忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

プラケースで金魚を飼いたいと思います。
G.W頃から準備をして、ろ過機を稼働中です。
最近水草を植えたのですが、光量不足で買ってきた当初より色が褪せてしまいました。。
現在使用中の照明が、スタンドライトでアクア用のものではありません。
金魚、水草に適したものを購入したいのですが、プラケースに付けれる照明はどんなものがありますか?
色々調べてはいるのですが、プラケースのフチが邪魔で設置できそうなものがよくわかりません;
お手数ですが、ご教授頂ければ幸いです。


容器:W43×D34×H26cm(フチ幅:1.5cm程)
ろ過:水作エイト(ニューフラワーDX)、テトラ オートワンタッチフィルター(AT-20)
砂利:ろかジャリ
水草:カボンバ、ロタラ・インディカ、スクリューバリスネリア、ピグミーチェーンサジタリア、ウォーターウィステリア、アヌビアス・ナナ
照明:30w一灯
生体:現在無し

※金魚が大きく育てば、いずれは60cm規格水槽等で飼育したいと思っています



「このライトならプラケにも付けれる」といった情報が欲しいです。
ご回答、よろしくお願い致します!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

・ご質問の水槽でも安全に使える照明器具はあるのだけど、、、


プラケには不似合いな価格帯の製品になります。

=スタンド=
・水槽の下にベースを敷き、水槽重量で安定させるタイプ。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid …

=スポットクリップ=
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid …

=ランプ=
・東芝 ネオボールZ レフランプ形 100Wタイプ 電球型蛍光灯 昼光色 消費電力22W
http://www.akaricenter.com/denkyu_keikoutou/neob …
水槽専用ランプは高価なため、一般照明にて代用。

「カボンバ、ウォーターウィステリア、アヌビアス・ナナ」
100Wタイプ昼光色×1灯で育成は可能です。

「スクリューバリスネリア、ピグミーチェーンサジタリア」
100Wタイプ昼光色×2灯の方が良い水草たちです。
赤系の水草育成には微量の鉄分が必要です。

・LED球ならばXY-07タイプ 消費電力7Wが電球型蛍光灯100Wタイプに相当します。
http://www.aq-label.com/shop/products/list.php?c …

意味合いとしては、上記のような製品ならば使用可能なので、ホームセンターは家具店、雑貨店で、水槽専用品以外で揃えれば、安価に揃うハズです。
水草育成用の電球は、電球型蛍光灯の場合「昼光色22W」の製品ならば、安価な一般照明器具でも使えます。
LEDは、水槽専用品をオススメします。

将来60cm水槽へ移行した場合は、ライトアームスタンドを使用すれば、現在のクリップランプが使用出来ます。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid …

最後に、、、
> G.W頃から準備をして、ろ過機を稼働中です。
> 最近水草を植えたのですが、光量不足で買ってきた当初より色が褪せてしまいました。。

・濾過バクテリアは、生物です。
(1)濾過バクテリアの餌は、残り餌や生体からの排泄物から発生するアンモニアです。
生体が不在の環境では、濾過バクテリアも繁殖できないのでご注意下さい。
(2)水草たちに必要な肥料成分も、残り餌や生体からの排泄物が元になります。
そろそろ生体を導入した方が良いと思います。
(3)金魚は水草を食べたり、底砂から引っこ抜いたりする事があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!
URL確認させて頂きました。
こちらの商品の購入を検討したいと思います。
わざわざ探して頂きありがとうございました。

空回しだけでは水が立ち上がらないことは存じております。
なかなか気に入ったこ子と出逢えないため、生体無しの日々が続いております^^;
水草は、水質安定&サラダバーの心算ですので、抜かれる心構えは出来ております。
こんなことにまでお気に掛けて下さりありがとうございました!!

お礼日時:2012/07/02 04:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアカヒレが次々死んでいきます。何故でしょうか。

アカヒレ、ゴールデンアカヒレ、白メダカ、ビーシュリンプを飼っていますが、アカヒレが次々に死んでいきます。

3年前からアカヒレを3匹小さい金魚鉢で飼っており、2週間前に、別の水槽で2年ほど飼っていたベタが死んだので、そのベタのいた水槽を洗って、水を丸取り替えし、水草と砂利を足してアカヒレを移動させました。(濾過器のフィルタは洗ってません )
その1週間後に、アカヒレをもう3匹、ゴールデンアカヒレを3匹、白メダカを2匹、ビーシュリンプを2匹、ホームセンターのペットコーナーで買ってきて入れました。
アカヒレに関しては、これまでもかなりアバウトにやっても大丈夫だったのでそこまで慎重ではありませんでしたが、メダカとシュリンプは割と慎重に水合わせをしたつもりです。
この時点で、新しく買ったアカヒレ2匹が尾ひれの色も薄く、かなり大きく、動きも緩慢で弱っている様に見えましたので、心配していましたが入れた数時間後、翌日に2匹とも死にました。
1日あけて、入れて3日後に白メダカが死にました。
ここからは残ったアカヒレ達は元気にしていましたが、元からいたアカヒレを異動させて2週間、新しく他のを買って入れて1週間目で、元いた、3年目のアカヒレ2匹が同時に死にました。
古参のアカヒレは残り1匹ですが、これも少し弱って見える為、隔離して塩浴させています。

いま水槽にいるのは、アカヒレ1匹、ゴールデンアカヒレ3匹、ビーシュリンプ2匹ですが、アカヒレが次々何匹も死んだ死因は何でしょうか?
病気であるなら、残りも塩浴をさせた方がいいでしょうか?
水質の変化によるショック死でしょうか?

推測で構いませんので、アドバイスをお願いします。

アカヒレ、ゴールデンアカヒレ、白メダカ、ビーシュリンプを飼っていますが、アカヒレが次々に死んでいきます。

3年前からアカヒレを3匹小さい金魚鉢で飼っており、2週間前に、別の水槽で2年ほど飼っていたベタが死んだので、そのベタのいた水槽を洗って、水を丸取り替えし、水草と砂利を足してアカヒレを移動させました。(濾過器のフィルタは洗ってません )
その1週間後に、アカヒレをもう3匹、ゴールデンアカヒレを3匹、白メダカを2匹、ビーシュリンプを2匹、ホームセンターのペットコーナーで買ってきて入れま...続きを読む

Aベストアンサー

追の質問に対して説明を兼ねて回答をします。

 アカヒレは私の住む中部、東海の10県(日本海側:福井、石川、富山、新潟、内陸側:長野、山梨、岐阜、太平洋側:愛知、三重、静岡)では飼育が楽な個体ですし、コイ科の中でも飼育は悪条件であっても育ちますが、今年の様な気候では水替えを1週間に最低でも1回、補水は2日に1回のペースで飼育をしないとヘタレを起こします。この場合は水の約4割を放棄し、汲み置きの水を入れます。補水(水を数日間溜置きした物)は温度を確認して行い、外での飼育の場合は浮かぶ水温計を入れ置き、浄水器での処置ができる家庭であれば冷却をさせて保存した水の転用も可能です。

 ゴールデン、シルバーの個体は暑さに比較的強いので夏に限定すれば屋外でも可能ですが、基本種は太平洋側だと年間を通じて屋外の飼育はできます。屋外での飼育は日本海側は補欠合格の条件が付きますが可能ですし、内陸側の場合は赤点に近い成績になりますが飼育はできます。

 メダカに関しては青水での場合は育ちが好くなりますがリスクがあり、餌の際に個体の観察をして疾病、疾患が見受けられない場合は問題がありません。これがある場合はリセットをし、水の交換のリカバリーをすると蔓延する要因になり、玉砕する事になります。これはアカヒレでも同様ですから管理を怠る事がなければ死にませんし、我が家のアカヒレは6年以上(平均は5年)の個体が何匹もいますので応用はできます。

追の質問に対して説明を兼ねて回答をします。

 アカヒレは私の住む中部、東海の10県(日本海側:福井、石川、富山、新潟、内陸側:長野、山梨、岐阜、太平洋側:愛知、三重、静岡)では飼育が楽な個体ですし、コイ科の中でも飼育は悪条件であっても育ちますが、今年の様な気候では水替えを1週間に最低でも1回、補水は2日に1回のペースで飼育をしないとヘタレを起こします。この場合は水の約4割を放棄し、汲み置きの水を入れます。補水(水を数日間溜置きした物)は温度を確認して行い、外での飼育の場合は浮かぶ...続きを読む

Q水槽の壁に白い糸みたいな虫が

60cmの水槽にポリプとピクタスとプレコをかっています。3匹ともまだ小さいのです。ろ過は上部フィルターにスポンジのみでした。
2~3週間水換えしてないなと思い水槽の汚れ具合を見ていると、壁面に1ミリあるかないかぐらい、細さは髪の毛ぐらいの白い糸状のものがたくさん付いていました。よーく見るとかすかに移動しています。
友達にはイトミミズじゃないかと言われました。でも、調べてみるとイトミミズはもっと大きいみたいだし、網ですくおうとしてもすくえてるのかよくわかりません。
以前も大発生したことがあり、そのときはリセットしましたが、対処方があれば対処したいです。
昨日とりあえずスポンジをすべて交換し、穴の開いた石みたいなやつをいれ、その上にスポンジマットを二枚ひいてみました。
とりあえず変化はないです。

Aベストアンサー

私は昨年まで120cm×60cm×60cmで250Lの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種のジュリー、ステルバイ、パンダおよび青・赤・白コリドラス等10匹ずつ、ヤマトヌマエビ8匹を飼っていましたが水槽の濾過状態が良くない時に同様の経験をしています。
それはミズミミズです。
水槽では発生する事が多い生物で特に生餌を与えている場合は発生しやすくなります。
少量であれば仕方が無いものなので特に気にする必要は無いと思いますが大量に発生した場合は見た目は気持ちの良いものではないですし更に水質悪化につながってしまう場合があるので駆除しましょう。
ミズミミズは水質が悪化している水槽に発生しやすいのでまずは換水を増やして水質を良くしましょう。
1/2ほどの水を替えるだけで結構いなくなりますが水を替える前に水槽の壁面などにくっついているミズミミズをスポンジ等でこすり落としてからやると効果が上がります。
ミズミミズはガラス面だけではなく砂利の中にもいますので水換えの際に砂利クリーナーといった商品を利用して砂利の中の餌の残りや排泄物も同時に掃除しましょう。
でもフィルターの濾材や底砂中などのイトミミズを根絶するのは大変です。
完全に根絶するには熱湯消毒か薬品によるしかありませんが濾過バクテリアが死滅しますので濾過バクテリアを増やすことをお勧めします。
上部フィルターの濾材をスポンジからリング状のものに取り替えたとのことですのでその効果は徐々に現れてくるでしょう。
リング状の濾材はものによっては1個でテニスコート1面分の濾過面積があるものもありスポンジよりもはるかに濾過バクテリアの量が増えます。
ただ濾過がスムーズに行われるまでは2、3週間はかかりますのでそれまでは毎週1/4ほどの水換えをしましょう。
そして餌を遣りすぎて底面に残り餌があったりしませんか。
水草が植えてあれば多少の残り餌や排泄物は水草の肥料として吸収されますが古代魚の肺魚やナマズではなかなか難しいかもしれませんので極力餌は残らないように与えて且つ濾過状況を常にチェックしていればそのうちに居なくなりますよ。

私は昨年まで120cm×60cm×60cmで250Lの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種のジュリー、ステルバイ、パンダおよび青・赤・白コリドラス等10匹ずつ、ヤマトヌマエビ8匹を飼っていましたが水槽の濾過状態が良くない時に同様の経験をしています。
それはミズミミズです。
水槽では発生する事が多い生物で特に生餌を与えている場合は発生しやすくなります。
少量であれば仕方が無いものなので特に気にする必要は無いと思います...続きを読む

Q大きくならない金魚が欲しいです。

ペットショップで見る金魚は3~5cm前後で小さいですよね。
でも15cm以上に成長すると、飼育の本を読んで知りました!
成長しても5cm以内の金魚が欲しいのですが。
そういう金魚はいるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

簡潔に。
(1)低温で飼育する(20度~23度)
(2)餌は人工餌を2~3日に一度少量
 水草やコケ等が大量にあれば、餌を与えなくても生活出来ます

余談ですが水温28度で飼育すると環境が良ければかなり巨大になります。
また、ご覧になられている金魚(ワキンだと思います)は小型の部類です。

ディープレッドホタルテトラは非常に小さく、丈夫です。
熱帯魚を飼育するのは難しいとお考えであればチャレンジしてみて下さい。
お魚によっては非常にeasyです。
因って初期費用も大してかかりません。

Q底面フィルターの有効性について

現在、45cm×20cm×20cmの水槽があり、
フィルターは水槽購入時にセットになっていた外掛けフィルターを利用しています。

グリーンネオンテトラ 9匹
コリパンダ 1匹
マーブルハチェット 2匹
シュリンプ(レッドチェリー等) 約10匹

を飼っています。大き目の流木を入れていることもあり
おそらく水は16~17リットル程度しかないかと思いますので
過密である程度の水の汚れは仕方がないかとは思っています。

底にはブラックピュアサンドという軽い小さめの砂利のようなものを敷き詰めています。
サンドというよりか完全に砂利に近いため、隙間から粉々した糞などの汚れが
水槽の底の方(砂利の奥)へ落ちて行っています。
また外掛けフィルターは吸い込み口にスポンジをつけており、
そこである程度止まってしまうためか、あまりゴミを吸っていないように見えます。

ここで質問なのですが、ネットなどでよく見る底面にフィルターを敷き、外掛けフィルターに
直結するというのは有効でしょうか??

もしも有効であるのであれば、底にフィルターを敷き、その上に直接ブラックピュアサンドという
状態で利用し、何か不備がありますか?

現在、45cm×20cm×20cmの水槽があり、
フィルターは水槽購入時にセットになっていた外掛けフィルターを利用しています。

グリーンネオンテトラ 9匹
コリパンダ 1匹
マーブルハチェット 2匹
シュリンプ(レッドチェリー等) 約10匹

を飼っています。大き目の流木を入れていることもあり
おそらく水は16~17リットル程度しかないかと思いますので
過密である程度の水の汚れは仕方がないかとは思っています。

底にはブラックピュアサンドという軽い小さめの砂利のようなものを敷き詰めています。
サンドという...続きを読む

Aベストアンサー

> ネットなどでよく見る底面にフィルターを敷き、外掛けフィルターに
> 直結するというのは有効でしょうか??

・外掛け濾過器は、主に濾過ボード(活性炭やゼオライト)による吸着濾過設備です。
・底面濾過器は、低床材に濾過バクテリア繁殖定着させる生物濾過設備です。

外掛けフィルターと底面フィルターの直結による成功の鍵は、日々、水槽へ投入する有機物(*1)の量次第です。

飼育数が適正で、投入する有機物の標準程度の場合。
外掛けフィルターに底面フィルターを直結すると、濾過能力の強化が望めます。

過密飼育で、水量に対して投入する有機物の量が多い場合。
外掛けフィルターに底面フィルターを直結すると、底砂の間にスラッジ(*2)が目詰まりし、チャネリング(*3)を起こす危険性あります。

このため、飼育数の多い水槽の場合は、モーター駆動の外掛け濾過器と、エアポンプ駆動の底面フィルターは別々に使用した方が安全確実です。
コレは、エアポンプ駆動は、モーターポンプ駆動よりも吸引力が弱いため、底砂の間にスラッジを無理に引き込む可能性が少なくなるためです。

*1:有機物=餌
*2:スラッジ=有機物が分解された後の滓。
*3:チャネリング=底面濾過器の上に被せた小砂利全体へ均一に水が吸い込まれなくなり、一部分の決まった場所から水が流れ込む、水の道が出来てしまう現象。
チャネリングが発生すると、濾過機能不全に陥り、濾過機能は失われます。

> もしも有効であるのであれば、底にフィルターを敷き、その上に直接ブラックピュアサンドという
> 状態で利用し、何か不備がありますか?
・はい。
直接、底砂を敷く方法はオススメ出来ません。
底面フィルターの上にプラマットやウールマットを薄く敷き、その上に底砂(小砂利)を被せると、目詰まりやチャネリングが発生しにくくなります。
また、プラマットやウールマットが濾過バクテリアの繁殖定着槽として機能するため、生物濾過能力も高まります。

一例:
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1016200000&itemId=15667

> ネットなどでよく見る底面にフィルターを敷き、外掛けフィルターに
> 直結するというのは有効でしょうか??

・外掛け濾過器は、主に濾過ボード(活性炭やゼオライト)による吸着濾過設備です。
・底面濾過器は、低床材に濾過バクテリア繁殖定着させる生物濾過設備です。

外掛けフィルターと底面フィルターの直結による成功の鍵は、日々、水槽へ投入する有機物(*1)の量次第です。

飼育数が適正で、投入する有機物の標準程度の場合。
外掛けフィルターに底面フィルターを直結すると、濾過能力の強化が望め...続きを読む

Qボトルアクアの立ち上げと 水の作り方について

以前にこちらでボトルアクアの立ち上げについて質問させていただきました。
その時のご回答からこの手順で立ち上げることにしました。


ボトルに水を入れて、水草を植栽する。
その水の4割ほどは立ち上げ2ヶ月経過した水槽の飼育水。
2週間ほど、明るい直射日光の当たらない窓際などにボトルを設置する。
その後、一度、50%程度の換水してエビを導入する。


ここでひとつ教えてもらいたいことがあったんですが、質問を締め切ってしまったため改めて教えださい。

以前にこちらでの質問で勉強させていただいた知識ですが簡単に言うと、水を立ち上げるのにはまずバクテリアを繁殖させなくてはならないと思うんですが、パイロットフィッシュなどを投入して、その生体が出すアンモニアをアンモニア→亜硝酸→硝酸と順を追って分解されていくと思います。

このボトルアクアの立ち上げの場合、生体もいれずバクテリアも添加せずに、ソイルと水草のみの状態でどのように水ができていくんでしょう?
その工程があまり理解できなかったので教えてください。


以前の質問の回答を理解できていない質問になってしまっていたらすいません。

以前にこちらでボトルアクアの立ち上げについて質問させていただきました。
その時のご回答からこの手順で立ち上げることにしました。


ボトルに水を入れて、水草を植栽する。
その水の4割ほどは立ち上げ2ヶ月経過した水槽の飼育水。
2週間ほど、明るい直射日光の当たらない窓際などにボトルを設置する。
その後、一度、50%程度の換水してエビを導入する。


ここでひとつ教えてもらいたいことがあったんですが、質問を締め切ってしまったため改めて教えださい。

以前にこちらでの質問で勉強させていただ...続きを読む

Aベストアンサー

一般の水槽飼育で、濾過バクテリアの役割は、毎日水槽へ投入する餌(有機物)の分解です。
・餌は魚に食べられて、大半は排泄物になります。
・残り餌は水底に沈みます。
・排泄物や残り餌は腐敗しアンモニアを発生させます。
・バクテリア達の働きで有毒物(アンモニア>亜硝酸)は無毒の硝酸塩になります。
・水槽に溜まった硝酸塩は、定期的な水替えにより水槽の外へ排出されます。

ボトルアクアリウムで、小型ヌマエビなどの超エコな生物による食物連鎖のミニ生態系を実現する場合。
マズ、水を汚す原因の餌はボトルに入れません。

光の働きにより・・・
ボトル内は、人の眼には見えない位の薄いコケが生えます。
水草も生育します。
水草やコケの栄養は水道水中やソイルに含まれる「窒素、リン、カリ」など。
この、水槽内のコケを餌として小型ヌマエビは生きられます。

小型ヌマエビの排泄物や枯れた水草、枯れたコケが、濾過バクテリアを育てます。
餌を与えない飼育環境ですから、有毒物の発生量も多くありません。
このため、濾過バクテリアが完全に機能する前でも、有毒物が小型ヌマエビの致死量を超えることはマズありません。

そして、時間の経過とともに、、、
水草やコケが生長すれば、ボトル内の有限資源である「窒素、リン、カリ」は欠乏してきます。
ヌマエビの排泄物は濾過バクテリアに分解され、窒素やリンを水草やコケに供給します。
人間は、自然蒸発した分だけの水を補給します。
この、補給する水から少量のカリも供給される仕組みです。

因みに、普通の水槽でもボトルアクアリウムと同じミニ生態系の実現は可能です。
ただ、魚はエビとは比較にならないほど非エコな生物です。
60cm(57L)水槽でミニ生態系を実現すると、コケを食べるオトシンクルスが2~3匹しか飼育できません。
このため、観賞性やペット性は無くなります。

一般の水槽飼育で、濾過バクテリアの役割は、毎日水槽へ投入する餌(有機物)の分解です。
・餌は魚に食べられて、大半は排泄物になります。
・残り餌は水底に沈みます。
・排泄物や残り餌は腐敗しアンモニアを発生させます。
・バクテリア達の働きで有毒物(アンモニア>亜硝酸)は無毒の硝酸塩になります。
・水槽に溜まった硝酸塩は、定期的な水替えにより水槽の外へ排出されます。

ボトルアクアリウムで、小型ヌマエビなどの超エコな生物による食物連鎖のミニ生態系を実現する場合。
マズ、水を汚す原因の餌...続きを読む

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む

Q水草の残留農薬対処について

現在、金魚の和金を一匹だけ飼っているのですが水槽が小さくなったので新しく60cm水槽を買いました。

そこで最初の2週間ほど水質とバクテリアの為に上部フィルターだけを運転させ今回初めて水草を入れてみようとホームセンターでマツモを買って水道でよく洗ってから投入しました。

すると2~3日してから上部フィルターの排出口から泡が出るようになってフタを開けてみるとマット部分に少しだけ泡が発生していました。

気になって調べてみると水草には農薬が使われていて水槽に入れる前に一週間程バケツの中に毎日水変えをして消毒しないといけないみたいな事が載っていて驚いたのですがエビやカニ等には有害でも魚には無害だとも書いていたので、とりあえず農薬が残ってるかもしれない水だけを全て交換するか、フィルターや濾過材等も全て新しく交換するか悩んでます。

もしも魚には無害でもフィルター内のバクテリア等にはダメージがありますよね?

そのままのフィルターや濾過材を使い続けても農薬が付いたマットには二度とバクテリアは発生しない気がして不安なのですが大丈夫でしょうか?

今はまだ金魚も移しておらず、上部フィルターだけを運転させて三週間程経ちます。

色々調べてみたのですが不安なのでアドバイスいただけると有難いです。

よろしくお願いします。

現在、金魚の和金を一匹だけ飼っているのですが水槽が小さくなったので新しく60cm水槽を買いました。

そこで最初の2週間ほど水質とバクテリアの為に上部フィルターだけを運転させ今回初めて水草を入れてみようとホームセンターでマツモを買って水道でよく洗ってから投入しました。

すると2~3日してから上部フィルターの排出口から泡が出るようになってフタを開けてみるとマット部分に少しだけ泡が発生していました。

気になって調べてみると水草には農薬が使われていて水槽に入れる前に一週間程バケツの...続きを読む

Aベストアンサー

> もしも魚には無害でもフィルター内のバクテリア等にはダメージがありますよね?
・いいえ。
ほとんど無いと思います。

なぜ、水槽水の粘度上昇(泡の発生)の原因が、農薬だと同定したのか?
ちょっと、文面だけでは推量しかねますが、、、
ネット情報に、踊らされていませんか?

一般的に、泡の発生は、飼育水中の細菌類の繁殖だと考えるのが順当な推測だと思います、、、
それが、雑菌類なのか有益菌類なのかは、ちょっと分かりませんが、細菌類が繁殖可能な環境です。

夏場の高水温時期に、水を入れて2週間も放置すれば、元々、水道水中に含まれる菌類や大気中から入り込んだ細菌類が繁殖しています。
そこに有機体である水草を入れたのですから、飼育水の細菌類に何らかの変化があって当然だと思います。

・今、行えることは、水替えです。
飼育水の変化を感じた場合は、換水の実施がセオリーです。
取り敢えず1/3量の水替えを実施をオススメします。
とにかく、今後も、なんかオカシイと思ったら換水する。
換水が一番です。
泡が発生した場合は、エアポンプによる強制エアレーションも効果的です。

念のために換水し、そして、、、
もちろん、金魚を迎え入れることが可能です。

・濾過バクテリアについて、、、
濾過バクテリアは生物です。
枯草菌など腐敗菌の仲間で、水槽中の有機物を分解するのが、その役割です。
魚を飼育していない、有機物(=濾過バクテリアの餌)のない状態で濾過器を回しても、濾過バクテリアの定着繁殖はほとんど望めません。

・農薬について、、、
マツモならば国内産です。
休耕田などを利用して栽培されています。

農薬の原因は、、、
水田の横で栽培されていたり、水田の下流域で栽培されているためです。
水田に使用する農薬は、利いたことがあるかも知れませんが、「有機リン系殺虫剤」を使用しています。

有機リン系殺虫剤は、水中、水上の稲を食い荒らす昆虫に感受性が高い(効果的)薬品です。

有機リン系殺虫剤は・・・・・
・人間や鳥類、魚類などの脊柱生物には感受性が低く、安全性の高い薬品です。
・昆虫やエビ、ミジンコなどへの感受性が高い(イチコロ)薬品です。
・田んぼに使うわけですから、当然ながら水草や濾過バクテリアへの被害はありません。

回虫(腸内寄生虫)などの虫下しの薬は、人間用に容量を管理した有機リン系殺虫剤です。

現在、日本で使用が認められている農薬は、残留性が低い薬剤です。
有機リン系殺虫剤の残留性は、規定濃度で使用した場合、魚などの体内では10日間ほどで排出され、ほぼ0になります。
リンゴなどを水洗いしないで丸かじりする人は、あまりいないと思います。
ですが、仮に、洗わずに人間が食べても、残留農薬は10日ほどで体外に排出される農薬のみが日本では使われています。

仮に、水草に農薬が付着していたとしても、水槽水の量に比べると、極めて微量となるため魚類へ被害が出るとは考えられません。
農薬に感受性の高い甲殻類に、多少の危険性が残る位です。

ネット情報で、水草の残留農薬が原因でエビが死んだ、魚が死んだなどと書かれていますが、、、
実際に、飼育水の成分分析を行って公開しているホームページは皆無です。
多くのページで、他に原因があるんじゃないの?
農薬のイメージだけで想像(創作)で書いているでしょう?
と懐疑的になるページ多いと私は感じています。

> もしも魚には無害でもフィルター内のバクテリア等にはダメージがありますよね?
・いいえ。
ほとんど無いと思います。

なぜ、水槽水の粘度上昇(泡の発生)の原因が、農薬だと同定したのか?
ちょっと、文面だけでは推量しかねますが、、、
ネット情報に、踊らされていませんか?

一般的に、泡の発生は、飼育水中の細菌類の繁殖だと考えるのが順当な推測だと思います、、、
それが、雑菌類なのか有益菌類なのかは、ちょっと分かりませんが、細菌類が繁殖可能な環境です。

夏場の高水温時期に、水を入れて2週...続きを読む

Q100円ショップの、金魚用酸素石

金魚鉢に水草をいれ、和金を1匹飼っています。

いままで元気に大きくなっていましたが、先日、100円ショップで、3個いり100円の酸素石を見つけ、購入し、入れてみました。

数日後、金魚が横になっていたので、転覆病?と思い、急いでバケツで塩浴をさせたところ、数日で元気になったので、金魚鉢にもどしました。

けれど、また数日後にで横向きになりかかっていたので、再度バケツで塩浴中です。
1日で糞をたくさん出し、復活したもようですが、原因は、やはり100円ショップの酸素石ではないか?という気がするのですが・・・。

どうなのでしょう。
現在使用している、または使用したことがある、という方の意見を伺いたいです。
問題ないのでしょうか? 
原因は別?

Aベストアンサー

 酸素を出す石は飼育歴40年の私は個体を長時間掛かる移動させる時にしか使用をしませんし、曝気(エアーに依る酸素の送り込み)には使用しません。曝気の費用を浮かす意味での使用は間違いですし、状態に応じては呼吸不全、圧迫等に因る疾患の要因になります。

 金魚を移動させる際にも負担を掛けない様に短時間で移動し、酸欠を起こすので気を付けないと個体を殺してしまいますので転用はしないでください。また、塩水浴もカビや細菌に対する疾患や疾病には効果がありますが、それ以外では呼吸不全の要因になりますので応急処置として行ってください。


人気Q&Aランキング