。

 参考になればよいのですが。では。

こんにちは。。

 石屋ではないのですが、仏事関連の業者で働いています。

 地域の慣例や相場の違いもあると思うので、参考程度になさってください。

 文面を拝見した印象ですが、「けっこう丁寧にお考えなのだな」と思いました。昨今のことですから、振り込みでの支払いや、石屋さんのお店で普通の支払いのようにお金を出すことがよくありますし。

 「法名を墓石に彫ってもらうお金」は「法名刻印料」でもおかしくはないかなと思います。「彫刻」「名入れ」「字入れ」というような語句でも良いだ...続きを読む

Qお墓を建てたときのお礼について

現在お墓をたてている最中です。来月頭に据付することになっています。ここの検索で石材店のお礼というのがかかって初めて知ったのですが、石材店にお礼ってしなければいけないのでしょうか?
仏壇を購入した時も知らずにお礼はしていません。
地方によっても違うものなのでしょうか?(当方中国地方)
もしもしなければいけないとしたら、納骨のときに立ちあってくれる人にだけすればいいんでしょうか?

Aベストアンサー

地方習慣にもよりますが、お礼・志・心付け・ご祝儀といういろいろな形でお渡しすることもあります。
お墓を建てた場合の法要は、お祝いの法要となります。したがって家を建てたときに建て前(上棟式)や新築祝いで、棟梁や飛びの親方にご祝儀を渡すのと同様にご祝儀やお礼という形で差し上げる場合もあります。(昔は多かったですが、今は家の建築でも行わないことが多くなったので減ってはいます)
また、葬儀の際に、葬儀社や火葬場の火夫さん、運転手さんなど送葬に関わった方々に志や心付けを出す習慣も以前は全国的でしたが現在ではかなり無くなりつつあります。これと同様に、納骨に立ち会ってくださった石材店さんに志や心付けを出す習慣もあります。
ただ、ご質問の「しなければいけないのでしょうか?」には、してもしなくても良いと回答させていただきます。
あくまで、気持ちの問題であります。
石材店さんとのお付き合いがこれからも続くのかどうか(管理が石材店であるとか、御茶屋として使うとか)とか、古い習慣のある地域なのかとかで判断するしかないと思います。合掌

Q四十九日と納骨のお布施の費用は?

四十九日法要と納骨を1日で行います。解説本等を参考にすると、
 四十九日・3~5万円
 納骨・3~5万円
とありました。が、全部1日でやると... ??

四十九日法要はお寺で、その後その足で墓地へ納骨に行きます。
墓地はお寺とは関係ない場所(田園の近くの丘)で、
車で20分くらいの場所です。
その後、お昼を出席者(兄弟とその子供)でとって解散する予定です。
僧侶は昼食に出席されません。

それで、僧侶にお渡しする合計金額は、
 四十九日(3万円)+ 納骨(3万円)+ 御車・御膳料(1万円)

という計算になるのでしょうか?
お布施の封筒に6万円、御車・御膳料の無地の封筒に1万円、
という形でいいのかなぁ~と思っているのですが、
全国平均と言うか、一般的な金額と隔たりがあれば
アドバイスお願いします<(_ _)>
これから長い付き合いになると思うので、
ハードルは下げておきたいので... (^_^;)

Aベストアンサー

私は昨年父の四十九日と納骨を同じ日に行いました。
お寺で読経→ご住職に同行していただいて納骨(車で15分程度のお寺とは関係ない墓地)→お寺に戻って会食(ご住職も同席)→解散、で全部で3時間程度だったと思います。

お布施はよくわからなかったため(今までは家に僧侶をお招きしてやっており、お寺でするのは初めてでした)、ご住職に率直にお聞きしてみたところ、お布施5万円+御膳料の負担がご住職から提示された金額でした。お墓には家の車に乗って来ていただいたので、お車代はお支払いしていません。ホントにそれでよいのか少し悩んだので、同じお寺で法要を営んだことのある方にお聞きしたところ、その方は「お布施+御膳料」に加えて、お寺で会食をする場合は、お寺の水屋を借りてお茶などを振る舞うことになるので、水屋料として5千円~1万円程度添えてはどうかとアドバイスしてくださいました。地方やお寺との付き合い方によっても異なると思いますのが、ご参考まで。

ちなみにそのお寺は父が亡くなる直前に改修のため、寄付を募られ、父が50万円寄進しておりましたので、お布施の額は低めに言われたのかもしれないと思ったりもしました。

私は昨年父の四十九日と納骨を同じ日に行いました。
お寺で読経→ご住職に同行していただいて納骨(車で15分程度のお寺とは関係ない墓地)→お寺に戻って会食(ご住職も同席)→解散、で全部で3時間程度だったと思います。

お布施はよくわからなかったため(今までは家に僧侶をお招きしてやっており、お寺でするのは初めてでした)、ご住職に率直にお聞きしてみたところ、お布施5万円+御膳料の負担がご住職から提示された金額でした。お墓には家の車に乗って来ていただいたので、お車代はお支払いしていません...続きを読む

Q法要、納骨のお布施について悩んでいます。

四十九日に納骨が出来なかったので百か日の法要後に納骨を行う事となりました。百か日は自宅で行い、その後近くのお墓で納骨をする予定です。
納骨と法要を一緒に行う場合、お布施は1つの袋に入れたほうが良いのでしょうか。それとも別々に分けてお渡ししたらいいのでしょうか。また渡すタイミングもあれば教えて下さい。
また、お布施はこちらの相場では百か日法要に2万円くらい、納骨には2万くらいと聞いています。(ちなみに四十九日は3万円にしました。)一緒にお布施を包むとしたら合わせて4万円になりますが、数字的にあまり良くないような気がします。だからと言って3万だと少ない気がするし、5万だとちょっと多いかなという気もするし・・・など、考えれば考えるほど悩んでしまいます。
気持ちの問題なんだとは思うのですが、周りに相談できる者もないので、なにかいい案というかアドバイス的なものがあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。。

 一応、広い意味での葬祭業に含まれる仕事をしているのですが、ご参考になるかどうか・・・
 といいますのも、第一印象として「お布施が少し高くないか?」と思ったものですから。これは地域や宗派、お寺さんによって本当にまちまちです。納骨を丁寧にお勤めするお寺さんかもしれませんね。(←このサイトは私のような業者にも、とても参考になるんです。余談。)
 ある程度相場をリサーチされているようなので一応、文面の額を想定します。
 お包みは、#1のご回答の方のように、分けて包まれるとよいかと思います。お車料・お膳料はお気持ちですから、つけてもつけなくても良いと思います。

 お包みをお出しするタイミングですが、これもいろいろで、以下のどのタイミングでもよいと思います。
 
 行事の2~3日前に、お寺に持参し納めておく
 #1の方のご回答のように法要前
 法要が終わり、お墓に移動する前
 納骨式が終わり、お寺さんがお帰りになる直前
 すべての行事が終わった後、お寺に持参する。

 お墓でお包みを渡すのは、マナー違反という方もおられますが、実際にはお墓で「こんなところですみませんが」とお包みを渡される方は結構多いです。
 自分の地域で多くお見受けするのは、法要後お墓に移動する前ですね。
 行事が終わった後、お寺に持参するのが最も丁重ですが、そこまでしなくても、と思います。(←この場合はお寺さんがお帰りの際に「後でお礼をお持ちしますので」と申し上げてお見送りすることになります。)

 ご参考になればよいのですが・・・

 

 

こんにちは。。

 一応、広い意味での葬祭業に含まれる仕事をしているのですが、ご参考になるかどうか・・・
 といいますのも、第一印象として「お布施が少し高くないか?」と思ったものですから。これは地域や宗派、お寺さんによって本当にまちまちです。納骨を丁寧にお勤めするお寺さんかもしれませんね。(←このサイトは私のような業者にも、とても参考になるんです。余談。)
 ある程度相場をリサーチされているようなので一応、文面の額を想定します。
 お包みは、#1のご回答の方のように、分けて...続きを読む

Q引出物はお寺さんにも渡すのでしょうか

もうすぐ義父の四十九日があります。ネットで検索したところ、「僧侶にも引出物を渡す」といった説明がありました。引出物は僧侶にも渡すものなのでしょうか。ちなみに、法要後僧侶は食事に列席されます。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 忌明けの法要の「粗供養」ですね。

 お渡しされているのが多いですが、100%ではありません。

 法要終了後にお寺さんがすぐに帰られるときは、皆さんが持ってこられるお供えの「おさがり」をお分けしている時間がないので施主よりの粗供養だけお渡ししています。 
 今回は法宴までご一緒なら、おさがりも間に合いますからそれも入れられたらいいと思います。

 みなさん気づかれてないかと思いますが、法要だけでなく通夜・葬儀の時にも通夜供養・当日供養はお寺様にお出ししていることもありますよ。
 
 ただ、地域によって慣習は異なりますので、ご参考までに。

Q四十九日までの自宅での供養を教えてください

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄土真宗)の檀家ではなくなり、仏壇は置いていません。
お盆やお彼岸はお墓参りだけで、自宅で祀ることはしていません。

現在、遺骨はローボードの上で、写真とろうそく立て・線香立て・花入れを並べています。
これもわからないまま、なんとなくです。
(住宅事情で後飾り壇・中陰壇というものを設置できません。)
仏壇があった頃は平常、仏飯器と華瓶を仏壇に供えていました。
この時期も同じようにしてもよいのかどうか。
故人の好物などを供えてもよいのかもわかりません。

お参りに来られる方も呼ぶべき人もいませんので、対面を気にする必要はありません。
信仰している宗教はないのだから好きなようにしていいのじゃないかと思いつつ、腑に落ちないまま日が過ぎています。
最初に初七日・逮夜・四十九日といった言葉を使いましたが、法要や、お骨やお墓をどうするかもまだ考えていません。
十分に悲しんで母との別れを納得したいです。
含めて助言をいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄...続きを読む

Aベストアンサー

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されていました。奥様が他界される1週間前、病床で私は生まれ育った故郷の墓に入りたいと言われたので離婚届を提出され、奥様を故郷の菩提寺に供養されたそうです。お墓参りには中々、行けないけど、奥様と過ごした写真を部屋中に貼られているそうで毎日、行って来ます、ただいま、と声を掛けられ、、その日の出来事を奥様の写真に話しをされているそうです。
 何が言いたいのかと言うと供養の方法等どうでもよいのです。ただ、悲しみが癒えるまでお母様との思い出に浸り、納得が行ったときにお墓に供養されればいいのです。そして、たまには故人を思い出すことが大切だと思います。

 大体、多くの日本人はクリスマスを祝った1週間後に初詣に行き、春になったらお墓参りしているんです。質問者様がどうかわかりませんが、そんな宗教にいい加減な人が仏教の供養方法にこだわっても無意味だと思いませんか?

 お墓は、離婚をされていなければお父様のお墓に供養されればいいです。ただ、遠くてお参りできないのなら近所に建てるのも良い思います。質問者様がご結婚されていて息子さんがいらっしゃるのなら、外墓地を探されるのもよいし、未婚、あるいは息子さんがいらっしゃらないのであれば納骨堂での永代供養墓というのもあります。納骨堂は比較的、費用を安く抑えられると思います。
 お墓に納骨する時期ですが、一般的には四十九日前にされる方が多いですが、それを過ぎたらいつ納骨しても同じです。ただ、永代供養墓の場合、契約期間が、十三回忌までとか三十三回忌までとなっているので手元にお骨を置いて供養する期間が長ければ、お墓の使用期間が短くなります。納骨堂の場合、使用期間を過ぎると合祀墓に合祀されます。
 話が前後しますが、故人を忘れないために、法事を行い、子孫に故人を語り継いでいく、そのことで故人の2度目の死を避ける事ができます。

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されて...続きを読む

Q49日の法要を家族だけで行っても良いのでしょうか

いつもお世話になります。

親族がすべて遠方である・経済的に苦しい、という理由から、
49日法要は家族(3人)だけでお寺に伺ってお経を上げてもらうだけの質素な形で行いたいと思います。
しかし、色々な事例を見ると、49日は重要なので親戚や友人を呼んできちんとやるべきだ、
というような書き方がされていてとても迷っています。
家族だけで49日、というのは一般的に許されることなのでしょうか。

また、この場合、会食(精進落とし)をしない予定なので
お寺へのお布施に「お膳料」をプラスするべきでしょうか。

何卒ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

1法要はより多くの方に参列いただくのが望ましい=理想論です。現実には呼ばれる方も大変です。
2我が家の場合も同居家族のみでしました。
3住職いわく「葬儀・法要は故人追悼の大事な行事ですが、みかけを大掛かりにするのと、それぞれのご遺族一人一人が哀悼の意を込めるのとは別物」義理や見栄で大勢集まるより、現地にいけなくても一人一人が心中で哀悼の意を表せば目に見えなくても「仏様」にはわかります。」

4ご住職によりますが「お布施」「お膳料」「お車料」と3つに分けました。金額は事前に直接お聞きしました。一応宗派で戒名のランク・葬儀の祭壇のランクで基準があるようです。

Q法事で僧侶に渡す菓子折りの表書きについて

タイトル通りですが、法事で僧侶に渡す菓子折りの表書きは、どのような表書きにしてもらったらいいのでしょうか?
また、お車代・お膳代を渡す場合、金額の表示は必要でしょうか??

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
地域の習慣によっても違うのですが、私が頂戴しているものでは、引き物につけた菓子の表書きは「供」「粗菓」などが多いように思います。仏事ののし紙をかけてあって、お家の名前だけで表書きのないものもあります。

お車代、お膳料は、運転手さんや仲居さんへの心付けとは違いますから、正式の金封で金額もきちんと表示してください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング