ニュートンリングはナトリウムランプで見ると明暗なのに,白色光で観察した時はいろんな色が見えますよね.これはなぜ起こるのでしょうか.初歩的な質問だと思いますが物理が全く判らない私には大問題です.よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

Dランプ」に関するQ&A: ATのDランプ切れ

A 回答 (2件)

 ナトリウムランプはトンネルなどの照明などにも使用されています。

ナトリウムD線という単色光です。真赤な自動車がトンネルに入った途端に、色が違って見えますネ。これはナトリウムランプでは赤色の光がないから、黒く見えるのです。
 
 本題へ戻って、ニュートンリングは凸レンズと下の平面との僅かな隙間との間で反射した光が干渉を起こし、しま模様を作るのです。ナトリウムランプの場合は干渉して光が強め合ったり、弱めあったりするのが交互に来るから、明暗しかありません。

 白色光の場合は、いろんな波長の光が混ざっていますから、それぞれの波長の光について明暗が出来るんです。赤い明暗、黄色い明暗、青い明暗が並んで、虹色に出来るのです。綺麗でしょう!虹とは原理は少し違いますけれど!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど,以外に身近にナトリウムランプの現象があったんですね。ご回答感謝いたします。

お礼日時:2001/05/13 20:00

1)ナトリウムランプ:単色光、波長の帯域が非常に狭い。


2)白色光:波長の帯域が非常に狭い。可視光線全域を覆う。

ということがポイントではないでしょうか?

・光は波ですから、干渉しますね。波長の整数倍位相がズレると2倍の振幅になり、整数倍+半波長ズレると、打ち消し合う。それ以外でも波を重ね合わせた形になります。(1次元的にいうと...)

・で、ガラスの平面上に曲率の小さい凸レンズを置いて上から平行光線を入射した時、台の表面で反射する光と、レンズの裏面で反射する光が干渉する。整数倍位相のズレたところは強め合い、整数倍+半波長ズレたところは弱め合うので、明暗の干渉縞ができる。これがNewtonRingです。レンズ中心は位相のズレがないので、強め合います。

・で、その「位相」ですが、波長は、1)の場合1種類しかないのに対して、2)では400nm~700nmくらいまで広く分布している。干渉縞のピッチは波長に依存するので、波長毎に干渉縞ができる理屈です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

即答かつわかりやすい説明有難うございました。大変参考になりました。

お礼日時:2001/05/13 19:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニュートンリングの観察方法

以前に天体望遠鏡を用いてニュートンリングを観察したことがあったのですが、その方法を忘れてしまいました(汗)。どのように見ればよいでしょうか?
そのときに、「これはいいレンズだからニュートンリングが見える」と言われました。

Aベストアンサー

>「これはいいレンズだからニュートンリングが見える」と言われました。
このコメントからは、ニュートンリングではなく、ジフラクションリングの
ことだと思いますが・・

ジフラクションリングは、出来の良い(悪くない)望遠鏡を使用して、
風の少ない日などに明るめの恒星を150倍程度の高倍率で見ると良く見えます。
#屈折望遠鏡が見やすいかな

ちなみに、ニュートンリングは、屈折望遠鏡の対物レンズを対物側から見れば
見えることもあります。
#丸い蛍光灯などが反射して見えるようにして角度を微調整すると見えやすいです。

この場合、ニュートンリングが見えているのは、対物レンズの1枚目の裏面と
2枚目の表面の曲率がわずかに違うために見えているので、レンズの構成などにより、
見えないこともあります。
#手持ちの屈折では5本中3本は見えました。

Qニュートンのような近代の物理学者は 物理法則が根本的に対称的であることを純粋に信じていた、 というイ

ニュートンのような近代の物理学者は
物理法則が根本的に対称的であることを純粋に信じていた、
というイメージがあるのですが、

だとしたら、現に身の回りの物質の位置が全然対称的でないことをどのように理解していたのでしょうか?

Aベストアンサー

対象の意味がわかっていませんね。物理の思想を、日常の感覚で置き換えて質問しても無意味です。

Qニュートンリングの曲率半径

二枚のレンズを重ねて曲率半径を求めたところ2000kmというとっても大きな値になりました。これって大きすぎるでしょうか??
物理を全く分かってない私なんで、よろしくお願いします。
因みに、波長630nmで最小二乗法によるプロットした点の傾きは1.28でした。

Aベストアンサー

実験用の小さなレンズでその値になるはずがないので
たぶん計算がちがうんです。
測定データをそのまま書いて下さい。レンズと板の径も忘れずに。

Qマイクロメータで起こる現象(ニュートンリングの実験で)

課題で答えがわからず困っています。

今回、ニュートンリングの暗輪の測定にマイクロメータを使用したのですが、測定するのにマイクロメータを一方向に移動させて読み取らないと、往復した場合誤差が出てしまうらしいのですがその現象には名前(呼び方?)があるそうなのですがそれは何と言うのでしょうか??

多くの参考書や物理辞典を調べたのですが全く見つかりませんでした。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#1方の仰るようにバックラッシュにより発生する誤差ですね。マイクロメーター螺子を利用した測定器ですが、螺子には必ず遊びが必要です。遊びの無い螺子は回転することができませんからね、普通の(キャリパー型)マイクロメーターの0調整のときは締め込む方向にシンブルを移動しながらあわせますので、測定のときも同じ方向で測定しないと螺子の遊びの分だけ誤差が出る可能性があります。

手近にボルト・ナットがあれば、軸方向にナットを動かして見てください。ほんの僅かですが動くのが確認できるでしょう。マイクロメーターの螺子はこれとは比べられないほど精密にできていますが、ごく僅かであるとはいえ遊びがあります。

Qニュートンリングの色

こんにちは。高校物理1のニュートンリングの色に関する質問です。

物理の問題集を見ていたら、問題に
「白色光によるニュートンリングを観察するとき、色づいて見える。中心に近いほうに観察される色は赤色か紫色か?」
という問題があり、解答は
「紫色」でした。

ニュートンリングは白黒線(明暗線)だと思っていたので、色があることについてはよくわかりません。

白色光にはいろいろな振動数(波長、色)からなる光がふくまれており、この光の波長によって屈折率が違うことは参考書に表示してあり、赤色よりも紫色のほうが屈折率が多きい(スペクトルは、赤、だいだい、黄、緑、青、あい、紫の順)ことは表示してありますが、ニュートンリングの場合はどのように影響してくるのでしょうか?
参考書を見ても表示がないので質問します。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いや、 ニュートンリングは、光の干渉がテーマです。
上のガラス板の下側から反射する光と、下のガラス板の上側から反射する光が干渉するのです。
この間隔が連続的に変化していますから、強め合う波長も連続的に変化しますね。
内側の方が間隔が狭いですから、強め合う波長も短くなります。

じつは、ニュートンリングって写真でしか見たこと無いんです。
しかも白黒写真(^^;)
上記のように考えるという「お約束になっている」というのを知っているだけなので"参考意見"でしかありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報